1. TOP
  2. ココア
  3. ココアは喉や咳の症状を緩和する効果がある!
Sponsored Link

ココアは喉や咳の症状を緩和する効果がある!

ココア   3,319 Views

 

しつこい不快な喉の痛みや咳は辛い症状です。実は、ココアには喉の痛みや咳を鎮める効果があることがわかっています。

ココアの効果は、咳止め薬に使用されている成分より3倍もの効果があることが研究で明らかになりました。

そんなココアの効果とはいったいどんなものなのでしょうか?

ココアの喉の痛みや咳を鎮める効果について詳しく解説していきます。

 

Sponsored Link



喉の痛みと咳について

乾燥する時期の喉の痛みや風邪の引き始めにも見られる、この喉の痛みの違和感は不快で辛い症状です。

風邪による喉の痛みを和らげるには、喉の細菌ウイルスの繁殖を抑えることが先決になります。

また、長時間大声を出し過ぎたり、過剰なアルコール摂取などでも喉の炎症は起こります。

様々な病気が関係していることもありますが、多くの場合に共通していえるのは、喉で「炎症が起きている」ということです。

 

本来、人間の身体には、炎症を抑える機能が備わっているのですが、「酸化ストレス」がこの機能を低下させてしまいます。

喉が痛むときには炎症を抑えることが、痛みを和らげる大事なポイントになります。

喉が痛いときは冷たい飲み物はNG!喉を冷やすことで症状はかえって長引いてしまいます。

 

Sponsored Link



喉の痛みの緩和と咳を鎮める効果

 

咳が出るのは、風邪などで体内に侵入した菌や異物を体外へ出そうとするからです。

ココアには、身体を芯から温め代謝を上げ原因菌を除去してくれる効果があります。

体温が1度下がると免疫力は30%ほど低下し、逆に1度上昇すると免疫力は5倍程度になるといわれています。

 

ココアは風邪自体にも優れた効果があります!ココアの風邪への効果については「ココアのインフルエンザと風邪への予防効果と症状改善効果が凄い!」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

最も重要な役目を果たすココアの成分

 

🔷エピカテキン・・・殺菌作用で原因菌を減らして、抗酸化作用で酸化ストレスを押さえ込む

人間が本来もつ炎症を抑える仕組みを正常にもどし、免疫力も上げてくれます。

 

エピカテキンはココアのポリフェノールのひとつです。ココアのポリフェノールについての詳しい情報は「ココアのポリフェノールは効果絶大!その効能から摂取量まで徹底解説!」で解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

🔷テオブロミン・・・気道を和らげて咳を抑え、血流を良くして身体を温め咳・喉の痛みを緩和する

テオブロミンはアルカロイドの一種で、カカオ種子に1.5~3%も含まれています。(茶葉にも含まれる成分)

テオブロミンはカフェインと同じ仲間になります。

 

テオブロミンについての詳しい情報は「ココアのテオブロミンとカフェインについて」で解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

サポートするココアの成分

 

🔷カカオポリフェノール・・・殺菌作用と血管を拡張し血液の循環を促してくれる

ポリフェノールには、抗酸化作用・抗菌作用・ストレス抑制などの効果があります。

喉の痛みの緩和や乾燥から守るためには、身体を温めることが大切です。

🔷ミネラル類・・・カリウムが喉の粘膜を保護しながら正常な機能へ調整してくれる

特に普段から摂りにくいといわれている、カリウムが豊富に含まれています。

純ココア=2800㎎/100g

※カリウムの欠乏症状⇨腸がマヒして腸閉そく症になる・神経過敏になる

厚生労働省発表「日本人の食事摂取基準」

カリウムの目安量は成人男性=2,500mg   成人女性=2,000mg

カリウムの目標量は成人男性=3,000mg   成人女性=2,600mg

カリウムの摂取に関して上限値はなく、正常な状態であれば、カリウムを過剰摂取しても特に問題はありません。

過剰に摂取した分は尿に交じって排出されますが、あくまでこれは食品から摂取をした場合です。

 

ココアのミネラル類については「ココアの栄養成分とその効果効能を徹底解説!」の中で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

Sponsored Link



喉の痛みと咳を緩和する効果に関連する研究結果

 

▷研究結果:その1)動物実験で咳に繋がる気道が過敏になる状態を、ココアのテオブロミンやテオフィリンによって鎮められることが明らかになった(南アフリカの研究グループの研究結果)

 

▷研究結果:その1)テオブロミンは従来の咳どめ薬に含まれているコデインという成分より約3倍も効果があることが判明した(イギリスの英国立心肺研究所の研究結果)

 

▷研究結果:その1)テオブロミンと咳止め薬コデインとの有効性を比較した研究

(ロンドンの Barnes教授が、米国実験生物学誌に報告)

テオブロミンがしつこい咳止めに有効で、通常の治療薬よりもよく効く事が判明しました。

また、テオブロミンにはコデインのような麻薬性や睡眠作用、或いは便秘などの副作用がない。

テオブロミンの使用量は、ココアに換算すると2杯程度

 

喉や咳に効果的なココアの飲み方

 

ココアを選ぶときには必ず純ココアにし、甘味は喉に良いといわれる「はちみつ」でつけるようにしましょう。

温かい飲み物は喉を温め湿らせることができるため、ホットで飲むのをお勧めします。

また、牛乳や豆乳のような乳製品で飲むことで、喉に粘膜をつくり保護してくれる効果が高まります。

 

ココアとはちみつの効果については「ココアはちみつの効果がすごい!」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

また、純ココアをお勧めする理由は「純ココアの効能がもの凄い!副作用なし!」で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

👉このほかのココアの効果については「ココアの効果は驚異的!その全てをお伝えいたします!」で紹介していますので是非ご覧ください!

 

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 酵素は太るためのサプリ?その理由と方法や食べ物・太る痩せる効果の違いを解説

  • 酵素は美容効果も凄い!サプリの飲み方や酵素美容液の正しい使い方まで徹底解説

  • 水道水について完全にまとめ上げました!

  • 酵素の種類は数が膨大!生化学で分類する重要な酵素の働きや特質を徹底解説

関連記事

  • ココアのカロリーって高いの?低いの?にお答えします。

  • ココアで癌・生活習慣病を予防する!

  • 純ココアのレシピは簡単・美味しい・栄養がある!

  • ココアカフェインの効果や副作用について

  • ココアで動脈硬化を予防・改善する!

  • ココアの体臭改善効果が凄い!