1. TOP
  2. ケイ素水 シリカ水
  3. シリカ(ケイ素)の効能とは? 美容・病気予防・アンチエイジングに最適!

シリカ(ケイ素)の効能とは? 美容・病気予防・アンチエイジングに最適!

近年、「シリカ(ケイ素)」という単語を目にすることが多くなったのではないでしょうか。

美容や健康に良いとして注目されているシリカ(ケイ素)は、さらなる研究により様々な効能・効果がわかってきました。

 

  • シリカ(ケイ素)の肌や髪への効能
  • シリカ(ケイ素)の病気予防や改善の効能
  • シリカ(ケイ素)の美容と健康への効能
  • シリカ(ケイ素)のホメオパシーにおける効能
  • シリカ(ケイ素)の植物や動物への効能
  • シリカ(ケイ素)のパワーストーンとしての効能
  • シリカ(ケイ素)の化学や工学における効能

 

今回は、これらの効能について順に説明し、シリカ(ケイ素)を効果的に摂取する方法や、シリカ(ケイ素)についての注意点などもわかりやすくご紹介いたします。

この機会にシリカ(ケイ素)の効能について知識を深め、健康的な毎日が送れるよう生活に取り入れてみてください。

 

Contents

効能・効果に期待!シリカ(ケイ素)とは

それでは、まずシリカ(ケイ素)についての基礎知識をご説明します。

 

シリカ(ケイ素)は自然界のミネラル

「シリカ(ケイ素)」は酸素や水素と同様、もともと地球に存在する元素の1つで、元素記号は「si」で表されます。

地殻と呼ばれる地球の表面には、およそ全体の約46%が酸素、次いで約28%がシリカ(ケイ素)で占められているほど重要な物質です。

英語では「silicon(シリコン)」と呼ばれており、酸素と結びついた「二酸化ケイ素(SiO2)」としても様々に活躍しています。

 

シリカが体内で効能・効果のある期間

シリカ(ケイ素)をサプリメントやミネラルウォーターなどから摂取すると、体内で吸収されておよそ2時間後に血中濃度がピークになります。

血液によってシリカ(ケイ素)は体の各細胞に運ばれて行き、それぞれの場所で効能を発揮します。

その後、シリカ(ケイ素)は約3~9時間かけて肝臓や腎臓で分解され、摂取した分のおよそ9割が排出されます。

毎日シリカ(ケイ素)を摂取することで、健康な体を維持できると考えられています。

水メディア推薦!最も信頼できるシリカ水

シリカ(ケイ素)の効能~肌や髪

シリカ(ケイ素)で注目される効能としては、まず肌や髪への働きかけがあります。

 

シリカ(ケイ素)は肌を引き締める

私たちの肌には、「表皮」という表面の皮膚の下に「真皮」と呼ばれる部分があります。

真皮の内部は「コラーゲン」が網の目のように張り巡らされ、各所を「エラスチン」という物質が束ねています。

コラーゲンの隙間は「ヒアルロン酸」などの物質で満たされており、これらがしっかりと結びつくことで肌のハリを保ちます。

シリカ(ケイ素)は肌の内部の物質に働きかけて活性化させ、弾力とツヤのある本来の肌へと近づけていく効能があります。

 

シリカ(ケイ素)はアトピー性皮膚炎にも効能がある

肌の調子を整えるシリカ(ケイ素)は、アトピー性皮膚炎にも効果的という報告があります。

シリカ(ケイ素)によってコラーゲンなどの働きが活性化し皮膚が丈夫になるだけでなく、皮膚の新陳代謝である「ターンオーバー」が順調に行われることで肌の状態が改善する効能があると考えられます。

シリカ(ケイ素)を摂取するだけでなく、水溶性のシリカ(ケイ素)を希釈して肌に直接スプレーすると、さらなる効能が期待できます。

 

シリカ(ケイ素)の白髪や薄毛などへの効能

シリカ(ケイ素)は、髪のトラブルにも効能があると考えられています。髪を生成する頭皮の内部にもコラーゲンが存在しています。

東京医科歯科大学による薄毛や脱毛の研究で、髪を作り出す器官にはコラーゲンが関わっていることを突き止めました。

また、髪を生成する器官の働きが衰えてメラニン色素が作られなくなると、着色せずに白髪になります。

シリカ(ケイ素)は頭皮のコラーゲンにも働きかけるため、髪のトラブルへの効能も期待できます。

水メディア推薦!最も信頼できるシリカ水

シリカ(ケイ素)の効能~病気予防や改善

次に、病気の予防や改善にも繋がるシリカ(ケイ素)の効能をご紹介します。

 

シリカ(ケイ素)は免疫力を高める

私たちの体を病気やウイルスから守ってくれる免疫細胞は、およそ6割が腸内でつくられます。

摂取した食物繊維が腸内で発酵し、乳酸菌が活発になって腸内環境が整えば、免疫細胞が活性化して免疫力が高まります。

シリカ(ケイ素)は、これらの腸内活動に働きかけて強化する効能があります。

さらに、ラットによるシリカ(ケイ素)の実験では、免疫細胞の1つである「リンパ球」の増加も明らかになっているので、今後の応用に期待が高まります。

 

シリカ(ケイ素)は高血圧予防におすすめ

シリカ(ケイ素)は血管の内部にできた傷を修復し、丈夫でしなやかな状態を保つ効能もあります。

さらに、シリカ(ケイ素)は血管の内側の壁に付着する「プラーク」と呼ばれるコレステロールの塊を溶かし、排出する効能もあります。

岐阜大学と玉川大学が合同で行ったラットによる研究では、シリカ(ケイ素)によって血管が強くなったという報告がされています。

シリカ(ケイ素)によって血管が丈夫になると動脈硬化が抑えられ、高血圧の予防にも繋がると考えられます。

 

シリカ(ケイ素)の抗酸化作用で生活習慣病予防

「抗酸化作用」とは体内の「活性酸素」の働きを抑える作用で、増えすぎた活性酸素による動脈硬化や脳梗塞などの発生を防ぐとして注目されています。

シリカ(ケイ素)は体液の酸化を抑えてアルカリ体質にする効能があり、近年では様々な分野で抗酸化作用の研究が行われています。

定期的にシリカ(ケイ素)を摂取すれば、抗酸化作用によって生活習慣病の予防にも繋がると考えられます。

 

シリカ(ケイ素)は骨粗しょう症も予防

私たちの骨は主にコラーゲンとカルシウムで構成されており、この2つをシリカ(ケイ素)がしっかり結束する役割をしています。

アメリカとイギリスが共同で行っている「フラミンガム子孫研究」では、シリカ(ケイ素)と骨密度の関係を報告しています。

年齢と共に体内のシリカ(ケイ素)が減少し、骨がもろくなって骨粗しょう症に繋がることがわかっています。

 

シリカ(ケイ素)は糖尿病の改善に効果あり

糖尿病は、膵臓で分泌される「インスリン」の働きが悪くなり、血糖値が高くなる病気です。

日本珪素医療研究会は、糖尿病の患者が水溶性シリカ(ケイ素)を4ヶ月摂取したところ、血糖値が下がったという報告をしています。

シリカ(ケイ素)が膵臓内の細胞を修復し、活性化して本来のインスリンを分泌する働きに近づけたと考えられています。

また、シリカ(ケイ素)の抗酸化作用によって活性酸素の働きが抑えられ、糖尿病を改善したという説もあります。

 

シリカ(ケイ素)の肝臓への効能

シリカ(ケイ素)は肝臓にも働きかけ、機能を活性化する効能があることがわかっています。

肝臓の主な働きは、食べたものをエネルギーに変える「代謝」、体内の有毒なものを分解する「解毒」の他、「胆汁の生成」をして不要なものを排出させる作用があります。

また、肝臓には酸素を含んだ血液が常に大量に流れ込んでいるため、活性酸素の影響を最も受けやすい臓器です。

シリカ(ケイ素)はアルコールの分解も助けることから、お酒の席ではチェイサーにシリカ(ケイ素)水を飲むと効能が実感できます。

肝臓がんとシリカ(ケイ素)の関係についても、様々な機関で研究が行われています。

 

シリカ(ケイ素)は歯科の分野でも注目

近年では、歯科治療の分野でもシリカ(ケイ素)の効能が注目されています。

シリカの殺菌作用が口腔内の殺菌に役立ち、皮膚を引き締める効能がしっかりとした歯肉を保つ役割をします。

さらに、シリカ(ケイ素)の汚れを落とす効能で歯垢を除去できるなど、歯の健康にも大変役立つことがわかっています。

水メディア推薦!最も信頼できるシリカ水

シリカ(ケイ素)の効能~美容と健康

そもそもシリカ(ケイ素)は、有名な海外のセレブが愛用していることがきっかけで話題になりました。

美しさと健康を保つシリカ(ケイ素)には、美容の面でどんな効能があるのかご紹介いたします。

 

シリカ(ケイ素)は血流を良くして基礎代謝をアップ

よく耳にする「基礎代謝」とは、生命活動に必要な呼吸や心拍などにより、普段意識することなく自然に消費されるエネルギーを指します。

基礎代謝が高くなると太りにくい体になるため、ダイエットでも注目されています。基礎代謝をアップするには、まず血流を良くすることが大切です。

血流が悪くなると体温が下がって内臓の働きが悪くなり、基礎代謝や免疫力が低下してしまいます。

シリカ(ケイ素)は血流を良くする作用があるため、基礎代謝を上げる効能が期待できます。

 

シリカ(ケイ素)はデトックスの効能もある

ご紹介したように、シリカ(ケイ素)には腸内環境を整える効能があります。腸内環境が整えば便通が良くなって、体内の不要なものを排泄できます。

また、マイナスの電気を帯びているシリカ(ケイ素)は、プラスに帯電した重金属と結びつく効能があると考えられています。

シリカ(ケイ素)を摂取すれば、体内に蓄積した鉛や水銀などの有害物質と結びついて排出するという効能も期待できます。

 

シリカ(ケイ素)はダイエットにも繋がる

シリカ(ケイ素)には様々な効能があり、健康に良い物質であることをご紹介してきました。

基礎代謝アップの効能、血流を良くする効能などを意識すれば、ダイエットに繋がると考えられます。

その他、シリカ(ケイ素)は血液中の脂肪やコレステロールを分解したり、細胞内の油分を分解したりする効能もあります。

適度な運動や食事の見直しも平行し、シリカ(ケイ素)の効能を利用しながらダイエットに挑戦してみてください。

シリカ(ケイ素)とダイエットについては、「ケイ素(シリカ)でダイエット!効果や方法を全てお伝えいたします!」もご参考になさってください。

 

シリカ(ケイ素)はアンチエイジングでも注目

美容と健康を意識している女性の間では、「アンチエイジング」も気になるポイントです。

アンチエイジングとは「抗老化」「抗加齢」と訳され、体を若く保つことを意識する意味で使われます。

ご紹介したように、シリカ(ケイ素)は肌のハリを良くする効能があるため、定期的に摂取していれば健康的な肌の状態を保つことができます。

さらに、肌が周期的にターンオーバーを行えば、シミの沈着を防ぐ効能もあると考えられます。

また、シリカ(ケイ素)は髪に対する効能も期待できるとお伝えしました。加えて、抗酸化作用により、体の中からのアンチエイジングも期待できます。

水メディア推薦!最も信頼できるシリカ水

シリカ(ケイ素)の効能~ホメオパシー

「ホメオパシー」という言葉を聞いたことがありますか?シリカ(ケイ素)は、ホメオパシーの分野でも効能が認められています。

 

近年注目されているホメオパシーとは

ホメオパシーとは、今から200年ほど前にドイツの医師・科学者であるハーネマンによって確立された自己治癒力を引き出す自然療法です。

ホメオパシーは「同種療法」とも呼ばれ、症状を引き起こすものを摂取するとその症状を治す(like cures like)という考えに基づきます。

治療は、それぞれの症状に合わせて「レメディ」と呼ばれる小さな砂糖玉を服用します。

レメディは、天然成分のエッセンスと水などから生成されているため副作用がなく、赤ちゃんや妊婦さんにも使用できます。

 

シリカ(ケイ素)のレメディとしての効能

ホメオパシーの分野では、シリカ(ケイ素)は感染症や傷の治療や、トゲなどの異物を排出させる効能があります。

シリカ(ケイ素)のレメディは便秘にも効能があり、発育不全や虚弱体質、神経質な子どもにも使用することがあります。

ただし、レメディは個人の症状によって選び方があり、好転反応が起こる場合もあるため、専門の指導員の指示に従って正しく服用してください。

 

シリカ(ケイ素)の効能~植物や動物

シリカ(ケイ素)は、人間だけでなく植物や動物にも効能・効果が期待できます。

 

シリカ(ケイ素)は植物や農作物にも良い

高い殺菌力を持つシリカ(ケイ素)は、切花の水に入れると花が長持ちします。観葉植物などの鉢物や農作物にも使用すると病害虫予防になります。

水溶性のシリカ(ケイ素)を通常より薄めの1000倍くらいに希釈し、植物に与えてみてください。

また、シリカ(ケイ素)は農業の分野でも「ケイ酸質肥料」として注目されています。

岡山大学の研究グループが稲とシリカ(ケイ素)の仕組みについて調べ、安定供給に向けた研究結果を発表しています。

 

“特にイネは多くのケイ素を蓄積する性質があり、その蓄積はコメの生産性に極めて重要です。”

引用:岡山大学 「イネの安定多収に必要な籾殻へのケイ素分配の仕組みを解明」

 

犬や猫にも適量のシリカ(ケイ素)を与えよう

シリカ(ケイ素)は、大切なペットの健康にも効能が期待できます。1日分の飲み水の中に水溶性シリカ(ケイ素)を1~2滴加えて与えることができます。

ただし、体の小さいペットは人間よりもミネラルを分解する力が弱いため、かなり薄めてシリカ(ケイ素)を与えるようにしてください。

日々のブラッシングの際にも、薄めた水溶性シリカ(ケイ素)をスプレーしながら行うと艶やかな毛並みになります。

水メディア推薦!最も信頼できるシリカ水

シリカ(ケイ素)の効能~パワーストーン

「パワーストーン」とは、天然石の中でも特殊な力を持つ石を指し、身に付けたり飾ったりして運気アップなどの効能を期待するものです。

 

シリカ(ケイ素)は水晶の原石

シリカ(ケイ素)は、もともと太古のプランクトンや海藻などの藻類が長い時間をかけて化石化したものです。

藻類はケイ酸に変化してガラス質になる傾向があるので、純度が高まると美しい透明になります。

水晶は、シリカ(ケイ素)が大変多く含まれる鉱石です。水晶は4月生まれの誕生石で、パワーストーンとしての効能は、「浄化」「開運」「魔除け」などがあります。

 

人気のブラックシリカの効能

「ブラックシリカ」とは、国内では北海道桧山郡上ノ国町の「神明(しんめい)」地区のみで産出される貴重な鉱石で、別名「神明石」と呼ばれる黒いシリカ(ケイ素)です。

天然のミネラルが豊富に含有され、遠赤外線やマイナスイオンを発する石として話題になっています。

ブラックシリカの効能は、遠赤外線による保温、マイナスイオンによるリラックス、免疫力向上、体質改善などが期待されます。

水メディア推薦!最も信頼できるシリカ水

シリカ(ケイ素)の効能~化学や工学

シリカ(ケイ素)は、化学や工学の分野でも重宝され、様々な活躍をしています。

 

シリカ(ケイ素)はガラスやタイヤにも使用

シリカ(ケイ素)の仲間である「二酸化ケイ素」を使用したガラスは「石英ガラス」と呼ばれます。

石英ガラスは、通常のガラスより二酸化ケイ素の純度が高いことを利用して、半導体の製造などに使用されます。

また、シリカ(ケイ素)を配合したタイヤは低温時でも硬くならず、ブレーキ性能が良いとして高い評価を得ています。

 

二酸化ケイ素としての働き

シリカ(ケイ素)が酸素と結びついた二酸化ケイ素は、「食品添加物」としても使用されています。

シリカ(ケイ素)の吸着力を利用して、砂糖や酒などの製造する際の「ろ過」の工程で不純物を取り除く効能があります。

また、「無水ケイ酸」という名前でファンデーションや日焼け止めなどの化粧品、歯磨き粉などにも配合されています。

 

シリカゲルもシリカ(ケイ素)の仲間

「シリカゲル(silica gel)」という名前を聞いたことがあると思います。シリカゲルは、食品や雑貨、精密機械などの乾燥剤として広く利用されています。

シリカゲルは、ケイ素に化学的な処理を行い、穴が多く開いた「多孔質」で表面積が広い形状に加工して製造します。

水分の吸収力に優れているシリカゲルは、用途に合わせた様々な種類や容量の商品が販売されています。

 

シリカ(ケイ素)の効能・効果については当サイトの「ケイ素(シリカ)の効果はどのくらい凄いのか?」も参考になさってください。

 

シリカ(ケイ素)の効能・効果をお試しあれ!

ここまで、シリカ(ケイ素)の様々な効能や効果について詳しくお話してきました。

それでは、実際にシリカ(ケイ素)の効能を試すにはどうすれば良いのか、おすすめの方法をご紹介します。

 

ミネラルウォーターと天然水は味が違う?

シリカ(ケイ素)を一番手軽に摂取する方法としては、ミネラルウォーターがおすすめです。

最近では、シリカ(ケイ素)を豊富に含んだミネラルウォーターが各種販売されていますが、「ミネラルウォーター」と「天然水」の違いはご存知でしょうか。

天然水は、自然の地下水をそのまま汲み上げ、「沈殿・ろ過・殺菌」の作業のみを行った水を指します。

ミネラルウォーターは、複数の天然水のブレンドや、ミネラルをプラスするなど他の工程が加えられています。

したがって、採水地やミネラルの含有量はもちろん、メーカーによる工程の差でも味に違いが出てきます。

この機会に、シリカ(ケイ素)が含まれたミネラルウォーターと天然水を飲み比べてみてはいかがでしょうか。

 

シリカ(ケイ素)とミネラルウォーターについては、当サイトの「シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターを飲んで比較!セレブもおすすめの効果とは?」もご覧下さい。

 

栄養素として食品からシリカ(ケイ素)を摂取

シリカ(ケイ素)は、身近な食品にも大切なミネラルとして含まれています。

シリカ(ケイ素)は食物繊維が多い食品に含まれており、穀物ではからす麦(オーツ麦)、きびなどに多く、野菜ではジャガイモ、赤かぶなどに多く含まれます。

海藻類では青のりやひじき、貝類ではアサリやハマグリに多く含有しています。

ただし、1つの食品を大量に摂るのではなく、色々な栄養をバランスよく取り入れながら健康な体へ導くようにしましょう。

なお、シリカ(ケイ素)の含まれる食品に関する詳しい情報は「ケイ素・シリカを含む食品一覧!効果的に摂取して健康な体を作る!」にてお伝えしています。

 

シリカ(ケイ素)のサプリメントが人気

話題のシリカ(ケイ素)は、各種サプリメントでも販売されており、手軽なものでは水溶性や粉末、錠剤のタイプ、ゼリータイプなどがあります。

ただし、人気の商品は類似品も多数流通しているため、正しい商品・成分かどうか自分で見極める力が必要です。

また、シリカ(ケイ素)に限らず海外の製品は日本人向けに作られていないので、1回あたりの成分量などを調べるようにしてください。

海外製のサプリメントは個人輸入ではなく、安心できる代理店を通して購入することをおすすめします。

なお、シリカ(ケイ素)のサプリメントに関しては「ケイ素・シリカのサプリメントの効果や副作用について」にて詳しくお伝えしています。

水溶性サプリで手軽にシリカ(ケイ素)水

人気の水溶性シリカ(ケイ素)は、手軽に使えて効能が実感できると評判を得ている商品です。

各メーカーから発売されているので、成分や研究データ、価格などを参考に自分に合ったものを選んでみてください。

水溶性のシリカ(ケイ素)は、カップ1杯の水に適量を垂らして使います。そのまま飲用する他、容器に移して肌や髪にスプレーして使えます。

料理や他の飲み物にも手軽にプラスでき、普段使用している化粧品にも少量を加えられるのが特徴です。

なお、水溶性ケイ素(シリカ)に関しては「水溶性ケイ素(シリカ)のサプリが人気!美容と健康の効果に期待」にて詳しくお伝えしています。

化粧水など化粧品でのシリカ(ケイ素)の効能

毎日使用している化粧品に、自分で水溶性シリカ(ケイ素)をプラスすることもできますが、もともとシリカ(ケイ素)が配合されている化粧品もあります。

「シラノール」という成分は化粧品業界でも注目されており、海外の高級化粧品に配合されています。

また、国内では微小の「シリカビーズ」や「マイカ」と呼ばれる雲母とシリカ(ケイ素)を使用した成分の研究が進んでいます。

シリカ(ケイ素)が配合された化粧品は使い心地が格段に良いと高い評価を得ているため、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

シリカ(ケイ素)と化粧品については「シリカ(ケイ素)化粧品の成分や安全性は?配合目的と美容の効果までを解説!」も参考になさってください。

 

シリカ(ケイ素)と水素水や炭酸水

美容と健康に興味のある方々は、「水素水」や「炭酸水」の効能も気になる所でしょう。

水素とシリカ(ケイ素)、もしくは炭酸水とシリカ(ケイ素)は一緒に摂取することができます。

市販の水素水や炭酸水に水溶性シリカ(ケイ素)を適量入れて飲用する方法や、シリカ(ケイ素)水を精製する容器に水素水や炭酸水を使用する方法などがあります。

それぞれの効能を最大限に引き出して、健康な毎日を送ることができれば理想です。

 

水素水に関しては水素水のカテゴリーにて様々な情報をお伝えしています。

炭酸水に関しては炭酸水のカテゴリーにて様々な情報をお伝えしています。

ぜひ、御覧ください。

水メディア推薦!最も信頼できるシリカ水

シリカ(ケイ素)の効能に関しての注意点

それでは、最後にシリカ(ケイ素)の安全性についての情報をまとめましたので参考になさってください。

 

シリカ(ケイ素)は安全な物質

美容や健康に良いとして注目されるシリカ(ケイ素)は、厚生労働省の定める「食品衛生法」において安心できる物質として認可されています。

 

“食品衛生法第11条第3項の規定により人の健康を損なうおそれのないことが明らかであるものとして厚生労働大臣が定める物質”

引用:厚生労働省 資料

 

ここで認可されている70の栄養素の中で、シリカ(ケイ素)は26番目に登録されています。

 

シリカ(ケイ素)に副作用はあるのか

ご紹介したように、シリカ(ケイ素)は安全な物質であるため、副作用の心配はありません。

ただし、シリカ(ケイ素)がもともと持っている効能としては、利尿作用があります。

シリカ(ケイ素)が含まれるサプリメントなどを大量に摂取した時には、トイレが近くなることがあります。

また、シリカ(ケイ素)に限らず、必要以上に水分を多く摂取するとむくみや下痢を引き起こす時もあります。

なお、ケイ素(シリカ)の副作用に関するより詳しい情報は「ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?」にてお伝えしています。

 

シリカ(ケイ素)の発癌性とは

シリカ(ケイ素)の発癌性については一部で懸念されていますが、ご紹介したようにシリカ(ケイ素)自体は安全な物質なので問題ありません。

また、「二酸化ケイ素」に関しても、WHO(世界保健機関)に所属する「国際がん研究機関(International Agency for Research on Cancer, IARC)」の発癌性リストでは問題ないとしています。

 

“Silica, amorphous Group3”

引用:IARC Agents Classified by the IARC Monographs , Volumes 1–118

 

非結晶性(amorphous)の二酸化ケイ素(Silica)は「グループ3」に分類されます。グループ3とは、厚生労働省によると下記のように説明されています。

 

“グループ3:ヒトに対する発がん性について分類することができない

・ヒトへの発がん性については不十分な証拠しかなく、実験動物についても不十分又は限られた証拠しかない場合

・他のグループに分類できない場合”

引用: 厚生労働省 IARC発がん性分類について

 

発癌性が心配されているのは「結晶性のシリカ」で、結晶性のシリカの粉塵を長期間吸入した場合、癌の発症の原因になると考えられています。

先ほどのIARCのリストでは、「ヒトに対して発癌性がある」グループ1に分類されています。

 

“Silica dust, crystalline, in the form of quartz or cristobalite  Group1”

(シリカの粉塵、結晶、石英またはクリストバル石)

 

シリカ(ケイ素)の口コミは見極めて

シリカ(ケイ素)の効能を試すには、まずシリカ(ケイ素)が含まれた商品を探すことから始まります。

インターネットなどの口コミは使用した本人が書いているとは限りませんので、あくまでも参考程度に閲覧するようにしてください。

自分の目で商品の成分や研究データ、販売者などをしっかり確認することが必要です。類似品などにも注意し、信頼できるショップから購入するようにしましょう。

 

シリカ(ケイ素)の効能についてのまとめ

今回は、シリカ(ケイ素)の効能やおすすめのサプリメントなどについてご紹介してきました。

太古から地球に存在するシリカ(ケイ素)は自然のミネラルとして、美容・健康だけでなく病気予防など様々な効能・効果があることがわかりました。

手軽に効率よくシリカ(ケイ素)を摂取するには、ミネラルウォーターや天然水、水溶性のサプリメントがおすすめです。

体に安全なミネラル、シリカ(ケイ素)の効能を最大限に利用して、健康的な毎日をお送りください。

水メディア推薦!最も信頼できるシリカ水

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 紅茶キノコの株で本格手作り!購入方法と作り方をご紹介

  • 紅茶キノコの作り方・飲み方・保存方法を徹底解説!

  • 紅茶の飲み過ぎに注意!健康に影響のない1日の摂取量とは

  • ノンカフェインの紅茶は妊婦さんに大人気!高級茶葉はギフトにもおすすめ

関連記事

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

  • ケイ素水(珪素水)について

  • ケイ素・シリカを含む食品一覧!効果的に摂取して健康な体を作る!

  • ケイ素(シリカ)の効果はどのくらい凄いのか?

  • シリカ水の効果や副作用を徹底解説!アトピーや育毛にもおすすめ!

  • ケイ素・シリカのサプリメントの効果や副作用について