1. TOP
  2. コーヒー
  3. コーヒーでむくみは解消する!
Sponsored Link

コーヒーでむくみは解消する!

コーヒー   2,354 Views

コーヒーはむくみの解消効果があります。

むくみは、体の細胞間などに水分やリンパ液が溜まることにより、生じるものですが、その原因はさまざまなものがあります。

その中には、コーヒーの飲み過ぎによるカフェインの過剰摂取が原因のむくみもあります。

しかし、コーヒーは適正な飲み方をしている限りは、むくみの解消に非常に効果を発揮します。

それは生理などにおけるむくみにも有効です。

このむくみの原因とコーヒーのむくみ解消効果について調べました。

Sponsored Link



Contents

むくみとは

むくみは、本来であれば血管に吸収されているはずの水分など(多くはリンパ液)が血管に吸収されずに残ってしまう状態です。

それによって体が膨らんだり、パンパンに張った状態になることを言います。

水分やリンパ液は細胞間を流れており、本来は、細胞と細胞の間を流れる毛細血管に自らが出入りしています。

そして、栄養を細胞に取り込ませたり、細胞の老廃物を血管に流してやる働きをしています。

しかし、何らかの原因によってリンパ液などの行き来が滞ってしまうことがあります。

そうなりますと、細胞に栄養が流れなくなり、また、細胞の老廃物も流せなくなり、細胞間にリンパ液や水分が溜まってしまう状態を引き起こします。

これがむくみと言われるものです。

足がパンパンに張っているとか、手足の先が曲がらなくなるほど膨らんでいるなどは代表的な症状です。

それ以外でも、顔やまぶたなどが朝起きた時に膨らんでいるなど、多くの場所でむくみの症状は起こってきます。

中には病気などによって全身がむくんで太って見えると言う場合もあります。

コーヒーとむくみの関係

むくみの原因や症状にはさまざまあります。

コーヒーは、病気のむくみを除いた一時的なむくみに対して効果があります。

コーヒーに含まれているカフェインやポリフェノールは、覚醒作用に伴う血流増加効果や利尿作用、抗酸化作用による血流増加効果などの働きにより、このむくみを解消してくれます。

しかし、コーヒーを毎日飲み過ぎた場合や一時に大量のコーヒーを飲んだ場合には、逆にむくみの原因にもなってしまいます。

従って、コーヒーは、我々の体に対してその飲み方によって、プラスにもマイナスにもなる飲み物と言えます。

適正に飲んだ場合には、素晴らしいむくみ解消効果を見せてくれますが、飲み過ぎた場合には、その副作用としてむくみがでてしまうことになります。

 

Sponsored Link



むくみの原因

むくみは、病気の場合や体質、生活習慣など原因はさまざまあります。

すなわち、むくみには、足、顔、手などが一時的にむくんでもすぐに翌日には解消されているような日常的な原因によるむくみがあります。

一方、心疾患、腎疾患、内分泌系疾患、ホルモンバランスの崩れ、肝硬変などによる病気が原因のむくみもあります。

病気の場合には、むくみが症状として現れるケースは意外と多くあります。

例えばスモン病という病気の場合、下半身がパンパンに腫れて、ももやふくらはぎを押すとへこみますが、弾力性がなくなって戻ってこず、しばらくへこんだままになります。

また、左右対称でないむくみなどもあり、その場合には、下肢静脈瘤や腎臓、心臓甲状腺などの病気が関係している場合もあります。

それらのむくみについて見てみます。

むくみ易い人とは

病気は別にして、日常的にむくみの出易い方は、低血圧の方や肥満の方です。

むくみが出易い方には、血圧が低いと言う傾向があります。

心臓に病気などは無いにしても、血圧が低いと心臓が足から静脈の血液を引上げる力が弱いため、むくみが出る傾向が強くなります。

このような足のむくみは、ふくらはぎなどの筋力を鍛えて筋力が血液を押し上げる「筋ポンプ作用」を強めることでむくみを解消することが出来ます。

また、女性の場合も冷え性の方が多く、冷え性に伴って生じるむくみも多くあります。

肥満の場合

肥満の方は、心臓に既にかなりの負担がかかっていますので、静脈の血液を引上げる力が弱くなっています。

そのために、静脈流が滞って、リンパ液や水分が手足の先に留まってしまうようになり易いと言えます。

肥満の方の場合、呼吸も浅くなる傾向があり、これも血液を滞留させる原因になります。

また、皮下脂肪が多くなっているため、細胞に含まれる脂肪分がじゃまをしてリンパ液や水分が抜けにくくなっていることもあります。

まず、運動やダイエットで肥満解消して、血行を回復させることが一番です。

女性のむくみ

女性はむくみ易いとよく言われます。

女性の場合、男性に比べますと筋肉量が少ないため、筋肉によって血液を心臓に送り返す力、「筋ポンプ作用」が弱いため、冷え性になり易く、むくみ易いと言われます。

女性は男性よりも皮下脂肪が多いことも冷え性になり易く、それによってむくみが出る原因になります。

また、妊娠の時には女性ホルモンの関係でお腹の赤ちゃんに栄養を送るために血管が広がり、血管を流れる水分量を増加させようとします。

逆に尿の量を減らして水分を体外に出さないようにする現象が生じてきます。

そして血流に水分を多く蓄えるために、水分を溜め込もうとする結果、体はむくみ易くなります。

Sponsored Link



カリウムとむくみの関係

カリウムは、我々の体内で水分のバランスを調整して、余分になった水分を排出してくれる働きがあります。

そのため、むくみの解消に一番効果のあるのは、カリウムを多く含む果物だと言われています。

アボガドやバナナ、キウイフルーツはその代表です。

逆に言えば、カリウムが不足しますとむくみが出易くなります。

カリウムが体内で不足してきますと、体内で余分になった水分やリンパ液を体外に排出してくれなくなるため、細胞間に残るため、むくみが出ることになります。

コーヒーの飲み過ぎによるむくみ

コーヒーは、むくみを解消する効果があると言われますが、飲み過ぎた場合には、逆にむくみを生じる場合があります。

ただ、飲み過ぎる度合いや飲み過ぎるタイミングによってもむくみの出方は変わってきます。

詳しく見てみましょう。

 

Sponsored Link



コーヒーの飲み過ぎによる利尿作用の影響によるむくみ

コーヒーのカフェインには覚醒作用や利尿作用がありますが、コーヒーを飲み過ぎた場合には、むくみを引き起こす可能性があります。

一度にコーヒーを何杯も飲み過ぎてしまいますと、利尿作用が効きすぎてしまい、体内にあるビタミンやミネラルを体外に排出してしまう可能性があります。

特にむくみに関係の深いカリウムを排出してしまいますと、水分調整が出来なくなり、むくみの原因となってしまいます。

夏場にむくみが多くなりますが、これは汗の量が多くなり、汗と一緒にカリウムも体外に排出されるのがその要因になっています。

ただ、カリウムが異常に排出されてしまうには、コーヒーを十数杯飲む必要があり、そこまでコーヒーを飲むことは考えにくいところです。

通常の常識の範囲、適正なコーヒーの量を飲んでいる限りはむくみの原因とはなりにくいと言えます。

コーヒーの飲み過ぎによる胃痛から生じるむくみ

コーヒーを飲みすぎた場合、胃痛が生じることがあります。

特に空腹時に飲み過ぎてしまいますと、胃で胃酸が出過ぎるため、胃酸過多などで胃が荒れ、胸焼けなどが生じてくることがあります。

胃腸が不調になることでタンパク質を吸収する働きが低下します。

たんぱく質を吸収しづらくなることにより、リンパ液に含まれるアミノ酸の一つであるアルブミンが不足します。

このアルブミンは血液中で血液と細胞の浸透圧の調整を行っており、これが不足することにより、細胞間のリンパ液や水分の移動が出来なくなります。

アルブミンの不足により、血液に老廃物が流れなくなり、リンパ液や水分も血液に流れなくなってしまいます。

その結果、むくみや冷え性が起こります。

アルブミンとは

アルブミンは、卵白に多く含まれるたんぱく質で、血清(血液が凝固した際に上澄みに出来る淡黄色をした液体成分のこと)に多く含まれています。

このアルブミンは、他のたんぱく質に比べて分子量が小さい割りに量が多いため、浸透圧調整の役割を担っています。

浸透圧は、二つの違う成分の液体を分けている膜がそれぞれの圧力に応じて一方通行的に行き来することを言います。

コーヒーの過剰摂取について

コーヒーの飲み過ぎには、むくみだけでなく、カフェインの過剰摂取による副作用があります。

そのため、コーヒーには、一日の適正な限度量というものがあります。

カフェインの副作用にならないようにするためです。

限度量を超えてコーヒーを飲み過ぎますとさまざまな副作用が現れます。

カフェイン(コーヒー)を短期的に一度に過剰摂取した場合には、

  • 胃の胃酸が過剰に分泌され、胃痛、胃の荒れ、胸焼けの発生
  • カフェインの覚醒作用により、寝不足
  • お肌が荒れ

などの現象が現れます。

急性カフェイン中毒について

一番怖いの急性カフェイン中毒です。

急性カフェイン中毒は、最初動悸から始まって、めまい、ふるえ、頭痛などの厳しい症状が現れます。

急性アルコール中毒と似た症状になります。

埼玉医大によりますと、2011年から5年間で全国38箇所の救急医療機関に搬送されたカフェイン中毒患者は101人に登り、そのうち7名が心肺停止状態になり、3人が亡くなられています。

長期的に毎日飲み過ぎますと、さまざまな病気、糖尿病、心臓病、脳腫瘍など死に至る病にかかる可能性も出てきます。

従って飲み過ぎには充分注意して、むくみも生じさせないようにしてください。

なお、コーヒーの飲み過ぎによる副作用については、「コーヒーの飲み過ぎによる様々な症状や病気、悪影響について」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

又、コーヒーの一日の適正量については、「コーヒーの一日の適正量はどれくらい?」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



お酒とむくみの原因

お酒を飲み過ぎた翌日に、顔がパンパンに腫れていることがありますね。

体重が増えたわけでもないのに、太って見えるというのは不思議なものです。

お酒を飲みますと、トイレが近くなります。

その際に通常必要とされる以上に水分が排出されてしまい、体は脱水症状に陥ります。

そうなりますと、体は自動的に水分を欲して喉が渇くという現象を生じさせて、さらにお酒や水などの水分を要求するようになります。

そのため、体は水分を取り過ぎてしまいます。

これがお酒を飲んだ時における一つのむくみの原因になります。

おつまみの影響による相対的なカリウム不足

お酒のおつまみは脂っこく、塩分の多い濃い味付けのものが多く、塩分が体内に増加します。

塩分は、ナトリウムですから、相対的にカリウムが不足してしまいます。

そうなりますと、当然、カリウムの体内での水分バランスの調整機能が低下して、リンパ液や水分などを体外に排出する働きが弱ってしまいます。

その結果、体内に水分やリンパ液が滞留することになり、むくみが出てしまいます。

さらに、お酒を飲みますと、体が赤くなりますね。

それは血管が拡張している証拠です。

通常であれば、血管が拡張して血流が増加しますと、水分やリンパ水を吸収して排出してくれますが、相対的にカリウムが不足するためにその機能が弱るため、排出できません。

翌朝には顔がパンパンに腫れあがる、むくみが出てしまいます。

実際には、顔だけでなく、体全体がむくんでいます。

従って、事前に水を飲んでおいたり、おつまみは味の薄いものにするなどの対策が有効ですが、飲み過ぎないことです。

 

Sponsored Link



ふくらはぎのむくみの原因

立っていたり、イスに坐っているとき、ふくらはぎなどに溜まっている水分やリンパ液を吸収した血液が静脈から心臓に戻っていくことは、重力に逆らうことになります。

ふくらはぎなどの筋肉はポンプの役割を果たしており、血液が心臓に帰っていく循環を支えています。

我々の下半身には、実に体全体の70%くらいの血液が集まっています。

この血液を逆送させるふくらはぎなどの筋力は第二の心臓とも言われるほど強力で、それを維持するためには筋肉の伸び縮みが必要です。

そのふくらはぎがむくんでしまう原因は、大きく二つあり、一過性のものと血管の病気による危険な兆候の場合があります。

一時的なふくらはぎのむくみの原因

一時的にふくらはぎがむくむ場合で一番多いのは、長時間にわたって同じ姿勢でいることと冷え性です。

特にデスクワークが中心の仕事の場合には、ふくらはぎの筋肉の動きが少なく、筋肉の収縮が少ないことにより、ポンプ機能が麻痺してしまうことがあり、それが原因でリンパ液や血液の流れが滞ります。

また、女性に多いのですが、血行不良による冷え性も原因になります。

さらに、運動不足によりふくらはぎの筋力が衰えることも原因になります。

これらの原因で生じている場合は、ふくらはぎのマッサージやストレッチ運動などをすることにより、改善することが出来ます。

下半身に血液が集中しているため、塩分(ナトリウム)の取り過ぎによってカリウムとのバランスが崩れてむくみが生じることがあります。

ナトリウムが増加し、相対的にカリウムが少なくなることにより、水分バランスを取ることが出来なくなることもむくみの原因となります。

病気によるふくらはぎのむくみの原因

通常の生活で突然むくみが生じたり、1週間以上にわたってむくみが消えないなどの場合には、血管系や内臓の病気が原因になっていることがあります。

このような場合には、早めに内科などの病院に行ってきちんと原因を探って、治療をする必要があります。

可能性としてあるのは、下肢静脈瘤、心臓障害、肝臓・腎臓障害などです。

下肢静脈瘤は、下半身の静脈にある血液の逆流を防ぐ静脈弁というものが壊れてしまい、逆流した血液がふくらはぎなどに溜まってしまう場合です。

また、心臓が悪い場合には、心臓のポンプ機能が低下してしまうために血行が悪くなり、下半身にむくみを生じさせます。

肝臓や腎臓のむくみとの関係を見てみます。

血管と細胞の間の浸透圧を調整するホルモンであるアルブミンの合成は自律神経の指示により肝臓で行なわれ、それらは腎臓が濾過しています。

その肝臓や腎臓が何らかの障害が発生しますと、アルブミンの量が減少して、血管と細胞間の水分やリンパ液の行き来が出来なくなり、むくんでしまいます。

このような場合は、すぐに病院で治療を行なう必要があります。

Sponsored Link



まぶたのむくみの原因

まぶたがむくんでいる場合には、原因はいくつかあります。

塩分の取り過ぎや、お酒の飲み過ぎ、まぶたを擦りすぎた場合、それに睡眠不足や寝すぎ、枕が低いなどの原因が考えられます。

塩分の取り過ぎは、ナトリウムの過剰摂取になります。

当然、相対的にカリウムが少なくなり、細胞と血液間の水分調整が出来なくなりますので、とくに皮膚の薄いまぶたなどはむくんでしまいます。

何か悲しい出来事があって泣いた後に目が腫れると言うのは、涙ではなく、目を擦っていることに腫れる、すなわちむくみが出る原因になっています。

まぶたには毛細血管が集中しており、それらを擦ることにより毛細血管が痛んで、水分を流すことが出来なくなることが腫れる原因になります。

また、寝不足は毛細血管の機能が回復しないまま、老廃物や水分が排出されにくくなるためむくみが出ますし、寝すぎの場合は、体を動かさない時間が長くなることにより、毛細血管が流れにくくなり、リンパ液や水分が滞留してむくんだ状態になります。

枕が低い場合には、心臓に血液を送り返す力が弱くなり、顔やまぶたに血液が滞留することによりむくみが出ます。

枕が低いことで、睡眠の質が低下し、寝不足になることも原因となります。

 

Sponsored Link



冷え性とむくみの関係

冷え性の方はむくみが生じることが多いと言われます。

また、冷え性がむくみの原因となっているとも言われます。

では、冷え性というものはなぜ起こるのでしょうか。

冷え性の原因

冷え性は、体の手足の先にある末端の血管で血液がうまく循環せずに滞っていることで生じてきます。

すなわち、末端の毛細血管の血流が弱くなって、リンパ液や水分が流れなくなることにより生じています。

リンパ液や水分が手足の先に滞留しますと、当然、液体で動きがなくなりますから、特に夜などには温度が低下し、細胞を冷やしてしまいます。

これが冷え性になります。

それは、むくみと同じ構造であり、当然冷え性が起きる場合には、むくみも出易くなります。

特に、寒くなる時期にこの現象が生じ易くなります。

寒くなりますと、体が縮こまり、血管も狭くなって血液がなかなか流れなくなります。

従って、手先、足先に血液が流れないことにより、リンパ液や水分が滞留し易くなって、冷え性を生じさせてしまいます。

冷え性からむくみへ

冷え性になりますと、さらに血管の流れは停滞し、ますますリンパ液や水分の滞留が多くなってしまいます。

そして、温度が下がった水分やリンパ液が活動を開始したことにより、温まりますと、拡大し、今度はむくみに変わります。

冷え性もむくみも同じ原因から生じていますが、基本的には冷え性から始まります。

従って、まず、冷え性が起こった時点で、冷え性を解消することにより、当然むくみは生じてきません。

コーヒーによるむくみとり

コーヒーには、むくみをとる働きがあります。

むくむ場所は顔・まぶた・手足・ふくらはぎなどあり、またお酒や水分のとりすぎ、冷え症などが原因でむくみます。

これら一時的なむくみに対してコーヒーが効果を発揮してくれます。

コーヒーのカフェインによる利尿作用は体内の水分を体外に排出してくれます。

また、それ以外にもポリフェノールの抗酸化作用やカフェインの覚醒作用は血流を増加させてくれます。

血流が増加することにより、手足の先の血流が滞留して水分やリンパ液が血液中に流れない状況を改善してくれます。

なお、カフェインやポリフェノールは、むくみだけでなく、冷え性の解消や血液系疾患の予防など広い範囲での健康効果もたらしてくれます。

Sponsored Link



コーヒーのむくみ解消

コーヒーには、カフェインとポリフェノールという健康成分が豊富に含まれており、それぞれの効果により、むくみを解消してくれます。

カフェインには覚醒作用とそれに伴う血流増加効果、利尿作用があり、ポリフェノールには抗酸化作用があります。

これらが互いに相乗効果を見せて強力にむくみを抑えてくれます。

但し、コーヒーには、飲み過ぎによりむくみの原因となることもありますので、適正な限度量の中で飲むようにしてください。

コーヒーポリフェノールの抗酸化作用によるむくみ解消効果

コーヒーには、ポリフェノールが100ml当たり200mgと言う非常に豊富に含まれています。

ポリフェノールはほとんどの植物に含まれている成分で、厳しい自然環境の中で植物が生き抜いて行くために自らの体を守ろうと体内に生成させている成分です。

そのため、厳しい環境を生き抜くための抗酸化作用を持っています。

ポリフェノールは、焙煎されますと酸性の成分になり、コーヒーの酸味を演出していますが、我々人間の体内にいったん入りますと、アルカリ性に変化します。

そして本来の抗酸化作用を発揮します。

コーヒーポリフェノールの抗酸化作用

抗酸化作用は、体内で増加した活性酸素を中和して除去し、血液をサラサラにして、その結果、血流を増加させてくれます。

活性酸素は毒性を持っており、普段はその毒性で外部から入ってきた細菌などを殺菌してくれます。

しかし、活性酸素が増加し過ぎますと、その毒性で我々の体を攻撃するようになります。

そのため、血管には攻撃した細胞の老廃物で溢れかえるようになり、血液はドロドロになり、血管は流れにくくなり、滞留してしまいます。

そうなりますと、細胞間のリンパ液や水分も血管によって流されなくなり、細胞間に滞留するようになります。

そして手足には、冷え性やむくみが生じるようになります。

活性酸素の増加は、紫外線の増加やストレス、疲れの蓄積、同じ姿勢を続けることによる体の組織の窮屈さなどにより生じてきます。

コーヒーポリフェノールの抗酸化作用によるむくみ解消

コーヒーポリフェノールの抗酸化作用は、増加した活性酸素を中和して撃退してくれます。

活性酸素が撃退させられることにより、血液内は老廃物がなくなり、脂肪や糖分も滞留しなくなくなるため、血液はサラサラになり、血液がどんどん流れて血流が増加します。

心臓の血液ポンプの力は変わらなくても、血流が増加することにより、手足の末端まで血流が勢い良く流れるようになります。

それによって手足の先の細胞も活動を活発化させ、新陳代謝機能を高めるため、どんどん老廃物を細胞外に出すようになります。

その結果、細胞間に滞留していたリンパ液や水分は、老廃物と一緒に細胞と血管の行き来を再開させることで、滞留することがなくなり、冷え性やむくみが解消されていきます。

コーヒーポリフェノールの抗酸化作用によるむくみ以外の効果

血流が増加することにより、皮膚細胞の老廃物が流されてなくなり、皮膚細胞自身も活性化されてターンオーバーが正常化するため、お肌はニキビ、吹き出物がなくなり、あれ肌、みずみずしさや透明感も回復してきます。

また、体内に脂肪分や糖分を滞留させないことによりダイエット効果も出るようになります。

さらに、糖尿病や血管系疾患(動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞など)、肝臓疾患、がんなどの予防効果まで生まれてきます。

なお、コーヒーポリフェノールの抗酸化作用の健康効果については、「コーヒーポリフェノールの効果はもの凄い!」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

コーヒーカフェインの利尿作用と覚醒作用によるむくみ解消効果

コーヒーのカフェインはその名前からわかりますように、コーヒーから19世紀前半に初めて抽出された成分であり、覚醒作用と利尿作用というコーヒーの代名詞になるような働きを持っています。

そのカフェインの覚醒作用と利尿作用にもむくみを解消する働きがあります。

コーヒーカフェインの覚醒作用によるむくみ解消効果

コーヒーに含まれているカフェインには、利尿作用作用や覚醒作用による血流増加効果があり、ポリフェノールとともにむくみ解消効果があります。

コーヒーのカフェインは、飲み過ぎてしまいますとむくみの原因になりますが、適正量の範囲で飲んでいますと、むくみの解消効果があります。

コーヒーのカフェインの覚醒作用は、中枢神経の血管を収縮させ、自律神経に働きかけて体の組織、臓器の血管を拡大させて血流を増加させます。

その結果、細胞間に滞留していたリンパ液や水分は老廃物と一緒に血液に流れるようになります。

 

Sponsored Link



コーヒーカフェインの利尿作用によるむくみ解消効果

コーヒーのカフェインの覚醒作用による血流の増加に伴い、腎臓の抹消血管も拡大させ、腎臓の活動を活発化させます。

これが利尿作用と言われるものです。・

腎臓は、血液から老廃物、毒素、脂肪分、糖分などとともに細胞間に滞留していたリンパ液や水分を濾して排尿の形で体外に排出してくれます。

いわゆるデトックス効果と言われる、体内の老配分や余分なものを体外に出す効果が生じてきます。

利尿作用は体内の水分や老廃物などを体外に出す働きで、むくみ解消には大きな力になります。

その結果、むくみや冷え性が解消していきます。

コーヒーカフェインとポリフェノールの血流増加の相乗効果

カフェインの覚醒作用による血流の増加は、ポリフェノールの抗酸化作用と相乗効果で血管内の老廃物やリンパ液や水分、脂肪分などを滞留させない働きをしてくれます。

また、利尿作用はその老廃物などを体外に排出することで体に滞留していたリンパ液や水分も体外に排出されます。

コーヒーのカフェインとポリフェノールの両方の作用によって、冷え性やむくみの原因は取り除かれることになります。

コーヒーカフェインのむくみ解消以外の効果

コーヒーのカフェインには、覚醒作用と利尿作用により、さまざまな健康効果があります。

特に覚醒作用の効果は大きく、脂肪燃焼効果やダイエット効果、胃の消化促進効果に便秘解消効果などがあります。

さらに、集中力・勉強効率を上げる効果、風邪の頭痛、解熱効果、偏頭痛解消効果などさまざまなものがあります。

なお、コーヒーカフェインの抗酸化作用の健康効果については、「コーヒーカフェインの効果は健康にもの凄く良い!」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



コーヒーと生理とむくみの関係

女性にとって生理は避けては通れないものですが、その生理とむくみの関係は女性ホルモンを介して生じています。

特に、生理前になると体がむくみ易くなるなどと言われます。

そのむくみはどうして起こるのか、また、その対策としてコーヒーは有効なのかを見てみます。

コーヒーと生理前のむくみ解消効果

生理の一週間前くらいになりますと、急に体が重くなってむくみがちになる女性の方は多いようです。

その原因は、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の関係が逆転することにより、生じています。

エストロゲンは、受精卵をいくつか包み込んだ卵胞が子宮の中の子宮内膜というところに降りていく際に役立つ女性ホルモンです。

子宮内膜を厚くして受精卵を着床し易くしたり、成長がし易くしてくれる女性ホルモンで、排卵時期に最も増加します。

女性の食欲を抑えたりしてくれます。

それに対して、プロゲステロンは、生理の10日から一週間前くらいから生理直前まで急激に分泌が増加する女性ホルモンです。

この時期を黄体期と呼びます。

生理前のむくみの原因

プロゲステロンは、黄体期に急増して、エストロゲンよりも優位に立ち、体力の必要な生理や排卵に向けて妊娠できるような体の環境を整える働きがあります。

そのため、食欲を増加させたり、水分を体に要求するため、体が太ったり、むくみ易くなります。

すなわち、プロゲステロンの増加する黄体期は、水分がきちんと排出されないために、むくみが生じてきます。

また、体力をつけるために栄養などを蓄えるようになり、水分だけでなくほかの栄養なども排出されず、同時に腸の働きも衰えてしまうことにより、便秘気味にもなります。

従って、この黄体期は、太り易く、むくみも出易い時期になります。

コーヒーの利尿作用の効果によるむくみ解消

米国で2012年に行われた実験では、18~40歳の女性259人に一日当たり200mgのカフェインを摂取するようにコーヒーを飲ませたところ、アジア人女性はエストロゲンが増加し、白人女性は低下、黒人女性は横ばいという結果が出ています。

200mgのカフェインは、コーヒーで言えば、2.5杯くらいになります。

適正範囲で飲ませたと言えます。

我々日本人はアジア人に該当しています。

従って、女性の場合は、生理前にコーヒーを飲むことにより、エストロゲンが増加して、プロゲステロンの優位を崩すことにより、むくみが出にくくなります。

また、カフェインの利尿作用により、体内の余分な水分を排出してくれるため、むくみ解消に向かいます。

但し、コーヒーを飲み過ぎてしまいますと、利尿作用が効き過ぎてカリウムが排出されてしまい、むくみを助長してしまう可能性があります。

 

Sponsored Link



コーヒーと生理のむくみの関係

生理を迎えますと、女性ホルモンであるエストロゲンもプロゲステロンも両方とも分泌が低下してしまいます。

それとともに、生理中は生理前に比べますと体温が低下してしまいますので、体は免疫力が低下し、内臓の働きも低下してしまいます。

我々の体は、体温が1゜C低下しますと、免疫力は30~40%低下すると言われています。

その結果、細胞の新陳代謝機能やデトックス機能も弱くなり、血管には老廃物が溢れ、血流が弱くなってしまいます。

そのため、体内の細胞間の余分な水分の排出が滞り、生理中にもむくみが出易くなってしまいます。

従って、生理中のむくみは、血行不良が原因になっています。

その意味でコーヒーのポリフェノールとカフェインによる血流増加効果及び利尿作用によるデトックス機能の拡大はむくみ解消により大きな効果をもたらします。

 

Sponsored Link



妊娠によるむくみとコーヒー

女性は妊娠しますと、たくさんのお母さん方はむくみを経験します。

妊婦の30%くらいの方がむくみに悩んでおられるようです。

女性特有の女性ホルモンの働きや、赤ちゃんの成長による影響などによるものです。

基本的に、妊娠期には、コーヒーは赤ちゃんにカフェイン中毒の可能性が高いため、飲むことは出来ません。

そこで、むくみの原因と、コーヒーに代わってむくみを解消してくれる飲み物について見てみます。

妊娠中のむくみ

女性は妊娠しますと、赤ちゃんに栄養を行き渡らせるため、血液中の水分が3割ほど増加し、女性ホルモンのエストロゲンの影響によって水分が体に留まり易くなるため、むくみ易くなります。

エストロゲンは、妊娠していない時は、寧ろむくみを抑える働きがあります。

しかし、妊娠した場合には、エストロゲンは胎内の赤ちゃんが成長することのために働くため、水分を溜め込む働きがあります。

妊娠をしますと、お腹の赤ちゃんに栄養を届けようと血液量が40~50%も増加します。

しかし、血液量が増えていると言ってもその中身は90%水分になっています。

この状態になりますと、血液はサラサラになって血流が増加して、血栓は出来にくくなり、お腹の赤ちゃんに栄養が行き渡り易くなります。

一方でその水分が体外に出されれば問題はありませんが、血液中の水分は体外に出されないため、そのまま体内に滞留してしまいます。

その結果、血液中に含まれた水分は、むくみとなって現れてしまいます。

赤ちゃんのコーヒーのカフェイン許容量

体内の水分を体外に出すためには、利尿作用が良いように思われますが、カフェインは赤ちゃんにとって副作用が強過ぎるために飲むことは控える必要があります。

コーヒーカフェインの一日摂取限度は、体重1kg当たり5.7mgになります。

コーヒーにはコップ1杯当たり87mg程度のカフェインが含まれており、赤ちゃんのカフェイン許容量に対して15倍程度の濃度になります。

その濃度は、赤ちゃんにそのまま届きます。

従って、赤ちゃんの健康を考えますと、コーヒーはとても飲むことが出来ません。

 

Sponsored Link



ノンカフェインコーヒーによるむくみ軽減効果

コーヒーは飲めませんが、お勧めは、ノンカフェインコーヒーです。

ノンカフェインコーヒーは特殊な手法でコーヒー豆からカフェインを抜いたコーヒー豆です。

カフェインは0になりますが、その他のコーヒーの成分はそのまま残ります。

従って、ポリフェノールはその抗酸化作用を持ったまま、残っていますので、ノンカフェインコーヒーを飲みますと、抗酸化作用の影響で新陳代謝機能が高まり、デトックス効果も高まります。

従って、体内の水分を汗や尿として体外に出してくれますので、むくみの解消とまでは行かなくても、軽減にはつながります。

臨月や妊娠後期のむくみとコーヒー

妊娠後期や臨月になりますと、お腹の赤ちゃんはかなり成長して、体重も増えています。

胎内の赤ちゃんが成長した妊娠後期や臨月に入りますと、赤ちゃんの重みで胎盤内での圧力が高まります。

その結果、足の静脈を圧迫するようになり、足の血液が心臓に戻りにくくなるため、認識後期や臨月には、下半身にむくみが生じ易くなります。

この時期もコーヒーを飲むことは難しく、ノンカフェインコーヒーポリフェノールの抗酸化作用により、血流を増加させ、むくみの原因を軽減することが出来ます。

臨月くらいになりますと、赤ちゃんの体重は3kg程度なります。

1杯のカフェイン量が10mg程度のカフェインレスコーヒーも飲むことは可能にはなりますが、赤ちゃんの内臓は未発達であり、安全を考えますと、飲まない方がよいでしょう。

Sponsored Link



紅茶とコーヒーのむくみ解消効果比較

紅茶は、コーヒーとともに世界でも良く飲まれている飲み物です。

もともと、紅茶も日本茶もウーロン茶も全て同じ茶葉から作られていますが、その加工方法の違いで差が出ています。

茶葉を100%発酵させたものが紅茶であり、発酵させていないのが日本茶、その中間にあるのがウーロン茶になります。

紅茶には、コーヒーと同じようにカフェインやポリフェノールが含まれています。

コーヒーと紅茶の100ml当たりのカフェインとポリフェノールの含まれる量の比較をしてみます。

              コーヒー      紅茶

カフェイン         58mg           20mg

ポリフェノール             200mg          102mg

となっています。

コーヒーはカフェイン効果の差で紅茶よりむくみ解消効果が大きい

カフェインはむくみに効果があります。

紅茶にもカフェインが含まれておりカフェイン量はコーヒーの1/3程度です。

またポリフェノールにもむくみを解消する効果があります。

紅茶にはコーヒーの半分ほどのポリフェノールが含まれています。

従って、紅茶もむくみに効果があります。

しかしコーヒーの方がカフェインやポリフェノールの量が多いため、比較した場合、むくみ改善効果はコーヒーのほうが上です。

 

Sponsored Link



むくみに効果のあるコーヒー以外の飲み物

最後に、コーヒー以外のむくみに効果のある飲み物について見てみます。

むくみの原因から考えて見ますと、まずカリウムの不足があり、カリウムを補う飲み物が良いと言えます。

カリウムの豊富に入った飲み物は、野菜ジュースです。

野菜で多いのは、アボカド、ほうれん草、ゆりね、あしたば、しそなどです。

果物で多いのは、アボカド、栗、バナナ、メロン、キウイフルーツなどです。

従って、これらをミキサーにかけて野菜ジュースを作ったり、スムージーにして飲むことでむくみの解消につながります。

特に、妊娠中などはコーヒーを飲めないだけに、むくみを解消してくれるありがたい飲み物となります。

野菜ジュース以外のむくみ解消効果のある飲食物

野菜ジュース以外でも、とうもろこしのヒゲ茶やびわ茶、ごぼう茶、ゴーヤ茶などもカリウムが多いと言われており、むくみ解消に効果があります。

その他、ココア、豆乳などもカリウムは豊富であり、両方とも抗酸化作用もあり、むくみの解消には効果的です。

飲み物だけに限らず、カリウムの多い食品もむくみ解消には効果があります。

カリウムはミネラルの一つであり、野菜、くだもののほかに、肉、魚、豆、芋などに豊富に含まれています。

 

Sponsored Link



まとめ

コーヒーにはむくみを解消する効果があります。

むくみは、細胞間や血管との間にあるリンパ液や水分が滞留して生じるものです。

その原因には、一時的な要因のものと病気に伴ってむくむものがあります。

病気に伴う場合は、病院でその原因となる病気を治すことが先決になりますが、一次的な要因の場合には、コーヒーによって解消することが出来ます。

コーヒーに含まれるカフェインの覚醒作用に伴う血流増加効果や利尿作用、ポリフェノールの抗酸化作用に伴う血流増加効果によるものです。

血流を増加し、利尿作用によって細胞間に滞留している水分やリンパ液を体外に排出することで、むくみは解消できます。

それは、生理前や生理中のむくみにおいても可能です。

ただ、妊娠中はコーヒーそのものを飲めません。

そのため妊娠中はノンカフェインコーヒーによるポリフェノールの抗酸化作用でむくみを解消すると良いです。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • コーヒーの偏頭痛に対する効果や対処法

  • コーヒーの焙煎方法の種類

  • 缶コーヒーの成分

  • 脂肪肝とコーヒーの関係・・・甘くみてはいけない脂肪肝

  • コーヒーダイエットの効果がもの凄い! 

  • コーヒーの効果がよく効く時間や避けるべき時間について