1. TOP
  2. 水素水
  3. 水素水は赤ちゃんにも効果大!
Sponsored Link

水素水は赤ちゃんにも効果大!

水素水   200 Views

水素水は体に良いから自分では飲んでいるけれどできれば赤ちゃんにも飲ませたい!けど飲ませても大丈夫なのかな?

そんなふうに考えているお母さんが増えてきています。

結論から言うと水素水は赤ちゃんにも良い影響をもたらしてくれます。

ただし未熟な赤ちゃんの胃腸には負担になってしまうケースもありますので、大人が飲む水素水とは違った点に注意しなければいけないという部分もあります。

では赤ちゃんへの水素水はどのように与えるのが正解なのでしょうか?

赤ちゃんへの水素水の与え方や期待できる効果について解説します。

Sponsored Link



Contents

水素水は赤ちゃんにも安心して与えてることができる

水素水は大人だけでなく赤ちゃんにも良い働きをしてくれます。

そのため赤ちゃんの水分補給としても安心して与えてください。

水素水とは

まずは水素水の働きと特徴について解説します。

水素水の代表的な働きは活性酸素除去作用

水素水が健康や美容に良いと言われている1番の理由は活性酸素除去作用にあります。

活性酸素は日々私たちの体内で作り出されている物質ですが、細胞を攻撃してサビさせる特徴を持っています。

細胞はサビると健康ではいられなくなってしまいますので、健康面で言えば様々な病気に進行していく可能性が出てきますし、美容面で言えばシミやシワなどの原因になってしまいます。

そのため水素水によって活性酸素を取り除くことができると、健康や美容に良い影響をもたらすのです。

水素水には炎症を抑える働きもある

また水素水には炎症を抑える働きもあります。

例えばアトピーやアレルギー・あせもなどは強いかゆみを伴う炎症が起こることがあります。

そして炎症は1度起こるとなかなか治まりません。

それは炎症が起こっている場所で大量の活性酸素が発生し、その活性酸素が更に炎症を大きく拡大しようと周囲に呼びかけているからです。

そのため水素水で活性酸素を取り除くと、なかなかおさまらない炎症のつらい症状を緩和することができます。

しかも水素水には新陳代謝を正常な状態に導く働きもありますので、ダメージを受けた肌の状態を改善してくれることが期待できます。

つまり水素水は炎症のかゆみを抑えながら、アトピーやアレルギーの出づらい肌を作ることができるというわけです。

最近では赤ちゃんでもアトピーやアレルギーが出てしまうことがあります。

小さな頃から強い薬を使いたくない場合には水素水を上手に併用するのも1つの方法です。

 

Sponsored Link



水素分子は極小なので肌表面からでも体中に行き渡る

水素水に含まれる水素分子はとても小さな物質であることが分かっています。

宇宙にある全ての物質の中で最も小さいため、水素分子からすると他の様々なものはどこもすり抜け可能なトンネルだらけと言えるでしょう。

私たちや赤ちゃんの肌もそうで、水素水を肌表面に塗るだけで、水素は肌から体内へと入っていくことができます。

そして体内を自由に動き回って活性酸素がある場所へ到達し取り除いてくれるのです。

水素はこのようにどこでも通り抜けて自由に動き回ることができるので、他の栄養などとは比較できないくらい素早く水素を必要としている場所に届き強力に働いてくれるというわけです。

Sponsored Link



水素水は赤ちゃんにも安全安心

水素水は赤ちゃんにも問題なく飲ませたり使ったりすることができます。

その理由を解説します。

水素水には副作用が無いから安心

水素水を赤ちゃんにも安心して与えられる第一の理由は副作用が無いことです。

水素水に含まれているのは水素と水のみです。

水に副作用はありませんし、アレルギーも世界中を見ても数えるほどの症例しか報告されていませんから、水に害があることは考えられません。

また水素は食品添加物として認められているくらい安全性が高いことが分かっています。

副作用が無い水素水ですから、赤ちゃんにも安心して与えられるというわけです。

水素水は赤ちゃんの健やかな成長をサポートしてくれる

水素水が赤ちゃんにも安心な第二の理由は、水素水が赤ちゃんの健やかな成長をサポートしてくれることにあります。

活性酸素は大人だけでなく赤ちゃんの体内でも日々作り出されていて、大人と同じように細胞が攻撃されています。

大人と違うのは赤ちゃんはまだ成長途中だということです。

赤ちゃんの細胞はこれからどんどん細胞分裂を繰り返して増殖していき大きく成長します。

その過程で細胞が傷つくと、傷ついた細胞は傷ついたままで細胞分裂して増殖していきます。

傷ついた細胞は健康な細胞と比べて弱い状態です。

そのため赤ちゃんに健康に大きくなって欲しいと思ったら、水素水を上手に活用して活性酸素を取り除くことがとても重要なのです。

水素水の特徴や働きについては『水素水とは?』もご覧ください。

Sponsored Link



水素水を赤ちゃんに与えることで期待できる効果

では水素水を赤ちゃんに与えると具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか?

アトピーやアレルギー・あせもなどの予防・改善

まずあげられるのがアトピーやアレルギー・あせもなどの予防・改善です。

これらに共通しているのは炎症が起こりつらいかゆみを伴うということです。

つらいかゆみは薬で抑えてもすぐにまたぶり返します。しかもどんどん薬の効き目は薄くなっていき、強い薬に移行していくこともあります。

大人でもつらいこうした状態は、赤ちゃんには更につらく感じることでしょう。

水素水には炎症が起こった場所で発生する活性酸素を取り除く働きがありますから、まずはつらい炎症を抑えることができます。

そして丈夫で健康な肌に導いてくれますので、つらい症状を抑えながらアトピーやアレルギーのできづらい肌作りをすることもできるのです。

そのため水素水を使うと、赤ちゃんのアトピーやアレルギーの今ある症状を抑えながら根本から改善していくことができます。

水素水のアトピーやアレルギーに対する働きについては『水素水がアトピーに効果的な理由とは?』『水素水はアレルギーに効果大!アレルギーのメカニズムと効果的な水素水の使い方について』も参考にご覧ください。

免疫力を高めることによる丈夫な体作り

赤ちゃんの体は産まれてからしばらくはお母さんから受け取った免疫を引き継いでいます。

そして母乳を飲んでいる赤ちゃんは母乳からも免疫を受け取ることができます。

こうしたお母さんから受け取る免疫を母子免疫といいますが、母子免疫は期限つきで、生後6ヶ月頃になるとなくなってしまうのです。

そこで役立つのが水素水です。

水素水を与えていると赤ちゃんの免疫は高まります。

活性酸素が取り除かれ細胞にストレスが無い状態が作り出されますので、病気になりにくい状態になるのです。

そのため風邪などに感染しづらくなったり、感染しても軽い症状で治まるようになります。

胃腸の働きを活発にして消化吸収を良くする

水素水は赤ちゃんの胃腸の働きもサポートしてくれます。

赤ちゃんのお腹は大人と比べてとてもデリケートなので、ちょっとした刺激で下痢や便秘になってしまいやすいです。

水素水を赤ちゃんに与えると、そうしたデリケートなお腹を安定した状態になるようサポートしてくれます。

胃腸の働きがスムーズになれば離乳食や母乳・ミルクの栄養を充分に吸収できますので、順調な成長にもつながっていきます。

副作用の心配なく気になる症状の改善に取り組めるのは大きなメリット

水素水の最大のメリットは副作用が無いということです。

例えばアトピーの炎症を抑えるために薬を使えば、当然副作用の危険性も出てきます。

せっかく炎症がおさまっても副作用の症状に悩まされてしまったのではいつまで経っても安心できません。

そのため副作用がなく安心して与えられる水素水はとても重宝します。

特に炎症に関しては大人の症例ではありますが、ステロイドを多用していた患者さんが水素水の塗布でステロイドの使用がなくても大丈夫な状態にまで回復したという報告もあります。

副作用の無い水素水を上手に使って健康管理に役立ててあげると良いでしょう。

Sponsored Link



赤ちゃんに水素水を与えるときの注意点

水素水は赤ちゃんにも安心して与えることができますが、大人の水素水を選ぶのとは違った注意点がいくつかあります。

注意点を守って赤ちゃんに最適な水素水を与えるようにしましょう。

赤ちゃんに水を与えるときの基本

赤ちゃんのための水素水の注意点の前に、まずは赤ちゃんに水を与えるときの基本的なことについて解説します。

赤ちゃんの水は3ヶ月頃から

赤ちゃんにとっても水はとても重要ですが、生後3ヶ月に満たない時期には母乳・ミルクをきちんと飲んでいれば水を飲ませる必要はありません。

また生後3ヶ月を過ぎて少しずつ水を与え始めた場合でも、最初のうちは母乳・ミルクの補助として捉えましょう。

夏場にたくさん汗をかいているときなどは少し多めに飲ませても良いですが、赤ちゃんの最初の数ヶ月の水分は母乳・ミルクがメインなのです。

 

Sponsored Link



赤ちゃんの水はごく少量から始めましょう

赤ちゃんに水を飲ませ始める場合には、ごくごく少量から始めなければいけません。

それまで母乳かミルクしか飲んでいなかった赤ちゃんに急に大量の水を飲ませてしまうと、体に良いどころか胃腸に負担をかけてしまう恐れさえあります。

そのため最初は20mlから始めましょう。

母乳やミルクに慣れ親しんでいた赤ちゃんは最初のうちはほんのスプーン1さじでも水を嫌がるかもしれません。

しかしもしそうだとしても心配することはありません。

赤ちゃんは徐々に水に慣れていきますし、成長とともに飲める量も確実に増えていくからです。

もし仮に水を全く飲んでくれなかったとしても、母乳やミルクを充分に飲んでいるのであれば安心して見守ってあげてください。

また水は冷たいものをあげるのではなく、常温かぬるま湯で飲ませるようにしましょう。

水を飲むのを嫌がる場合、もしかすると水の冷たさが嫌いだという可能性もありますから、母乳のような人肌の温度にして試してみるのも良い方法です。

煮沸は絶対!ではない

赤ちゃんに与える水は煮沸するものだというイメージがありますが、煮沸は必ずしも絶対ではありません。

そもそも煮沸の目的は残留塩素を取り除いたり殺菌したりすることです。

飲み水に水道水を使っていたとしても浄水器を通している場合、ほとんどの塩素を除去できてしまいますし、各種汚れなども取り除いてくれます。

最近の浄水器は非常に高性能なものが多いので、赤ちゃんの水は必ず煮沸しなければならないというわけではなくなってきているのです。

 

Sponsored Link



赤ちゃんの水素水はミネラル分が少ないものがベスト

赤ちゃんに与える水素水の注意点としてあげられるのはミネラル分の少ないものを選ぶことです。

水素水の中にはミネラル分が豊富に含まれているものもあります。

大人であればそれでも問題ありませんが、体の小さな赤ちゃんにはミネラル過多になってしまい腎臓に負担をかけてしまう恐れがあるのです。

そのため赤ちゃんの水素水はミネラル分が少ないものを選ばなければいけませんし、自宅で水素水サーバーを使っている場合には水素水にする水をミネラル分の少ない軟水にすることが必要です。

赤ちゃんには母乳のphに近い水素水を

また赤ちゃんの水素水はphにも注意が必要です。

赤ちゃんが日頃飲んでいる母乳はph6.67.6で、赤ちゃんの胃液はph6.08.0です。

赤ちゃんに与える水素水は、母乳と胃液のphに合わせたものを選ぶのが良いでしょう。

中性がph7.0なので、赤ちゃんに与える水素水は中性に近いものを選ぶようにすれば間違いありません。

またphが中性から大きく離れてどちらかに傾くと味にも変化が出てきます。

赤ちゃんは味に敏感なので変な味がすると感じると飲まなくなってしまいますから、この点からも中性に近い水素水を選ぶことが大切と言えます。

マグネシウムと水を反応させて作る水素水は赤ちゃん用には不向き

水素水は自宅で作ることができますが、そうした水素水作りの方法の中で最も簡単で経済的なのがマグネシウムスティックです。

水の中にマグネシウムスティックを入れて置いておくと化学反応によって水素が発生して水素水がつくれます。

水+マグネシウム=水素+水酸化マグネシウム

という化学反応が起こるのです

しかしここで作られているのは水素だけではありません。水酸化マグネシウムも同時に発生してしまっているのです。

水酸化マグネシウムは下痢や腹痛を引き起こす可能性のある物質なので、赤ちゃんのデリケートな胃腸には合いません。

そのためマグネシウムスティックで作る水素水は赤ちゃんに与える水素水としては不適切と言えます。

赤ちゃんに飲ませる水素水は、ミネラルが少なく中性で水酸化マグネシウムの発生しない方法で作られた水素水にしましょう。

Sponsored Link



赤ちゃんに水素水を与える方法

赤ちゃんに最適な水素水を選んだら次は実際に赤ちゃんに飲ませたり使ったりするだけです。

では水素水を赤ちゃんに与える場合にはどのような方法があるのでしょうか。

水素水をそのまま飲ませる

最も簡単ですぐにできるのが水素水をそのまま飲ませる方法です。

生後3ヶ月を過ぎていれば少量ずつ水を飲むことができますので、スプーンなどを使ってまずは一口そのまま飲ませてみるのも良いでしょう。

水素水でミルクを作る

ミルクを飲んでいる赤ちゃんであれば粉ミルクを溶かすのに水素水を使うというのも1つの手です。

ミルクなので馴染みの味がしますから、水素水をそのまま飲ませるよりもすんなりたくさんの水素を取り入れることができます。

水素水でミルクを作るときには沸騰させないこと

ミルクを普通の水で作る場合には沸騰させてから使いますが、水素水の場合には沸騰させてはいけません。

なぜなら水素水を沸騰させてしまうと水に溶けている水素がどんどん逃げていってしまうからです。

せっかく水素を取り入れるために水素水でミルクを作るのですから、できる限り多くの水素が残っている水素水でミルクを作れるようにしましょう。

水素水でミルクを作る方法

水素水でミルクを作る際の1番のポイントは水素水の温め方です。

水素水は沸騰させると水素が抜けてしまいますので、それを避けるために湯せんでゆっくりと温めます。

水素水が温まったら分量の粉ミルクを溶かせば完了です。

 

Sponsored Link



赤ちゃんを水素風呂に入れる

赤ちゃんにも水素風呂が効果的です。

特にまだ水を飲まない月齢で母乳のみで育っている赤ちゃんや、アトピーやアレルギーなどで皮膚に炎症が出ている場合には、水素風呂をおすすめします。

水素風呂とは

水素風呂とは水素水で作るお風呂です。

水素発生器や水素入浴剤を使ってお風呂のお湯を水素水にして入浴します。

水素風呂の入り方

水素風呂はぬるめのお湯で15分以上入るのが基本的な入り方です。

大人の場合には全身に水素が行き渡るまでに10分程度の時間が必要なので15分以上の入浴が理想と言われていますが、赤ちゃんの場合にはのぼせない程度にもっと短時間ですませるようにした方が良いでしょう。

水素風呂ならまだ水を飲めない赤ちゃんでも水素水を取り入れられる

水素風呂に入ると、

・肌の表面から

・水素を含んだ水蒸気に触れた部分から

・水素を含んだ水蒸気を呼吸によって

という3種類の経路で水素を取り入れることができます。

水素水を飲む方法だとまだ水を飲めない月齢の赤ちゃんは水素を取り入れられませんが、水素風呂だと水を飲めなくても水素を取り入れられるのです。

水素風呂について詳しくは『水素風呂(水素バス)の効果は飲むときの数倍!驚異の結果を大公開!』をご覧ください。

Sponsored Link



水素水で赤ちゃんのお肌のお手入れをする

水素水はお肌のお手入れに使うのにも適しています。

赤ちゃんにベビーオイルなどをお風呂上りに塗っている場合には、水素水を塗るようにすると良いでしょう。

水素水が赤ちゃんのお肌の手入れにぴったりな理由

水素水は赤ちゃんのお肌のお手入れにぴったりですが、その理由は水素水の効果効能だけではありません。

水素水は水と水素だけの完全無添加なので、デリケートな赤ちゃんの肌に全く負担をかけないというのも大きな理由です。

肌に負担のかかる添加物が全く含まれていませんので、安心して赤ちゃんの肌に使うことができます。

水素水で行うお肌の手入れの方法

水素水で赤ちゃんのお肌のお手入れをする場合には、水素水を手のひらにとってから赤ちゃんの肌へ馴染ませるようにつけていきます。

全身どこにでも塗ることができるので、お風呂あがりに裸のまま塗ってあげると良いでしょう。

赤ちゃんのお肌の乾燥・炎症部分には特に念入りに水素水を

特に乾燥していたり炎症が起こっている場所には水素水をたっぷりと塗ってあげましょう。

薬などと違い刺激物が入っていないので、炎症が起こっている場所に塗っても痛みを感じにくいはずですから、赤ちゃんも嫌がらずに塗らせてくれるはずです。

Sponsored Link



赤ちゃんへの水素水は妊娠中から始めましょう

赤ちゃんに水素水を与えるなら妊娠中から始めるのがベストです。

妊娠中にお母さんが水素水を飲んだり水素風呂に入ったりしていると、その働きはお腹の中にいる赤ちゃんにも届きます。

そのため妊娠中の水素水は赤ちゃんに水素水を与えていることにもなるのです。

赤ちゃんの体作りが行われている妊娠中に水素水を取り入れましょう

妊娠中に水素水を飲むとお腹の中の赤ちゃんにまで水素が届きます。

お腹の中では細胞分裂によって赤ちゃんの体が作られていきますが、その途中で水素が働いてくれるということは、活性酸素が取り除かれて胎内の環境がより良い状態になり、すくすくと元気に育つことが期待できると言えるでしょう。

赤ちゃんの体の基礎が作られているタイミングで水素の働きを取り入れられれば、丈夫で不調に見舞われにくい状態を作ってあげられるかもしれません。

妊娠中の水素水はお母さんが飲めばOK

妊娠中の水素水はお母さんが飲めば自然と赤ちゃんにも届きます。

なぜなら水素は全身にくまなく行き届くことができるからです。

妊娠中には水分補給が重要になってきますので、水分補給に水素水を飲むと良いでしょう。

妊娠中の水素水はお母さんのマイナートラブル対策にもつながります

また妊娠中の水素水はお母さん自身のマイナートラブル対策にもつながると言われています。

活性酸素が取り除かれることで細胞のストレスが軽減されると、つわりなどの症状も出にくくなるというのです。

水素水と妊娠中のマイナートラブルについては医学的な根拠があるわけではないですが、そうした実感を持った人も大勢います。

Sponsored Link



水素水は赤ちゃんにもぴったり!上手に取り入れて元気な成長のサポートを(まとめ)

水素水は大人の健康や美容にはもちろん、赤ちゃんが元気に育つためにも役立つことが分かりました。

妊娠中から取り入れることで体の基礎が作られる段階をサポートすることもできますし、産まれてきてからの健康維持や炎症など気になる症状の改善にも役立ちます。

赤ちゃんに水素水を与える方法には大きく4種類あります。

・水素水をそのまま飲ませる

・ミルクにして飲ませる

・水素風呂に入れる

・水素水でお肌のお手入れをする

水素は分子が小さく肌の表面からでも体内に入っていくことができますので、どの方法でも赤ちゃんの元気な成長をサポートしてくれます。

ライフスタイルや赤ちゃんの月齢・状態に合わせた最適な方法で水素水を取り入れていけば、水素水は赤ちゃんの成長のための力強い味方になってくれるでしょう。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水ダイエットの効果を徹底解説!

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 炭酸水の洗髪効果が凄い!育毛・頻度・作り方・方法・やり方を完全解説します!

関連記事

  • 水素水生成器の原理と特徴についてまとめました!

  • 水素水が高血圧の改善に効果がある理由

  • 水素水のむくみへの効果とむくみの原因を徹底解説します!

  • 水素水が人気である理由を徹底的に調べました!

  • 水素水をペットボトルに入れるとただの水?水素水の特徴を知って最適な保存方法とは?

  • 還元水素水の効果で手に入れる最高の生活とは?