1. TOP
  2. 水素水
  3. 水素水の持ち運びは水素濃度を保てる容器を選びましょう!
Sponsored Link

水素水の持ち運びは水素濃度を保てる容器を選びましょう!

水素水   643 Views

水素水は宇宙で一番小さな水素分子が豊富に含まれている水です。

水素には活性酸素を取り除く働きがあり、その働きは水素分子が極小サイズであるため、素早く全身に行き渡ります。

体内で働く際には利点となる水素分子のサイズですが、水素水の持ち運びを考える際には欠点となってしまいます。

なぜなら水素分子が小さいために持ち運びに向いている容器が限定されてしまうからです。

気密性の低い容器で持ち運ぶと水素水の濃度は低下してしまい、どんどん水素濃度ゼロの普通の水に近づいていってしまいます。

水素水を高濃度で持ち運びできるのはどのような容器なのでしょうか?解説します。

Sponsored Link



Contents

水素水の特徴と働き

水素水の持ち運びに最適な容器について解説する前に、まずは水素水そのものの特徴と働きについて知っておきましょう。

水素水がどのようなものなのかが分かれば、持ち運びの容器選びにも役立てることができます。

水素水が「奇跡の水」なのは活性酸素を取り除くから

昔から「奇跡の水」と呼ばれている水が世界各地にありますが、その正体は水素水です。

水素水が奇跡を起こすのは、様々な病気の原因である活性酸素を素早く取り除いてくれるからです。

活性酸素は健康な人の体内でも発生していて、生きている以上発生させないようにするということはできません。

そのため発生し過ぎてしまった活性酸素は水素水で取り除いていくことが健康維持や病気の予防・改善に役立ちます。

水素水の健康への働きについては『水素水の健康効果に驚愕!』も参考にご覧ください。

水素水は美肌にも役立つ

水素水の活性酸素を取り除く力は健康だけでなく美肌にも役立ちます。

なぜならシミ・シワ・ニキビなどの肌の悩みも活性酸素によって作り出されているものだからです。

そのため健康のために水素水を飲み始めたら、いつの間にか肌がきれいになっていたという人も実際に存在します。

水素水の肌への働きは実感するまでの期間が短いのが特徴です。

水素水を取り入れ始めてから1週間程度で違いを感じ始めたという人が大勢いますので、他の方法では続かなかったという人でも継続しやすい美容法と言えます。

水素水と美肌の関係については『水素水の美肌効果がすごい理由』『水素水の肌への効果と方法』も併せてご覧ください。

ダイエット中の水分補給にも水素水はぴったり

また水素水はダイエット中にも最適です。

なぜなら水素水は代謝を高めてくれるので、飲むだけで痩せやすい体質作りをサポートしてくれるからです。

更に体内の老廃物など不要なものの排出を促してくれる働きもありますので、体を本来の健康な状態にすることで無理なく痩せることにもつながります。

水素水によるダイエットについては『水素水で痩せる体質作り!健康と美容とダイエットを同時に叶える方法とは?』と「水素水がダイエットに効果的な理由とは?」でも解説していますのでご覧ください。

水素分子は極小サイズだから全身にくまなく届く

水素水の健康・美容・ダイエットに対する働きに即効性があり違いを実感しやすいのは、水素分子が非常に小さいことと関係があります。

宇宙で一番小さな水素分子は、私たちの細胞さえもすり抜けてしまいます。

私たちが目で見た限り自分の肌に隙間など見えませんが、小さな水素にとっては肌は通り抜けできる隙間だらけです。

そのため水素は肌の表面から体内に入ることができますし、体内で行けないところはありません。

普通はブロックが機能する脳や卵子へも水素は入り込んでいくことができます。

水素水を飲んだり塗ったりすると水素は直接必要とされている場所へ行くことができますので、他の栄養素などと比較すると違いを早いタイミングで実感しやすいのも特徴です。

水素分子が極小だからこそ、水素水を取り入れると体の隅々までスピーディーにその働きが行き届くと言えます。

Sponsored Link



水素水の持ち運び方

水素水に含まれている水素はとても小さな分子なので全身に素早く届くということが分かりました。

この性質は私たちの体にとっては良いものですが、水素水を容器に入れて持ち運びするとなると難しくなってしまいます。

とても小さな水素分子は持ち運びのための容器を構成する分子の隙間を通り抜けて逃げていってしまうからです。

そのため水素水を高濃度のまま持ち運びするための方法は限られています。

ここでは水素水の持ち運び方について解説します。

アルミパウチなどパッケージされた水素水を持ち運ぶ

確実に高濃度の状態で水素水を持ち運べる方法は、市販のアルミパウチの水素水をそのまま持っていくという方法です。

未開封のアルミパウチの水素水であれば数ヶ月は水素が抜けることはありませんから、長時間の持ち運びでも水素が抜けてしまうということがありません。

商品のパッケージがそのままになってしまうので見た目にダサいとか、水素水の状態で持ち運ばないといけないので重いといったデメリットはありますが、最も確実に水素水を高濃度のまま持ち運べます。

小型の水素水サーバーを持ち運ぶ

小型の水素水サーバーを持ち歩けば、水素水を飲みたくなったときに水を入れてできたての水素水を飲むことができます。

常に新鮮な水素水を飲むことができますので、水素が抜けてしまう心配をする必要もありません。

タンブラーのような形の水素水サーバーは高価ではありますが、毎日持ち運んで水素水を飲むのであれば、アルミパウチの水素水を購入し続けるよりもコストパフォーマンスが良くなるでしょう。

ペットボトルに水素スティックを入れて持ち歩く

ペットボトルに水素水を入れておくだけの場合、水素水に含まれる水素はどんどん逃げていってしまいます。

しかし水素スティックを一緒に入れておけば、水素が逃げていくのと同時に逃げていくのより多い水素が化学反応によって作り出されます。

結果、水素スティックを使った方法であれば、ペットボトル内の水素水は一定以上の濃度を維持できるようになるのです。

アルミボトルに水素水を入れて持ち歩く

アルミボトルはペットボトルと比較すると水素が逃げていきづらい材質です。

そのため据え置き型の水素水サーバーが自宅にあるとか、ジムなどで利用できるといった場合には、アルミボトルに水素水を入れて持ち運ぶことができます。

ただしアルミボトルの場合には、他の3種類の持ち運び方法と比較して水素が逃げていきやすいですし、逃げていった後に水素を再び水に溶かす方法もありませんので、持ち運び時間が短時間のときに利用するのが良いでしょう。

なお、水素水をアルミボトルに入れて保管する方法に関する詳しい情報は「水素水アルミボトル使いこなしのポイントと注意点」にてお伝えしています。

Sponsored Link



アルミパウチは水素水の持ち運びに最適

紹介した4種類の持ち運び方法の中で、最も確実に高濃度のまま水素水を運べるのはアルミパウチの水素水です。

水素が逃げづらいから長時間の持ち運びでも大丈夫

そもそも市販のアルミパウチの水素水の容器は、水素水を入れるために開発されています。

そのため水素が逃げていきづらい構造になるように作られていますので、水素濃度を維持したまま持ち運ぶには最適なのです。

特に未開封の状態であれば、数ヶ月は水素を高濃度のまま持ち運びできますので、長時間持ち運ぶ必要がある場合にはアルミパウチの水素水を利用するのが良いでしょう。

飲み途中でも空気が簡単に抜けるから水素濃度を維持しやすい

ただし開封して飲み途中の状態になった場合には、フタを閉めていても微量ずつ水素が抜けていってしまいます。

特に水素が抜けていきやすくなってしまうのは、アルミパウチ内に空気が入り込んでしまっている状態のときです。

アルミパウチはペットボトルとは違い中に入っている水素水の分量に合わせて容器の形を変えられます。

ですから、飲み途中でフタをして持ち運びする場合には、中の空気をきちんと抜いた状態にするようにしましょう。

すると水素が逃げていきづらくなるので、開封後でも水素濃度を維持しやすくなります。

市販のアルミパウチの水素水ならそのまま持っていくだけだから手間いらず

またアルミパウチの水素水はそのまま持っていける形状になっているので、水素水を入れたり水を入れたりする手間が無いのが嬉しいところです。

出掛けの忙しいタイミングにサッとかばんに入れるだけという手軽さは、水素水を続けるという点で非常に大きなメリットと言えます。

水素水の持ち運びにアルミパウチが最適な理由については『水素水はアルミパウチ容器がおすすめ!その理由とは?』もご覧ください。

Sponsored Link



どこでも水素水を作れる小型の水素水サーバーは水素濃度と生成時間で選びましょう

小型の水素水サーバーには様々な商品が販売されています。

それぞれに特徴があり、できること・できないことにも違いがあります。

特に重要になってくるのは水素濃度と生成時間ですので、この点に注目しながら最適な水素水サーバーを見つけていきましょう。

小型の水素水サーバーは持ち運びに最適

小型の水素水サーバーを持ち運びする場合、自宅を出るときには空の状態で持っていくことができます。

そのため水素水を持ち運ぶために荷物が重くなるということがありません。

しかも1度飲みきってしまっても、再び水を入れれば水素水を簡単に作れます。

その時々の自分の状態に合わせてその場で水素水を作ることができるので、いつでも必要なときに高濃度の水素水を飲めるというのが1番のメリットです。

できたての水素水をどこでも飲める

小型の水素水サーバーがあればできたての水素水をどこでも飲めます。

運動中でも仕事中でもレジャーでも、水さえ用意できれば水素水が作れるからです。

しかも小型の水素水サーバーの種類によっては水道水を使っても大丈夫なものもありますので、水素水サーバーの選び方によってはコンビニでお茶を買うよりも手間いらずで水素水を飲めるものもあるのです。

お茶やジュースにも水素を溶かせるから楽しみの幅が広がる

またアルミパウチなど市販の水素水の場合には水のみですが、小型の水素水サーバーの場合にはお茶やジュースに水素を溶かせるものもあるので、色々な飲み物を楽しみながら水素を取り入れられます。

水じゃないものを飲みたいなと思っても、飲み途中の水素水があるとそちらを優先してしまいがちですが、お茶やジュースに対応している水素水サーバーならそのときの気分に合わせて様々な水素入りドリンクを楽しめるのです。

Sponsored Link



小型の水素水サーバーを選ぶ基準

小型の水素水サーバーには様々な商品が出ていますので、どのように使いたいかによって最適なものを選ばなければいけません。

お茶やジュースも水素入りで楽しみたいのであればお茶やジュースに対応したものを選ばなければいけませんし、温かい飲み物も飲みたいのであれば高温でも対応しているものを選ばなければいけません。

その上で特にここだけはチェックしておいて欲しいという項目が、水素濃度と生成時間です。

水素濃度

水素水は水素濃度が高いほど効果が期待できると言われています。

そのため水素濃度は高いものを選ぶのが良いでしょう。

水素濃度の上限は通常1.6ppmですので、この数字を基準にして考えます。

中には特殊な技術によって1.6ppmよりも多くの水素を水に溶かせる水素水サーバーもありますので、よく内容を読んで確認するようにしましょう。

生成時間

水素水の生成時間は数分程度のものもあれば、10分以上かかるものもあります。

水をいれたらできるだけ早く飲みたいというのであれば、生成時間の短い水素水サーバーを選ばなければいけません。

逆に水を入れたからといって焦って飲む必要はないのであれば、あえて生成時間の短い商品を選ぶ必要はないでしょう。

Sponsored Link



ペットボトルは水素水の持ち運びに向いてない、けれど水素の発生源が入っているなら可

ペットボトルは基本的には水素水の持ち運びに向いていません。

なぜならペットボトルを構成するプラスチックの分子は気密性が低く水素を簡単に通してしまうからです。

ただしペットボトル内に水素の発生源が入っている場合には話が違ってきます。

水素の発生源が入り、逃げていく水素よりも発生する水素の方が多い場合には、ペットボトルでも高濃度の水素水を持ち運びできます。

ペットボトルは水素が逃げやすい容器

ペットボトルを構成する分子と水素分子のサイズを比較すると水素分子の方が断然小さいです。

そのため水素分子にとってペットボトルはすり抜ける穴だらけの容器だと言えるでしょう。

たとえ未開封の状態でも容器そのものが水素を通してしまうので、ペットボトル内部の水素水からはどんどん水素が抜けていってしまいます。

ペットボトルに入れた水素水の持ち運びは12時間が限度

水素水をペットボトルで持ち運びする場合には、12時間を目安に飲みきるようにしましょう。

ペットボトル内の水素水の水素濃度を調べた調査では、水素水をペットボトルに入れたあと1時間程度であれば0.1ppm程度の減少しかなかったとされています。

そのため12時間程度で飲みきってしまえば、高濃度の状態で水素水を飲むことができます。

水素スティックを使うならペットボトルで水素水を持ち運ぶこともできる

ペットボトルで水素水を持ち運びたいけれど、持ち運び時間は12時間を超えるという場合には、水素スティックの使用を検討してください。

水素スティックはマグネシウムでできていて、水と反応して水素を発生させます。

ペットボトルに水と水素スティックを入れて持ち運びすれば、常にペットボトル内部で水素が発生している状態を作れます。

これなら水素が逃げていってしまってもその分発生するので水素濃度が下がることはありません。

水素スティックを使えばペットボトルでも水素水を長時間持ち運びできるというわけです。

水素水とペットボトルの関係については「水素水をペットボトルに入れるとただの水?水素水の特徴を知って最適な保存方法とは?」にて詳しくお伝えしています。

Sponsored Link



アルミボトルは水素水サーバーがあれば便利

自宅に水素水サーバーがある場合には、アルミボトルに水素水を入れて持ち運ぶのが便利です。

アルミボトルで水素水を持ち運びする場合には、抑えておきたいポイントがありますので紹介します。

アルミボトルからでも水素は逃げていきます

アルミボトルは比較すると水素が逃げていきづらいと言われていますが、少しずつ水素は逃げていきます。

市販の水素水の水素濃度を調べた調査結果でも、アルミ缶に入っている水素水の濃度はゼロに近くなっており、違いを実感するのに充分な濃度とは言えない状態だった、という報告があるのです。

そのためアルミボトルは水素水が逃げていきづらい容器ではありますが、長時間の持ち運びに適した容器ではないと言えるでしょう。

水素水サーバーの水素水を手軽に持ち運びできる

しかし水素水サーバーを持っている場合、自宅で作った水素水を手軽に持ち運べるというのは大きなメリットです。

水素水サーバーは高額ですから、せっかく購入したなら充分に使いこなしたいものです。

水素水サーバーが既にあるのに持ち運びようにアルミパウチの水素水や小型の水素水サーバーを購入するのはもったいないと感じることもあるでしょう。

アルミボトルは確かに水素が逃げていきますが、コツを抑えて使えば水素水を高濃度のまま持ち運びすることもできます。

Sponsored Link



アルミボトルで高濃度のまま水素水を持ち運ぶコツ

アルミボトルで水素水を持ち運びする場合、いくつかのコツを知っておくと高濃度の状態を維持しやすくなります。

アルミボトルで水素水を持ち運ぶ際のコツを紹介します。

アルミボトル内に空気が入らないようにする

最も重要なのはアルミボトルの内部に空気が入らないようにすることです。

容器内部に空気が入ってしまうと、持ち運び中に水素水の水素が空気の方へ逃げていってしまいます。

そのため水素水はアルミボトル内部に空気が入らないようにぎりぎり目一杯まで入れるようにしましょう。

1度に全部飲みきる

アルミボトルに入れた水素水は1度で全て飲みきるようにしましょう。

飲み途中を保存しておこうとすると、どうしても容器内部に空気が入った状態になってしまうからです。

すると当然、水素が抜けていきやすくなってしまいます。

アルミボトルを購入するときには1度に飲める容量のものを選びましょう。

250mlずつ2回に分けて飲みたいという場合、アルミボトルは500mlのもの1本を用意するのではなく、250mlのものを2本用意するというのがベストです。

涼しい場所に置いておく

アルミボトルに入れた水素水を置いて置く場所も大切です。

水素水の水素は温められると逃げていきやすくなってしまいますので、直射日光の当たらない涼しい場所に置いておくようにします。

常温で構いませんが、急激に温度があがるような状況は避けてください。

水素水アルミボトルについては『水素水アルミボトル使いこなしのポイントと注意点』もぜひご覧ください。

Sponsored Link



普通の水筒やタンブラーでは水素水を持ち運べないのは水素が逃げていきやすいから

水素水の持ち運び方法について、

・アルミパウチの水素水

・小型の水素水サーバー

・水素スティックとペットボトル

・アルミボトル

という4種類を紹介しました。

では自宅にある普通の水筒やタンブラーでは水素水は持ち運びできないのでしょうか?

答えは「持ち運びできない」です。

もちろん水素水を水筒やタンブラーに入れることはできますが、どうしても時間の経過とともに水素が抜けていってしまいます。

そのため高濃度の状態で水素水を持ち運ぶ方法としては、水筒やタンブラーは適していないのです。

Sponsored Link



水素水の持ち運び方法は4種類、予算とシーンに合わせて選ぶ(まとめ)

水素水を持ち運ぶためには水素濃度を維持できる方法を選ぶ必要があります。

中でも最も確実に高濃度を維持できるのはアルミパウチの水素水です。

またどこでも水素水を作れる小型の水素水サーバーやペットボトルと水素スティックの組み合わせの場合には、できたての水素水を飲めるので、高濃度の状態で取り入れることができます。

自宅に据え置き型の水素水サーバーがある場合にはアルミボトルの利用が便利ですが、他の3つの方法と比較すると水素が抜けてしまいやすいので、水素水を入れて持ち運ぶときにはなるべく水素濃度を保つために、

・容器内に空気を入れない

1度で飲みきる

・涼しい場所に置く

というポイントを押さえて使うようにしましょう。

健康にも美容にも役立つ水素水をいつでも飲めるようになれば、水素水の良さを常に実感することができます。

自分にぴったりの持ち運び方法で水素水を携帯して、健康や美容に役立てていきましょう。

水素水を入れる容器については『水素水に最適な容器は?容器の種類と使い方について』でも解説していますのでご覧ください。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水ダイエットの効果を徹底解説!

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 炭酸水の洗髪効果が凄い!育毛・頻度・作り方・方法・やり方を完全解説します!

関連記事

  • 水素水洗顔の効果と方法

  • 水素水入浴の効果がもの凄くておすすめ!水素水入浴のやり方とメリット・デメリットについて

  • 水素水生成器の原理と特徴についてまとめました!

  • 水素サプリの効果について徹底解説!

  • 水素水がアトピーに効果的な理由とは?

  • 水素水の作り方・買い方・飲み方最新版!