1. TOP
  2. 生姜湯
  3. 生姜湯の作り方を徹底解説!基本・アレンジ・簡単レシピ全てお伝えします
Sponsored Link

生姜湯の作り方を徹底解説!基本・アレンジ・簡単レシピ全てお伝えします

生姜湯   4,184 Views

生姜湯の作り方はシンプルで簡単ですから、誰でもすぐに作ることができます。

生姜をカップに入れてお湯を注げばできあがりです。

ただしより効果的な生姜湯を作るためには、生姜の成分についての性質を知り、期待する効果によって作り方を変える必要があります。

ダイエットのための生姜湯の作り方であれば加熱した生姜を使うのが良いですし、風邪予防のための生姜湯の作り方であれば生の生姜を使うのが向いているという具合です。

またより手軽に生姜湯を飲みたいという場合には、チューブ入りの生姜を利用したり生姜シロップで生姜湯を作るという方法もあります。

食材をプラスすることで生姜湯のアレンジを楽しむこともできますので、毎日飽きることなく続けることができるでしょう。

ここではなぜ作り方によって生姜湯に期待される効果が変わるのか、効果的でおいしい生姜湯の作り方、簡単な生姜湯の作り方、生姜湯のアレンジ、生姜湯を飲むときの注意点について解説します。

生姜湯の作り方についてポイントを押さえて、健康や美容のために生姜湯を有効活用できるようになりましょう。

Contents

生姜湯の作り方

生姜湯の作り方は簡単です。

すりおろしたりスライスしたりした生姜をカップに入れてお湯を注げば完成です。

それだけでも生姜湯は体に良い働きをしてくれますが、より効果的に期待した効果が実感できるようにするためには、生姜湯の作り方のポイントを押さえて飲むシーンによって作り方を変えることが大切です。

生姜湯の作り方のポイントを押さえれば効果的な生姜湯を作れるようになります。

生姜湯は作り方で効果が違う

生姜湯は作り方によって期待できる効果が違ってきます。

生の生姜に多く含まれる有効成分のジンゲロールは加熱することでショウガオールやジンゲロンに変化しますが、その影響で生姜湯は作り方によって効果が違ってくるのです。

ではそれぞれの有効成分はどのような効果が期待でき、どのような作り方で多く摂取することができるのでしょうか。

解説します。

生の生姜に含まれるジンゲロールは殺菌作用が特徴

生の生姜に含まれている有効成分はジンゲロールといいます。

ジンゲロールには、

  • 殺菌作用
  • 白血球を増加させて免疫力を高める
  • 体の表面を温めて発汗を促し体を冷やす
  • 抗酸化作用
  • コレステロール値を低下させる
  • 吐き気を抑える

といった働きがあることが分かっています。

中でも殺菌作用は昔からよく利用されている働きで、お刺身など生ものに薬味として生姜が添えられているのは生姜の殺菌作用を利用した食中毒の予防を兼ねていますし、風邪のひき始めに生姜湯を飲むことは喉や口腔内の風邪ウィルスを退治することに役立ちます。

加熱した生姜に含まれるショウガオールは体を芯からあたためる

生姜を加熱するとジンゲロールはショウガオールに変化します。

そしてショウガオールは体を芯から温める働きで、冷えを解消したりダイエットを成功へ導いたりしてくれるのです。

ショウガオールによって体がしっかりと温まると代謝が高まります。

代謝が高まると何もしていないときに消費するカロリーが増えますし、同じ運動をしてもより多くカロリーを消費できるようになります。

そのため単に運動したり食事制限をしたりするよりも効率的にダイエットができるというわけです。

しかもショウガオールには腸内で余分な脂肪が吸収されるのを抑える働きがあることも分かっていますので、痩せやすく太りにくい体作りをするのに必須の成分と言えます。

加熱した生姜に含まれるジンゲロンは血流を良くしてくれる

ショウガオールと同じように生姜を加熱すると増加する成分にジンゲロンがあります。

ジンゲロンの1番の特徴は血管を拡張する働きがあることです。

血管が拡張されると手足の末端にある毛細血管にまできちんと血液が送られることになります。

すると心臓から送り出された温かい血液が体の隅々までめぐるので、これまで冷えていた部分が温かくなり冷えが改善するのです。

これまでひんやりしていた場所が温まるということは、その部分についていた余分な脂肪が落ちやすくなるということにつながりますので、ジンゲロンもダイエットの際にはぜひ活用したい成分と言えます。

生姜湯の作り方は期待する効果によって変えるのが正解

このように生姜湯で摂取できる生姜の有効成分にはそれぞれ違う効果があります。

しかもジンゲロールは生のときに最も多く摂取でき、ショウガオールとジンゲロンは加熱したときに最も多く摂取できるというように、それぞれの成分が多くなる温度が違いますので、生姜湯の作り方を変えることで欲しい効果を思い通りに得られるのです。

そのため生姜湯を作るときには何のために飲むのかを明確にして、それに合わせた作り方をするのが良いでしょう。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

加熱した生姜を使った生姜湯の作り方

加熱した生姜に多く含まれるショウガオールやジンゲロンを摂取する場合には、乾燥生姜を使ったり電子レンジで生姜を温めてから生姜湯を作ったりします。

まず乾燥生姜の作り方を紹介します。

  1. よく洗った生姜を皮のままスライスする
  2. 蒸し器に重ならないように並べて約30分間甘いにおいがしてくるまで蒸す
    ※蒸し器が無い場合にはシリコンスチーマーを使って電子レンジで約15分加熱する
  3. 蒸しあがった生姜を干して乾燥させる(天日でも室内でも可能)
  4. 乾燥した生姜をフードプロセッサーで粉末にして容器に入れ常温で保存する

こうして乾燥生姜の粉末を作ったら、それをカップに入れてお湯を注ぐことで簡単にショウガオールとジンゲロンがたっぷり含まれた生姜湯を作れます。

乾燥生姜を作るのが手間だという場合には、電子レンジを使って生姜を温めて生姜湯を作ることもできます。

  1. カップに生姜とお湯を入れる
  2. 電子レンジで温める(500wなら4分間、750wなら3分間が目安)

生姜湯を飲むたびに加熱しなければいけない方法ではありますが、電子レンジでそのときに必要な分だけ簡単に加熱できるので便利です。

加熱した生姜は冷え対策やダイエットにぴったり

加熱した生姜には体を温めることに役立つショウガオールとジンゲロンがたっぷり含まれていますので、ダイエットのときに欠かせないといっても過言ではありません。

また辛い冷え性の場合にも、加熱した生姜で作る生姜湯を飲めば改善していく可能性があります。

冷えを改善するから免疫力を高める効果もある

また冷えを改善するということは単にダイエットの成果が出やすくなるというだけでなく、免疫力を高めることにもつながります。

免疫力が高くなれば病気に感染しづらくなりますので、風邪やインフルエンザの予防にも役立つと言えるでしょう。

夜眠る前の1杯にすれば寝つきもよくなる

加熱した生姜で作る生姜湯は体をぽかぽかの状態にして様々な不調やダイエットの悩みを解消していきます。

そのため具合が悪くなったときに飲むというよりは、常日頃から習慣として飲むのに向いていると言えるでしょう。

特に夜眠る前に飲むことを習慣づければ、寝つきが良くなり良質な睡眠をとることができます。

質の高い睡眠をとることを通しても、痩せやすい体作りや風邪などにかかりづらい丈夫な体作りができるというわけです。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生の生姜を使った生姜湯の作り方

生の生姜にはジンゲロールという殺菌作用や抗炎症作用が特徴の成分が多く含まれています。

そのため生姜湯を風邪対策に飲みたいという場合には、生姜をできるだけ加熱しない作り方で生姜湯を作ることが重要です。

そのためのポイントは生姜湯を作るときのお湯の温度を60度より低くすることです。

ジンゲロールは30度を超えるとショウガオールに変化していき、60度で半々くらいの分量になることが分かっています。

そのためジンゲロールを多くとりたいと思ったら、60度より低い温度のお湯を使う必要があるのです。

生の生姜を使った生姜湯の作り方を紹介します。

  1. カップにおろしたての生の生姜を入れる
  2. 60度より低い温度のお湯をカップに注ぐ

ジンゲロールをたっぷり摂取するためにはおろしたての生姜を使うというのもポイントになってきます。

ジンゲロールは生姜の断面から酸化してどんどん失われていってしまいますので、同じ量の生姜で生姜湯を作ったとしても、すりおろしてから時間が経過している生姜はジンゲロールの量が少なくなってしまうのです。

そのためジンゲロールたっぷりの生姜湯を作るときには、

  • お湯の温度は60度より低くする
  • 生姜はおろしたてを使う

という点を押さえておきましょう。

生の生姜は殺菌作用があるから風邪のひき始めにおすすめ

生の生姜で作るジンゲロールたっぷりの生姜湯は、特に風邪のひき始めに有効です。

ジンゲロールには殺菌作用があるので、生の生姜で作った生姜湯を飲むと体内に侵入してきた風邪ウィルスを退治するのに役立ちます。

特に風邪のひき始めには有効ですので、喉の調子がおかしいなと感じたときには生の生姜とぬるめのお湯で作った生姜湯を飲んでみましょう。

生の生姜の抗炎症作用は喉の痛みなど炎症を鎮めてくれる

また生の生姜には抗炎症作用があることも分かっています。

そのため喉の痛みを和らげて改善していってくれたり、アレルギーやアトピーなどが原因の炎症でかゆみが出てしまった部分が改善したりすることが期待できます。

白血球を増やして免疫力を高めてくれるから日常的な体調管理にも最適

更に生の生姜には白血球を増やす働きがあることも分かっています。

白血球は免疫細胞ですので、外部から入ってきた細菌やウィルスを感知し退治してくれます。

そのため生の生姜を適量とることは免疫力を高めるためにも効果的というわけです。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜湯をよりおしいく効果的に作るための生姜のおろし方

生姜湯をおいしく作るためには生姜のおろし方のコツを知っておかなければいけません。

何も考えずに我流で生姜をおろしてしまうと、食感が悪く栄養も少なくなってしまう恐れがあるからです。

おいしく効果的な生姜湯を作るためにも、生姜のおろし方のコツをぜひ知っておきましょう。

生姜は皮付きのまま使う

生姜を使うときに皮をむいて使う人も多いですが、生姜の有効成分を多く取り入れる目的で生姜湯を飲むのであれば生姜は皮付きのまま使用するのが1番です。

生姜の有効成分は皮の近くに多く含まれているので皮をむいてしまうと有効成分を捨てることになってしまいます。

そのため皮付きで使うのがベストなのです。

もしも皮をむく場合であっても包丁の背で軽くこそげ落とす程度にしておきましょう。

生姜をおろすときには生姜の皮の横線と平行にすりおろす

生姜湯を飲むときに生姜の繊維がごろごろとしてしまい気になる、ということがありますが、これをなくすためには生姜をすりおろすときに生姜の横線と平行にすりおろすというのがコツです。

生姜の皮の横線に対し垂直にすりおろしてしまうと、生姜の繊維を分断することができないので生姜湯にしたときに口の中に繊維が残ってしまいます。

横線と平行にすりおろすことで生姜の繊維が分断されるので、飲むときのごろごろ感が軽減され飲みやすくなります。

生姜をすりおろして使うなら飲む直前にすりおろすのがベスト

生姜はまとめてすりおろすこともできますが、有効成分をできるだけ多く摂取しようと思うなら生姜湯を飲む直前にすりおろすのがおすすめです。

すりおろしてから時間がたった生姜は酸化して成分が失われてしまいます。

新鮮なおろし生姜の方がたくさんの栄養を含んでいますので、1回分ずつ生姜湯を飲む直前にすりおろすようにしましょう。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

面倒くさがり屋のための生姜湯の作り方

生姜湯を作りたいけれど、生姜をすりおろしたり乾燥生姜を作るのが面倒という場合には、チューブ入りの生姜や生姜シロップを利用すると便利です。

これらを利用すればいつでも手軽に生姜湯を作ることができます。

面倒くさがりで、生姜湯を飲みたいけれど続けるのが大変そうと感じている人でも、チューブ生姜や生姜シロップを上手に活用すれば生姜湯を継続することができるでしょう。

チューブ入りの生姜を使った生姜湯の作り方

チューブ入りの生姜で生姜湯を作る方法をお伝えします。

生姜を加熱して作る生姜湯であれば、

  1. チューブ入りの生姜をカップへしぼり入れる
  2. カップに水を注ぐ
  3. 電子レンジで加熱する(500wなら4分間、750wなら3分間が目安)

生の生姜で作る生姜湯であれば、

  1. チューブ入りの生姜をカップへしぼり入れる
  2. 60度より低い温度のお湯を注ぐ

とどちらも生姜湯作りの手間が少なく手軽に作りやすい方法です。

チューブ入りの生姜は便利で手軽に生姜湯が作れるお助けアイテム

チューブ入りの生姜は自分で生姜をすりおろすのと比較すると便利さと手軽さが格段に高いです。

すりおろす手間がなくチューブをしぼるだけで生姜の用意ができますし、チューブで持ち運びに便利なので職場などでも生姜湯を飲むことができます。

生姜湯を飲むたびに生姜をすりおろしたり、生姜を買ってきて乾燥生姜を作るのが面倒という場合に活用するのが良いでしょう。

チューブ入り生姜の注意点は添加物が含まれていること

便利で手軽なチューブ入り生姜ですが、生姜以外の添加物が含まれていることには注意が必要です。

チューブ入り生姜に含まれている添加物には以下のようなものがあります。

  • 馬鈴薯でんぷん
  • 醸造酢
  • 発酵調味料
  • 環状オリゴ糖
  • 酒精
  • 酸化防止剤
  • 増粘剤(キサンタン)
  • 香料
  • 調味料

これは一例ですのでメーカーによってはこれ以外にも添加物が含まれていることがあるかもしれませんし、もっと少ない種類の添加物しか入っていないものもあるかもしれません。

しかし一般的にスーパーなどで販売されているチューブ入り生姜には、生姜以外にこうした添加物が含まれていることが一般的なのです。

そのため添加物を気にする場合にはチューブ入り生姜の使用はシーンを限定するのが良いでしょう。

例えば日中に職場で生姜湯を飲むときにはチューブ入り生姜を利用するようにして、自宅で飲むときには生の生姜をすりおろすというように使い分けすれば、添加物を取り過ぎることを防ぎつつチューブ入り生姜の便利さも活かすことができます。

おろしたての生姜と比較して風味が劣るのもチューブ入り生姜の弱点

チューブ入り生姜は便利さでは圧倒的に生の生姜よりも勝っていますが、風味に関しては比べ物にならないくらいおろしたての生姜の方がおいしいです。

そのためおいしい生姜湯を飲みたいという希望を叶えるのにチューブ入り生姜は向いていません。

ただしチューブ入り生姜の風味は自分ですりおろした生姜よりも劣るということを知って、それを承知の上で利用するのであれば良いでしょう。

チューブ入り生姜は忙しいときや職場などで上手に活用するのが便利

チューブ入り生姜は便利で手軽な点で優れていますが、添加物が含まれていることや風味が劣るということを考えると毎回使うのに向いているとはいえません。

チューブ入り生姜を使うのは急いでいるときや、職場など自宅以外で生姜湯を飲むときに限定すると、チューブ入り生姜の良さを活かしながら弱点を最小限に抑えて利用することができます。

市販の生姜シロップを使った生姜湯の作り方

市販の生姜シロップを使うと甘くて飲みやすい生姜湯を作ることができるので、生姜湯は初めてという人でも飲みやすいでしょう。

しかもカップに生姜シロップとお湯を入れるだけで生姜湯が完成するので、作り方もとても簡単です。

生姜シロップなら生姜湯以外にもアレンジしやすい

生姜シロップの優れているところはそのアレンジのしやすさです。

お湯を加えることで生姜湯にするだけでなく、

  • ヨーグルトにかける
  • アイスクリームにかける
  • パンケーキなどのシロップとして使う

といった具合にアレンジすることができます。

そのため毎日の暮らしの中でおいしく簡単に生姜を取り入れることができるのです。

生姜シロップは糖分に要注意

生姜シロップは甘くておいしいですが、その分糖分の取り過ぎに注意しなければいけません。

生姜が入っているから健康に良いと多量に使い過ぎてしまうと、糖分を多く摂取することになりカロリーオーバーしてしまったり、使われている糖分が白砂糖の場合には体を冷やしてしまう可能性もあります。

そのため生姜シロップの生姜湯は、甘さが欲しいおやつのタイミングで飲むなどという具合に取り入れるのが良いでしょう。

お湯に溶かすタイプの生姜湯も便利

市販されている生姜湯の中には、粉末になっていてお湯に溶かすだけのタイプもあります。

生姜湯を手軽に取り入れたい場合にはこうしたタイプも便利です。

お湯に溶かすタイプの生姜湯は選ぶ際に成分表示をよく見てから購入するようにしましょう。

市販されている生姜湯には砂糖が多く含まれているものもありますし、様々な種類の添加物が含まれているものもあるからです。

健康や美容のために生姜湯を始めたいと思っているのであれば、できるだけシンプルな生姜湯を選ぶのが正解です。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

アレンジ生姜湯の作り方で毎日飽きずに生姜湯を続けましょう

生姜湯は生姜とお湯だけで作るシンプルな飲み物ですが、それだけだと味気なさ過ぎて飲みづらいと感じる場合があります。

また毎日同じ生姜湯ばかりだと飽きてしまうから違う味で飲みたいと思うこともあるでしょう。

そんなときに取り入れたいのが生姜湯のアレンジです。

シンプルな生姜湯だからこそ様々な食材と合わせることでアレンジを楽しむことができますし、生姜湯のみで飲むよりも高い効果を期待できるようになる組み合わせもあります。

はちみつ生姜湯は喉にやさしい

生姜湯にはちみつを加えれば簡単にはちみつ生姜湯のできあがりです。

はちみつの自然な甘さが加わるので飲みやすく、初めての生姜湯にもおすすめです。

しかもはちみつが加わることで喉をやさしくケアしてくれるようになります。

はちみつは薬と同程度の咳止め効果がある

はちみつが喉にやさしいことは生活の知恵として知っている人が多いですが、それは単なる民間療法ではありません。

実際にはちみつの効果について研究している大学の研究グループの発表によると、はちみつの咳止め効果は子供用の咳止め薬以上だったというのです。

はちみつには殺菌作用がありますし喉の乾燥を防ぐ働きもあります。

そのためはちみつは喉にやさしいのです。

はちみつの効果を活かすには生姜湯が60度以下になってから加える

はちみつは喉にやさしい食材ですが、その働きを存分に発揮させるためには60度以下にぬるくなった生姜湯にはちみつを加えるようにしなければいけません。

それよりも熱い生姜湯にはちみつを加えてしまうと、せっかくの栄養が熱によって失われてしまうからです。

熱々の生姜湯を飲みたいという場合でも、はちみつを加えるときには少し我慢してぬるめで飲むようにしましょう。

はちみつは純粋はちみつを選びましょう

またはちみつは選び方も大切です。

はちみつに含まれる栄養を存分にとりたいのであれば、純粋はちみつと表示されている商品を選ぶようにしましょう。

売られているはちみつには3種類あるのですが、純粋はちみつ以外の加糖はちみつ・精製はちみつは、はちみつが本来持っている栄養がほとんど含まれていない可能性があるからです。

はちみつ生姜湯については『はちみつ生姜湯はダイエットや風邪に効果的!作り方や注意点』も参考にご覧ください。

黒糖生姜湯でほっこり甘く体を温める

生姜湯に黒糖を加えるとコクと甘味がおいしい黒糖生姜湯のできあがりです。

黒糖は同じ砂糖でも白砂糖とは違い体を温めてくれます。

そのため生姜湯の体を温める働きをサポートしながら甘味をプラスすることができる食材です。

ミネラル分も豊富に含まれていますので、糖分と栄養を補給したい仕事や勉強の合間などにおすすめです。

レモン生姜湯でビタミンCをたっぷり補給

生姜湯にレモン果汁を加えると、爽やかな酸味が広がるレモン生姜湯のできあがりです。

レモン果汁にはビタミンCがたっぷり含まれていますので、風邪のひき始めに飲むのに良いでしょう。

ビタミンCをより多く取り入れるためには、絞りたてのレモン果汁を加えるのが最適です。

ミルク生姜湯はお休み前にぴったり

生姜湯のお湯の分量を少なくしてたっぷりの温めた牛乳を加えるとミルク生姜湯のできあがりです。

牛乳の自然の甘さと生姜湯は相性が良いですし、生姜のピリッとした辛味が抑えられますので、生姜が苦手な人でも飲みやすい味わいになります。

ミルク生姜湯は特に眠る前に最適のアレンジです。

体を温める生姜湯の働きと、トリプトファンなど質の良い睡眠に欠かせない栄養を含む牛乳が合わさっていますので、ミルク生姜湯を飲めばぐっすり心地よく眠れることが期待できます。

生姜葛湯は風邪予防にもダイエット中のおやつにも最適

生姜湯と葛湯を合わせた生姜葛湯は風邪予防など体調管理やダイエットに役立ちます。

とろりとした食感の生姜葛湯を作るためには、まずは葛と水を合わせて火にかけて透明感が出るまで練り上げます。

葛がとろりとして透明になったら生姜を加えれば生姜葛湯のできあがりです。

とろみがつくので飲み物というよりはおかゆなど食べ物寄りの印象になりますので、小腹が減ったときなどに活用しても良いでしょう。

生姜ココアは便秘解消に役立ちます

生姜湯にココアを加えるとテレビでも紹介された生姜ココアのできあがりです。

生姜ココアも通常の生姜湯同様に体が温まりますが、それ以上に期待できるのが便秘解消の働きです。

便秘の原因の1つに腸がむくんでいることがあげられるのですが、生姜ココアはむくんだ腸をむくみの無いすっきりとした状態に導くことで便秘を解消してくれるというのです。

便秘が解消されるのでお腹周りのぽっこりも当然目立たなくなっていきます。

生姜ココアのために選ぶべきなのはピュアココア

ココアには様々な種類が販売されていますが、腸のむくみを取る働きを期待するのであればピュアココア(純ココア)を選ばなければいけません。

そうでないココアの場合には砂糖はもちろん様々な添加物が含まれていますし、腸のむくみを解消するための成分が充分には含まれていないからです。

ピュアココアは甘くなく苦味があるのでそのままでは飲みづらく感じるかもしれませんが、その場合にははちみつを1さじ加えてチャレンジしてみてください。

純ココアについては『純ココアの効果が凄い!』もぜひご覧ください。

生姜紅茶はダイエットのための定番ドリンク

紅茶に生姜を加えて作る生姜紅茶も生姜入りドリンクの中で人気の定番アレンジです。

特に冷えを解消してダイエットしたいという場合にはぜひ取り入れたい飲み物と言えるでしょう。

生姜紅茶の働きを最大限に活かすためには、紅茶をきちんといれることが重要です。

生姜紅茶にぴったり!紅茶のおいしくて効果的ないれかた

生姜紅茶の働きを最大限に引き出すためには紅茶の有効成分をたくさん抽出させる必要があります。

そのために大切なことは、

  • 熱湯を使うこと
  • しっかり蒸らすこと

の2点です。

これを踏まえて紅茶を茶葉でいれる場合の手順は下記の通りです。

  1. ポットにお湯を入れて温めておく
  2. ポットのお湯を捨てて茶葉を3g入れる
  3. 沸かしたての熱湯を注ぐ
  4. 3分間蒸らす
  5. カップに最後の一滴まで紅茶を注ぐ

またカップとテイーバッグで入れる場合の手順は下記の通りです。

  1. カップにお湯を入れて温めておく
  2. カップのお湯を捨てて沸かしたての熱湯を注ぐ
  3. ティーバッグを入れて1分間蒸らす
  4. ティーバッグをそっとカップから取り出す(スプーンなどでぎゅうぎゅう押したりしない)

この手順を参考に紅茶をいれれば、紅茶の有効成分が充分に抽出されてかつおいしい紅茶がいれられます。

ここに生姜をくわえればおいしい生姜紅茶のできあがりです。

生姜紅茶については『生姜紅茶の効果はダイエットをはじめとして多数あります!』もご覧ください。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜湯の健康効果

生姜湯は健康に良いということが昔から言われていますが、具体的にはどのような働きをしてくれるのでしょうか。

生姜湯の健康効果について代表的なものを紹介します。

風邪やインフルエンザの予防・対策に良い

生姜湯は風邪やインフルエンザの予防にもかかってしまった後の対策にも効果を発揮してくれます。

日常的には体を温める生姜湯を飲んで免疫力を高め、風邪などにかかってしまったなと思ったら殺菌作用のある生姜湯で体内に侵入したウィルス対策をするのです。

また生姜には抗炎症作用もありますので、風邪のつらい症状の1つである喉の痛みなどを和らげてくれる働きも期待できます。

生姜湯と風邪の関係について詳しくは『生姜湯は風邪への効果が抜群!予防や対策するときの正しい方法』をご覧ください。

冷え性対策ができる

生姜湯は体を温める働きがありますので冷え性対策をすることができます。

加熱した生姜に多く含まれるショウガオールは体を芯から温めてくれますし、ジンゲロンは血管を拡張して血流を促進してくれるので、手足の先までしっかりと温めてくれるというわけです。

脂肪の吸収を抑える働きと燃焼を促進する働きで痩せやすい体質になる

生姜湯はダイエットに良いと言われていますが、その理由は冷えを取り除く以外にもあります。

生姜湯は脂肪の吸収を抑え燃焼するのを促進する働きがありますので、脂肪がつきにくく痩せやすい状態が作れるというわけです。

生姜湯で行うダイエットについては『生姜湯のダイエット効果が凄い!』もご覧ください。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

抗酸化作用によるアンチエイジング・がん予防・免疫力の向上などが期待できる

生姜湯には抗酸化作用があります。

抗酸化作用というのは簡単に言うと体をサビさせる元である活性酸素を取り除く働きです。

活性酸素はがんやアトピー性皮膚炎など様々な病気の原因になることが分かっていますし、細胞をサビさせることで美容にも悪影響を及ぼすことが分かっています。

そうした活性酸素を生姜湯で取り除くことができますので、生姜湯はがんなどの病気予防やアンチエイジングにも役立つと言えるのです。

抗炎症作用があるので炎症を鎮めて痛みを抑えてくれる

生姜湯には抗炎症作用もあります。

炎症を引き起こす物質が作られるのを邪魔する働きが生姜にあるので、その結果炎症が治っていくというわけです。

そのため喉の痛みなどにも効果を発揮してくれます。

お休み前の生姜湯は質の良い睡眠のために役立つ

生姜湯は深く質の高い睡眠のためにも役立ちます。

よく眠るためには眠りに就く前に体が温まっていることが重要です。

生姜湯を眠る前に飲むとしっかりと体が温まった状態になるので、ぐっすりと眠れるというわけです。

ただし飲みすぎは逆に眠りを妨げる原因になりますので、眠る前の生姜湯は1杯までにとどめておくようにしましょう。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜湯は飲み過ぎると逆効果!適切な分量を飲みましょう

生姜湯は健康やダイエットに良い働きが期待できるので、できるだけたくさん摂取したいと考える人もいるでしょう。

しかし単純にたくさんとれば良い働きが得られるというわけではありません。

生姜湯はたくさん飲み過ぎると逆効果になってしまいますので、上限を守って適切な分量だけ飲むことが重要なのです。

生姜の1日の摂取量は10gまでが目安

生姜の1日の摂取量は10gが目安です。

これを超えない範囲で自分に最適な分量を見つけて飲むようにしましょう。

生姜湯の飲み過ぎによって起こる悪影響

生姜湯を飲み過ぎると体調を悪くしてしまう可能性があります。

具体的にどのような影響が考えられるのか解説します。

生姜は刺激が強いから胃痛になる恐れがある

まず最初にあげられるのは胃痛になる恐れがあることです。

生姜は刺激が強い食材なので、生姜湯を飲み過ぎてしまうと胃が痛くなってしまうことがあります。

特に元々胃が弱いという人は生姜湯を飲む分量に注意しましょう。

生の生姜の食べ過ぎは自己免疫疾患を引き起こす可能性が指摘されている

生の生姜は白血球を増やす働きがあり免疫力を向上させてくれます。

しかし食べ過ぎてしまうと免疫力を異常に高めてしまい、問題無い自分の細胞を攻撃し出す自己免疫疾患になってしまう可能性があるのです。

自己免疫疾患には、関節リウマチ・全身性エリテマトーデス・抗リン脂質抗体症候群などがあります。

妊婦のつわりにも生姜は良いけれど飲み過ぎは流産の可能性も

生姜は吐き気を軽減してくれるため妊婦のつわりをラクにする働きもあります。

しかしだからといって妊婦が生姜湯を飲み過ぎてしまうと、最悪の場合流産になってしまう可能性もゼロではありません。

なぜなら生姜のとり過ぎはお腹の張りを引き起こす可能性があると言われていて、それがきっかけとなり流産を誘発する可能性がゼロとは言えないからです。

そのため特に妊婦の場合には生姜湯を飲み過ぎないことに注意してください。

生姜は体に強力に作用するから少量でも充分効果的

生姜はとても強く体に作用します。

普通の食材として日常的に使っているものではありますが、古くから薬として様々な漢方薬に含まれているものでもあります。

そのため少量取り入れただけでも充分にその効果を実感することができますので、生姜湯の飲み過ぎに注意しながら自分にとって最適な分量を見つけていってください。

生姜湯の作り方は簡単シンプル!コツを押さえれば誰でもおいしく効果的に作れます

生姜湯の作り方はいたってシンプルです。

材料も基本の生姜湯であれば生姜とお湯だけですので、誰でもすぐに作ることができます。

しかしその効果を存分に活かしたいのであれば、生姜の加熱によって含まれる成分に違いが出ることを理解し、その違いを使いこなしていかなければいけません。

とはいっても基本として覚えておく生姜湯の作り方は2つだけです。

冷え対策をしてダイエットなどに役立てたい場合には、加熱した生姜を使った生姜湯の作り方がベストです。

  1. カップに乾燥生姜を入れる
  2. お湯をカップに注ぐ

風邪対策のために生姜湯を取り入れたいというような場合には、生の生姜を使った生姜湯の作り方が良いでしょう。

  1. カップにすりおろした生姜を入れる
  2. 60度以下に冷ましたお湯をカップに入れる

この2つの生姜湯の作り方を知っていれば、いつでも自分にとってベストな生姜湯を作ることができます。

またより手軽に生姜湯を飲みたいという場合には、チューブ入りの生姜や市販の生姜シロップを利用するのでも良いでしょう。

またシンプルな生姜湯はアレンジ次第で様々な味を楽しむことができますので、様々な食材をプラスしてアレンジを楽しみながら続けてみてください。

生姜湯の作り方をマスターして健康や美容に存分に活用していきましょう。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 妊活に睡眠が重要なワケとは?睡眠のための生活習慣や睡眠薬の影響についても解説します!

  • 妊活と年齢の関係は?妊活を始める年齢、男性の妊活と年齢の関係、についても解説します!

  • 妊活でやることとは?妊活中の過ごし方、検査や治療についてはもちろん、低温期や2人目不妊でやることも解説!

  • 妊活中の生理期間はどう過ごす?落ち込んでしまうときの対処法や着床出血との違いも解説!

関連記事

  • 妊婦が生姜湯で得られる効果が凄い!

  • 生姜葛湯は健康効果が抜群!その効能の全てと作り方もご紹介します!

  • 生姜はちみつドリンクは簡単・おいしい・効果的!

  • 生姜湯は喉への効果が抜群!喉の痛みや風邪を生姜湯で撃退!

  • 生姜紅茶のダイエット効果が凄い!そのやり方や方法とは?

  • 生姜湯は風邪への効果が抜群!予防や対策するときの正しい方法