1. TOP
  2. 水道水
  3. 妊婦は水道水を飲んでも安全か
Sponsored Link

妊婦は水道水を飲んでも安全か

水道水   3,150 Views

妊婦さんは水道水を飲んでも良いのでしょうか。

水道水は、私たちの生活の基本であり、直接飲むこともあれば、コーヒーを入れたり、料理をするのに使ったりすることもあるでしょう。

様々な用途がある水道水だからこそ、安全でおいしい水道水の需要が高まってきています。

とりわけ妊婦さんは、すでに自分だけの体ではありませんのでより安全な水道水を飲んでおきたいと思うことでしょう。

では、日本の水道水は妊婦さんが飲んでも本当に安全なのでしょうか。

この記事では、水道水に含まれている安全性を水道水の成分から考察します。

また、妊婦さんにおすすめの浄水器や、飲み物も合わせてご紹介したいと思います。

妊婦の皆さん、あるいは家族に妊婦がいる方はどうぞこの記事を最後まで読んで、母子ともに安全な水道水を飲むように心がけてください。

Sponsored Link



妊婦さんに対する水道水の影響

妊婦になると、食べるもの飲むものに気を付けなければならないのは周知の事実です。

コーヒーのカフェインやお酒のアルコール、タバコのニコチンなどを飲んではいけないのはもちろんで、妊婦のあなたももちろん控えていることと思います。

しかし水道水にも、いろいろな成分が含まれています。

毎日飲む水道水にわずかでも影響力があるなら、その蓄積された水道水が妊婦さんに影響を与える可能性があります。

特に妊娠後期になると、1日500mlもの羊水を赤ちゃんが飲んでいますので、その影響力は侮れません。

子供のアレルギーやぜんそくは、妊婦の時に飲んでいる水が影響するとも考えられており、妊婦さんは安全な水を飲むことは重要です。

では、日本の水道水は本当に安全なのでしょうか。

基本的に日本の水道水は安全

結論からいいますと、日本の水道水は安全です。

なぜなら、厚生労働省は51項目もの安全基準を設定して、それを徹底的に管理しているからです。

厚生労働省が定めている51項目は下記のとおりです。
水質基準項目と基準値(51項目)
水道水は、水道法第4条の規定に基づき、「水質基準に関する省令」で規定する水質基準に適合することが必要です。

(平成 27 年4月1日施行)

項目 基準 項目 基準

項目  基準  項目 基準
 一般細菌  1mlの検水で形成される集落数が100以下  総トリハロメタン  0.1mg/L以下
 大腸菌  検出されないこと  トリクロロ酢酸  0.03mg/L以下
 カドミウム及びその化合物  カドミウムの量に関して、0.003mg/L以下  ブロモジクロロメタン  0.03mg/L以下
 水銀及びその化合物  水銀の量に関して、0.0005mg/L以下  ブロモホルム  0.09mg/L以下
 セレン及びその化合物  セレンの量に関して、0.01mg/L以下  ホルムアルデヒド  0.08mg/L以下
 鉛及びその化合物  鉛の量に関して、0.01mg/L以下  亜鉛及びその化合物  亜鉛の量に関して、1.0mg/L以下
 ヒ素及びその化合物  ヒ素の量に関して、0.01mg/L以下  アルミニウム及びその化合物  アルミニウムの量に関して、0.2mg/L以下
 六価クロム化合物  六価クロムの量に関して、0.05mg/L以下  鉄及びその化合物  鉄の量に関して、0.3mg/L以下
 亜硝酸態窒素  0.04mg/L以下  銅及びその化合物  銅の量に関して、1.0mg/L以下
 シアン化物イオン及び塩化シアン  シアンの量に関して、0.01mg/L以下  ナトリウム及びその化合物  ナトリウムの量に関して、200mg/L以下
硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素  10mg/L以下  マンガン及びその化合物  マンガンの量に関して、0.05mg/L以下
 フッ素及びその化合物  フッ素の量に関して、0.8mg/L以下  塩化物イオン  200mg/L以下
 ホウ素及びその化合物  ホウ素の量に関して、1.0mg/L以下  カルシウム、マグネシウム等(硬度)  300mg/L以下
 四塩化炭素  0.002mg/L以下  蒸発残留物  500mg/L以下
 1,4-ジオキサン  0.05mg/L以下  陰イオン界面活性剤  0.2mg/L以下
 シス-1,2-ジクロロエチレン及び トランス-1,2-ジクロロエチレン  0.04mg/L以下  ジェオスミン  0.00001mg/L以下
 ジクロロメタン  0.02mg/L以下  2-メチルイソボルネオール  0.00001mg/L以下
 テトラクロロエチレン  0.01mg/L以下  非イオン界面活性剤  0.02mg/L以下
 トリクロロエチレン  0.01mg/L以下  フェノール類  フェノールの量に換算して、0.005mg/L以下
 ベンゼン  0.01mg/L以下  有機物(全有機炭素(TOC)の量)  3mg/L以下
 塩素酸  0.6mg/L以下  pH値  5.8以上8.6以下
 クロロ酢酸  0.02mg/L以下  味  異常でないこと
 クロロホルム  0.06mg/L以下  臭気  異常でないこと
 ジクロロ酢酸  0.03mg/L以下  色度  5度以下
 ジブロモクロロメタン  0.1mg/L以下  濁度  2度以下
 臭素酸  0.01mg/L以下  (空白)  (空白)

 

引用元:厚生労働省「水質基準項目と基準値(51項目)」より
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/kijun/kijunchi.html

このように、水道水は審査の基準が非常に厳しく、実はミネラルウォーターよりも厳しく管理されています。

それで、日本の水道水は基本的に安全であるという事ができます。

 

Sponsored Link



妊婦さんにはどんな水がよいか

妊婦さんは、水を必要としています。

妊娠すると血液量が50%増加し、それだけ妊婦さんは水分を必要としています。

できれば1日に2リットル~2.5の水を飲むように心がけてください。

このようにたくさんの水道水を飲むことにより、血液がサラサラになり、赤ちゃんの発育を促すことになります。

妊婦さんは、軟水がいいというイメージがあるかもしれませんが、あまりにも硬度が高すぎると妊婦さんの体に負担になりますが、適度なミネラルが含まれている硬水は、便秘の解消にもつながります。

水道水に含まれている有害物質と妊婦さんへ影響

さて、水道水は基本的に安全ですが、妊婦さんはとりわけ気を付けなければなりません。

水道水には、塩素、トリハロメタン、鉛、MDA(メチレンジアニリン)、放射能物質など水道局が取り除いていない、あるいは水道局が投入しているいろいろな有害物質があります。

これらは、基本的に妊婦さんにも「安全」とされていますが、本当に安全かどうかははっきりしたことがわかっていなこともあります。

なお、水道水に含まれている成分の安全性について詳しくは、「水道水の成分は本当に安全ですか?」に解説されていますので合わせてお読みください。この記事では、水道水に含まれている有害な成分やそれを取り除く方法について説明されています。

それでこの記事を参考にして、水道水の危険性を最小限に抑えるようおすすめします。

Sponsored Link



妊婦さんには逆に危険?煮沸した水道水

水道水はなんとなく煮沸させると安全と思っている人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、煮沸させると安全なのは海外の一部の水道水の話。

海外の水道水の一部は、塩素を使っていないため、そのまま飲むと一般細菌や大腸菌などがいるため腹痛の原因になったりします。
(もっとも煮沸させただけで安全とは限りませんので、基本的に海外はミネラルウォーターを飲むことをおすすめします。)

さて、日本の水道水は、しっかりと塩素が入っていますので煮沸して初めていなくなる菌はいません。

むしろ水道水を煮沸させることによって塩素はなくなりますが、トリハロメタンという有害物質が増え、それが妊婦さんに良くない影響を与えるようです。

米国カリフォルニア州健康局は、妊婦さんがトリハロメタンを含む水道水を飲むことに警告を発しています。

同局によると、1リットルあたり0.075ミリグラム以上のトリハロメタンを含む水道水を毎日飲むと、流産する可能性が9.5%から15.7%になるという調査結果を出しています。

沸騰させるだけではだめ!妊婦さんに飲ませる水道水

日本の水道水のトリハロメタン量は、1リットル当たり0.06mgとなっています。

なので、生の水道水を飲んでも妊婦さんには問題がないとされています。

しかし、前述しましたようにトリハロメタンは沸騰すると一時的に増えてしまうという特徴があるので、沸騰させた水道水を毎日妊婦さんに飲ませるのは少し危険です。

トリハロメタンは揮発性がありますので、やかんのふたを開けたまま10分間沸騰させ続けると、水道水のトリハロメタンを完全に除去することができます。

それで沸騰させた水道水を妊婦さんが飲む場合は、10分間以上沸騰してから飲むようにしてください。

 

Sponsored Link



妊婦さんに水道水を使って安全か

妊婦さんには、水道水を使って安全かどうか不安要素を全て検証していきましょう。

放射能汚染された水道水は妊婦さんに安全か

2011年3月11日、東日本大震災が発生してから、日本の水道水の放射能汚染は安全かどうかが注目されてきました。

とりわけ妊婦さんは、胎児に悪い影響がないかどうか心配かもしれません。

確かに、福島原発事故後3カ月間は、高い放射性ヨウ素の値が検出されてきました。

しかし、2012年になるころには、福島県を含むほとんどの地域に放射性ヨウ素は検出されていません。

検出されている地域もごくわずかで、基準値の1000分の1程度であり、妊婦さんを含め人体にほとんど影響はありません。

もちろん、放射能の危険性はまだわかっていないことも多く、後になってその影響があることがわかることも十分考えられますが、その可能性はごくわずかであるという事ができるでしょう。

なお、放射能による水道水への影響について詳しくは、「水道水の放射能とその影響に関する最新情報!」に解説されていますので合わせてお読みください。この記事では、福岡原発事故直後から2017年現在に至るまで、放射能の影響力はどうなったのか具体的に扱われています。

 

Sponsored Link



東京の水道水は妊婦さんに安全か

関東の中でも環境汚染が騒がれている東京ですが、東京の水道水は妊婦さんに安全なのでしょうか?

意外なことですが、東京の水道水は日本の中でもトップレベルに美味しくなっています。

東京の水道水は、以前は日本一まずい水と酷評されていました。

しかし、1992年高度浄水処理を開始してから東京の水道水は劇的に変化してきました。

現在では、東京の水道水がペットボトルで市販されているほど、その美味しさや安全性が保障されています。

それで、妊婦さんにも東京の水道水は安全でおいしいということができます。

なお、東京都の水道水について詳しくは、「東京の水道水は飲めるのか」に解説されていますので合わせてお読みください。この記事では、東京の水道水がまずいと思われている理由と、それがどのように改善されていたかについて扱われています。

水道水で作った麦茶は妊婦さんに安全か

水道水は妊婦さんに危険である、という認識から麦茶を作る時に水道水で作るのが安全かどうかを心配される方もいます。

しかし、すでに記述しました通り、基本的に日本の水道水は安全なので、水道水で作った麦茶も、妊婦さんは安心して飲むことができます。

ただし、沸騰させた水道水で麦茶を作る方は、やかんのふたを開けて10分以上沸騰させトリハロメタンを完全に除去してから飲むようにしてください。

妊婦さんが麦茶を飲むべき理由

水道水の安全性とは別に、妊婦さんは麦茶を飲むことをおすすめします。

なぜなら麦茶はカフェイン0mg。

妊婦さんにとって、とても安全な飲み物なんです。

しかも、麦茶には、血液をサラサラにする「ピラジン」という成分が入っています。

このピラジンは、血液をサラサラにすることによって母乳の出を良くする効果もありますので、妊娠中はもちろん出産後も麦茶を飲んでください。

妊婦さんはとりわけたくさんの水道水が必要ですが、水道水ばかり飲んでいるとちょっと飽きちゃいますよね。

水道水と麦茶をかわるがわる飲んで、出産に必要な水分をしっかりと蓄えてあげてください。

水道水で作った料理は妊婦さんに安全か

妊婦さんの中には水道水で作った料理も心配される方がいらっしゃいます。

繰り返しになりますが、日本の水道水は基本的に安全です。

水道水で作った料理も安心して食べることができます。

Sponsored Link



妊婦さんにはできるだけ浄水器を付けた水道水を

この記事では、日本の水道水は妊婦にとって安全であるという事を何度も強調してきました。

しかし、水道水が安全であるとは全く無害であるという事にはなりません。

わずかですが、放射能性物質がある可能性があるのは事実ですし、沸騰すると危険なトリハロメタンも含まれています。

水道水に必ず含まれている塩素は、水道水をまずくさせますし、塩素のにおいが敏感な時期になっている妊婦さんにとって抵抗があり水道水が飲めなくなってしまう事さえあるかもしれません。

また、水道水には、MDA(メチレンジアニリン)が含まれている可能性があり、これが妊婦さんはもちろんすべての人にとって少なからずの悪影響を及ぼす可能性が指摘されています。

それで、もし妊婦さんが水道水を直接飲んでいるなら、浄水器を取り付けてみることをおすすめします。

Sponsored Link



妊婦さんにおすすめの浄水器

基本的に、浄水器であれば最低限塩素を取り除くことができます。

塩素を除去するのは比較的簡単で、それほど高価な浄水器を買わなくても塩素を取り除いて美味しくて安全な水道水になります。

トリハロメタンを取り除ける浄水器なら、なお妊婦にとって安全でしょう。

妊婦さんに最強の見方逆浸透膜浄水器

可能でしたら逆浸透膜フィルターを使ったRO水(ピュアウォーター)をおすすめします。

RO水とは、水中のあらゆる不純物を99.9%ミネラルごと除去します。

その除去力は、放射能物質まで除去してくれる強力なものなので、妊婦さんも安心して飲むことができます。

RO水はミネラルも全くありませんので、心配な方は、RO水で作った水道水に竹炭を入れるなどしてミネラルを後から追加することもできます。

 

Sponsored Link



 

妊婦さんにおすすめの飲み物

妊婦さんは飲み物を色々制限されてしまいます。

大好きなお酒も飲めなくて、ストレスがたまってしまう人もいるかもしれません。

でも、妊婦さんだからこそ飲んでほしい飲み物もあります。

最後に、そんな妊婦さんに良い影響力のある飲み物をご紹介します。

妊婦と水素水

水素水の影響力は、体内の活性酸素を除去するというものです。

この単純な原理が、受精、胎児、出産、など様々な面で効果を発揮します。

つまり、水素水は、胎児だけではなく受精を促し、健康的な子供を産む助けになります。

なお、水素水の妊婦さんによる影響について詳しくは、「水素水は妊婦にどのような効果をもたらすのか」に解説されていますので合わせてお読みください。この記事では、なぜ妊婦さんが水素水を飲むべきなのか、また水素水の摂取方法について具体的に扱われています。

水素水は、水素水サーバーを買えば、ご自宅の水道水から簡単に作り出すことができます。

どのような水素水サーバーを買ったらよいかについて詳しくは、「水素水サーバーの効果と正しい選び方完全解説!」に解説されています。

妊婦と炭酸水

水道水を飲んでいて、少し刺激がほしい妊婦さんには炭酸水を飲んでみてください。

この時に飲む炭酸水とは、無糖の炭酸水で、甘い炭酸水や、人工甘味料が入っているゼロカロリーの炭酸水は避けるようにしましょう。

白砂糖が大量に入っている炭酸水や、人工甘味料が入っている炭酸水は太る原因になったり、胎児に悪い影響を及ぼす可能性があったりします。

無糖の炭酸水は、美味しいだけでなく、妊婦さんにとってうれしい効果がたくさんあります。

まず、つわりがあった時に炭酸水を飲むと胃液を分泌させてくれるので、つわりが改善されます。

また、妊娠中は便秘になりがちですが、炭酸水は腸が活発に働くよう助けますので妊婦さんの便秘を改善する働きがあります。

そのほか、妊婦さんが炭酸水を飲むと良い理由について詳しくは、「炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?」に解説されていますので合せてお読みください。

 

Sponsored Link



妊婦と豆乳

豆乳は栄養価が高く、栄養を必要としている妊婦さんにとって強い味方になります。

豆乳のイソフラボンは女性ホルモンと似た作用があるため、胎児の成長や母体をサポートする助けになります。

しかし、豆乳のイソフラボンのとり過ぎは胎児の影響を及ぼす可能性がありますので、妊婦さんは豆乳の飲み過ぎに注意してください。

厚生労働省は、1日200mlを3回までにすることをすすめていますので、妊婦さんはこの摂取基準を守るようにしてください。

なお、豆乳の栄養について詳しくは、「豆乳は栄養が抜群に高い!」に解説されていますので合せてお読みください。

妊婦と白湯

今費用がかからず健康に良い、白湯の効果が注目されています。

水道水を沸かすだけでできる白湯は、一日の始まりに一杯飲めば内臓が温まり、基礎代謝が活発になりますので、冷え性に悩んでいる妊婦さんに効果的です。

また、妊婦さんのむくみや便秘予防の効果もあります。

この水道水で作った白湯に、無農薬のレモンをいれるだけで妊婦さんがなりがちなお肌が荒れたり、シミやそばかすなどの肌トラブルからも守られたりします。

白湯を作る時は、トリハロメタンを取り除ける浄水器で作った水道水を使うか、水道水を10分間沸騰させてトリハロメタンを完全に取り除いてください。
なお、レモン白湯がどのような効果があるかについて詳しくは、「レモン白湯の効果について」に解説されていますので合せてお読みください。

 

Sponsored Link



妊婦と水道水まとめ

妊婦が水道水を飲んでも安全かどうかについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

・日本の水道水は、妊婦にとっても基本的に安全である。
・水道水を沸騰させるとトリハロメタンが増えて妊婦に危険を及ぼす可能性がある。
・10分以上沸騰させるとトリハロメタンは完全に除去できる。
・妊婦さんには、トリハロメタンを取り除ける浄水器を、できればRO水を作れる浄水器がおすすめ。
・妊婦にとって、水道水の他に、水素水、炭酸水、豆乳、白湯がおすすめ。

妊婦さんにとって、無事に出産するというのは大切なお仕事です。

食べ物や飲み物、あるいはその他いろいろなことについて、注意を払っていると思いますが、毎日飲む水道水について改めてその安全性を考えみることができました。

ぜひ、ご自身の体のためにも、これから生まれてくる赤ちゃんのためにも美味しく、そして安全な水道水を飲むようになさってください。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • キムチの乳酸菌は効果がすごい!腸から脳に至るまでいろいろなメリットがある!

  • キムチの成分はバランスがいい!効果や食べ方などすべて解説します!

  • キムチは朝食べても匂いは怖くない!口臭をなくし効果を高める方法について徹底解説します!

  • キムチで美肌を手に入れよう!キムチと美容の関係とは?

関連記事

  • 水道水をペットボトルに入れる時の様々な疑問に答えました!

  • 水道水の放射能とその影響に関する最新情報!

  • 河川の汚染など環境の悪化

  • 水道水を沸騰させると危険?安全?

  • 東京の水道水は飲めるのか

  • おいしい水道水についてと、どこの水道水がおいしいのかを徹底調査しました!