1. TOP
  2. 生姜湯
  3. 生姜はちみつドリンクは簡単・おいしい・効果的!
Sponsored Link

生姜はちみつドリンクは簡単・おいしい・効果的!

生姜湯   849 Views

生姜とはちみつをドリンクにして飲めば、生姜とはちみつの良いところを同時に取り入れることができます。

生姜には、

  • ダイエット効果
  • 血行改善
  • 殺菌作用
  • 免疫力を高める

といった効果が期待されます。

またはちみつには、

  • 殺菌作用
  • 疲労回復
  • ダイエット効果

などの効果があります。

生姜もはちみつも健康やダイエットに役立つ食材として知られていますので、ドリンクとして一緒に飲むことで、両者の良いとこ取りをすることができるというわけです。

生姜とはちみつのドリンクはシロップを作っておくとアレンジしやすいですし、生姜湯にはちみつを加えるといった方法で作ることもできます。

また飲む時間帯を工夫することで生姜とはちみつの効果をより高めることができます。

朝飲めば体温を高めて1日の代謝が高い状態を維持しやすくできますし、就寝前に飲めば質の良い睡眠で疲労回復やダイエット効果が期待できるのです。

一緒に取り入れることでより効果的になる生姜とはちみつについて、おいしいドリンクの作り方・より効果的にするコツ・飲むときの注意点について解説していますので、参考にしながら生姜とはちみつのドリンクを毎日の暮らしに活かしてみてください。

Contents

生姜はちみつシロップでおいしいドリンクが簡単にできる

生姜とはちみつのドリンクは生姜はちみつシロップを作っておくと簡単に作ることができます。

シロップの作り方も難しくはありませんし、1度作れば3ヶ月は保存することができます。

生姜はちみつシロップをまとめて作って、日常的に生姜とはちみつのドリンクを取り入れるようにしましょう。

生姜はちみつシロップの作り方

生姜はちみつシロップの作り方を紹介します。

  1. 鍋にお湯を沸かして保存用のビンを煮沸消毒する
  2. 生姜をよく洗い皮付きのままスライスする
  3. スライスした生姜をビンに入れ、生姜は隠れるくらいはちみつを入れる
  4. 常温で3日間くらいしてはちみつがさらっとしてきたら使い始められます

生姜をすりおろしてはちみつに漬ければ、より早く生姜の成分がはちみつに出てきてシロップが完成しますし、生姜ごとジャムのように使うこともできます。

シンプルな材料で簡単にできますので、時間があるときにまとめて作っておくと便利です。

生姜はちみつシロップの保存方法

できあがった生姜はちみつシロップは3ヶ月間程度保存することができます。

なるべく長期間保存できるようにするためのコツは下記の通りです。

  • ビンをしっかり消毒しておくこと
  • 生姜が常にシロップに漬かっている状態にすること

そのためシロップを使うと同時に中の生姜も使うようにすると良いでしょう。

はちみつに漬かって甘く柔らかくなった生姜は、ドリンクを飲むときに一緒に食べてもおいしいですし、料理やお菓子作りに使うこともできます。

生姜はちみつシロップで作るドリンク

生姜はちみつシロップを常備しておけば、生姜湯やジンジャーエールを簡単に手作りできます。

生姜はちみつシロップで作るドリンクのレシピを紹介します。

お湯で割って簡単はちみつ生姜湯

生姜はちみつシロップをお湯で割れば簡単に生姜湯が作れます。

このとき気をつけたいのは60度より低い温度のお湯を使うということです。

低い温度のお湯を使うのは、はちみつの有効成分をできるだけ壊さないようにするためです。

はちみつの有効成分は加熱によって破壊されてしまいますので、熱湯で割るのではなくぬるま湯で割った方がたくさん取り入れることができます。

炭酸水で割ればジンジャーエール

生姜はちみつシロップを炭酸水で割るとジンジャーエールのできあがりです。

はちみつの甘さなので市販されているジンジャーエールよりもさっぱりと飲むことができます。

炭酸水の種類やシロップの分量で好みの味を作ることができるので、ジンジャーエール好きにぴったりです。

ヨーグルトに加えて爽やかなヨーグルトドリンク

ヨーグルトに生姜はちみつシロップ加えると、ぴりっと感が爽やかなヨーグルトドリンクができます。

ラッシーのようにカレーに合わせても良いですし、お腹にたまるのでおやつに飲むのにも良いでしょう。

生姜とはちみつの効果と同時に、ヨーグルトの整腸作用なども取り入れることができます。

紅茶にプラスで簡単生姜紅茶

生姜はちみつシロップを紅茶に加えると生姜紅茶ができます。

はちみつの甘味があるので、ストレートの紅茶が苦手という人でも飲みやすい生姜紅茶に仕上がります。

生姜はちみつシロップはドリンク以外にも料理やお菓子に活用できる

生姜はちみつシロップがあると色々なドリンクを作れますが、それだけでなく料理やお菓子に活用することもできます。

  • しょうが焼きに使う砂糖の代わりにシロップとシロップ漬けの生姜を使う
  • トーストにジャム代わりに塗る
  • パンケーキのシロップとしてかける

などアイディア次第で様々な使い方ができます。

水メディア推薦!

最も信頼できる生姜湯と生姜はちみつ

生姜湯にはちみつを加えればぽかぽか温まるホットドリンクができる

生姜とはちみつのドリンクは生姜湯にはちみつを加えることでも作れます。

基本の生姜湯の作り方

まず基本の生姜湯の作り方を紹介します。

生姜湯は作り方によって効果が違ってきますので、期待する効果によって作り分けるようにしましょう。

体を温める加熱した生姜で作る生姜湯の作り方

生姜は加熱すると体を芯から温めるショウガオールが増加します。

そのため冷え対策をしたいとか、体を温めて痩せやすい体作りがしたいとかいう場合には、加熱した生姜で生姜湯を作るようにしましょう。

まずは生姜を蒸してから作る乾燥生姜の作り方を紹介します。

  1. 皮付きのまま生姜をスライスする
  2. 蒸し器に並べて甘い香りがするまで約30分間蒸す(電子レンジの場合にはシリコンスチーマーに入れて約15分間加熱する)
  3. 干して乾燥させる

完成した乾燥生姜にお湯を注いで数分待てば、ショウガオールたっぷりの生姜湯のできあがりです。

乾燥生姜はフードプロセッサーなどで粉末にしておくとお湯に溶けやすく使いやすくなるので、まとめて粉末にしておいても良いでしょう。

また保存は常温の方が風味が落ちません。

生姜の加熱は電子レンジでもできます。

  1. カップにすりおろした生姜と水を入れる
  2. 電子レンジで500wなら4分間、750wなら3分間加熱する

という作り方ですぐにできますので、乾燥生姜を作る手間はかけられないけれどショウガオールをたっぷりとりたいという場合に利用すると良いでしょう。

風邪の初期症状を和らげる生の生姜で作る生姜湯の作り方

生の生姜にはジンゲロールという殺菌作用を持った成分が豊富です。

ジンゲロールは風邪の初期に特に効果を発揮しますので、風邪のひき始めには生の生姜を使った生姜湯を飲むと良いでしょう。

作り方のコツは60度以下のお湯を使うということです。

  1. すりおろした生姜をカップに入れる
  2. 60度以下に冷ましたお湯をカップに注ぐ

という2ステップで完成ですので簡単にできます。

お湯を60度以下に冷ましてから使うのは、ジンゲロールをできるだけ加熱しないようにするためです。

ジンゲロールは加熱するとショウガオールに変化するという性質を持っています。

そのためジンゲロールをたくさん摂取したい場合には、できるだけ熱が加わらないようにすることが大切になります。

はちみつ生姜湯は基本の生姜湯にはちみつを加えるだけ

はちみつ生姜湯は生姜湯にはちみつを入れるだけで簡単にできます。

ただしはちみつの効果を存分に発揮してその良さを取り入れるとなると、以下にお伝えする2つのポイントを押さえておくことが重要です。

はちみつは純粋はちみつを選ぶ

お店で売られているはちみつには大きく分けて3種類あります。

  • 純粋はちみつ
  • 加糖はちみつ
  • 精製はちみつ

健康や美容に役立てるためにはちみつを選ぶのなら、純粋はちみつを選ぶことが重要です。

加糖はちみつはみずあめなどの糖分が多く含まれており、はちみつはごく少量しか含まれていないということがあります。

精製はちみつは加熱されていることがほとんどなので、せっかくのはちみつの栄養が壊れてしまっていることが考えられます。

そのためはちみつ本来の栄養を取り入れたい場合には、純粋はちみつを選ぶというのがベストです。

生姜湯が60度より冷めてからはちみつを加える

純粋はちみつに含まれる栄養は熱に弱く、30度くらいの加熱から破壊されていくことが分かっています。そして60度を超えるとほとんどの栄養が破壊されてなくなってしまうのです。

そのため生姜湯にはちみつを入れる場合には、生姜湯が60度よりも冷めてから加えるようにしましょう。

はちみつ生姜湯については『はちみつ生姜湯はダイエットや風邪に効果的!作り方や注意点』もご覧ください。

水メディア推薦!

最も信頼できる生姜湯と生姜はちみつ

生姜とはちみつの組み合わせはベストマッチ

生姜とはちみつはどちらも栄養豊富で健康や美容のために様々な働きが期待できます。

そのため生姜とはちみつをドリンクにして同時に飲むというのはとても良い組み合わせと言えるでしょう。

ここでは生姜とはちみつに期待できる効果について解説します。

生姜に期待できる効果

生姜には健康やダイエットに良い効果がたくさんありますので、代表的なものを具体的に解説します。

生姜に含まれている有効成分について

生姜の働きについて知る際にまず知っておきたいのは生姜に含まれている有効成分です。

生姜に含まれている有効成分として知っておきたいのは

  • ジンゲロール
  • ショウガオール
  • ジンゲロン

の3つです。

ジンゲロールは生の生姜に豊富に含まれている辛味成分で、殺菌作用に優れています。また体の表面を温めて発汗を促し体温を下げるのもジンゲロールの特徴です。

ショウガオールは生姜を加熱することでジンゲロールが変化することによって増加する成分です。体を芯から温める働きをすることでよく知られており、ダイエットや冷え対策をしたい場合に活用したい成分です。

ジンゲロンも加熱した生姜に多い成分で、血管を拡張する働きがあります。血管を広くしてくれるので血流が良くなりやすく、指先や足先など全身の隅々まで血液が行き渡りやすくなります。

体を温めて代謝を良くするからダイエットが効率的にできる

生姜の働きとしてまず注目したいのがダイエット効果です。

特に加熱した生姜に多く含まれるショウガオールやジンゲロンは冷えを解消し体を温めて代謝を良くしてくれます。

代謝が良くなると何もしていなくても消費するカロリーが増えますから、ダイエットが効率的にできるようになります。

またジンゲロールには脂肪の吸収を抑える働きが、ショウガオールには脂肪の燃焼を促進する働きがありますので、そうした側面からも生姜はダイエットに良い食材と言えるのです。

血管を拡張してくれるから全身の隅々まで血流が行き届き冷えが改善される

加熱した生姜に多く含まれるジンゲロンは血管を拡張してくれます。

手足がひんやり冷え切ってしまっている人は、血管が狭まっているために隅々まで血液が行き届いておらず冷えていると考えられます。

そのためジンゲロンの働きで血管が広がると血流が改善されて手足の頑固な冷えが和らぐのです。

殺菌作用があるから風邪ウィルスを退治できる

生の生姜にはジンゲロールという殺菌作用の高い成分が含まれています。

生姜は薬味としてお刺身に添えられていることがありますが、これは生姜の殺菌作用によって食中毒を予防するという意味合いもあるのです。

生姜の殺菌作用は食中毒の原因菌だけでなく風邪ウィルスにも有効ですので、風邪対策のために生姜を活用することもできます。

免疫力を高めることで風邪やインフルエンザにかかりにくい体作りができる

生姜を日常的に取り入れた生活をしていると免疫力を高めることができるので、風邪やインフルエンザにかかりにくい状態を作ることができます。

生の生姜に多いジンゲロールは白血球を増やすことで免疫力を高めてくれますし、加熱した生姜に多いショウガオールは体温を高めることで免疫力をあげることができます。

生姜の効果については『生姜湯の効果はこんなにある!驚きの生姜パワーについて』もご覧ください。

水メディア推薦!

最も信頼できる生姜湯と生姜はちみつ

 

はちみつに期待できる効果

はちみつにはとても多くの栄養が含まれているため、その効果も多岐に渡ります。

はちみつに含まれる代表的な有効成分と具体的な効果について解説します。

はちみつに含まれている有効成分の働き

はちみつは主にブドウ糖と果糖で構成されていますが、ビタミン類やミネラル類なども含んでいます。

はちみつに含まれているビタミン類は分量としては少量ですが、活性型のビタミンがほとんどなので、不活性型のビタミンで構成されているビタミン剤よりも優れた働きをしてくれることが分かっています。

またカリウム・カルシウム・鉄などのミネラルや、ポリフェノールなど、合計すると150種類以上もの栄養成分が含まれているのです。

ひとつひとつの栄養成分は少量ずつですが体に吸収されやすい状態で含まれているため、人工的に作られたサプリメントよりもはちみつの方が効果的と言うことができます。

高い殺菌作用があるから風邪対策などに効果的

はちみつは高い殺菌作用のある食材なので、風邪ウィルスを退治するのにも効果的です。

はちみつの殺菌作用は2つの働きによって発揮されています。

1つははちみつの高濃度の糖分が細菌の水分を奪うことによる殺菌です。

はちみつにはほとんど水分が含まれていませんので、中に細菌が入ってしまったとしても糖分によって水分を奪われた状態になり死んでしまいます。

もう1つははちみつに含まれるグルコン酸という成分による殺菌消毒作用です。

グルコン酸は医療現場でも傷口や器具の消毒に使われている成分なのでとても高い殺菌力があります。

このように高い殺菌力がありますので、はちみつは風邪対策にも有効なのです。

素早く吸収されるブドウ糖が豊富に含まれているから疲労回復に効果的

はちみつの主成分はブドウ糖と果糖です。

ブドウ糖と果糖は糖分の中でも体に吸収されやすく胃腸に負担をかけない単糖類ですので、運動後など体を回復させる必要があるときや、風邪など病気で消化吸収が悪くなっているけれどエネルギーが必要なときなどに特に向いています。

また特別に運動したわけでも具合が悪いというわけでなくても、なんとなく疲れてきたかなというタイミングではちみつを摂取すると疲労回復に役立ちます。

はちみつのおよそ40%は脳の唯一のエネルギーになるブドウ糖なので、体を使ったときだけでなく勉強や仕事などで頭を使ったときにもはちみつを食べるようにすると良いでしょう。

就寝前にはちみつをとると質の高い睡眠がとれるから痩せやすくなる

就寝前のはちみつは睡眠時に必要になる適度なエネルギー補給ができるので、ぐっすりと深く眠ることにつながります。

ぐっすり眠ることができると睡眠中に成長ホルモンが豊富に分泌されます。

成長ホルモンは脂肪燃焼してくれる働きがありますので、はちみつを就寝前にとると痩せやすくなるというわけです。

ただしはちみつは糖分なので、いくら吸収しやすく消費されやすいとはいっても食べ過ぎると太ってしまいますから注意しましょう。

生姜とはちみつをドリンクにして一緒に飲むと両方の効果を一緒に取り入れられる

以上見てきたように、生姜とはちみつにはたくさんの効果があります。

そして生姜とはちみつを一緒に飲むと両方の良いところを同時に取り入れることができるのです。

そのため健康や美容に生姜やはちみつを取り入れたいと考えている場合には、両方をあわせてドリンクにして飲むようにすると良いでしょう。

水メディア推薦!

最も信頼できる生姜湯と生姜はちみつ

生姜とはちみつの効能を最大限に活かすためにドリンクを飲むべき時間帯

生姜とはちみつのドリンクは1日のうちいつ飲んでも効果を発揮してくれますが、より効果的になる時間帯というのがあります。

生姜とはちみつが効果的に働く時間帯を知り、働きを最大限活かせるようにしましょう。

朝に飲む生姜とはちみつ入りドリンクは代謝アップで痩せやすい体作りができる

朝に生姜とはちみつのドリンクを飲むことは代謝を高めることにつながるので、痩せやすい体作りに役立ちます。

生姜を朝とると1日の代謝を高い状態に維持しやすくしてくれますし、はちみつのビタミンB群は体と脳を目覚めさせて代謝を高くしてくれます。

はちみつは糖分が主成分なので太りやすいイメージがあるかもしれませんが、単糖類という吸収されやすい糖分なのですぐに消費される特徴があり、適量であればはちみつが原因で太るということはないでしょう。

夜に飲む生姜とはちみつ入りドリンクは良質の眠りに導いてくれる

夜に生姜とはちみつのドリンクを飲むと質の良い睡眠を取ることができます。

質の良い睡眠は疲労回復に役立ちますし、健康を維持したり美容のためにも効果的で、更にダイエット効果もあるのです。

ではなぜ生姜とはちみつのドリンクが良質の睡眠をサポートしてくれるのでしょうか?

生姜の温め効果でぐっすり眠れる

生姜は体を温めてくれます。

眠くなってくると私たちの体はまず温かい状態になりますが、生姜をとることで眠る前の温かい体に導きやすくなります。

そのため就寝前に生姜をとって体を温かい状態にすると、短時間で深い眠りにつけるようになるのです。

はちみつの糖分は睡眠中の適度なエネルギーになる

眠っている間も私たちの体はエネルギーを消費しています。

はちみつの糖分は眠っている間に消費するエネルギーを補給するのにちょうどいい性質です。

食べると腸壁からすぐに吸収されるので就寝前に食べても胃腸の負担になりませんし、速やかに体や脳でエネルギーとして働いてくれるからです。

そして睡眠中の適度なエネルギーを摂取できていると、疲労回復やダイエットに役立つ成長ホルモンの分泌を促すことができます。

はちみつの咳止め効果で夜中の咳を抑えられる

はちみつをとると咳止め効果があることを体験的に知っている人も多いでしょう。

はちみつの咳止め効果を研究した結果では、子供用の咳止め薬よりも効果的だという結果も出ています。

そのため夜にはちみつをとると眠っている間の咳を予防することができます。

咳が出ていると苦しくて起きてしまうこともありますが、はちみつで咳を予防したり緩和したりできれば咳のせいで目が覚めてしまうのを避けられます。

生姜の効果を持続させたいなら3時間ごとに飲むのがおすすめ

生姜の働きは1度飲めばずっと続くというものではありませんので、1日中効果を実感したいという場合には継続して飲み続ける必要があります。

その際には3時間ごとに飲むようにすると良いでしょう。

すると1日を通して生姜が働いている状態を持続させることができます。

水メディア推薦!

最も信頼できる生姜湯と生姜はちみつ

生姜とはちみつをドリンクで取り入れるときの注意点

生姜とはちみつのドリンクは様々な効果がありますのでたくさん飲みたいと思うかもしれません。

しかしだからといって、いくらでも飲んで良いというものではありません。

大切なことは適量を取り入れるということです。

生姜の1日の摂取量は上限の目安である10g以下にする

生姜を取り入れる際に重要なのは、1日の摂取上限の目安10gを守るということです。

生姜は健康にもダイエットにも良い食材ですが、強力に働く食材なので食べ過ぎると逆効果になる恐れもあります。

生姜のとり過ぎは胃痛になる可能性がある

生姜をとり過ぎてしまうと胃痛になる可能性があります。

特に胃腸が弱い人は要注意です。

胃痛になりづらくするためには、生姜を食前ではなく食後にとるなど、胃がからっぽのときにとらないように工夫することも有効です。

生の生姜を食べ過ぎると自己免疫疾患の恐れも

生の生姜は白血球を増やし免疫力を高めてくれますが、食べ過ぎると自己免疫疾患になる可能性があります。

自己免疫疾患は免疫力が高まり過ぎた結果、問題の無い自分の細胞まで攻撃し始めてしまうという病気で、アトピー性皮膚炎や関節リウマチなどがそうです。

高熱が出ているときは生姜の摂取をやめる

また生姜は熱を発生させる食材なので、高熱が出ているときにはとらないようにしましょう。

39度以上の高熱があるときに生姜をとると、高熱の状態が長引いてしまうなど体に負担をかけてしまう可能性があります。

高熱のときには生姜のように体を温める食材ではなく、トマトや緑茶など体を冷やす食材をとるようにしましょう。

はちみつのとり過ぎに注意する

はちみつを食べ過ぎたからといって病気になるという報告はありません。

しかしはちみつの主成分はブドウ糖と果糖ですので、食べ過ぎて過剰になった糖分は中性脂肪として蓄えられえてしまいます。

そうすると当然太ってしまいますし、健康上の問題も多々出てきてしまいますので、くれぐれも食べ過ぎには注意して取り入れるようにしましょう。

生姜とはちみつのドリンクは健康にもダイエットにも役立つ万能ドリンク

生姜とはちみつのドリンクを飲むと1度に生姜とはちみつの良いところを取り入れることができます。

  • ダイエット
  • 殺菌作用による風邪対策
  • 質の高い睡眠のサポート
  • 免疫力の向上
  • 疲労回復

などが生姜とはちみつのドリンクで期待できる効果です。

生姜とはちみつのドリンクは、生姜はちみつシロップを常備しておくと手軽に作れますし、生姜湯にはちみつを加えることでも作れます。

ドリンク作りに使うはちみつは必ず純粋はちみつを選びましょう。

市販されているはちみつには加糖はちみつや精製はちみつもありますが、はちみつに本来含まれる有効成分がとれるのは純粋はちみつだけです。

生姜とはちみつの働きをより効果的に活かしたいのであれば、ドリンクを飲む時間帯も考慮するようにしましょう。

特に飲むようにしたいのは朝と夜ですので、生姜とはちみつのドリンクを始めるのであれば、まずは朝と夜に飲むようにしてください。

健康にも美容にもダイエットにも良い生姜とはちみつのドリンクを効果的に活用していきましょう。

水メディア推薦!

最も信頼できる生姜湯と生姜はちみつ

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 妊活に睡眠が重要なワケとは?睡眠のための生活習慣や睡眠薬の影響についても解説します!

  • 妊活と年齢の関係は?妊活を始める年齢、男性の妊活と年齢の関係、についても解説します!

  • 妊活でやることとは?妊活中の過ごし方、検査や治療についてはもちろん、低温期や2人目不妊でやることも解説!

  • 妊活中の生理期間はどう過ごす?落ち込んでしまうときの対処法や着床出血との違いも解説!

関連記事

  • 生姜湯は風邪への効果が抜群!予防や対策するときの正しい方法

  • 生姜湯はチューブ生姜で簡単に作れる!チューブ生姜の使い方・保存方法・注意点を解説します

  • 生姜紅茶のダイエット効果が凄い!そのやり方や方法とは?

  • 妊婦が生姜湯で得られる効果が凄い!

  • 生姜湯の効能の全てと上手に活かす作り方と飲み方について

  • 生姜湯の作り方を徹底解説!基本・アレンジ・簡単レシピ全てお伝えします