1. TOP
  2. 生姜湯
  3. 生姜湯の効能の全てと上手に活かす作り方と飲み方について
Sponsored Link

生姜湯の効能の全てと上手に活かす作り方と飲み方について

生姜湯   2,008 Views

生姜湯の効能は私たちの健康に幅広く働きかけてくれます。

  • 風邪対策
  • 冷え性改善
  • ダイエット
  • 血行改善
  • 目の下のクマの改善
  • 胃腸の働きを良くする
  • 吐き気を抑える
  • がんになりにくい体を作る
  • 妊娠中のマイナートラブルを軽減する
  • うつを抑制する

以上は全て生姜湯の効能で、しかも生姜湯の効能のごく一部でしかありません。

これだけ優れた効能を複数併せ持つ生姜湯ですが、作り方や飲み方を間違えると逆効果になってしまうという可能性もあります。

そこで生姜湯の効能について解説していくと同時に、生姜湯の効能を活かす作り方と飲み方についてもお伝えします。

生姜湯の効能について知り、健康やダイエットに効果的に活かしていけるようにしましょう。

Contents

生姜湯の効能とは

生姜湯の効能は多岐に渡り、健康や美容に広く役立つことが分かっています。

ここでは生姜湯の代表的な効能について解説します。

風邪の予防や治りを早くすることができる

生姜湯は風邪対策に効果的です。

風邪がはやり出すときに生姜湯を飲むことで予防することも、風邪にかかった後に素早く治すために利用することもできます。

風邪予防には加熱した生姜で作る生姜湯がぴったり

風邪予防のために生姜湯を飲む場合には、加熱した生姜で作る生姜湯がぴったりです。

加熱した生姜で作る生姜湯は体を芯から温めてくれる働きがあるため、体温を高く保つことができます。

体温が1度あがると免疫は5~6倍高まりますので、その分風邪のウィルスが侵入してきても風邪にかかりづらくなるのです。

風邪ウィルスは生の生姜で作るぬるめの生姜湯で退治する

風邪のひき始めには風邪ウィルスを退治してくれる生の生姜を使った生姜湯が効果的です。

生の生姜にはジンゲロールという成分が豊富に含まれていて、この成分の殺菌作用によって侵入してきた風邪ウィルスを撃退できます。

同時にジンゲロールは白血球の数を増やす働きもあるため、口腔内や喉にいる風邪ウィルスを退治しながら体の免疫力を高めることができるのです。

また生の生姜は体の表面を温めて発汗を促すという働きがあるのですが、この働きによって風邪ウィルスを退治するのに必要なところまで熱を速やかにあげて、汗をかくことで速やかに解熱するという流れをサポートしてくれます。

生姜湯で行う風邪対策については『生姜湯は風邪への効果が抜群!予防や対策するときの正しい方法』もご覧ください。

冷え性の改善に役立つ

生姜湯には体を温めてくれる働きがあるので、冷え性改善に役立ちます。

特に加熱した生姜で作る生姜湯は、体を内側からぽかぽかにしてくれますし、血管を拡張して血流を良くすることで手足の先が冷えるという状態を解消してくれるのです。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

ダイエット効果が期待できる

体を温めてくれる生姜湯にはダイエット効果も期待できます。

体が温まると代謝が高まりますし、生姜の有効成分によって脂肪の吸収を抑えたり燃焼を促進したりすることもできるからです。

生の生姜に豊富なジンゲロールは脂肪の吸収を抑える

生の生姜に含まれているジンゲロールという成分は脂肪の吸収を抑える働きがあることが分かっています。

ジンゲロールの働きで余分な脂肪の吸収を抑えられるということは、その分太りづらくなるということです。

加熱した生姜に豊富なショウガオールは代謝を高めてダイエットの効率をあげる

ショウガオールは生姜を加熱すると増加する成分ですが、体を芯から温めることで代謝を高める働きをしてくれます。

体の代謝が高まると消費カロリーが増加します。

何もしていなくても消費するカロリーが増えますし、運動などで体を動かすとより多くのカロリーを消費するのです。

そのためこれまでと同じ食事や運動量であっても、生姜湯で体を温めることで効率的にダイエットをすることができます。

生姜湯で行うダイエットについては『生姜湯のダイエット効果が凄い!』もご覧ください。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

血流を改善してくれる

生姜湯には血流を良くする効能もあります。

血流が良くなることで体は健やかな状態を保てるようになります。

全身に栄養や新鮮な酸素を運ぶことができますし、血液によってすみずみまで温かい状態が作れるからです。

生姜は血栓をできにくくしてくれる

生姜には血液をさらさらにして血流を良くする働きがあります。

さらさらの血液だと単に血液の流れが良くなるというだけでなく、血栓をできづらくすることで心筋梗塞や脳梗塞になりづらい状態を作ることが可能です。

血液は血小板が集まることでドロドロとした状態になり血栓ができる原因になってしまいますが、生姜湯を飲むことで血小板が集まるのを抑えることができるのです。

しかもその働きは強力で、1日に粉末生姜を1g取り入れることと低容量アスピリン75mgを取り入れることはほぼ同程度の働きが期待できるという研究結果もあります。

加熱した生姜に含まれるジンゲロンは血管を拡張して血流を促進する

また加熱した生姜で生姜湯を作った場合、ジンゲロンという成分が多く含まれていて、血管を拡張する働きをすることが分かっています。

狭い血管を血液が通るのは大変です。

血管が拡張して広くなれば、多少ドロドロとした血液でも通りやすくなります。

目の下の黒いクマを解消する

目の下に黒いクマができることで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

メイクをしてもうまく消えてくれませんし、クマがあるだけで顔全体の印象が暗く不健康なものになってしまいます。

目の下のクマの原因は血行不良です。

そのため生姜湯を飲むことで血流が改善されて血行が良くなると、クマも薄く見えなくなっていく可能性があります。

胃腸を丈夫に保つ

生姜は刺激が強い食材ですが、適量取り入れることで胃腸を丈夫にしてくれる働きもします。

生姜湯が胃腸を丈夫に保つ理由は主に3つです。

  • 消化吸収の働きを高める
  • 抗菌や解毒作用がある
  • 吐き気を抑える

消化吸収の働きが高まれば、消化不良による胃腸への負担がなくなります。

また抗菌作用や解毒作用があるので、万一食べ物に食中毒の原因菌が付着していた場合でも、食中毒を発症する可能性を低くすることができます。

胃腸を刺激して吐き気を誘発するセロトニンの分泌ををコントロールできるというのも、胃腸の調子を良好に保つことにつながります。

生姜は刺激の強い食材ですが、上手に活用することで胃腸の状態がベストを保てるようにできるのです。

自律神経を整えてうつを抑制してくれる

生姜湯はうつを抑えることにも役立つことが分かっています。

うつの症状が表れる原因に自律神経の乱れがあります。

そして自律神経の乱れの原因の1つに血流が悪いということがあげられます。

そのため生姜湯の血流を改善する働きは、自律神経を正常に保ちうつの症状が出ないようにするために役立つというわけです。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

他にもある!生姜湯の効能一覧

生姜湯の代表的な効能を紹介しましたが、他にもたくさんの効能があります。

  • 利尿作用
  • 糖質の吸収を抑える
  • 鎮痛作用
  • 抗酸化作用
  • コレステロールを低くする

こうした効能があるため、生姜湯は様々な病気の予防や改善に役立ちますし、ダイエットにも良いと言われているのです。

 

なお、生姜湯の効果に関しては「生姜湯の効果はこんなにある!驚きの生姜パワーについて」にてさらに詳しくお伝えしています。ぜひ、御覧ください。

生姜湯の効能を充分に実感できる生姜湯の作り方

生姜湯には多くの効能があることが分かりましたが、それらを充分に実感するためには生姜湯の作り方のコツを抑えておく必要があります。

生姜湯の効能を実感するためには期待する効能に合わせた作り方をすることが重要

生姜湯にはたくさんの効能がありますが、生姜湯をどのように作っても全ての効能を実感できるというわけではありません。

生姜の加熱の程度によって取り入れられる有効成分には違いがあり、有効成分が違うということは期待できる効能にも違いがあるということです。

そのため期待する効能があって生姜湯を飲む場合には、生姜湯の作り方と取り入れられる有効成分について知っておくことが大切です。

ダイエットや冷え性対策なら加熱した生姜で生姜湯を作ろう

ダイエットや冷え性対策のためには体を内側から温めることが重要です。

そのためには同じ生姜でも加熱した生姜を使って生姜湯を作るようにします。

加熱した生姜はショウガオールとジンゲロンが増加する

生姜を加熱すると生の生姜に豊富に含まれているジンゲロールが変化してショウガオールになります。

ショウガオールは体を芯から温めてくれる成分なので、体の冷えを取り除くのに効果的です。

また加熱した生姜はジンゲロンという成分も増加します。

ジンゲロンは血管を拡張して血流を良くすることで冷えを解消する働きをしてくれますので、体がポカポカと温かい状態を保てるようにサポートしてくれるのです。

ストックしておくと便利な乾燥生姜の作り方と乾燥生姜で作る生姜湯の作り方

加熱した生姜をまとめて作ってストックしておくと、ショウガオールたっぷりの生姜湯を簡単に作ることができて便利です。

そこで乾燥生姜の作り方を紹介します。

  1. 生姜を皮付きのままスライスする
  2. 蒸し器に重ならないように並べて甘い香りがしてくるまで30分程度蒸す
    ※蒸し器が無い場合には電子レンジとシリコンスチーマーで約15分間加熱することで蒸し生姜を作ることもできます。
  3. 蒸しあがった生姜を干して乾燥させる(天日でも室内でも可能)
  4. 生姜がしっかり乾燥したら常温で保存する

生姜湯を作る場合には、仕上がった乾燥生姜をカップに入れてお湯を注ぎ数分待てばできあがりです。

より短時間でたくさんの有効成分を取り入れたいという場合には、乾燥生姜をフードプロセッサーなどで粉末にして保存しておくと良いでしょう。

電子レンジを使った生姜の加熱の仕方

生姜を蒸して乾燥生姜を作るのが手間だという場合には、電子レンジを使って生姜を加熱することもできます。

  1. カップにすりろした生姜と水を入れる
  2. 電子レンジで500wなら4分間、750wなら3分間を目安に加熱する

これで電子レンジで加熱する生姜湯の完成です。

生姜をすりおろすのが手間に感じるかもしれませんが、1回分であれば少量なのですりおろすのにそれほど時間はかかりません。

より手軽に生姜湯を作りたいということであれば、生姜をすりおろすのではなくチューブ生姜を使用するというのも1つの方法です。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

風邪対策ならぬるま湯で作った生姜湯がベスト

風邪対策のために生姜湯を飲むのであれば、生の生姜とぬるめのお湯で作った生姜湯がおすすめです。

殺菌作用に優れたジンゲロールが最も多く含まれるのは生の生姜なので、生姜湯でより多くジンゲロールを摂取しようと思うと、ぬるめのお湯で生姜湯を作る必要があります。

殺菌作用のあるジンゲロールは生の生姜に最も多い

ジンゲロールの殺菌作用は風邪ウィルスにも有効です。

生姜湯は口腔内や喉に付着した風邪ウィルスを退治してくれるので、風邪のひき始めに飲むことで風邪を治りやすくしてくれます。

抗炎症作用と鎮痛作用で喉の痛みを取り除いてくれる

また気になる喉の痛みを取り除くのにも生姜湯は役立ちます。

炎症と痛みを抑える働きが生姜にはありますので、風邪ウィルスによる炎症で痛みが出ている喉をラクな状態にしてくれる働きがあるのです。

ジンゲロールは風邪予防にも効果的

風邪予防の際に鍵となってくるのが免疫力です。

免疫力が高ければ風邪ウィルスが体内に侵入してきても風邪をひきづらいですし、逆に免疫力が低い状態だと風邪をひきやすくなってしまいます。

冬に風邪をひきやすいというのは、気温が低いせいで体温が低くなる結果免疫力が下がるからだと言われています。

ジンゲロールは免疫細胞である白血球を増やす働きがありますので、免疫力を高めて風邪予防をするのにも役立つというわけです。

ジンゲロールたっぷりの生姜湯の作り方

ジンゲロールたっぷりの生姜湯を作るためのコツは2つあります。

  • 生の生姜を使うこと
  • 60度より低い温度のお湯を使うこと

この2点を守ってジンゲロールたっぷりの生姜湯を作りましょう。

  1. 生姜をすりおろしてカップに入れる
  2. 60度よりも低い温度に冷ましたお湯をカップに入れる

これで完成です。

生の生姜で作るジンゲロールたっぷりの生姜湯も、生姜をチューブ生姜に置き換えることができますので、忙しいときや職場で生姜湯を飲むときなど上手に活用すると良いでしょう。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜湯の効能を高める生姜湯のアレンジ方法

生姜湯は生姜とお湯だけで作れるとてもシンプルな飲み物ですし、それだけでも様々な効能を期待することができます。

しかし飲みなれない人や生姜の辛味が苦手な人の場合には、シンプルなままだと飲みづらく続けにくいということもあるでしょう。

そうしたときにおすすめなのが生姜湯のアレンジです。

生姜湯のアレンジは甘味が加わっておいしく飲めるようになるものがありますし、プラスする食材との相乗効果で効能が高まることもあります。

おいしく飲んで健康に役立てていきましょう。

はちみつ生姜湯は風邪にもダイエットにも最適

はちみつ生姜湯は甘味が加わって飲みやすくなる上、風邪対策やダイエットにもぴったりのドリンクになります。

はちみつ生姜湯の作り方

はちみつ生姜湯の作り方は下記の2つのポイントさえ押さえておけば簡単に作ることができます。

  • 生姜湯の温度が60度より低くなってからはちみつを加えること
  • はちみつは純粋はちみつを選ぶこと

はちみつは殺菌作用がありますし栄養も豊富ですが、それらはちみつに含まれている有効成分は加熱によって破壊されてしまいます。

はちみつの有効成分は30度くらいの加熱から破壊され始め、60度を超えるとそのほとんどがなくなってしまいます。

そのためはちみつにふくまれる栄養を存分に活かしたいのであれば、必ず生姜湯が60度より冷めてから加えるようにしましょう。

また販売されているはちみつには、

  • 純粋はちみつ
  • 加糖はちみつ
  • 精製はちみつ

の3種類がありますが、はちみつ本来の栄養が含まれているのは純粋はちみつなので、必ず純粋はちみつを選びます。

加糖はちみつは水あめなどが主原料ではちみつは香り付け程度に加えられているということがありますし、精製はちみつは加熱されているので栄養が破壊されてしまっている可能性があります。

はちみつの持つ有効成分を取り入れるのなら純粋はちみつを使ってはちみつ生姜湯を作りましょう。

はちみつの殺菌作用は喉の痛み解消にも良い

はちみつには殺菌作用があることはよく知られていますが、これは喉の痛みを解消するためにも役立ちます。

はちみつを加えた生姜湯が喉に良いということを経験的に知っている人も多いですが、それははちみつにも生姜湯にも殺菌作用や抗炎症作用など喉の痛みを緩和する働きがあるからです。

しかもはちみつは咳止めの働きが子供用の咳止め薬より高いということも研究結果により分かってきています。

そのためはちみつ生姜湯は喉が弱っているときに飲むのに最適なアレンジ生姜湯と言えるでしょう。

眠る前のはちみつでダイエットができる

はちみつは夜眠る前に取り入れるとダイエットに良いということも言われていて、寝る前はちみつダイエットというダイエット方法まであります。

はちみつがダイエットに良いのは成長ホルモンの分泌と関係があります。

成長ホルモンは脂肪燃焼の働きがありますので、成長ホルモンがしっかり分泌されると眠っている間にたくさんの脂肪が燃焼されるようになります。そのため自然と痩せていくというのです。

はちみつ生姜湯を眠る1時間前くらいに飲むとはちみつが睡眠中の適度な栄養になり、生姜湯の体を温める働きによってスムーズに深い睡眠が取れるようになります。

この2つの働きによって成長ホルモンがしっかりと分泌されるようになりますので、はちみつ生姜湯はダイエットにも役立てることができるのです。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

レモン生姜湯で風邪を素早く治しましょう

レモン生姜湯は爽やかなレモンの味わいと香りが心地良い生姜湯です。

風邪対策に良いと言われている生姜湯とレモンの組み合わせですので、風邪っぽいなと感じたときにはぜひ飲むようにしてみてください。

レモン生姜湯の作り方

レモン生姜湯の作り方は、生姜湯にレモン果汁を加えるだけです。

市販のレモン果汁でも簡単に作ることができますが、レモンの良さを存分に活かしたいのであれば、レモンを絞って使うのがおすすめです。

レモン果汁は酸化してしまうとビタミンCなど含まれている栄養が破壊されてしまいますので、生姜湯を飲むときに絞るようにしましょう。

また生姜湯に加えた後に必要以上に混ぜ過ぎると酸素にたくさん触れてしまいますので、全体が混ざったらそれ以上は触れないようにしてください。

作りたてを飲めば、レモンのビタミンCをたくさん取り入れることができます。

レモンは風邪対策にぴったり

レモンは風邪対策に良いということが昔から言われていて、風邪をひいたときにレモン果汁をたくさん飲むと治りが早くなるという経験をしている人も大勢います。

生姜湯も殺菌作用や免疫力を高める働きが風邪対策にぴったりなので、レモン生姜湯は風邪を早めに治したいというタイミングで飲むと良いでしょう。

生姜ココアは腸のむくみ改善で便秘を解消する

生姜ココアはテレビでも紹介されて話題になりました。

生姜湯とココアの働きで腸のむくみが改善されるので便秘がなくなりダイエットにもつながるという飲み物です。

生姜ココアの作り方

生姜ココアは生姜湯にココアを入れるだけで完成です。

ただしココアの選び方に1つだけポイントがあり、必ずピュアココア(純ココア)を入れることが重要です。

ピュアココアというのは砂糖など他の食材や添加物が全く入っていない純粋のココアで、それだけで飲むと甘さは無く程よい苦味を感じます。

腸のむくみを改善する働きが期待できるのはこのピュアココアのみです。

お湯に溶くだけでミルクココアができる甘いタイプのココアだと充分な働きが期待できませんので注意しましょう。

ココアが腸のむくみを取ってくれる

ココアに含まれるココアフラバノールには、腸の血管を広げて血流を良くする働きがあります。

そして生姜湯には血流そのものを良くする働きがあります。

むくみというのは血流が滞ることで起こっている現象で、本来なら血流によって回収されるべき不要な水分が血流が悪いために未回収で皮下に溜まることで起こります。

腸のむくみの場合にもそれは同じなので、腸の血流を良くしてあげれば腸のむくみは改善していくことが期待できるのです。

そのため生姜ココアは腸のむくみを改善して便秘を解消し、ぽっこりお腹も目立たなくしてくれることが期待できます。

生姜湯の作り方とアレンジについては『生姜湯の作り方を徹底解説!基本・アレンジ・簡単レシピ全てお伝えします』もご覧ください。

 

また、ココアの効果に関しては下記にてより詳しくお伝えしています。

・「ココアの効果は驚異的!その全てをお伝えいたします!

・「 純ココアの効果が凄い!

・「ココアのダイエット効果がもの凄い!!

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜湯の効能がアップする!?生姜湯を飲むべき時間帯

生姜湯の効能は飲む時間帯を工夫することによっても高めることができます。

飲む時間帯を意識して生姜湯の良さを最大限に活かしていきましょう。

生姜湯は朝飲むと体が温まって機能が高まる

生姜湯を飲む時間帯としてはずせないのは朝です。

もしも1日に1度だけ生姜湯を飲むのであれば朝飲むのが良いでしょう。

朝の寝起きの時間というのは体が冷えている状態です。

そのため生姜湯を飲んで温めてあげることで、体を目覚めさせると同時にその日1日の機能を高めることができます。

体がしっかりと温まれば代謝が高まるので消費カロリーが増えてダイエットにつながりますし、体温があがることで免疫力が高まることも期待できます。

午後の生姜湯はエアコンで冷える体を温める

午後になると体が冷える、頭はのぼせたように熱いけれど足先は冷える、というような状態になる人は血流が滞っている可能性があります。

特に1日中オフィスにいてエアコンの風にあたっているとそうした状態になりやすいものです。

午後にこうした体の変化を感じる人は、食後1時間後くらいに生姜湯を飲んで血流を良くしてあげましょう。

すると冷えが改善されて体の状態も良くなることが期待できます。

入浴前の生姜湯で湯上りもぽかぽかが持続する

お風呂に入っても入浴後にすぐ冷えてしまうという人は、入浴前に生姜湯を飲んでから半身浴などをしてみてください。

体が冷えている人は入浴したとしてもお湯と体温の温度差が大きいため、どうしても熱く感じてしまいやすく、長時間温まることができない傾向にあります。

すると充分に温まれないので入浴後早いタイミングで体が冷えてしまいます。

入浴前に生姜湯を飲んで体を温めておくと、お湯と体温の温度差が縮まるのでじっくりと時間をかけて入浴することができるようになり、入浴後も冷めにくい状態を作ることができるというわけです。

夜の生姜湯は質の高い睡眠をサポートしてくれる

健康のためにもダイエットのためにも質の高い睡眠をとることはとても重要です。

夜眠る1時間くらい前に生姜湯を飲むことで体がしっかりと温まると、深く質の高い睡眠をとることができます。

すると脂肪燃焼や疲労回復に役立つ成長ホルモンの分泌がしっかりとされるようになりますので、疲れがしっかりと取れて自然と痩せやすい体質になっていけるのです。

生姜湯の効能を1日中実感したいなら3時間おきに飲む

生姜湯の効能は1度飲むとずっと続くというものではありません。

そのため1日中ぽかぽかした状態を持続したいなど、生姜湯の効能を実感できるようにしておきたい場合には、3時間おきに生姜湯を飲むことをおすすめします。

生姜湯を1度飲むと大体3時間程度は温かい状態が持続するので、段々とその働きが弱まってきたところで飲むようにすると効能が1日中持続するというわけです。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜湯の注意点

生姜湯には様々な効能があり、健康にもダイエットにも良いということが分かりました。

しかもアレンジして飲みやすくすることで、飽きずにおいしく飲み続けることもできます。

となると毎日たくさんの生姜湯を飲みたいというふうに思うかもしれませんが、生姜湯の飲み過ぎは健康に害を及ぼす可能性がありますので適量を飲むということがとても重要です。

生姜湯は飲み過ぎ注意!1日の摂取量10gまでを目安に飲みましょう

生姜湯の1日の摂取量は10gが上限です。

10gを超えない範囲で毎日継続するということが生姜湯を健康のために取り入れる秘訣と言えます。

生姜湯を飲み過ぎてしまった場合、元々胃が弱い人は胃痛が出てしまうことがありますし、生の生姜の場合には免疫力が高まり過ぎてしまいアトピー性皮膚炎などの自己免疫疾患になってしまう可能性もあります。

生姜は身近な食材ではありますが、とても強力に体に作用する食材でもありますので、目安の摂取量である10gを守って生姜湯を飲むようにしましょう。

妊娠中の生姜湯は流産の恐れもあるので控えめに

生姜湯は妊娠中に起こるつわりなどのマイナートラブルを解消してくれる働きもあります。

しかしだからといって飲み過ぎると、流産を引き起こしてしまう可能性があることが指摘されているので要注意です。

生姜湯の飲み過ぎはお腹の張りを誘発するので、それが流産に発展する恐れがあるというわけです。

そのためマイナートラブル対策に生姜湯を飲む場合でも、妊娠中は生姜の分量を少なめにして生姜湯を飲むようにしましょう。

生姜湯は熱が出ている症状のときには飲まないようにする

生姜湯は体を温めてくれるので、体が冷えている症状に悩んでいる場合にはぴったりの解消法です。

しかし反対に体が熱を持っているときの対策として生姜湯を飲むことは避けなければいけません。

例えば39度以上の高熱が出ているときに生姜湯で体を温めてしまうと、熱が高い状態が長引いてしまい体に負担がかかってしまう可能性があります。

また肌が乾燥した状態というのも体が熱を持っている状態の表れですので、乾燥が目立つときにも生姜湯は避けるようにしましょう。

生姜湯は効能がいっぱい!作り方の工夫と注意点を守れば健康にも美容にも役立ちます

生姜湯は体に良い効能がたくさんあります。

たくさんの効能を活かすために大切なことは、生姜湯の作り方と注意点を守って飲むことです。

生姜湯は作り方によって期待できる効能が違いますので、体のどんな状態を生姜湯で対策したいのかをはっきりさせて飲むようにしましょう。

生の生姜に含まれるジンゲロールが特に有効な風邪対策などには、生の生姜と60度より冷ましたぬるま湯で作る生姜湯を飲むようにします。

加熱した生姜に多く含まれるショウガオールが特に有効なダイエットや冷え対策などには、加熱した生姜で作る生姜湯を飲むようにします。

体を温めたいのに生の生姜を取り入れてしまうと、発汗が促されて結果的に冷えてしまうということになりかねませんので、作り方による効能の違いに注意して生姜湯を飲むことが大切です。

生姜湯を飲む時間帯によっても効能の感じられ方は違ってきます。

生姜湯を飲む時間帯としてベストなのは朝・午後・入浴前・就寝前です。

これらの時間帯に生姜湯を飲むと生姜湯の効能がしっかりと発揮されるようになります。

また生姜湯の効能は大体3時間程度持続しますので、1日中ぽかぽかした状態を維持したいということであれば3時間ごとに生姜湯を飲むようにしましょう。

また生姜湯は様々な効能がありますが、それが活きてくるのは適量を飲んだ場合です。

生姜の1日の摂取量は10gが上限の目安ですので、それを超えない範囲で自分の体調に合った分量を飲むようにしましょう。

生姜湯の飲み過ぎは胃痛や自己免疫疾患など悪影響を及ぼす可能性があることを忘れないでください。

生姜湯の効能を存分に取り入れて、毎日の健康やダイエットに役立てていきましょう。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 妊活に睡眠が重要なワケとは?睡眠のための生活習慣や睡眠薬の影響についても解説します!

  • 妊活と年齢の関係は?妊活を始める年齢、男性の妊活と年齢の関係、についても解説します!

  • 妊活でやることとは?妊活中の過ごし方、検査や治療についてはもちろん、低温期や2人目不妊でやることも解説!

  • 妊活中の生理期間はどう過ごす?落ち込んでしまうときの対処法や着床出血との違いも解説!

関連記事

  • 生姜湯は風邪への効果が抜群!予防や対策するときの正しい方法

  • 生姜紅茶のダイエット効果が凄い!そのやり方や方法とは?

  • 生姜葛湯は健康効果が抜群!その効能の全てと作り方もご紹介します!

  • 生姜の飲み物は効果が絶大!レシピ・注意点など全てお伝えいいたします!

  • 生姜湯の作り方を徹底解説!基本・アレンジ・簡単レシピ全てお伝えします

  • 生姜湯はチューブ生姜で簡単に作れる!チューブ生姜の使い方・保存方法・注意点を解説します