1. TOP
  2. 水素水
  3. 水素水アルミボトル使いこなしのポイントと注意点
Sponsored Link

水素水アルミボトル使いこなしのポイントと注意点

水素水   959 Views

健康や美容に良いと人気の水素水を自宅にいるときだけでなく、外出時にも携帯して飲みたいという人が増えています。

そんなときに役立つのが水素水アルミボトルです。

水素水の水素は逃げていきやすく、密封されている容器であっても容器を構成する分子の隙間からすり抜けていってしまいます。

そのため水素水を持ち運ぶためには容器選びがとても重要です。

水素水アルミボトルは水素水を持ち運ぶのに最適な容器なのでしょうか?また水素水アルミボトルを使う際のコツはあるのでしょうか?

水素水アルミボトルを使いこなせるようにポイントと注意点を解説します。

Sponsored Link



Contents

水素水とは?

水素水とは普通の水よりもたくさん水素が含まれている水で、水素豊富水とも呼ばれています。

水素水には普通の水とは違った特徴や働きがありますので、まずは水素水の特徴と働きについて解説します。

水素水の特徴

水素水は数多くの病気を予防・改善することや、美容のために効果的な働きをすることが分かっています。

昔から多くの人の病気やケガを治して「奇跡の水」と呼ばれている泉などの水の多くも実は水素水だということが近年の研究により分かってきました。

では水素水はなぜ「奇跡の水」と呼ばれるほどの働きをするのでしょうか?

水素水は活性酸素除去作用で万病のもとを取り除く

水素水が昔から「奇跡の水」として多くの人の病気を改善してきたのは、水素水の持つ活性酸素除去作用によります。

活性酸素は多くの病気の原因になっているので、それを取り除くことができると辛い症状が改善していくことが考えられますし、活性酸素が取り除かれて回復力が高まれば病気そのものが治っていくことが期待できるというわけです。

しかも水素水で取り除くことができる活性酸素は悪玉活性酸素といって、活性酸素の中でも極めて有害な種類です。

そばにある細胞を無差別にものすごいスピードで酸化させていく悪玉活性酸素を還元できる物質はそうありません。

悪玉活性酸素が細胞を酸化させるスピードは一瞬のことなので、そのスピードに追いついて活性酸素を取り除く働きができる物質はほとんど水素のみと言えるでしょう。

しかも活性酸素は私たちが生きている限り何をやっていても作り出されています。

作り出される量をなるべく少なく抑える生活習慣を身につけることも重要ですが、水素水の活性酸素除去作用で効果的に活性酸素を取り除くということも大切なのです。

 

Sponsored Link



水素分子は極小だから体中どこへでも到達できる

水素水が病気や美容に関して強力に働きかけてくれる理由として、水素分子がとても小さいということがあげられます。

とても小さい水素分子は私たちの細胞の隙間をすいすいと通り抜けしていきます。

そのため肌の上からでも体内に自然と入っていきますし、体内でも消化吸収という過程を経ることなく全身を巡ることができるのです。

しかも他の栄養がブロックされて到達できないような脳や卵子といった部分まで水素はくまなく行き届きます。

極小サイズの水素だとブロック機能が設けられていてもその仕組みに引っかかることなく通り抜けできるのです。

体中どこへでも自由に素早く行き来できる水素は、全身のどこで活性酸素が発生していたとしても取り除いてくれます。

水素水の特徴については『水素水とは?』もご覧ください。

Sponsored Link



水素水の働き

では水素水の活性酸素除去作用や全身どこへでも素早く到達できるという特徴は、具体的にどのような働きをもたらすのでしょうか。

水素水の健康効果

水素水を飲むと体内で発生した活性酸素が取り除かれます。

その結果、活性酸素が原因で発生する病気や不調の予防・改善になり、健康促進されるということが考えられるのです。

研究の結果、活性酸素が原因と分かっている病気には下記があります。

・ガン

・動脈硬化

・心臓病

・脳血管障害

・高血圧

・糖尿病

・高脂血症

・肝臓病

・白内障

・膠原病

・関節リウマチ

・アトピー性皮膚炎

・アレルギー

・ぜんそく

つまりこうした病気の場合には、水素水を飲むことが改善につながると考えられます。

またこの他の病気や不調の場合であっても、水素水を飲むことで体内の活性酸素が減少し細胞へのストレスが軽減すれば、免疫機能が向上したり代謝が高められたりすることで病気や不調が徐々に軽くなっていく可能性もゼロとは言い切れません。

水素水の健康効果については『水素水の健康効果に驚愕!』で詳細を解説していますので、ぜひご覧ください。

 

Sponsored Link



水素水の美容効果

また水素水の活性酸素除去作用は美容にも良い影響を与えます。

なぜならシミやシワ・ニキビなど肌の悩みの多くは活性酸素が原因だからです。

シミは紫外線によって発生した活性酸素からの攻撃に対抗するためにメラニン色素が作られてできます。

シワは活性酸素が肌の弾力をのもとであるコラーゲンの層を傷つけることでできます。

ニキビの炎症が起こっている部分では活性酸素が大量に発生していて、発生した活性酸素が更に炎症を大きくしようと働いています。

そのため、活性酸素が取り除かれると今ある肌の悩みは改善されていきますし、どんどん美肌になれるというわけです。

水素水はダイエットにも効果的です。

水素は体の代謝を高めることが分かっています。

いくら運動をしても代謝が低いままだとダイエットにはなかなか結びつきませんが、水素水によって代謝アップをしていると、同じ運動でも結果に違いが出てくるのです。

また活性酸素によるストレスが減少することや慢性的な水分不足が改善することで便秘解消にも水素水は役立つといわれていますので、ぽっこりお腹を改善することも期待できます。

水素水の美容効果については『水素水の美容効果はもの凄い!化粧水より美容に最適な理由とは?』『水素水の美容効果が絶大な理由とは?』も併せてご覧ください。

Sponsored Link



水素水アルミボトルとは?

水素水が健康や美容になぜ役立つのか、具体的にどのような働きをしてくれるのかが分かりました。

健康や美容に対して強力に働きかけてくれる水素水ですから、いつでも持ち歩いて飲みたいという人が多いのも当然です。

しかし水素水に含まれている水素は逃げていきやすいので、普段使っている水筒やペットボトルに入れて持ち歩こうとすると充分な水素濃度を保っていられない可能性が出てきます。

そこで活用したいのが水素水アルミボトルです。

水素水アルミボトルは水素水サーバーがあるなら便利!だけど不安な点もあり

水素水アルミボトルは

・自宅に水素水サーバーがある

・ジムなどで水素水サーバーから水素水をくめる

といった人に特に便利です。

水素水アルミボトルに水素水を入れておけば、ある程度の水素濃度を保った状態で持ち運びできます。

ただし水素水アルミボトルは使い方によっては水素濃度を充分に保っていられなかったり、臭い移りが気になることもあります。

そこで水素水アルミボトルの使い方について解説します。

水素水サーバーがあるならアルミボトルでいつでもどこでも水素水が飲める

水素水アルミボトルを持っていると、水素水を自宅以外でもいつでも飲めるようになります。

特に水素水サーバーを持っていて毎日水素水を飲んでいるという場合、水素水アルミボトルを便利に使うことができるでしょう。

 

Sponsored Link



水素水アルミボトルは水素が逃げていきやすい?

しかし水素水アルミボトルは水素が逃げていきやすいのではないかとも言われています。

市販の水素水の水素濃度を調べた調査結果を見てみると、アルミ缶入りの水素水は充分な水素濃度を保っていなかったからです。

そのため水素水アルミボトルの場合にも、時間の経過とともに水素水から水素が抜けていってしまうことが考えられます。

また水素水アルミボトルに水素水をつぐ過程で水素が逃げていきやすいということも分かっています。

工場で水素水を充填する際には機械を使って行われますが、それでも水素は逃げていってしまいます。となると手でつぐ場合には多くの水素が逃げていきやすいと言えるでしょう。

このような点だけをみると水素水アルミボトルは充分な水素濃度を保ちながら水素水を持ち運ぶことができないと言えそうです。

しかし他の容器、例えばペットボトルと比較すると、水素水アルミボトルの方が水素濃度を保持する力が高いと言えます。

アルミの臭い移りのデメリットは内面がきちんとコーティングされていることを確認して回避

また水素水アルミボトルはアルミの臭い移りが気になるというケースもあります。

特に内面にコーティングがされていない場合には臭い移りが気になりますので、水素水アルミボトルを選ぶ際にはきちんとコーティングされているものを選びましょう。

Sponsored Link



水素水アルミボトル以外で水素水を持ち運ぶ方法

水素水を持ち歩く方法は水素水アルミボトル以外にもあります。

水素水アルミボトル以外の水素水の持ち歩き方とそれぞれの特徴について解説します。

アルミパウチ入り水素水をそのまま持ち運ぶ

まず第一の方法はアルミパウチ入りの水素水をそのまま持ち運ぶという方法です。

水素水の持ち運び方としては最も手軽で簡単な方法と言えます。

購入したアルミパウチの水素水をそのまま持っていくだけなので、忙しい朝でもさっと準備できるメリットがあります。

しかし見た目におしゃれじゃない、水素水を持ち歩いているのが一目瞭然、などといったパッケージのデメリットが強い方法です。

小型水素水サーバーを持ち歩く

もう1つの方法は小型水素水サーバーを持ち歩くというものです。

小型水素水サーバーはタンブラーのような形になっていて、水を入れるといつでもどこでも水素水を作ることができます。

そのため外出先でもできたての水素水を飲むことができるのです。

ただしできた水素水の水素濃度は市販されている水素水よりも低めになるものがほとんどですし、水を入れてから最大濃度になるまでには40分程度時間が必要なので飲みたいときにすぐに飲むということができません。

こうしたデメリットがありますが、外出時にも作りたての水素水を飲みたいという場合にはぴったりの方法です。

普通の水筒やタンブラー・ペットボトルは水素水の持ち運びには向いていません

水素水を持ち運ぶのに水筒・タンブラー・ペットボトルといった普段使っている持ち運び用の容器は向いていません。

なぜならこうした容器では水素水に含まれている水素を保持するのが難しいからです。

水筒は広口なので中に水素水を入れやすいですが、それはその分水素が逃げていきやすいということにつながりますし、パッキンで密封されていてもプラスチック製のフタをすり抜けられるぐらい水素分子は小さいので水素が抜けていってしまうことに違いはありません。

タンブラーやペットボトルも同じです。

私たちの目にはきちんと閉まっているように見えますし、実際に水がもれてくることはありませんが、水素にとっては容器そのものがすり抜け放題の穴だらけなのです。

ですから水素水を持ち運ぶ場合には、水素水アルミボトルがベターと言えます。

Sponsored Link



水素水アルミボトルはこんなシーンに最適

水素水アルミボトルは水素水を持ち運ぶのにベターな容器ということが分かりましたが、具体的にはどのようなシーンで使い勝手が良いのでしょうか?

具体的なシーンを紹介します。

自宅の水素水サーバーで作った水素水を移動中や運動中に飲みたい

自宅に水素水サーバーがある場合、作った水素水を持ち歩いて外出中に飲みたいということもあるでしょう。

そうした場合に水素水アルミボトルは便利です。

わざわざアルミパウチの水素水を購入するのはもったいないけれど、ペットボトルや水筒で持ち歩くのでは水素濃度の点で満足できないという場合にぴったりの選択肢と言えます。

水素スティックを入れて持ち運びたい

水素水アルミボトルは水素スティックを入れて持ち運ぶのにも適しています。

水素スティックというのは水に入れておくことで水素水を作れるアイテムです。

水とマグネシウムの化学反応で水素水になりますので、水素スティックが入っていれば常に水素が発生している状態を維持できます。

水素水アルミボトルでも水素水の水素は抜けていってしまいますが、水素スティックが入っていれば抜けていく水素より発生する水素の方が多いので、充分な水素濃度を維持できます。

水素の抜けやすいペットボトルに入れておいても充分な水素濃度を保てる水素スティックですから、水素水アルミボトルであれば問題なく高濃度の水素水を飲めるでしょう。

旅行などで外泊するときに水素水を飲みたい

外泊するときに水素水を持っていきたいという場合にも、水素水アルミボトルで持ち運べばある程度の水素濃度のまま水素水を飲むことができます。

ただし水素水アルミボトルに入れていても中の水素は少しずつ抜けていってしまいますので、ずっと持ち歩くのではなくなるべく早めに飲むのがおすすめです。

水素水は充分な濃度であれば11回、300500mlほど飲めば充分な働きが期待できると言われています。

そのため基本的には持ち運んでまで飲む必要は無いかもしれません。

しかし旅行などで家を空ける時間が長く、帰宅後に水素水を飲むのでは時間が空き過ぎてしまうというような場合には水素水アルミボトルを活用するのが良いでしょう。

Sponsored Link



水素水が普通の水になるまでの時間は?水素水アルミボトルで持ち運べる時間

水素水に含まれている水素は放っておくとどんどん抜けていってしまいます。

そのため水素を通すペットボトルなどで保存されている水素水や、開封後の容器に入っている水素水、コップにつがれた水素水からは、時間が経過するごとにどんどん水素が抜けていってしまうのです。

では水素水アルミボトルの場合にはどうなのでしょうか?

水素水アルミボトルで持ち運んだ際に水素水が高濃度の状態を保てる時間について解説します。

1時間程度であれば水素濃度は変わらない

コップに入れた水素水の濃度を計測した調査では、コップ内の水素水の水素濃度は1時間経過後で0.1ppm程度の減少だった、という調査結果があります。

つまり1時間程度置いておいたくらいでは急激に水素が無くなり普通の水になってしまう、というようなことはないのです。

水素は拡散性という性質を持っているし分子が小さいので逃げていきやすいと聞くと、コップについだ瞬間に水素が逃げていってしまうように感じてしまいますが、実際の水素濃度の減少速度はもっとゆるやかなものだという観測結果が出ています。

 

Sponsored Link



ペットボトルでも3日程度は水素濃度を保っていられる

水素が抜けやすく水素水の保存には不向きと言われているペットボトルでさえも、3日程度は水素濃度を保っていられるという調査があります。

もちろん水素濃度はどんどん下がっていきますが、それでもゼロにはならないのです。

ペットボトルよりも水素濃度を保持しやすい水素水アルミボトルの場合には、この調査よりも高い水素濃度を維持しながら水素水を保存できることが期待できます。

水素水アルミボトルに水素水を入れて数時間程度であれば充分な水素濃度を維持できる

これらのことから考え合わせると、水素水アルミボトルに入れた高濃度の水素水を高濃度のまま確実に維持できるのは数時間程度と言えます。

そのため水素水アルミボトルに朝水素水を入れて午前中のうちに飲みきるというような使い方をするのであれば、水素水アルミボトルの水素が抜けていってしまうという部分を気にすることなく利用できるでしょう。

Sponsored Link



水素水アルミボトルでできるだけ長時間水素濃度を維持するためのコツ

水素水アルミボトルで水素水を持ち運ぶ場合、コツを知っていれば長時間水素水を高濃度の状態にしておけます。

いつでもどこでも充分な濃度の水素水を飲むために水素水アルミボトルの使い方のコツを知っておきましょう。

水素水をぎりぎり目一杯入れる

水素水アルミボトルに水素水を入れる場合には、ぎりぎり目一杯まで入れるようにしましょう。

アルミボトル内に空気を入れないようにするのです。

アルミボトル内に空気が入ってしまうと、水素水に含まれている水素がどんどん空気の部分へ逃げていってしまい、そこから容器の外へ出てしまいます。

逆に空気が入らない状態を作れれば、水素は水素水の中に留まりやすくなりますので、高濃度の状態を維持できます。

水素水は酸化還元電位が-550~-650mv程度のものが多いです。

酸化還元電位というのは簡単に言うとものをサビさせる力の強さのことで、水素水の場合にはそれがマイナスになっているのでサビ取りの働きがあると言えます。

容器内に空気が入っていない状態を作って水素水をアルミボトルに入れた場合、24時間後でも酸化還元電位が-500mv程度を保っているという調査結果があります。

つまり水素水アルミボトルで高濃度のまま水素水を保存するためには、中に空気をいれないことが重要ということです。

水素水アルミボトルを持ち歩くときには途中まで飲んで残りを取っておくということもありますが、その場合ボトル内に空気が入ってしまった時点で水素の抜けていくスピードは加速すると考えて間違いないでしょう。

そのため飲み途中でも空気を抜ける形態になっている水素水アルミボトルが持ち運びには最適です。

例えばアルミパウチタイプの水素水アルミボトルですと、飲み途中でも簡単に空気を抜くことができるので最適と言えます。

温まりやすい場所には置かない

また温まりやすい場所に水素水アルミボトルを置かないというのも大切です。

なぜなら水素水は温められると水素が抜けやすくなるからです。

ですから直射日光の当たる場所やストーブなど暖房器具のすぐ近くなどは避けて、日陰の涼しい場所に置いておくようにしましょう。

Sponsored Link



水素水を持ち運ぶためにベストな水素水アルミボトルはアルミパウチタイプ

水素水アルミボトルを選ぶならアルミパウチタイプが最適です。

水素水を高濃度のまま持ち運ぶのに最も適している形態になっているアルミパウチを上手に使えば、充分な濃度の水素水をいつでも飲むことができます。

パウチタイプのアルミボトルが水素水の濃度維持にベスト

水素水アルミボトルには様々な形やデザインのものがありますが、水素水の濃度を維持できるかどうかで選ぶのであれば、アルミパウチがベストです。

市販の水素水でも水素が抜けづらく高濃度のまま保存できるのはアルミパウチの水素水と言われています。

水素水アルミボトルの場合にも同じで、アルミパウチタイプが最も水素濃度を維持しやすいのです。

 

Sponsored Link



パウチタイプがベストな理由は空気を抜くことができるから

アルミパウチタイプが最適なのは空気を簡単に抜くことができるからです。

容器内に空気が入っていない場合、水素水は24時間後でも活性酸素除去作用をしっかりと持った状態を維持できるということを先ほど解説しました。

アルミパウチであれば飲み終わった後に口の部分から空気を吸い出すだけで簡単に脱気できます。

そのため水素水を持ち歩くための水素水アルミボトルは、パウチタイプが最も適しているのです。

裏技!アルミパウチの水素水を飲んだ後の容器をアルミボトルとして使う手もある

アルミパウチの水素水アルミボトルはわざわざ購入しなくても、飲み終わった後のアルミパウチの水素水の容器を再利用することもできます。

元々水素水が入っていたアルミパウチなら、水素の逃げていきづらさはばっちりです。

アルミパウチの中に水を入れづらいというデメリットはありますが、アルミパウチの再利用でも機能としては充分使うことができるレベルです。

Sponsored Link



水素水アルミボトルはポイントをおさえて使いましょう(まとめ)

水素水アルミボトルはペットボトルよりは水素水の水素を保持しやすいですが、少しずつ水素が抜けてしまうという点では水素水の完璧な保存容器とは言えません。

しかし、

・水素水アルミボトル内に空気を入れない

・温まりやすい場所に置かない

といったポイントを抑えておくだけで、水素水アルミボトルでも高濃度のままの水素水を最低でも24時間は保存できるようになります。

水素濃度が高い状態を保つために特に重要なのは水素水アルミボトル内に空気を入れないということです。

しっかり空気を抜くためにはアルミパウチが最適ですので、水素水アルミボトルを選ぶ際にはアルミパウチを使うと良いでしょう。

水素水アルミボトルの使い方のポイントを抑えておけば、外出先でも高濃度の水素水を飲めるようになります。

水素水を入れる容器については『水素水はアルミパウチ容器がおすすめ!その理由とは?』・水素水の容器で最適なのは?種類と使い方について」・「水素水の持ち運びは水素濃度を保てる容器を選びましょう!もぜひ、ご覧ください。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水ダイエットの効果を徹底解説!

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 炭酸水の洗髪効果が凄い!育毛・頻度・作り方・方法・やり方を完全解説します!

関連記事

  • 水素水の美肌効果がすごい理由

  • 水素水の原理、仕組みと効果を全て調べました!

  • 水素水で痩せる体質作り!健康と美容とダイエットを同時に叶える方法とは?

  • 水素水の効果が凄い!徹底検証した結果を完全解説!

  • 水素水の健康効果に驚愕!

  • 水素水のむくみへの効果とむくみの原因を徹底解説します!