1. TOP
  2. 豆乳イソフラボンのニキビ予防と改善効果が凄い!

豆乳イソフラボンのニキビ予防と改善効果が凄い!

豆乳   81 Views

豆乳に含まれているイソフラボンには、豊かな美容効果があり、ニキビ予防効果もそのうちの一つになります。

ニキビや吹き出物は、女性のお肌にとって大敵で、お化粧でもなかなか隠せない厄介なものです。

このニキビや吹き出物がどうして出来るのか、それに対して豆乳のイソフラボンはどのようにニキビや吹き出物を予防していくのか、また、この豆乳のイソフラボンを使った化粧品はどのようなものがあり、どのような効果があるのかについて調べました。

豆乳イソフラボンとニキビ、吹き出物

豆乳に入っているイソフラボンは、高い美容効果を持っており、さまざまな化粧品も作られています。

そのイソフラボンはニキビや吹き出物に対してどのような効果があるのかを調べる前に、ニキビ、吹き出物そのものがどのようなものなのかをまとめてみましょう。

ニキビ、吹き出物とは何か (豆乳イソフラボンの役割)

ニキビや吹き出物は、どうして女性、いや人間に出来るのでしょうか。

ニキビは青春のシンボルとも言われて、青少年にとって避けては通れぬ皮膚の試練になっていますし、それを乗り越えても時々我々の顔や皮膚には吹き出物の形で現れてきます。

思春期に現れるニキビは、思春期にホルモンの変動が生じて、それによって皮膚の皮脂が過剰に分泌されて、毛穴を詰まらせる現象です。

一方、大人になってからのニキビ、吹き出物は、さまざまな理由による皮脂の過剰分泌が起こったり、或いは毛穴周辺の過角化が発生するものです。

皮脂が少ない人でも過角化が生じることによってニキビが出来ることがあり、その場合は乾燥ニキビと呼ばれています。

過角化とは、過角化症、角化症、角質増殖、角質増殖症などとも呼ばれ、表皮などにおける角質層が厚くなり過ぎる症状を言います。

足のかかとなどが厚くなる現象を経験されている方も多いと思いますが、これが過角化と言う症状であり、この症状が皮膚の薄い毛穴周辺部分で起きた時にニキビや吹き出物になります。

ニキビと吹き出物は、基本的には同じもので明確な使い分けの定義はありません。

一般には10代の思春期に出来るものをニキビ、20代を越えてから出来るものを吹き出物と呼ぶ傾向がありますが、20代を過ぎた場合でもニキビと言っている方もいます。

これらのニキビ、吹き出物に対して、豆乳のイソフラボン入りの基礎化粧品はお肌に直接浸透して、その原因を根本から治してくれます。

豆乳イソフラボンと皮膚の構造

豆乳イソフラボンの基礎化粧品は、お肌に直接浸透して毛細血管に吸収されてニキビの原因となる過剰な皮脂や古い角質などの原因を断ち切ってくれます。

我々のお肌、皮膚の厚さは0.4~1.4mmと非常に薄いものですが、表皮と真皮から出来ており、非常にデリケートに出来ています。

表皮は、わずか0.3mmの厚さですが、角質層、顆粒層、有棘層、基底層という四つの層

が重なるようにして出来ています。

一方、真皮はその表皮を下から支える層であり、皮脂腺、メラノサイト、基質、コラーゲン、エラスチン、繊維芽細胞などが複雑に絡み合って出来ています。

ニキビや吹き出物に関連してくるのは、表皮の一番上の層である角質層と真皮にある皮脂腺と呼ばれる組織です。

ニキビにつながる角質層と皮脂腺と豆乳イソフラボンの役割

皮膚の一番外側に当たる角質層は、角質細胞と呼ばれる細胞がブロックを積んだような構豆乳イソフラボンの基礎化粧品はまずこの角質層に浸透します。

この角質層には角質細胞が並んでいます。

塀などのブロックの場合はブロック間をセメントで固めて崩れないようにしていますが、角質層においてはセラミドと呼ばれる物質によって出来た脂質、油のような物質が角質細胞の間を埋めて、セメントの代わりに角質細胞を崩れないようにしています。

セラミドはお肌の水分が蒸発しないように水分を保つ働きがあり、外からの刺激も防いでくれます。

真皮の中にある皮脂腺は、皮脂と呼ばれる成分を生成しています。

皮脂は汗と混ざり合い、皮脂膜と言うものを形成し、表皮の表面、すなわち、角質層の上に張り巡らされて、セラミドと同様にお肌の水分の蒸発を防いだり、お肌に細菌や毒素、ほこりが入り込まないように守ってくれる働きがあります。

言ってみれば、化粧品の乳液やクリームのような働きがあります。

健康な皮脂膜は若干の酸性であり、これによって殺菌力を持っています。

従って、この皮脂線における皮脂の分泌過剰や、角質層の過角化がニキビを引き起こしていると言えます。

豆乳のイソフラボンは、この表皮や真皮に直接浸透していき、これらの皮脂腺や角質層を改善してくれる役割があります。

ニキビ、吹き出物の原因と豆乳イソフラボンの関係

では、皮脂の分泌過剰や角質層の過角化は何故起きるのでしょうか。

また、豆乳イソフラボンはそれに対してどのような作用があるのでしょうか

まず、皮脂の分泌過剰から見てみます。

皮脂の分泌過剰の原因と豆乳イソフラボンの効果

真皮にある皮脂腺が皮脂を過剰生成する背景には、油質の多い食事や刺激物の多い食事が原因となります。

また、糖質の過剰摂取も原因になります。

糖質は甘いお菓子やジュース、さらにご飯、パンなどの炭水化物などが皮脂の材料になってそれらを過剰摂取しますと皮脂量は増加してしまいます。

汗がベトベトに濃い状態は皮脂が汗に混ざって必要な皮脂膜以上に分泌されている証拠です。

糖質や脂質を体内で堆積しないようにしませんと、体内の細胞は脂肪の形で体内の細胞に蓄積してしまい、増え過ぎた脂肪は皮脂として分泌されてしまいます。

それは、体内で新陳代謝が低調で、脂肪燃焼がされないことによっても生じてきます。

これらの現象に対して、効果的なのが豆乳のイソフラボンが持っている抗酸化作用やエストロゲン擬似作用と言われるものです。

ストレス、疲労蓄積、睡眠不足による皮脂の増加と豆乳イソフラボン

また、皮脂はストレスや疲労蓄積、睡眠不足によっても増加します。

ストレスや睡眠不足で皮脂が増える原因は、自律神経とホルモンバランスがストレスや疲労蓄積、睡眠不足によって乱されてしまうことにあります。

ストレス、疲労蓄積、睡眠不足になりますと、自律神経が乱れてホルモンの分泌指令に影響が出て、男性ホルモンが増加してしまう場合があります。

男性ホルモンが女性ホルモンに対して相対的に増加しますと、皮脂の分泌を促してしまいます。

特に、女性の場合は、生理の前後以外は女性ホルモンの一つであるエストロゲンが減少し、それを埋める形で分泌されるプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが分泌されます。

このプロゲステロンは男性ホルモンと似た働きがあり、皮脂の分泌を促進させる働きがあるため、皮脂の分泌が増加する傾向にあります。

また、ストレス、疲労蓄積、睡眠不足などになりますと、体の活性酸素が増加し、血管はドロドロになり、血流が悪くなるため、細胞に栄養素が行き渡らないため、新陳代謝機能が低下します。

そのため、脂肪分は皮膚に残る形になり、過剰な皮脂となってしまいます。

皮脂の増加原因に対する豆乳イソフラボンの役割

従って、ストレス、疲労蓄積、睡眠不足などは、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを崩してしまい、活性酸素も増加して、皮脂が異常に分泌されてしまうことで、ニキビの原因となります。

思春期には、このホルモンバランスが崩れることが多く、それが原因となって皮脂が以上に分泌され、ニキビにつながっています。

このホルモンバランスの崩れに対して有効になるのが、豆乳イソフラボンのエストロゲン擬似作用です。

エストロゲン擬似作用はエストロゲン様作用とも言われます。

また、活性酸素の増加に対しても豆乳のイソフラボンの抗酸化作用が有効です。

過角化によるニキビの原因とイソフラボンの効果

過角化によるニキビが起こる原因としては、紫外線の影響やストレス、疲労蓄積、睡眠不足などによる生活習慣の乱れがあります。

また、皮脂の過剰分泌は角質細胞に影響して角質を厚くすることにつながります。

紫外線の増加は、我々人類が作り出したフロンガスと呼ばれる物質が地球の上空にあって太陽の紫外線から我々を守っているオゾン層を破壊していることにより、直接地上に降り注ぐ割合が増加していることが原因となっています。

紫外線は、我々の皮膚に直接入り込んで炎症を起こさせ、活性酸素も増加させることから、細胞の活動が低下し、ターンオーバーがうまくいかないことにより、過角化や毛穴の詰まりなどを引き起こします。

また、ストレス、疲労蓄積、睡眠不足はホルモンバランスを崩して、皮脂の増加をもたらすことで過角化が生じてしまいます。

このホルモンバランスの崩壊に対しても、豆乳のイソフラボンのエストロゲン擬似作用が効果を発揮します。

また、活性酸素の増加も豆乳のイソフラボンの抗酸化作用で除去することが出来ます。

ニキビ、吹き出物の根本原因

ニキビや吹き出物は、皮脂や角質層の過角化が原因となりますが、それらの根本原因は、我々の豊かになった食生活や、偏食、不規則な生活リズムや、我々の住む社会が非常にストレスの多い社会になったことがあります。

脂肪の多い食事からバランスのとれた食生活に戻し、規則正しい生活をすることがニキビ予防にもなります。

それは肥満の対策、すなわち、ダイエットにも共通なことです。

また、自己責任社会になり、セクハラ、パワハラや同僚間の人間関係などが複雑になったことで現代はストレスの多い社会になっており、毎日のストレスや疲労をその日のうちに解消させるリラックス時間を求める必要もあります。

豆乳イソフラボンとニキビの関係

豆乳のイソフラボンは、ニキビに対して、二つの美容効果が働きます。

一つは、抗酸化作用による効果であり、もう一つはエストロゲン擬似作用です。

ニキビや吹き出物を引き起こす原因は、皮脂の過剰分泌と角質が過角化することにあります。

皮脂の過剰分泌は、男性ホルモンが女性ホルモンであるエストロゲンに対して優勢になったり、女性ホルモンでも男性ホルモンと同じような働きをするプロゲステロンが増加する時期に起こります。

また、食生活が脂肪や炭水化物に偏重していたり、生活が不規則な場合、さらにはストレスや疲労蓄積、睡眠不足と言った生活の場合には、活性酸素が増加して血流が悪くなり、脂肪が流れなくなることで皮脂が増加し足したり、過角化が生じたりします。

豆乳のイソフラボンの抗酸化作用は増加した活性酸素を撃退して血管をサラサラにして、血流をよくして、お肌の細胞を元気にして脂肪が残らないようにしてくれます。

その結果、皮脂が正常に分泌されるように調整したり、角質細胞が活発化してターンオーバーも正常化することにより過角化が生じないようにしてくれます。

また、豆乳のイソフラボンのエストロゲン擬似作用は、男性ホルモンとのアンバランスを調整したり、プロゲステロンの分泌を抑えることで、皮脂の過剰分泌を抑える働きを持っています。

このようにして、豆乳のイソフラボンはニキビの原因を取り除いてくれます。

豆乳イソフラボンによる美容効果

豆乳のイソフラボンによるニキビ予防効果の元になる美容効果について、もう少し詳しく見てみます。

豆乳のイソフラボンは、イソフラボンと同じポリフェノール系のサポニン、レシチン、大豆ペプチドなどと同様高い抗酸化作用を持っています。

また、エストロゲン擬似作用という独特の女性ホルモンと似た働きもあります。

豆乳イソフラボンの抗酸化作用

豆乳に含まれているイソフラボンは、グリコシド型イソフラボンとして糖類と結合した形で入っているため、分子構造が大きく、腸や皮膚などの体には直接吸収出来ません。

腸で消化分解の中で糖類と切り離されたアグリコン型イソフラボンになり、分子構造が小さくなることで体内に吸収されます。

そのため、飲む豆乳の場合には、イソフラボンが体に吸収される割合は2割程度になり、残りは排泄されてしまいます。

アグリコン型イソフラボンの豆乳に含まれている量は100g当たり25mg程度であり、吸収される量はさらに小さくなります。

コーヒーはポリフェノールであるクロロゲン酸の量は100g当たり200mgと非常に豊富に入っていますので、それに比べますと、抗酸化作用を持つポリフェノールは少ないように見えます。

しかし、豆乳には、ポリフェノールはイソフラボンだけでなく、サポニン、レシチン、大豆ペプチドなども豊富に含まれており、コーヒーに劣らないくらいの抗酸化作用があります。

さらに、化粧品などに含まれるイソフラボンは、厳選された大豆から豆乳を作り、それを発酵させて分子構造の小さいアグリコン型イソフラボンに転換したものがはいっています。

従って、その細かいアグリコン型イソフラボンを直接患部に吸収させる形になりますので、美容効果は非常に大きいと言えます。

豆乳イソフラボンの抗酸化作用による美容効果

抗酸化作用は、体内の増え過ぎた活性酸素を撃退して、酸化した体を弱アルカリに戻すことで、血液はサラサラになり、血流が増加します。

そのため、血液に乗って栄養素が体中の細胞に行き渡ることにより、細胞は活動を活発化させ、新陳代謝機能もアップします。

そのため、お肌の細胞も活発化し、繊維芽細胞はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの生成力を高めますし、角質細胞はセラミドをどんどん生成してくれますので、過角化することもなく、お肌の保水力は高まり、弾力性も高まります。

さらに、新陳代謝機能が上がることにより、お肌のターンオーバーも復活してきますので、シミになっていたメラニン色素を体外に排出してくれ、さらに、皮脂腺の皮脂膜の生成作用も順調に進むことで、透明で、みずみずしく、弾力のある美肌を取り戻してくれます。

当然、ニキビの原因になる皮脂の過剰分泌もなくなります。

豆乳イソフラボンのエストロゲン擬似作用

一方、豆乳のイソフラボンには、エストロゲン擬似作用という効果があります。

エストロゲン擬似作用はエストロゲン様作用とも言われます。

イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと形態が似ており、体内で受け入れるホルモン受容体にエストロゲンだと認識されることにより、エストロゲンと同じ働きをすることが出来ます。

すなわち、エストロゲンと認識されることにより、それまでホルモンバランスが男性ホルモンに偏って認識されていたものが、バランスがとれるようになる効果があります。

また、エストロゲンには、女性の体を丸みの帯びた形にしてくれたり、食欲をよくせいしてくれますし、また、お肌の新陳代謝を促す働きも持っています。

豆乳イソフラボンのエストロゲン擬似作用による美容効果

イソフラボンのエストロゲン擬似作用は、イソフラボンの成分であるゲニステインやダイゼインによってもたらされています。

エストロゲンには、

  • 女性らしい丸みの帯びた体を作る
  • 自律神経、感情の動きや脳の働きを穏やかにしてくれる
  • 記憶力を高める
  • 食欲を抑制してくれる
  • 骨の形成を促し、血管収縮を抑制する
  • 基礎体温を上げる

などの作用があります。

このエストロゲンは、お肌の細胞の活動や皮脂腺の活動に対して影響力を持っており、その活動のバランスをとってくれます。

すなわち、活性酸素が増え過ぎることで皮膚の細胞の動きが悪くなりますと、活動を促進させる働きがありますし、皮脂腺が多過ぎたり、少な過ぎたりする場合にはその量をコントロールする働きがあります。

しかし、エストロゲンが不足しますと、ホルモンバランスが崩れ、それらの機能が発揮できず、お肌は変調をきたします。

イソフラボンのエストロゲン擬似作用は、そのようなエストロゲンが不足した時にエストロゲンの働きを代行する働きがあり、美容においても大きな働きをしてくれます。

豆乳イソフラボンによるニキビ、吹き出物予防の原理

豆乳イソフラボンは、高い抗酸化作用とエストロゲン擬似作用により、ニキビや吹き出物を予防してくれます。

ニキビの原因

ニキビの原因は、皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まることにより、生じます。

また、表皮の角質層に過角化が起こり、厚くなることでも生じます。

皮脂の過剰分泌を招いているのは、真皮にある皮脂腺ですが、二つの要素によって生じてきます。

一つは、ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが優勢になった場合やプロゲステロンと言う別の女性ホルモンが増えた時に起こります。

エストロゲンは生理の前後に増加し、プロゲステロンはエストロゲンが少なくなった時に増加します。

もう一つは、紫外線の増加や、食生活や普段の生活の不規則なライフサイクルや、ストレス、疲労蓄積、寝不足などによって活性酸素が増加することで、血流が悪くなり、脂肪が流れなくなって、皮脂として皮膚に残ってしまうことにより生じます。

ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが相対的に増加したり、エストロゲンが少なくなってプロゲステロンが増加した場合には、皮脂線に皮脂を増やすように指示が出されます。

豆乳イソフラボンのニキビ予防原理

その時に、豆乳のイソフラボンを摂取したり、豆乳のイソフラボンの化粧品を使用しますと、血液中にアグリコン型イソフラボンが吸収されることで、体のホルモン受容体はエストロゲンが増えたと認識して、皮脂線に皮脂を増やすことを止めさせます。

そのため、毛穴周辺に詰まった皮脂は少なくなります。

特に、イソフラボンの化粧品を使った場合は、吸収率の良いアグリコン型イソフラボンが直接患部の毛細血管に浸透し、エストロゲン擬似作用を発揮して、皮脂線に皮脂の生成を控えさせますので、効き目も早く、効果も高くなります。

また、血液中に入ったイソフラボンやその他のポリフェノール系の成分は、増加した活性酸素を撃退し、皮膚の毛細血管の血流を増加させてくれるため、皮膚に溜まっていた脂肪は血液の流れに排出され、皮脂線で皮脂となる材料が減りますので、皮脂は減少します。

また、血流が増加することにより、皮膚の細胞が活発化し、新陳代謝機能を高めますので、ターンオーバーのサイクルが縮まり、毛穴周辺に溜まっていた皮脂も剥がれていき、細菌や毒素を跳ね返してくれるようになるため、ニキビや吹き出物は解消されていきます。

ニキビ跡なども修復してくれます。

このようにして、豆乳のイソフラボンはニキビの原因を取り除いてくれます。

豆乳イソフラボンによるニキビに良く効く化粧品

豆乳のイソフラボンを生かした化粧品は、直接患部に浸透することにより、豆乳を飲んで摂取するよりはかなり効果は大きくなります。

しかも、皮膚に浸透しやすいようにイソフラボンを改良していますので、より効果は高くなります。

ニキビに良く効く豆乳のイソフラボンを利用した化粧品には、

・豆乳イソフラボン入り化粧水

・豆乳イソフラボン入り乳液

・豆乳イソフラボン入り洗顔、クレンジング

・豆乳イソフラボン入りクリーム

・豆乳イソフラボン入りマスク

・豆乳イソフラボン入り下地

などがあります。

これらは、直接お肌に浸透してニキビの原因を取り除いてくれますので、効果は非常に大きいと言えます。

豆乳イソフラボンの化粧品に使われるアグリコン型イソフラボン

豆乳のイソフラボンを利用した化粧品に入っているイソフラボンは、アグリコン型イソフラボンと言われるものです。

豆乳のイソフラボンを利用した化粧品では、厳選された大豆から豆乳を作り、それを発酵させてグリコシド型イソフラボンから糖類を切り離して、アグリコン型イソフラボンに転換させた豆乳発酵駅というものを使用しています。

従って、分子構造が非常に小さいことにより、皮膚から直接毛細血管に浸透していくことが出来ます。

すなわち、吸収力の良いイソフラボンの豆乳を使っているため、ニキビ予防効果や美容効果はさらに大きくなります。

豆乳イソフラボンによるニキビ予防の留意点

豆乳のイソフラボンを利用した化粧品の場合、吸収率の高いイソフラボンになっています。

イソフラボンのエストロゲン擬似作用を持つゲニステイン、ダイゼインは、過剰摂取をしますと子宮内膜増殖症と言う病気を引き起こす可能性が高いことが報告されており、内閣府の食品安全委員会や農林水産省は一日に普段食べている大豆加工食品以外で大量に摂取することに対して警告を発しています。

イソフラボンの化粧品の場合、実際に使う量が少ないため、それ程の多くはないと思われますが、イソフラボンの美容効果を高めるために、化粧品と一緒に豆乳も飲まれる方が多く、その結果、過剰摂取につながる可能性もあり得ます。

従って、過剰摂取にならないように、充分気をつけて使用してください。

また、大豆アレルギーの方は肌荒れやかゆみが生じたりする場合があり、逆効果になる可能性が高いため、使用されないようにしてください。

まとめ

豆乳のイソフラボンは、非常に高い抗酸化作用作用とエストロゲン擬似作用があり、ニキビや吹き出物の予防に対して大きな効果があります。

ニキビや吹き出物の原因は、皮脂腺が皮脂を過剰に分泌したり、角質層の過角化によるものです。

これらは、ホルモンバランスの崩れや皮膚における活性酸素の増加によって生じています。

ホルモンバランスに対しては、イソフラボンのエストロゲン擬似作用が効果的であり、活性酸素の増加に対しては抗酸化作用が効果的です。

それによって皮脂の過剰分泌が抑えられ、活性酸素が撃退されて皮脂の分泌過剰や角質層の過角化も抑えられて、ニキビの繁殖を抑えることが出来ます。

 
 

■Amazonギフト券の抽選方法

上記に登録すると毎月1日にAmazonギフト券10,000円プレゼントの抽選会を行います。
当選者はメールにてご連絡いたします。

■10大プレゼントの内容
・水素水完全理解コンプリートブック(PDF)
・炭酸水完全理解コンプリートブック(PDF)
・シリカ水完全理解コンプリートブック(PDF)
・豆乳ダイエット完全理解コンプリートブック(PDF)
・コンブチャ完全理解コンプリートブック(PDF)
・スムージー完全理解コンプリートブック(PDF)
・水素水完全理解コンプリートブック(音声版)
・炭酸水完全理解コンプリートブック(音声版)
・シリカ水完全理解コンプリートブック(音声版)
・豆乳ダイエット完全理解コンプリートブック(音声版)
・コンブチャ完全理解コンプリートブック(音声版)
・スムージー完全理解コンプリートブック(音声版)

■メルマガではブログでお伝えしきれない最新情報を配信いたします。

ぜひ、楽しみにしてください!!

\ SNSでシェアしよう! /

水メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

水メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

担当

担当

その他の記事  記事一覧

  • 豆乳ダイエットは毎日飲むことで大きな成果を得ることができる!

  • 豆乳イソフラボンのニキビ予防と改善効果が凄い!

  • 豆乳で胸を効果的に大きくする方法!

  • 豆乳のダイエット効果が凄い!毎日続けると必ず成功する!

関連記事

  • 豆乳ダイエットのレシピ最新版!

  • 豆乳のダイエット効果が凄い!毎日続けると必ず成功する!

  • 豆乳イソフラボンの乳液効果について

  • 豆乳イソフラボンの下地効果について

  • ミネラル豆乳ダイエットの方法と効果について

  • 生理不順を豆乳で治す正しい豆乳の活用方法と注意点