1. TOP
  2. 白湯
  3. 白湯の美容効果の全てをお伝えします!
Sponsored Link

白湯の美容効果の全てをお伝えします!

白湯   1,823 Views

白湯は美容にとても良い飲み物です。

白湯が美容に良いことは以前から知られていましたが、有名タレントやモデルなども実践しているということで、現在ではより多くの方々に知られるようになりました。

白湯にはダイエット効果、美肌効果、むくみ解消効果、美しい髪になる効果など美容の観点から嬉しい効果が多くあります。

また、白湯による美容法は、水を沸騰させて少しさましたお湯を飲むだけなので、コストもかかりません。

今回の記事では白湯の美容効果について詳しくお伝えしています。

Sponsored Link



Contents

白湯の美容効果

白湯を継続的に飲むと内臓の機能が高まり、全身の血流も良くなります。

その結果、どんどん綺麗になっていきます。

それまで肥満で悩んでいたのが、白湯を飲むことにより痩せてきます。

肌の調子も良くなり、美肌を維持することもできます。

髪の毛が抜けやすく、枝毛も多かったのが白湯を飲むことにより、艶のあるしっとりとした毛髪になってきます。

その他にもむくみの解消や便秘解消効果などがあります。

 

Sponsored Link



白湯のダイエット効果について

白湯にはダイエット効果があります。

毎日継続して白湯を飲むことで代謝を良くし、内臓の機能を高めることが出来ます。

その結果、自然な形で無理なくダイエットをすることが出来ます。

太る原因 食べ過ぎ

白湯にはダイエット効果がありますが、そもそも太る原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

脂肪が蓄積される原因の一番は食べ過ぎです。

肉類の摂りすぎ、甘いもの摂りすぎ、アルコールの飲み過ぎなどの暴飲暴食や夜8時以降の食事などによるカロリーオーバーは太る原因になります。

太る原因 基礎代謝の低下

人間の体は絶え間なく呼吸を繰り返し、心臓は休まないで鼓動しています。

生命を維持するために、内臓は休みなく働いています。

以上のような生命を維持するための必要最低限の活動エネルギーを基礎代謝といいます。

基礎代謝は成人で平均1,200キロカロリーです。

ところが、老化や運動不足などの原因で基礎代謝が低下してしまうと、太ってしまいます。

太る原因 食べ方

食べ方によっても太ります。

朝食を抜いて1日2食しか食べないようにすると、空腹時間が長くなりますので食べ物が効率よく体内に取り込まれてしまうので、太ってしまいます。

また、食事の最初に食物繊維のあるものを食べるようにすると血糖値の上昇を抑えることができ、肥満の予防になります。

その他の太る原因

太る体質は「肥満遺伝子」も関係していると考えられています。

さらには慢性の便秘、ホルモンや自律神経のバランスの崩れ、食事の変化によるミネラルの不足なども太る原因です。

白湯を毎日飲んで1ヶ月に4キロ体重が減る

白湯はダイエットにも効果を発揮します。

飲み続けて1ヶ月ほど経ちますと体重が減ったことを実感できます。

1ヶ月に4キロ以上体重が減ることを経験することも少なくありません。

一般的なダイエットでは運動する、食事制限をするなどをしなければなりませんが、白湯を飲むだけで体重が減っていきます。

食事制限をしても体重が落ちないのは、未消化物あるいは毒素が溜まっているケースがほとんどです。

白湯を飲むことで内蔵の機能が高まり消化を促進します。

また、血流も良くなるので基礎代謝が高まり、カロリーの消費量が多くなります。

消化の促進や血流が良くなることはデトックスにもなります。

その結果、ストレスを感じること無くダイエットをすることが可能です。

Sponsored Link



白湯の美肌効果について

白湯の美容法はニキビ・吹き出物・乾燥肌・シミなどの肌の不調に対しても大きな効果が期待できます。

白湯のニキビ・吹き出物に対する美容効果

ニキビは、思春期から青年期にかけて、顔や胸、背中などに現れる粒状の皮膚の病気です。

ニキビの症状として、毛穴が詰まる白ニキビ、酸化して黒ずむ黒ニキビ、炎症を起こす赤ニキビなどがあります。

思春期のニキビは肌の脂が多いのが原因です。

20代や30代以降にできる大人のニキビは、直接的な原因は「アクネ菌」という細菌の感染ですが、ホルモンバランスの乱れや男性ホルモンの増加、体質や生活習慣、食生活、ストレスなどが原因で複雑に絡み合っています。

大人のニキビは、通常吹き出物と言われています。

同じところに繰り返し吹き出物が出るケースが少なくありません。

ニキビや吹き出物は、血液中の毒素が肌の表面に出てくることにより起こる肌のトラブルです。

白湯を飲めば毒素が体の外に流れていき、ニキビや吹き出物ができにくい体に変わっていきます。

白湯の乾燥肌に対する美容効果

皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3つの層に分かれています。

表皮の最も外側にある角質の水分量が低く、皮脂の分泌が少ない状態を乾燥肌と呼びます。

乾燥肌はドライスキンと呼ぶこともあります。

男性より女性に乾燥肌が多く、加齢に伴い乾燥しがちになります。このような皮膚は、外部からの刺激を受けやすく、かぶれや湿疹の原因にもなります。

 

Sponsored Link



白湯のシミに対する美容効果

しみとは、皮膚にできた褐色や暗褐色の色素沈着のことで、老人性色素斑や肝斑などいくつかの種類があります。

しみの正体は、皮膚に存在する色素細胞が作り出すメラニンです。

色素細胞は紫外線や炎症の害から皮膚を守るためにメラニンを作ります。

ところが、メラニンの産生が過剰になったり、皮膚のターンオーバーが遅れて排出されなかったりすると、メラニンが皮膚にたまり、しみになります。

白湯で肌のトラブルを改善

「皮膚は内臓の鏡」という言葉があるように、白湯で内蔵の機能を高めると肌は改善されていきます。

また、白湯を飲むと体全体の血流が良くなります。

その結果、顔色が良くなり、ハリやツヤが出てきます。

肌がくすんで顔色の悪かった女性も白湯を飲むことで肌の状態がかなり良くなります。

しみや乾燥肌や肌荒れにも白湯は力を発揮してくれます。

白湯を飲めば代謝が高くなります。

皮膚細胞の代謝も良くなりますので、しみやくすみがなくなります。

白湯を飲むと血液の循環が良くなります。

その結果、肌の隅々まで栄養が行き渡りますので、美肌になります。

基礎代謝が上がり、毒素を出してくれるので内面からも美しくなります。

Sponsored Link



白湯は髪を美しくする

白湯は髪にも良い影響を与えます。

髪は東洋医学で「血余(けつよ)」と言います。

髪の毛は血液の状態を表すという意味です。

白湯を飲むと体中の血流が良くなり、髪にも栄養が行き渡るようになります。

そのため、白湯を飲むことを続けると美しいツヤのあるキレイな髪を手に入れることができます。

白湯で美しい髪を手に入れる

毛髪も体の1部です。

体と同じタイミングで老化が起こってきます。

一般的に、30代半ばから毛髪の老化が起こってきますが、自覚できるのは40代という人が多いです。

髪の老化のサインとは、白髪とボリュームの減少です。

50代になると急に毛髪のボリュームがなくなってきます。

ボリュームの減少は、髪自体が細くなることと同じ面積に生える髪の密度が低くなるという2つが同時進行で起こります。

頭頂部の髪がぺしゃんこになることで老化したことを思い知らされる方も多いのではないでしょうか。

髪の毛が細くなるのに加え、髪1本の断面が扁平になってきます。

手触りも若い時と比べてざらざらしてまとまりが悪くなります。

さらには光の反射が乱れるので、艶ががなくなってきます。

健康的な髪は健やかな体に宿ります。

規則正しい健康な暮らしを心がけるのが大切ですが、白湯を飲むことにより毛髪の老化を防ぐことができます。

ストレスと毛髪

ストレスのために毛髪が抜けるというのは、体験した方も多いと思います。

ホルモンのバランスにはストレスが大きく影響します。

精神状態が良くなれば、免疫能力も上がるので、毎日ストレスのない生活をするように心がけて、毎日笑顔で過ごすようにすれば髪の毛の若々しさを保つことができます。

また、体のエネルギーバランスが崩れていると毛が抜けてきます。

毛髪を作るためには正常な代謝が必要です。白湯を飲んでエネルギーのバランスを整えることで、脱毛症などが改善されていきます。

脱毛症には高温度の白湯ではなく、50度ほどのぬるい白湯を飲むようにします。

白湯を飲んで、エネルギーのバランスを整えることにより、しっとりとした髪を維持することができます。

また、枝毛なども改善されていきます。

Sponsored Link



白湯のデトックス効果が美容に良い

白湯を飲むと胃腸などの内臓が温まり、飲んだ直後から全身の血流が良くなります。

内臓の温度が1度上がると基礎代謝は約10%上がるので、脂肪燃焼効率が高まります。

それで痩せやすい体になります。内臓が温められれば、消化も促されます。

そうすると、体内の老廃物を体外に押し出す力も上がります。

老廃物が排出されれば、体内の浄化にもつながります。

便秘になると顔色が悪くなりますが、白湯を飲むと血色がよくなります。

白湯はリンパ液の流れを良くしますので、尿の量が増えることにより、むくみも取れていきます。

白湯は体の余分な脂肪やたまっている便などの老廃物を洗い流す働きがあります。

白湯にはデトックス作用があり、胃腸を温めて活発に働かせるので、飲み続けることによりダイエットに役立ちます。

なお、白湯とデトックス効果に関する詳しい情報は「白湯によるデトックス効果と好転反応」にて詳しくお伝えしています。

Sponsored Link



白湯で冷え性を改善する

手足が冷たい、体が寒い、しもやけができる、など冷えの感じ方もいろいろあります。

成人の女性の約半数が冷え性であると言われています。

冬はもちろんのこと、夏でも冷房による冷えに注意が必要です。

冷え性になると血行が悪くなり、手足や腰、腹部などに冷たさを感じます。

冷えは、肩こり、だるさ、むくみ、下痢、月経不順、不眠などの不調も招いてしまいます。

冷えの原因として、貧血、低血圧、女性ホルモンの低下、自律神経失調症、甲状腺機能異常などが考えられます。

冷え性は美しさを損ねる症状と申しても過言ではありません。

白湯を飲んで冷え性を改善しましょう。

冷え症は太る

体が冷えていると太ってきます

日本人は冷たいものを好む民族であるといわれています。

真冬でも冷たいコーヒーやビールなどを平気で飲んでいます。

冷たいものばかり飲んでいると体が冷えてしまいます。

体が冷えると美容によくないのです。

体が冷えると太りやすくなり、むくみが出たりします。

代謝が落ちるので毒素がたまってきます。

そうなると体調も悪くなっていきます。

女性の場合、下半身が冷えやすいので月経周期が乱れたり、生理痛が重くなる人が少なくありません。

体が冷えていると代謝が落ちますから、太ってきます。

冷えはダイエットしようとしている女性にとって、大敵であると申しても過言ではありません。

白湯は内臓を温め、血行促進に効果がありますので、冷え性の女性にはありがたい飲み物です。

血行が良くなれば、内臓の温度も上がりますので、基礎代謝も良くなっていきます。

なお、白湯の冷え症に関する詳しい情報は「白湯は冷え性に効果的である理由とは?」にて詳しくお伝えしています。

Sponsored Link



白湯で腰痛を改善し美しい姿勢を手に入れる

腰痛はとてもつらい症状です。

歩いていても前かがみになり、老けて見られることが少なくありません。

いくら美人でも腰痛があれば、魅力的に思われません。

ぜひ、白湯で腰痛を治しましょう。

女性の腰痛では、月経前に辛くなるタイプがあります。

骨や筋肉に異常がなくて、長引く腰痛があれば、原因は子宮や卵巣などから来ている場合があります。

整形外科でも婦人科でも異常は見つからなかった場合、冷えが腰痛を引き起こしていることがあります。

東洋医学やアーユルヴェーダでは腰痛の原因は体の冷えと未消化物によるものと考えています。

便秘が原因の腰痛もあります。

白湯を飲んで体を温めれば、徐々に腰痛が好転します。

 

Sponsored Link



白湯で便秘と下痢を改善し、内臓からキレイになる

男性の話によれば、いくら美人でも体の中に便が詰まっていると思うと、魅力を感じないといいます。

白湯で便秘や下痢を治しましょう。

便秘や下痢は、生活習慣や食生活のアンバランスやストレスなどが複雑に絡み合って発生します。

食べたものが腸内で消化されないで残っていると、毒素によって腸の動きが鈍くなって、ますます未消化物や毒素を排出できない状態になってしまいます。

便秘や下痢は体が冷えて消化力が落ちているのが原因であると考えられます。

白湯を飲んで体を温めましょう。

白湯を飲み続けることにより、腸内が温まり浄化力が高まりますので、スムーズに大便を排出することができます。

なお、白湯の下痢への効果については「白湯の下痢に対する効果と好転反応」にて詳しくお伝えしています。

また、白湯の便秘への効果については「白湯の便秘解消効果がもの凄い!」にて詳しくお伝えしています。

Sponsored Link



白湯で頭痛を改善し、明るい表情を手に入れる

頭痛があると、どうしても表情が悪くなります。

いくら美人でも表情が悪くなると魅力的な女性ではなくなってしまいます。

ぜひ治しましょう。

女性の頭痛には、女性ホルモンが影響している場合が少なくありません。

片頭痛、緊張型頭痛、月経に伴う頭痛などが女性に多く見られる頭痛です。

片頭痛は視野の歪みや白っぽい光が走る、眩しいなどの前兆があります。

その上、習慣性、反復性があります。

放っておくと痛みは増強します。

緊張型頭痛は、頭全体やこめかみを締め付けるような痛みがあり、首や肩のコリを伴います。

月経前や月経中に起こる頭痛は、ずきんずきんと脈を打つような痛み方が特徴です。

慢性の頭痛を市販の鎮痛剤で長い間使っていると、薬物乱用型頭痛という治療の難しい頭痛に発展してしまいます。

伝統医学であるアーユルヴェーダでは、すべての種類の頭痛が白湯で治るとしています。

どの頭痛でも白湯を飲んで未消化物を浄化して、エネルギーのバランスを整えることが大切です。

 

Sponsored Link



白湯でむくみを改善し美脚になる

足のむくみは白湯で改善できます。

夕方になると足がパンパンになり、だるさを伴い、鏡で顔を見ると顔がむくんでいるなどの症状は女性によく見られるものです。

むくみの出やすい人は冷えやすい人です。

疲れやすい、頭痛、めまい、肩こり、汗をかきやすいなどもむくみの多い人に見られる症状です。

白湯を飲むと代謝が向上して、むくみの解消につながります。

足がむくみやすい人は、血液中の未消化物が下半身にたまることによりむくみが出ています。

このようなときには白湯を飲んで血液中の未消化物を流すようにします。

体がむくむのは肝臓や腎臓の働きが弱っているからです。

肝臓は毒素を分解し、腎臓は体の水分を尿として排泄しますので、白湯によって肝臓と腎臓の働きを高めましょう。

白湯によってむくみの無いキレイな足を手に入れてください。

なお、白湯のむくみへの効果については「白湯はむくみの解消に効果抜群!」にてより詳しくお伝えしています。

Sponsored Link



白湯で肩こりを改善し美しい姿勢を手に入れる

つらい肩こりなどがありますと、どうしても表情が暗くなり、姿勢も悪くなります。

表情の暗さや悪い姿勢は見た目を悪くします。

アーユルヴェーダでは、肩こりの原因は血液中に溜まった未消化物で血液の流れが悪くなっているからと考えます。

白湯を飲むと溜まっていた未消化物が燃えて、血流が良くなります。

こりが解消されて、体が軽くなってきます。

白湯を飲み続けると、肩こりや首のこりを招く悪い姿勢を自然に改善してくれるので、こりの解消とともに美容にも良い影響を与えます。

 

Sponsored Link



白湯で胃痛や胃もたれを改善すれば姿勢も良くなり肌もきれいになる

胃もたれがありますと、胃が重く感じられます。

こうなると表情まで暗くなってしまいますし、胃の機能が低下していると、体が前屈しやすくなり姿勢が悪くなります。

そのため、白湯で早く治しましょう。

胃痛や胃もたれは食べ過ぎ・飲み過ぎ・ストレスなどで消化機能が低下しておこります。

伝統医学であるアーユルヴェーダでは胃痛・胃もたれの原因は消化力の低下と考えます。

胃の力が弱いと食べたものを燃やすことができなくて、胃の中に残ってしまいます。

そのため次の食事の時間になっても胃が重くなるように感じるのです。

「皮膚は内臓の鏡」と言われるように、胃の機能が低下していると肌にも悪い影響を及ぼします。

白湯を飲み続けることにより、胃痛や胃もたれは改善され、結果的に肌の美しさも手に入れます。

なお、白湯の胃痛や胃もたれに関する詳しい情報は「白湯の胃痛に対する効果 」にて詳しくお伝えしています。

Sponsored Link



白湯で生理痛(月経痛)を改善すれば美容にも良い

下部が痛むとしかめっ面になってしまいます。

こうなると美人も台無しです。

また、生理痛はホルモンのバランスが崩れている可能性があります。

ホルモンのバランスが崩れることは肌の不調など美容において悪影響です。

白湯で生理痛を改善することは美容においても良い影響を及ぼします。

伝統医学であるアーユルヴェーダでは、体の中に未消化物や毒素がたまると生理痛(月経痛)になると考えています。

そのため、普段から白湯を飲んで体を温めることにより、生理痛を改善し快適な生活と美容への好影響を手にしてください。

白湯で生理不順(月経不順)を改善すれば美容にも良い

生理不順はホルモンのバランスが崩れているので、美容にも悪影響です。

伝統医学であるアーユルヴェーダでは、月経は体を浄化する大切な過程であると考えています。

また、不要になった物を排出する機能であるとも考えています。

生理不順は体の中に未消化物や毒素がたまることにより起こるとしています。

生理不順は体内に毒素が溜まってしまう状態なので、当然美容においても良くありません。

白湯を普段から飲んで体を温めるようにすれば、ホルモンのバランスが崩れにくくなり、生理不順(月経不順)を未然に防ぐことができます。

結果的に美容においても良い影響を与えます。

Sponsored Link



美を損なう貧血を白湯で改善する

貧血があれと顔色が悪くなり、魅力的な女性ではなくなってしまいます。

伝統医学であるアーユルヴェーダでは、貧血の原因は血液はちゃんと作られていない場合に起こると考えられています。

食べたものが胃腸で消化吸収されていないと、血しょうや血球が作られなくなります。

白湯を飲むことで内蔵の機能が高まり、血流も改善します。

白湯を継続的に飲み続けることで貧血の改善につながります。

白湯で口臭も改善する

口臭がひどいと、どんな美人でも台無しになってしまいます。

女性の口臭の原因の一つに女性ホルモンの影響があります。

女性ホルモンのバランスが変わると、イライラしたり、情緒不安定になる人が少なくありません。

このような時に唾液の分泌に影響するのです。

唾液には口の中を清潔にする作用や細菌の働きを弱める作用がありますが、唾液の分泌が減ると、細菌が増えやすくなるので口臭の原因になります。

また、舌苔の上にできた揮発性硫黄化合物という物質が、唾液に混ざると口臭を放つようになります。

揮発性硫黄化合物という物質が、口臭の原因です。

この物質は、細菌がタンパク質やアミノ酸を分解してできます。

舌苔は死んだ細胞や新陳代謝で剥がれた粘膜上皮の細胞や食べ物のかすが舌の上にたまることによってできたものです。

舌苔の量は時間帯や体調によっても変化します。

アーユルヴェーダでは、口臭は胃の中に溜まった未消化物が原因で起こると考えています。

未消化物が溜まっていると、舌の表面に舌苔と呼ばれる汚れが出てきますが、これも口臭の原因になります。

白湯を飲めば、消化力が上がり、胃腸の未消化物は洗い流されるので、口臭がなくなります。

Sponsored Link



白湯で体臭も改善する

女性は自分は無臭だと思っている人が多いのですが、ふと下着を脱いだ時に下着の匂いを嗅ぐと臭かったのでショックを受けた方もいるのではないでしょうか。

強い体臭があると、いくら美人でも魅力的に見られなくなってしまいます。

白湯で体臭を克服しましょう。

体臭の原因は主に汗です。

体から分泌される汗はすぐに臭いません。

ところが、皮膚常在菌が汗、皮脂、垢の混じったものを分解することで、臭いを発するようになります。

加齢臭の原因は皮脂にあります。

皮脂に含まれる9-ヘキサデセン酸が過酸化脂質によって酸化分解されることで、ノネナールという加齢臭独特の臭い成分が発生します。

40歳を過ぎる頃から、過酸化脂質も増えていきます。

アーユルヴェーダでは、全身に溜まった未消化物に臭いがあると考えます。

未消化物が体外まで出たのが体臭です。

白湯を飲んで未消化物を常に浄化するようにすれば、体臭もなくなります。

食事中に少しぬるめの白湯を飲むことにより、体臭を予防することができます。

Sponsored Link



白湯で二日酔い対策をすることで美肌を守ることが出来る

現代の女性は、女子会やコンパ、会社のお付き合いなどでお酒を飲む機会が数多くあります。

二日酔いになってしまいますと、気持ち悪さや頭痛などに見舞われて、魅力的な女性も台無しになってしまいます。

また、お酒は内臓への影響が大きいので肌にも良くありません。

シミは漢字で書くと「肝斑」と書きます。

シミは肝臓の影響を受けているというのを表しています。

二日酔いの症状の原因は、肝臓の機能が弱っているからです。

白湯を飲むようにすると肝臓の機能の回復が早まります。

お酒を飲んだ日やその次の日はもちろんのこと、日頃から白湯を飲むようにすれば二日酔いにもなりづらくなり、肌の調子を守ることが出来ます。

白湯で睡眠障害を改善すれば美容にも良い

睡眠障害があると肌に悪影響ですし、日中においても心身ともにだるくなってしまいます。

白湯は不眠症や睡眠障害に対しても効果があります。

寝る前に白湯を飲むと体が温まり、入眠しやすくなります。

また、白湯を飲むと血流が良くなるので自律神経の働きが正常になり落ち着きます。

そして夕食など食事の際に白湯を飲むことで消化を助けるので食べたものの消化のせいで睡眠が邪魔されることもありません。

白湯の不眠や睡眠障害に対する効果は結果的にお肌などの美容においても効果をもたらします。

Sponsored Link



喫煙は美容の大敵

女性でタバコを吸う人が増えています。

統計によれば、男性の喫煙者は年々減少していますが、女性の喫煙者は増加しています。

タバコを吸い続けていると、顔色や唇の色が悪くなります。

また、タバコは口臭の原因になりますし、髪へのダメージも大きいです。

タバコには依存性があり、なかなかやめられないのですが、白湯を飲むことによりタバコの悪影響を減らしたり、禁煙につながっていくことができます。

タバコを吸っていると、どうしても内臓が汚れますし、血流が悪くなります。

これらは美容において大きな悪影響を及ぼします。

それに対して白湯は血流を良くし、体内の毒素や老廃物を出しやすくします。

また、白湯にはダイエット効果があります。

まれに間違った考え方で食欲を抑える目的でタバコを吸っている女性がいますが、そのような体に悪い事をせずとも白湯によってダイエットが出来ます。

結果的に白湯を飲むという美容法を取り入れたことでタバコを吸わなくなる女性もいます。

 

Sponsored Link



白湯の美容効果を高めるための正しい白湯の作り方

白湯の正しい作り方をご説明します。

1リットルほどのきれいな水とやかん、あるいは鍋を用意してください。

やかんか鍋に水を入れます。

ガスを強くして換気扇も回してください。

換気扇を回すことによりアーユルヴェーダでいわれている「風」の力を入れるのです。

沸騰したら蓋を取って湯気が上るようにします。

火はやかんの底から泡がブクブク立つぐらいの強さにして下さい。

そのまま10分から15分沸騰させてから、カップに入れて飲む準備をします。

カップに入れる分量は150 mlです。

白湯の美容効果を高める水

アーユルヴェーダによれば、白湯を作るときの水は自宅の井戸から汲んだ水が良いとされていますが、現在の日本では自宅で井戸を掘ってある家は少ないです。

そのため、水道水を使います。

浄水器を通した水が望ましいのですが、そのままでもかまいません。

また、ミネラルウォーターで白湯を作っても良いでしょう。

アーユルヴェーダの世界では、自分が住んでいるところに近い場所で湧いているミネラルウオーターをすすめています。

ミネラルウォーターには軟水と硬水があります。

軟水は体に染み込むのが早いです。

硬水はミネラルが豊富なので、便秘の解消におすすめです。

その時の体調により軟水と硬水を使い分けるというのも良いでしょう。

また、最近ではウォーターサーバーのお湯を白湯として飲む人も増えています。

白湯の美容効果を高めるやかん

やかんの材質にも様々なものがあります。

アーユルヴェーダでは、銅のやかんに一晩水を入れ、朝そのまま白湯を作ることを勧めていますが、ステンレスのやかんでもかまいません。

鉄瓶で白湯を作ると鉄分が含まれ、口当たりがなめらかになると感じる方もいます。

女性の場合、鉄分不足で貧血を起こす人が少なくありませんが、鉄瓶で作った白湯には鉄分が含まれています。

この鉄分は体に吸収されやすいです。

電磁調理器や電子レンジで白湯を沸かすのはできれば避けてください。

白湯は基本的に火で沸かしてください。

電気ポットのお湯ではどうかと考える人がいますが、飲まないよりかは飲んだ方が良いといわれています。

なお、白湯のおいしい飲み方や作り方に関しては「白湯のおいしい飲み方・作り方」にて詳しくお伝えしています。

Sponsored Link



白湯の効果的な飲み方

白湯は一気に飲むものではありません。

少しずつちびちび飲むようにします。

いちどに大量の白湯を飲むと体に負担がかかります。

150 mlぐらいの量を5分から10分かけてゆっくり飲んでください。

こうすることにより胃腸などの内臓が温まり、体中の老廃物が流れ落ちてきます。

腸内が綺麗になり、排泄を促します。

白湯は食事中に飲んでもかまいません。

食事をしながら少しずつ飲んでいきます。

こうすることにより消化が良くなります。

体力のない人は食間にも少しずつ飲むようにしてください。

体調の良いときには起きたばかりの時に150 ml 、食事の時に150 mlという具合に飲んでください。

白湯は一日あたり800ml飲むのが目安

定期的に白湯を飲む場合、 1日あたりの量は800 mlぐらいにしてください。

これ以上飲むと体に必要な栄養分まで流されてしまいますので、効果的な飲み方ではありません。

1週間ぐらい飲み続けると、体が良くなってきているのを実感する方が多いです。

体が楽になり、便秘が改善されたなどのよい結果が出てます。

お酒の好きな人は、お酒を飲みながら白湯もちびちび飲むと、白湯の浄化力でお酒の弊害をなくすことができます。

かなり飲んだ状態でも翌日に二日酔いに悩まされることもなくなったという経験をする方もいます。

白湯を飲むタイミングとしては、朝起きてすぐ飲むことにより、体の中から温まると同時に代謝を促してくれます。

食事の時は、食事をしながら少しずつ白湯を飲むようにします。

食事中に飲むと消化が良くなります。

寝る前に白湯を飲むことにより、リラックス効果があるいますので、寝つきがよくなります。

また、翌朝の便通が良くなります。

Sponsored Link



白湯の飲み過ぎに注意

体の調子が良くなると嬉しくなって、白湯をたくさん飲めばさらに大きな効果が得られるだろうと思うかもしれませんが、白湯の飲み過ぎは健康に良くありません。

白湯の1日の適量は800 mlから1リットルです。

これ以上を飲むと、腸内の栄養素が流されてしまうので、体の具合が悪くなってしまうことがあります。

白湯を初めて飲む人には、白湯がまずく感じます。

これは体の中に何らかの支障があるか、あるいは体の中に毒素があるからです。

ところが、体調が良くなるとおいしく感じるようになります。

1週間ぐらい飲み続けていると白湯が甘いと感じる方が多いです。

この頃には体も少しずつ軽くなって、体に何らかの支障があったのが好転しているはずです。

白湯を飲み過ぎると、腎臓の負担が大きくなりますので、適量を飲むようにしてください。

なお、白湯の飲み過ぎに関する詳しい情報は「白湯の飲み過ぎに注意!下痢や頭痛は体からのサイン」にて詳しくお伝えしています。

Sponsored Link



白湯の好転反応について

好転反応とはそれまでと比べて、症状が一時的に悪く感じることです。

白湯の場合も好転反応を感じる方がいます。

体が良い状態になるための症状です。

例えば、白湯を飲むようになってから頭痛、吹き出物、肌荒れ、疲労感、眠気、吐き気、だるさなど人によって様々な症状が出てくることがあります。

それだけ体に毒素が溜まっていたということです。

体が本来の正常な状態になろうとするための準備段階で、好転反応が起きた後は体がどんどん良くなり、自然治癒力も活性化されます。

好転反応に驚かず白湯を飲むことを続けると美容においてはもちろんのこと、様々な好影響を実感できます。

なお、白湯と好転反応に関する詳しい情報は「白湯によるデトックス効果と好転反応」にて詳しくお伝えしています。

Sponsored Link



白湯の美容効果に関するまとめ

白湯には様々な効果があります。

その中でも美容における効果はとても大きいです。

ダイエット効果・美肌効果・髪を美しくする効果・便秘解消効果など様々です。

また、体の不調を改善することが結果的に美容に好影響を及ぼします。

白湯を飲むようにすることで生理痛の改善・生理不順の改善・不眠症の改善などは美容にも良い影響をおよぼすのが想像できると思います。

白湯による美容法は効果が大きいうえに、コストも掛かりません。

ぜひ、日々の生活の中で白湯を飲む習慣を取り入れ美容効果を実感してください!

なお、今回の記事でアーユルヴェーダと白湯に関してお伝えした部分がありました。

アーユルヴェーダと白湯に関する詳しい情報は「アーユルヴェーダで白湯の効果を最大化する方法」にて詳しくお伝えしています。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • 白湯はむくみの解消に効果抜群!

  • 風邪に白湯は効果てきめん!白湯は風邪をひいたときと予防対策のどちらにも効果的!!

  • 白湯の温度を最適にしてダイエットなどの様々な白湯効果を最大化する方法

  • 白湯を寝る前に飲むと便秘やダイエット、睡眠、美肌に効果がある

  • 白湯ダイエットの方法とやり方を全てお伝えいたします!

  • 白湯の飲み過ぎに注意!下痢や頭痛は体からのサイン