1. TOP
  2. 生姜湯
  3. 生姜湯は喉への効果が抜群!喉の痛みや風邪を生姜湯で撃退!
Sponsored Link

生姜湯は喉への効果が抜群!喉の痛みや風邪を生姜湯で撃退!

生姜湯   12,872 Views

生姜湯は喉が痛いときの対策にぴったりの飲み物です。

なぜなら生姜湯には、

  • 抗炎症作用
  • 殺菌作用
  • 免疫力を高める働き

があるからです。

昔から生姜湯は喉に良いと言われていますが、その理由は上記のように科学的にも証明されています。

ここでは喉に良い生姜湯について、喉に良い理由・効果的な生姜湯の作り方と飲み方・生姜湯を飲む際の注意点について解説しています。

生姜湯を喉の痛みに役立てる全てをお伝えいたします。

Contents

生姜湯が喉に良い理由

生姜湯が喉に良いというのは昔から言われていますし、経験的に喉が痛み始めたら生姜湯を飲むと治るということを実感している人も大勢いるでしょう。

ではなぜ生姜湯は喉に良いのでしょうか?

生姜湯が喉の痛みに効果的な理由を科学的に明らかになっている部分から解説します。

喉が痛くなる理由

生姜湯が喉の痛みに良い理由を解説するために、まずは喉が痛くなる原因について解説します。

喉の痛みは喉に炎症が起こることで感じる症状です。

炎症の原因は様々ありますが、特に多いのは風邪ウィルスが侵入することによってその免疫反応が出て炎症が発生しているというケースです。

風邪の初期症状としての喉の痛みと言いかえることができます。

また他の理由として、花粉症の季節であれば花粉による鼻の炎症が喉にまで広がった結果、というケースもあります。

他には、

  • 空気の乾燥
  • アルコールやタバコ
  • 口内炎
  • ドライマウス
  • 咽頭炎

なども喉の痛みの原因です。

生姜湯には抗炎症作用があるから喉の痛みに効果的

喉の痛みの原因には様々なものがありますが、結果として炎症が起こることで喉が痛くなっているということは全てに共通しています。

生姜湯には抗炎症作用があることが分かっていますので、炎症によって引き起こされる喉の痛みを和らげるのにとても効果的です。

炎症が引き起こされる際に鍵となる物質にプロスタグランジンというホルモンに似た働きをする物質があります。

風邪のウィルスやアレルゲンが侵入するなど外側からの刺激を受けると、アラキドン酸という物質がプロスタグランジンに変化し、炎症を引き起こしたり痛みを強くしたりするのです。

生姜に含まれるジンゲロールやショウガオールにはこのプロスタグランジンへの変化を邪魔する働きがあることが分かっています。

炎症や痛みのもとを作り出さないようにできるので、生姜湯は喉の痛みに効果的というわけです。

生姜湯の殺菌作用で喉に入ってくる細菌やウィルスを撃退できる

生姜湯には殺菌作用があることが分かっています。

生の生姜に含まれているジンゲロールには強い殺菌作用があるので、昔から生姜はお刺身など生で食べるものに薬味として添えられてきました。

その殺菌作用はもちろん風邪ウィルスにも効果的で、口や鼻から入り込んだウィルスを生姜湯によって退治することができます。

体内に入り込んで喉の炎症になる前に撃退できるので、風邪の初期症状としての喉の痛みを予防することが可能です。

生姜湯は免疫力を高めるから細菌やウィルスに感染しづらい体作りができる

喉の痛みの原因には風邪の初期症状や、空気の乾燥によって様々な細菌などに感染して起こるものなどがあります。

生姜湯を飲むと免疫力を高めることができるので、こうした感染によって引き起こされる喉の痛みを予防することができます。

生姜の免疫力アップには2種類あります。

1つはジンゲロールによって白血球が増えることによる免疫力アップで、もう1つはショウガオールによって体温があがることによる免疫力アップです。

ウィルスや細菌に感染しづらい体作りができれば、喉の痛みの原因となる風邪などにかかりにくくなりますので、喉の痛みを事前に防ぐことができます。

生姜湯は今ある喉の痛みを解消しながら原因も取り除いてくれる

生姜湯は炎症によって引き起こされる喉の痛み全般を和らげるのに効果的で、それは炎症と痛みの原因であるプロスタグランジンを作り出す働きを生姜が防いでくれるからです。

また特に風邪などウィルスや細菌の感染によって引き起こされる喉の痛みに関しては、細菌やウィルスに感染しない免疫力の高い体作りを生姜湯によってすることができますし、体内に入ってきた細菌やウィルスは生姜湯の殺菌作用によって退治することが可能です。

更に細菌やウィルスに感染してしまったとしても、生姜湯の抗炎症作用によって炎症と痛みのもとであるプロスタグランジンが作り出されるのを防ぐことができますので、喉の痛みを和らげたり改善したりすることができます。

生姜湯は喉の痛みに複数のアプローチができるから効果的というわけです。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

喉の痛みに効果的な生姜湯の作り方

生姜湯は生姜とお湯があればすぐに作れるシンプルで簡単な飲み物です。

しかし喉の痛み対策のために生姜湯を飲むのであれば、生姜の加熱非加熱と成分の変化について知っておくことでより効果的になります。

生姜の成分について知り、喉の調子を整えるために最適な生姜湯の作り方について解説します。

抗炎症作用と殺菌作用を期待するなら生姜は生がおすすめ

生の生姜にはジンゲロールという成分が多く含まれています。

そしてジンゲロールには殺菌作用と抗炎症作用があることが分かっています。

そのため既に喉の痛みを感じる時に生姜湯で対策したいという場合には、ジンゲロールを多く含む生姜湯を飲むのがおすすめです。

今ある痛みを抗炎症作用で抑えることができますし、同時に風邪ウィルスなど喉の痛みの原因になっているウィルスや細菌を退治することができます。

ぬるめのお湯で作るジンゲロールたっぷりの生姜湯の作り方

喉の痛みに対する抗炎症作用と殺菌作用を主に期待して生姜湯を作る場合、用意するお湯はぬるめにします。

ジンゲロールは生の生姜に最も多く含まれていて、30度くらいから徐々に減少していき、60度くらいでは加熱することによって増加するショウガオールと半々程度の分量になってしまうからです。

そのためジンゲロールをより多くとりたいという場合には、60度よりも低い温度のぬるいお湯で生姜湯を作ります。

ジンゲロールたっぷりの生姜湯の作り方を紹介します。

  1. カップにすりおろした生姜を入れる
  2. 60度より低い温度のぬるま湯を注ぐ

コツはお湯の温度のみですので、その部分だけ注意して作るようにしましょう。

すりおろし生姜を薬味として料理に添えるのも効果的

ジンゲロールを摂取する目的で生姜を取り入れたいのであれば、おろしたての生姜を薬味として料理に添えるだけで充分な効果が期待できます。

生姜の働きは強力なので薬味として少量食べるだけでも充分な働きを期待できるのです。

お刺身はもちろん、そばやうどんなどにも合いますし、煮物に少し生姜の絞り汁をたらすのも風味が良くおいしく食べられます。

喉の痛みを予防するなら加熱した生姜で作る生姜湯が良い

喉の痛みは風邪ウィルスなどの感染によるものであれば事前に予防することができます。

喉の痛みを予防するために飲む生姜湯を作る場合には、加熱してショウガオールとジンゲロンが増加した生姜湯が良いでしょう。

ショウガオールにも抗炎症作用があるので喉が痛み始めてから飲んでももちろん良いのですが、体を温めることによる免疫力を高める働きは予防のためにぴったりです。

常日頃から加熱した生姜の生姜湯を飲んで免疫力を高めておけば、喉の不快感に悩まされることがそもそもなくなります。

加熱した生姜には免疫力を高めるショウガオールがたっぷり

生の生姜に含まれているジンゲロールは加熱するとショウガオールとジンゲロンに変化します。

ジンゲロールとショウガオールの分量は60度の加熱で半々になり、それ以降はショウガオールの分量の方が多くなります。

ショウガオールは体を芯から温めてくれますし、ジンゲロンは血管を拡張することで血流をスムーズにして冷えを解消してくれます。

私たちの体は細菌やウィルスが侵入し感染すると熱を出してそれらを退治しますが、そもそも感染しづらい免疫力の高い状態を作るためには、平熱を36度台半ば程度に保っておくことが重要です。

最近は平熱が35度台と非常に低い人も多くなってきているので、ショウガオールとジンゲロンの働きは平熱をあげて免疫力を高めるのにとても役立つのです。

乾燥生姜の作り方と乾燥生姜で作る生姜湯の作り方

乾燥生姜は市販のものもありますが自分で作ることもできます。

自分で乾燥生姜を作る場合の手順は下記の通りです。

  1. 生姜をよく洗い皮のままスライスする
  2. 蒸し器に重ならないように並べて甘い香りがしてくるまで30分ほど蒸す
  3. 蒸しあがった生姜を干す(天日でも室内でも良い)
  4. しっかり乾燥したら保存容器に入れて常温で保存する

蒸し器が無い場合にはシリコンスチーマーと電子レンジで生姜を蒸すこともできます。

この場合の加熱時間の目安は15分です。

電子レンジで生姜を蒸す場合には必ずシリコンスチーマーを使うようにしましょう。

電子レンジに直接生姜を入れて加熱すると発火してしまうおそれもありますので、シリコンスチーマーの使用は必須です。

またできた乾燥生姜は冷蔵庫に入れて保存すると風味が落ちておいしくなくなってしまいますので、必ず常温保存するようにします。

手作りした乾燥生姜で作る生姜湯の作り方も紹介します。

  1. カップに乾燥生姜を入れる
  2. 80度くらいのお湯を注ぐ

乾燥生姜に含まれるショウガオールは100度を超えた熱を加えられると破壊されてしまいますので、生姜湯を作るときのお湯も沸騰したてのものより一冷まししたものの方が良いでしょう。

乾燥生姜を粉末にして使う場合には生姜パウダーがお湯に混ざれば生姜湯の完成です。

パウダーにせずに乾燥生姜を使う場合には、お湯を注いでから生姜の成分が抽出されるまでしばらく蒸らすと良いでしょう。

電子レンジで生姜を加熱して生姜湯を作る方法

生姜湯を作るたびに電子レンジで生姜を加熱する方法もあります。

乾燥生姜は1度作るとその後は生姜湯を簡単に作れるようになりますが、蒸したり干したりと時間がかかるので大変と感じる人もいるでしょう。

その場合には、生姜湯を飲むときにその都度電子レンジで加熱するのがおすすめです。

電子レンジで生姜を加熱して生姜湯を作る手順を紹介します。

  1. カップにすりおろした生姜を入れる
  2. カップに水を入れる
  3. 電子レンジで加熱する(500wなら4分間・750wなら3分間の加熱が目安)

初めて作るときには加熱のし過ぎに注意して確認しながら電子レンジを使いましょう。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜湯に加えると喉の痛みに効果的な食材

基本の生姜湯はシンプルな飲み物ですが、様々な食材を合わせることでおいしく喉の痛みにより効果的な生姜湯にアレンジすることができます。

はちみつの殺菌力で喉の痛みの原因菌をシャットアウト

生姜湯を喉の痛み対策に活用する場合、はちみつは非常に良い食材です。

特に夜眠る前の飲み物としてはちみつ入りの生姜湯を飲むと、深く質の良い睡眠を取ることができるので、風邪などの回復が早まり喉の痛みが早期に取り除かれる状態に導いてくれます。

ここでははちみつの働きについて、生姜湯にはちみつを加える際の注意点、はちみつ選びの注意点について解説します。

はちみつの殺菌力は子供用の咳止め薬以上

はちみつは殺菌力が高いことで知られています。

そのため生姜湯にはちみつを加えて飲むと、口腔内や喉にいる菌やウィルスを撃退することができるのです。

しかもこうして得られるはちみつの咳止め効果は、子供用の咳止め薬以上のものだという研究結果が発表されています。

つまりはちみつは薬よりも喉の調子を整えるのに効果的ということが言えるのです。

はちみつの殺菌力を最大にするには生姜湯が60度以下になってから加える

はちみつの殺菌力をしっかりと発揮させるためには生姜湯が60度以下に冷めてから加えるようにしましょう。

はちみつに含まれている有効成分は熱に弱く30度くらいからどんどん破壊され減少していき、60度を超えるとほとんどなくなってしまうからです。

熱々の生姜湯にはちみつを加えて温まりながら飲むというイメージがあるかもしれませんが、はちみつの有効成分を活かすためにはぬるめの生姜湯にはちみつを加えるようにしましょう。

はちみつは純粋はちみつを選ぶ

はちみつは選び方も重要です。

市販されているはちみつの中には、ほとんどが糖分ではちみつは風味付け程度に少しだけ入っているというものもあります。

よく見ると成分表示にきちんと記載がありますので、はちみつを選ぶ場合にはきちんと表示を確認しはちみつ100%のものを選ぶようにしましょう。

はちみつ100%の商品には「純粋はちみつ」と記載がありますので、それを目印に選ぶことができます。

はちみつ生姜湯については『はちみつ生姜湯はダイエットや風邪に効果的!作り方や注意点』もご覧ください。

葛の抗炎症作用や鎮痛作用で喉の痛みを和らげる

生姜湯に加える食材として葛もとても相性が良く喉にも良いことが知られています。

葛餅や葛きりの原料である葛には抗炎症作用や鎮痛作用があるので、喉の炎症を和らげたり痛みを緩和したりしてくれるのです。

葛は葛根湯の主成分だから風邪のひき始めの症状に効果的

喉の痛みは風邪の初期症状としても表れます。

葛は初期の風邪に良い漢方薬の葛根湯の主成分でもありますので、風邪の初期症状である喉の痛みにも良い働きをもたらしてくれることが期待できます。

葛の有効成分による抗炎症作用や鎮痛作用はもちろん、葛でとろみのついた生姜湯を飲むことで乾燥した喉が落ち着くのを感じるでしょう。

葛には免疫力を高める働きもある

また葛には免疫力を高める働きもありますので、喉の不調を感じる前に日常的に取り入れることで免疫力を高めて予防することもできます。

風邪やインフルエンザなどの予防ができればそれらが原因の喉の不調は起こりません。

葛は火にかけてしっかりと練って生姜を加えるのがベスト

生姜湯に葛を加える場合には、葛を水に溶かしてから火にかけてしっかり練ることが重要です。

葛は最初は白いのですが、火にかけてとろみが出てくると透明感が出てきます。

きちんと透明感が出るまで練り上げてから生姜を加えれば、葛入り生姜湯のできあがりです。

とろみがついた生姜湯がお腹にたまるので小腹が減ったときに最適ですし、葛は胃腸に負担をかけないので夜食などにも向いています。

なお、生姜葛湯に関しては「生姜葛湯は健康効果が抜群!その効能の全てと作り方もご紹介します!」にて詳しくお伝えしています。

花粉症などが原因の喉の痛みには紅茶をプラスするのがおすすめ

生姜湯と相性の良い飲み物に紅茶があります。

生姜紅茶はダイエットに良いとテレビや雑誌などでよく取り上げられていますが、花粉症などアレルゲンによる喉の痛みにも効果を発揮します。

紅茶はアレルギー反応を和らげたり予防したりできる

喉の痛みの原因は風邪やインフルエンザということが多いのですが、花粉症の季節の場合には花粉が原因のアレルギー症状として喉の痛みが出ているということがあります。

こうしたアレルギー反応としての喉の痛みには、アレルギー反応を和らげたり予防したりできる紅茶が役立ちます。

喉の不調を感じてから飲むのはもちろん、日常的に摂取することでアレルギー反応による喉の痛みを起こりにくくすることができるでしょう。

紅茶のテアフラビンはインフルエンザウィルスの活動を抑えるから予防に最適

また紅茶に含まれるテアフラビンはインフルエンザウィルスを抑制する働きがありますので、インフルエンザを予防することに役立ちます。

そのためインフルエンザが原因で引き起こされる喉の痛みを予防することにつながるのです。

インフルエンザウィルスを抑えるためには紅茶生姜を飲むことはもちろんですが、紅茶でうがいすることも有効ですので習慣化すると良いでしょう。

紅茶は熱湯でしっかり蒸らすことで有効成分がたっぷり抽出される

生姜紅茶で喉の調子を整えたり痛みを予防したりしたい場合、紅茶の有効成分をしっかりと抽出することが重要です。

そしてそのためには沸かしたての熱湯でしっかりと蒸らすということが必要になります。

紅茶をいれるのに使うポットやカップにも熱湯を注いで温めておき、紅茶をいれるお湯を入れたときに湯温がなるべく下がらないようにしておくとより良いでしょう。

紅茶にお湯を注いだら、紅茶のパッケージに書いてある表示を参考に蒸らしていきます。

茶葉でいれる場合には3分間、ティーバッグでいれる場合には1分間が蒸らし時間の目安です。

レモンのビタミンCが活性酸素を取り除いて炎症が抑えられる

生姜湯を喉の炎症対策に飲むのであればレモンを加えるのもおすすめです。

レモンに含まれているビタミンCには活性酸素を取り除く働きがありますから、喉が痛む場合にその症状が軽減されることが期待できます。

レモンのビタミンCで炎症を取り除く

レモンのビタミンCは抗酸化物質としても知られています。

抗酸化物質というと美容に良いというイメージがありますが、活性酸素を取り除くという働きは健康維持のためにも非常に役立つのです。

例えば炎症を取り除く働きがビタミンCにはありますが、それは炎症が起こっている場所で多量に作られている活性酸素をビタミンCが除去してくれることによります。

活性酸素は炎症をより大きくしようと周囲に働きかけるのですが、その働きかけをする活性酸素をビタミンCで取り除くので炎症が沈静化していくというわけです。

炎症による喉の痛みにも同じ働きが期待できます。

レモンは風邪対策にも良い

レモンは風邪対策にも良いと言われています。

風邪っぽいなと感じたときに重点的にレモンを摂取することで風邪を早く治すことができるというのです。

そのため風邪で喉の調子が悪いというときにレモン入りの生姜湯を飲むと喉の調子が整っていくでしょう。

生姜湯ならレモンのビタミンCをそのまま摂取できる

レモンはビタミンCが豊富です。

レモンのビタミンCは加熱や酸化により壊れてしまいますが、生姜湯に加えて飲む分には問題無く取り入れることができます。

より多くのビタミンCをレモン入り生姜湯で摂取するためには、

  • 絞りたてのレモン果汁を使うこと
  • レモン果汁を入れた後の生姜湯はかき混ぜ過ぎないこと
  • レモン入り生姜湯を作ったら保存せずにすぐに飲むこと

という3点に注意してください。

この3点がきちんと守れていれば、レモンのビタミンCを生姜湯と共にたくさん取り入れることができます。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜湯を飲むときの注意点

生姜湯は喉の痛みを予防・改善するのに役立ちますが、いつでも大量に飲めば良いというものではありません。

生姜の有効成分はとても強力なので、摂取する量を調節したり体調に合わせて飲むようにしましょう。

生姜の1日の摂取量は10g以下に抑える

生姜の1日の摂取量は10gが上限です。

生姜の有効成分を摂取し過ぎると健康に悪影響を及ぼす可能性さえありますから、上限は必ずまもり、かつ自分の体調に合った摂取量で取り入れることが重要となります。

1日に飲みたい回数によって1回分の生姜の量を調整しましょう

生姜の摂取量の上限は1日10gですので、1日のうちに複数回生姜湯を飲む場合には、飲みたい回数に合わせて1回分の生姜の量を調節する必要があります。

1日に3回生姜湯を飲みたいのであれば一回の生姜の分量は約3gまでですし、1日に5回生姜湯を飲みたいのであれば一回の生姜の分量は2gまでです。

生の生姜の食べ過ぎは自己免疫疾患につながる可能性もある

生の生姜に含まれるジンゲロールは白血球を増やすことで免疫力を高めてくれます。

しかし生の生姜を食べ過ぎてしまうと、免疫力が異常に高くなり過ぎてしまいアトピー性皮膚炎やリウマチなど自己免疫疾患を引き起こしてしまう可能性があるので要注意です。

胃が弱い人は生姜の量と生姜湯を飲むタイミングに注意

生姜の摂取量は1日に10gが上限ですが、特に胃が弱い人の場合には少なめの分量から様子を見るのが良いでしょう。

生姜の成分は刺激が強いので胃が痛くなってしまうこともあるからです。

また空腹時に生姜湯を飲むと生姜の成分の刺激がダイレクトに伝わってしまいますので胃痛になりやすくなってしまいます。

胃に優しくすることを考えるのであれば、生姜湯は食後に飲むのがおすすめです。

自分にベストな生姜の量や生姜湯の頻度を見つけて

生姜湯を飲む量や頻度は目安として、1日の生姜摂取量10gまで、生姜の効果を持続させたいなら3時間ごとに飲む、ということが言われています。

しかし自分にとってのベストな生姜湯の量や頻度は、目安を参考に自分の体調や体質と相談しながら決めていかなければいけません。

最初は少なめから始めて、ベストな生姜湯の飲み方を見つけていきましょう。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

高熱が出ているときは生姜湯を控える

生姜湯は風邪に良いですし体調を整えるのにも役立ちますが、高熱が出ているときには飲まないようにしましょう。

なぜなら高熱のときに更に熱をあげる生姜をとることは、体の負担になってしまうからです。

生姜で生まれる熱は体が熱を持っているときには害になる

生姜は風邪の初期症状にとても良く効きます。

しかし熱が39度以上出ている場合には生姜湯を飲むことを控えてください。

それだけ熱が出ているときに生姜で更に熱を発生させると、体の負担が大きくなり逆に治りづらくなってしまいます。

乾燥も熱の表れだから生姜湯は控える

また肌が乾燥しているときも生姜湯は飲まない方が無難です。

乾燥も熱の表れなので、生姜湯を飲み続けていると生姜湯の生む熱によって更に乾燥が進行してしまいます。

生姜湯に甘味を加えるときは黒糖やはちみつがベスト

初めて生姜湯を飲む場合には甘味が無い生姜湯だと飲みづらく感じる人も多いものです。

甘くして生姜湯を飲みたいという場合、砂糖を使うことは避けて黒糖やはちみつを利用するのが良いでしょう。

生姜湯はシンプルにそのままが基本

生姜湯は生姜とお湯で作れる飲み物で、基本はこのシンプルな状態です。

基本の生姜湯は生姜の味がするお湯ですから、飲み慣れていないとまずく感じてしまうかもしれません。

しかし生姜の良さをそのまま取り入れたいと思っているのであれば、まずはシンプルな生姜湯を飲むようにしましょう。

砂糖は体を冷やすから生姜湯の良さを打ち消す

最も避けたいのは生姜湯に砂糖を入れて飲むことです。

砂糖はただカロリーが高いというだけでなく体を冷やす食材なので、せっかく生姜で温めてもその働きを打ち消してしまいます。

そのため生姜湯に甘味を加えたいと思っても砂糖は避けてください。

生姜湯には黒糖やはちみつを少量加えるのがおすすめ

生姜湯に向いているのは黒糖やはちみつです。

黒糖やはちみつであれば体を温める食材ですし、ミネラルなどの栄養も豊富なので、生姜湯と飲むのにぴったりです。

ただし入れ過ぎには注意して、少量加えるようにしましょう。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜湯を喉のために飲むなら朝と夜で飲み分ける

生姜湯は生姜の加熱の有無によって働きに違いが出ます。

そこで喉のために生姜湯を飲むのであれば、朝と夜で生姜湯を飲み分けるのがおすすめです。

シーンに合わせたベストな生姜湯を選べば、喉のためにより効果的な飲み方ができるでしょう。

朝や日中は殺菌作用の強い生の生姜で外出時の細菌やウィルスをシャットアウト

朝や日中はこれから外出するという人も多いでしょう。

大勢の人の中に出かけていくことはそれだけ風邪やインフルエンザなどの感染症のリスクを高めますので、それだけ喉の調子が悪くなる可能性も出てきます。

そこで朝など外出前には殺菌作用の強い生の生姜を使ってぬるめのお湯で作った生姜湯がおすすめです。

生姜湯の殺菌作用で外出時の喉を守る

朝の生姜湯をぬるめのお湯でいれるジンゲロールの多いものにしておけば、殺菌作用が働くので外出時の喉を守るのに役立ちます。

細菌やウィルスに触れないようにすることはできませんので、生姜湯の殺菌作用を上手に活用して喉を守るようにするのが良いでしょう。

花粉症が原因の喉の痛みなら朝は生姜紅茶にしよう

春先など花粉症の時期に喉が痛むという場合には、朝は生姜紅茶を飲むのが良いでしょう。

生姜紅茶なら生姜の殺菌作用はもちろん、紅茶のアレルギー反応を和らげる働きやインフルエンザウィルスの活動を抑制する働きも同時に得られます。

夜は体を温める加熱した生姜で免疫力を高めながらリラックス

夜飲むのにおすすめなのは、加熱した生姜で作る体を温める生姜湯です。

加熱した生姜で体を芯から温めることで免疫力を高めることにつながり、風邪など喉の不調の原因になる病気に感染しづらくなります。

また体が温まるので眠る前に生姜湯を飲むことで寝つきが良くなりぐっすり休めるという効果もあります。

生姜湯で体を温めれば質の良い睡眠が取れるから更に免疫アップ

体を芯から温める加熱した生姜を使った生姜湯を飲むと、寝つきが良くなるだけでなく質の良い睡眠を取れるようになります。

深くぐっすりと眠れるので、睡眠中に分泌される成長ホルモンもしっかりと働いてくれるのです。

成長ホルモンには免疫力を向上させる働きがありますので、体が温められることで免疫力が高まるだけでなく、成長ホルモンの働きによっても免疫力が高まるというわけです。

夜の生姜湯にはちみつを加えれば眠っている間の乾燥と咳予防になる

夜生姜湯を飲む場合にははちみつを加えると更に喉に良い働きをしてくれます。

はちみつは眠っている間に喉が乾燥するのを防いでくれますし、咳止め薬のような働きもしてくれます。

そのため朝起きたら喉が乾燥して調子が悪くなっていた、というような状態を防ぐことが期待できるのです。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜湯は喉の痛みにトータルで働くから効果的

生姜湯は喉の不調に良い働きをもたらすことが分かりました。

喉が痛くないうちは生姜湯によって免疫力を高めることで風邪やインフルエンザを予防して喉が痛くならないように予防することができます。

また様々な原因で喉に炎症が起こって痛みを感じるようになってからは、抗炎症作用によって痛みを取り除くことができます。

つまり生姜湯は喉の調子が良いときも悪くなってからも、喉に良い働きをもたらしてくれるというわけです。

喉のために生姜湯を飲む場合には、生姜湯の作り方によって期待できる働きに違いがあることを知り使い分けるようにすると良いでしょう。

加熱した生姜で作る生姜湯は、体を温めて免疫力を高めるので喉の痛みの原因である風邪などを予防するのに向いています。

生の生姜とぬるま湯で作る殺菌作用と抗炎症作用のある生姜湯は、喉の痛みがあるときに飲むのに向いています。

以上見てきた生姜湯の特徴について知っていれば、症状やシーンに合わせて生姜湯で喉の調子を整えることができるようになります。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 妊活に睡眠が重要なワケとは?睡眠のための生活習慣や睡眠薬の影響についても解説します!

  • 妊活と年齢の関係は?妊活を始める年齢、男性の妊活と年齢の関係、についても解説します!

  • 妊活でやることとは?妊活中の過ごし方、検査や治療についてはもちろん、低温期や2人目不妊でやることも解説!

  • 妊活中の生理期間はどう過ごす?落ち込んでしまうときの対処法や着床出血との違いも解説!

関連記事

  • 生姜湯はチューブ生姜で簡単に作れる!チューブ生姜の使い方・保存方法・注意点を解説します

  • 妊婦が生姜湯で得られる効果が凄い!

  • 生姜湯の効能の全てと上手に活かす作り方と飲み方について

  • 生姜湯の作り方を徹底解説!基本・アレンジ・簡単レシピ全てお伝えします

  • はちみつ生姜湯はダイエットや風邪に効果的!作り方や注意点

  • 生姜湯は風邪への効果が抜群!予防や対策するときの正しい方法