1. TOP
  2. 豆乳ダイエットは毎日飲むことで大きな成果を得ることができる!

豆乳ダイエットは毎日飲むことで大きな成果を得ることができる!

豆乳   3,233 Views

豆乳ダイエットは毎日飲み続けることにより、大きな効果を得ることが出来ます。

豆乳ダイエットは豆乳に入っている良質なたんぱく質や、イソフラボンなどのポリフェノール成分による効果を活用したダイエットです。

豆乳を毎日一定量飲み続けることにより、体質的に脂肪の燃焼がしやすくなり、脂肪を体に溜め込まないような体質に変化させることが可能です。

無理な食事制限もなく、体質も徐々に変えていくため、リバウンドの心配がありません。

今回の記事では豆乳ダイエットにおける毎日飲む効果について詳しく調べました。

豆乳を毎日飲むとダイエット効果がさらに高まる

豆乳ダイエットは短期間でも効果を実感しやすいダイエットです。

豆乳は栄養が豊富ですし、満腹感も得やすいです。

そのため、食べすぎた翌日などに1食を豆乳に置き換えるだけで体重増加を防げます。

また、少し体重を落としたい時であれば、三食の内一食を豆乳に変えて、それを数日続けるだけでも効果が出ます。

しかし、豆乳ダイエットを1ヶ月から2ヶ月ほど毎日続けるとさらに大きな効果が期待できます。

その効果とは脂肪を燃焼しやすくなる効果脂肪がつきにくくなる効果です。

豆乳の脂肪燃焼効果

豆乳には良質なたんぱく質が豊富に含まれています。

しかも、豆乳のたんぱく質は、植物性たんぱく質と動物性たんぱく質の両方の良い面を持っています。

植物性のたんぱく質は必須アミノ酸が少なく、筋肉などの体の組織を作るのに適していないとされていますが、豆乳のたんぱく質は必須アミノ酸が豊富で、動物性に近く体の組織を作るのに適しています。

さらに、豆乳のたんぱく質は植物性たんぱく質と同様にコレステロールを下げる効果を持っています。

従って、豆乳を飲むことにより、運動後や夜寝ている間の体の筋肉回復、新陳代謝のエネルギーとして体内の脂肪を燃焼してくれます。

豆乳の抗酸化作用による脂肪を体内に溜めない効果

豆乳には、イソフラボンを始めポリフェノールの健康成分として、サポニン、レシチン、大豆ペプチドなどが豊富に含まれています。

ポリフェノール成分の特徴は抗酸化作用を持っていることです。

抗酸化作用は、体内に増加した活性酸素を取り除いて血液をサラサラにして、血流を増加させてくれます。

血流が増加することにより、血液中の脂肪分や糖分がとどまりにくくなります。

豆乳ダイエットで体質を変える

豆乳ダイエットの最大の魅力は、脂肪が燃焼しやすくなることと、脂肪が蓄積しづらくなることです。

そのためには、豆乳を毎日摂取することが重要です。

豆乳を数日間のみ飲んでも体質が変化することは難しいと言えます。

1ヶ月から2ヶ月毎日豆乳を飲むようにすると体質の変化をとても実感できるようになります。

イソフラボンには摂取限度量について

豆乳にはイソフラボンという素晴らしい健康成分が入っていますが、このイソフラボンには過剰摂取に対する制限があります。

一日に豆乳の摂取量を300ml~600ml(イソフラボン含有量75mg~150mg)以内に抑えませんと、特に女性の場合、子宮内膜増殖症と言う病気になる可能性があります。

この病気は死亡率が1~3%です。

また、女性の場合、過剰摂取により生理周期が遅れたり、女性ホルモンの血中濃度が低下したりする現象も見られます。

男性の場合も女性と同じ限度量にするようになっています。

イソフラボンは、大豆特有の成分であり、我々日本人は、豆乳以外でも、普段の食事でも味噌汁、豆腐料理、納豆などで日常的に食べており、豆乳を飲める量は限られます。

なお、豆乳のイソフラボンの摂取限度量については、「豆乳イソフラボンの一日摂取量の目安」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

豆乳ダイエットは生理周期を気にせず毎日飲むのがベスト

生理に関係なく毎日豆乳を飲み続けたほうがダイエット効果は高いです。

それは1ヶ月から2ヶ月の間、毎日豆乳を飲むことで脂肪が燃焼しやすくなり、しかも脂肪が蓄積しづらくなるからです。

しかし、生理前だけでも豆乳を飲むことでダイエット効果を得ることも可能です。

今回は豆乳を毎日飲むのではなく、生理前に豆乳を飲む効果についてご説明します。

生理前の女性ホルモンの変化について

生理前はプロゲステロンという女性ホルモンの一つが増加します。

プロゲステロンの増加により、もう一つの女性ホルモンであるエストロゲンよりも多くなり、ホルモンバランスが変化することで体重が増加し易くなります。

プロゲステロンは、生理期と次にくる排卵期に備えて体内に脂肪分や糖分を蓄えて排卵に必要な体力をつける働きのため、食欲が増加し、水分も要求します。

そのため、女性はこの時期に太り易く、むくみも出易くなります。

一方のエストロゲンは、受精卵が子宮内膜内に着床して成長するのを助ける女性ホルモンで、食欲を抑制してくれるため、女性は痩せ易くなります。

生理前豆乳ダイエットの効果

生理前に豆乳を飲みますと、豆乳のイソフラボンが持つエストロゲン擬似作用によってプロゲステロンの増加によるホルモンバランスの乱れを抑制してくれます。

これは豆乳イソフラボンがエストロゲンと同じような働きを体内で行ってくれている状態です。

このように、豆乳を生理前に飲むことにより、ホルモンバランスの乱れを抑制した結果、食欲の増加はなくなり、過剰な水分も溜まらなくなりますので、太らず、むくみも出にくい体になります。

これが、生理前豆乳ダイエットと呼ばれるものです。

生理前のみ実践する豆乳ダイエットは生理前の1週間から10日間のみ豆乳を飲む方法です。

そのため、気軽に取り組むことができます。

ダイエットの目的に応じて使い分けてください。

なお、豆乳ダイエットの生理との関係については、「豆乳ダイエットと生理の関係について」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

豆乳ダイエットはどれくらいの量を毎日飲むのか

豆乳ダイエットは、毎日、イソフラボンの一日摂取限度量まで飲むことが可能です。

普段、食卓が和食になっていて、味噌汁や豆腐料理、納豆などを継続的に食べている場合には、120ml入りの豆乳なら2~3パック程度にしてください。

また、普段から洋食中心で、味噌汁や大豆はほとんど食べないという方であれば、一日3~5パック程度まで飲むことが出来ます。

但し、毎日の食事は変化しますので、その内容次第によって飲む量は変えるようにしてください。

豆乳ダイエットは毎日どのタイミングで飲むのか

豆乳ダイエットは、毎日飲み続け、飲む量もその人によって違ってきますが、飲むタイミングはどう考えれば良いのでしょうか。

基本的には、食事前か後と運動後が優先させて飲むタイミングと言えます。

その他、寝る前も効果が出ますが、一日に飲める量が人それぞれに違いますので、優先順位をつけて飲むようにしてください。

豆乳を食前に飲むと満腹感が得やすいです。

結果的に食事の量を減らすことが出来、摂取カロリーを減らすことが出来ます。

また、血糖値の上昇を抑制する効果もあります。

食後の豆乳はポリフェノール成分による抗酸化作用によって余分な脂肪分や糖分を体内に溜め込むのを阻止してくれます。

なお、豆乳の抗酸化作用は食後に限らず、どのタイミングで摂取しても効果を発揮します。

豆乳を運動後に摂取すると、筋肉の回復、増加に効果を発揮してくれます。

寝る前に飲みますと、夜中の新陳代謝に伴う脂肪燃焼を高めてくれる効果があります。

ただし、寝る直前は体への負担になるので、寝る数時間前に飲むようにしてください。

なお、豆乳ダイエットで豆乳をいつ飲むかにつきましては、「豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

毎日豆乳を飲んだ際のダイエット効果

豆乳ダイエットは、毎日豆乳を飲むことにより、素晴らしいダイエット効果を得ることが出来ます。

毎日豆乳を飲んで、1~2ヶ月もしますと、体は体質的に変化して、脂肪分や糖分を食べても体に滞留しにくくなり、しかも新陳代謝がよくなり、脂肪を燃焼してくれるようになります。

これは、豆乳に含まれる良質なたんぱく質やポリフェノールの健康成分によるものです。

しかも体質が変化していくのでリバウンドもしにくいです。

なお、豆乳ダイエットをさらに詳しく知りたい方につきましては、「豆乳のダイエット効果は凄い!毎日続けると必ず成功する!」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

豆乳ダイエットで豆乳を毎日飲み続けるためにすること

毎日豆乳を飲み続けるための工夫として、豆乳にアレンジを加えたり、飲む代わりに料理に豆乳を入れることでより豆乳ダイエットを続けやすくなります。

豆乳の栄養成分は熱にも強いので、料理にも適しています。

豆乳を野菜やフルーツと摂取する

豆乳は、もともと味の薄い大豆を炊いて搾ったものですから、淡白な味で、そのために甘みを加えた調整豆乳や様々なものを入れた豆乳飲料も売られています。

しかし、健康的なダイエットには豆乳そのものである無調整豆乳や、調整豆乳でも糖分が含まれていないものを飲む必要があります。

豆乳を継続的に摂取するために、豆乳の料理や飲み方をアレンジすると豆乳ダイエットをより、実践しやすくなります。

ダイエットに良いフルーツ、野菜やはちみつなどの食材を豆乳に入れて、ミキサーなどしてアレンジします。

フルーツ、野菜、はちみつなどには味に変化をつけるだけでなく、

・栄養成分により抗酸化作用や脂肪燃焼効果の相乗効果が得られる

・ダイエット食などで栄養不足になることを補ってくれる

・ボリュームが大きくなることで満腹感が大きくなり、食事量を減らせられる

などの効果も得ることが出来、ダイエット効果はさらに高まります。

豆乳を生かした料理を工夫する

豆乳に入っている成分は、熱に強く、料理に入れても効果が低下することが少ないです。

豆乳を入れたヘルシーな料理を作ることにより、摂取カロリーを抑えることも出来、ダイエットには大きな効果があります。

豆乳をアレンジしたり、料理に入れることで、楽しみながら豆乳ダイエットを出来、最終的に大きなダイエット効果を得ることが出来ます。

なお、豆乳のアレンジ食材例や料理のレシピ例については、「豆乳ダイエットのレシピ最新版!」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

豆乳ダイエットを毎日続ける上での注意点

豆乳には、イソフラボンのエストロゲン擬似作用に関わる摂取限度量というものがあり、特に女性の場合には、過剰摂取をしますと、子宮内膜増殖症などの健康被害が出る可能性があります。

従って、一日の摂取限度量を上回るような豆乳の飲み方はしないようにしてください。

また、豆乳ダイエットは毎日続けることでより効果を実感することが出来ます。

今日たくさん飲んだから、明日は止めようという飲み方ではなく、基本的に毎日摂取するように心がけてください

まとめ

豆乳ダイエットは毎日飲み続けることにより、効果を再断言に得ることができるダイエット方法です。

毎日飲むことで脂肪燃焼がしやすくなり、脂肪のたまりにくい体になっていきます。

また、毎日飲み続けるための工夫としてダイエットに良い食材と一緒に摂取するようにしたり、料理に豆乳を使うようにすると、さらに素晴らしいダイエット効果が得られます。

なお、豆乳ダイエットの効果に関するさらに詳しい情報は「豆乳のダイエット効果は凄い!毎日続けると必ず成功する!」にてお伝えしています。

また、豆乳のダイエット効果以外の様々な豆乳の効果に関しては「豆乳効果で得られるダイエットや美容などの様々な健康効果がもの凄い!」にてお伝えしています。

 
 

■Amazonギフト券の抽選方法

上記に登録すると毎月1日にAmazonギフト券10,000円プレゼントの抽選会を行います。
当選者はメールにてご連絡いたします。

■10大プレゼントの内容
・水素水完全理解コンプリートブック(PDF)
・炭酸水完全理解コンプリートブック(PDF)
・シリカ水完全理解コンプリートブック(PDF)
・豆乳ダイエット完全理解コンプリートブック(PDF)
・コンブチャ完全理解コンプリートブック(PDF)
・スムージー完全理解コンプリートブック(PDF)
・水素水完全理解コンプリートブック(音声版)
・炭酸水完全理解コンプリートブック(音声版)
・シリカ水完全理解コンプリートブック(音声版)
・豆乳ダイエット完全理解コンプリートブック(音声版)
・コンブチャ完全理解コンプリートブック(音声版)
・スムージー完全理解コンプリートブック(音声版)

■メルマガではブログでお伝えしきれない最新情報を配信いたします。

ぜひ、楽しみにしてください!!

\ SNSでシェアしよう! /

水メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

水メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

担当

担当

その他の記事  記事一覧

  • 豆乳ダイエットは毎日飲むことで大きな成果を得ることができる!

  • 豆乳イソフラボンのニキビ予防と改善効果が凄い!

  • 豆乳で胸を効果的に大きくする方法!

  • 豆乳のダイエット効果が凄い!毎日続けると必ず成功する!

関連記事

  • 豆乳イソフラボンの効果がもの凄い!

  • 豆乳コーヒーの効果が凄い!美容・ダイエット・健康に最適!

  • 豆乳で胸を効果的に大きくする方法!

  • 豆乳イソフラボンの化粧水の効果について

  • 生理不順を豆乳で治す正しい豆乳の活用方法と注意点

  • 豆乳イソフラボンの下地効果について