1. TOP
  2. 豆乳
  3. 豆乳コーヒーの効果が凄い!美容・ダイエット・健康に最適!
Sponsored Link

豆乳コーヒーの効果が凄い!美容・ダイエット・健康に最適!

豆乳   10,899 Views

豆乳とコーヒーは、どちらも素晴らしい健康効果を持っており、お互いの相乗効果は非常に大きなものがあります。

豆乳には、良質なたんぱく質による脂肪燃焼効果やイソフラボンなどのポリフェノール成分の抗酸化作用による美容、ダイエットなどの健康効果があります。

一方、コーヒーにはカフェインの覚醒効果、利尿作用と、ポリフェノールの抗酸化作用によるさまざまな健康効果があります。

コーヒーに豆乳を入れて豆乳コーヒーにすることにより、それらお互いの健康効果を相乗効果的に高めて、素晴らしいものにしてくれます。

豆乳コーヒーのそれぞれの健康効果と相乗効果については以下の通りです。

  • 豆乳にはイソフラボンを中心とした成分による健康効果がある
  • コーヒーにはカフェイン、ポリフェノールによる健康効果がある
  • 豆乳とコーヒーの健康効果は似ている部分が多く、互いに相乗効果や補完効果が出る。
  • 豆乳コーヒーにはダイエット効果が大きい
  • 豆乳コーヒーは毎日飲んだ時大きな項がある
  • 豆乳コーヒーは胸を大きくする効果がある

但し、豆乳にもコーヒーのカフェインにも飲み過ぎに対する限度量というものがあり、豆乳コーヒーを飲み過ぎますと、さまざまな副作用が出る可能性があります。

また、豆乳には強い大豆アレルギーがあり、注意が必要です。

豆乳コーヒーには、さらにそこにアレンジをすることが可能であり、さらに効果をトリプルに高めてくれる場合もあります。

豆乳コーヒーはうまく作りませんと、豆乳はあまり高い熱には弱く、うまく混ざらずに、分離すると言うことがあります。

それらを解決して美味しく入れられる方法があります。

それらの豆乳とコーヒーの関係、相乗効果について詳しくお伝えします。

Sponsored Link



Contents

豆乳とコーヒーの関係

豆乳は、大豆を水につけてからふやけさせたものをすり潰し、煮詰めます。

その煮詰めたものを濾して飲料にしたものが豆乳になります。

にがりを入れて固めたものが豆腐です。

それに対してコーヒーは、コーヒー豆を焙煎し、その豆を挽いてからドリップして抽出したものです。

どちらも豆を原料としており、それぞれの豆に含まれている豊富な健康成分を持っています。

豆乳には、良質のたんぱく質が含まれ、さらにイソフラボンを代表とした抗酸化作用を持つポリフェノール系成分が豊富に含まれています。

コーヒーには、カフェインと言う覚醒作用や利尿作用を持つ成分や、豆乳と同じようにポリフェノール系成分であるクロロゲン酸が豊富に含まれています。

両方ともに、血流増加効果や脂肪燃焼効果を持っており、美容、ダイエット効果などがあります。

さらに、がん予防効果、悪玉コレステロール(LDL)値引下げ効果、血管系疾患(心筋梗塞、脳梗塞など)予防効果、肝臓機能改善効果などの健康効果を持っています。

すなわち、強力な健康効果を両方とも持っており、それを合わせることで相乗効果的に非常に大きな健康効果が得られることになります。

 

Sponsored Link



豆乳とコーヒーの相性

豆乳とコーヒーの相性はどうなのでしょうか。

コーヒーには牛乳を混ぜ合わせたカフェオレという飲み物がありますが、豆乳によってもカフェオレのような豆乳コーヒーが作れます。

相性はとても良いです。

豆乳には高い温度になると固まる性質があり、高温のコーヒーに入れますと、たんぱく質などが固まってしまい、牛乳によるカフェオレのように滑らかな飲み口にはなりません。

そのため、滑らかにするためには少し工夫がいりますが、豆乳によるカフェオレが出来れば、素晴らしい健康成分を豊富に摂取することが出来ます。

Sponsored Link



豆乳によるカフェオレの割合

豆乳とコーヒーを混ぜたカフェオレは、その比率を50:50にするのが一番美味しいと言われています。

滑らかでまろやかな味で、コーヒーや豆乳を飲めない方でも飲むことが出来ます。

スターバックスなどではソイオレという名前で人気があります。

豆乳コーヒーの味は苦い?

豆乳コーヒーを作って苦いと感じるのは、カフェインの強いコーヒー豆で濃く入れた場合です。

カフェインの強いコーヒーはマンデリンなどの東南アジア系に多く、コーヒー豆を変えて見ることにより、味が変わります。

豆乳コーヒーのメリット

豆乳とコーヒーを混ぜた豆乳コーヒーのメリットは、それぞれの健康効果を相乗効果的に拡大させるだけでなく、さらなる効果ももたらしてくれることです。

豆乳コーヒーのカロリー

豆乳コーヒーのカロリーはどれくらいになるのでしょうか。

豆乳の100g当たりのカロリーは45.9kcalになります。

それに対して、ドリップしたコーヒー100g当たりのカロリーは3kcalであり、非常に少ないと言えます。

ただ、牛乳の場合は、67kcalですから、豆乳はその1/3程度のカロリーであり、牛乳によるカフェオレよりも豆乳によるカフェオレの方がカロリーは少ないと言えます。

Sponsored Link



豆乳コーヒーの栄養

豆乳には、もともとの大豆に含まれる良質なたんぱく質を中心に栄養素が豊富に含まれ、さらにイソフラボンなどの健康成分も多く含まれています。

一方のコーヒーは、コーヒー豆自体には非常に豊富な成分が含まれているものの、ドリップなどで抽出したコーヒーには栄養素は少なくなってしまいます。

但し、その代わりカフェイン、ポリフェノールなどの健康成分が豊富に含まれています。

従って、両者を併せることにより、たんぱく質などの豊富な栄養素とポリフェノール成分、カフェインなどの豊富な健康成分が融合した形となります。

カフェオレの牛乳の場合も栄養素が豊富で、特にカルシウムの量は非常に多く、成長期の子供の飲料として昔から重視されています。

しかし、脂質の量が豆乳などより多く、さらにその脂質の中でも体内に蓄積し易い飽和脂肪酸の量が大半を占めています。

豆乳の場合は、脂質は牛乳の半分くらいで、さらにその脂質も体内に蓄積しにくく、体内の脂肪を燃焼させてくれる不飽和脂肪酸が7割ほどを占めており、太りにくいと言えます。

子供向けの豆乳コーヒー

豆乳には、非常に良質なたんぱく質が含まれています。

豆乳は、動物性のたんぱく質の特性である筋肉や体の組織を作るのに適している面と、植物性のたんぱく質の特性であるコレステロールを下げる効果の両方を併せ持っています。

また、豆乳には脂肪が含まれていますが、体内に残らず、体内の脂肪を燃焼させる不飽和脂肪酸が大半を占めているため、肥満にも成りにくい飲み物です。

そして、豆乳とコーヒーの健康成分は、体の酸性化を改善し、血流を増加させてくれますので、子供の健康維持にとっても非常に効果の大きい飲み物です。

従って、豆乳コーヒーは子供向けにも非常に良い飲み物と言えます。

ただ、コーヒーにも豆乳にも副作用がありますので、飲み過ぎには注意してください。

また、豆乳にはアレルギーが出る場合がありますので、子供には注意して飲ませてください。

Sponsored Link



牛乳の代用としての豆乳コーヒー

子供にとっては、成長期に当たってのカルシウムが多いだけにカフェオレは非常に良い飲み物と言われてきました。

ただ、現代の子供は、非常に栄養素豊富な、脂質の多い食事を食べており、さらにケーキや袋菓子などの非常にカロリーが多い副食も摂取しています。

そのため、肥満になる子供が増加している状況にあります。

このような状況の場合、脂質の多いカフェオレを与えることが必ずしも健康的な成長に良いと言うわけにはいきません。

寧ろ、豆乳コーヒーを与えることにより、体内に脂肪を蓄積させず、さらに体内の脂肪を燃焼させる方がよいと言えます。

しかも、たんぱく質も牛乳と豆乳ではほとんど差はなく、しかも豆乳のたんぱく質は、植物性と動物性のたんぱく質の良いところを併せ持った良質なものです。

従って、現代においては、牛乳によるカフェオレよりも豆乳によるカフェオレの方が子供の健康的な成長にとって良いと言えます。

 

Sponsored Link



豆乳コーヒーは太るか

コーヒーはカロリーは100g当たり3kcalと非常に小さく、太る要素はありません。

また、豆乳は脂質が含まれていますが、体内に残らず、体内の脂肪を燃焼させる不飽和脂肪酸が大半であるため、こちらも太る要素にはなりません。

糖質も両方ほとんどなく、どちらも太ると言うよりもダイエット効果、痩せる要素が大きい飲み物です。

太るとすれば、砂糖を大量に入れて飲む場合であり、それを毎日繰り返していますと、体内に糖質が中性脂肪に変換されて蓄積される可能性があります。

従って、砂糖を入れずに飲んでいる限りは、豆乳コーヒーで太るということはありません。

Sponsored Link



豆乳コーヒーの相乗効果

豆乳とコーヒーは、それぞれに素晴らしい健康効果を持っていますが、両方を合わせた場合、どのような相乗効果が得られるのでしょうか。

豆乳のイソフラボンなどの成分と健康効果

豆乳には、良質なたんぱく質とイソフラボンに代表されるポリフェノール成分が豊富に含まれています。

たんぱく質による脂肪燃焼効果やポリフェノール系成分の抗酸化作用、イソフラボンのゲストロゲン擬似作用などによるダイエット、美容効果が有名です。

しかし、それだけではなく、ポリフェノール成分の血流増加効果による糖尿病予防効果、血管系疾患予防効果、肝臓機能回復効果、がん予防効果などの健康効果があります。

また、イソフラボンのエストロゲン擬似作用には、女性ホルモンのバランスをとる機能があります。

従って、イソフラボンのエストロゲン擬似作用には、さらに更年期障害の軽減効果、育毛・発毛効果、女性のむだ毛抑制効果、骨粗しょう症防止効果などがあります。

なお、豆乳イソフラボンの健康効果については、「豆乳イソフラボンの効果がもの凄い!」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

 

Sponsored Link



コーヒーのカフェインとポリフェノールの健康効果

コーヒーには、カフェインとポリフェノールという素晴らしい健康効果を持つ成分が豊富に含まれており、さまざまな健康効果をもたらしてくれます。

カフェインの覚醒作用と利尿作用による効果

カフェインには、覚醒作用と利尿作用があります。

覚醒作用は、単に目を覚ます効果だけでなく、脳の中枢神経周辺の毛細血管を収縮させて刺激を与えることで自律神経の交感神経を活発化させます。

また、それにより中枢神経はカテコールアミンというアドレナリンやドーパミンなどからなる興奮作用を持つ神経伝達物質を生成させます。

それにより体のあらゆる組織の血管を拡大させ、活発化させます。

自律神経は、自分の意思と関係なく体に命令を出す神経のことで、体外から入ってくる痛み、光などの刺激や情報に自動的に反応する神経です。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経は起きて仕事などの活動をしている場合に支配的になる神経であり、副交感神経は睡眠中に作用したり、起きていても何もしていない場合に作用する神経です。

交感神経が活発化して、興奮作用が生じてくることにより、体や脳は緊張感を高め、眠気などを抑える働きが生じます。

これが覚醒作用と言われるものです。

血管の拡大は腎臓でも生じて、腎臓の持つ血管から水分や老廃物、毒素、脂肪などを濾して膀胱に送り、対外に排出する機能を強化してくれます。

これが利尿作用と言われているものです。

ポリフェノールの抗酸化作用による健康効果

一方、ポリフェノールは、体を酸化させる活性酸素を撃退して血液をサラサラにしてくれ、血流を増加させてくれます。

活性酸素は普段は体内で外から入ってきた細菌などを殺してくれる大切な働きをしてくれますが、毒素を持っており、増加し過ぎますと自分の体を攻撃してしまいます。

いわゆる体が酸性化する状態であり、疲れ易く、病気などに対する免疫力も弱くなって、病気にかかり易くなってしまいます。

このような活性酸素の増え過ぎを抑えて健康を維持する機能が抗酸化作用と言われるものです。

コーヒーのカフェイン、ポリフェノールによる健康効果

このようなカフェインの覚醒作用と利尿作用、ポリフェノールの抗酸化作用作用は、その直接的な効果以外に、血流を増加させたり、脂肪燃焼効果、胃の消化促進効果などにより、さまざまな健康効果を生み出します。

脂肪燃焼効果や血流増加により脂肪分や糖分を体の細胞に溜め込まない効果により、高いダイエット効果や美容効果を生み出します。

さらに、血管系疾患や糖尿病、肝臓機能の予防効果、がん予防効果などの長生き効果もあり、我々が健康に生きて行くために素晴らしい効果をもたらせてくれます。

なお、コーヒーカフェインに関するより詳しい情報は「コーヒーカフェインの効果が健康にもの凄く良い!」に記載されています。ぜひ、ご覧ください。

また、コーヒーポリフェノールに関するより詳しい情報は「コーヒーポリフェノールの効果はもの凄い!」にてお伝えしています。こちらもぜひ、御覧ください。

豆乳コーヒーの相乗効果は大きい

豆乳にもコーヒーにも素晴らしい健康効果がありますが、それを合わせることにより、相乗効果が生まれ、さらに高い健康効果が生まれます。

既に見たように豆乳の健康効果とコーヒーの健康効果は似ており、それらの効果は相乗効果が生まれます。

また、豆乳に含まれる良質のたんぱく質やイソフラボンのエストロゲン擬似作用、それにコーヒーに含まれるカフェインは、それぞれの良さを補い合います。

特に、イソフラボンのエストロゲン擬似作用による更年期障害改善効果、薄毛解消効果、骨粗しょう症改善効果などはコーヒーにはない効果であり、新たな効果が加わります。

Sponsored Link



豆乳コーヒーのダイエット効果

豆乳にもコーヒーにも素晴らしいダイエット効果があります。

コーヒーはカフェインの脂肪燃焼効果とポリフェノールの脂肪を体内に残さない効果です。

一方の豆乳も良質なたんぱく質による脂肪燃焼効果とイソフラボンなどのポリフェノール系成分による脂肪を体内に残さない効果があります。

また、エストロゲン擬似作用により女性ホルモンの持つ体を痩せる効果もあります。

豆乳コーヒーを毎日一定の適正量を飲むことで、両方の効果が相乗効果的に効いて、素晴らしいダイエット効果をもたらします。

なお、豆乳のダイエット効果に関しては「豆乳のダイエット効果は凄い!毎日続けると必ず成功する!」にてより詳しくお伝えしています。

また、コーヒーのダイエット効果に関するより詳しい情報は「コーヒーダイエットの効果がもの凄い!」にてお伝えしています。

豆乳コーヒーを毎日飲んだ時の効果

豆乳コーヒーの両方が持つ抗酸化作用は、一度に大きな効果をもたらすのではなく、適正な一定量を飲み続けることにより体質的に変化をもたらす効果です。

抗酸化作用の効いている時間には限度があり、24時間常に効いているわけではありません。

飲み続けることにより、体質的に血流が増加し、体内に脂肪分や糖分を残さない体に変わることにより、ダイエットも出来、健康な体が維持出来るようになります。

その結果として、血管系疾患予防効果、がん予防効果、肝臓予防・回復効果などにより、健康に長生きできるようになります。

Sponsored Link



豆乳コーヒーには胸を大きくする効果がある

豆乳のイソフラボンには女性の胸(バスト)を大きくする作用があります。

豆乳のイソフラボンの持つエストロゲン擬似作用による効果です。

女性ホルモンであるエストロゲンは、女性らしい体つきを作る働きがあり、それ故にバストアップが期待できます。

従って、エストロゲンと同じ働きが出来るイソフラボンを摂取することにより、胸は大きくなります。

また、豆乳に含まれる良質なたんぱく質は体の組織を作る材料となるため、これもエストロゲン擬似作用によって胸を大きくする際に貢献してくれます。

 

Sponsored Link



豆乳コーヒーを飲み過ぎた場合の副作用

豆乳にも、コーヒーにも飲み過ぎますと副作用が出てしまいます。

豆乳の場合は、イソフラボンのエストロゲン擬似作用による副作用であり、コーヒーの場合はカフェインによる副作用になります。

豆乳の飲み過ぎた場合の副作用

豆乳のイソフラボンには、内閣府の食品安全委員会や農林水産省から過剰摂取に対する警告の通知が出ています。

一日のイソフラボンの摂取量については、普段食事で摂取している大豆加工食品を含めて75mgを限度としています。

これは豆乳で言いますと、一日300ml程度になります。(豆乳100ml当たり25mgのイソフラボン量)

また、それに上乗せしてサプリメントなどで摂取する場合には30mgとしています。

すなわち、イソフラボンについては、一日100mg程度(豆乳400ml)程度を上限としています。

但し、あくまでも普段食べている大豆加工品を含めての限度となるため、実際には豆乳の飲める限度はさらに少なくなります。

副作用としては、イタリアの調査例として女性の子宮内膜増殖症が報告されており、その他にも月経周期の延長傾向や血中エストロゲン濃度の低下などが上げられています。

女性ばかりの症状ですが、充分な研究がされていないことを理由に、男性、子供についても同様の限度を設けています。

なお、豆乳イソフラボンの摂取量に関するより詳しい情報は「豆乳イソフラボンの一日摂取量の目安」にてお伝えしています。

豆乳アレルギー

大豆には卵、牛乳などとともにアレルギーが知られており、大豆を原料とする豆乳にもアレルギーが現れる場合があり、特に子供には注意が必要です。

大豆のアレルギーには二つあり、

a.大豆を原材料とした加工食品を食べたことによる発症(乳幼児に多い)

b.カバノキ科などの花粉症を持った人が豆乳などを摂取した際に発症する口腔アレルギー症候群などを発症

というものがあります。

aについては、小学校に上がる頃にはアレルギーがなくなることが多いですが、bの場合は、成人の女性に多いです。

豆乳による口腔アレルギー症候群

口腔アレルギー症候群につきましては、2013年末に、国民生活センターから、

「豆乳等の摂取で、皮膚や粘膜のかゆみ、赤み、腫れ、じんましん、呼吸困難のアレルギー症状を発症したと言う相談が増えている」

という注意を呼びかけています。

成人女性の場合に、花粉症に伴った口腔アレルギー症候群が出易くなります。

口腔アレルギーの症状は、直接食べ物に触れた唇が腫れたり、喉がかゆくなることなどがあります。

ひどい場合、じんましんや、吐き気、腹痛、下痢などの症状も出る可能性があります。

コーヒーカフェインの飲み過ぎによる副作用

コーヒーのカフェインには、一度に飲み過ぎたり、毎日適正量以上飲み過ぎた場合、副作用が出る可能性があります。

コーヒーの飲み過ぎによるカフェインの副作用には、急性カフェイン中毒や不眠症などがあります。

しかしそれに限らず、さまざまな症状があります。

コーヒーを一度に大量に飲み過ぎた場合には、

  • 胃で胃酸の過剰分泌による、胃痛、胃の荒れ、胸焼けの発生
  • 利尿作用の効き過ぎによる体に必要なビタミン、ミネラルの不足
  • お肌が荒れや、お化粧のノリが悪くなる

などの副作用が現れてくる可能性があります。

また、長期的に飲み過ぎが続きますと、

  • 慢性カフェイン中毒
  • 糖尿病
  • 血管系疾患(動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞など)
  • 脳腫瘍

などの多くの成人病の原因になる可能性があり、さら死に至る可能性さえ生じます。

従って、飲み過ぎには充分注意する必要があります。

なお、コーヒーの飲み過ぎによる副作用については、「コーヒーの飲み過ぎによる様々な症状や病気、悪影響について」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

コーヒーの一日の適正量については、「コーヒーの一日の適正量はどれくらい?」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



豆乳コーヒーの飲み方

豆乳コーヒーには、さまざまな健康効果がありますが、それらの健康効果をより効果的にする飲み方があります。

逆に飲んではいけない時間帯もあります。

コーヒーや豆乳には飲み過ぎによる副作用がありますが、それ以外にも空腹時などに飲みますと、体調の悪い場合などには胃を荒らす可能性があります。

また、コーヒーには覚醒作用があるため、寝る前などに飲みますと、適正量であっても眠れなくなります。

すなわち、寝る前に飲みますと、寝不足になる可能性があり、そのため、翌日には寝不足からお肌が荒れたり、集中力が途切れるという症状が出る可能性があります。

従って、空腹時や寝る前にはなるべく飲むことを控える必要があります。

朝飲む豆乳コーヒー

豆乳コーヒーを飲む場合、一番効果的なのは朝に飲むことです。

温かい豆乳コーヒーを朝食などと一緒に飲みますと、休眠状態であった内臓が目覚め、抗酸化作用により血流が良くなります。

胃の消化が促進されるとともに、体が活発化して、お肌も活発化してお化粧のノリもよくなり、一日爽やかに健康に過ごせます。

また、お腹の満腹感が出ることで、朝食の量も減らすことが出来ます。

 

Sponsored Link



美味しい豆乳コーヒーの飲み方

豆乳コーヒーは、いわゆる豆乳のカフェオレであり、それを美味しく飲むには豆乳とコーヒーの割合がポイントになります。

やはり、牛乳のカフェオレも50:50くらいが一番美味しく、それは豆乳コーヒーの場合も同じです。

スターバックスなどでは、ソイラテとして人気になっており、美味しいと評判です。

豆乳は調整豆乳を使った方が飲み易いです。

また、コーヒー豆は深炒りにしますと、豆乳の丸みを帯びた味によってコーヒーの苦味を消してくれます。

いずれにしても、コーヒーの酸味や苦味は豆乳がカバーしてくれますので、ブラックコーヒーを飲みにくい方には美味しく飲むことが出来ます。

豆乳氷コーヒーは体に良いか?

氷コーヒーはいわゆるアイスコーヒーのことであり、アイスコーヒーに豆乳を入れたのが豆乳氷コーヒーになります。

もともと、アイスコーヒーは夏場には良く飲まれていますが、コーヒーとしての健康効果はホットコーヒーに及びません。

それは、我々の体は急に冷たいものが体内に入ってきますと、内臓がびっくりして活動を低下させるからです。

内臓の活動が低下してしまいますと、新陳代謝機能が低下するため、コーヒーや豆乳コーヒーを飲んでも血管の拡張や血流の増加につながりにくくなります。

そのため、内臓の活動を元に戻す程度の効果になり、本来の健康効果は得にくくなります。

美容やダイエットなどの健康効果を期待して飲むのであれば、ホットで飲むのがベストです。

Sponsored Link



豆乳コーヒーのアレンジシレピ例

豆乳コーヒーはそれぞれの相乗効果により素晴らしい健康効果を発揮しますが、そこにさらに健康効果を持つ素材を入れることにより、トリプルで高い効果を発揮します。

その例を見ていきます。

豆乳コーヒーの人気レシピとは

豆乳とコーヒーは、個々でも健康効果が大きく、それが合わさることで相乗効果による大きな素晴らしい健康効果が生まれます。

そこに、他の健康効果を持つ素材を上手く合わせれば、さらに健康効果は倍増されたり、新たな効果が得られることになります。

特にダイエットなどではさまざまな食材が候補になっています。

例えば、豆乳と同じ大豆から作られるきな粉であれば、効果はトリプルになりますし、はちみつなどを入れますと、エネルギー源としての働きも加わります。

また、寒天などを入れることで、カロリーを増やさず、飲み易くしたり、食べ易くすることも出来ます。

このように、豆乳コーヒーと相性が良く、効果を引上げたり、飲み易くしたりするアレンジが人気になっています。

豆乳コーヒーのゼリー、プリン、ムース(寒天の利用)

豆乳コーヒーに卵などを入れ、さらに寒天などを入れることにより、栄養価、健康効果が非常に高く、さらに食べ易くなる利点が生まれます。

寒天は、ゼリーなどで凝固剤として使われますが、もともとテングサなどの海藻類を原料としています。

主成分は食物繊維であり、カロリーは0kcalと、ダイエットには最適な食材です。

豆乳コーヒーに入れて、固めることにより、満腹感を得ることもできます。

寒天には、食物繊維も豊富に入っていますので、コーヒーとともに便秘解消による体重を減らす効果も期待できます。

ゼリーは、豆乳コーヒーに、単に寒天を入れて冷やして固めたもので、ムースは泡立ててから寒天を入れて冷やします。

豆乳コーヒーゼリーの出来上がりです。

プリンはもともと牛乳と卵と砂糖で作りますが、牛乳を豆乳にして卵を少しかき混ぜて、コーヒーを入れて作りますと、豆乳コーヒープリンになります。

また、豆乳は熱に弱く熱いコーヒーに入れますと分離して固形になりますので、それをハンドミキサーなどでかき混ぜますと泡立ちます。

その状態で寒天を入れて冷やしますと、ムース状になります。

美味しく、しかも寒天を入れることにより、食べ易くなり、便秘効果も高まります。

 

Sponsored Link



豆乳コーヒーのアイス

豆乳コーヒーのさまざまな健康効果は欲しいが、どうも豆乳やコーヒーは苦手だという方にとって、豆乳のアイスクリームは非常に摂取のし易い食べ物です。

自分でも作れます。

材料は、豆乳コーヒーにグラニュー糖、豆乳ホイップ、バニラエッセンスなどを入れて冷凍庫で固めるだけで出来ます。

自分で作れば、市販されているもののように添加物が入っていることも無く、甘さも自分でコントロールできます。

但し、冷たい食べ物になりますので、内蔵を冷やすことの無いように注意してください。

砂糖類をたっぷり入れますと、カロリーも高くなります。

砂糖類は極力少なめにするのが健康には良いです。

豆乳コーヒーと甘酒

甘酒は「飲む点滴」とも言われるほど栄養バランスが良く、豆乳コーヒーに入れることにより、その栄養バランスのよさと豆乳コーヒーの健康効果が上手くミックスされ、美容、ダイエットをされる方に人気です。

甘酒と豆乳コーヒーを50:50でミックスし、若干すりおろしたしょうがを入れて完成です。

甘酒には、酵母や酵素、乳酸菌などが豊富に含まれ、その他にもブドウ糖、ビタミンB群、アミノ酸などが豊富に含まれています。

そのため、便秘などにも良く、エネルギー源や脂肪燃焼効果にも優れているため、豆乳コーヒーの健康効果をトリプルで拡大してくれる素晴らしい飲み物になります。

特に美容・ダイエットに効果的です。

豆乳コーヒーとバナナスムージー

バナナは脂肪燃焼を促進してくれるビタミンB群、Eなどが豊富に含まれています。

さらに腹持ちも良いため、ダイエット効果が期待されています。

このバナナをスムージーにして豆乳コーヒーと合わせることで、満腹感も出ますので、朝食代わりとして飲むことも出来ます。

もともとの脂肪燃焼効果で体内の脂肪を減らすとともに、カロリー摂取量も減らすことが出来ますので、非常に高いダイエット効果が得られます。

ただ、スムージーを冷やし過ぎますと内臓の活動が低下しますので、豆乳コーヒーに入れて常温程度にはして飲んでください。

豆乳コーヒーとココナッツオイル

ココナッツオイルは、ココヤシの実の胚乳から抽出され、生成された油です。

しかし、その6割は中鎖脂肪酸と呼ばれるものであり、エネルギー源となるとともに新陳代謝をサポートしてくれますし、体の中では最優先で脂肪燃焼されます。

従って、体に脂肪として残りにくく、さらに豆乳コーヒーと同様抗酸化力や抗菌力があるため、豆乳コーヒーとの相乗効果も得られるものです。

また、ココナッツオイルも簡単にはコーヒーなどと混ざり合わないため、豆乳とともに入れてからハンドミキサーなどを使って馴染ませます。

ココナッツオイルの健康効果は、豆乳コーヒーと似ており、トリプルでの健康効果を得ることが出来ます。

 

Sponsored Link



豆乳コーヒーと黒蜜、黒糖

黒蜜は黒糖を水に溶かして煮詰めたものであり、成分的には同じです。

黒糖はサトウキビを煮詰めて作られるため沖縄が主産地で、健康食品と言われています。

黒糖は砂糖と比べて体における吸収が8倍ほど遅いと言われ、たいがいに排泄される割合が高いため、糖分の吸収量も少なくなります。

黒糖には腸の善玉菌を増やす働きがあり、腸内環境を整えてくれますから、便秘解消やニキビ、肌荒れの改善にも効果的です。

また、ミネラルやビタミンも多く含まれており、鉄分、カルシウム、マグネシウムなどが豊富です。

従って、豆乳コーヒーが飲みにくいと言われる方にとっては、普通の砂糖を入れるより良く、健康効果につながり易いと言えます。

豆乳コーヒーとシナモン

シナモンは、クスノキ科の常緑樹の幹や枝の樹皮を原料としてしたものものです。

その独特の芳香が持ち味で、漢方として用いられたり、スパイス、お菓子つくり、アロマオイルなどにも使われます。

シナモンには、抗菌作用や自律神経の調整作用、血流促進効果、血液中の脂質や糖質を減少させる効果など、多くの健康効果があります。

それらはコーヒーや豆乳と共通しています。

従って、豆乳コーヒーに入れることで、さまざまな健康面での相乗効果が期待できます。

血管系疾患の予防効果、コレステロール引き下げ効果、ダイエット効果や風邪の予防効果なども期待できます。

豆乳コーヒーときな粉

きな粉は、豆乳と同じ大豆を原料とするもので、昔から和菓子などに使われています。

大豆を言って皮をむいて粉に挽いたもので、100g当たりのイソフラボン量は260mgと大豆食品では最も多く、最近では健康食材として注目されています。

成分的にも豆乳に近いだけにその健康効果における相乗効果は大きいと言えます。

ただ、イソフラボンは、摂取限度量の制約がありますので、豆乳ときな粉を同時に入れますと、かなりの量になりますので、飲み過ぎには注意してください。

豆乳コーヒーとはちみつ

はちみつは、自然界にある果糖の中では最も糖度が高いものの、そのほとんどがエネルギー源となるブドウ糖であり、脂肪燃焼に効果的です。

ブドウ糖が多い割には、カロリーは低めのため、ダイエットなどには向いています。

また、殺菌力も強く、疲労回復効果、便秘の改善効果、血管系疾患の予防効果などもあります。

そのため、豆乳コーヒーに入れることにより、互いの健康効果を補完したり、相乗効果が得られます。

 

Sponsored Link



豆乳コーヒーのラテ

もともとカフェラテはコーヒー牛乳のことであり、いわゆるカフェオレのことを言います。カフェオレはフランス語、カフェラテはイタリア語です。

従って、カフェラテで牛乳を豆乳に代えるだけであり、豆乳コーヒーそのものがカフェラテになります。

豆乳コーヒーとココア

ココアは、カカオの実の中にあるカカオ豆から採取したカカオマス(ペースト状)から抽出されたココアパウダーを溶かせたものです。

ココアには、良質の脂肪酸やカルシウム、マグネシウムなどが多く、ポリフェノール、カフェイン、カフェインの親類のテオブロミンなどが豊富に含まれています。

従って、豆乳コーヒーとは非常に相性が良く、豆乳コーヒーにココアパウダーを入れて飲むことにより、互いの似ている健康効果をトリプルで高め合うことが出来ます。

特に、ココアには血流増加効果の大きいテオブロミンというカフェインの親類になる成分が含まれており、血管系疾患の予防やニキビ予防、美肌には効果的です。

飲み過ぎの心配はありません。

なお、ココアにはカフェインの量は少なく、テオブロミンには覚醒作用がありませんので、合わせることでカフェイン量を下げることが出来、飲み過ぎの心配を減らせます。

また、ダイエット効果も大きく、混ぜることによりかなりの満腹感が得られます。

食事前や空腹時に飲みますと、食事の量を減らせることで、カロリー摂取面でのダイエットも期待できます。

なお、ココアの効果に関しては「ココアの効果は驚異的!その全てをお伝えいたします!」にて、より詳しくお伝えしています。

また、ココアのダイエット効果に関しては「ココアのダイエット効果がもの凄い!!」にてより詳しくお伝えしています。

豆乳コーヒーと紅茶

もともと豆乳と紅茶の相性は良く、紅茶はコーヒーと同様ポリフェノール成分が豊富に含まれています。

また、紅茶に含まれるポリフェノール成分タンニンは、カフェインの効能を抑える働きがあります。

従って、よりポリフェノール系成分の抗酸化作用による健康効果を高めることが出来ます。

Sponsored Link



豆乳コーヒーの作り方

豆乳コーヒーは、上手く作りませんと、豆乳が固まったり、分離してなめらかな飲み物にはならず、飲みにくくなってしまいます。

その原因は、豆乳が熱に弱く、熱湯を通したコーヒーの熱さで固まったり、分離してしまいます。

固まったり、分離させない方法を見てみます。

豆乳コーヒーはうまく混ざらない?

ドリップしたてのコーヒーに豆乳を入れた時、豆乳はコーヒーと混ざらず、分離して、固形のものが浮いてきます。

これは豆乳が熱に弱く、高温の中に入れますと起こる現象です。

豆乳コーヒーが固まったり、分離する理由

豆乳が高温になると固まるのは、豆腐と同じ理屈です。

豆腐は大豆を煮詰めたものににがりを入れて固めますが、にがりを入れなくても固まります。

すなわち、原因はたんぱく質にあり、熱い状態の時にはたんぱく質が固まる性質を持っていますが、滑らかにはなりません。

また、たんぱく質は酸味によっても固まる性質があり、ポリフェノールの強いコーヒー豆であるアフリカ系の豆の場合、分離が強まることがありますので、避けてください。

ポリフェノールは熱に弱く、壊れ易いため、深炒りのコーヒー豆にするのも一つの方法です。

温度の調整による豆乳コーヒー

ドリップしたコーヒーをそのまま豆乳と割るのではなく、ある程度冷ましてから豆乳を入れれば、滑らかに牛乳のカフェオレのように溶け合います。

コーヒーの温度は70度未満、出来れば60度くらいでも良いでしょう。

ただ、あまり低いとコーヒーとしての美味しさが死んでしまいますので、ある程度熱さが残るくらいが良いです。

また、豆乳をゆっくり温めて入れるのも良い方法です。

 

Sponsored Link



分離した豆乳コーヒーは失敗、ミキサーでは滑らかにならない

基本的には混ざらなくて分離したり、固まった場合には失敗と思ってください。

そうならないように、温度を考えながら入れることが第一です。

豆乳コーヒーが分離したり、固まった場合にはミキサーなどによってかき混ぜても、完全に滑らかにはなりません。

入れ直して飲む方が美味しくいただけます。

美味しい豆乳コーヒーの入れ方

美味しい豆乳コーヒーの入れ方のポイントをまとめてみます。

  • 豆乳とコーヒーの割合は50:50にする
  • 豆乳は調整豆乳にする
  • コーヒー豆はアフリカ系を避け、酸味の少ないものにする
  • コーヒー豆は深炒りして入れる
  • ドリップしたてのコーヒーは冷ましてから豆乳を入れてかき回す

などがポイントになりますので、美味しく入れてください。

Sponsored Link



お湯を利用したインスタント豆乳コーヒー

インスタントコーヒーはある程度の温度があれば溶けますので、簡単にコーヒーを作れるとともに、豆乳も分離しにくくなるメリットがあります。

豆乳が分離、固まらなければそのまま飲めますので、白湯のようにある程度冷めたお湯とインスタントコーヒーの粉でいつでも豆乳コーヒーを飲むことが出来ます。

インスタントコーヒーはもともとコーヒー豆を焙煎し、挽いてドリップしたものを乾燥させて粉にしたものであり、成分的にはドリップコーヒーと変わりません。

従って、ポットなどにある程度冷めたお湯を入れておくことで、インスタント豆乳コーヒーを入れることが出来、その健康効果を引き出すことが出来ます。

妊娠中の豆乳コーヒー

基本的には、妊娠中はコーヒーを飲めません。

カフェインの適正限度量は、体重1kg当たりに5.7mgです。

コーヒー1杯にはカフェインは87mgほど入っていますので、お母さんがコーヒーを飲みますと、そのカフェイン濃度で胎盤を通して赤ちゃんにまで行ってしまいます。

従って、とても赤ちゃんにはコーヒーのフカェインを許容できる余地がありません。

コーヒーを豆乳で50:50で割ったとしても、40mg以上のカフェインが含まれていることになり、妊娠後期でも体重が3kgで許容量が17mgほどしかない赤ちゃんには無理です。

妊娠中にコーヒー類を飲むとすれば、ノンカフェインコーヒーで割った豆乳コーヒーを飲むようにしてください。

Sponsored Link



生理と豆乳コーヒー

豆乳には、女性ホルモンのバランスをとる効果があります。

それは、エストロゲン擬似効果と言われるものです。

女性ホルモンには二種類あり、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲストロン(黄体ホルモン)があります。

エストロゲンは、排卵期に増加し、以降はやや少なくはなりますが、プロゲストロンよりも多い状態が続きます。

そして、プロゲストロンは生理前1週間から10日前から急に増加し、生理直前には急減少します。

従って、この生理前には、エストロゲンとプロゲストロンのバランスが逆転し、プロゲステロンが強くなることにより、ホルモンバランスが崩れます。

そのため、生理前には基礎体温が上がり、食欲が増進して太り易くなり、また、夜の睡眠が妨げられるために、昼間に眠気が出易いと言われています。

生理中の豆乳コーヒー

生理中には女性ホルモンのバランスの崩れは解消されるため、基礎体温が戻り、夜も寝れるようになり、太る要素もなくなります。

しかし、基礎体温が下がるということは、眠気が出やすくなることでもあります。

夜寝られるようになったからといって、寝る前に豆乳コーヒーを飲みますと、コーヒーの覚醒効果により眠れなくなってしまいます。

そのために、昼間の眠気が増加して、豆乳コーヒーを飲む量が増えてしまうことがあり、カフェインの過剰摂取が続くことにもなりがちです。

寝る前の豆乳コーヒーを止めて、昼間の眠気を起こすためにだけ豆乳コーヒーを飲むようにしてください。

Sponsored Link



生理前の豆乳コーヒー

生理前の期間に豆乳コーヒーを飲むことにより、コーヒーの覚醒作用により昼間の眠気を防いでくれる効果があります。

また、生理前に豆乳コーヒーを飲むことにより、エストロゲン擬似作用により、プロゲストロンの優位性を崩すため、太り気味になるのを防いでくれます。

ただ、寝る前に豆乳コーヒーを飲みますと、女性ホルモンのバランスの崩れは解消できても、コーヒーの覚醒作用により、寝不足になってしまいます。

寝る前には飲まないようにしてください。

豆乳ノンカフェインコーヒーと豆乳カフェインレスコーヒー

豆乳コーヒーをノンカフェインコーヒーやカフェインレスコーヒー、いわゆるデカフェで作る場合の効果を見てみましょう。

デカフェは、コーヒーのカフェインはいやだ、カフェインはいらないと言われる方には良い飲み物です。

コーヒー豆から特殊な方法でカフェインだけを抜いたのがデカフェです。

カフェインが完全に0となったのがノンカフェインコーヒーで、多少残っているのがカフェインレスコーヒーです。

このデカフェで豆乳コーヒーを作れば、カフェインの副作用を心配せずに、コーヒーと豆乳の健康効果を享受することが出来ます。

特にポリフェノール系成分による抗酸化作用は存分に享受できます。

但し、豆乳にも摂取限度がありますので、何杯でも飲めるというものではありません。

Sponsored Link



豆乳コーヒーの注意点

豆乳コーヒーは、素晴らしい健康効果があり、それを生かそうとされる方も多いです。

ただ、豆乳にもコーヒーにも適正限度量というものがありますので、その範囲内で飲むようにしてください。

豆乳の摂取限度に関しては「豆乳イソフラボンの一日摂取量の目安」にて詳しくお伝えしています。

コーヒーの摂取限度に関しては「コーヒーの一日の適正量はどれくらい?」にて詳しくお伝えしています。

ぜひ、御覧ください。

豆乳コーヒーを水筒で持ち歩かない

豆乳コーヒーを水筒で持ち歩くことはあまりおすすめできません。

豆乳は常温ですと腐り易く、また、コーヒーは酸化することがあります。

特に断熱が弱い水筒の場合、豆乳は腐ってしまうことがあります。

また、コーヒー豆は焙煎した後から既に酸化が始まっており、焙煎後2週間が経過しますと酸化が進み出します。

焙煎後3週間も経過してしまいますと、コーヒー豆は酸化状態になり、このようなコーヒー豆で入れたコーヒーは健康効果も望めず、すぐにコーヒー自体も酸化してしまいます。

酸化したコーヒーで豆乳コーヒーを作りますと、断熱効果の低い水筒などに入れた場合、腐り易くなってしまいます。

従って、基本的には断熱効果の低い水筒では豆乳コーヒーを持ち歩かないようにしてください。

Sponsored Link



豆乳コーヒーに関するまとめ

豆乳コーヒーは、豆乳のたんぱく質やポリフェノール系成分の抗酸化作用や、コーヒーのカフェインやポリフェノールの覚醒作用、利尿作用、抗酸化作用の効果が相乗効果的に重なって、非常に大きな健康効果を生んでくれます。

ダイエットや美容効果はもちろん、がん予防効果、糖尿病予防効果、肝臓機能回復や予防効果など、生活習慣病の予防にも大きな働きを持っています。

また、さらに健康効果を持った食材でアレンジすることも出来ますので、さまざまな飲み方が出来ます。

ただ、豆乳もコーヒーにも飲み過ぎによる副作用がありますので、適正な限度量を毎日飲むことが必要です。

豆乳コーヒーを作る場合には、コーヒーの温度が高過ぎる場合、豆乳のたんぱく質が固形になり、分離して混ざらないこともありますので、注意して入れてください。

ぜひ、今回の記事を参考にしていただき、豆乳コーヒーによる様々な効果を実感していただきたいと思います!

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水ダイエットの効果を徹底解説!

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 炭酸水の洗髪効果が凄い!育毛・頻度・作り方・方法・やり方を完全解説します!

関連記事

  • 豆乳成分は健康効果がとても高い!

  • 豆乳は飲み過ぎに注意!生理不順、アレルギーなど飲み過ぎによるリスクについて

  • 豆乳は栄養が抜群に高い!

  • 豆乳ダイエットは毎日飲むことで大きな成果を得ることができる!

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 豆乳イソフラボンの一日摂取量の目安