1. TOP
  2. ココア
  3. ココアの便秘解消・改善効果が凄い!
Sponsored Link

ココアの便秘解消・改善効果が凄い!

ココア   3,943 Views

ココアには腸内環境を整えて便秘を改善する効果があり、現代型の便秘改善に最も適しています。

ココアの便秘改善・予防に大きな力を発揮するのが、植物繊維(リグニン)とカカオプロテインです。

ココアのリグニンはポリフェノールの働きをもち合わせているため、腸内で善玉菌を増やす働きで腸内環境を整えてくれる効果があります。

善玉菌には腸内環境を整える効果があり、便秘解消に優れた効果があるのです。

またリグニンは水溶性食物繊維なので、水分を吸収して便を大きくし出やすくしてくれる効果もあります。

 

一方、カカオプロテインには、便のかさを増やし・腸の動きを活発にして便通をよくする効果があります。

カカオプロテインは、小腸で吸収されない「難消化性」という特徴があり、腸内フローラを変化させて排便の回数を増やすことが確認されています。

 

◆ココアの効果=⓵腸内の便を押し出す作用+②腸内の善玉菌を増やす作用+③便の量を増やす作用

ココアは3つの相乗効果で便秘を解消すため、便秘改善効果が高いといわれる理由がここにあるのです。

 

その他にもテオブロミンが、セロトニンの分泌を促進してリラックス状態にさせてくれるので、ストレスが原因で起こる便秘を改善してくれます。

また、便秘と深い関係にある”冷え性改善効果が高い飲み物”でもあります。

 

このようにココアの便秘改善は、様々な方向から便秘の原因を解消してサポートすることで高い効果を発揮するものです。

ココアの便秘改善効果は、どれほどのパワーを秘めているのでしょうか?

ココアの便秘解消・改善効果を詳しく解説していきます。

 

 

Sponsored Link



Contents

便秘に悩む女性は約320万人で男性の約2倍

デトックスブームから約10年・・・・今、食物繊維と腸の関係は、世界の医学界が注目する最先端医科学のひとつでもあります。

腸は老廃物や不要なモノを排出するだけではなく、全身の健康維持に関わる核となる臓器だということが明らかになってきました。

腸の不調はメンタル面まで含めた全身の不調に大きく関わり、便秘の原因として生活習慣やストレスが関係しているのです。

 

女性は男性に比べて便秘に悩む人が多いのですが、女性の社会進出によって更に便秘が増加しているようです。

近年の国民調査では「日本女性の48%が便秘」という結果が出ています。

問題はこの50年間で、便秘の増加に比例して大腸癌の死亡率が約8倍にもなり急増していることです。

慢性化した便秘が大腸癌を引き起こす要因を作っているため、便秘の改善は大腸癌予防にも繋がります。

便秘の原因にも変化があり、現代の女性の便秘は「便の量が少ない」ことが原因だといわれています。

現代型便秘の改善には、便の量を増やすことも必要になってきたのです。

そもそも女性に便秘が多いのは、なぜなのでしょう?

 

Sponsored Link



女性が便秘になりやすい理由は?

 

実は女性の便秘は、食生活や生活習慣だけが原因ではないのです。

 

<女性が便秘になりやすい理由>

  • 「黄体ホルモン」の影響・・・黄体ホルモンは腸の蠕動活動を弱める性質がある
  • 男性との筋肉量の違い・・・女性は男性に比べると筋力が弱いため腸が下がりやすい
  • ダイエットによる食事制限・・・食事量が減り過ぎると腸の動きが鈍くなる

 

便秘を効率的に解消するためには、便秘について理解する必要があります。

 

Sponsored Link



便秘に関する基礎知識

 

便秘を改善するためにも、まずは便秘のことを理解することから始めましょう。

便秘のことを理解すれば、自然と自分に合った対処方法が見えてくるはずです。

 

便秘とは

 

「正常な排泄」には個人差があるため明確な定義づけはありませんが、日本内科学会では「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」とされています。

また、何日も便が出ない状態が続いた後、下痢や軟便が出る場合も便秘が解消したわけではありません。

健康的な便が毎日規則正しく出るようになって、はじめて便秘が解消したといえるのです。

 

Sponsored Link



便秘の種類と症状

 

便秘には、放っておいても治る便秘と治りにくい便秘があります。

一過性便秘・・・生活習慣や食生活の変化・ストレスなどが原因の一時的な便秘

慢性便秘・・・3日間出ないことが1か月で4回以上ある放置していても治らない便秘

 

さらに慢性便秘には、いくつかの種類があります。

症状に合った対処をするためにも、自分の便秘の種類を把握しておきましょう。

<慢性便秘の種類>

  • 習慣性便秘・・・便意を我慢しているとなってしまう便秘
  • 器質性便秘・・・病気により腸が狭くなり便が出にくいことでおこる便秘
  • 弛緩性便秘・・・筋力の低下や下剤の乱用などで、腸の蠕動運動が弱まると起こる便秘
  • けいれん性便秘・・・ストレスが原因でおこる便秘

 

「弛緩性便秘」は高齢者に多いタイプですが、「けいれん性便秘」は近年若い女性に多いタイプです。

 

では、便秘の症状にはどんなものがあるのでしょうか?

<便秘の主な症状>

  • 肌荒れ・吹き出物・・・腸壁から毒素が吸収され、血液に乗って外に追い出される
  • 消化機能の低下・お腹の張り・・・便秘の影響で消化機能が低下し、お腹が張る
  • だるさ・疲労感・・・腸の調子が悪いと、脳は腸の不調をだるさや疲労感として認識する
  • 肩こり・腰痛・・・便秘によって腸がふくらみ、周りの神経や血管を圧迫している
  • ・・・排便時に力むことで肛門周りの静脈がうっ血したり、切れたり化膿する
  • 腹痛・・・便がたまっているせいで行き場を失った空気やガスが周囲を圧迫する

 

便秘の影響は身体の全身に現れ、慢性の場合は治りにくいとわれています。

 

Sponsored Link



便秘の原因は何!?

 

便秘は、生活習慣の乱れが原因となっている可能性が一番高いといわれています。

その他にどんな原因があるのでしょうか?

1.生活習慣の乱れ

2.精神的ストレス

3.腹筋が弱っている

4. 食べる量が少なく、水分不足

5. 腸の働きが弱っている

 

重度の便秘は嘔吐を誘発する!?

 

便秘と嘔吐には意外な関連があります。

便秘が嘔吐を誘発するのは、腸内に溜まった不純物が原因だといわれています。

人間の身体が不純物を体外へ排出しようとする機能により、便秘では嘔吐という排泄方法を選択します。

吐き気止めなどを飲んでも、便秘が原因の吐き気なので根本的な解決にはなりません。

 

Sponsored Link



便秘は体臭が便くさくなる!? 

 

慢性の便秘では、腸に溜まった便が腐敗して有毒ガスが発生するようになります。

有毒物質は血液に溶けて全身を巡るため、毛穴や口を通じて口臭や体臭が「便臭」に変わっていくのです。

 

痔の原因は便秘?

 

痔と便秘を併発している女性が多いといわれるのは、痔は便秘と深い関係があるからです。

便秘が続くと便から水分が抜けて固くなるのですが、これを無理に排泄すると肛門の一部が切れて出血することで切れ痔になります。

 

便秘が痔の原因となる➡痔が便秘を悪化させる➡便秘がさらに悪化すると➡痔をさらに悪化させる・・・

といった悪循環が起こってしまいます。

 

Sponsored Link



便秘を放っておくと・・・・身体にこんな悪影響が!

 

便秘が「万病の元」とされているのは、腸内環境が身体に直接影響することにあります。

では便秘を放置すると、どんな悪影響が潜んでいるのでしょうか?

 

■便秘は万病の元・・・血液の質と腸内環境を悪くすることで生活習慣病や大腸癌のリスクが高まる

有毒物質は水に溶けやすい性質を持っているため、血液自体の質を悪くするうえに血流も悪くします。

■腸の機能低下・・・消化能力を低下させるため便秘を繰り返して慢性化する

腸内の悪玉菌が増えると、血液の質が悪くなり免疫力が低下して腸内環境の維持・改善ができなくなります。

■自律神経の乱れ・・・腸は副交感神経に影響を受けるため機能が低下して便秘を慢性化する

慢性の便秘では自律神経が乱れているケースが多く、交感神経が優位な状態が続いてしまいます。

 

慢性便秘は様々な症状を引き起こしますが、病気に発展する可能性があることを知っておきましょう。

 

Sponsored Link



最新情報!便秘が身体に及ぼす影響 

 

近年明らかになった! ~ 便秘が原因となる病気の最新情報 ~

 

1.大腸メラノーシスを発症する・・・アロエ・センナ・大黄などの成分を含む下剤の長期間服用で発症する

慢性便秘の改善でアントラキニン系の下剤を長期服用した場合に「大腸メラノーシス」にかかる可能性があることが明らかになりました。

大腸の粘膜が黒っぽく、ヒョウ柄のような状態に変わる病気で、色素が変異して細胞が硬化してしまいます。

大腸全体の機能が低下するため、大腸ガンへのリスクが高まります。

薬を飲むのを止めるだけで特別な治療法は必要ありませんが、元の機能を取り戻すのに半年~2年ほどかかってしまいます。

 

2.糖尿病のリスクが高まる・・・便秘で有毒ガスが身体を巡ることで肝臓とすい臓の働きが阻害される

3.ストレスが影響する過敏性腸症候群・・・近年、日本人に多い症状で完全な治療法が発見されていない

 

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善に大きな効果を発揮する成分

 

ココアの便秘改善効果には「リグニン(植物繊維)」とカカオプロテインが大きな力を発揮します。

では、それぞれの成分を詳しく解説していきましょう。

 

ココアの便秘改善に効果を発揮するリグニン

 

ココアには「リグニン(植物繊維)」と呼ばれる成分が含まれています。

リグニンはポリフェノールの作用をもっていて、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれる効果があります。

善玉菌が増えることで酢酸と乳酸が作られ、大腸の腸壁を刺激することで自然な便意を促すことができます。

また、ココアのリグニンは便臭、腸内のガスの臭いを抑える働きもあります。

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善に効果を発揮する植物繊維

 

ココアの豊富な食物繊維には、不溶性食物繊維(リグニン)と水溶性食物繊維が1:3と理想に近い割合で含まれています。

■植物繊維の理想バランス = 水溶性植物繊維 1:不溶性植物繊維 2

 

不溶性食物繊維は腸で吸収されずに便の量を増やし、腸を刺激して便通を促進させます。

一方、水溶性食物繊維は便の水分を調整するので、便が硬い時は水分を取り込んで便を柔らかくし、便が柔らかい時は水分を放出して便を硬くすることで軟便や下痢を改善します。

水溶性食物繊維は、特に弛緩性便秘直腸性便秘に対して効果が高いといわれています。

 

<植物繊維の摂取量目安と日本人の平均摂取量>

■1日に必要な食物繊維・・・17g

■日本人の1日平均摂取量・・・13.9g

■ココア100ml=水溶性食物繊6g

 

水溶性食物繊維だけでも、ココア1杯で不足分の食物繊維がカバーできます!

 

ココアの植物繊維についての詳しい情報は「ココアの植物繊維は水溶性と不溶性の両方をもつリグニンが便秘や美容に抜群に効く!」で解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善に効果を発揮するカカオプロテイン

 

実はココアに含まれるカカオプロテインは、難消化性タンパク質(レジスタントプロテイン)ということが、日本の研究で初めて明らかになりました。

 

タンパク質の種類

タンパク質の消化率(%)

ガゼイン 100
大豆プロテイン 51.2
カカオプロテイン 33.3

 

カカオプロテインは、小腸で吸収されずに大腸に届いて便のかさを増し・便色の改善・排便回数を増やす効果があります。

また善玉菌も増やして、腸内フローラルのバランスを整えて便秘を改善してくれる効果もあるのです。

 

ココアの便秘解消には即効性がある?

 

ココアを飲むと2時間程で善玉菌が増え始め、腸内環境が整えば自然な腸の運動を取り戻すことができます。

個人差はありますが、通常は3日間飲み続けた頃から便意を感じられるようになり、便臭が解消するのはおよそ3~5日前後といわれています。

ココアは便秘解消に効果のある飲み物ですが、すぐに効果が出るわけではありません。

バランスの崩れた腸内環境を整えるには時間がかかるので、即効性を期待するよりも自然と腸内環境が整っていくようにサポートする感覚で取り入れるのがベストです。

 

Sponsored Link



ココアの便秘解消効果での便の色

 

便の色は食べたものの色が影響するのではなく、胆汁に含まれるビリルビンによって色が付けられています。

また、内臓の状態によっても色は変化するので、健康状態を判断する手段のひとつになります。

腸内環境が悪いと便が長く腸に溜まってしまうことで、腸内の善玉菌が減り悪玉菌が増えいきます。

この悪玉菌には、便を固く黒い色にさせる作用があります。

基本的に黒い便が出る原因は、90%が腸内環境の悪化や胆汁の機能低下によるものとされています。

便が腸内に溜まっている時間が長いほど、悪玉菌が便を黒くしてしまうのです。

 

 

ココアを1週間飲み続けることで、高い確率で黒い便が茶色に変わっていき便秘も改善されていきます。

またココアやチョコレートを大量に食べた人は、濃褐色の便になります。

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善における腸と健康の密接な関係

 

腸と健康は密接に関係しています。

腸は消化器官としての役目だけでなく、人間の体内にある器官の中でも「第2の脳」と呼ばれるほど自律神経とも密接な関係があります。

そのため精神的・身体的なストレスは、直接腸内環境に影響してしまうのです。

腸には免疫機能の70%が集結していて、ウィルス・細菌から身体を守る+デトックスの働きもあります。

 

最近になり、腸がメンタル面まで含めた全身の不調に大きく関わっていることが明らかになり、腸内環境の改善が注目されています。

 

Sponsored Link



便秘改善は腸内環境が大きく関わっている!~腸内細菌の重要性~

 

腸内環境改善は、健康維持や免疫力強化に深く関係しています。

腸の中には様々な腸内細菌が存在しているのですが、腸内細菌の役割は大きく分けて2つあります。

 

❶免疫機能・・・外敵に対しての抵抗力を保っている

生活習慣病を防ぐ機能・・・腸内環境が内臓脂肪をコントロールしている

 

つまり、ほとんどの病気が腸の環境に左右されるといっても過言ではないわけです。

 

大腸には1000種類以上、重さにして約1.5㎏の腸内細菌が常駐しています。

腸内環境を良くするためには、善玉菌をいかに優位にするかがカギとなります。

便秘は、善玉菌が減り悪玉菌が増えるという腸内環境が影響しているのです。

 

便の匂いは腸内環境を知るカギ!

便の臭いの元となるのは、腸内細菌のバランス状態で変化します。

臭いが強い便は悪玉菌の多い腸内環境にあった便で、反対に善玉菌が多い腸内環境にあった便の臭いは強くありません。

 

<理想の腸内細菌のバランス>

・善玉菌・・・・・約20%

・悪玉菌・・・・・約10%

・日和見菌・・・約70%

 

腸内環境が悪化してしまうと、すぐに改善するのは難しくなってきます。

腸内環境改善には「ストレス発散」も大切な要素のひとつだということを知っておきましょう。

 

Sponsored Link



新事実!! 腸内環境の鍵を握るのは日和見菌

 

腸内環境の大きな鍵となるのが「短鎖脂肪酸」だということが明らかになりました。

この短鎖脂肪酸が、健康へ導く「天然の薬」だというのです。

短鎖脂肪酸のうち、プロピオン酸・酪酸・酢酸の3種類が腸内細菌によって大腸で作られます。

<短鎖脂肪酸の働き>

  • 蠕動運動をおこして便通を良好にする働き
  • 免疫系を調整する働き
  • 腸の炎症を修復働き
  • 交感神経に作用して代謝を上げる働き
  • 脂肪細胞に作用して脂肪の蓄積を抑制する働き

 

つまり短鎖脂肪酸が少ないと便秘や下痢になり、代謝や免疫機能も低下するわけです。

腸内環境を維持することが健康への近道であり、「天然の薬」といわれる短鎖脂肪酸は腸内細菌の日和見菌が作り出すのです。

そして、この日和見菌のエサになるのが食物繊維だというのです。

健康のために食物繊維を摂ることを推奨される理由が、より明確になる事実だといえます。

 

便秘改善に影響を及ぼす腸の硬さ

 

腸が硬くなるのは腸内環境の悪化が原因ということで「腸活」が注目を浴びました。

腸が硬いと正常に動かなくなり、身体に悪い影響を与えるのです。

腸が硬くなるのは、運動不足や不規則な生活・ストレスが原因といわれています。

腸内環境の悪化は消化と吸収機能を低下させ、便がうまく送れなくなり便秘になるのです。

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善と冷え性の密接な関係

 

便秘が慢性化すると血流が悪くなり、栄養素や酸素・熱が身体の末端まで届かず冷え性の原因になります。

身体の冷えは胃腸の働きを弱め、血行を悪くし基礎代謝を下げるなど身体に様々な悪影響を及ぼします。

基礎代謝が下がると自律神経が乱れてしまい体温調節がうまくいかなくなり、免疫力が下がって体調を崩しやすくなるなど身体の循環がうまくいかなくなります。

つまり胃腸の働きを活性化するには、冷え性を改善して血行促進をさせていかなければ、根本的な便秘を改善することにならないのです。

 

ココアには、生姜よりもすぐれた冷え性改善効果があります!

 

▶ココアの冷え性効果については「ココアの冷え性効果が凄い!」で詳しく解説していますのでこちらを参考にしてください! 

 

便秘に繋がる冷え性に効果を発揮する生姜ココア

生姜は上半身を温める効果を発揮し、ココアが下半身を温める効果を発揮するW効果で全身を温めます。

しかもココアは、身体を温める優れた持続性をもっています。

まさに生姜とココアは冷え性改善のゴールデンコンビといえるでしょう。

 

▶生姜ココアの効果についてはココアと生姜の相乗効果凄い!生姜ココアの効果効能がもの凄い!「生姜ココアのダイエットの効果が抜群!飲み方で痩せる方法と作り方のコツ」で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください! 

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善と糖尿病の関連性

 

実は、糖尿病が原因で便秘になることもあれば、逆に便秘が原因で糖尿病を引き起こすリスクもあるのです。

糖尿病は血糖値が高まることで発症する病気です。

通常での血糖値は、すい臓から分泌されるインシュリンによって抑制されています。

ところが、便秘になると腸内の有毒ガスが血中に溶け込んで、すい臓の機能を低下させてしまうのです。

さらに便秘が長引くほど血糖値が高まりやすくなり、糖尿病のリスクも高まります。

 

逆に糖尿病になると、便秘や下痢を引き起こしやすくなります。

なぜ糖尿病になると便秘や下痢を引き起こしやすくなるのでしょうか?

それは、糖尿病の合併症である『糖尿病性神経障害』が原因です。

糖尿病性神経障害は糖尿病の『3大合併症』と呼ばれ、その中でも特に早く現れる症状です。

さらに、糖尿病性神経障害は自律神経に大きな障害を引き起こします。

 

ココアは、インスリンの分泌の抑制や、インスリンの抵抗性を改善する効果があります。

また、代謝を高めて血糖値を下げる効果もあるのです。

 

▶ココアの糖尿病の予防改善効果については「ココアは血糖値や糖尿病への効果が凄い!」で詳しく解説していますのでこちらを参考にしてください!

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善と自律神経の関係性

 

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあります。

活動しているときは交感神経が優位になり、リラックスしているときや夜眠っているときは副交感神経が優位になります。

 

自律神経は心臓・肺・胃・腸・膀胱(ぼうこう)・子宮・血管・汗腺などといった体中の様々な器官を支配する神経です。

人間が生きていくうえで、無意識に行われている呼吸・消化・分泌・代謝・体温調節などを支配しているといっても過言ではありません。

交感神経と副交感神経はそれぞれ1:1の割合で働くのが理想といわれているのですが、ストレスが溜まってくると自律神経が乱れ、交感神経だけが活発に働きだします。

 

腸の働きを活発にするのは副交感神経ですので、自律神経に乱れが出ると胃や腸の消化機能に異常が発生し、消化のバランスが崩れてしまいます。

結果として、下痢や便秘といった症状として現れてくるというわけです。

便秘が続くと肌荒れや肩こりが悪化し、新陳代謝や免疫力が低下するのは自律神経が乱れることが原因です。

 

「胃は第2脳」といわれる胃腸の動きは精神の状態が反映されやすいため、交感神経ばかりが活発になると腸の働きが鈍り便秘になりやすくなるのです。

 

ココアには、精神的ストレスと肉体的ストレスを予防・改善してくれる効果があります。

 

▶ココアのストレスを緩和する効果については「ココアの脳や精神に与える効果が凄い!」で詳しく解説していますのでこちらを参考にしてください!

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善と肥満の関係性

 

便秘が続くと肥満になりやすいといわれますが、どちらも腸内環境の乱れにより引き起こされたものです。

なぜ便秘が続くと太るのでしょうか?

 

腸内環境の悪化は腸の機能が低下して、消化・吸収の低下に繋がり基礎代謝も低下します。

基礎代謝が低下すると、不要な成分まで吸収して体重が増えてしまうのです。

消化吸収のスピードが落ちるということは、内臓が働いていないということです。

実は内臓が動くと結構なカロリーを消費するのです。これを「代謝」といいます。

内臓が活発に動いていれば代謝が高くなり消費カロリーは増えます。

その他にも血流が悪くなり冷え性やむくみの原因になるため、肥満以外にも弊害が出るということです。

 

また、便秘は体重と深い関係にあります。

便秘が慢性化している人は、1~2kgも老廃物や毒素が溜まっているといいます。

一般的な人の便の量は、約100~300gといわれているので、7~10回分の便を溜めていることになります。

 

なぜ、便秘になると体重は増えるのでしょうか?

消化や吸収が悪くなると基礎代謝が下がる分、脂肪を燃やす力が弱まってしまうので、便秘になると皮下脂肪がつきやすくなるのです。

基礎代謝が低下するということは、不要な成分まで吸収してしまうということです。

 

ココアには、基礎代謝をあげて腸内環境を整える効果があります。

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善とアトピー性皮膚炎の関係性

 

アトピー性皮膚炎が悪化する原因としてはストレスが有名ですが、免疫力が低下することでも悪化しやすいといわれています。

腸には身体の70%の免疫機能が集まっていて、「第2の脳」といわれるほどストレスに敏感な臓器です。

便秘で腸内環境が悪くなると免疫力低下に加えて、便から排出される毒素が血管を通って肌から排出されるためアトピー性皮膚炎が悪化しやすいといわれるのです。

 

ココアには善玉菌を増やしながら腸内改善する効果と、アレルギーを改善する効果があります。

 

▶ココアのアトピーの改善効果については「ココアはアレルギーを改善する効果とアレルギーを発症する原因の2つがある!」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善とダイエットの関係性

 

ダイエットに成功したいなら便秘を解消する必要があるのですが、ダイエットが原因で便秘が悪化してしまうこともあるのです。

便秘は血行を悪くして基礎代謝を低下させるのですが、逆もあり基礎代謝が悪くなると便秘になります。

つまり、基礎代謝と便秘は密接な関係にあるということです。

ダイエットには、便秘を引き起こす要因がたくさんあります。

 

<ダイエットで便秘になる理由>

●「食事制限」による食事量や水分量の不足・・・便が固くなり便の量自体が減り便秘になる

●過度な食物繊維の摂取・・・不溶性食物繊維を摂りすぎると便が硬くなり便秘になる

●過度な脂質制限・・・腸の働きを活性化させる脂質が不足すると便秘が悪化する

●無理がストレスになる・・・自律神経が乱れると身体の機能に悪影響を与えて便秘になる

 

Sponsored Link



糖質制限ダイエットで便秘になる? その理由

 

糖質の摂取を制限する糖質制限ダイエットは、効果も出やすいため人気のダイエット法です。

ところが、糖質制限ダイエットをして便秘になってしまったという人が多くいるといいます。

なぜ、糖質制限ダイエットをすると便秘になりやすいのでしょうか?

過度に炭水化物を控えると、同時に食物繊維や水分の摂取量が減ってしまいます。

水分や食物繊維を取らなければ、便秘になりやすくなってしまうのです。

 

ココアの便秘改善と睡眠の関係性

 

睡眠不足で便秘になることは、あまり知られていません。

ではなぜ、睡眠不足で便秘になるのでしょうか?

 

睡眠は、身体と脳を休めるだけのものではないのです。

眠っている時には「副交感神経」が活発になります。

副交感神経が活発になると内臓の動きも活発になり、消化された食べ物が小腸から大腸へと運ばれやすくなるのです。

つまり、便は寝ている間に作られ運ばれるわけです。

ところが、睡眠時間が短かったり眠りが浅いと副交感神経が十分に働かないため、便がうまく作れなく便を送れなくなって便秘になるのです。

 

ココアには自律神経を安定させる効果があるため、質の良い睡眠で肉体的な疲労と精神的な疲労を回復してくれます。

 

▶ココアの睡眠効果については、「ココアの脳や精神に与える効果が凄い!」で詳しく解説していますのでこちらを参考にしてください! 

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善と貧血の関係性

 

便秘と貧血には相互作用があるため、貧血が便秘を招くこともあり、便秘が貧血を招くこともあるのです。

貧血にはいくつかの種類があり、なかでも一番多いのが鉄分不足で起こる「鉄欠乏性貧血」です。

赤血球にあるヘモグロビンは主に鉄分で構成されているのですが、鉄分不足になると上手くヘモグロビンが生成されなくなり貧血になるのです。

 

便秘が貧血を起こすケース

便秘では、トイレでいきむ時に直腸周辺に血液が集まるため、脳の血液量が急激に不足して貧血になります。

また、便秘が原因で腸内に有毒ガスが溜まり、血液に溶け込み血流が悪化することでも貧血になります。

 

■貧血が便秘を起こすケース

貧血の人は全身の臓器に血液が行き渡らないため、代謝能力が低下して腸の機能が弱まるため便秘を起こしやすいのです。

貧血が原因で便秘になっている場合は、まずは貧血の症状を改善することが大切です。

貧血は鉄分補給を意識し、便秘は食物繊維を意識して取るようにしましょう。

 

ココアには豊富な植物繊維と鉄分が含まれているため、貧血と便秘の両方を改善していく効果があります。

 

▶ココアの貧血の改善・予防の効果については「ココアで貧血を予防・改善する!」で詳しく解説していますのでこちらを参考にしてください! 

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善と血圧の関係性

 

便秘になると、血圧が上がりやすいことを知っていますか?

特に高血圧で悩む人には、便秘を解消する必要があるといわれるほど、便秘と血圧には深い関係があるのです。

身体に力が入ると血圧が高くなるため、便秘の人が便を出すときには頭部にも力が入って血圧は瞬間的に高くなってしまうことになります。

 

また便秘だと、体内に老廃物が溜まるので新陳代謝も低下することになるため、血液中の余分な中性脂肪やコレステロールの排出も滞ってしまいます。

過剰な中性脂肪やコレステロールは血管の柔軟性を無くし、血管壁に付着して血管を細くするため血流量を確保しようとして血圧が上がるのです。

 

便秘であることは、身体にとっても精神的にも大きなストレスとなります。

ストレスは、身体を緊張させるので血圧も高くなりやすいのです。

 

ココアには血液中の余分な中性脂肪やコレステロールを抑え除去する効果と、血管力を高めて血液の質を良くする効果で血圧を改善してくれます。

さらに、ストレスの軽減効果も合わせもっています。

 

▶ココアの血圧改善効果については「ココアの高血圧予防改善効果がすごい!」で詳しく解説していますのでこちらを参考にしてください! 

 

▶ココアの血管力を高める効果については「ココアで血管機能を改善する!」で詳しく解説していますのでこちらを参考にしてください! 

 

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善とお腹の痛みの関係性 

 

近年『痙攣性便秘』と呼ばれる便秘が増えているのを知っていますか?

食物繊維不足や水分不足ではなく「精神的なストレス」が原因で起こる便秘です。

腸の運動が活発になり過ぎると消化と吸収のスピードが合わなくなり、便秘や下痢を繰り返すようになります。

生活環境や職場の変化・不規則な生活や、人間関係などに悩みがストレスとなり自律神経を乱すことで痙攣性便秘となるのです。

 

ぜんどう運動が鈍くなると排便しづらくなるのですが、ぜんどう運動が活発になりすぎると腸の収縮が過度になり、腸の筋肉が収縮して同時に血管も収縮します。

こうなると血流が低下するため腸内が酸素不足に陥り、腸が痙攣したような状態になるのです。

便秘や下痢を改善するには、まず腸内環境を改善する必要があります。

 

ココアは下痢や便秘が原因で起こる腹痛を和らげ、ストレスが原因となる便秘を改善することができます。

 

▶ココアの下痢や便秘で起こる腹痛を和らげる効果については「ココアは腹痛を治す効果がある!」で詳しく解説していますのでこちらを参考にしてください!

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善とニキビの関係性

 

ニキビには思春期ニキビと、大人ニキビの2種類があります。

“便秘”と関係しているニキビは主に大人ニキビです。

大人ニキビは、日頃の生活が大きく関係していることが分かっています。

特に大人の女性に出てくるニキビは、ほとんどが便秘によって引き起こされています。

腸内環境が乱れると老廃物や毒素が蓄積されていき、血液に溶けて顔の皮膚上にも現れ“ニキビ”となります。

 

ニキビの要因となっている活性酸素は、便秘から発生することもあるということが明らかになりました。

便秘での腸内の悪玉菌が、活性酸素を生み出す要因となっているのです。

いくらニキビが治ったとしても、根本的な原因である便秘を改善しなければニキビは解消できないのです。

 

ココアにはニキビの原因となる活性酸素を除去する効果と、腸内環境を改善する効果があります。

 

▶ニキビ肌の改善や美肌に繋がるココアの活性酸素を除去する効果については「ココアの美肌とアンチエイジング効果が凄い!「ココアがニキビや肌荒れに効果があるのはピュアココア!その理由を徹底解説!」で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください! 

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善と生理の関係性

生理中や生理前は、貧血や冷え性など様々な症状に悩まされる女性が多くいますが、なかでも便秘で悩んでいるという人が以外に多いようです。

そもそもどうして生理中・生理前になると、便秘になりやすくなるのでしょうか?

 

●ホルモンバランスの変化が原因・・・黄体ホルモンが分泌されると体内の水分を溜めこむ

いつでも妊娠できるように体内の水分を溜め込むようになるため、便が固くなり便秘になりやすくなります。

●生理中の出血が原因・・・血液量が減少すると基礎代謝も下がる

体内の血液量が減少すると基礎代謝が下がり、内臓の機能低下で腸のぜん動運動が悪くなり便秘になりやすくなります。

●食欲の低下が原因・・・食べる量が減ると腸のぜん動運動が衰える

生理痛や吐き気などを起こすと食欲が低下して、食べる量が減ることで腸のぜん動運動が鈍くなり便秘になりやすくなります。

 

ココアには豊富な鉄分やミネラル類や植物繊維が含まれていて、身体を温めることで基礎代謝を上げて胃腸機能を高めてくれる効果があります。

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善効果と便秘が妊婦に与える影響

 

女性は、妊娠すると更に便秘になる人が増えるといわれています。

妊娠で便秘は最もポピュラーな体調不調のひとつなのですが、注意しなければないことも多い症状です。

 

妊娠をすると、女性ホルモンの分泌が盛んになります。

ホルモンのなかでも「黄体ホルモン」は、便を送りだす「平滑筋」という筋肉の動きを弱めてしまいます。

そのため、腸のぜん動運動が鈍くなり便秘になるのです。

 

妊娠中の便秘の原因は、時期によって変化していきます。

この時期は、なるべく市販の便秘薬は使用しないようにしなければいけません。

 

  • 妊娠初期の便秘・・・つわりで食事量が不足して便の量と水分量が少なくなることが原因
  • 妊娠中期の便秘・・・一1度便秘になってしまうと慢性化してしまうことが原因
  • 妊娠後期の便秘・・・赤ちゃんが腸を圧迫することが原因

 

 

Sponsored Link



妊娠時における便秘の影響

 

妊娠中に慢性の便秘にかかっても、赤ちゃんの発育に影響はないとされています。

ただし、母体の腸内細菌は赤ちゃんに受け継がれるので、悪玉菌が多い腸内環境は改善する必要があります。

なぜなら、出生後に赤ちゃんが下痢になりやすかったり、免疫力が低かったり便秘になったりする傾向があるからです。

 

産後の授乳時における便秘の影響

 

赤ちゃんへの影響は、慢性便秘でも授乳に影響はないとされています。

母乳をあげているお母さんは、体内の水分と栄養分を赤ちゃんにあげていることになるので、当然お母さんの身体は水分不足になります。

身体の水分が不足すれば、便に含まれる水も減るため便が硬くなって便秘になりやすくなります。

 

便秘解消のために下剤を飲んでも大丈夫?

薬によっては、問題がある場合もあります。

特に母乳育児をしているお母さんが便秘薬を飲むと、その成分の一部が母乳に出てしまう場合もあります。

便秘薬の成分で赤ちゃんへの悪影響が出る可能性はとても低いですが、苦み成分が母乳に出で母乳の味が変わってしまうことがあります。

 

Sponsored Link



ココアの便秘解消が妊婦にいい理由

 

実はココアは、妊婦さんにとって嬉しい効果がたくさんあるのです。

  • 便秘解消・・・リグニンが善玉菌を増やす働きで腸内環境を整える
  • 妊娠高血圧症候群を予防・・・テオブロミンの働きで血圧を下げて血行を改善する
  • 冷え性の改善・・・テオブロミンの働きで血流を良くして冷え性を改善する
  • 貧血の予防改善・・・鉄分が豊富で多くのミネラル類が含まれる
  • リラックス効果・・・ポリフェノールが自律神経を整えストレスを軽減する
  • 免疫力を高める効果・・・食物繊維で腸内環境を改善する

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善効果と便秘が赤ちゃんや幼児・子供に与える影響

実は多くの0歳~12歳未満の子供が、便秘の症状に悩まされているというのです。

 子供は腸や腹筋・肛門括約筋が発達していないため、便秘になりやすいといわれています。

また腸が繊細で敏感なため、ストレスが原因で自律神経が乱れると便秘になりやすいともいわれています。

子供の便秘が大人になってまで続いてしまうと、病気などでの身体への影響や社会生活でも悪影響を受けることもあります。

ただし子供の便秘がひどくても、なるべく下剤には頼らないようにする必要があります。

薬に頼り過ぎてしまうと、下剤がないと排便ができなくなってしまう可能性があるからです。

 

赤ちゃんや幼児・子供に便秘はどんな影響があるのかを見てみましょう。

 

Sponsored Link



赤ちゃんの便秘について

 

大人と同様に、赤ちゃんも便秘になります。

母乳の場合には、消化が良いため1日に何回も便が出ることがほとんどです。

母乳とミルクの併用の場合やミルクだけの場合に、便秘になってしまう場合があります。

 

赤ちゃんが離乳食を始めたら便秘になった?

ミルクと違って、固体の離乳食は消化しにくいため便秘になりやすくなります。

赤ちゃんの便通は安定しにくいため個人差が多く、便秘や下痢になることはよくあることです。

子供の腸の神経が完全に発達するのは2歳~4歳といわれています。

 

子供の便秘にヨーグルトは効かない!

子供の便秘は、腸内の善玉菌が減ったために起こるものではないため、善玉菌を増やすヨーグルトなどの発酵食品を食べても、あまり効果は期待できないのです。

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善の赤ちゃんや子供の便秘への効果

 

ココアには、子どもの便秘に特に必要な多くの水溶性食物線維が含まれているほかにも、様々な健康促進に役立つ成分が含まれています。

ただし、月齢の小さな赤ちゃんには刺激が強すぎて、イライラや不安感などをもたらすため与えないことをお勧めします。

9か月を過ぎてフォローアップミルクを飲むようになったら、風味付けで純ココアを耳かき1杯程度から始めて下さい。

身体がまだ小さい分、少しの量でも影響を受けやすい場合もあるため、子供が欲しがったとしても積極的に与えるものではないでしょう。

 

1歳を過ぎて離乳食が進んでいれば飲み物として与えても問題ありませんが、それでも乳幼児はもともと便が緩いので様子をみながら飲ませることが必要です。

離乳食を離れるまでは、子供が欲しがったとしても積極的に与えるものではないでしょう。

 

12歳以下の子供が1日に摂取していいカフェインの量は100mgとされています。

ココアのカフェイン量は150ml中10~50mgですので、1日2杯程度に留めておくのが良いでしょう。

12歳以上になると、100mg以上摂取しても問題なくなるようです。

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善が高齢者に与える影響

 

高齢者になると便秘になりやすくなるのは、体力の衰えや体の機能の低下・食事量の減少・薬の副作用など複数の要因が原因となることが多いといわれています。

解消法としては食生活の改善・運動・水分の補給などはもちろん必要ですが、高齢者ならではの気を付けるポイントがあります。

 

高齢者の便秘で気を付けるポイントとは?

●食物繊維の摂り過ぎ・・・腸の機能が低下しているため必要以上の食物繊維の摂取は逆に便秘を悪化させる

冷たい水の飲み過ぎ・・・冷えは腸だけでなく内臓機能の低下を促進する

処方便秘薬の長期服用・・・不整脈や意識障害を引き起こす高マグネシウム血症を発症しやすい

 

※病院で処方される便秘薬は、酸化マグネシウムという赤ちゃんや妊婦にも処方される安全性の高いものです。

 

実は、医療や介護の現場では、早くからココアが使われています。

ココアの消臭効果や便秘改善効果が注目され、高齢者への栄養補給としても活用されているのです。

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善の高齢者への効果

 

近年、患者さんのケアにココアを活用している病院や施設が増えてきています。

医療現場でココアの消臭効果や便秘・下痢の改善が確認された報告もあります。

 

「臨床において確認されたココアの便通・便臭改善効果」

高齢患者がココア1日2回飲み続けたところ、10日後には便臭の軽減していることが臭覚的に確認されました。

また同時に、ココアを飲んだ患者の便秘や軟便・下痢が減っていることも確認され、ココアには便通を整える効果があることも分かりました。(「月刊総合ケア vol.12, 2002」掲載:医療法人社団充会 上川病院による臨床結果より)

 

▶ココアの便臭・体臭の軽減効果については「ココアの体臭改善効果が凄い!」で詳しく解説していますのでこちらを参考にしてください!

 

Sponsored Link



ココアの飲み過ぎによる身体への影響

 

ココアには、カフェインやタンニンが含まれています。

カフェインは過剰摂取が問題視されていますが、ココアのカフェインの身体への影響はどうなのでしょうか?

タンニンには多く摂り過ぎると便秘になるという副作用があります。

ここからはココアの飲み過ぎで、便秘改善へのマイナス面を探ってみましょう。

 

ココアの便秘改善の大敵!タンニンとカフェインによる弊害とは 

 

<カフェインを含む飲み物>

カフェインには、利尿作用があるため便を固くする作用があります。

余分な水分を排出してしまうと、便に送られる水分が不足することで便が固くなり便秘になってしまうのです。

 

妊婦さんのカフェインの飲み過ぎには注意が必要!

妊婦さんがカフェインを大量摂取すると、胎盤を通じて赤ちゃんへも同じ量のカフェインが届けられます。

赤ちゃんにとっては多量のカフェインとなり、完成していない内臓では分解して排出する事が出来ません。

また胎盤の血流を減少させるため、赤ちゃんの発育を阻害して死産のリスクを高めるといわれています。

 

<タンニンを含む飲み物

タンニンはコレステロール対策としてはとてもよいといわれていますが、摂取しすぎは腸粘膜に膜を作り、腸の運動が弱まる原因になってしまいます。

 

ココアに含まれるカフェインは少量なので、よほど大量に飲まない限りは身体に影響はありません。

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善効果とコーヒーの便秘改善の比較

 

カフェインは腸を刺激する働きがあり、大腸の便を送るぜんどう運動が活発になることで便秘を解消します。

およそ50㎎以上のカフェインを摂取することで、腸の運動が活発になってきます。

 

コーヒーの便秘効果

 

コーヒー1杯には約150㎎、他の飲料に比べて圧倒的な量のカフェインが含まれています。

コーヒーは、腸の運動が鈍くなっている弛緩性便秘に対しては非常に効果的といわれています。

早い場合には、コーヒーを飲んでから1時間ほどで腸が活発になっていきます。

コーヒー自体は刺激物なのですが、適度に飲むのであれば便秘に効果的とされます。

ただし、飲みすぎると逆に便秘を悪化させてしまいます。

コーヒーのカフェインは、水分を多く排出してしまうことで便秘の元となるため、長期的にコーヒーを飲むことは便秘解消に最適とはいえません。

 

コーヒーにはタンニンは含まれていませんが、タンニンに似た働きをするクロロゲン酸が含まれています。

クロロゲン酸には、胃腸の働きを抑える働きがあるため、腸のぜん動運動が弱くなったことによる便秘を抱える人には、便秘を悪化させる可能性がある成分といえます。

ただクロロゲン酸は、コーヒーに約5%ほどしか含まれていないので、過剰摂取がなければ便秘になることはないといわれています。

いずれにせよコーヒーの飲み過ぎはカフェインの過剰性摂取で、便秘の原因になることは間違いありません。

 

▶コーヒーのカフェインの影響に関しては「コーヒーカフェインの効果が健康にもの凄く良い!」で詳しく解説していますのでこちらを参考にしてください!

 

Sponsored Link



ココアの便秘効果

 

ココアは食物繊維が便通を整えて便の状態を改善し、便の臭いを軽減する効果があります。

ココアに含まれるカフェイン量は、コーヒーに比べると1/6~1/10以下です。

ココアを毎日飲んでいても常識の範囲内では、カフェインの過剰摂取ということになりません

 

<1杯あたりのカフェイン含有量>

■ココア    約6~15㎎未満

■コーヒー約100~150㎎

 

ただしココアには、テオブロミンという成分が含まれています。

テオブロミンは、カフェインに似たカカオ特有の有機化合物の一種で、リラックス効果と中枢刺激作用があり利尿作用をもち合わせています。

ココアはカフェインの含有量自体は多くないのですが、テオブロミンの含有量が高いので飲み過ぎるとカフェインをたくさん摂取するのと同じ状態になってしまいます。

 

◆テオブロミンをカフェインに置き換えて換算すると・・・・・・

ココア1杯あたりのカフェイン含有量としては、紅茶や抹茶を上回る45mgになります。

またココアを3杯飲むと、ドリップコーヒー1杯分のカフェイン135mgを摂取したことになります。

 

ココアのカフェインに関しては、過剰摂取しない限り大きな影響がでるものではないですが、テオブロミンが含まれているということを考慮して飲む必要があります。

 

▶ココアのカフェインについては「ココアカフェインの効果や副作用についてと「ココアのテオブロミンとカフェインについてで詳しく解説していますので、こちらも参考にしてくだい!

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善・予防のための飲み方とタイミング

 

より効率的に便秘効果を高めるためのココアの飲み方があります。

それは「飲むタイミング」にポイントにあります。

 

ココア便秘改善・予防では、夜寝る前に飲むのがいい理由

 

便秘対策には、“質の良い睡眠が大切です。

夜寝る前に飲むココアにはリラックス効果があるため、質の良い睡眠をとることができますが・・・・それだけではない便秘改善に直接的な理由があるのです。

実は、便は主に夜中に作られています!

睡眠中の胃や小腸は約90分周期で活動を繰り返して、消化しきれなかった食物のカスや腸内細菌の死骸などで便が作られるのです。

そして、朝食物が胃に入るとによって胃結腸反射が起こり、大蠕動運動によって排便が促されます。

ところが、睡眠不足や不規則な睡眠習慣のある人は、睡眠中の胃腸がうまく機能しないのです。

さらに朝食を抜いてしまうと・・・・・当然、胃結腸反射が行われずに排便が促されません。

 

●朝一番のココア・・・腸を刺激して排便を促す効果

●夜寝る前のココア・・・睡眠中の胃腸機能を高め・質の良い睡眠・体脂肪を蓄積させない効果

 

便通の習慣と睡眠中の胃腸の働きを正常にするためのココアのベストな飲み方で、朝一番と夜寝る前の2回飲むことをお勧めする理由がここにあるのです。

 

ココアを朝飲む効果については「朝ココアを飲むべき理由とその効果とは?」で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

ココアを夜寝る前に飲む効果については「夜ココアの効果が凄い!ダイエット・睡眠・ニキビ対策など様々な効能を発揮する!」「寝る前にココアは効果抜群!その理由とは?」で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

Sponsored Link



ココア便秘改善・予防での1日で摂取する量

 

ココアの一日の摂取量は一日コップ1杯、多くても2杯までに抑えておきましょう。

純ココア5gで作ったココアを1日に2杯飲むと、食物繊維2.4gを摂取することができます。

この量は、植物繊維が多いといわれているごぼう1/5本分に相当します。

 

ココアは飲み方次第で便秘になるのはなぜ?

 

ココアの飲み方や選び方によっては、逆に症状の悪化や便秘になる可能性があるので注意しましょう。

ココアに含まれている不溶性食物繊維は便秘解消に効果的ですが、過剰に摂りすぎると便の水分がなくなり硬くなってしまいます。

また、ココア自体は便秘解消に効果的でも、ココアと併せて砂糖を大量摂取してしまうと便秘になる可能性があります。

白砂糖は体を冷やし腸の働きを低下させるだけでなく、ココアの便秘解消に効果的な成分が砂糖によって阻害され、腸内の悪玉菌を増やしていきます。

便秘解消を目的としてココアを飲むなら、砂糖が入っていない純ココアがお勧めです!

 

ココアを飲むと下痢になるのはなぜ?

 

ココアには、テオブロミンが含まれています。

テオブロミンには、血液をサラサラにして冷えやむくみに効果があるといわれています。

その一方では、興奮作用もあるため摂取しすぎると交感神経が優位になり胃腸がうまく働かなくなります。

そのため下痢や吐き気や頭痛などの症状も引き起こすことがあるので、多量摂取は避けた方が良いでしょう。

 

Sponsored Link



ココアの便秘改善効果をさらに高めるココアレシピ

ココアの便秘改善効果を、より高めることができる食材の組み合わせを紹介します。

ココアに加えるだけで簡単にできますので、目的に合わせて飲むのも効果的です!

 

ココアとヨーグルト

 

ヨーグルトの乳酸菌の効能とココアの効能をプラスすれば、ゴールデンコンビの飲み物となります。

乳酸菌で腸を整え、ココアポリフェノールが細胞活性化させ免疫力を高めます。

貧血にも役立ち、高血圧を下げ 動脈硬化の予防にとWバワーでより健康的飲み物となります。

 

ココアときな粉

 

きなこに含まれる栄養素は、大豆が持つものと全く同じ栄養素がすべて入っています。

特に、大豆には大豆イソフラボンという栄養素が含まれていて、女性ホルモンと似た働きをします。

きなこは、食物繊維の「水溶性」と「不溶性」を持っているため便秘解消に役立ち「大豆オリゴ糖」も含んでいるので、腸内環境を整えて便秘の予防になります。

大豆オリゴ糖は、腸内にある善玉菌を増やす栄養素ですが、大さじ1杯で35カロリーもあるため摂りすぎには注意しましょう。

 

Sponsored Link



ココアとオリーブオイル

 

オリーブオイルの主成分であるオレイン酸は、腸内をなめらかにする作用があるので、腸の排便を促す運動を促進させ、便の滑りを良くする効果もあります。

小さじ1杯程度ココアに加えると便秘解消効果がさらに高まります。

 

ココアとオリゴ糖

 

オリゴ糖は、糖質制限中でも食べられる糖分なので、糖尿病患者の人や高血糖の人にもお勧めの甘味料です。

オリゴ糖は『単糖類』と呼ばれるタイプで、非常に吸収されづらい性質があります。

そのため、腸内で善玉菌のエサとなり、善玉菌の繁殖を促してくれるのです。

 

ココアと豆乳

 

豆乳は便秘解消の他に、多くの効果をもっている食品です。

豆乳に含まれる「サポニン」は脂肪の代謝を促進しつつ、脂肪の吸収を防ぐ効果があります。

また、豆乳のタンパク質は、筋肉や内臓の働きを良くしてくれるので、基礎代謝量が増えます。

その他にも、ホルモンバランスの乱れを正常に戻してくれる効果・血行促進・コラーゲンの生成・生理前症候群(PMS)の緩和・ダイエット効果など、女性には嬉しい効果がたくさんあるのです。

 

ココアとプルーン

 

プルーンは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方をバランスよく含むだけではなく、ソルビトールという糖質が含まれています。

ソルビトールは便秘薬にも用いられている成分で、体内へ吸収され難い性質があり排便を促し便が硬くなるのを防ぐ働きで便秘を改善します。

摂り過ぎると、下痢などの症状が出てしまう可能性もあるので食べ過ぎには注意しましょう。

 

 

Sponsored Link



まとめ

便秘薬への依存は危険!

便秘を解消するために便秘薬を使ってしまうことが多いのですが、速効性がある代わりにリスクがあり便秘薬への依存は非常に危険です。

その点、ココアは無理せず自然と腸内環境が整っていくようにサポートしてくれる食品です。

ココアの便秘改善効果は即効性はありませんが、便秘の原因となる体質を変えながら「①腸内の便を押し出す作用+②腸内の善玉菌を増やす作用+③便の量を増やす作用」3つの相乗効果で便秘を解消していきます。

その他にも、様々な方向から体質を改善していきますので、健康になりながら便秘を改善してくれます。

便秘のことを理解したうえでココアを上手く生活に取り入れていけば、健康も正常な腸内環境も手に入れることができるでしょう。

 

▶ココアがもつ健康効果については「ココアの効果は驚異的!その全てをお伝えいたします!」で紹介していますので是非ご覧ください!

 

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 酵素は太るためのサプリ?その理由と方法や食べ物・太る痩せる効果の違いを解説

  • 酵素は美容効果も凄い!サプリの飲み方や酵素美容液の正しい使い方まで徹底解説

  • 水道水について完全にまとめ上げました!

  • 酵素の種類は数が膨大!生化学で分類する重要な酵素の働きや特質を徹底解説

関連記事

  • 純ココアの効能がもの凄い!副作用なし!

  • ココアの成分がすごい効果を発揮する!

  • ココアがニキビや肌荒れに効果があるのはピュアココア!その理由を徹底解説

  • ココアで動脈硬化を予防・改善する!

  • ココアのインフルエンザと風邪への予防効果と症状改善効果が凄い!

  • 純ココアの糖質ダイエット効果が凄い!