1. TOP
  2. 生姜湯
  3. 生姜湯のダイエット効果が凄い!
Sponsored Link

生姜湯のダイエット効果が凄い!

生姜湯   10,462 Views

生姜湯はダイエットに役立つ飲み物として知られています。

しかしなぜダイエットに良いか?生姜湯をどのように取り入れるのがダイエットに最も良いのか?という点についてしっかり理解している人は少ないのではないでしょうか。

生姜の成分や生姜湯の特徴について詳しく知ると、生姜湯の良さを徹底的に活かしたダイエットができるようになります。

生姜湯の有効成分や作り方・飲み方・痩せる理由などについて知り、ダイエット成功のために生姜湯を活用しましょう。

Contents

生姜湯ダイエットとは

生姜湯ダイエットとは、その名の通り生姜湯を飲むことでダイエットする方法です。

ではなぜ生姜湯を飲むとダイエットにつながるのでしょうか?

生姜に含まれている成分から生姜湯が痩せる理由を解説します。

生姜湯とは

生姜湯とはお湯に生姜を溶かして作るドリンクです。

ダイエットに役立つ生姜湯にはどのような成分が含まれているのでしょうか。

生姜に含まれるジンゲロールとショウガオール・ジンゲロンについて

生姜に含まれる成分には下記があります。

・むくみを取り除くカリウム

・糖質を代謝しやすくするB1

・脂質を代謝しやすくするビタミンB2

・きれいな肌作りができるビタミンC

・骨やイライラ解消に必須のカルシウム

中でも生姜の成分として特に重要なのが、

・ジンゲロール

・ショウガオール

・ジンゲロン

3つです。

ジンゲロール

ジンゲロールは生の生姜に含まれている辛味成分でフィトケミカルという抗酸化物質です。

抗酸化物質なので体内で発生した活性酸素を取り除くことで、アンチエイジングに役立てたり免疫力を向上させたりすることが期待されます。

また体を温める働きもあるのですが、ジンゲロールの場合には体の表面を温めるのが特徴です。

ジンゲローンによって体の表面が温まると発汗が促され、その影響によって結果的に体は冷えていきます。

とはいえ余分な脂肪を吸収させないようにする働きもあるので、上手に取り入れたい成分です。

ジンゲロールの代表的な働きには、

・殺菌

・抗炎症

・活性酸素除去

・吐き気や頭痛の改善

などがあげられます。

生の生姜に多く含まれているジンゲロールは加熱するとショウガオールやジンゲロンに変化するのも特徴です。

そのためジンゲロールを積極的にとる場合にはおろしたての生の生姜を食べるのがベストと言えます。

生で生姜を食べるというと薬味として利用することがまず思い浮かびますが、薬味としての生姜は主にジンゲロールの殺菌作用を期待していると言えるでしょう。

ショウガオール

ショウガオールは辛味成分でジンゲロールが温められることで発生します。

ショウガオールがジンゲロールと違うのは、体を芯から温めるというところです。

生姜湯を飲むと体の内側からぽかぽかした感じがしてくるのですが、それはショウガオールの体を芯から温める働きによります。

体をしっかりと温めてくれるので慢性的な冷えを改善して痩せやすい体質作りにぴったりの成分がショウガオールなのです。

脂肪を燃えやすくする働きもあるので運動前などに摂取しておくと効率的に痩せることが期待できます。

ショウガオールの働きには、

・体を芯から温める

・殺菌

・活性酸素の除去

・中枢神経系の調整

などがあります。

ジンゲロン

ジンゲロンもショウガオールと同じでジンゲロールを加熱することでできる成分です。

ジンゲロンの特徴は血管を拡張するという働きです。

血管を拡張すると血流がスムーズになりますので、全身の血管の隅々まで血液が行き渡るようになります。

隅々まで血液が行き渡るようになれば冷えが解消されていきますので、手足の指先までしっかり温かい状態が作れるのです。

ジンゲロンの働きには、

・血管を拡張することによる血行促進、血圧の安定

・新陳代謝の促進

・脂肪燃焼効果

・発刊作用

などがあげられます。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜湯ダイエットが痩せる理由

生姜に含まれる代表的な成分である

・ジンゲロール

・ショウガオール

・ジンゲロン

についてそれぞれの特徴が分かりました。

ではそれぞれの成分によって具体的にダイエットにどのような効果があるのでしょうか?

生姜湯が痩せる理由についてみていきましょう。

代謝がアップして痩せやすい体質に

生姜湯を飲むと冷えが改善されます。

冷えが改善されると体温が上がります。

そして体温が上がると代謝が上がります。

体温が1度上がると基礎代謝が15%もあがることが分かっていますので、生姜湯のジンゲロール・ショウガオール・ジンゲロンによって冷えを取り除くことは、カロリーの消費量が高まることを意味します。

基礎代謝があがれば何もしていなくても消費するカロリーが増えますので、自然と痩せていきやすい状態が作り出せます。

血行を良くして脂肪燃焼しやすくする

体の中で「ここのお肉が気になる」という部分を触ってみると、他の部分よりもひんやりした触り心地になっているはずです。

ひんやりしているということはその部分の血行が悪くなっているということで、それはつまり血行が悪い部分は脂肪燃焼がされにくいということの現われと考えられます。

そのため生姜湯に含まれるジンゲロンで血管が拡張されて血行促進することは、冷えて燃焼しづらくなっていた脂肪を燃えやすい状態にすることにつながるのです。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

余分な水分を排出して体の水分バランスを整える

ダイエットのためにはむくみや便秘を上手に解消することも重要です。

生姜湯を飲むと余分な水分は排出されますので、体の水分を適切な状態に保つことができます。

むくみや便秘が解消されてすっきりとした状態は全身のめぐりが良くなっている証拠ですから、健康的に痩せられるベースができた状態と言えるでしょう。

胃腸が活性化されるから消化機能が向上する

生姜は薬味として利用されますが、胃腸の働きを活発にする働きもあります。

そのため生姜湯を飲むと消化機能が向上しますので、必要なものはしっかりと消化吸収し不要なものはきちんと出すことが可能になるのです。

便秘解消にもつながることが期待できますので、ぽっこりお腹の改善になるでしょう。

活性酸素除去作用で肥満を防ぐ

活性酸素は体内で自然と作り出されている物質ですが、増え過ぎると様々な悪影響を及ぼします。

その1つがミトコンドリアの活動を抑制してしまうというものです。

ミトコンドリアが活発に働いていると代謝が高まり痩せやすい体でいられますが、逆に働きが抑制されてしまうと肥満になりやすい状態になってしまいます。

そこで役立つのがジンゲロールやショウガオールの活性酸素除去作用です。

特にジンゲロールは抗酸化物質フィトケミカルの一種なので強力な活性酸素除去作用を持っています。

そのためミトコンドリアの働きを高めて代謝をアップし肥満になりにくくダイエットしやすい状態を作り出せるのです。

生姜湯は体の調子を整えて痩せやすい状態を作ってくれる

ここまで見てきた生姜湯がダイエットに役立つ理由を振り返ると、生姜湯が内臓の働きを活発にしていることが分かります。

内臓の働きがこれまでよりも活発になればその分たくさんのエネルギーを使いますし、それだけ代謝が高まります。

つまり生姜湯は体の内側の調子を整えることでしっかりと内臓が働く状態を作って代謝を高めてくれるのです。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜湯が生姜そのままよりもダイエットに良い理由

生姜湯が生のままの生姜よりもダイエットに良いと言われているのは、ショウガオールやジンゲロンの量が増えるからです。

生のままの生姜に含まれているのはジンゲロールという成分です。

ジンゲロールももちろんダイエットに役立ちますが、より体を温めたり血行を良くしたりするのはショウガオールやジンゲロンで、ジンゲロールはどちらかというと風邪予防などに効果的と言われています。

そのためダイエットのために生姜を取り入れるのであれば、生のままではなくて生姜湯として飲むのがベストです。

生姜湯ダイエットの方法

では生姜湯ダイエットは具体的にどのように行うのでしょうか?

生姜湯ダイエットは生姜湯を飲むだけで実践できます。

生姜湯を飲むタイミングは基本的にいつでも良いのですが、ポイントをおさえて飲むようにするとよりダイエットに効果的に働いてくれます。

朝の生姜湯で活動代謝アップ

生姜湯ダイエットをするのなら朝の生姜湯は毎日欠かさず飲むようにするのがベストです。

なぜなら朝の生姜湯はその日1日の活動代謝を高めてくれるからです。

朝一番に生姜湯で体を温めてあげると、飲んだそのときだけでなくその日1日の代謝に影響を及ぼしますので、ぜひ毎日朝の生姜湯を飲むようにしてください。

夜の生姜湯は良質な睡眠で痩せやすい体作りができる

また夜の生姜湯は良質な睡眠に導いてくれる役割をします。

睡眠前に体が温まると寝つきが良くなりますので、質の良い睡眠を取ることができます。

すると睡眠中に成長ホルモンの分泌が促進されます。

成長ホルモンには脂肪を燃焼させる働きがありますので、ただ分泌されるだけでダイエットにつながります。

また筋肉を作るのも成長ホルモンの役目です。

筋肉量が増えると基礎代謝が高まりますのでその分痩せやすい体に近づきますから、その点でも成長ホルモンはダイエットに役立ちます。

ただし夜の生姜湯は飲み過ぎに注意しましょう。

ダイエットのためにと飲み過ぎてしまうと逆に睡眠を妨げる原因になってしまいますから、夜の生姜湯はカップ1杯にとどめておいてください。

3時間おきに生姜湯を飲むと生姜の効果が続く

生姜の働きを1日中持続させたいと考えているのであれば、3時間おきに生姜湯を飲むのがおすすめです。

3時間おきに生姜湯を飲むと、生姜の働きが途切れることなく1日中続きますので、常にぽかぽかとあたたかく代謝が高まった状態になります。

その結果ダイエットへの効果が高まることが期待できます。

3時間おきと考えると難しいですが、食事とおやつのタイミングで生姜湯を飲むように習慣づけると、自然と続けることができます。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜湯プラス有酸素運動で脂肪燃焼を促進

特に生姜湯と相性が良いのは有酸素運動です。

生姜湯を飲んで代謝が高まる状態を作ってからウォーキングなどの有酸素運動を2030分程度行えば、より脂肪燃焼が促進されるようになります。

生姜湯は他のダイエット法と併用するのも効果的

生姜湯ダイエットは他のダイエット法と併用するのもおすすめです。

どのようなダイエット法を実践するにしても、体を温めて代謝を高めるという生姜湯の働きはプラスになります。

ダイエットに効果的な生姜湯の作り方とおすすめの飲み方

生姜湯ダイエットは生姜湯を飲むだけで実践できます。

しかし生姜湯の作り方が難しかったり面倒だったりすると継続するのが難しいと感じてしまうかもしれません。

またワンパターンになってしまっても飽きて続かないでしょう。

そこで生姜湯の作り方と飲み方について解説します。

ダイエットに効く生姜湯の作り方

生姜湯の作り方は簡単です。

特に基本の生姜湯であればいつでも手軽に作れるので、毎日続けるのも苦にならないでしょう。

基本の生姜湯

基本の生姜湯はとてもシンプルなので生姜とお湯があればすぐに作ることができます。

ティースプーン1杯程度のすりおろした生姜をコップに入れて、そこにお湯を注ぐだけです。

生姜とお湯というシンプルな材料ですので、当然味も生姜風味のお湯というシンプルな仕上がりになります。

はちみつ入りレモン生姜湯

基本の生姜湯にはちみつとレモン果汁を入れるとはちみつ入りレモン生姜湯になります。

生姜のピリッと感だけでなくはちみつの甘味とレモンの酸味が加わりますので、生姜が苦手な人でも飲みやすい味です。

ただし飲みやすいからとはちみつを入れ過ぎるとカロリーオーバーになってしまう可能性があるので注意しましょう。

りんご生姜湯

りんご生姜湯は基本の生姜湯にすりおろしたりんごを加えます。

りんごで甘味がプラスされるので優しい味わいになるのが特徴です。

すりりんごが入ると砂糖やはちみつが無くても自然の甘味が出ますので、糖分の取り過ぎを気にしているけれど甘味が欲しいというときに最適です。

りんごはダイエットのために取り入れられる食材でもありますので、食べ過ぎを心配せずに使えるのも魅力と言えます。

コンソメや鶏がらスープの素でスープ風

・甘いものよりしょっぱいものが好き

・食事のときに生姜湯を飲みたい

という場合におすすめなのが、基本の生姜湯にコンソメや鶏がらスープの素を入れたスープ風の生姜湯です。

生姜は料理にも幅広く使われていて、スープを作る際にも入っていることが多いものです。

そのため生姜湯とコンソメや鶏がらスープは相性抜群です。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

ダイエット目的なら生姜湯は無糖がベスト

基本の生姜湯は飲み慣れるまで辛く飲みづらいものに感じるかもしれません。

しかしダイエット目的なのであれば砂糖の使用は控えましょう。

生姜湯を飲むたびに砂糖を入れていると結局糖分の取り過ぎになってしまいます。

はちみつでも同じです。

はちみつならヘルシーだからたくさん使っても大丈夫!ということは決してありません。

そのためはちみつでも砂糖でも甘味を足すものはできるだけ加えないようにするのが生姜湯ダイエットを成功させるためには必要です。

もちろんおいしく飲めるようにすることも大切ですので、最初は甘味を加えて、慣れてきたら徐々に加える砂糖やはちみつの量を減らしていくと良いでしょう。

ぬるめの生姜湯ならジンゲロールもショウガオールも効果的に摂取できる

生姜湯を作るときには沸騰したての熱いお湯ではなく、一冷まししたぬるめのお湯が良いでしょう。

なぜかというと、生姜をどのくらいの温度で温めるかによって、ジンゲロールとショウガオール・ジンゲロンの割合が違ってくるからです。

100度に近い高温で生姜湯を作るとショウガオールが多くなりジンゲロールはあまり摂取できません。

逆に水に近いようなぬるま湯で生姜湯を作るとジンゲロールが多くなりショウガオールやジンゲロンがあまり摂取できません。

ダイエットで生姜湯を飲むのであればジンゲロールもショウガオールもジンゲロンも全てバランス良く取り入れるのが理想です。

そのためには80度くらいのお湯で生姜湯を作るのが良いでしょう。

するとジンゲロールとショウガオールをバランス良く取り入れることができますし、風味も良くおいしい生姜湯に仕上がります。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜湯ダイエットは加熱した生姜を使うのがベスト

生姜湯ダイエットでは生ではなく加熱した生姜を使うようにするのがポイントです。

生の生姜に含まれているジンゲロールは、加熱することでショウガオールやジンゲロンに変化します。

ジンゲロールが体の表面を温める働きがあるのに対し、ショウガオールやジンゲロンの働きは体を内側からしっかりと温めて冷えの改善をしてくれます。

またジンゲロールには脂肪を吸収しづらくする働きがあり、ショガオールには脂肪を燃焼しやすくする働きがあります。

そのため生姜湯ダイエットでは加熱した生姜を使うことが重要といわれているのです。

生姜は加熱するとショウガオールが30倍!

生の生姜にはジンゲロールが含まれていて、生姜を加熱することでジンゲロールはショウガオールやジンゲロンに変化します。

しかもショウガオールは加熱によって30倍も増加することが分かっています。

冷えを取り除き脂肪燃焼するダイエット目的で生姜湯を飲むのであれば、ぜひショウガオールたっぷりに作られた生姜湯を飲むようにしましょう。

ジンゲロールとショウガオールの特徴を知らずに生姜湯を飲み始めてしまうと、冷え対策をしているつもりが逆に冷えを促進させてしまう結果につながることがあります。

どちらも生姜の辛味成分なので似ていますが、冷え対策の点に注目してみるとその働きは真逆です。

表面を温めて発汗を促し体を冷やすジンゲロールは生姜が生に近いほど多くなり、芯から体を温めるショウガオールは加熱すると多くなります。

60度の温度で加熱するとジンゲロールとショウガオールの割合は半々くらいになりますので、ショウガオールたっぷりの生姜湯を飲むのであれば60度以上の温度で作るのが良いでしょう。

生姜の加熱の仕方

生姜は生姜湯を作るときのお湯によって加熱することもできますが、あらかじめ加熱してショウガオールの多い状態で保存しておくこともできます。

事前に加熱した生姜を作っておけば簡単にショウガオールたっぷりの生姜湯を飲めるので、生姜湯を習慣化して続けやすくなるというメリットもあります。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

ダイエットに効果的な乾燥生姜の作り方

乾燥生姜の作り方の手順を紹介します。

1.生姜を洗って水気を拭き取る

2.皮つきのまま1ミリ程度の厚みにスライスする

3.蒸し器で30分程度加熱する

4.天日干しでしっかり乾燥させる

乾燥生姜を作るときには皮つきのままスライスするのが良いでしょう。

生姜の有効成分は皮付近に豊富に含まれているので、皮をむいてしまうよりもそのままの方がより多くのショウガオールを摂取できます。

また生姜をスライスすると断面から酸化してジンゲロールが減少していってしまうので、千切りなど細かく切り過ぎないこともポイントです。

乾燥生姜はしっかり乾燥させた後に粉末にしておくと生姜湯にするときに利用しやすくなります。

ダイエットに効果的なレンチン生姜の作り方

乾燥生姜よりも簡単にショウガオールたっぷりの状態にできるのがレンチン生姜です。

レンチン生姜の作り方を紹介します。

1.生姜を刻むかすりおろす

2.生姜にひたひたの水を加え500wなら4分、750wなら3分レンチンする

レンチン生姜を作るときのポイントは温度です。

温度が100度を超えてしまうとショウガオールは効果がなくなってしまうので、80度程度で加熱するように調節することが重要なのです。

レンジでどのくらいまで温度があがるかは機種によっても差がありますから、最初はこまめに温度を確認しながらちょうど良い時間を探していきましょう。

市販の乾燥生姜・粉末生姜を使用しても良い

乾燥生姜やレンチン生姜を作る手間をかけずに生姜湯を飲みたいという場合には、市販の乾燥生姜や粉末生姜を上手に活用しましょう。

カップに入れてお湯を注げばあっという間に生姜湯を作れますので、自宅ではもちろん職場などでも手軽に生姜湯を飲むことができるようになります。

どこでも簡単に生姜湯が作れれば、3時間ごとに生姜湯を飲んで常に生姜の働きでぽかぽかした状態を維持することも可能です。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜湯を手軽に飲むなら市販品を賢く使う

生姜湯ダイエットに取り組むなら生姜湯を飲むことを習慣化しなければいけません。

習慣化のためにはできるだけ簡単に生姜湯を飲めるよう工夫することも重要です。

そのため市販品を賢く使うようにすると良いでしょう。

ただし便利な市販品には生の生姜を加熱して生姜湯にするのに比べるとマイナス部分もありますので、市販品を使う場合にはマイナス面をよく理解した上で使うようにしましょう。

手軽なチューブ生姜はマイナス面を理解して賢く使う

手軽に使える市販品の生姜というとチューブ生姜があります。

チューブ生姜のプラス面とマイナス面について見ていきましょう。

チューブ生姜は手軽に使えるから便利

まず何といってもチューブ生姜のプラス面は手軽に使えるというところにあります。

チューブ生姜があれば、小さじ1杯分をカップに入れて水を加え、レンチン生姜をすぐに作れます。

チューブになっているので持ち運びに便利というのもプラス面です。

添加物が含まれていることに注意が必要

ただしチューブ生姜には食品添加物が含まれているというマイナス面があります。

チューブ生姜に含まれている代表的な食品添加物は、

・酸味料

・安定剤

・酸化防止剤

・香料

・香辛料抽出物

などがあります。

添加物は少量摂取しただけでただちに異変が起こるということはありません。

しかし少しずつでも毎日摂取し続けたときに、何らかの影響が現れるという可能性を否定することはできません。

そのためできるだけ添加物の少ないチューブ生姜を選ぶとか、チューブ生姜を利用するシーンを限定するといった方法で、添加物の量を必要最低限におさめる工夫をするようにしましょう。

ジンゲロールが壊れている可能性がチューブの生姜にはある

生姜の有効成分であるジンゲロールはすりおろすとどんどん減っていってしまいます。

そのためすりおろした状態で保存されているチューブ生姜の場合、生の生姜をすりおろしたものよりもジンゲロールが少ない可能性があります。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

市販の生姜湯はダイエット目的なら無糖を選ぶ

生姜湯を手軽に取り入れられる市販品にはお湯に溶かすだけで生姜湯ができるタイプがあります。

市販の生姜湯を選ぶ際にはきちんと成分表示を確認して購入することが大切です。

甘い生姜湯は砂糖の取り過ぎになりやすいので要注意

市販の生姜湯は砂糖が入っていて甘いものが数多くあります。

砂糖が入っている生姜湯は甘くて飲みやすいのですが、その反面糖分を取り過ぎてしまうのでダイエットには向いていません。

ダイエット目的で生姜湯を飲むのであれば、市販の生姜湯は必ず無糖タイプを選びましょう。

無糖の生姜湯が飲みづらいときはハチミツを少量加える

無糖の生姜湯だとどうしても飲みづらいという人もいると思います。

その場合にはハチミツを少量加えて味を調節してください。

慣れてきたら徐々にハチミツの分量を減らしていけば、無糖でシンプルな生姜湯でも飲めるようになっていきます。

生姜湯ダイエットの注意点

生姜湯は冷えを取り除き体を温めてダイエットしやすい体作りのサポートをしてくれます。

しかし場合によっては生姜湯のよさを実感できなかったり、逆に体に悪影響が出てしまう恐れもあるのです。

そこで生姜湯ダイエットの注意点について解説します。

生姜湯を飲んでいれば痩せるというわけではない

生姜湯は飲むだけで代謝が高まります。

生姜湯を飲んだ直後から体がぽかぽかと温かくなってくるのを感じることができますが、それは生姜の有効成分が血行促進をしてくれたりして冷えを取り除いてくれている証拠です。

古くから漢方でも役立てられてきた生姜ですからその働きは非常に強力なのですが、だからといって生姜湯を飲むだけでダイエットに成功するというわけではないことを知っておいてください。

例えば日常的に暴飲暴食していて生活リズムも不規則という人の場合、生姜湯を飲んだだけではダイエットとしての結果が出ない可能性もあります。

食生活や生活リズムの悪影響が生姜湯によって緩和されるに留まり、ダイエットにまではまわらないのです。

生姜湯のダイエット効果を存分に引き出したいのであれば、食事や睡眠・運動など生活全体についても見直して改善することがとても重要といえます。

1日にとる生姜の量は10gが目安

生姜湯は体に良いので多く飲む分には何も問題無いと思っている人もいるかもしれません。

しかしこれは誤りで、実際には食べ過ぎはNGです。

1日にとる生姜の量は10gが目安ですので、たくさん生姜湯を飲みたい場合でも10gを超えることが無いように気をつけましょう。

では生姜を取り過ぎてしまうとどのような悪影響があるのでしょうか?具体的に解説します。

胃が弱いと胃痛の原因になる可能性がある

生姜湯を飲み過ぎてしまったときに感じる不調としてまずあげられるのが胃痛です。

誰でも胃痛が出るというわけではありませんが、胃が弱い場合には胃痛の症状が出てしまうことがありますので注意しましょう。

元々胃が弱い人の場合、生姜の分量自体は10g以下しかとっていなくても刺激が強く胃痛が出てしまうこともありますので、生姜湯を飲むタイミングを食後にするなどできるだけ負担が少なくなるように注意することも大切です。

乾燥肌や炎症が悪化する可能性

生姜湯を飲むと体がぽかぽかと温まります。

この作用はダイエットをする場合にはとても良いのですが、乾燥肌に悩んでいたり炎症が出ている場合には、これらの症状が悪化してしまう可能性があるので要注意です。

乾燥肌対策をするときにはたっぷりの化粧水で水分を補給します。炎症のかゆみを鎮めるときには濡れタオルなどで患部を冷やします。

乾燥肌も炎症も冷やすことでラクになったり改善したりしますが、生姜は熱を発生させて温かくしてしまうので、症状を悪化させてしまう可能性があるというわけです。

妊娠中は流産に注意

妊娠中に生姜湯を飲むと、冷えが解消されて血流が悪化しやすい状態を改善して胎児への栄養供給がスムーズになりますし、つわりの症状を軽減する働きも期待できます。

しかしだからといって生姜湯を飲み過ぎてしまうと、お腹の張りを引き起こしてしまうと言われています。

そのため妊娠中に過剰に生姜湯を飲んでいると流産につながる可能性が指摘されていますので、110gという目安量を必ず守り体調を見ながら飲むようにすることが大切です。

止血作用が弱くなるので血液がさらさらになる薬を飲んでいる人は要注意

生姜には血流を良くする働きがありますので、ケガをしたときに血が止まりづらくなってしまいます。

健康な人であればそこまで問題になることはないのですが、血液がさらさらになる薬を飲んでいる人の場合には注意が必要です。

薬に加え生姜の作用によって血液がさらさら過ぎる状態で出血すると、少しのケガが大変な事態を引き起こす可能性が考えられますし、何か医療的な措置が必要となったときに思わぬトラブルになることも考えられます。

生姜湯は確かに体に良いですが、目安を参考に適度な分量を飲むことがとても重要です。

生姜湯を生活に取り入れて上手にダイエットしましょう(まとめ)

生姜湯にはダイエットしやすい体を作る働きがあります。

生姜湯がダイエットに良いのは、生姜に含まれる有効成分をバランス良く摂取できるからです。

・ジンゲロール:余分な脂肪の吸収を抑える

・ショウガオール:脂肪の燃焼をサポートする、体を芯から温める

・ジンゲロン:血管を拡張して血行促進する

という生姜に含まれる3つの有効成分の割合は加熱の仕方によって変化します。

ダイエットのために生姜湯を飲むのであれば、ショウガオールとジンゲロンをより多く取り入れるのがおすすめですので、加熱した乾燥生姜やレンチン生姜を使って生姜湯を作るようにしましょう。

ただしいくら生姜湯を飲んでもその働きを打ち消すくらい乱れた食生活や生活リズムで暮らしている場合には、生姜湯によってダイエットの結果を出すことは期待できません。

生姜湯で効果的にダイエットすることを目指す場合には、生活改善や運動を合わせて行うことが重要です。

生姜湯ダイエットを行う場合には、生姜の特徴とダイエットにぴったりの生姜湯の作り方を押さえてから取り組みましょう。

そうすれば生姜湯で理想の体型に近づいていくことができます。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • 生姜湯の作り方を徹底解説!基本・アレンジ・簡単レシピ全てお伝えします

  • 生姜湯はチューブ生姜で簡単に作れる!チューブ生姜の使い方・保存方法・注意点を解説します

  • 生姜湯の効果はこんなにある!驚きの生姜パワーについて

  • 妊婦が生姜湯で得られる効果が凄い!

  • 生姜の飲み物は効果が絶大!レシピ・注意点など全てお伝えいいたします!

  • 生姜湯は風邪への効果が抜群!予防や対策するときの正しい方法