1. TOP
  2. 生姜湯
  3. 生姜の飲み物は効果が絶大!レシピ・注意点など全てお伝えいいたします!
Sponsored Link

生姜の飲み物は効果が絶大!レシピ・注意点など全てお伝えいいたします!

生姜湯   10,561 Views

生姜は漢方薬にも使われている通り、古くから体に良い効果をもたらすことが知られています。

そんな生姜を手軽に毎日取り入れるのにおすすめなのが、飲み物に生姜を入れて飲むという方法です。

生姜入り飲み物としてメディアでも生姜紅茶や生姜ココアなどが紹介されており、ダイエットはもちろん健康管理にも役立つことが知られています。

生姜入り飲み物には他にも様々な種類がありますので、好みや時間帯・期待する効果に合わせて生姜を取り入れることができます。

また生姜入り飲み物を飲むときには生姜の特徴や注意点を知っていると、より効果的に取り入れることができます。

生姜入り飲み物にはどのような種類があるのか、生姜入り飲み物の作り方について、生姜の有効成分について、生姜を取り入れるときの注意点について、解説します。

Contents

生姜入りの飲み物を習慣化することはダイエットや健康に効果的

生姜入り飲み物はダイエットや健康のために優れた効果を発揮するので、毎日飲むことを習慣化すると自然と痩せやすい体質になったり体調が改善したりします。

ではなぜそのように優れた働きがあるのでしょうか?

生姜入りの飲み物がダイエットに良い理由

生姜はダイエットに良いと言われていますが、なぜ生姜入りの飲み物がダイエットに良いのか、その理由を解説します。

生姜を飲むと代謝が高まるから痩せやすい

生姜入りの飲み物がダイエットに良い理由の1つ目は生姜が代謝を高めてくれるということにあります。

ダイエットをより効率的に行おうと思ったときにまず大切なことは何もしていないときのカロリー消費を高めることです。

運動でカロリーを消費したり食事制限でカロリーコントロールをしたりするのには限界があります。

そのためまずは基礎代謝を高めて何もしていなくてもこれまでより多くのカロリーを消費できるようにするのです。

生姜が代謝を高めてくれるというのはまさにそういう働きのことを指します。

そのため生姜入り飲み物を飲むことを習慣づけると痩せやすい体質になれるのです。

生姜の脂肪の吸収抑制と燃焼の働きがダイエットにつながる

生姜入り飲み物がダイエットに良い2つ目の理由は、生姜に脂肪の吸収を抑える働きと脂肪の燃焼を促進する働きがあるからです。

脂肪の吸収を抑えてくれるのは生の生姜に多く含まれているジンゲロールという成分で、脂肪燃焼を促進してくれるのは加熱した生姜に多く含まれているショウガオールという成分です。

脂肪をつきにくくすると同時に落としやすくしてくれる生姜は、ダイエットをするなら絶対に活用したい食材と言えるでしょう。

生姜の血管拡張作用で冷えを根本から解消できる

生姜入り飲み物がダイエットに良い3つ目の理由は、生姜が冷えを根本から解消してくれるからです。

自分の体で脂肪が気になる部分を触ってみると他の部分と比較してひんやりしていることが分かります。

これはどういうことかというと、冷えていると痩せないということです。

冷えは血流が悪くなっていると起こりやすいので、冷えを解消して痩せやすい状態を作るためには血流を良くすることが重要です。

加熱した生姜に含まれるジンゲロンは血管を拡張して手足の先の隅々まで血流が滞りなく行き渡るようにしてくれます。

そのためひんやりとした部分が無くなります。

また血流が良くなるということは溜め込んでいた老廃物の排出が促進されることにつながりますから、デトックスにより痩せやすい体作りもできるのです。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜入りの飲み物で期待できる健康効果

生姜入り飲み物には健康効果も期待できます。

どのような健康効果が期待できるのか具体的に見ていきましょう。

生姜入りの飲み物は抗炎症作用と鎮痛作用で関節炎・筋肉痛・偏頭痛などの症状を抑える

生姜には抗炎症作用と鎮痛作用があることが知られています。

そのため炎症によって引き起こされる痛みの症状を和らげて改善してくれるのです。

例えば関節炎や筋肉痛・偏頭痛などの症状を緩和してくれることが知られています。

生姜入りの飲み物は生理痛など婦人科系の不調を改善する

婦人科系の不調には様々なものがありますが、その多くが血行不良と関わりがあると言われています。

多くの女性は血行不良と冷えに悩まされていますが、その結果として婦人科系の病気や不調を抱えてしまうということがあるのです。

生姜入り飲み物を飲むと体が芯から温められますし、血管の拡張作用によって血流も改善します。

そのため冷えを根本的に解消できるので、生理痛など婦人科系の不調も改善していくことが期待できます。

生姜入りの飲み物は炭水化物と脂肪の燃焼を促進するから糖尿病の予防・改善に役立つ

生姜入り飲み物を飲むことは炭水化物と脂肪の燃焼を促進することにつながります。

なぜ生姜が炭水化物と脂肪の燃焼を促進させるかというと、それは生姜にインスリンの分泌を促してくれる働きがあるからです。

そのため生姜は糖尿病にも良い食材ということが言えますが、その働きは予防にも発症後の改善のためにも効果的と言われています。

生姜入りの飲み物は抗炎症作用と抗酸化作用はがんに働きかける

生姜入り飲み物はがんへの働きも期待されています。

なぜなら抗炎症作用と同時に抗酸化作用もあるからです。

がんは活性酸素が原因の病気ということが分かっていますので、がんの予防や改善のためには抗酸化物質を上手に取り入れて活性酸素を取り除くことが重要です。

生姜にはその働きがあるので抗がん作用が期待できるというわけです。

また生姜には抗がん剤などがんの治療のために使われる薬の解毒効果があることも分かっていますので、薬による治療と同時に生姜を意識して取り入れることで副作用を軽減することも期待されています。

生姜入りの飲み物は消化器系の不調を改善し吐き気を抑える

生姜入り飲み物は消化器系の調子を整えてくれる働きもあります。

特に吐き気には有効です。

吐き気はセロトニンという脳内物質が胃腸を刺激することで引き起こされるのですが、生姜はセロトニンの働きを抑制する役目をしているので吐き気を抑えることができます。

また妊娠中であればつわりによる吐き気をもよおすことがありますが、これにも生姜が効果的であることが分かっています。

生姜入りの飲み物は認知症の予防・改善にも効果を発揮

生姜入り飲み物は認知症の進行を食い止めることも分かってきています。

研究結果によると、生姜は認知症を食い止めるための治療薬と同じようにアセチルコリンエステラーゼの働きを抑制することが分かったのです。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜入り飲み物の種類とレシピ

生姜入り飲み物には様々な種類がありますので、好みに合った飲みやすいものを選んだり、期待する効果に合わせたものを選んだり、その日の気分に合わせて選んだりと自由度が高いのが魅力です。

そんな生姜入り飲み物の中でも、

  • 生姜湯
  • 生姜紅茶
  • 生姜ココア

について具体的に見ていきます。

また他にもたくさんの種類がある生姜入り飲み物の一部を紹介します。

生姜湯は最もシンプルな生姜の飲み物

生姜湯は生姜入り飲み物の中でも最もシンプルです。

生姜さえあればいつでも作れる飲み物なので、生姜入り飲み物を習慣にしようと思ったときにはまず生姜湯から始めてみると良いでしょう。

生姜湯の作り方

生姜湯の作り方は簡単です。

  1. カップにすりおろした生姜を入れる
  2. お湯を注ぐ

という2ステップで完成します。

しかし飲み始めは生姜とお湯だとシンプル過ぎて味気なく感じてしまうかもしれません。

そんなときにおすすめの生姜湯のアレンジレシピを紹介します。

生姜湯にはちみつを加えれば栄養たっぷり

生姜湯にはちみつを加えるレシピは簡単にできる上、甘味がプラスされることで飲みやすさも抜群です。

加えるはちみつは純粋はちみつを選ぶことでビタミンB群など美容に良い栄養も同時に取り入れることができます。

はちみつの栄養を壊さずに取り入れるためには、生姜湯が60度以下になってからはちみつを加えるようにしましょう。

60度以上ではちみつを入れてしまうとせっかくのはちみつの栄養が全て壊れてしまうからです。

ただしはちみつは糖質が多いので入れ過ぎ・飲み過ぎには注意しましょう。

生姜湯に葛を入れてぽかぽかあたたまる働きをアップ

生姜湯に葛をプラスするとぽかぽかが更にアップする最強の冷え対策ドリンクになります。

葛は葛餅の材料にもなっているもので、体を温めてくれる働きがあると言われていますから、生姜湯と一緒にとることで相乗効果が期待できるのです。

とろみがつくことで温かい生姜湯が冷めにくくなるという利点もありますし、お腹にもたまりやすくなるのでダイエット中の間食にも向いています。

生姜湯に葛を入れる場合には、まず葛をお湯で練るようにしましょう。

しっかり練ってとろみがついてから生姜を加えると完成です。

風邪対策なら生姜湯にレモンがおすすめ

生姜湯は昔から風邪対策に良いと言われています。

風邪対策のために生姜湯を飲むのであればレモンをプラスするのもおすすめです。

生姜の殺菌作用や免疫力を高める働き・体を温める働きに加えて、レモンのビタミンを摂取することができるので、風邪により良い働きが期待できます。

生姜湯にコンソメや鶏がらスープをプラスすれば食事にもぴったりのスープに

生姜湯を食事のときに飲みたいという場合には、コンソメや鶏がらスープをプラスしてみてください。

これだけでおいしいスープのできあがりです。

具沢山のスープを作って生姜をとるとなると一手間ですが、生姜湯に好みのスープの素を入れるだけなら簡単にできて便利です。

生姜湯については『生姜湯のダイエット効果が凄い!』『生姜湯の効果はこんなにある!驚きの生姜パワーについて』もご覧ください。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜紅茶で生姜と紅茶の良いところを同時に摂取

生姜入り飲み物として生姜紅茶も人気です。

生姜のダイエットや健康への働きと同時に、紅茶の良い働きも取り入れることができます。

紅茶の働きとして代表的なものは、

  • 抗酸化作用により病気や美容を妨げる原因になる活性酸素を取り除く
  • 紅茶カテキンの糖分分解酵素、カフェインの脂肪分解と脂肪燃焼促進作用によるダイエット効果
  • 豊富なビタミンやミネラルの働きにより新陳代謝を助ける
  • 殺菌作用があるので風邪やインフルエンザ対策ができる
  • 疲労回復やストレス解消の働き
  • 高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防・改善
  • 抗がん作用があるのでがんになりにくい体作りができる

です。

生姜と紅茶の両方の働きを同時に取り入れることで相乗効果を期待することもできます。

生姜紅茶の作り方

生姜紅茶を作るためにはまずおいしく有効成分がたっぷり抽出された紅茶をいれましょう。

紅茶の有効成分をしっかりと抽出するためには、

  • 熱湯でいれること
  • しっかり蒸らすこと

が重要です。

では紅茶のいれ方を紹介します。

  1. ティーポットにお湯を入れて温める
  2. お湯を捨ててポットに3gの茶葉を入れる
  3. 熱湯を注いで3分間蒸らす
  4. カップに最後の1滴まで注ぎきる

ティーバッグでいれる場合には下記の通りです。

  1. カップにお湯を入れて温める
  2. お湯を捨てて熱湯を入れる
  3. ティーバッグを入れて1分間蒸らす
  4. ティーバッグを取り出す(スプーンでぎゅっとこしたりはしない)

こうしていれた紅茶にすりおろした生姜や乾燥生姜のパウダーを入れれば生姜紅茶のできあがりです。

生姜紅茶に甘味を加えるなら黒糖やはちみつで

ストレートの紅茶が飲めないという人もいるかと思いますが、その場合には黒糖やはちみつで甘味を加えるのがおすすめです。

通常の砂糖だと糖分のみがプラスされることに加え、体を冷やしてしまう食材と言われているからです。

黒糖やはちみつなら体を温めてくれますしミネラル分など栄養も豊富なので生姜紅茶にプラスするのにもってこいと言えます。

また紅茶のコクのある味わいが苦手という場合には、ニルギリやディンブラなどさっぱりとした味わいの紅茶を選ぶというのも生姜紅茶を飲みやすくするコツです。

市販のティーバッグでもメーカーによって味わいが異なるので、飲みやすいものを探してみてください。

生姜紅茶に牛乳を加えればチャイ風の飲み物になる

ミルクティーが好きな人は生姜紅茶に牛乳を加えてみてください。

スパイスを加えたインドのミルクティー・チャイのような味わいになります。

生姜紅茶に牛乳を加える場合には、紅茶をいれるときの熱湯の分量を半分にしておくと紅茶が薄まることなくおいしいミルクティーができます。

エスニックが好きなら生姜紅茶にスパイスをプラスして

生姜紅茶にカルダモンやシナモン・クローブなどのスパイスをプラスして飲むのもおすすめです。

スパイスの働きでより温まりやすくなりますし、複数のスパイスを加えることで奥行きのある香りを楽しむこともできます。

スパイスの組み合わせでアレンジを楽しむのも良いでしょう。

生姜紅茶については『生姜紅茶のダイエット効果が凄い!そのやり方や方法とは?』『生姜紅茶の効果はダイエットをはじめとして多数あります!』もぜひ参考にご覧ください。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜ココアは便秘解消に役立つお助けドリンク

生姜ココアは特に便秘解消におすすめの生姜入り飲み物です。

ココアの働きによって腸のむくみが改善され正常な状態に戻ることで、便秘が解消されたりぽっこりお腹が改善したりします。

生姜ココアの作り方

生姜ココアを作るときにはココアを用意します。

ここで注意したいのがココアは砂糖の入っていないピュアココア(純ココア)を用意するということです。

ピュアココアは食物繊維も豊富に含まれていますし、ポリフェノールによって善玉菌を増やし腸内環境を整える働きも期待できるからです。

ピュアココアが用意できれば生姜ココアは簡単に作ることができます。

  1. お湯にココアを溶く
  2. 乾燥生姜の粉末を加える

これで完成です。

  1. 生の生姜をすりおろして作る場合には、
  2. すりおろした生姜と水をカップに入れる
  3. 電子レンジで温める(500wなら4分、750wなら3分)
  4. レンジで温めてできた生姜湯にココアを混ぜる

粉末の乾燥生姜を使えばより手軽にできますので、乾燥生姜を作って常備しておくか市販の乾燥生姜を用意しておくのがおすすめです。

生姜ココアに豆乳を加えてまろやかで飲みやすく

生姜ココアは甘味を加えずにそのまま飲むのが基本ですが、それでは飲みづらいと感じる人もいるでしょう。

その場合にまずおすすめしたいのが豆乳を加えることです。

お湯の分量を少なめにして代わりに温めた豆乳を加えればまろやかで飲みやすい味わいになります。

豆乳の大豆イソフラボンなども同時にとれるようになりますので、美容にも良い効果が期待できるでしょう。

生姜ココアにバナナで甘味をプラス

生姜ココアにバナナを加えて自然の甘味を加えることもできます。

バナナはつぶしてから電子レンジで30秒ほど加熱するとより甘味が増します。

加熱したらあとは生姜ココアに混ぜれば完成です。

生姜とココアの働きに加え、バナナの食物繊維による整腸作用が期待できますし、腹持ちが良くなるのも嬉しいポイントです。

生姜ココアに甘酒を加えて美肌にも疲労回復にも

生姜ココアと甘酒の組み合わせもおいしいと評判です。

甘酒は飲む点滴と言われるほど栄養豊富で、肌の保湿や新陳代謝の活性化をしてくれる美容に欠かせない飲み物です。

ココアと合わせるというのに違和感を感じる人もいるかもしれませんが、程よい甘味がちょうどいいドリンクになります。

甘酒と豆乳を合わせて温め、そこに乾燥生姜のパウダーとココアを加えれば完成です。

プラス生姜でおいしくダイエットや健康に役立つ飲み物

生姜入り飲み物として

  • 生姜湯
  • 生姜紅茶
  • 生姜ココア

を紹介しましたが、生姜入り飲み物は他にもたくさんあります。

生姜緑茶

生姜緑茶は緑茶にすりおろした生姜や生姜パウダーを加えることで簡単に作ることができます。

生姜にも緑茶にも良い働きがあることが分かっていますが、同時に摂取することで緑茶に含まれるカテキンの吸収率が高まるというふうに言われています。

日常的に飲むことの多い緑茶の場合、毎日の習慣にしやすいというのも利点です。

生姜りんごジュース

生姜りんごジュースはりんごジュースに生姜を加えれば完成です。

りんごジュースは冷たいままでも温めてもどちらでも構いません。

夏は冷たく爽やかに、冬は温めてぽかぽかするようにしても良いでしょう。

生姜ホットミルク

生姜ホットミルクは夜眠る前の生姜入り飲み物として最適です。

牛乳と生姜パウダーをカップに入れて電子レンジで温めれば簡単に作れます。

好みでシナモンやはちみつを加えても良いでしょう。

ホットミルクは、

  • カルシウムによるリラックス効果
  • ビタミンB12による自律神経の調整作用
  • トリプトファンによる鎮静効果のあるセロトニンの分泌促進

などの働きがあると言われており、質の良い睡眠に役立つ食材と言われています。

また牛乳に含まれる乳糖が腸内の環境を整えてくれるので、便秘改善にも役立つことが分かっています。

生姜と牛乳を同時に摂取すれば生姜の体を温める働きと相まって、より深く上質な眠りを得られるでしょう。

生姜甘酒

甘酒に生姜を加えた生姜甘酒は美容のために生姜をとりたい人にとって欠かせない生姜入り飲み物です。

甘酒にはたくさんの栄養が含まれていて美肌に役立つことが分かっていますし、発酵食品なので整腸作用も期待できます。

甘酒は砂糖が入っていなくても充分に甘いので、生姜の辛味が苦手という人でも生姜甘酒にすると飲みやすいということが多いでしょう。

生姜レモンスカッシュ

生姜レモンスカッシュは暑い日に特におすすめの生姜入り飲み物です。

作り方を紹介します。

1グラスにレモン果汁1個分・すりおろした生姜小さじ1・はちみつ大さじ3を入れてよく混ぜる
2炭酸水と氷を入れる

もっと簡単に作りたい場合には、レモン果汁の入ったサイダーに生姜を加えるとすぐに生姜レモンスカッシュになります。

手軽に楽しみたい場合にはそちらもおすすめです。

生姜のサワードリンク

生姜のサワードリンクは生姜を砂糖とお酢で漬けたシロップを薄めて飲む生姜入り飲み物です。

基本の材料は下記の通りです。

  • 生姜
  • 氷砂糖

これを生姜:氷砂糖:酢=1:1:2でビンに入れ、1週間程度でシロップが完成します。

シロップを作るときには生姜だけでなく、レモンやりんごなどを加えてもおいしくできるのでおすすめです。

できたサワードリンクのシロップは好きな飲み物で薄めて飲みます。

水はもちろん、炭酸水、お茶、ジュース、牛乳など好みの飲み物で組み合わせを楽しんでみてください。

生姜は好みの飲み物に入れてOK

これまで様々な生姜入り飲み物を紹介しましたが、生姜は基本的にどんな飲み物にでも入れることができます。

そのため無理に生姜紅茶や生姜ココアを作ろうとしなくても、自分が続けやすい飲み物に生姜を入れてみることから始めると良いでしょう。

特に生姜と炭酸は相性が良いので、コーラやサイダーともおいしく飲むことができます。

乾燥生姜のパウダーや生姜の絞り汁など市販されているものを常備しておくと、ペットボトルなどにもすぐに加えられるので手軽に生姜入り飲み物が作れて便利です。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

飲み物に入れる生姜は期待する効果によって加熱・非加熱を使い分ける

生姜にはたくさんの効果効能があることが知られていますが、実は生の生姜と加熱した生姜では得られる効果に違いがあります。

生姜は漢方薬にも使われていますが、生の生姜を生姜(ショウキョウ)・加熱した生姜を乾姜(カンキョウ)と呼び使い分けられています。

つまり生姜入り飲み物を飲む場合にも、期待する効果によって生の生姜と加熱した生姜を使い分けることが重要なのです。

ダイエットや冷え対策なら加熱した生姜を飲み物に入れよう

生姜入り飲み物をダイエットや冷え対策のために取り入れるのであれば、生姜は必ず加熱したものを使用しましょう。

なぜなら加熱した生姜は体を芯から温めてくれる成分が多く含まれているからです。

加熱した生姜はショウガオールとジンゲロンが増加する

生の生姜にはジンゲロールという成分が含まれていますが、加熱した生姜はジンゲロールが変化したショウガオールとジンゲロンが多く含まれています。

ショウガオールは体を芯から温めてくれますし脂肪の燃焼を促進させる働きがあります。

ジンゲロンは血管を拡張して血流を良くし、体の隅々まで血液を届けることで冷えを改善してくれます。

そのためダイエットや冷え対策のためには加熱した生姜を飲み物に加えることが大切なのです。

生姜を加熱する方法

生姜を加熱するといっても何も考えずに煮たり焼いたりすれば良いというものではありません。

生姜は加熱した方がダイエットや冷え対策には役立ちますが、100度を超えると有効成分のショウガオールやジンゲロンは破壊されてしまうからです。

ここでは生姜の加熱の仕方を解説します。

生姜を加熱して乾燥生姜を作る方法と保存の仕方

生姜を加熱して乾燥生姜を作る手順は下記の通りです。

  1. 生姜を洗ってから皮のままスライスする
  2. 重ならないように蒸し器に並べて30分程度蒸らす(甘い香りがするまで)
  3. 蒸した生姜を取り出して干す
  4. しっかり乾燥したら常温で保存する

蒸し器が無い場合はシリコンスチーマーを使って電子レンジで10~15分加熱しても生姜を蒸すことができます。

ただし生姜をそのまま電子レンジに入れるのは発火の危険があるので決してやらないでください。

できあがった乾燥生姜は風味を保つために常温保存しましょう。

そのまま乾燥剤と一緒に保存しておいても良いですし、フードプロセッサーなどで粉末にしておいても便利です。

レンジで生姜を加熱する方法

レンジで生姜を加熱する場合には、カップにすりおろした生姜とひたひたの水を入れてレンチンするだけで完成です。

500wなら4分間、750wなら3分間が目安ですが、最初はこまめにチェックして温度のあがり過ぎに注意しましょう。

市販の乾燥生姜も体を芯から温める

自分で乾燥生姜を作ったり電子レンジで生姜を加熱したりするのが手間という場合には、市販の乾燥生姜や生姜パウダーを活用しましょう。

これらも自分で作った乾燥生姜と同じようにショウガオールとジンゲロンが豊富で体を温めてくれる働きがあります。

風邪対策なら非加熱の生姜を飲み物に加えましょう

生姜入り飲み物を風邪対策のために飲みたいのなら生姜はできるだけ生のまま加えるのがベストです。

なるべく熱が入らないように、飲み物に加えるときも60度以下に冷めてからすりおろした生姜を加えるようにします。

生姜のジンゲロールとショウガオールは60度で加熱されるたときに半々の分量になることが分かっていますので、風邪対策に特に有効なジンゲロールを多く摂取したい場合には60度以下の飲み物に加えるのがベストです。

生の生姜には殺菌作用の高いジンゲロールが豊富

なぜ風邪対策に生の生姜が良いのかというと、生の生姜に含まれるジンゲロールに高い殺菌作用があるからです。

ジンゲロールの高い殺菌作用によって体内の細菌やウィルスを退治できるので、風邪対策に効果的というわけです。

また免疫力を高める働きや、発汗を促して熱を下げる働きもありますので、風邪の症状が本格的に出始めた後の対策にもなります。

手作りの生姜シロップを常備しておくと風邪対策に便利

生の生姜に含まれるジンゲロールの働きを風邪のときに速やかに取り入れたいのであれば、生姜シロップを常備しておくのが良いでしょう。

スライスした生姜とはちみつを1:1でビンに入れておけば生姜シロップのできあがりです。

シロップを加熱して作る方法もありますが、ジンゲロールを多く摂取する目的であれば加熱しない方が良いでしょう。

できあがったシロップは好みの飲み物で割ったり、そのままヨーグルトに加えて食べたりすることもできます。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜入りの飲み物を飲むタイミング

生姜入りの飲み物は飲むタイミングによって体への働きかけが違ってきます。

そのため期待する効果に合わせて飲む時間帯を意識すると良いでしょう。

朝の生姜入り飲み物は代謝アップにつながる

生姜入り飲み物を朝飲むと1日の代謝を高めることにつながります。

何もせずに1日を過ごすよりも生姜入り飲み物を飲んだ方が代謝が高まりますので、ただ飲むだけで痩せやすい状態を作れるというわけです。

また体がぽかぽかした状態を作れますから、冬場の朝に冷え切った手足を温めるのにもおすすめです。

夜の生姜入り飲み物は深い睡眠を促進する

夜に生姜入り飲み物を飲むと深い睡眠をとることができます。

体が温まった状態で布団に入るとスムーズに眠りにつけるからです。

深い睡眠は眠っている間の成長ホルモンの分泌を良くします。

成長ホルモンは成長期にはもちろんですが、ダイエットをしたい人や体を鍛えたい人にとっても重要なホルモンですから、充分な睡眠をとれるように睡眠前に生姜入り飲み物で体をぽかぽかにしておきましょう。

3時間おきの生姜入り飲み物で生姜の力を常に働かせる

生姜の働きは1度飲めばずっと持続するというものではありません。

生姜の働きはおよそ3時間程度できれてしまいますので、生姜入り飲み物を3時間ごとに飲むと常に生姜が体に働きかけてくれる状態が作れます。

食事とおやつのタイミングを目安に3時間ごとに生姜入り飲み物を飲むことを習慣づけると良いでしょう。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜を飲み物に入れる際に注意するべきこと

生姜は体に良いのでたくさん取り入れたい食材ですが、いくらでも摂取して良いというものではありません。

また生姜の働きが逆効果になってしまうこともあります。

生姜入り飲み物を飲むときには生姜を取り入れる際の注意点を意識しておくことが大切です。

生姜の1日の摂取量は10gが目安

まず重要なのは生姜の1日の摂取量を10gまでにすることです。

生姜は確かに体に良い食材ですが、刺激が強いので過剰に取り過ぎると胃痛などを引き起こす可能性があります。

そのため10gを目安に加減するようにしましょう。

1日に5杯の生姜入り飲み物を飲みたいと思ったら、1回分に入れる生姜は2g以内に抑えるようにしてください。

生姜の働きを最大限に活かすなら砂糖など甘味は加えない

生姜入り飲み物は甘味がないと飲みづらいと感じる人もいるかもしれません。

しかし生姜の働きを最大限に活かしたいのであれば、できるだけ砂糖は加えないようにするのが正解です。

毎回砂糖を入れていると糖分の取り過ぎになってしまいますし、砂糖は体を冷やす食材と言われているからです。

甘味を加えたいのであればはちみつや黒糖を使うようにしましょう。

分量もできるだけ少量に抑えて徐々に少なくしていけば、段々と慣れて甘味が無くても生姜入り飲み物を飲めるようになっていきます。

高熱が出ているときや皮膚が乾燥しているときは生姜を飲まないようにする

生姜入り飲み物は体を温めてくれますが、高熱が出ているときや皮膚が乾燥した状態など体が熱を持っているときには向いていません。

そうしたときに生姜を飲むことで症状が悪化してしまう恐れもありますから、そうした症状があるときには生姜入り飲み物は控えましょう。

胃が弱い人は空腹時に生姜入り飲み物を飲まない

生姜は刺激が強い食材なので、元々胃腸が弱い人の場合には生姜が原因で胃痛になってしまうということもあります。

胃が弱くて胃痛が心配という場合には、生姜入り飲み物を飲むタイミングを食後にしてみてください。

すると生姜の刺激が和らぐので胃痛になりにくくなります。

生姜入り飲み物を上手に取り入れてダイエットや健康に役立てましょう

生姜入り飲み物はダイエットや健康のために欠かせないということが分かりました。

生姜は100度以上に熱すると有効成分が破壊されてしまいますが、飲み物に加える形で取り入れれば有効成分をそのまま摂取することができます。

しかも生姜入り飲み物にできる種類は多く、話題の紅茶やココアはもちろん緑茶や牛乳・甘酒などに加えることもできます。

好みの飲み物や毎日飲んでいる飲み物に加えればすぐに生姜を習慣化することができますので、生姜入り飲み物は生姜を取り入れるためのとても優れた方法と言えるでしょう。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 妊活に睡眠が重要なワケとは?睡眠のための生活習慣や睡眠薬の影響についても解説します!

  • 妊活と年齢の関係は?妊活を始める年齢、男性の妊活と年齢の関係、についても解説します!

  • 妊活でやることとは?妊活中の過ごし方、検査や治療についてはもちろん、低温期や2人目不妊でやることも解説!

  • 妊活中の生理期間はどう過ごす?落ち込んでしまうときの対処法や着床出血との違いも解説!

関連記事

  • 生姜葛湯は健康効果が抜群!その効能の全てと作り方もご紹介します!

  • 生姜湯の効果はこんなにある!驚きの生姜パワーについて

  • 生姜はちみつドリンクは簡単・おいしい・効果的!

  • 生姜湯のダイエット効果が凄い!

  • 生姜湯は風邪への効果が抜群!予防や対策するときの正しい方法

  • 生姜紅茶の効果はダイエットをはじめとして多数あります!