1. TOP
  2. ほうじ茶はダイエット効果がある最適な飲み物!

ほうじ茶はダイエット効果がある最適な飲み物!

ほうじ茶   75 Views

緑茶の茶葉の成分が含まれているほうじ茶には、ダイエット効果があります。

ほうじ茶のダイエット効果は即効性はありませんが、継続的に飲み続けると、その効果が得られるお茶です。

また、ほうじ茶は茶葉が本来持っている香り成分が焙煎によって得られ、この香り成分もダイエット効果をもたらします。

ほうじ茶はカロリーを心配する必要が無い

ほうじ茶はカロリーゼロの飲み物ですからいくら飲んでもカロリーの心配がいらない飲み物です。

また、ほうじ茶の成分にはダイエットの効果以外にも様々な効果効能があり、それらの効果も同時に期待できます。

ほうじ茶のダイエット効果に関する口コミ

一般に、大人の1日の水分補給の量は2ℓがよいといわれています。

この水分補給をほうじ茶で補い、毎食前後や食事中に摂る水分をほうじ茶で摂り続けるとダイエット効果があります。

運動前と運動中にほうじ茶を飲むと、カテキンの脂肪燃焼が促進され、効果的なダイエットができます。

ほうじ茶のダイエット効果について多くの方々が体験するのが、ダイエット効果とともにお肌が潤い、お肌の調子がよくなるという点です。

ほうじ茶は、血流が改善される効果があり、この効果により、栄養や酸素が末端に届くようになると美肌効果がえられます。

継続してほうじ茶を飲み続けると、栄養分が必要なところへ運ばれて消費され、余剰物が減りダイエットにつながります。

また、循環がよくなれば、老廃物の体外への排出も効果的にでき、体内に溜まる老廃物が減り、体重が減り、ダイエット効果につながります。

ほうじ茶はダイエット中の水分補給に最適

緑茶や煎茶は、1日に2ℓの量は飲めません。

それは、カフェイン、カテキン、タンニンなどお茶の成分が影響しています。

一方、ほうじ茶は、焙煎で茶葉のほとんどの成分が減り、お茶に含まれる成分の量も少ないので、1日に2ℓ飲むことができるお茶で、飲む量が多くなるので茶葉に含まれている成分の効果が期待でき、水分補給にもなるお茶です。

ほうじ茶カテキンが多く滲出するのは3煎目

ほうじ茶の場合、3煎くらいまでお茶を出すことができます。

これらのお茶に含まれているカテキンは水溶性の成分で、水に溶けやすく、1・2煎目のお茶より3煎目のお茶にカテキンは多く滲出します。

カテキンは脂肪燃焼をサポートするので、ダイエット効果が期待できる成分です。

お茶のダイエット効果を高めるには、3煎目のカテキンが多く含まれるお茶を飲むとよいです。

ほうじ茶にダイエット効果がある理由

ほうじ茶の成分と効果効能については、「ほうじ茶の効能が凄い!ダイエットや美容に最適!」に詳しくお伝えしていますのでご覧ください。

ほうじ茶にはダイエット効果が期待できる成分がとても多く含まれています。

下記はほうじ茶の成分の中でダイエット効果のある成分です。

・ビタミンB2:エネルギー代謝の働きをサポート

ビタミンB2には、脂質・糖質・タンパク質のエネルギー代謝を助ける酵素の働きがあります。

ビタミンB2が不足すると、代謝が滞り、エネルギーとして使われなかった栄養は、脂肪として体内に蓄積して、肥満を引き起こしやすくなります。

・ナイアシン:消化の働きを促す

ナイアシンは水に溶けやすいです。

お茶の含まれているナイアシンは、熱に強い性質があり、焙煎されたほうじ茶にも含まれています。

ナイアシンは、ビタミンに類する成分で、全身の多くの酵素の補助酵素としての役割を担い、細胞のエネルギー

産生の補助酵素として不可欠です。

また、ナイアシンは、ビタミンB2と同じように脂質や糖質を分解する働きがあります。

さらに、ナイアシンには血管を拡張させる作用もあります。

血管が拡張されると、血流が良くなり、ダイエット効果が期待できます。

なぜならば、血流がよくなれば、栄養が必要なところへ運ばれて、エネルギーとして消費され、余剰の栄養をそれだけ減らすことができるからです。

体内に留まる余剰物から作られる脂肪の量が減り、老廃物の排出もスムーズになると、それだけ体重が減らせるので、ダイエット効果が得られます。

・カリウム:血中のナトリムの調整しナトリウムの排出とむくみを解消

カリウムは、ナトリウムとともに、細胞の浸透圧や酸アルカリのバランスを維持しています。

カリウムは、神経伝達などの生理機能の調整にも関わっています。

カリウムは、過剰なナトリウムを腎臓から再吸収しないように働き、体外に過剰のナトリウムを排出します。

ナトリウムが排出されると体内の余剰の水分のむくみも解消・改善できます。

余剰の水分の排出は、体内に余分な水分の滞りを防ぎ、水分中の老廃物の蓄積も排出されるので、結果的にダイエット効果が得られます。

・ほうじ茶の香り成分のテアニン:精神的ストレスの解消し血管を拡張して循環を改善する

精神的なリラックス効果は、神経の緊張を和らげ、血管の収縮を抑えるので、血流が良くなります。

テアニンにはリラックス効果があり、血管を拡張する効果があり、これにより血流が改善されて、栄養素も循環されて消費され、老廃物の排出もスムーズにできるようになり、余剰物が排出と軽減によって、ダイエットの効果が得られます。

・ほうじ茶の香り成分のピラジン:脳と神経をリラックスさせる

茶葉を焙じると、本来のお茶が持っている香り成分が糖から分離されます。

ピラジンも焙煎によってえられる香り成分で、テアニンと同じ効果があり、脳もリラックスさせて神経の安定をもたらします。

神経の安定は血管の収縮を抑えるので、テアニンと同じように作用し、ダイエット効果をもたらします。

・ビタミンC:血管収縮を抑えて血流を改善し老廃物などの不要物を排出

ビタミンCの抗酸化作用は、糖質や脂質の代謝を助ける働きと、蓄積物のセルライトの形成を抑制する働きがあり、ダイエットにもよい影響を与えます。

代謝に欠かせないビタミンCが不足すると、特に下半身に老廃物が溜まりやすくなり、脂肪燃焼が低下し、余剰物はセルライトを形成して溜まりやすくなります。

・カテキン:カテキンの抗酸化作用により脂肪の蓄積や血糖値を抑える

ポリフェノールのカテキンは、体脂肪を燃焼する効果があることが、確かめられています。

体脂肪の燃焼効果として、腹部や皮下の余分な脂肪を減らすので体重がそれだけ減り、ダイエット効果も生活習慣病の予防にもなります。

また、カテキンには、血中の血糖値を抑える効果があり、血液のドロドロ血を防ぐことができるので、血流が改善されて、ダイエットの効果も得られます。

カテキンが不足すると、抗酸化作用の働きと、脂肪の燃焼効果が低下し、メタボリックシンドロームや生活習慣病、血糖値や血圧を上昇させ、痩せにくいからだに変わりやすいです。

体内の余剰成分が溜まっているからだは、これらの生活習慣病の発症を引き起すリスクをともない、余剰物が増えると不健康からだになり、体重もまた増えるので、カテキンを毎日適量に摂取することが大事です。

カテキンを摂取することは、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールを減らす効果があり、動脈硬化のリスクも下がります。

そして、血流が改善されて、先に述べたとおりの効果がえられ、ダイエット効果が得られます。

また、カテキンの刺激が、胃腸の働きを促進し、便秘の解消の効果もあり、便秘の改善は腸内環境と体内環境の改善し、ダイエットにもなります。

カテキンには、様々な効果があり、ほうじ茶と緑茶のカテキンの量はほぼ同じくらい含まれています。

カテキンの量が多く含まれるお茶は、効果が高いので、ほうじ茶には十分カテキンの効果が期待でき、ダイエットに適したお茶です。

・ほうじ茶のテアニン:神経の興奮を和らげるリラックス効果

テアニンはカフェインの興奮作用を抑える効果があり、ストレスを和らげ、リラックス効果をもたらし、結果として血流が良くなり、先にも述べたようにダイエット効果につながります。 

・ほうじ茶の食物繊維

ほうじ茶1杯のカフェインの量は30㎎でコーヒーの1/3です。

大人の1日当たりのカフェインの摂取許容量は400㎎/日です。

これだけのカフェインをほうじ茶で摂取するには、1日に約13~14杯の量(約2ℓ)のほうじ茶を飲まなければ摂取できません。

そのため、毎日の水分補給にほうじ茶を取り入れて、多く飲むようにするとほうじ茶の成分を多く摂取することができ、成分の効果が期待できます。

量を多く摂取できるほうじ茶は、食物繊維の働きも期待でき、便秘を解消し、腸内環境を整えることができ、デトックス効果が期待できます。

便秘解消は、老廃物の蓄積を防ぎ、腸内環境が整えれば、体内の環境もよくなり、ダイエットにもなります。

このように、ほうじ茶には体重を減らす効果がある成分が色々と含まれているので、普段の水分補給の水をほうじ茶に替えれば、カロリーゼロの飲み物で、わずかに含まれている成分でもダイエットの効果効能が期待できます。

また、ほうじ茶は量を多く飲めるお茶ですから、1杯に含まれる成分の量が少なくても、1日に何度かほうじ茶を飲むと、茶葉に含まれているダイエット効果が維持できます。

大事なことは、1日に2ℓのほうじ茶を毎日飲み続けることです。

毎日飲み続けることで、ダイエット効果が得られます。

ほうじ茶の効果的なダイエットの方法

水分を補給するときは、喉の渇き、発汗などの体内の水分が不足している時に、あるいは、運動など行う前に水分補給が自然でしょう。

毎日の生活の中での水分を補給するときを列挙します。

まずは寝起きに、1杯の水を飲む人もあれば、白湯を飲む人もあるでしょう。

この水分補給は、寝ている間に発汗で失っている水分の補給と、胃腸の働きを促し、便通と消化を助けるためです。

この時の1杯の水分補給をほうじ茶にしましょう。

次に食事の前後と食事中に水分を摂ります。

飲み物をほうじ茶にかえれば、ほうじ茶に含まれている成分の脂肪の燃焼効果が期待できます。

そして入浴前後の水分補給です。

入浴の前に、ほうじ茶で水分補給すると、発汗の促進作用が期待でき、汗とともに老廃物を排出できる効果があります。

入浴中も脱水症を防ぐために1杯のほうじ茶をおすすめします。

お風呂上りにも1杯のほうじ茶で水分補給します。

ほうじ茶はカロリーゼロの飲み物ですから、夜の飲み物として、お風呂上りに飲んでも問題ない飲み物です。

ほうじ茶のもつ香り成分のリラックス効果は、神経の緊張を和らげ、精神的にも安定します。

先の述べたように、リラックス効果は、ダイエット効果をもたらします。

夜の寝る前のほうじ茶は、快眠効果もあり、からだの回復効果はダイエットにも繋がります。

さらに、運動をする人は、運動の前後と運動中の水分補給は、脱水症を防ぎます。

ほうじ茶を使用すると、燃焼と血管拡張の効果が一層進みやすく、栄養の消費と老廃物の排出の効果があります。

水分補給を必要とするときの飲み物をほうじ茶に替えるだけで、カロリーゼロのほうじ茶はカロリーを気にしないで飲めるお茶で、成分の効果によって栄養の消費が高められるので、ほうじ茶はダイエットが効果的なお茶といえます。

ほうじ茶とウーロン茶のダイエット比較

ウーロン茶も、カロリーゼロのお茶です。

ウーロン茶は、特にビタミンB2とマンガンが多く含まれる半発酵のお茶で、ビタミン類が緑茶よりかなり少ないお茶です。

ウーロン茶は、カフェインは20㎎/100g、カテキンは30㎎/100gを含んでいて、カフェインはコーヒーの1/3、カテキンは緑茶の半分以下です。

ウーロン茶も香り成分にリラックス効果があります。

ウーロン茶は、脂っこい食事に合わせて飲むと脂質を分解する効果が期待できるのは、ウーロン茶ポリフェノールにあり、中性脂肪の吸収や脂肪の分解を促す働きがあり、ウーロン茶はトクホに認定されています。

ウーロン茶で痩せたという口コミと痩せないという口コミがありますが、痩せなかったという口コミの方が多いようです。

ウーロン茶に含まれるカテキンの量は、煎茶や番茶の半分以下しか含まれていませんので、カテキンのダイエット効果はあまり期待できません。

ウーロン茶は、空腹時に飲むと胃を刺激しすぎて胃の調子が悪くなりやすいので、ほうじ茶のように、寝起きや食前の空腹時に飲むのは、避けることをおすすめします。

運動をする前のウーロン茶を飲むと、交感神経を活発化させる作用があり、これが基礎代謝を高めて脂肪の燃焼効果が効率的に活用することができます。

玄米茶とほうじ茶ではダイエットにはどちらがいい

玄米茶は、焙じた玄米を番外茶葉に加えたお茶で、玄米が加わるから、滲出の玄米茶は、緑茶よりカフェインが少なくなります。

玄米茶は、玄米に含まれているポリフェノールのγ-オリザノールに、肥満や糖尿病、動脈硬化の予防効果があります。

また、玄米茶にはアミノ酸のギャバが含まれ、コレステロールや中性脂肪を抑える働きと、アドレナリンの分泌を抑えて血圧をコントロールする働きがあり、トクホ(特定保健用食品)に認定されています。

玄米茶は、玄米が入る分だけ使う茶葉の量が減り、緑茶の茶葉の成分量が減りますが、焙煎した玄米の効果が加わり、ダイエット効果があるお茶です。

玄米茶も玄米茶特有の成分によるダイエット効果が期待できるお茶です。

ほうじ茶も玄米茶もいずれもダイエット効果があるお茶で、ダイエットの効果があります。

お茶を楽しみながらダイエットすることを考え、気分によってお茶を楽しむことをおすすめします。

緑茶とほうじ茶のダイエットの違い

ほうじ茶と緑茶は、同じ時期の茶葉で、栽培方法も同じ茶葉です。

新芽にはカフェインが多く、カテキンが少ない茶葉のお茶です。

ほうじ茶のカフェインの量は、緑茶の煎茶とほぼ同じ量含まれ、このほうじ茶は煎茶と同じ入れ方をしますが、白湯の温度がちがいます。

白湯の温度は、煎茶は70℃前後、高い場合は80℃くらいです。

ほうじ茶の白湯の温度は、低い場合は85~90℃で、大体95~100℃です。

ほうじ茶は、緑茶より焙煎により成分が少なくなりますが、焙煎によりリラックス効果のある香り成分が神経の緊張を解き、血管を拡張させ血流を良くする効果があります。

香り成分の効果の有無が、ほうじ茶と緑茶のダイエットの違いです。

緑茶もほうじ茶もダイエット効果をもたらし、煎茶とほうじ茶は3煎目のお茶に多くのカテキンが滲出するので、ダイエットには3煎目のお茶を飲むことをおすすめします。

紅茶とほうじ茶のダイエットを比べると

紅茶にはカフェインが緑茶やほうじ茶より多く滲出し、脂肪燃焼効果が期待できますが、砂糖やミルクを加えるとダイエットの効果は期待できません。

紅茶にダイエット効果を期待するならば、砂糖やミルクを入れないで飲むようにしましょう。

紅茶は、発酵茶ですから、からだを冷やさないお茶で、紅茶をダイエットのために飲むならば、1日のカフェインの摂取量を守り、運動や食後などに飲むとよいでしょう。

空腹時の紅茶は胃壁を刺激するので、おすすめできません。

伊藤園のほうじ茶に含まれるカテキンとダイエット

市販の伊藤園のお茶に含まれているカテキンの量は、お~いお茶濃い味400㎎/500ml、伊右衛門180㎎/500ml、生茶246.7㎎/500ml、伊右衛門濃いめ360㎎/500mlです。

かなり多くのカテキンが伊藤園のお茶には含まれています。

カテキンのダイエット効果を期待するならば、カテキンが多く含まれているお茶を選ぶとよいでしょう。

水とほうじ茶ではどちらがダイエットに好ましいか

水には、脂肪の燃焼効果はありませんが、水のダイエット効果があるといわれています。

ヒトの体の6~7割は水分です。

日本人は水分不足の人が多く、水分不足は血中の濃度も高め、血液がドロドロになりやすいともいわれています。

血液がドロドロになれば、血流も鈍化し、栄養や酸素の運搬や老廃物の排出が滞りやすくなり、消費されなかった栄養は脂肪として蓄積し、老廃物も体内に滞りやすくなることは言うまでもありません。

このため、水分を補給して、血液濃度を下げ、血液が流れやすくしようという考え方が、水ダイエットです。

血流が改善されれば、栄養が必要なところへ運搬されて消費され、老廃物も排出もしやすくなるので、余剰分の蓄積が減り、ダイエット効果が得られます。

注意として、一度に多くの水分を補給すると、体内の濃度が下がるため、余剰水分として即、排泄されるので、適量の水分補給を小まめにし、体内に補給した水分が行きわたるようにすることが大事です。

さらに、小分けしてこまめに水分補給しても過剰な水分補給は、体内に余分な水を溜め込み、水太りになりやすいので留意しましょう。

目安として水分の補給は、一般にいわれている1日2ℓがよいでしょう。

水のダイエットは、血液の濃度を下げ、血流を改善するダイエット効果があり、ほうじ茶のダイエットは脂肪を燃焼させ、蓄積物を減らすダイエット効果があるといってよいでしょう。

お茶のダイエットの中でも優れたほうじ茶ダイエット

お茶を活用したダイエットの中でほうじ茶がより効果的なのは次の点からです。

カフェインの効果

ほとんどのお茶にカフェインが含まれています。

カフェインは医薬品に登録されている物質ですから、緑茶などは、カフェイン効果のために多くの量の飲むことができません。

ほうじ茶にもカフェインは含まれていますが、他のお茶のようにカフェインの効果が直接的ではなく、ゆっくりと効果が得られるメリットがあります。

カフェインの効果がゆっくりと得られるのは、焙煎によるものです。

ほうじ茶は、茶葉自体が煎茶よりカフェインが少なく、多くの量が飲めるお茶で、水分補給にもなり、ダイエットにダブルの効果が期待できます。

焙煎による香り成分の効果

ほうじ茶は、本来茶葉が持っている香り成分が焙煎によって、糖などとの結合から分離されて得られます。

この香り成分が、リラックス効果をもたらし、血流が改善されて結果としてダイエット効果が得られます。

この効果は緑茶では得られないほうじ茶だけの効果です。

ほうじ茶は量的に多く飲める

カフェインの量がほうじ茶は、多くの量のほうじ茶を飲むことができ、水分補給でいわれている量の1日2ℓをほうじ茶で飲むことができます。

ほうじ茶にもカフェインは含まれていますので、一度に多く飲むとカフェイン効果で気分が悪くなったりしますので、適量を小まめに飲むことが肝要です。

他のお茶ではカフェイン効果がゆっくりと得られませんので、これほどに飲むことはできません。

ほうじ茶の効果的な飲み方

食事前後と食事中、運動も入浴も食事と同じような摂取の方法でほうじ茶を活用します。

水による水分補給は小まめに摂取することがポイントでしたが、ほうじ茶を小まめに摂取することは水分補給の役割も果たし、体内の水分不足の解消と、血液ドロドロの改善効果も得られ、尚且つ、カフェインやテアニン・カテキンなどの脂肪の燃焼効果が得られます。

ほうじ茶でダイエットできる

いずれのお茶もダイエット効果があるといえる飲み物ですが、ほうじ茶特有の効果は、他のお茶ではない効果です。

まず、焙煎による香り成分のリラックス効果は、間接的にダイエット効果をもたらします。

リラックス効果から血管収縮が抑えられ、血流の改善が余剰物の蓄積を減らし、ダイエットにもよい効果をもたらします。

お風呂上りや寝る前のほうじ茶のリラックス効果は、快眠による体の機能を回復させ、体の中の循環もよくなるので、結果としてダイエットにつながります。

茶葉の成分を含むほうじ茶は、緑茶のもつダイエット効果もあり、晩茶葉はカフェインが少なく、カテキンが多い茶葉で、カテキンが多いほうじ茶は、カテキンのダイエット効果が期待できます。

また、ほうじ茶は、カフェイン効果がゆっくりと効果をもたらし、カフェインのダイエット効果もあります。

1杯のほうじ茶の茶葉の滲出する成分の量が少なくても、多くの量が飲めるお茶で、1日のお茶の成分がトータル的に摂取できるお茶です。

また、量が多く飲めますので、水分補給を兼ねることができ、成分と水分補給の効果によるダイエット効果が得られます。

このように、ほうじ茶は、様々なダイエット効果があるお茶で、煎茶などの緑茶にはないダイエット効果もある優れたお茶です。

大事なことは、毎日こまめに小分けしてほうじ茶を飲むことを継続することです。

ほうじ茶のダイエット効果は凄いのまとめ

戦後、日本の生活が欧米化し、日本食をはじめ多くの日本にあるお茶などの文化も生活から離れる傾向がありますが、長年培われてきた素晴らしい日本の食文化を改めて知らされた感があります。

ほうじ茶を暮らしの中に大いに取り入れ、飲用するだけで得られる自然なダイエット効果を活かせば、生活習慣病などのために毎日の食事を制限することなく、日々の生活を送ることが出来ます。

日本は水も美味しい国で、日本茶に最適な水がごく当たり前に生活圏にあり、何不自由なくお茶を飲むことが出来ます。

ぜひ、今回の記事を参考にしていただき、ほうじ茶のダイエット効果を実感してください!

\ SNSでシェアしよう! /

水メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

水メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

水

水や医療に関する書籍を複数発刊している大学教授です。

その他の記事  記事一覧

  • 水出し紅茶のおいしい作り方・安全な飲み方とおすすめの茶葉

  • ほうじ茶の利尿作用について

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 白湯ダイエットは寝る前に飲むと効果抜群!

関連記事

  • ほうじ茶の入れ方完全解説!

  • 番茶とほうじ茶の違いは地域による呼び方や製造過程で変わる

  • ほうじ茶は妊娠・妊婦に優しいお茶?

  • 赤ちゃんがほうじ茶を飲む際の注意点や飲ませ方について

  • ほうじ茶はカフェインの影響が少ないのか

  • ほうじ茶の利尿作用について