1. TOP
  2. 豆乳
  3. 豆乳ダイエットで成功するためのやり方や方法
Sponsored Link

豆乳ダイエットで成功するためのやり方や方法

豆乳   1,242 Views

豆乳ダイエットは、豆乳に含まれるさまざまな成分を生かして、体内の脂肪を燃焼させたり、体内に脂肪が蓄積するのを防ぐものです。

これは、健康的でとても効果の高いダイエット法です。

しかし、どんなダイエットにも効果をより高めるためには、さまざまな工夫が必要になります。

豆乳ダイエットを成功させるためには、やはりそれなりのやり方や方法があり、それを実践してこそ大きなダイエット効果を得ることが出来、健康的にやせることが出来ます。

今回の記事では豆乳ダイエットの効果を最大限に高めるためのやり方や方法についてお伝えしています。

Sponsored Link



豆乳ダイエットは豆乳の成分を生かしたダイエット法

豆乳ダイエットには2つの特徴があります。

一つは、豆乳に含まれている良質なたんぱく質やビタミンB群により脂肪燃焼をさせる褐色脂肪細胞を活用する方法です。

もう一つは、ポリフェノール成分の抗酸化作用によって白色脂肪細胞に中性脂肪を蓄積させない体質を作る方法です。

両方の効果を最大限得るためには、毎日豆乳を飲み続けることが一番です。

豆乳ダイエットは毎日豆乳を飲むことが重要

豆乳にはポリフェノール成分が含まれており、ポリフェノールには抗酸化作用があります。

抗酸化作用には脂肪をつきにくくする効果があります。

豆乳を飲むことで抗酸化作用が3〜4時間続きます。

本来は、豆乳を飲んで常に抗酸化作用が効いているようにしたいのですが、豆乳イソフラボンには摂取限度量というものがあります。

一般的には、イソフラボンの摂取限度量は、一日当たり75~150mgです。

豆乳には100mlあたり25mlのイソフラボンが含まれています。

そこで、日頃の食事の前などにイソフラボンの摂取限度量を超えない範囲で毎日飲むようにすることが重要になります。

このように毎日一定量の豆乳を飲み続けることにより、脂肪のつきにくい体質に変えていくことができます。

なお、豆乳の毎日の飲み方については、「豆乳ダイエットは毎日飲むことで大きな成果を得ることができる!」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



豆乳ダイエットはどれくらいの期間で成功するか?

豆乳ダイエットは、毎日豆乳を飲み続けることにより、早い段階で効果が感じられますが、1~2ヶ月続けるとかなり効果を実感できます。

  

豆乳ダイエットの効果

豆乳ダイエットは脂肪燃焼効果の高い体質に変化していくとともに、摂取した脂肪分や糖分の余分なものが中性脂肪として蓄積されない体質に変わっていくことが期待できるダイエット方法です。

ダイエットの実感を感じられるようになりますと、ますます楽しくダイエットをすることが出来るようになります。

しかも、体質を徐々に変えていくためリバウンドしづらい素晴らしいダイエット方法です。

Sponsored Link



豆乳ダイエットを成功に導くための注意点

豆乳を毎日飲んでダイエットを成功させるためには、さまざまな注意点を意識して実施する必要があります。

その点について見ていきます。

豆乳ダイエットにおけるエストロゲン擬似効果

豆乳のイソフラボンには、エストロゲン擬似作用という効果があります。

エストロゲンというのは、女性ホルモンの一種であり、女性が受精卵を子宮内膜に着床させて成長させる際にそれを支援するホルモンです。

ダイエットにおいても側面支援してくれる大切なホルモンです。

イソフラボンは、このエストロゲンと分子構造が似ており、体内に入りますとこのエストロゲンと同じような働きをできるようになります。

このエストロゲンは、食欲を抑えてくれる働きがありますので、豆乳を飲むことによりイソフラボンのエストロゲン擬似作用により、痩せ易い環境を整えられます。

イソフラボンの摂取限度量

このイソフラボンについて、イタリアの調査報告では、女性の場合、過剰摂取してしまいますと子宮内膜増殖症という病気になる確率が高いと言う結果が出ています。

子宮内膜増殖症は死亡率が1~3%と言われている病気です。

そのため、内閣府の食品衛生委員会や農林水産省は、普段大豆食品を食べている場合、75mgを上限量として、さらに摂取することは推奨できないと警告しています。

ただ、この基準は専門家などからも安全性に偏重した現実的な限度量ではないとも批判されており、実際には100~150mgを限度に考えれば良いと言えます。

実際に普段の食生活で摂取する大豆を別にして、豆乳などを飲む量としては300ml、イソフラボン量で75mgくらいを摂取限度として毎日欠かさず飲むようにしてください。

但し、毎日の食生活が人により差があり、西欧化した食事をして、大豆食品はほとんど食べていないと言う方の場合は、イソフラボン量100mg以上、豆乳のペースでは400~500mlでも差し支えないと言えます。

豆乳飲料が1パック120gくらいで、100g当たり25mgとしますと、毎日味噌汁などを飲む和式の食事の方は3パック、洋式の食事の方は4パックほどを飲まれればよいでしょう。

飲むタイミングを決めて一回1パックづつを飲むようにしてください。

抗酸化作用の効果は3~4時間ほど持続します。

長期間毎日飲み続けることで、体質的に脂肪が蓄積しにくい体質に変化してくれます。

豆乳を一日に複数回飲むようにすると、体内で抗酸化作用が効いている時間は10~15時間程度となります。

この抗酸化作用により、血液がサラサラで血流が良い状態を毎日長く持つ事で体質を変えることが出来ます。

なお、豆乳のイソフラボンの摂取限度量については、「豆乳イソフラボンの一日摂取量の目安」により詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



豆乳ダイエットを成功させるための飲み方

豆乳のポリフェノールによる抗酸化作用は、一度に大量に飲んだとしてもそれによって一気に脂肪燃焼体質になるものではなく、毎日定期的に飲むことにより、徐々に脂肪を溜めにくい体質に変えていく方法になります。

従って、一度に3~4パックを飲むのではなく、一日の中でもなるべく分散して食前か食後に定期的に飲むようにしてください。

常に抗酸化作用が効いている時間が多くなりますので、摂取した脂質や糖質を増加した血流により、中性脂肪として溜まることを防いでくれます。

また、豆乳に含まれる良質なたんぱく質は脂肪を燃焼する効果を高めてくれます。

1ヶ月も継続して毎日豆乳を飲みますと、血流の良い状態を維持し、次第に体自身が脂肪を細胞に滞留させない体質が出来てきます。


豆乳ダイエットを成功させるために豆乳を料理に生かす

現在の食生活は脂肪分や糖分の過剰摂取になりやすい状況です。

ケーキ1個の摂取カロリーは300~400kcalになりますし、袋菓子にいたっては、1袋の摂取カロリーは300~600kcalになります。

当然、この摂取カロリーを運動で消化しようとしてもなかなか難しいです。

脂肪燃焼というカロリー消費を考える前に、まずオーバーした摂取カロリーを減らさないと体重は落ちてくれません。

そこで、豆乳そのものをうまく料理に生かせば、摂取カロリーを落とし、かつダイエット効果を高めることが出来ます。

例えば豆乳サラダや豆乳スープです。

豆乳を使った料理は簡単にできますので丈夫に活用してください。

なお、豆乳を生かしたダイエット料理例については、「豆乳ダイエットのレシピ最新版!」に詳しく記載されています。ぜひ、ご覧ください。

Sponsored Link



豆乳ダイエットを成功させるために豆乳をアレンジして飲む

豆乳は、比較的味が淡白であり、毎日何パックも飲んでいますと、飽きる可能性があります。

豆乳と一緒にダイエットに効果的な食材を入れて工夫しながら、長く飲めるようにしてください。

ダイエットに効果的な食材は豆乳とミキサーなどでミックスして飲むのが良いでしょう。

ダイエット効果が期待できる食材としましては、バナナ、キウイ、グレープフルーツ、きな粉、ヨーグルト、みかん、りんご酢などさまざまなものがあります。

それらを豆乳にアレンジして、毎回、毎日変化させて味に飽きがこないように飲むことが豆乳ダイエットの成功の鍵になります。

なお、豆乳とミックスするアレンジ食材例についても、「豆乳ダイエットのレシピ最新版!に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

豆乳ダイエット中の運動や筋トレ

豆乳ダイエットをしながら、毎日適度な運動するとかなり効果が高まります。

軽い運動でも、褐色脂肪細胞を刺激して、活発に脂肪燃焼をさせることが出来ます。

始めから激しい運動をする必要はありません。

普段より歩く回数を増やすだけでも違います。

また、筋トレも非常にダイエット効果が高いです。

豆乳が筋肉にどのように影響を与えてくれるかに関しては「豆乳は筋肉増強に効果的!」で詳しくお伝えしています。

Sponsored Link



豆乳ダイエットは今の生活に取り入れるだけで成功する

豆乳ダイエットは大幅な生活習慣の改善を行わなくても効果が出ます。

豆乳を食前に飲むだけで満腹感により、摂取カロリーを減らすことが出来ますし、継続的に飲むことで豆乳に含まれるイソフラボンなどのポリフェノール成分により、脂肪も蓄積しにくくなります。

また、豆乳に含まれるタンパク質は脂肪の燃焼効果を高めてくれます。

そして、さらにダイエット効果を高める場合には、できる範囲で規則正しい生活を送るように心がけてください。

毎日の睡眠時間を定めるだけでダイエット効果が期待できますし、遅い時間に食事をしないように心がけるだけでもダイエットになります。

 

Sponsored Link



生理と豆乳ダイエットの関係について

本来、豆乳ダイエットは毎日豆乳を飲むことにより、体質的に脂肪を燃焼しやすくし、脂肪が体内に溜まらないようにするものです。

そのため生理期間とは関係なく、豆乳を飲み続けるのが最も効果的です。

しかし、それとは別に、生理前の1週間から10日くらいだけ豆乳を飲んで、その期間における体重の増加を抑えようという生理前豆乳ダイエットというものもあります。

この生理前豆乳ダイエットについて見てみます。

生理前は太ったりむくみやすい

通常の豆乳ダイエットは毎日豆乳を飲みますので、生理前・生理中・生理後に関わらず豆乳を飲みます。

しかし、生理前豆乳ダイエットは生理前1週間から10日の期間中に豆乳を飲むダイエット法です。

女性は生理前にプロゲステロンというホルモンが増加します。

プロゲステロンがエストロゲンよりも多くなると体重が増加し易くなります。

プロゲステロンは、生理期と次の排卵期に向けて体内の脂肪などを蓄えて排卵に必要な体力を養う働きがあります。

食欲が増え、水分が体に蓄えるため、女性は太り易く、むくみも出易くなります。

生理前1週間前くらいからプロゲステロンの分泌は急激に増え、生理前には再び減少します。

従って、女性によっては生理前には体重が2~3kg増える方も多くいます。

 

Sponsored Link



生理前豆乳ダイエットの痩せる仕組み

生理前豆乳ダイエットは、このプロゲステロンの増加する時期に、豆乳を飲むことにより、豆乳のイソフラボンが持っているエストロゲン擬似作用により、プロゲステロンが増加してもプロゲステロンが優位ならないようにします。

それによって、生理前に起こりやすいむくみや食欲の増進を抑えて、太らないようにするダイエット法です。

生理前豆乳ダイエットは毎日豆乳を飲み続けるダイエットに比べて生理前の期間のみ豆乳を飲むので実践がしやすいというメリットがあります。

生理中の豆乳ダイエットについて

生理中に豆乳を飲むことは可能です。

生理中は栄養不足になりやすいです。そのため、栄養豊富な豆乳を生理中に活用することはダイエット効果に限らず、美容面など様々なメリットがあります。

生理後の豆乳ダイエットについて

生理後は一般的に痩せやすい時期と言われています。

この時期は積極的に運動することを心がけるとダイエット効果が高まります。

また、運動時の栄養補給として豆乳を活用すれば、質の高いタンパク質を摂取することが出来て、ダイエット効果をさらに高めてくれます。

 

なお、豆乳ダイエットの生理との関係については、「豆乳ダイエットと生理の関係について」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



男性の豆乳ダイエットの効果について

豆乳ダイエットは、男性にとって実践しやすいダイエットと言えます。

豆乳のイソフラボンにはダイエット効果に限らず、薄毛・体臭・ニキビなどへの効果を実感する方もいます。

また、筋トレの前後などで摂取することでより、トレーニング効果を高めることも可能です。

男性もイソフラボンの過剰摂取には注意が必要

豆乳のイソフラボンは、過剰摂取による限度量があります。

その限度量は内閣府の食品安全委員会や農林水産省が警告を出したものですが、その根拠は、イタリアの報告による豆乳イソフラボンの過剰摂取により女性の子宮内膜増殖症の発生率が高くなることにあります。

男性もその女性の危険性を準用した形で、まだ詳細な報告がないために安全性の観点から女性の基準を使っているとしています。

どんなに体に良い成分でも過剰な摂取は体への負担になります。

イソフラボンに関しても、過剰摂取を繰り返せば男性女性問わずに何かしらの悪影響が考えられます。

事実、実際の体験などによれば、精子の減少や体の女性化(乳房が大きくなる)などが報告例としてあげられています。

豆乳は男性女性問わず、一日300ml(イソフラボン換算約75g)を目安に摂取するようにしてください。

イソフラボンの摂取限度を守って豆乳ダイエットを実践すれば、ダイエット効果に限らず豆乳が持っている様々な効果も実感できます。

Sponsored Link



まとめ

豆乳ダイエットは、豆乳に入っている豊富なたんぱく質、ポリフェノール成分、ビタミンB群、ミネラルなどにより、脂肪燃焼や脂肪を蓄積させない体づくりをすることができるダイエット法です。

毎日豆乳を飲みつづけると大きなダイエット効果が期待できます。

そして豆乳とともに、ダイエット効果の高い食材を一緒に摂取するようにしたり、料理に豆乳を活用するなどの工夫をすると、より豆乳ダイエットが実践しやすくなります。

また、できる範囲内で生活習慣を規則正しくしたり、運動を心がけるとより、ダイエット効果が高まります

ぜひ、今回の記事でお伝えした内容を活用していただき、豆乳ダイエットを成功させてください!

なお、豆乳ダイエットの効果に関するさらに詳しい情報は「豆乳のダイエット効果は凄い!毎日続けると必ず成功する!」にてお伝えしています。

また、豆乳のダイエット効果以外の様々な豆乳の効果に関しては「豆乳効果で得られるダイエットや美容などの様々な健康効果がもの凄い!」にてお伝えしています。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • 豆乳コーヒーの効果が凄い!美容・ダイエット・健康に最適!

  • 豆乳甘酒の効果・ダイエット・作り方(レシピ)などを徹底解説します!

  • 豆乳イソフラボンの洗顔効果について

  • 豆乳は栄養が抜群に高い!

  • 豆乳ダイエットと生理の関係について

  • 豆乳イソフラボンクリームの効果について