1. TOP
  2. 豆乳
  3. 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?
Sponsored Link

豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

豆乳   6,549 Views

豆乳ダイエットを効果的に実践するには、いつ飲むと良いのでしょうか。

豆乳を飲むタイミングは、ダイエットの目的によっても変わってきますし、普段の食生活によっても違ってきます。

例えば、豆乳を食前に飲むと満腹感や、豆乳の成分により血糖値の上昇を緩やかにするため、ダイエット効果が期待できます。

豆乳による筋肉への好影響を期待する場合は、豆乳を運動後に摂取すると効果的です。

あるいは、豆乳のポリフェノール成分による抗酸化作用で、脂肪のつきにくい体質を求めるのであれば、豆乳はいつ飲んでも効果を発揮します。

そして豆乳による便秘解消効果を期待する場合は食前・食中・食後のいずれでも効果が期待できます。

このように今回の記事では、豆乳の飲み方について朝・昼・夜、そして食前と食後、運動時における飲み方などについて、様々な観点から詳しく調べてみました。

Sponsored Link



豆乳ダイエットとは

豆乳ダイエットとは豆乳に含まれる成分を活用した非常に効果の高いダイエット方法です。

豆乳にはダイエットに効果的な大豆イソフラボン・大豆サポニン・大豆ペプチドなどが含まれています。

脂肪燃焼をサポートするビタミンB群も豆乳には含まれています。

また、豆乳は血糖値が上がりにくいGI値の低い食品です。

そして豆乳はカロリーが高すぎることもなく、満腹感も得やすいという特徴があります。

これら豆乳の成分や作用により、ダイエットを効率よく行うことが出来ます。

豆乳ダイエットではカロリーとイソフラボンの摂取量に注意が必要

豆乳ダイエットを実践する際に注意する点は、豆乳に含まれるイソフラボンの摂取量と豆乳のカロリーについてです。

豆乳にはイソフラボンが多く含まれているため摂取限度量があります。

また、豆乳には100mlあたり約54キロカロリーあるので、豆乳は高カロリー食品ではないとは言え、過剰に摂取してしまうと、ダイエット効果を得ることが出来ません。

 

Sponsored Link



グリコシド型イソフラボンとアグリコン型イソフラボンについて

豆乳に含まれる成分としてイソフラボンというものがあります。

イソフラボンにはグリコシド型イソフラボンとアグリコン型イソフラボンがあります。

アグリコン型のイソフラボンは、腸で消化分解されて実際に体内に吸収されるイソフラボンのことです。

通常の豆乳や大豆には、糖類と結合したグリコシド型イソフラボンの形で入っているため、分子構造が大きく、腸では直接吸収できませんので、腸での消化分解によって糖分が分離され、分子構造の小さなアグリコン型に転換されてから吸収されます。

豆乳イソフラボンの摂取量について

イソフラボンの過剰摂取は「大豆イソフラボンアグリコン換算で、一日に150mg以上摂取した場合である」と、日本食品安全委員会より発表されています。

豆乳100g当たり25mg程度のアグリコン型イソフラボンが入っていますので、豆乳であれば、一日に600ml以上は過剰摂取となります。

しかし、イソフラボンは豆乳のみに含まれる成分ではありません。

普段の生活でもイソフラボンはそれなりの量を摂取していると考えられます。

そのため、豆乳飲料1パックが120mlとしますと、1パックから2.5パックを限度と考えると良いと思われます。

又、普段の食事が洋風化していて、大豆食品はほとんどとらないと言う方であれば、もう少し多く摂取することが可能です。

このように、普段の食生活によって豆乳をどの程度飲むことが出来るか違ってきます。

なお、豆乳のイソフラボンの摂取限度量については、「豆乳イソフラボンの一日摂取量の目安」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

また、豆乳イソフラボンに関しては「豆乳イソフラボンの効果がもの凄い!」にてお伝えしています。

Sponsored Link



豆乳のカロリーについて

豆乳のカロリーについては、目安として、100ml当たりのカロリーについては、

・無調整豆乳 54kcal

・調整豆乳  34kcal

となっています。

なお、さまざまにアレンジされた豆乳飲料についてはバナナ味であれば、132kcalとなっています。

一方、お肉のカロリー(100g当たり)は、

牛肉ばら肉(国産)   445kcal

牛肉ばら肉(輸入)   365kcal

豚肉ばら肉      382kcal

となっています。

豆乳を食前に飲むと満腹感があり、食事の総量や総カロリーを減らしやすくなります。

また、食中や食後であっても豆乳のカロリーを把握していれば食べ過ぎの抑制につながります。


Sponsored Link



脂肪燃焼を期待する場合は豆乳を運動前後や寝る前に飲む

豆乳によるダイエット効果として、たんぱく質などによる脂肪燃焼効果を期待する場合は運動前後や寝る前が望ましいです。

ただし、寝る直前に豆乳を摂取すると体に負担がかかる可能性があるので、寝る数時間前にするなど調整してください。

脂肪の蓄積しづらい体にするには食後が望ましい

豆乳に含まれるポリフェノール成分における抗酸化作用は脂肪の蓄積しづらい体質作りが期待できます。

豆乳に含まれるイソフラボンなどの成分による抗酸化作用はどのタイミングで飲んでも効果が期待できます。

その中でも食後が最もポリフェノールの効果を発揮しやすいと言われています。

豆乳を食前に飲むと満腹感が得られ、血糖値の上昇も緩やかにする

食前に豆乳を飲むと満腹感を得やすくなります。

また豆乳を食前に飲むと血糖値の上昇を緩やかにします。

血糖値を上昇させるインシュリンは脂肪を溜め込む性質がありますが、豆乳を食前に飲むことで、血糖値の上昇を緩やかにし、脂肪を溜め込みにくくすることが可能です。

豆乳のポリフェノールによる抗酸化作用は食前や食事中でも得ることが出来ます。

Sponsored Link



豆乳の抗酸化作用は食後のほうが発揮されやすい

抗酸化作用を持つ豆乳のポリフェノール系の成分には、イソフラボン、サポニン、レシチン、大豆ペプチドなどがあります。

ポリフェノール系の健康成分は、食後に豆乳を飲むことにより、抗酸化作用を発揮して、体内の活性酸素を除去して血管をサラサラにして、血流を増加させてくれます。

その結果、血管内に滞留している脂肪分や糖分を洗い流して白色脂肪細胞に取り込まれないようにしてくれます。

 

Sponsored Link



豆乳の便秘改善効果について

豆乳には食物繊維があり、ポリフェノールも含まれています。

そのため腸内バランスが悪化している場合には便秘解消効果が期待できます。

ポリフェノールによる抗酸化作用が体内の血流を良くしてくれることにより、各臓器も栄養が行き渡ります。結果的に胃腸も元気に活動し、便秘解消効果を支援してくれます。

豆乳における便秘改善を期待する場合は食前・食中・食後のいずれでも問題ありません。

豆乳を朝飲んだ時のダイエット効果

豆乳ダイエットで朝飲む豆乳の効果についです。

我々の体は、朝起きた時には、水分不足になり、体温も1゜C程下がっています。

我々の内臓は休眠状態で活動も低調になっています。

そこにいきなり冷たい飲み物を飲みますと、内蔵はびっくりしてさらに活動を低下させてしまいます。

従って、朝目覚めた時には常温や温かい豆乳を飲むとダイエットにも効果的です。

それによって、体の内臓をやさしく目を覚まさせ、活動を活発化させて、新陳代謝も活発化させて、脂肪を燃焼しやすい状態にします。

さらに豆乳に含まれるポリフェノールによる抗酸化作用には、血流を増加させる作用があるため、脂肪分や糖分を体内に溜まりにくくする効果もあります。

豆乳を活用したダイエットを毎日続けていれば、1ヶ月後にはかなりのダイエット効果を得られます。

豆乳をお昼に飲んだ時のダイエット効果

昼食に豆乳を摂取する効果は大きいです。

食前に豆乳を飲んだ場合は満腹感が得られることにより、昼食の量を減らすことが出来ますし、血糖値を上昇を緩やかにし脂肪がつきにくい状態にしてくれます。

また、朝食時と同じように豆乳に含まれるポリフェノール成分による抗酸化作用や脂肪燃焼効果も期待できます。

食後に豆乳を飲む場合も、抗酸化作用による血流の増加によって、食事の脂肪分・糖分を体内に吸収させにくくするダイエット効果があります。

Sponsored Link



豆乳を夜飲んだ時のダイエット効果

豆乳ダイエットで、豆乳を夜飲む場合は、夕食時と寝る前の二つのタイミングがあります。寝る前に豆乳を飲む場合、就寝時間中は豆乳のたんぱく質が筋肉組織を作る時間帯であり、新陳代謝を高め、エネルギー消費をして体内の白色脂肪細胞の中性脂肪を燃やしてくれるため、ダイエット効果が発揮できます。

栄養バランスのとれた食事とともに豆乳を飲むようにしますと、ポリフェノールの抗酸化作用が脂肪分や糖分を体内に留めないように作用してくれます。

また、食前であれば、満腹感を得られて、摂取カロリーを抑えられますし、血糖値の上昇を抑えてくれます。
 

Sponsored Link



豆乳を食事前に飲んだ時のダイエット効果

食事前に豆乳を飲むことによる効果は様々あります。

1つは食事前に豆乳を飲むことで満腹感を得やすくなり、食べ過ぎを防ぎます。

また、豆乳はGI値(血糖値が上昇するスピードを計ったもの)が低いため、ダイエット効果が高いです。

その他にも豆乳にはポリフェノールの成分や食物繊維などが複数含まれており、これら豆乳の成分が血糖値の上昇を緩やかにし、脂肪のたまりにくい体にしてくれます。

我々日本人は、一日の摂取カロリーは1800kcal~2200kcalありますが、実際に使用する消費カロリーの平均は1800kcalとなっています。

もともと、平均で見ますと200kcal程度の過剰な摂取カロリーになっており、それらが体内の白色脂肪細胞に蓄積されていく結果、肥満の方が増えているのです。

このような肥満になりやすい状況において、豆乳を食前に飲むことで高いダイエット効果を期待することが出来ます。

Sponsored Link



豆乳を食後に飲んだ時のダイエット効果

豆乳ダイエットでは、豆乳を食後に飲むことによる効果も大きいと言えます。

食後に豆乳を飲みますと、豆乳のイソフラボン、レシチン、サポニン、大豆ペプチドなどのポリフェノールによる抗酸化作用により、糖分や脂肪を体内に留めにくくさせることができるので、ダイエット効果が期待できます。

運動前に飲む豆乳のダイエット効果

運動をする前にあまりにも空腹の状態や水分が不足している状態は体に大きな負担がかかります。

しかし、食後すぐにハードな運動をすることは消化を悪くするので、これも体に良くありません。

それら空腹時の状態に対して運動前に豆乳を飲みますと、良質なタンパク質も供給されますし、水を飲んだだけの状態と比べてポリフェノールの成分により、血流も良くなります。

運動前に豆乳を摂取することは必須ではありませんが、空腹時などにおいては上手に活用してください。

Sponsored Link



豆乳を運動後に飲んだ時のダイエット効果

運動後に豆乳を飲みますと、大豆に含まれている良質のたんぱく質などが筋肉の再生に向けて使われることで、筋肉の増強とともに体内の脂肪が燃焼されやすくなります。

運動によるダイエットの最も重要ことは、運動時の消費カロリーではなく、運動により筋肉量が増えることによる日頃の基礎代謝量が上がることです。

豆乳を運動後に飲むことで、筋肉量を増やす効率を上げ基礎代謝を高め、太りにくい・痩せやすい体づくりをサポートしてくれます。

まとめ

豆乳ダイエットを実践していく中でいつ飲むのが効果的かについてお伝えいたしました。

食前に豆乳を飲めば、血糖値の上昇を緩やかにし、同時に満腹感も得やすくなりダイエットに効果的です。

また、食後に豆乳を飲む場合も、豆乳に含まれるイソフラボン・サポニン・ペプチドなどポリフェノールの成分などによる抗酸化作用でダイエット効果が期待できます。

寝る数時間前に豆乳を飲むことも脂肪燃焼効果やコレステロールを下げる効果などが期待できます。

その他にも運動の前後や朝食時などにおいても豆乳はダイエット効果を発揮します。

豆乳はダイエットにおいていつ飲んでも効果があります。

今回の記事を参考にしていただき、日頃の生活習慣の中で無理なくより効果的なタイミングで豆乳を飲むようにしてください。

そうすれば、豆乳によるダイエット効果をより実感することが出来ます。

なお、豆乳ダイエットの効果に関するさらに詳しい情報は「豆乳のダイエット効果は凄い!毎日続けると必ず成功する!」にてお伝えしています。

また、豆乳のダイエット効果以外の様々な豆乳の効果に関しては「豆乳効果で得られるダイエットや美容などの様々な健康効果がもの凄い!」にてお伝えしています。

 

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水ダイエットの効果を徹底解説!

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 炭酸水の洗髪効果が凄い!育毛・頻度・作り方・方法・やり方を完全解説します!

関連記事

  • 豆乳イソフラボンのマスクやパックの効果について

  • 豆乳イソフラボンの美白効果について

  • 豆乳ダイエットと生理の関係について

  • 豆乳ダイエットのレシピ最新版!

  • 豆乳イソフラボンの含有量はどれくらい?

  • ミネラル豆乳ダイエットの方法と効果について