1. TOP
  2. 生姜湯
  3. 生姜湯はチューブ生姜で簡単に作れる!チューブ生姜の使い方・保存方法・注意点を解説します
Sponsored Link

生姜湯はチューブ生姜で簡単に作れる!チューブ生姜の使い方・保存方法・注意点を解説します

生姜湯   1,239 Views

生姜湯はチューブ生姜で作ることもできます。

生姜湯は生姜とお湯があればすぐにできるシンプルで簡単な飲み物ですが、チューブ生姜を使えば更に手軽に作れますので、職場などでも生姜湯を飲めるようになります。

チューブ生姜で生姜湯を作った場合でも、生姜を自分ですりおろして作った生姜湯と同じように、

  • 風邪対策
  • ダイエット
  • 妊娠中の辛い症状の軽減

などに役立つのです。

ただしチューブ生姜には、

  • 添加物が含まれている
  • ジンゲロールの含有量が少ない
  • 味や香りが劣る

といったマイナス面がありますので、その点を理解した上で上手に活用することが重要です。

ここでは生姜湯をチューブ生姜で作る方法や、簡単なアレンジの方法、生姜の効果、チューブ生姜の注意点について解説します。

便利なチューブ生姜を利用して生姜湯をより手軽に継続していきましょう。

Contents

生姜湯はチューブ生姜で作れば手軽で便利

生姜湯を飲みたいけれど自分で生姜をすりおろすのが面倒と感じている人は多いでしょう。

そこで活用していきたいのがチューブ生姜です。

チューブ生姜はすりおろされた状態で入っていますので、チューブをしぼってお湯を注ぐだけで手間無く生姜湯を作れます。

チューブ生姜で作る生姜湯の作り方

生姜湯をチューブ生姜で作る場合、チューブ生姜をカップに入れてそこにお湯を注げば完成です。

もちろんこれだけでも生姜の効果を得ることはできるのですが、生姜湯を飲むことで期待通りの効果を得るためには、有効成分の性質と作り方の違いについて知っておくことが重要です。

ダイエットや冷え対策のための生姜湯は電子レンジで加熱して作る

生姜に含まれる有効成分の中で冷え対策やダイエットに特に有効と言われているのはショウガオールとジンゲロンという成分です。

ショウガオールとジンゲロンは生姜を加熱することで増加する成分ですので、ダイエットのために生姜湯を飲みたいという場合には、チューブ生姜を加熱することが大切になってきます。

チューブ生姜を加熱して作る生姜湯の作り方を紹介します。

  1. チューブ生姜と水をカップに入れる
  2. 電子レンジで加熱する(500wなら4分間、750wなら3分間が目安)

加熱といっても電子レンジで簡単にできますので面倒なことはありません。

加熱の際に注意したいのは温め過ぎです。

ショウガオールは生姜を加熱することで増えますが、100度を超えるような高温で加熱すると失われてしまいます。

おいしく有効成分の多い生姜湯を作るための目安は80度ですので、80度前後で加熱できるように最初に作るときにはこまめに様子を見るようにすると良いでしょう。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

風邪対策の生姜湯はぬるま湯で作る

チューブ生姜で作る生姜湯を風邪対策のために飲みたいという場合には、殺菌作用を持つジンゲロールが豊富な生姜湯を作ることが重要です。

ジンゲロールは生の生姜に1番多く含まれていて、30度くらいの加熱から徐々に減少していき、60度では半減してしまいます。

そこでジンゲロールを多くとりたい場合には、生姜湯は60度より低い温度のぬるま湯で作るようにしましょう。

風邪対策のための生姜湯をチューブ生姜で作る場合の作り方を紹介します。

  1. チューブ生姜をカップに入れる
  2. 60度より低い温度のぬるま湯をカップに入れる

コツはお湯の温度を60度より低くするということだけで、その他は特に気にする必要ありませんから簡単に作ることができます。

こうしたコツを抑えておくだけでチューブ生姜の生姜湯をより効果的に飲むことができるようになるのです。

チューブ生姜の保存方法

チューブ生姜で生姜湯を作るために開封した後はどのように保存しておくのが最適なのでしょうか。

チューブ生姜の保存方法について解説します。

開封後のチューブ生姜は空気を抜いて冷蔵庫保存

開封したチューブ生姜は冷蔵庫で保存しますが、そのときのポイントはチューブ内の空気を抜いておくことです。

チューブ内に空気が入った状態で保存すると、チューブ内の生姜は常に空気に触れている状態になってしまい、酸化が進みます。

するとせっかくの生姜の有効成分が失われてしまうことにつながります。

できるだけ長持ちさせるためには、チューブ内の空気はしっかりと抜いて冷蔵庫で保存するようにしましょう。

開封後の保存期間は1ヶ月が目安

またチューブ生姜をおいしく効果的なうちに生姜湯にするためには、保存期間は1ヶ月が目安と言われています。

開封後はできるだけ早く生姜湯として飲んでしまうのが最適ですが、目安として1ヶ月以内に使い切るということを知っておきましょう。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

チューブ生姜は手軽に便利に生姜湯を作れる便利アイテム

チューブ生姜があれば生姜湯を作る手間が省けますので、より手軽で便利に生姜湯を飲むことができます。

チューブ生姜で作る生姜湯はどのようなシーンでより役立つかを具体的に紹介します。

チューブ生姜は携帯に便利だから職場などでも生姜湯が飲める

チューブ生姜は容器に入っているので携帯するのに便利です。

そのため職場に持っていって休憩時間に生姜湯を飲むことができます。

自宅以外の場所でも生姜湯を飲みたいという場合にはチューブ生姜を活用することで好きなタイミングに飲むことができます。

大急ぎの朝でもチューブ生姜があればあっという間に生姜湯が飲める

朝に生姜湯を飲むと体が温まり代謝が高まるので、ダイエットや冷え対策に良いということが知られています。

しかし朝は忙しいので生姜をすりおろしている時間がもったいないという人も多いでしょう。

チューブ生姜があればすりおろす手間がいりませんし、お湯を注ぐだけで生姜湯ができますので、インスタントコーヒーをいれるような感覚で生姜湯を作ることができます。

そのため忙しい朝でも手軽に生姜湯を飲んで、ダイエットや冷え対策に役立てることができるのです。

風邪をひいて体調が悪いから生姜湯を飲みたい!そんなときにも便利

風邪などで体調が悪いときこそ生姜湯の働きを取り入れたいタイミングでもあります。

しかし体調が悪いときにはなるべく動きたくないという人も多いでしょう。

チューブ生姜があればお湯さえわかせば生姜湯が作れますので、体調が悪くてダウンしているときにも手軽に生姜湯を飲めます。

1人暮らしで風邪をひいても看病してもらえないというような場合には、チューブ生姜を常備して生姜湯をいつでも作れるようにしておくと便利です。

生姜湯の作り方については『生姜湯の作り方を徹底解説!基本・アレンジ・簡単レシピ全てお伝えします』も参考にご覧ください。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

チューブ生姜で作る生姜湯の効果

生姜湯をチューブ生姜で作った場合でも、基本的な効果は自分ですりおろして作る生姜湯と同じです。

生姜にはどのような有効成分が含まれていてどのような効果があるのかを解説します。

生姜に含まれる有効成分について

生姜に含まれる代表的な有効成分は、

  • ジンゲロール
  • ショウガオール
  • ジンゲロン

の3つです。

この3つの有効成分がそれぞれどのような特徴を持っていてどのような働きをするのか解説します。

生の生姜に含まれるジンゲロールについて

ジンゲロールは生の生姜に豊富に含まれている辛味成分です。

生姜は生で食べても体が温まる感じがしますが、それはジンゲロールの働きです。

しかしジンゲロールは体を芯から温めるのではなく表面を温めることで発汗を促し最終的には体を冷やす働きをします。

体を冷やすというとあまり良いイメージがありませんが、風邪のときに体の表面を温めて熱をあげることは体内に侵入したウィルスを退治することになりますし、その後発汗が促されればあがった熱を長引かせることもありません。

またジンゲロールには殺菌作用もありますので、風邪のひき始めにぜひ取り入れたい成分と言えます。

生姜を加熱すると増加するショウガオールは温め効果抜群

生姜を加熱するとジンゲロールはショウガオールという成分に変化します。

ショウガオールもジンゲロールと同じように体を温めますが、違いは体を芯からしっかりと温めるという点です。

内側からじっくり温めてくれるので、体の代謝があがり痩せやすい状態になりますし、脂肪の燃焼もしやすくなります。

そのためショウガオールはダイエットをするときや冷え対策をするときにぜひ取り入れたい成分です。

ジンゲロンは血管を拡張して全身の隅々まで血液を届ける

ジンゲロンもショウガオールと同じく生姜の加熱によって増加する成分です。

ジンゲロンの特徴は血管を拡張してくれるという働きにあります。

ジンゲロンによって血管が拡張されると、指先などの細い血管までしっかりと血液が流れるようになります。

すると末端がいつも冷えて冷たくなっていた人でも温かくなりますので、冷え性が和らぐというわけです。

全身の血流がスムーズになると冷え性が改善されていきますし、デトックスもされやすいめぐりの良い状態が作れますので、ダイエットしやすい体質作りにもつながります。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜の温め効果で代謝が高まるのでダイエットに良い

生姜の効果としてまず最初に取り上げるのはダイエット効果です。

生姜には体をあたためる働きがあり、特にショウガオールは体を芯から温めてくれます。

そのため生姜湯を飲むと体温があがり代謝も高まるのです。

代謝が高まるということは何もしていないときに消費するカロリーが増えますし、運動したときにもそれまでよりもより多くのカロリーを消費することができます。

そのため生姜湯を飲まずにダイエットに取り組むよりも効率的に痩せやすくなるというわけです。

ジンゲロールの殺菌作用は食中毒だけでなく風邪やインフルエンザ対策にも

すりおろした生姜は昔から薬味としてお刺身などに添えられてきました。

それは単に味わいを楽しむという目的だけでなく、食中毒を予防する意味合いもあります。

生の生姜に豊富なジンゲロールには殺菌作用がありますので、食中毒の原因菌を殺菌することができるのです。

またジンゲロールの殺菌作用は風邪やインフルエンザにも有効ですので、ジンゲロールは風邪対策にも用いることができます。

生姜は抗炎症作用があるので炎症を和らげる

また生姜には抗炎症作用があることも分かっています。

ウィルスやアレルゲンなどの刺激を受けると体内では炎症を起こす成分が合成されるのですが、生姜はその成分の合成を邪魔する働きがあります。

そのため炎症が起こっていて痛む喉や関節をラクにすることができるのです。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜は妊娠中のマイナートラブル対策にも良い

妊娠中には様々なマイナートラブルが起こりますが、生姜は妊娠中のこうしたトラブルの対策にも優れています。

特につわりの吐き気には生姜が有効ということが分かっています。

吐き気を抑える働きがつわりの気持ち悪さを軽減する

なぜ生姜がつわりの吐き気に良いのかというと、胃腸を刺激することで吐き気を誘発するセロトニンの分泌を生姜がコントロールしてくれるからです。

そのため生姜湯を飲むとつわりの気持ち悪さやむかむか感が軽くなることが期待できます。

ただし生姜湯の飲み過ぎは流産につながる可能性ありとの指摘も

しかしいくら気持ち悪さが軽減されるといっても、生姜湯を飲み過ぎるのは良くありません。

生姜湯の飲み過ぎはお腹が張ることにつながることが分かっており、そうして起こったお腹の張りが流産につながることが否定できないからです。

そのためつわり対策のための生姜湯は飲み過ぎないように注意しましょう。

その他の生姜湯の効果

生姜の効果は多岐に渡っていますので、他にも様々な症状に役立つことが分かっています。

  • 肩こりの改善
  • 頭痛の改善
  • 老化防止
  • 抗がん作用
  • 血液をサラサラにする
  • 白血球を増やして免疫力を高める
  • 痛みを抑える
  • うつ病の予防
  • デトックス

と多くの働きが期待されていますので、生姜湯を飲むことでぜひ取り入れたい食材です。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

チューブ生姜を使った簡単生姜湯アレンジ

チューブ生姜で作る生姜湯はとても手軽ですが、それだけを毎日飲み続けていると飽きてしまいます。

そこでおすすめの簡単アレンジをお伝えします。

生姜湯の効果効能をサポートする食材もありますので、上手に組み合わせてアレンジ生姜湯を作り、毎日おいしく続けられるようにしましょう。

はちみつを加えたはちみつ生姜湯は風邪対策にぴったり

生姜湯にはちみつを加えると風邪対策にもぴったりのはちみつ生姜湯のできあがりです。

生姜湯にはちみつを加えるときには生姜湯が60度より低い温度になったのを確認してから入れるようにしましょう。

60度以上の熱が加わるとはちみつに含まれている栄養が壊れてしまいますので、はちみつの効果を活かすためには生姜湯がぬるくなるまで待ってください。

はちみつには子供用の咳止め薬以上の咳止め効果があることが発表されていますので、はちみつ生姜湯を飲むと咳止めにもつながります。

はちみつ生姜湯の風邪対策については『はちみつ生姜湯はダイエットや風邪に効果的!作り方や注意点』もご覧ください。

黒糖を加えた黒糖生姜湯は体が温まる

生姜湯に黒糖を加えた黒糖生姜湯は体を温める働きがあります。

漢方では黒糖も乾姜(カンキョウ:熱を加えた生姜のこと)と同じように体を温める食材に分類されているのです。

甘味も加わるので生姜湯が初めてとか生姜のピリッとした殻さが苦手という人でも飲みやすくなります。

ただし黒糖の入れ過ぎは糖分の取り過ぎになってしまいますので注意しましょう。

紅茶にチューブ生姜を入れれば生姜紅茶も簡単

チューブ生姜を使えば生姜紅茶も簡単に作れます。

紅茶をいれてチューブ生姜を加えればそれだけで生姜紅茶のできあがりです。

もっと簡単に生姜紅茶を作りたいという場合には、ペットボトルなどで販売している紅茶にチューブ生姜を入れるという方法もあります。

この場合、無糖の紅茶を選ぶようにすると生姜の良さを活かすことができます。

生姜紅茶については『生姜紅茶のダイエット効果が凄い!そのやり方や方法とは?』もご覧ください。

コンソメや鶏がらスープを加えれば簡単にスープができる

生姜湯を食事のときに飲みたいという場合には、チューブ生姜をカップに入れるときに一緒にコンソメや鶏がらスープ・塩などを加えましょう。

ここにお湯を注げば生姜スープのできあがりです。

体を温めるために野菜たっぷりの生姜スープを飲むという方法もありますが、それだとスープ作りに手間がかかります。

チューブ生姜とコンソメなどで作る即席スープなら手間なく食事に合うスープが作れます。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜湯をチューブ生姜で作る際のマイナス点

生姜湯をチューブ生姜で作れば手軽なので毎日簡単に生姜湯を飲むことができます。

しかし便利なチューブ生姜にはマイナス点があることも知っておいてください。

チューブ生姜には添加物が含まれている

チューブ生姜には生姜以外の添加物が複数使われています。

そのため生姜湯をチューブ生姜で作ると、生姜だけでなくそうした添加物も一緒に摂取することになります。

チューブ生姜に含まれている添加物の種類

チューブ生姜に含まれている添加物には下記があります。

  • でんぷん
  • 食塩
  • デキストリン
  • ソルビトール
  • 酒精
  • 酸味料
  • 安定剤(キサンタンガム)
  • 酸化防止剤(ビタミンC)
  • 調味料(アミノ酸)
  • 香料
  • 香辛料抽出物

ごく一般的にスーパーなどで販売されているチューブ生姜の成分表示を見ると、生姜以外にこれだけの添加物が使用されていました。

毎日飲み続けることで添加物の影響を後々受ける可能性も

添加物は食品に使っても大丈夫と認められている成分ですので、チューブ生姜を生姜湯に使ったからといって、すぐに何か異常が現れるということはないでしょう。

しかし長期間コンスタントに同じ添加物をとり続けることで何か影響が出ないとは限りません。

チューブ生姜は有効成分のジンゲロールが少ない

チューブ生姜のマイナス面にはジンゲロールの含有量が少ないということもあげられます。

すりおろしたての生姜と比較すると、チューブ生姜は有効成分がどうしても少なくなってしまうのです。

ジンゲロールはおろしたてが1番多い

生姜に含まれているジンゲロールはおろしたてが1番多く、その後は酸化によって失われていってしまいます。

チューブ生姜には酸化防止剤が含まれていますが、それでもおろしたてと同じ分量というわけにはいきません。

また多くの添加物が含まれていますので、その分生姜の割合が少ないというのもジンゲロールが少ない原因です。

チューブ生姜はおろしてたの生姜と比べて味や香りが悪い

チューブ生姜とおろしたての生姜を比較すると味や香りはおろしたての生姜の方が断然良いです。

そのためおいしい生姜湯を飲みたいと思った場合には、チューブ生姜の味や香りはマイナスポイントとなってきます。

チューブ生姜はマイナス点を知った上で納得して使いましょう

チューブ生姜は生姜湯作りに便利ですが、

  • 添加物が含まれている
  • ジンゲロールが少ない
  • 味や香りが悪い

というマイナス点があることを知っておきましょう。

こうしたマイナス面があることを知り納得した上で使うのであれば、生姜湯を手軽に飲める方法として活用することができます。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

味や香り重視ならおろしたての生姜を使った生姜湯がベスト

生姜湯をチューブ生姜で作るのは手軽ですし便利ですが、生姜湯の味や香りを重視するのであれば向いていません。

味や香りを重視して生姜湯作りをするのであれば、生姜を自分ですりおろして生姜湯を作るのがおすすめです。

生姜はおろしたての方が有効成分が豊富

生姜はおろしたての方が有効成分が豊富です。

そのことは生姜のおいしさにも関係しています。

有効成分が豊富ということは生姜本来の味や香りの成分が豊富ということだからです。

おろしたての生姜で作る生姜湯も作り方はチューブ生姜と同じ

生姜を自分ですりおろして生姜湯を作るのはチューブ生姜を使うことを考えると手間に感じるかもしれません。

しかしすりおろしてしまえば後の手間はチューブ生姜を使う場合と同じです。

しかもカップ1杯分の生姜湯に使う生姜はほんの1かけ程度ですので、すりおろす時間もそれほど多くはかかりません。

生姜をおいしく効果的にすりおろすコツ

生姜は自己流ですりおろしてしまうと、繊維が口に残って飲みづらい生姜湯に仕上がってしまう可能性があります。

また有効成分が豊富に含まれている部分を知らずに捨ててしまっているということにもなりかねません。

ここでは効果的でおいしい生姜のすりおろし方を紹介します。

皮ごとすりおろすと有効成分たっぷり

生姜の有効成分が最も豊富に含まれているのは皮の付近です。

そのため生姜をすりおろすときには皮ごとおろすようにしましょう。

どうしても皮ごとすりおろすのに抵抗がある場合でも、包丁の背で皮を薄くこそげ落とす程度にとどめておきます。

皮の線と平行にすりおろすと舌触りなめらか

生姜の繊維は皮に入っている横線と垂直になっています。

すりおろすときには繊維を分断するようにしないと繊維が口の中に残ってしまいますので、皮に入っている横線と平行にすりおろすようにします。

すると繊維が細かくなるので口当たりが良い生姜湯に仕上げることができるのです。

生姜は使う直前にすりおろすのがベスト

また生姜の有効成分はすりおろした直後が最も多いので、生姜湯を作る直前にすりおろすのが良いでしょう。

たくさんの量をすりおろそうと思うと手間ですが、生姜湯1杯分であればすりおろすのにたくさんの時間はかかりません。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

チューブ生姜で作る生姜湯の注意点

生姜湯は体に良いのでたくさん飲みたいと考えるかもしれませんが飲み過ぎは体に毒になってしまいます。

また体が熱を持っているときにも生姜湯は控えるのが正解です。

それぞれの注意点について詳細を見ていきましょう。

生姜の摂取量は1日に10gまで

生姜の摂取量の目安は1日に10gまでです。

またもともと胃が弱いなど刺激が苦手な方の場合には、10gよりも少ない分量にしておいた方が良いでしょう。

生姜湯の飲み過ぎは胃痛につながる可能性がある

生姜は刺激が強い食材なので、生姜湯を飲み過ぎると胃痛になる可能性があります。

特に空腹時に生姜湯を飲むとからっぽの胃にダイレクトに刺激となる成分が届くため、胃痛になりやすい傾向があります。

胃痛にならないように生姜湯を飲むためには、飲む分量を加減しなければいけませんし、タイミングも食前よりは食後にした方が良いでしょう。

生の生姜を食べ過ぎると自己免疫疾患になる恐れあり

また生姜を生で食べる場合には、食べ過ぎると自己免疫疾患になってしまうことがあります。

自己免疫疾患というのは免疫の働きが自分の細胞を攻撃することで引き起こされるものです。

本来は攻撃されるはずの無い自分の細胞が免疫によって攻撃されてしまうのは、免疫力が高くなり過ぎているために起こります。

生の生姜には白血球を増加させる働きがあるので、食べ過ぎると自己免疫疾患に発展する可能性があるというわけです。

ただしチューブ生姜は有効成分が少なめなので多少多めにしても

生姜は少量でも体に様々な影響を与える食材です。

そのため生姜湯の飲み過ぎには注意しなければいけません。

しかしチューブ生姜を使う場合には、同じ3gの生姜で生姜湯を作っても生の生姜より有効成分が少なくなりますから、多少生姜の量を増やしても良いでしょう。

ただし生姜のとり過ぎによる悪影響はチューブ生姜でも同じなので、体調をよく確認しながら飲むのが原則です。

体が熱を持っているときには生姜湯は控える

生姜は様々な体調不良に良い影響を与えますが、熱を持っているときには悪影響になってしまいますので生姜湯を控えなければいけません。

39度以上の熱があるときは生姜湯は悪影響

まず生姜湯を控えるべきなのは39度以上の高熱があるときです。

生姜には体を温める働きがありますが、高熱のときに更に体を温めてしまうと熱が上がり過ぎてしまったり、下げるべきタイミングできちんと熱が下がらないということが起こります。

生姜が含まれている風邪の漢方薬である葛根湯も、飲むのは風邪の初期のみで、熱が充分に上がって汗をかき始めたら飲むのをやめます。

生姜も同じことが言えますので、高熱のときには生姜湯を飲まないようにしましょう。

乾燥肌も熱の症状だから生姜湯は飲まない方が良い

乾燥肌も体が熱を持っている証拠です。

そのため乾燥肌が気になる場合には生姜湯を飲まないようにしたり、分量を大幅に減らすのが良いでしょう。

熱があるときには体を冷やす食材を取り入れましょう

体が熱を持っているときには、生姜など体を温める食材ではなく体を冷やす食材を食べたり飲んだりしましょう。

体を冷やす食材の一例を紹介します。

  • スイカ
  • トマト
  • きゅうり
  • 緑茶
  • 麦茶

その他の食材を体を冷やすものか温めるものか判断する基準は、色の濃淡と原産地・発酵食品かどうかです。

体を冷やす食材の判断の目安は下記の通りですので参考にしてください。

  • 色が薄い食材
  • 原産地が温かい地域の食材
  • 発酵食品ではない食材

生姜湯を作るならチューブ生姜が便利!マイナス面を知って賢く使いましょう

生姜湯作りにはチューブ生姜が便利です。

チューブ生姜を使った場合でも生姜湯の効果に違いはありません。

そのため、

  • 加熱した生姜で作った生姜湯はショウガオール豊富でダイエットや冷え対策向き
  • 生の生姜で作った生姜湯はジンゲロール豊富で風邪対策向き

という性質を知っていれば、シーンに合わせて効果的な生姜湯を作ることができます。

ただしチューブ生姜には、

  • 添加物が含まれている
  • ジンゲロールの含有量が少ない
  • 味や香りに劣る

というマイナス点があることを知っておきましょう。

こうしたマイナス点を知って納得した上でチューブ生姜を使うようにすれば、チューブ生姜で作る生姜湯の手軽さを存分に活かしていくことができるでしょう。

生姜湯をチューブ生姜で作ることでもっと手軽に生姜湯を毎日の習慣に取り入れてみてください。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 妊活に睡眠が重要なワケとは?睡眠のための生活習慣や睡眠薬の影響についても解説します!

  • 妊活と年齢の関係は?妊活を始める年齢、男性の妊活と年齢の関係、についても解説します!

  • 妊活でやることとは?妊活中の過ごし方、検査や治療についてはもちろん、低温期や2人目不妊でやることも解説!

  • 妊活中の生理期間はどう過ごす?落ち込んでしまうときの対処法や着床出血との違いも解説!

関連記事

  • 妊婦が生姜湯で得られる効果が凄い!

  • 生姜紅茶のダイエット効果が凄い!そのやり方や方法とは?

  • 生姜葛湯は健康効果が抜群!その効能の全てと作り方もご紹介します!

  • 生姜湯の効能の全てと上手に活かす作り方と飲み方について

  • はちみつ生姜湯はダイエットや風邪に効果的!作り方や注意点

  • 生姜湯は喉への効果が抜群!喉の痛みや風邪を生姜湯で撃退!