1. TOP
  2. 豆乳
  3. 豆乳のダイエット効果が凄い!毎日続けると必ず成功する!
Sponsored Link

豆乳のダイエット効果が凄い!毎日続けると必ず成功する!

豆乳   4,839 Views

豆乳ダイエットは、豆乳に含まれるイソフラボンなどの様々な健康成分を摂取することにより大きな効果が期待できるダイエット法です。

本来、ダイエットは、肥満解消や健康の維持、スリムなスタイル抜群のボディを手に入れるために行うものですが、そのためには厳しい食事制限をしたり、我慢を強いられたりすることも少なくありません。

しかし、豆乳ダイエットは毎日の中で豆乳をアレンジしたりしながら楽しく健康的に実践ができます。

豆乳には、良質なたんぱく質やビタミンB群による脂肪燃焼効果や、ポリフェノールである、イソフラボン・レシチン・サポニン・大豆ペプチドなどの抗酸化作用によって脂肪を体内に蓄積させない効果があり、それらを利用したダイエットになります。

また、豆乳ダイエットは体重を減らすとともに様々な効果を得ることが出来ます。

例えば豆乳のイソフラボンには女性が生理前になりやすい食べ過ぎを抑える作用があり、高い美容効果もあります。

これらは女性にとってとても嬉しいことです。

そして男性においてもダイエット効果とともに、薄毛に対する効果や体臭改善効果を実感する方が多いです。

このように豆乳ダイエットはダイエットだけではない様々な効果も実感しながら行うことが出来ます。

Sponsored Link



Contents

豆乳ダイエットの効果とは

豆乳ダイエットは、毎日豆乳を飲むことにより、健康的で楽しく体重を落とすダイエットです。

豆乳は、ダイエット効果を持ったアレンジ食材を入れたり、脂肪燃焼効果が高く、ダイエットに有効な食材で作った料理を工夫することで楽しく、美味しくストレスを貯めずにダイエットをすることが出来ます。

豆乳ダイエットは白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の両方に好影響を与える

人間の体内には二つの種類の脂肪細胞があります。

それは白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞です。

白色脂肪細胞は、体内に入った脂質や糖質(カロリー)を脂肪に転換して中性脂肪の形にして蓄積する働きがあり、全身に存在しています。

一方の褐色脂肪細胞は、体内に蓄積された余分なカロリーを熱エネルギーに変えて放出する働きのある細胞であり、首の周り、わきの下、肩甲骨の回り、心臓、肝臓の周辺にあります。

白色脂肪細胞は、生まれてから毎年過剰になった過剰な摂取カロリーを蓄積していくため、肥満の元になります。

褐色脂肪細胞と言われる細胞は、もともと生まれた時に100g程度であったものが、成長期に入りますと、少しずつ減り始め、大人になると40g程度まで減っています。

褐色脂肪細胞は減る一方であり、増やすことは難しいですが、その活動を活発化させることは出来ます。

従って、ダイエットする場合には、白色脂肪細胞を減らすことにより、体重を減らす方法と褐色脂肪細胞の活動を活発化させて脂肪燃焼をしやすくする方法があります。

豆乳ダイエットは脂肪燃焼がしやすく、脂肪が蓄積しにくいダイエット

豆乳ダイエットは、ポリフェノール成分による抗酸化作用で白色脂肪細胞を減らすことができます。

また、豆乳に含まれる良質なたんぱく質は褐色脂肪細胞を活性化させて脂肪燃焼を期待できます。

Sponsored Link



豆乳ダイエットで成功するためのやり方や方法

豆乳ダイエットの効果は、豆乳を毎日飲むことで効果が最大化します。

毎日飲むことで大豆の良質なたんぱく質やビタミンB群が脂肪燃焼効果を高めます。

また豆乳にはイソフラボンなどのポリフェノールが複数含まれています。

このポリフェノールによる抗酸化作用により、脂肪が体に溜まりにくくなる体質に改善してくれます。

豆乳ダイエットは満腹感が得やすく、栄養も豊富に取れるダイエットなので、特に食事制限を考える必要はありません。

また、毎日豆乳を飲みますと飽きてくる可能性があります。

しかし豆乳は様々な料理に活用できますし、豆乳とダイエットに効果的な食材をミキサーに入れて一緒に飲むことで飽きずに楽しみながらダイエットをすることが出来ます。

なお、豆乳ダイエットの成功へのやり方、方法については、「豆乳ダイエットで成功するためのやり方や方法」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



豆乳ダイエットで効果を発揮する様々な成分

豆乳にはダイエットに効果的な様々な成分、栄養素が含まれています。

脂肪燃焼をさせたり、脂肪が蓄積させないことにより、体重を減らしてくれたりします。

大豆の良質なたんぱく質による脂肪燃焼効果

豆乳に一番多く含まれている栄養素はたんぱく質であり、そのたんぱく質は良質なものです。

一般に植物性のたんぱく質は必須アミノ酸が少なく、体の組織を作るのに適していないとされています。

しかし、豆乳(大豆)のたんぱく質は必須アミノ酸が豊富で、どちらかと言うと動物性たんぱく質に近い構成になっており、良質で体の組織に良いとされています。

しかも、豆乳のたんぱく質はコレステロールを下げる効果も持っており、植物性たんぱく質と動物性たんぱく質の良いところを兼ね備えています。

また、豆乳に含まれるビタミンB群などの栄養素はこの良質なたんぱく質の脂肪燃焼の働きを支援してくれます。

 

Sponsored Link



豆乳に含まれるポリフェノール成分がダイエット効果を高める

豆乳に含まれているポリフェノール成分には、イソフラボンのほか、レシチン、サポニン、大豆ペプチドなどがあります。

ポリフェノールの特徴は抗酸化作用を持っているということです。

抗酸化作用とは体が酸性化した場合に、活性酸素を除去し、血液をサラサラにして血流を増加させてくれることです。

活性酸素が必要以上に増加しますと、持っている毒性で我々自身の体を攻撃し、血液はドロドロになり、血流が弱まります。

血流が弱くなることにより、栄養素が体中の細胞に行き渡らなくなります。

また、血流が悪くなると脂質・糖質・老廃物などが体内に留まりやすくなります。

それに対して、豆乳が持つポリフェノール成分によって抗酸化作用が働くと、体内に脂肪が溜まりにくくなります。

Sponsored Link



豆乳ダイエットにおけるレシチンの役割

レシチンは、我々の体でも多く存在しているリン脂質と呼ばれる健康成分であり、体細胞の全ての細胞膜を形成している成分です。

水にも油にも溶け易く、健康維持のための大切な成分と言えます。

ポリフェノール特有の抗酸化作用があるだけでなく、血管のコレステロールを溶かす作用があり、ダイエットに貢献します。

豆乳ダイエットにおけるサポニンの役割

サポニンもポリフェノールの一種であり、抗酸化作用があることから、体内の増え過ぎた活性酸素を排除して、体の酸化を防ぐ働きがあります。

サポニンは、抗酸化作用以外でも、栄養素を効率よく吸収するための輪状のひだやその表面の突起を持つ腸内の柔毛を縮小させて、脂肪分や糖分の吸収を遅らせたり、脳の満腹中枢を刺激することで食欲を押さえたりする働きがあります。

イソフラボンのエストロゲン疑似機能と似た働きをします。

また、レシチンと同じくコレステロールや中性脂肪を低下させる働きもあります。

そのため、脂肪が体内に吸収されにくくしてくれ、ダイエットに効果的です。

Sponsored Link



豆乳ダイエットにおけるエストロゲン擬似作用の役割

豆乳のポリフェノール系のイソフラボンという成分は、エストロゲン擬似作用を持っています。

エストロゲンとは、女性ホルモンの一種で、卵胞ホルモンとも言われるものです。

女性ホルモンとして、受精卵の着床を助けるため子宮内膜を厚くして卵胞の成長を促してくれる働きがあります。

また生理前に起こりやすい食欲を抑制してくれたり、自律神経や感情の動きなどを穏やかにしてくれます。

イソフラボンは体内でエストロゲンと同じような働きをします。

Sponsored Link



豆乳ダイエットは毎日続けると効果が高い!

豆乳ダイエットは、豆乳のポリフェノール成分による抗酸化作用と、良質のたんぱく質の脂肪燃焼効果の2つにより、高いダイエット効果を発揮しています。

その効果は毎日飲むことによって非常に高くなります。

ポリフェノールの抗酸化作用は、効果時間が3~4時間しかなく、一度に大量に豆乳を飲んだとしても抗酸化作用の時間が長くなるわけではありません。

そのため、毎日一定の分量の豆乳を飲み続けることにより、次第に体に脂肪を蓄積しにくくなっていきます。

また、良質なタンパク質を常に摂取することで脂肪燃焼効果が高まります。

そのため、豆乳を毎日飲むようにすることで脂肪燃焼効果も高まります。

なお、豆乳を毎日飲むことで得られる効果に関する、より詳しい情報は「豆乳ダイエットは毎日飲むことで大きな成果を得ることができる」にてお伝えしています。ぜひ、ご覧ください。

Sponsored Link



豆乳をいつ飲むとダイエットに効果的か?

豆乳のダイエットは、豆乳を飲み続けることにより得られるダイエットですが、では、いつ飲めばその効果は大きくなるのでしょうか。

豆乳ダイエットは、飲める豆乳の量に限度があるために、ダイエットの狙いによって、最適な飲み方は違ってきます。

豆乳を朝飲んだ時のダイエット効果

朝は常温や温かい豆乳で体の中を温めて、内臓を活性化させてください。

豆乳に含まれるポリフェノール成分による抗酸化作用は朝の快便にも効果を発揮します。

朝食に代えてバナナなどのダイエット食材を入れて豆乳を飲むのもお勧めです。

豆乳をお昼飲んだ時のダイエット効果

昼食時に豆乳を摂取した場合、ダイエット効果は大きくなります。

昼食前に豆乳を飲みますと、満腹感が得られ、昼食の量を減らすことも可能です。

豆乳は血糖値の上昇を抑えてくれるため、脂肪がつきにくくなります。

朝食時と同じように、豆乳の抗酸化作用や脂肪燃焼効果も得られます。

また、昼食後に豆乳を飲んだ場合でも抗酸化作用が働き、体内に脂肪を溜めにくくしてくれます。

豆乳を夜飲んだ時のダイエット効果

豆乳ダイエットにおいて、夜豆乳を飲む場合は、夕食前後と寝る前があります。

夕食前に飲むのであれば、満腹感を得ることが出来て夕食の量を減らすことが可能になり、摂取カロリーを抑えられます。

食前の豆乳は血糖値を上がりにくくしてくれるのでダイエットにはもちろんのこと、糖尿病対策にもなります。

夕食後の場合には、抗酸化作用により、血流が増加し、脂肪分や糖分が中性脂肪として蓄積されるのを防いでくれます。

寝る前に豆乳を飲むと、豆乳に含まれている良質なたんぱく質は新陳代謝を高めダイエットにつながります。

ただし、寝る直前の摂取は体への負担になる可能性があります。

寝る数時間前に飲むようにしてください。

Sponsored Link



豆乳を食事前に飲んだ時のダイエット効果

食事前に豆乳を飲むことによるダイエットは、それによって満腹感を得て、食事の量を減らして、摂取カロリーを減らすダイエットになります。

食事の直前でも効果を発揮しますが、できれば食事の15分から30分前に飲みますと、より満腹感が得られます。

豆乳は、GI値(※1)が低いため、ダイエット効果も高まります。

※1 GI値とは血糖値の上がるスピードを計ったものです。

また、豆乳を食前に飲んでも抗酸化作用が働くので脂肪を溜まりにくくしてくれます。

豆乳を食後に飲んだ時のダイエット効果

豆乳ダイエットは、食後に飲んでもダイエット効果があります。

食事に飲みますと、ポリフェノール成分であるイソフラボン、レシチン、サポニン、大豆ペプチドなどによる抗酸化作用が効いて、血流が増加し、脂肪分や糖分を血液中に滞留させにくくし、中性脂肪として蓄えられることを阻止してくれます。

豆乳を運動前に飲んだ時のダイエット効果

運動前の空腹の状態や水分不足の状態は体に大きな負担をかけてしまいます。

また、食後すぐのハードな運動も消化を悪くしますので、体のためにもよくありません。

そこで、運動前に豆乳を飲むことをおすすめします。

運動前に豆乳を飲むことにより、良質なたんぱく質が体に供給されます。

また、豆乳のポリフェノール成分により血流が増加するため、運動による脂肪燃焼効果が上がり、中性脂肪を燃焼してくれるため、ダイエット効果が上がります。

Sponsored Link



豆乳を運動後に飲んだ時のダイエット効果

豆乳には良質なたんぱく質が含まれているので、運動後の豆乳はとても効果があります。

運動によるダイエットのポイントは、運動により筋肉を回復させたり、増加させることによる日ごろの基礎代謝量が上がることです。

豆乳を運動後に飲むことにより、筋肉量を回復、増加させる効率を上げ、基礎代謝を高めて太りにくく、痩せ易い体質を作ってくれます。

基礎代謝は体温を維持したりする生命を営むために必要なエネルギーで、一日の消費カロリーの70~75%を占めています。

運動を心がけることで体の筋肉が増え、消費されるカロリーも多くなり、脂肪燃焼量が多くなって、ダイエット効果が高まります。

なお、豆乳ダイエットの効果を高める飲むタイミングは、「豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

豆乳をどれくらいの期間飲むとダイエットに効果があるのか?

豆乳ダイエットは摂取カロリーを減らすことが出来るので、効果はすぐに感じやすいです。

豆乳はカロリーがそれほど高くない上に満腹感が得やすく、栄養も豊富です。

そのため、1食を豆乳に置き換えるだけでも効果があります。

しかし、豆乳ダイエットの最も優れた効果とは、豆乳を毎日継続して飲むことで、脂肪が燃焼されやすくなることと、脂肪がつきにくくなることです。

その効果が感じられるようになるのには1~2ヶ月かかると言われています。

Sponsored Link



豆乳ダイエット中の筋トレや運動について

豆乳を食事に取り入れながら筋トレや運動を行うことはとても効果的です。

無理をした筋力トレーニングや運動は怪我の元ですが、できる範囲内で筋トレや運動をすることで、より効率よくダイエットをすることが出来ます。

豆乳はタンパク質をはじめとして運動をされる方々に最適な栄養を多く含んでいます。

Sponsored Link



豆乳ダイエットと生理の関係

通常、豆乳ダイエットは生理と関係なく、毎日豆乳を飲み続けるダイエットですが、それとは別に、生理の前だけに豆乳を飲む生理前豆乳ダイエットというものがあります。

生理の一週間前から10日前くらいから女性の体内ではプロゲステロンという女性ホルモンが増加します。

それにより、同じ女性ホルモンのエストロゲンよりも優勢になることからホルモンバランスが崩れることにより、体重が増加しやすくなります。

それを生理前豆乳ダイエットは、生理の1週間前から10日前ぐらいから豆乳を飲むことでホルモンバランスが乱れるのを防いで、体重が増えないように予防するダイエット法です。

生理前の豆乳ダイエットとは

生理前豆乳ダイエットは、生理の一週間から10日前だけにかけて豆乳を飲むダイエットです。

エストロゲンは、受精卵が子宮内膜に卵胞に包まれて降りて成長していくのを助ける役目のホルモンであり、食欲を抑えてくれる働きを持ち、むくみなども出ないので、エストロゲンが優勢だと痩せ易くなります。

一方のプロゲステロンは、生理期や次の排卵期が迎え易いように体内に脂肪や水分を溜め込む働きがあり、太り易く、むくみも出易い時期になります。

従って、生理前の時期のしかし女性は太り易く、むくみも出て、2~3kg体重が増える方もいます。

生理前豆乳ダイエットは、このプロゲステロンがエストロゲンに対して優勢になり、太る時期に合わせて豆乳を飲みます。

その結果、豆乳に含まれているイソフラボンのエストロゲン擬似作用を利用して、体内に脂肪や水分を取り込ませないようにするものです。

イソフラボンはその形がエストロゲンに似ており、体内に入りますと、エストロゲンと同じような働きをします。

生理前はむくみやすかったり、脂肪がつきやすいなどの変化がありますが、それとともに食欲も旺盛になりやすいです。

生理前に食欲が旺盛になるのは、体重が増えやすい原因のひとつです。

生理前に豆乳を飲むことでイソフラボンがエストロゲンに似た働きをし、食欲が旺盛になるのを抑えてくれます。

生理中の豆乳ダイエット

生理中に豆乳を飲んでも問題ありません。

生理中は栄養不足になりやすいですが豆乳は栄養が豊富にあるので、体調管理にとても役立ちます。

生理後の豆乳ダイエット

生理後は一般的に体重が減りやすいと言われています。

この時期に適度な運動をすることを心がけるとダイエットしやすいです。

また、運動効果を高めるものとしてタンパク質は重要です。

豆乳には良質なタンパク質が含まれていますし、カロリーもそれほど高くありません。

生理後の豆乳もおすすめです。

なお、豆乳ダイエットの生理との関係については、「豆乳ダイエットと生理の関係について」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



閉経後の豆乳ダイエット

豆乳イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似た作用をしてくれます。

閉経後は女性ホルモンの分泌が減るため、体重だけに限らず肌のハリやツヤなども失われがちです。

しかし、豆乳ダイエットを実践すると、ダイエット効果だけではなく肌への好影響も期待できます。

また、これは肌のみに限らず様々なアンチエイジング効果も期待できます。

豆乳にはポリフェノール成分による抗酸化作用もあります。

抗酸化作用は様々な美容効果をもたらします。

豆乳ダイエットは年令に関係なく、実践ができるのでとてもおすすめです。

Sponsored Link



妊娠中の豆乳

豆乳には良質のたんぱく質やポリフェノール系のイソフラボン、レシチン、サポニン、大豆ペプチドなどやビタミンB群、鉄分、カルシウムなどのミネラルが豊富に入っており、妊娠中の飲み物としては、非常に良い飲み物と言えます。

しかし、豆乳のイソフラボンにはダイゼイン、ゲニステインと言うエストロゲン擬似作用という働きがあり、過剰摂取した場合には子宮内膜増殖症という病気になる確率が上がるため、内閣府の食品安全委員会や農林水産省は過剰摂取に警告を発しています。

特に、妊婦の方、胎児、乳幼児、小児については、普段の生活で大豆加工食品を食べる以上に上乗せして摂取することは推奨できないとしています。

すなわち、普段の生活などで平均67~76mgのイソフラボンを摂取していますので、その量であれば、特に健康被害が出ていないので安全としています。

妊娠中はダイエットを考えずバランスの良い食事を心がけることが重要です。

よほどでないかぎり、普段の生活で豆乳をとりすぎたり、イソフラボンをとりすぎることはありませんが、妊娠中は意識的に豆乳を取ろうとせず、バランスの良い食事を心がけてください。

Sponsored Link



産後の豆乳ダイエット

赤ちゃんが生まれて、ようやく体が楽になったお母さんの体形は、妊娠期に赤ちゃんのために栄養分を蓄えていたため、妊娠される以前より体重が多くなっていることが多いです。

従って、元の体形に戻したいと思われるお母さんが多いのではないでしょうか。

そのために豆乳ダイエットを始めたいと思われる方も多いと思います。

ただ、豆乳のイソフラボンには過剰摂取による副作用もあるため、母乳で育てられているお母さんによっては心配される方もいます。

豆乳に含まれているイソフラボンにはエストロゲン擬似作用があり、母乳の出が良くなる可能性が高く、乳腺炎にもなりにくいと言われます。

母乳にどの程度のイソフラボンが含まれているかは判っていませんが、含まれている可能性はあります。

基本的にはエストロゲン擬似作用による体への影響は、基本的には子宮や妊娠に関わる部分やホルモンバランスの問題であり、赤ちゃんに影響が出るとは考えにくいと言えます。

ただ、乳幼児に関しても食品安全委員会からは普段の大豆食品を食べる以上に摂取することに関しては推奨できないとしています。

従って、一日に70mg程度を目安として豆乳を含めた大豆食品を飲食しないようにするのが良いでしょう。

母乳の場合、離乳食になるまでは豆乳ダイエットは控えたほうが安全といえます。

ただし、豆乳を全く飲んではいけないということではないので、ダイエット目的というよりも栄養補給として豆乳を上手に活用してください。

男性の豆乳ダイエット効果

豆乳ダイエットは男性にももちろん効果的です。

運動や食事の時、あるいは空腹時などにおいて豆乳を上手に活用すればダイエット効果はとても高いです。

豆乳ダイエットを実践した男性の中ではダイエット効果だけではなく、薄毛への効果を実感した方々もいます。

また、その他、体臭が減ったり・ニキビが減ったなど様々な効果を実感しています。

Sponsored Link



豆乳ダイエットと血糖値の関係

豆乳にはポリフェノール成分による抗酸化作用があり、活性酸素を除去してくれるため、血液はサラサラになり、毛流が増加する働きがあります。

そのため、食事などで摂取された脂肪分や糖分を蓄積しづらくする働きがあります。

また、食前に豆乳を飲みますと食事の際の血糖値の上昇をしにくくすることが出来ます。

血糖値の上昇を抑えることは脂肪の蓄積を防ぐことにつながります。

豆乳自体がGI値(※1)の低い食品でもともと、脂肪になりづらいものです。

※1 GI値(ジーアイチ)とは「食べたものが糖に変わり血糖値のスピードを測ったもの」のことです。

 

Sponsored Link



豆乳ダイエットにおける食事のレシピ例

豆乳は様々な料理に活用することが出来ます。

また、豆乳をダイエットと相性の良い他の食材とミキサーに入れて飲むことで、より効果的にダイエットが出来ます。

豆乳料理でおいしくダイエット

豆乳のダイエットを成功に導くためには、ダイエットに貢献できる食事例や、ダイエットに最適な食材を知っておく必要があります。

豆乳を使った料理としては、サラダ料理、スープ料理、グラタン料理、パスタ料理、リゾット料理、ホワイトソースを使った料理、おから料理などがあります。

豆乳を使った料理は満腹感も得やすく、とてもヘルシーです。

豆乳をアレンジして飲む食材

ダイエットに良い食材を豆乳に入れて飲むとより効果的にダイエットが出来ます。

豆乳に合うフルーツ類としては、パイナップル、バナナ、プルーン、みかん、キウイフルーツ、りんご(ジュース)、ブルーベリー酢、りんご酢などがあります。

普段良く目にするフルーツが多いので、簡単に手に入りますし、それぞれにダイエット効果を持っていますので、豆乳ダイエットには最適です。

ミキサーなどで混ぜ合わせて飲むことで、豆乳の味に飽きが来なくなり、最後まで飲み続けることが出来ます。

また、その他にも、はちみつ、ヨーグルト、きな粉、葛、ココアなどもあり、ダイエット効果とともに味に変化をつけられる食材と言えます。

なお、豆乳ダイエットで活躍する食材や料理などに関する、より詳しい情報は「豆乳ダイエットのレシピ最新版!」に詳しく記載されております。ぜひ、ご覧ください。

Sponsored Link



ミネラル豆乳ダイエットの食材と仕方

ミネラル豆乳ダイエットは、豆乳に野菜ジュースを入れて飲むダイエット法です。

野菜ジュースを豆乳と摂取することでよりミネラルを豊富に摂取することが出来ます。

これにより、豆乳と野菜の栄養素でダイエット効果を最大限に高めることが出来ます。

野菜ジュースは、市販のものを利用する方法もありますが、出来れば自分でいろいろ食材を変えて作ることにより、味も変えられ、飽きが来ません。

また、野菜ジュースと併せることにより、豆乳の量を自在に変えられるため、豆乳の摂取限度量の調整もしやすくなります。

なお、市販の野菜ジュースを使う場合は、健康のためにも極力100%で無添加のものを選ぶようにしてください。

市販の野菜ジュースは飲みやすくするために糖分の多いものや、野菜の大事な栄養素が抜けてしまっているものもあります。

しっかりと野菜の栄養素が取れる野菜ジュースで実践してください。

なお、ミネラル豆乳ダイエットについて、「ミネラル豆乳ダイエットの方法と効果について」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



豆乳ダイエットの注意点

豆乳ダイエットは、健康的に楽しく行なう効果の高いダイエットです。

豆乳ダイエットを行う場合に次の点に注意してください。

豆乳の飲み過ぎに注意が必要

豆乳には、イソフラボンが含まれており、エストロゲン擬似作用という女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た働きを持っています。

エストロゲン擬似作用の副作用として、イタリアの調査研究では、毎日150mgのアグリコン型イソフラボンの錠剤を飲ませたところ、子宮内膜増殖症と言う病気にかかる確率が高くなったと報告されています。

そのため、内閣府の食品安全委員会や農林水産省からは、イソフラボンの摂取限度量を、75mg以内にするように、普段に大豆加工食品により摂取しているイソフラボンに上乗せする量としては30ml以内にするように警告が出ています。

豆乳の場合には、イソフラボンは100ml当たり25mg程度が含まれています。

1日あたり豆乳300ml(イソフラボン換算75g)ほどが摂取上限の目安です。

なお、豆乳のイソフラボンの摂取限度量については、「豆乳イソフラボンの一日摂取量の目安」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

食事制限や絶食はしない

やはり、ダイエットは楽しくなければ、長続きしません。

豆乳は満腹感の得やすい飲み物です。

そのため、食事量やカロリーを自然と抑えやすく、それだけでもダイエット効果があります。

また、豆乳は料理に活用できたり、他の食材と一緒に摂取しやすいのも特徴です。

そのため、無理に食事制限をせずに豆乳ダイエットを行ってください。

すぐに効果を実感しやすいですし、1ヶ月ほど続けることで脂肪が燃焼されやすくなる上に、脂肪のつきにくい体へと変わっていきます。

Sponsored Link



まとめ

豆乳はカロリーが高くない上に栄養が豊富です。

しかも満腹感が得やすいので効果もすぐに実感しやすいです。

リバウンドもしづらくとても評判の高いダイエット法です。

しかも、豆乳に含まれている良質なたんぱく質やビタミンは脂肪燃焼効果を高めます。

そして、豆乳イソフラボンをはじめとするポリフェノール成分の抗酸化作用は脂肪のつきにくい体に導いてくれます。

脂肪が燃焼されやすく、脂肪のつきにくい体に変わっていくためには1ヶ月ほど続けてください。

1ヶ月ほど続けると、豆乳ダイエットの効果をさらに実感するはずです。

ただ、豆乳イソフラボンには摂取限度量というものがあり、普段の食生活のあり方によって飲める量に差が出てきます。

摂取限度量を考えながら続けるようにしてください。(1日あたり豆乳で300ml、イソフラボン換算で75g)

また、豆乳ダイエットは毎日飲むことで一番効果が発揮されますが、毎日でなくても、生理前などに実践するだけでも効果を実感できます。

その他、野菜ジュースを活用したミネラル豆乳ダイエットや、豆乳を料理に活用したダイエットなど幅広く豆乳は活用できるので、飽きること無く実践ができるのも豆乳ダイエットの魅力です。

ぜひ、豆乳ダイエットでより一層の美と健康を手に入れてください。

なお、豆乳のダイエット効果以外の様々な豆乳の効果に関しては「豆乳効果で得られるダイエットや美容などの様々な健康効果がもの凄い!」にてお伝えしています。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水ダイエットの効果を徹底解説!

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 炭酸水の洗髪効果が凄い!育毛・頻度・作り方・方法・やり方を完全解説します!

関連記事

  • 豆乳甘酒の効果・ダイエット・作り方(レシピ)などを徹底解説します!

  • 豆乳イソフラボンのクレンジング効果について

  • 豆乳イソフラボンの下地効果について

  • 豆乳イソフラボンのニキビ予防と改善効果が凄い!

  • 豆乳イソフラボンの一日摂取量の目安

  • 豆乳イソフラボンの化粧水の効果について