1. TOP
  2. 生姜湯
  3. 生姜紅茶のダイエット効果が凄い!そのやり方や方法とは?
Sponsored Link

生姜紅茶のダイエット効果が凄い!そのやり方や方法とは?

生姜湯 紅茶   3,802 Views

生姜ダイエット、紅茶ダイエット、と単独でもダイエット法が謳われている生姜と紅茶ですが、この2つを組み合わせ、ダブル効果を得られるのが生姜紅茶ダイエットです。

生姜紅茶は、生姜の成分による新陳代謝を促進する作用、紅茶の成分による脂肪を燃焼する作用、利尿作用などを同時に取り入れることができるため、ダイエットの相乗効果が期待できます。

生姜紅茶を飲むことで、生姜と紅茶、それぞれの有効成分により、体の余分な水分が排出され、基礎体温が上がり、常に新陳代謝が高い状態になります。

このように体内でのエネルギー消費が高まる生姜紅茶は、ダイエットにぴったりの飲み物なのです。

それでは、ダイエットに対する生姜の効果、紅茶の効果は、それぞれどんな成分や作用によるものなのでしょうか。ここでは、生姜紅茶のダイエット効果、効果的な生姜紅茶の作り方、飲むタイミングなどを含めて解説していきます。

生姜紅茶とは

生姜紅茶は、お好みの紅茶に生姜を入れて作る飲み物です。

入れる生姜は、おろし生姜、スライス生姜、生姜パウダー、乾燥生姜などいろいろありますが、なまの生姜か、加熱した生姜かにより、生姜の成分が変わり、作用も違ってきます。

なまの生姜は、解熱、殺菌、消炎鎮痛作用などに優れ、風邪の引き始めなどには最適ですが、体を温めるより、熱を放出する作用が強いです。

ダイエットを目的にする場合は、血行促進作用、脂肪燃焼促進作用などが優れた加熱した生姜が有効です。

特に乾姜(カンキョウ なまの生姜を蒸してから乾燥させたもの)を使うのがベストでしょう。

また生姜紅茶は、ダイエット効果のみではありません。

生姜紅茶は血行を促進し、体を温めて新陳代謝を高めるため、冷えの改善はもちろん、むくみの解消、アレルギー症状の緩和、血液サラサラ作用などもあり、結果的に体全体の調子を整えてくれる非常に優れた飲み物なのです。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜紅茶ダイエットとは

最近、生姜紅茶のダイエット効果が注目されています。

生姜紅茶を125杯飲むことで、体が温まり、新陳代謝が促進され、むくみが取れ、体質が変わってきます。その作用を利用したものが生姜紅茶ダイエットです。

生姜、紅茶、それぞれにダイエットに効く有効成分が含まれています。

それでは生姜、紅茶それぞれの効果、生姜紅茶ダイエットのメリットについて見てみましょう。

生姜のダイエット効果

・体を温める効果

生姜の代表的な効果は、体を温める作用でしょう。

生姜の辛味成分ショウガオール、ジンゲロンは、血管を拡張することで、血行を促進します。そのため体のすみずみまで血液が行き渡ります。

その効果は、手足の冷えの改善はもちろん、内臓にも血液が行き渡るため、内臓全体の活性化、そして体を深部から温める効果につながります。

・基礎体温を上げ、新陳代謝を高める効果

体が深部から温まると、基礎体温も上がってきます。

体温が1℃上がると、体の新陳代謝が12%も上がります。代謝とはエネルギーを消費することです。例えば、ウォーキング60分など、同じ運動をしても体温が35℃代の人は、120㎉消費のところ、36℃代の人は134.4㎉消費できる言うことになります。

運動や活動によるエネルギー消費だけでなく、基礎代謝量も同じように12%上がります。

基礎代謝量とは、呼吸など、生命を維持するために最小限必要なエネルギー量のことです。

目安としてですが、成人女性では、基礎代謝量が12001500/日なので、基礎体温が1℃上がると、何もしなくても1日に120150㎉多く消費されることになります。

基礎体温が上がるということは、それだけでもエネルギーを多く消費できる体になるため、ダイエット効果にそのまま直結するのです。

・脂肪燃焼を促進する効果

生姜の辛味成分ジンゲロンは、脂肪細胞での脂肪の分解、燃焼を促進させる作用があります。脂肪の燃焼が促進されると、体内のエネルギー消費が高まり、ダイエット効果が高まります。

紅茶のダイエット効果

・食事中、食後の血糖値上昇を抑制する効果

紅茶の成分、紅茶ポリフェノールは、糖分を分解する酵素であるアミラーゼの活性を抑制します。その結果、腸管内で吸収される糖の量が減り、血糖値の上昇が抑えられます。

食事などで血糖値が上昇すると、それを下げようと膵臓からインスリンが分泌されます。インスリンは、余分な糖を中性脂肪に合成し、血糖値を下げるようとする作用があります。

したがって、血糖値の上昇は、中性脂肪の上昇にもつながるのです。

中性脂肪は、言わずと知れた体脂肪のほとんどを占める脂肪です。

紅茶は、血糖値の上昇を抑える=中性脂肪合成を抑えることで、体内に余分な脂肪が増えないようにし、ダイエット効果を発揮します。

・脂肪の吸収を抑制する効果

紅茶ポリフェノールには、脂肪の吸収を抑える作用もあります。

食事などで脂肪分が体内に入ると、その脂肪分を分解し吸収しようと、膵臓から脂肪分解酵素であるリパーゼが分泌されます。

紅茶ポリフェノールは、このリパーゼの活性を抑制し、腸管での脂肪の吸収を抑える効果があります。

・利尿を促し、むくみを解消する効果

紅茶に含まれる成分の1つ、カフェインには、利尿作用があります。

カフェインは、腎臓の血管を拡張し、尿細管での水分の再吸収を抑制することで、尿量を増やし、利尿を促します。

この利尿作用により、体に滞っている余分な水分を排出させ、むくみや水太りを解消し、スッキリした体になっていきます。

・脂肪を燃焼させる効果

カフェインには、脂肪の代謝を促し、燃焼させる作用があります。

脂肪細胞には、エネルギー源として脂肪を貯蔵する白色脂肪細胞と、熱を産生し体温の維持や、余分な体脂肪を調節するため、エネルギーを放出する褐色脂肪細胞があります。

カフェインは、この褐色脂肪細胞を活性化し、エネルギーの放出を増加させる効果があります。

その結果、脂肪を燃焼しやすい体となり、ダイエット効果が期待できるのです。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜紅茶がダイエットに効くメカニズム

ここで一度、生姜紅茶がダイエットに効くメカニズムを整理してみましょう。

・エネルギー消費の増加によるダイエット効果

生姜紅茶を飲む血管が拡張血行促進体が温まる基礎体温上昇基礎代謝量増加体内のエネルギー消費が増加する

・余分な脂肪を増やさないダイエット効果

生姜紅茶を飲む糖・脂肪の吸収抑制体内に余分な脂肪が増えない

・むくみ・水太りを解消するダイエット効果

生姜紅茶を飲む尿量が増えるむくみ・水太りが解消されるスッキリした体になる

・脂肪が減ることによるダイエット効果

生姜紅茶を飲む脂肪細胞での脂肪の分解、燃焼を促進体内の脂肪が減っていく

このように生姜、紅茶のさまざまなダイエット効果により、生姜紅茶はダイエットにとても効果的であることが分かります。

生姜紅茶を使うメリット

生姜紅茶は、ダイエット効果以外にも、さまざまな健康効果があります。ここで生姜紅茶を日常に取り入れるメリットを挙げてみましょう。

・手軽に手に入る

生姜も紅茶も一般のスーパーで販売している食材で、手軽に手に入ります。生姜紅茶を始めよう、と思ったらすぐにでもスタートできます。

・コストパフォーマンスが良い

ダイエット法によっては、食材などにコストが掛かることもありますが、生姜紅茶なら、こだわったものを使用しなければ、日常の食費の中で賄えます。

・シンプル

生姜紅茶の作り方は、紅茶に生姜を入れるだけ、という至ってシンプルなものです。材料の準備にもさほど時間がかかりません。

・続けやすい

ダイエットは継続することが、まず第一条件です。

生姜紅茶なら、手軽に手に入る、コストが掛からず経済的負担も少ない、作り方は紅茶に生姜を入れるだけ、25杯の適正量内ならば好きな時間に飲めるなど、継続しやすい良い条件がそろっています。

・美味しい

最後に忘れてはならないのは、その美味しさです。生姜のスパイシーな味わいと、紅茶の芳醇な香り、そして紅色の色彩が、味覚、嗅覚、視覚を刺激し、とても美しい味わいを醸し出します。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜紅茶の作り方

それでは、生姜紅茶の作り方を見ていきましょう。

材料(1回分)

・紅茶:お好みの紅茶を用意してください。

ティーバッグ・・・1バッグ 

茶葉・・・ティースプーン1杯(約3g)

生姜紅茶に合う紅茶

セイロン、アッサム:渋みが少ないため、生姜の風味を引き立てます。

ダージリン:独特な渋みがあり、生姜の風味を弱め飲みやすくなります。

アールグレイ:強い風味があり、生姜の風味とのバランスが絶妙になります。

・お湯:沸騰直後の100℃のものが望ましいです。

・生姜:使いやすいものを選んでください。

乾姜・・・1g程度

すりおろし生姜・・・小さじ1

チューブ生姜・・・小さじ1

スライス生姜・・・2枚程度

生姜パウダー・・・小さじ1/4

乾姜がベストではありますが、まずは手に入りやすいものから始めてみましょう。

生姜紅茶の入れ方

・お湯を沸かします。

・ティーカップまたはティーポットに、ティーバッグまたは茶葉を入れます。

・沸騰したてのお湯を150㏄ほど注ぎます。

・ティーバックは1分、茶葉は35分蒸らします。

・出来上がった紅茶に目安量の生姜を入れれば、出来上がりです。

・乾姜を使う場合は、乾姜を入れてから23分さらに蒸らしましょう。

生姜紅茶を甘くしたい場合

生姜紅茶のダイエット効果を期待する場合は、ストレートティーがベストです。

甘みが欲しい場合は、白砂糖より、ビタミン、ミネラルが豊富で、ダイエット効果も期待できる、質の良い食材を使うことをお勧めします。いくつかご紹介しましょう。

・はちみつ:ティースプーン1杯(7g)/21

はちみつにはビタミン、ミネラル、オリゴ糖などが豊富で、腸内環境を整え便秘を解消したり、抗菌作用があります。

・黒砂糖:ティースプーン1杯(5g)/18

黒砂糖は、白砂糖より腸管での吸収が緩やかで、血糖値の急上昇を抑制し、体内での余分な糖の吸収や、脂肪合成を防ぎます。

さらにビタミン、ミネラル類が豊富に含まれ、糖や脂肪の燃焼を促す作用もあります。

生姜紅茶と合わせることで、さらなるダイエット効果が期待できます。

・メープルシロップ:ティースプーン1杯(5g)/13

メープルシロップは、豊富なビタミン、ミネラル類の他、抗酸化作用のあるポリフェノールも豊富に含まれています。

さらに黒砂糖同様、腸管での吸収が緩やかで、血糖値の急上昇を抑制し、余分な脂肪合成も防ぐため、生姜紅茶のダイエット効果をさらに高めてくれます。

しかし、どの食材も白砂糖(ティースプーン1杯(5g)/19㎉)と同等程度にカロリーはあるため、摂り過ぎには注意が必要です。

あくまで、甘みが欲しい時のアクセントとして使いましょう。

朝食を生姜紅茶のみに置き換えてダイエットをする場合は、これらの甘みを使うと、空腹感を抑えられ効果的です。

乾姜(カンキョウ)とは

乾姜とは、生姜を蒸して乾燥させたものです。

生姜を60℃100℃以下で加熱、または蒸すことで、生姜の辛味成分であるジンゲロールの脱水反応が起き、ショウガオール、ジンゲロンが生成されます。

このショウガオール、ジンゲロンに血行促進、体を温める、脂肪燃焼作用などがあるため、生姜紅茶を作る際は、乾姜もしくは60100℃で加熱した生姜を使用することをお勧めします。

すりおろし生姜やチューブ生姜でも、効果が現れるケースもあるため、個人差があるということでしょう。

すりおろし生姜やチューブ生姜で効果が感じられない場合は、乾姜に変えてみてください。

乾姜の作り方

家庭で出来る乾姜の作り方をご紹介します。

・生姜は皮を剥かずに良く洗い、皮にある線に沿って1~2㎜の薄さにスライスします。

・生姜を1枚1枚、重ならないよう蒸し器に並べ、蒸します。

・蒸し始めると柑橘系の香りがしてきます。

・そこから30分程度、さらに蒸すと甘い香りがしてきます。

・色調が茶色っぽく変化したら、火を消します。

・蒸し器から取り出し、ざるなどに1枚1枚並べます。

・天日干しで1~2日、室内干しなら1週間程度を目安に乾燥させます。

・カリカリに乾燥したら、出来上がりです。

ポイント

・出来上がった乾姜は、保存容器や瓶に入れて、空気に触れないようにして保管します。

・常温で3ヶ月程度は持ちます。

・生姜に水分が残っていると、カビが生えてしまうため、しっかり乾燥させましょう。

・乾姜は作るのに手間がかかる、という人は、蒸し生姜パウダーなども市販されていますので、利用してみるのも良いでしょう。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜紅茶を飲むタイミング

生姜紅茶は、125杯を好きな時に飲むという方法が一般的ですが、より効果を実感するためには、次のようなタイミングに合わせて飲むと良いでしょう。

朝食前に生姜紅茶を飲む

まずは、朝起きたら1杯、生姜紅茶を飲むと効果的です。

血行が良くなり、体温が上昇、内臓系、脳にも血液が行き渡り、頭と体が効率よく動き出します。

さらに紅茶のカフェインは、覚醒作用があり、寝起きの副交感神経が優勢な状態から、1日を闘うための交感神経に切り替えるための良い刺激を脳に与えます。

運動前に生姜紅茶を飲む

運動前に生姜紅茶を飲むと、新陳代謝が高まったところに、さらに運動によるエネルギー代謝が加わるため、生姜紅茶の脂肪燃焼作用、エネルギー消費増加作用がさらに高まります。

この相乗効果でダイエット効果を加速してくれます。

入浴前に生姜紅茶を飲む

入浴だけでも体が温まり、新陳代謝が良くなりますが、入浴前に生姜紅茶を飲んでおくと、さらに血行促進、脂肪燃焼作用が高まります。

発汗量も増え、体内の老廃物も排出されやすくなります。

食事中~食後30に生姜紅茶を飲む

紅茶には、 糖分を分解する酵素アミラーゼの活性を抑制し、糖の吸収を抑える作用、 そして脂肪分を分解する酵素リパーゼの活性を抑制し、脂肪の吸収を抑える作用があります。

そのため食事中から食後30分間に生姜紅茶を飲むと、余分な糖や脂肪の吸収を抑え、血糖値の上昇を抑制する効果を発揮します。

寝る前に生姜紅茶を飲む

生姜紅茶には、体を深部から温める作用、体をリラックスさせる作用があります。

眠気を感じるには、体の深部体温を下げることが必要です。深部体温が下がると熱が末梢に放出されるため、手足がポカポカきます。

生姜紅茶の体を深部から温める作用とは相反するようですが、一度体の深部を温めると、その反動で深部体温が下がるようになっているのです。

また快適な睡眠を促すには、自律神経のうち副交感神経を機能させなければなりません。

寝る前に生姜紅茶を飲むと、そのリラックス効果で、日中の高ぶった神経を鎮静させ、副交感神経を優位にし、良い睡眠導入効果があります。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜紅茶の1日の適正量

実に優れた効果のある生姜紅茶ですが、1日に飲む適正量があります。

特に生姜は、東洋医学では薬として扱われているほど、高い効果がありますが、適正量以上に摂取すると副作用が現れることがあるため、注意が必要です。

生姜紅茶は1日25杯が目安量

生姜紅茶の効果を実感するには、1日に最低でも2杯は飲みましょう。また多量に飲めば良いものではなく、多くても56杯にしましょう。

1日にたくさん飲むより、1杯でも2杯でも毎日、そして一週間以上は続けることが大切です。そうすることで確実に効果が現れ、体質を変えて行くことができます。

生姜の1日適正量

・なまの生姜

10g(スライス6枚程度)

・すりおろし生姜、チューブ生姜

大さじ1杯程度

・乾姜

23

・生姜パウダー

1g(小さじ1/2

生姜はこの量を飲む回数で分割し、摂取するようにしましょう。

紅茶の1日適正量

紅茶で気になる成分は、カフェインです。

日本ではカフェインの摂取目安量の設定がまだされていませんが、カナダや韓国の厚生機関では、健康な成人で1日最大400mgまで、と定めています。妊娠中や授乳中の人は、200300mgとなっています。

紅茶1杯(150ml)で、カフェイン量は30mgです。

健康な成人の場合、単純計算で10杯以上は飲めることになります。

生姜紅茶は、125杯を推奨しているため、カフェイン量は気にしなくても大丈夫でしょう。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜紅茶の効果

生姜紅茶には、ダイエット効果の他にも、健康と美容にうれしい効果が満載です。

生姜紅茶には冷え性の改善効果がある

生姜、紅茶ともに血行を改善し、体を温める作用があります。

冷えがあると、寝つきが悪い、スッキリ起きられない、胃腸の調子が悪い、疲れやすいなど、体全体の調子が悪くなります。

生姜紅茶は、この冷えを改善してくれるため、毎日続けていると体調がみるみるよくなるのが分かります。

生姜紅茶には美肌効果がある

生姜の成分ショウガオールと紅茶ポリフェノールは、ともに抗酸化作用に優れています。

体内の活性酸素を除去することで、アンチエイジング効果を発揮し、血管の健康や美肌効果が期待できます。

生姜紅茶には便秘解消効果がある

生姜紅茶で血行が促進すると、内臓への血流も増え、内臓の冷えが改善されます。冷えの改善により腸の働きの向上が図れ、便秘の解消につながります。

生姜紅茶にはリラックス効果がある

生姜にも紅茶にも鎮静作用、緊張を和らげる作用があります。仕事の合間のリフレッシュに、寝る前のリラックスタイムにも最適です。

生姜紅茶には抑うつ効果がある

うつなどの精神的な不調は、冷えが原因のことが多いです。生姜紅茶で体を深部から温めると、脳への血流が良くなり、自律神経の安定につながり、抑うつ症状の改善が図れます。

生姜紅茶には生活習慣病の予防、改善効果がある

生姜紅茶のダイエット効果は、そのまま生活習慣病の予防や改善につながります。

血糖値上昇の抑制、糖や脂肪の吸収抑制、脂肪燃焼作用、血液サラサラ作用、さらに悪玉コレステロールを下げる作用もあり、血糖値や中性脂肪値、悪玉コレステロール値が気になる人にとても効果的です。

なお、生姜紅茶の効果に関するより詳しい情報は「生姜紅茶の効果はダイエットをはじめとして多数あります!」にてお伝えしています。 ぜひ、御覧ください。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

生姜紅茶を飲む時の注意点

生姜紅茶はダイエット効果とともに様々な効果があります。

生姜紅茶ダイエットを実践する上でどのような注意点があるのでしょうか。

適正量を守る

健康効果の高い生姜紅茶ですが、摂り過ぎには注意が必要です。

どんなに良い食べ物でも万人の体質に合うものはありません。生姜紅茶で消化器官が活発化し過ぎ、胃酸過多になり、胸やけや胃腸を壊す人もいます。

カフェインに過敏な人は、その刺激でかえってイライラしてしまうこともあります。

そのため、自分の体質に合っているか様子を見ながら、1日の適正量内で摂取するようにしましょう。

一週間以上は続ける

生姜紅茶を飲んだすぐから、体がポカポカしてくる人もいます。しかし、長く冷え性だった人は効果がすぐには現れないこともあります。

最低でも一週間は続けて、効果が現れるのを待ちましょう。

そして、痩せやすい体に体質改善し、その状態を維持するためには、毎日12杯でも続けていくことが大切です。

糖類の摂り過ぎに注意

生姜紅茶に甘みが欲しい時もあると思います。ダイエットや健康効果のあるはちみつ、黒砂糖、メープルシロップなどがお勧めですが、カロリーは白砂糖同等にあることを忘れずに、摂り過ぎには注意しましょう。

生姜紅茶でダイエットのまとめ

生姜と紅茶の有効成分を同時に摂取でき、相乗効果が期待できる生姜紅茶。作り方、飲み方はいたってシンプルです。

毎日続けることで、ダイエット効果のみでなく、冷えやすい体質を改善し、健康で余分な脂肪がつきにくい体を維持することができます。

やってみようかな、と思ったら早速、家にあるティーバッグと冷蔵庫のすみにある生姜で試してみてはいかがでしょうか。

生姜紅茶を毎日の生活に取り入れ、健康的なダイエットを成功させましょう。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • 生姜湯の効果はこんなにある!驚きの生姜パワーについて

  • 生姜紅茶の効果はダイエットをはじめとして多数あります!

  • 紅茶の効果が凄い!ダイエット・リラックス・美容に飲み方まですべてお伝えいたします!

  • 生姜湯はチューブ生姜で簡単に作れる!チューブ生姜の使い方・保存方法・注意点を解説します

  • 紅茶の飲み過ぎに注意!健康に影響のない1日の摂取量とは

  • 紅茶の効能はこんなにある!その全てをご紹介します!