1. TOP
  2. 豆乳
  3. 豆乳イソフラボンの洗顔効果について
Sponsored Link

豆乳イソフラボンの洗顔効果について

豆乳   3,193 Views

豆乳イソフラボンを使って洗顔をすることで、お肌の汚れを取るだけではなく、お肌に素晴らしい美容効果が現れます。

豆乳イソフラボンを利用した洗顔には、抗酸化作用やエストロゲン擬似作用があり、それらが女性のお肌にとっては素晴らしい効果を発揮します。

具体的には

Sponsored Link



  • お肌の色が白くなる美白効果
  • ニキビを治してすべすべのお肌にしてくれる効果
  • 洗顔料の泡立ちがよく、その泡でメイクも落とせるのでクレンジングがいらない
  • 美肌効果

などになります。

この豆乳イソフラボンの効果を活かした化粧品もさまざま作られており、洗顔についても、ジェル状のものや石鹸と言った形で提供されています。

そこでこの豆乳イソフラボンを活用した洗顔がどのようなものであり、どのような効果がより詳しく調べました。

豆乳イソフラボンと洗顔の関係について

豆乳イソフラボンを利用した洗顔料や石鹸はいろいろ販売されています。

お肌の手入れにおいて洗顔は、一番基本と言えるものです。

一日を終わって、お肌に残った汚れを落として、明日に向けて最後のお肌の手入れをする第一段階になります。

しかし、豆乳イソフラボン入りの洗顔は、お肌の汚れを取るだけではなく、抗酸化作用やエストロゲン擬似作用による素晴らしい美容効果も持っています。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンの効果を最大限発揮するための正しい洗顔方法

洗顔の正しい仕方をまとめてみます。

豆乳のイソフラボン入りの洗顔を使われている方では、ご存知の方も多いと思いますが、確認の意味で洗顔の手順を復習してください。

a.擦(こす)り過ぎない

洗顔で一番気をつけなければならないことは、お顔を擦りすぎないことです。

お肌に負担のかかる摩擦を与えないようにしてください。

b.まず手洗いをする

お顔を洗う前に先ず手を洗いましょう。

手に細菌などがついていますと、それが大切なお肌に移ってしまいます。

c.ぬるま湯でまず洗う

洗顔料で洗う前に、まずぬるま湯で汚れを落とすように洗います。

体温より少し低い33~34゜Cくらいが理想的です。

d.洗顔料を良く泡立てる

洗顔料を手の上に出してから、お顔につける前によく泡立ててください。

e.力を入れ過ぎない

泡立った洗顔料を額からつけ、泡を良く馴染ませるように徐々にこめかみから鼻、頬、目、口とだんだんに広げてやさしくなでるように洗ってください。

f.ぬるま湯で落とす

最後は洗顔料を体温より少し低い温度のぬるま湯で、手のひらにすくって、やさしく洗い流します。

g.清潔なタオルでやさしく拭く

最後は、必ず洗濯などできれいに洗った清潔なタオルで水分を吸い取らせるように水気を取っていきます。

 

Sponsored Link



豆乳イソフラボン入りの洗顔料とクレンジングの違い

なお、豆乳イソフラボン入りの洗顔は、クレンジングの働きも持っていますが、この洗顔とクレンジングとの違いはどこにあるのでしょうか。

洗顔は、お顔についた汚れを落とすものであり、必要の無くなった古い角質層や皮脂、汗、それにほこりなどを落とすものです。

それに対してクレンジングは、メーキャップなどの油汚れ、毛穴に詰まっている角栓、黒ずみなどを落とすものです。

角栓は、古くなった角質と皮脂が混ざり合ったもので、毛穴などに入ってなかなか洗顔では落ちにくいものです。

皮脂腺は真皮の中で毛穴の奥にあり、そこから絶えず皮脂が分泌されるため、毛穴には皮脂が溜まり易くなっています。

また、黒ずみは、お肌が黒味を帯びた状態ですが、その原因はさまざまあります。

・肌を何回も掻くことにより摩擦で出来る

・ニキビ跡などが黒くなる

・毛穴に角栓が溜まって黒く見える

・古い角質が溜まって肌が硬くなって黒味を帯びる

などですが、その根本原因はターンオーバーがうまくいっていないため、メラニン色素や角質が厚くなって出来ています。

豆乳イソフラボン入りの洗顔は、お顔の汚れを落とすだけでなく、メーキャップの油汚れや毛穴の角栓、黒ずみなども落としてくれますので、通常のメーキャップであれば、クレンジングの働きも果たしてくれます。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンの美容効果

豆乳のイソフラボンの美容効果は、抗酸化作用とエストロゲン擬似作用による効果であり、美肌効果、ニキビ予防効果、美白効果、お肌の弾力性回復効果などさまざまな働きがあります。

豆乳イソフラボンの洗顔も当然その効果を持っています。

抗酸化作用は、お肌に発生した活性酸素を撃退し、血液をサラサラにして血流を増やしてくれるため、皮膚細胞には栄養素が行き渡り、活動を活発化して、新陳代謝機能を高めるとともに、老廃物を血液で流すことができるようになります。

新陳代謝機能が高まることにより、ターンオーバーが回復して、メラニン色素などのシミの原因を体外に排出してくれます。

それによって、真皮の繊維芽細胞はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸と言ったお肌に大切な成分を生成できるようになり、弾力性を取り戻してくれますし、表皮の角質細胞はセラミドを生成してみずみずしさを回復させます。

真皮の皮脂腺は皮脂を分泌して皮脂膜を作りますので、皮膚を攻撃してくる細菌や毒素を跳ね返してくれます。

一方、エストロゲン擬似作用は、女性としての丸る身を帯びた体形を作ってくれるとともに、皮膚の皮脂腺の皮脂生成のコントロールをして抗酸化作用とともにお肌を守る皮脂膜の形成に関わりますし、繊維芽細胞のコラーゲンなどの生成にも役立ちます。

エストロゲン擬似作用はエストロゲン様作用とも言われています。

このように、抗酸化作用とエストロゲン擬似作用によって豆乳のイソフラボンは大きな美容効果を発揮しますし、そのイソフラボンのエキスを配合した洗顔もその美容効果が大きいと言えます。

 

Sponsored Link



豆乳イソフラボンの洗顔における美容効果の原理について

豆乳のイソフラボンが入った洗顔は、美容効果を高めてくれますが、その原理について見てみます。

豆乳のイソフラボンは、高い抗酸化作用とエストロゲン擬似作用があり、それぞれが美容効果を持っています。

豆乳のイソフラボン入りの洗顔が持っている抗酸化作用は、活性酸素を取り除き、血流を良くしてくれます。

そのため、栄養が行き渡った細胞は新陳代謝機能を高め、コラーゲン、エラスチン、セラミドなどを生成する能力を高め、皮脂腺の活動を正常化します。

エストロゲン擬似機能による洗顔、美容効果

また、豆乳のイソフラボンの洗顔が持つエストロゲン擬似作用により、皮脂線は皮脂の分泌過剰や不足をコントロールしてくれます。

そのため、毛穴などに余分な皮脂が無くなり、角栓や黒ずみが少なくなり、皮脂膜も正常に表皮を覆って細菌や毒素を跳ね返してくれます。

エストロゲン擬似作用はエストロゲン様作用とも呼ばれます。

エストロゲンは、女性ホルモンの一つであり、卵胞ホルモンとも言われるものですが、子宮の受精卵が着床する子宮内膜を厚くして着床し易くする働きがあります。

しかし、それ以外にも、女性の体を丸みの帯びた形にしてくれたり、お肌の細胞のコラーゲンや皮脂などの生成能力をコントロールしてくれます。

従って、イソフラボンの洗顔は、正常化した皮脂線から余分な皮脂を出さずに適度な量で皮脂膜を作ってくれるため、毛穴に溜まった角栓や黒ずみも少なくなり、簡単に洗い流せるようになります。

豆乳のイソフラボンの洗顔は、厳選された大豆から作った豆乳を発行させて作られるため、吸収力の高いアグリコン型イソフラボンを含んでおり、イソフラボンの美容効果をさらに高めてくれています。

そのため、お肌をやさしく洗顔しますと、みずみずしい、弾力性のある、また、透明感がある美肌を獲ることが出来ます。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンを活用した洗顔の様々な効果

豆乳を利用したイソフラボンの洗顔には、お顔の汚れを取るだけでなく、さまざまな美容効果があります。

その具体的な美容効果について見てみます。

豆乳イソフラボンの洗顔による美肌効果

女性にとっての美肌は、みずみずしい潤い、血色の良い透明感のあるお肌、はりと弾力性があると言う三拍子が揃っている必要があります。

豆乳のイソフラボンを利用した洗顔には、強い抗酸化作用とエストロゲン擬似作用がある豆乳発酵液が含まれており、それらが洗顔として表面の汚れなどを落とすとともに、お肌の表面から毛細血管に浸透していきます。

それによって、お肌の細胞を活性化し、表皮のセラミドや、真皮のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの生成を活発化させ、保水力、保湿力を高め、みずみずしい弾力のあるお肌を作ります。

また、エストロゲン擬似作用により、皮脂腺の皮脂の出過ぎ、不足のコントロールが行われるため、余分な皮脂による角栓や黒ずみが出来にくくなり、また、不足している場合には、皮脂の分泌を促進して皮脂膜を正常に戻してくれるため、細菌などによる外からの攻撃を防いでくれるようになります。

また、細胞が活発化するため、表皮のターンオーバーも進むため、メラニン色素などが体外に出されて、シミ、そばかすなどが消えていきます。

それによって、お肌は、みずみずしさや血色の良い透明感、はりと弾力性も復活させてくれ、美肌が取り戻すことが出来ます。

 

Sponsored Link



豆乳イソフラボンの洗顔によるニキビ予防効果

豆乳のイソフラボンの入った洗顔は、お顔の汚れを落とすだけでなく、高い抗酸化作用とエストロゲン擬似作用により、ニキビの予防、回復に効果があります。

ニキビや吹き出物は、皮脂膜のバリア機能が低下したり、毛穴に過剰な皮脂や古い角質などが溜まって炎症を起こすことにより生じています。

イソフラボンの抗酸化作用は、活性酸素を撃退して血流を増やすことで皮膚の細胞は活動を活発化させ、新陳代謝機能を回復させるため、ターンオーバーが正常化し、バリア機能を復活させ、ニキビ跡などをきれいにします。

また、エストロゲン擬似作用により、真皮にある毛穴の奥の皮脂腺をコントロールして皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まりから生じる炎症を抑え、皮脂膜を正常に作ることで外からの細菌などの攻撃を撃退できるようになります。

このような豆乳のイソフラボンの入った洗顔を使うことにより、お肌のニキビや吹き出物は予防できます。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンの洗顔による美白効果

豆乳のイソフラボンを入れた洗顔には、通常の洗顔機能だけでなく美白効果もあります。

それは、豆乳に入っているイソフラボンやその他のポリフェノール系の成分による高い抗酸化作用によるものです。

お肌から美白を奪うものは、くすみ、シミなどです。

これらのくすみ、シミは主にターンオーバーが機能していないために起こります。

ターンオーバーが遅れる原因は、増加した活性酸素などによりお肌の毛細血管が詰まり、血流が淀んでしまうことにより、栄養素が細胞に行き渡らなくなり、活動を低下させることにより生じています。

従って、豆乳のイソフラボンの洗顔によってやさしくお顔を洗いますと、表面の汚れを落としてくれるとともに、イソフラボンなどの成分が直接お肌の毛細血管に浸透し、抗酸化作用によって増加した活性酸素を撃退してくれます。

それによって、血流は増加し、細胞は新陳代謝機能を高めて活力を取り戻しますので、ターンオーバーも正常に機能するようになります。

従って、ターンオーバーの復活により、シミなどを作っている沈着したメラニン色素を体外に出してくれますので、お肌は美白を取り戻すことが出来ます。

 

Sponsored Link



豆乳イソフラボンの洗顔によるコラーゲン増加効果

豆乳のイソフラボンを入れた洗顔でお顔を洗いますと、高い抗酸化作用とエストロゲン擬似作用により、お肌の弾力性を持つコラーゲンを増加させてくれます。

コラーゲンは真皮にある繊維芽細胞によって生成されており、お肌の弾力性を高めています。

従って、コラーゲンは、弾力性を保つことにより、しわ、たるみを防いでくれる女性にとって大切な物質です。

繊維芽細胞は、紫外線や疲労、ストレスの蓄積などによって活性酸素が増加することにより、血流が滞って栄養が回らなくなることによって活動が低下してしまいます。

また、女性ホルモンであるエストロゲンは皮膚細胞の活動に影響を与えて、コラーゲンの生成にも影響を与えます。

特に、生理前から生理後を除いた期間や年齢を重ねることでエストロゲンが低下しますので、皮膚細胞のコントロールが効かない状態になります。

豆乳のイソフラボン入りの洗顔でお顔をやさしく洗ってやりますと、高い抗酸化作用を持ったイソフラボンはお肌の毛細血管に浸透し、活性酸素を撃退して血流を回復させてくれます。

栄養が届いた繊維芽細胞はコラーゲンなどの物質を生成できるようになります。

また、イソフラボンはエストロゲン擬似作用によって、ホルモンバランスを整えてくれるため、繊維芽細胞のコラーゲン生成力の低下を回復させてくれます。

こうしてコラーゲンの生成量は増加し、お肌の弾力性は回復して、しわ、たるみを取り除いてくれます。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンで洗顔する際の子どもへの影響について

豆乳のイソフラボンには、内閣府の食品安全委員会や農林水産省が、乳幼児、小児については、普段大豆加工品を食べる以上にイソフラボンを摂取させることは推奨できないとしています。

豆乳イソフラボン入りの洗顔には、高濃度のアグリコン型イソフラボンが含まれており、直接肌から吸収される形で子どもさんに使用させることには全く問題がないわけではありません。

また、赤ちゃんの場合はそれ程大豆食品を摂取しているわけではありませんので、問題はないと思われますが、離乳食を食べるようになってからは注意が必要です。

豆乳イソフラボンで洗顔を行う際の留意点

豆乳イソフラボンの入った洗顔料には、大豆の種子から作られた豆乳を発酵させた吸収率の良い豆乳発酵液が使われています。

イソフラボンのエストロゲン擬似機能には、過剰摂取により子宮内膜増殖症という病気が引き起こされる報告が出ており、内閣府の食品安全委員会は一日に普段大豆食品で摂取するもの以外で大量に摂取することに対して警告を発しています。

洗顔ですから、実際にお肌に浸透する量はそれ程多くないと思われますが、美容効果を得るために他のイソフラボン化粧品を使い、さらに豆乳なども何本も飲まれるという形になりますと、過剰摂取になる可能性があります。

一日150mgくらいを目安に過剰摂取にならないように注意してください。

豆乳イソフラボンの摂取量に関しては「豆乳イソフラボンの一日摂取量の目安」にて詳しくお伝えしています。

また、豆乳は大豆が原料になるため、大豆アレルギーのある方の場合には、かえってお肌を荒らしてしまう可能性がありますので、控えてください。

Sponsored Link



まとめ

豆乳イソフラボンの美容効果については、かなり知られるようになり、いろいろな化粧品も出ています。

豆乳イソフラボンの入った洗顔もその一つです。

洗顔はお顔の洗い方を正しくすれば、お顔の汚れをきれいに落としてくれます。

また、豆乳イソフラボン入りの洗顔はクレンジングの役割も果たすものもあり、通常のメーキャップであれば、充分に落とせます。

豆乳イソフラボン入りの洗顔は、洗顔、クレンジングの働きだけでなく、美肌効果、ニキビ予防効果、美白効果、コラーゲン増加効果などの美容効果も大きく、他のイソフラボン入り化粧品と一緒に使うことにより、効果は非常に大きくなります。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • 豆乳成分は健康効果がとても高い!

  • 豆乳は筋肉増強に効果的!

  • 豆乳イソフラボンクリームの効果について

  • 豆乳のダイエット効果が凄い!毎日続けると必ず成功する!

  • 豆乳コーヒーの効果が凄い!美容・ダイエット・健康に最適!

  • 豆乳ダイエットと生理の関係について