1. TOP
  2. 水素水
  3. 水素水の容器で最適なのは?種類と使い方について
Sponsored Link

水素水の容器で最適なのは?種類と使い方について

水素水   2,925 Views

水素水を入れる容器として適しているのはどのような容器なのでしょうか?

健康や美容に良いと言われている水素水は保存しておく容器によって水素濃度に大きな違いが出てきます。

高濃度の状態で水素水を飲みたいのであれば、できるだけ水素が逃げていかない構造になっている容器を選ぶ必要があります。

またどのような使い方をしたいのかによっても選ぶべき容器には違いが出てきます。

水素水を入れる容器の種類とその特徴を知り、自分にとってベストな容器はどれなのか選んで使えるようになりましょう。

Sponsored Link



Contents

水素水の働きについて

まず水素水がどのような働きをするかについて解説します。

水素水の特徴と働きについて基本的なことを知っておくことで、容器選びをスムーズにできるようになるでしょう。

水素水とは水素を豊富に含んだ水のこと

水素水は水素を豊富に含んでいる水のことです。

普通の水よりもたくさんの水素を取り入れることができるので、水素が体に働きかけて様々な不調を解消したり病気の予防・改善ができたりシミやシワを薄く目立たなくしていくことができます。

ではどうしてこのような体の変化が起こるのでしょうか?

水素は活性酸素を取り除く

水素水が私たちの体の健康や美容に役立つのは、多くの病気や不調・肌の悩みの原因と言われている活性酸素を取り除く働きがあるからです。

活性酸素はただ普通に生活しているだけで自然と体内で発生している物質で、周囲の細胞をサビさせてしまいます。

サビた自転車はギコギキ大きな音がしてこぎづらくなりますし、見た目にも古びた感じが出てきます。

活性酸素によってサビた体もサビた自転車と同じで、動きづらい部分が出てきてしまったり見た目に老けて見えるということが起こってくるのです。

サビの原因である活性酸素を上手に取り除くことができると体の不調を取り除くことにつながりますしアンチエイジングにもなります。

水素水は様々な要因で発生してしまった活性酸素を素早く取り除いてくれるので、健康や美容に役立つのです。

水素は炎症を抑える

また水素には炎症を抑える働きもあります。

炎症というとアトピー性皮膚炎やアレルギー反応などを思い浮かべることが多いかもしれません。

しかし実際にはそれ以外にも炎症がもとで起こっている気になる症状があります。

例えば顔の赤みがそうです。

顔の赤みの原因は元々の肌の色味にあるように見えますが、実際は毛穴の部分の炎症によって引き起こされています。

小さな炎症が全体にあるため、顔全体が赤みを帯びて見えるというわけです。

顔の赤みもそうですが、炎症は1度起こるとなかなかおさまりません。

炎症がなかなかおさまりにくいのは、炎症が起こっている場所で発生している活性酸素が更に炎症を大きくするように働きかけているからです。

そのため水素水で活性酸素を取り除くことができれば炎症はどんどん軽くなっていきます。

風邪のときに感じるノドの痛みやニキビの患部が赤く痛んでいるのも炎症ですので、水素水を飲んだり塗ったりすることは様々な病気や不調によって感じるつらい症状を軽減するのに役立つと言えます。

水素は全身に素早く届く

水素は全身に素早く届くという特徴も持っています。

水素水は即効性があり、使い始めるとほんの数日で違いを実感している人が多くいます。

それは水素が必要な場所に素早く到達できるからです。

水素の活性酸素除去作用や抗炎症作用を必要としている場所に素早く届けることができるので、それだけ早く違いを実感できるというわけです。

ではなぜそんなに早く届くのかというと、それは水素がとても小さな分子だからです。

宇宙で1番小さいと言われている水素は私たちの肌の細胞をすり抜けていくことができます。

だから消化吸収されて必要な場所に届く栄養とは違い直接必要な場所に行くので、取り入れてから違いを実感できるようになるまでのタイムラグが最小なのです。

水素水の特徴については『水素水とは?』もご覧ください。

Sponsored Link



水素水は健康や美容に役立つ

水素水には活性酸素除去作用や抗炎症作用があり、かつとても小さな分子なので全身に素早く働きかけてくれるということが分かりました。

では具体的にどのような病気・不調・肌の悩みを改善していくのでしょうか?

活性酸素が原因の病気は水素水で改善する

実は病気の多くは活性酸素が原因で引き起こされているということが分かっています。

そのため水素水によって活性酸素を取り除くことができれば、多くの病気を予防・改善できるのです。

活性酸素が原因の病気には、

・ガン

・糖尿病

・高血圧

・白内障

・関節リウマチ

・アトピー性皮膚炎

・アレルギー

などがあります。

また体内の活性酸素が取り除かれて細胞のストレスが取り除かれると、日常的に感じている不調が軽減していくことも期待されますし、体質が改善されることで免疫力があがり風邪をひきづらくなることも考えられるでしょう。

水素水の健康への働きについては『水素水の健康効果に驚愕!』でも解説していますのでご覧ください。

水素水で美肌になれる

水素水を取り入れることは美肌にもつながります。

肌の悩みとして代表的な

・シミ

・シワ

・ニキビ

の原因は活性酸素であることが分かっているからです。

水素水で発生した活性酸素を取り除けば肌の悩みが発生する前に予防することができます。

また水素水は代謝を高めたり、血管を若返らせることで体のすみずみまで栄養や酸素をくまなく運ぶ働きをしてくれますので、新しくきれいな肌を作ることにも役立ちます。

つまり水素水を取り入れると、肌の悩みを予防・緩和しながら新しくきれいな肌細胞を作り出してくれるのです。

水素水で美肌を作るための方法については『水素水の肌への効果と方法』もご覧ください。

水素水は代謝アップでダイエットにもつながる

水素水はダイエットにも役立ちます。

ダイエットでは運動や食事制限も重要ですが、きちんと痩せてその状態を維持したいのであれば代謝をあげることが大切です。

いくら運動しても代謝が低いままだと消費できるカロリーも低いままですし、それではなかなか成果が現れてきません。

逆に代謝を高めていけば、何もしていない状態でも自然と痩せられるようになっていきます。

水素水を取り入れると細胞内のミトコンドリアが活性化することが分かっており、その働きにより代謝は高まります。

また水素水を飲んで活性酸素が取り除かれると体内に溜まった毒素の排出が促進されるとも言われています。

体内の毒素が排出されるということは便秘解消にもつながりますし、不要なものが取り除かれて健康な状態になれば本来の最適な体型に自然と戻ることが期待できるので、それがダイエットにつながるというふうにも言えるでしょう。

水素水で行うダイエットについては『水素水で痩せる体質作り!健康と美容とダイエットを同時に叶える方法とは?』と「水素水がダイエットに効果的な理由とは?」もぜひ、ご覧ください。

Sponsored Link



水素水を保存する容器の種類

水素水が健康や美容に総合的に良さを発揮するのは、活性酸素除去作用・抗炎症作用・全身に素早く届く拡散性によるものだということがわかりました。

しかしそうした良さも水素水から水素が抜けてしまっては感じることができません。

そこで水素水を保存する容器について解説します。

容器の特徴を知り、水素水の保存と用途に合致した容器を選ぶようにしましょう。

アルミパウチ

水素水の容器というとアルミパウチというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

アルミパウチは最も水素が抜けづらい構造になっている容器なので、市販の水素水にも多く採用されています。

高濃度の水素水を購入したい場合にはアルミパウチの水素水を購入するのがベストとも言われています。

どんな容器に入っていても抜けていきやすい水素が抜けづらい構造を作るため、アルミパウチは他の容器と比較して高価という点はデメリットとも言えるでしょう。

ペットボトル

ペットボトルは飲み物を入れて持ち歩く容器としては最もポピュラーです。

簡単に手に入りますし、不要になればどこでも捨てられます。

しかし水素水の濃度を保ったまま保存する容器としては不適切で、ペットボトルで水素水を保存すると水素が抜けていってしまいます。

市販の水素水の中にはペットボトルに入って販売されているものもありますが、その多くはほとんど水素の入っていない普通の水であるという調査結果もあるくらいです。

ただし数時間程度の短時間であったり、中に水素スティックを入れておく場合など、ペットボトルでも充分というシーンもあります。

アルミボトル

アルミボトルは水素水を保存するように作られている容器です。

しかしペットボトルほどではないにしても、やはり水素は時間の経過とともに抜けていってしまうことが分かっています。

アルミボトルで水素水を高濃度の状態にしておくためには、空気が入らないようにぎりぎり目一杯まで水素水を入れておくことです。

水筒やタンブラーは水素水の保存容器としてはNG!その理由は?

水素水を入れる容器として水筒やタンブラーを考えている人もいるかもしれませんが、これらの容器は水素水の容器としては不適切です。

なぜなら水素水が抜けていく作りになっているからです。

広口になっているのは水素水を入れるときには便利ですが、便利な分水素が逃げやすいという欠点でもあります。

また本体がアルミ製でもフタがプラスチック製という水筒・タンブラーが多いので、フタの部分からも水素が逃げやすくなっています。

そのため水筒やタンブラーは水素水の保存容器としては適していないのです。

Sponsored Link



水素水の保存に最適なのはアルミパウチ

水素水の保存容器としてあげた3種類の中で最も適しているのはアルミパウチです。

アウミパウチが水素水の保存容器として最適な理由

アルミパウチが水素水の容器として適している理由を解説します。

アルミパウチだと水素水に含まれる水素が逃げづらい

アルミパウチが水素水の容器に適している理由は、なんといっても水素が逃げづらいことです。

口の部分にプラスチックが使われていますが、その部分もできるだけ水素が抜けていかないような構造に工夫されています。

そのため3種類の容器のうちで最も水素を保持できるのはアルミパウチなのです。

飲み途中でも空気を抜きやすい

アルミパウチの素晴らしいところは飲み途中でも容器内の空気を簡単に抜けるということです。

水素水を保存しているときに容器内に空気が入っている状態だと、水素水の水素はどんどん空気中に逃げていってしまいます。

水素水を高濃度に保つためには容器内の空気を出来る限りなくすことが重要です。

アルミパウチならフタを閉めるときに手で押すことで空気を簡単に抜けますから、飲み途中を保存する場合にも水素濃度を保ちやすいのです。

市販の水素水でも採用されている確実性

アルミパウチが水素を逃しづらいのは、市販の水素水の多くでアルミパウチが採用されていることからも分かります。

市販の水素水の水素濃度の調査では、高濃度を維持できていたのはアルミパウチのみという結果が出ているものもあります。

そのためアルミパウチは水素水を確実に高濃度で保存できる容器と言えるでしょう。

アルミパウチの容器に入った水素水なら長期保存が可能

アルミパウチの優れているのは、高濃度の水素水を高濃度のまま長期間保てるということです。

未開封のアルミパウチの水素水であれば、数ヶ月間保存することもできます。

アルミパウチについては『水素水はアルミパウチ容器がおすすめ!その理由とは?』もぜひご覧ください。

Sponsored Link



水素スティックで水素水を作る容器にはペットボトルが便利

ペットボトルの中に水素水を入れておくと27時間後には水素濃度はほぼゼロになります。

そのためペットボトルで水素水を持ち歩くのは12時間程度であれば可能ですが、それ以上となると水素濃度を保てないので不適切です。

しかし水素スティックを使うということであれば話は違ってきます。

水素スティックとペットボトルで水素水を作る利点について解説します。

水素スティックを使えばペットボトルでも高濃度の水素水を飲める

水素スティックがペットボトルに入っていれば常に水素が発生している状態を作れるので、ペットボトルでも高濃度の水素水を持ち運ぶことができるようになります。

水素スティックはマグネシウムでできており、水と反応することで水素を発生させて水を水素水にするアイテムです。

化学反応を利用して水素水を作る方法なので、水素スティックを入れてから充分な濃度の水素水になるまでには時間がかかります。

しかし持ち運ぶということを考えると利点の多い方法です。

水素水を持ち運ぶとどんな容器を使っていても少しずつ水素は抜けていってしまいます。

アルミパウチだったとしても1度開封してしまうと抜けていく水素をゼロに保つことはできません。

水素スティックをペットボトルに入れておく方法の場合には、水素が容器から抜けてしまっても抜けるより多い量の水素が発生しているので水素濃度が下がる心配がなくなります。

そのため水素スティックとペットボトルの組み合わせなら、水素の抜けていきやすいペットボトルでも高濃度の水素水を飲むことができるのです。

Sponsored Link



水素スティックとペットボトルの組み合わせは外出時に便利

水素スティックとペットボトルの組み合わせは自宅で水素水を保存する容器としても便利ですが、外出時に利用するのが最も便利さを実感できます。

ペットボトルは軽いから持ち運びに便利

ペットボトルは他の容器と比較して軽いですし、自立してくれるのでバッグの中に整理して入れやすいです。

そのため水素スティックとペットボトルで水素水を携帯する場合、非常に持ち運びに便利ということが言えます。

しかもペットボトルは安価でどこでも手に入るので、不要になったときには気兼ねなく捨てることもできます。

水素スティックがあればいつでも水素水を作れる

水素スティックがあれば外出先で水素水を飲みきってしまってもすぐに作れるというのも水素スティックとペットボトルの組み合わせのメリットです。

夏の暑い日など水分補給が欠かせない日の場合にはペットボトル1本では水素水が足りないこともありますが、水を足すことで水素水が作れれば自宅からたくさんの水素水を持っていく必要がなくなり持ち運びの負担が軽減できます。

Sponsored Link



水素水サーバーで作った水素水を入れる容器ならアルミボトル

アルミボトルは自宅で水素水サーバーを持っているとか、ジムなどで水素水サーバーを利用できるという場合に便利な容器です。

アルミボトルで水素水サーバーの有効活用ができる

水素水サーバーがあると自宅ではいつでも水素水が飲めるようになりますが、外出時に水素水を持っていくのには不便な思いをするかもしれません。

そんなときに役立つのがアルミボトルです。

アルミパウチほどの密閉性はありませんが、アルミボトルは水素を逃しづらい容器ですから、自宅で作った水素水を入れて携帯するのにぴったりの容器と言えます。

1日中どこで水分補給するときでも水素水を飲みたいという場合には、アルミボトルで水素水サーバーの水を持ち運ぶのが良いでしょう。

アルミボトルで水素水を高濃度のまま保存するコツ

とはいっても、アルミボトルに入れた水素水の水素は30時間後にはほぼゼロになっているという調査結果もあります。

水素を完全に逃さないというわけではなく、あくまでも逃しづらい容器なのです。

しかしコツを知って水素水を入れれば、できるだけ水素が逃げていかないようにすることができます。

容器内に空気を入れない

アルミボトルで水素水を高濃度のまま保存するコツとして最も重要なことは容器内に空気を入れないことです。

容器内に空気が入るとそこに水素水の中の水素が逃げていってしまいます。

するとその水素は容器を構成する分子の隙間を通り抜けて容器の外へ出て行ってしまうのです。

容器内に空気が入らないようにしたケースでは水素水の酸化還元電位が24時間後にも保持されていたのに対し、空気が入っていた場合には全く保持されていなかったという調査もあります。

そのためアルミボトルに水素水を入れる場合には、ぎりぎりまで水素水をいれて空気の入る隙間をなくすようにしましょう。

また半分飲んで残りは取っておくというのも水素濃度を維持したいのであればNGです。

残り半分の水素水は容器内で大量の空気と触れることになるので水素がどんどん逃げていってしまいます。

アルミボトルは1回で飲みきれる分量の入る容器を購入するようにして、2回に分けて飲みたいのであれば2本持ち歩くというのがベストです。

温まりやすい場所には置かない

水素水の水素は温められると逃げていきやすいという性質を持っています。

そのためアルミボトルに入れた水素水を置いておくのはできるだけ涼しい場所が良いでしょう。

直射日光の当たる場所や気温の高くなる場所は避けてください。

水素水をアルミボトルで保管する際の詳しい情報は「水素水アルミボトル使いこなしのポイントと注意点」にてお伝えしています。

Sponsored Link



水素水を容器に入れて高濃度を維持するためのポイント

水素水を容器に入れるときに高濃度を維持するためには2つのポイントがあります。

1.容器内に空気が入っていない

2.容器内に水素の発生体が入っている

水素水はどの容器に保存していても少しずつ水素が抜けていきます。

その速度に差はありますが、必ず抜けていっているので、このポイントはどの容器を使うにしても抑えておくべき点です。

容器内に空気が入っていないこと

アルミボトルの解説内でも触れましたが、容器内に空気が入っていないことは水素水を保存する際に非常に重要なポイントになります。

できるだけ空気がゼロになるように水素水を入れる工夫をして、容器内の空気に水素が逃げていってしまうのを避ましょう。

空気を抜けない容器に入れた水素水は1度に飲みきる

アルミボトルは飲み途中の水素水が入っている状態で容器内の空気を抜くことができません。

容器の形が変わらないので、容器に入った空気はそのままです。

ですから、中にいれた水素水を空気に触れさせないためには、1度に飲みきるようにしなければいけません。

1度に飲みきることを考えて小さめの容器を購入するようにすると、水素濃度を保ったまま外出先でも水素水を飲めるようになるでしょう。

何回かに分けて飲みたいときにはアルミパウチの容器を使う

水素水を何回かに分けてこまめに飲みたい場合には、容器の形が変わらないアルミボトルではなくてアルミパウチを選びましょう。

アルミパウチなら飲み途中の容器からでも簡単に空気を抜くことができます。

容器内に水素スティックなど水素の発生体を入れる

水素水を高濃度のまま容器に入れて保存するためには、容器内に水素スティックを入れておくことも有効です。

水素スティックが入っていて抜けていく水素の量が発生する量よりも少なければ、水素水は高濃度を保てます。

水素スティックで常に水素が発生する状態を作る

水素スティックを水に入れておくと化学反応によって自然と水素が発生します。

水素水を容器で持ち歩いているときに容器内部で水素が発生している状態が作れれば、水素濃度が下がるということはありません。

抜ける水素<発生する水素なら水素濃度は維持できる

もし仮に水素水を入れている容器が水素を通しやすいペットボトルだったり、フタの無いコップだったりしても、抜ける水素より発生する水素が多ければ、水素濃度を充分維持することが可能です。

Sponsored Link



水素水保存容器の洗い方

水素水を保存する容器は使い終わったら洗わなければいけません。

例え水素水しか入れてないとしても繰り返し使っていれば内部で雑菌が繁殖する可能性があります。

容器に直接口をつけて飲んでいるのならなおさらです。

ここでは水素水を保存する容器の洗い方について解説します。

アルミパウチは洗うのが難しい

水素水を持ち運ぶのに最も適しているのはアルミパウチなので、アルミパウチタイプの容器を購入したり、アルミパウチの水素水の容器を再利用して使っている人もいるでしょう。

アルミパウチは水素水を保存する容器としては最適ですが、繰り返し洗って使うことを考えると非常に難しい容器です。

水素が逃げにくい構造は洗うのが難しい構造でもある

アルミパウチは各社工夫を凝らしており、水素が逃げづらい構造でしっかりとできています。

水素が逃げづらいというのは水素水を保存する点では大きなメリットですが、容器を洗うという点ではデメリットになります。

そもそも中に水を入れづらいので洗うために水道水を入れるのも大変ですし、それを流すのも一手間です。

アルミパウチの容器を再利用するときはコップを使って!

アルミパウチ内で雑菌が繁殖するのを抑えるためには、アルミパウチに入っている水素水はコップを使って飲むようにしましょう。

面倒だからと注ぎ口の部分から直接飲んでしまうと、注ぎ口についた雑菌が容器内部に入り込んでしまう可能性があるからです。

雑菌の繁殖を抑えて安心して水素水を飲むためにはコップが必須です。

アルミパウチの再利用は数回が限度

またアルミパウチを再利用して使っている場合、ずっと同じアルミパウチを使い続けるのは衛生上良くありません。

毎日使い終わったあと洗っていたとしても、切り開いてアルミパウチ内部を触ってみるとヌルヌルして雑菌が繁殖していることがあるからです。

そのためアルミパウチの再利用はしたとしても数回に留めておいて、新しいアルミパウチを使うようにしましょう。

ペットボトル・アルミボトルは専用のスポンジで簡単に洗えます

ペットボトルやアルミボトルなど口の狭い容器の場合には、専用のスポンジを使うと隅々まできれいに洗えます。

重しが入った小さな専用スポンジと水と必要に応じて洗剤を容器に入れて振れば、手やブラシの届かないところまできれいに洗いあげることができます。

Sponsored Link



水素水の容器は水素の逃げづらさ・使うシーンで選びましょう(まとめ)

水素水の容器の中で最も水素が逃げづらいのはアルミパウチで、最も逃げていきやすいのはペットボトルです。

アルミボトルはペットボトルよりはマシですがアルミパウチほどしっかりと水素を保てるわけではありません。

水素水の容器を選ぶ場合の基準としてまずあげられるのは、水素の逃げていきづらさです。

できるだけ長時間高い水素濃度を保てることが理想ですので、可能であればアルミパウチを選択するのがベストと言えます。

しかし人によって容器に入れた水素水を持っていくシーンには違いがありますから、利用したいシーンに合わせて選ぶことも重要です。

アルミパウチの方が水素濃度を維持しやすいですが、自宅に水素水サーバーがあるのであればアルミボトルの方が使い勝手が良いですし、水素スティックを使うならペットボトルが便利でしょう。

水素濃度が高い状態をどれだけ維持できるかだけではなく、どういった場面で水素水を容器に入れておきたいのかも考えてください。

自分にぴったりの容器があれば水素水をより活用できるようになります。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • 奇跡の水と水素水の驚くべき関係とは?

  • 水素水の癌(ガン)と抗がん剤に対する効果とは?

  • 水素水の肌への効果と方法

  • 水素水ダイエットの効果を徹底解説!

  • 水素カプセルの効果は?水素水との違いや比較について

  • 水素水の健康効果に驚愕!