1. TOP
  2. 豆乳
  3. 豆乳イソフラボンの効果がもの凄い!
Sponsored Link

豆乳イソフラボンの効果がもの凄い!

豆乳   1,811 Views

豆乳イソフラボンは健康成分としてとても有名です。

豆乳は大豆から作られ、それ故に栄養素が豊富に含まれています。

豆腐と途中までの製造過程は同じですが、にがりを入れずに絞ったものが豆乳で、絞った後に残ったものがおからになります。

大豆は昔から[畑のお肉]と言われるように栄養豊富で我々の日々の食卓には欠かせないものです。

大豆に含まれているイソフラボンは豆乳にも豊富に含まれ、健康飲料としてスーパーマーケットやコンビニエンスストアに並んでいます。

特に、豆乳に含まれているイソフラボンの健康効果や美容効果は人気になっており、豆乳を利用した化粧品もたくさん発売されています。

また、イソフラボンには、発毛、育毛作用もあり、男性にも人気が出てきました。

このように、豆乳イソフラボンにはさまざまな健康効果、美容効果がありますが、その効果や留意点について調べてみました。

Sponsored Link



Contents

豆乳とは

豆乳は、大豆を水につけてふやけさせてからすり潰したものを煮詰め、それを濾した飲料です。

煮詰めるところまでは豆腐と同じで、豆腐は熱いうちににがりをいれて固めたものです。

大豆には非常に豊富な栄養素が含まれていますが、特にイソフラボンは、注目の成分と言えます。

豆乳は日本だけでなく、中華文化圏や東南アジアでも良く飲まれており、最近では欧米でも健康飲料として飲まれ始めています。

豆乳には、無調整豆乳と調整豆乳(砂糖などを加えたもの)、豆乳飲料(他の飲食料品を加えて飲みやすくしたもの)があり、特に豆乳飲料は人気になっています。

この豆乳には、豊富に良質のたんぱく質が含まれている他、特徴的な成分として、イソフラボンのほか、レシチン、サポニンというポリフェノール系の成分も豊富に含まれています。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンの特徴

豆乳のイソフラボンは、さまざまな健康効果を持っており、現在非常に注目されている成分です。

そのイソフラボンの特徴について見てみます。

イソフラボンとは

豆乳のイソフラボンは、大豆特有の成分ですが、サポニンやレシチンと同様に抗酸化作用を持つポリフェノール類の仲間です。

紅茶にも含まれているフラボノイドの仲間です。

大豆の中でも僅かしか含まれておらず、貴重な成分と言えます。

ポリフェノールの仲間ですから、当然、強い抗酸化作用を持っており、体の増え過ぎた活性酸素を撃退し、体の酸性化を防いでくれ、血液をサラサラにして、血流を増加させてくれます。

活性酸素は、普段は我々の体の中で細菌などを殺す役割を果たしていますが、増え過ぎますと、毒性があり、我々の体を攻撃して疲れ易くします。

なお、活性酸素に関する詳しい情報は「活性酸素とは?」にてお伝えしています。

イソフラボンのエストロゲン擬似作用

また、イソフラボンで特徴的な作用は、エストロゲンと言われる女性ホルモンに似た作用を持っている点です。

これをエストロゲン擬似作用と言います。

エストロゲン様作用とも呼ばれます。

このエストロゲン擬似作用が美容効果、育毛効果などに大きな効果を及ぼしていますが、同時に、イソフラボンには逆に我々の体内によるエストロゲンの働きを弱める拮抗作用もあり。バランスをとる役目もしまいます。

拮抗作用というのは、生物の中において一つの現象に対して、二つの要因が同時に働くことにより、互いにその効果を打ち消しあうという作用のことを言い、交感神経と副交感神経などがその例となります。

従って、イソフラボンはホルモンの過不足を調整する働きがあり、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスをとってくれる成分です。

今のところ、イソフラボンには急性の毒性は認められておらず、動物実験などでも死亡例や内臓器官の影響も出てしません。

ただ、イタリアの調査研究例では、過剰摂取を長期間続けますと、子宮内膜増殖症と言う病気になる可能性が高くなることが報告されています。

子宮内膜増殖症は1~3%の確率で死に至る可能性が認められています。

豆乳イソフラボンの含有量はどれくらい?

豆乳イソフラボンは有力な健康成分ですが、大豆の中には僅かしか含まれていません。

特に大豆の胚芽の部分に集中的に含まれています。

イソフラボンの含有量については、グリコシド型イソフラボン量とアグリコン型イソフラボン量の二つの見方があり、実際に体内に入って健康効果を与えてくれるのは、アグリコン型イソフラボンですので、その観点で含有量は見るようにしてください。

グリコシド型イソフラボンは、配糖体と呼ばれる糖類と結び付いた形で存在しているもので、アグリコン型イソフラボンはその糖類が分離した形のものです。

また、大豆のイソフラボンは、産地、種類によってかなり含有量に差がありますので、製品の含有量表示を良く見て、一日の摂取目安に届くように飲む必要があります。

但し、我々は毎日味噌汁、豆腐など大豆食品を食べており、それらも含めて摂取目安を考える必要があります。

なお、豆乳のイソフラボンの含有量については、「豆乳イソフラボンの含有量はどれくらい?」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

 

Sponsored Link



豆乳イソフラボンの一日摂取量の目安

豆乳イソフラボンには、一日の摂取の目安としては、2006年に内閣府の食品安全委員会の報告により、一日の摂取限界の目安として75mgがあります。

ただ、非常に安全性を重視し過ぎている基準値であり、報告書の中で矛盾もあります。

今後目安値も変わってくる可能性があります。

また、含有量でも出てきましたアグリコン型イソフラボン量が目安の基準になります。

なお、豆乳のイソフラボンの摂取量の目安につきましては、「豆乳イソフラボンの一日摂取量の目安」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

豆乳イソフラボンは一度にどれくらいの量を飲めばよいのか

それでは、実際にイソフラボンは一日にどれくらい、また一度にどのくらいの量を飲めばよいのでしょうか。

今のところは、一日当たりのイソフラボン摂取量限度は長期的な平均値として100mgを目安として摂取していけばよいと言えます。

たまに、100mgを超えたからと言って気にする必要はなく、限界まで毎日飲み続けることにより、大きな健康効果を得ることが出来ます。

また、一度にイソフラボン100mg(アグリコン型換算値)を一気に飲んでもかまいませんが、ポリフェノールとしての抗酸化作用は基本的には3~4時間程度しか続かないため、20mg程度を分けて飲む方がよいと言えます。(普段大豆食品は食べていない場合)

豆乳ベースで言いますと、100gくらいを分けて飲むイメージになります。

但し、エストロゲン代替効果を生かす場合は、二日ほどでイソフラボンは体外に出されますので、一度に100mgを毎日飲むことで効果が累積していく感じで効果は大きくなると考えられます。

豆乳ダイエットのイソフラボン摂取量の目安

豆乳を利用したダイエットの場合、イソフラボンだけでなく、豆乳に入っているさまざまな健康成分が利用できます。

イソフラボンのダイエットは、抗酸化作用により血液をサラサラにして、血流を良くすることで脂肪が血管に滞留しなくするととともに、脂肪が体内の細胞に蓄えられないようにすることで効果が得られます。

豆乳に含まれるサポニンやレシチンなどもポリフェノールの一種であり、イソフラボンの抗酸化作用と同じ効果が得られ、コレステロールや中性脂肪を低下させる働きにより、イソフラボンを支援してくれます。

さらに大豆ペプチドやオリゴ糖も同様に脂肪燃焼に効果があり、これら全てがダイエットにつながると言えます。

では、これらはどのように摂取すればよいのでしょう。

基本的に、豆乳ダイエットのダイエット効果は、体に脂肪が溜まらなくすることにより、体質的に脂肪のつきにくい体質にしてくれます。

従って、それは抗酸化作用が基本になるダイエットであり、抗酸化作用については作用が3~4時間しか続かないため、基本的には一度に飲むのではなく、摂取限度量の100mgを何回かに分けて飲むことがダイエットにつながります。

すなわち、一回20mg、豆乳で言えば100gを5回に分けて3時間おきに飲むようにしてください。

但し、普段の食事が和風で毎日、味噌汁や豆腐などの大豆食品を食べている方の場合には、そちらで既にかなりのイソフラボンを摂取していますので、摂取限度に注意してください。

イソフラボンと熱の関係

栄養素には熱に弱いものがあり、温めるとビタミンなどは壊れてしまうものもあります。しかし、イソフラボンは、熱に強く、また、冷やすことに対しても強い成分です。

逆に温めて飲む場合の方が、イソフラボンの吸収はよくなります。

但し、豆乳に入っているポリフェノールの仲間でイソフラボンと一緒に入っているサポニンは熱に弱く、豆乳を温めて飲んだ場合、効果が低下する可能性があります。

サポニンには、がんや生活習慣病である心筋梗塞、脳梗塞を予防するとともに、肝機能の障害を回復させたり、レシチンと同じくコレステロールや中性脂肪を低下させる働きもあります。

又、サポニンには、抗変異原性と言う細胞の突然変異を抑制してくれる作用が認められており、抗がん作用やエイズウィルス抑制作用としての期待も高まっています。

Sponsored Link



豆乳におけるイソフラボンの効果

豆乳イソフラボンの効果にはどのようなものがあるのでしょうか。

個々に見ていくことにします。

豆乳イソフラボンのエストロゲン(女性ホルモン)効果

豆乳イソフラボンは、エストロゲンと言われる女性ホルモンと似た効果を持っています。

エストロゲンは、女性ホルモンの一種であり、柔らかい女性特有の体つきを作る基となり、胸を膨らませたり、月経、妊娠、出産に深く関わる女性ホルモンです。

女性にとってはなくてはならないホルモンで、非常に重要な役割を果たしています。

しかし、女性が40代に入りますと、このエストロゲンは減少していく傾向にあります。

ホルモンバランスが崩れてしまうことになります。

このエストロゲンが減少しますと、体調不良になったり、肌のハリがなくなるということもあります。

特に、月経が閉じた場合には更年期障害として悩まされることになります。

豆乳イソフラボンのエストロゲン擬似作用

イソフラボンは、このエストロゲンと似た形(化学式でも実際の形という意味でも)をしており、似たような働きも出来ます。

働きまで似ているのは、エストロゲンを体が受け入れるためにはレセプター(ホルモン受容体)と呼ばれる体の中の受け皿が必要であり、形が似ていることにより、そのレセプターがイソフラボンをエストロゲンと間違って受け入れてしまうことによって生じています。

これをエストロゲン擬似作用と言います。

そのため、イソフラボンが減少し、ホルモンバランスを崩した場合には、エストロゲンの不足を補ってくれますので、更年期障害には効果を発揮します。

また、イソフラボンには、エストロゲンが増加し過ぎた場合に、それを抑えてくれる働きもあります。

エストロゲンが増え過ぎますと、乳がん、子宮ガンなどの原因になることもあります。

従って、イソフラボンは、エストロゲンの増加し過ぎに対して抑制効果があるため、それらの乳がん、子宮ガンなどの予防効果も果たすことが出来ます。

このようにホルモンバランスを調整する役目を持っているため、それ以外の効果として、薄毛に悩む男性の場合には発毛作用、育毛作用も持っています。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンの育毛・発毛効果 薄毛に効果的

豆乳イソフラボンは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た形状、似た働きがあり、発毛、育毛に効果があります。

最近の男性には若禿げや薄毛、ストレスなどによる円形禿げなどが増えています。

そのためにかつらや増毛を扱う会社がたくさん出来ていますが、やはり基本は発毛、育毛です。

若禿げや薄毛は、男性ホルモンが過剰に作用してなる場合が多く、ヒゲや体毛は逆に多くなっています。

男性ホルモンが過剰に作用する原因は女性ホルモンの不足であり、それ故にヒゲや体毛が多くなります。

イソフラボンは、エストロゲンと似た形状、似た働きがあることで、女性ホルモンの代替になるため、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスをとってくれるため、薄毛、若禿げの方には発毛、育毛効果を発揮します。

豆乳イソフラボンとカプサイシンによる発毛・育毛効果

特に、イソフラボンは、唐辛子に入っているカプサイシンという成分と一緒に摂取しますと、大きな育毛、発毛効果を得ることが出来ます。

カプサイシンは、唐辛子の辛味成分であり、体内では中枢神経を刺激して、アドレナリンなどの分泌を促進する成分です。

イソフラボンとカプサイシンを同時に摂取しますと、「IGF-1」という育毛効果を高めてくれる物質を増加させることがわかっています。

この「IGF-1」と言う物質が体内で増加しますと、毛髪の根元の毛母細胞が活性化して、発毛を促進させて髪の毛の寿命を長期化してくれます。

今ある髪の毛の寿命を長くするとともに、発毛も促しますから、髪の毛は増えていきます。

但し、カプサイシンは、体重1kg当たり60mgを一度に摂取しますと、命を危険さらす恐れがあり、過剰摂取は絶対にしないでください。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンのヒゲ、むだ毛に対する効果

現代は、ストレスが多く、生活が不規則になったり、偏食傾向も強まっていることにより、ホルモンバランスが崩れて、女性でもむだ毛やヒゲが生えるという現象が増えています。

体の毛は、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスによって濃くなったり、薄くなったりします。

女性で、男性ホルモンが強くなると、むだ毛やヒゲと言う現象が起きますし、男性で男性ホルモンが強くなりますと、薄毛になるという現象が起きてしまいます。

豆乳のイソフラボンには、エストロゲンと似た形態、働きが認められていますが、その効果として、女性のむだ毛やヒゲに対して抑毛効果があります。

女性でむだ毛やヒゲが生える原因には、相対的な女性ホルモンの不足があり、それによって男性ホルモンの影響が強く出て、むだ毛やヒゲが生えるという現象につながっています。

そのような方が豆乳を飲みますと、イソフラボンがエストロゲンの代わりに女性ホルモンとして機能してくれるため、男性ホルモンとのバランスが取れるようになり、むだ毛やヒゲを生えてこないように抑制してくれます。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンによるニキビ予防・ハリ・ツヤの美肌効果

豆乳イソフラボンには、ニキビ予防、美肌、ハリやツヤのあるお肌にする効果があります。

豆乳イソフラボンのエストロゲン擬似作用による美容効果

イソフラボンは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た形態をして、似たような働きを出来ることにより、お肌の新陳代謝を促して若々しいお肌を作ってくれたり、体全体をふっくら見せたり、お肌の細胞組織をコントロールする機能があります。

女性らしさを演出するエストロゲンの働きがそのまま、イソフラボンでも同様に起こります。

豆乳イソフラボンの抗酸化作用による美容効果

また、イソフラボンは、エストロゲンとしての働きだけでなく、もともとのポリフェノールとしての強い抗酸化作用があります。

ポリフェノールの抗酸化作用は赤ワインやコーヒーで有名ですが、体内で増え過ぎた活性酸素を撃退して、体の酸化を防ぎ、血液をサラサラにして、血流を増やしてくれます。

活性酸素はもともと我々人間の体の中で抗菌作用で体外から入ってきた細菌を殺してくれるもので、無くてはならないものです。

しかし、もともと毒性があり、ストレスが溜まったり、疲労が蓄積しますと、増加し過ぎてしまい、我々の体自身を攻撃してしまいます。

活性酸素が増えますと、体は酸化して、血液はドロドロになり、血流が悪くなって体中に栄養素が行き渡らなくなり、疲れ易くなります。

お肌においても細胞の新陳代謝が行われなくなって、ターンオーバーがされなくなり、保水力が無くなり、弾力性もなくなります。

当然、ニキビ、皮膚の老化、乾燥化やくすみ、たるみ、しわなどが出てくることになります。

それに対して、イソフラボンの抗酸化作用は、お肌の活動を低下させている活性酸素を撃退して血液をサラサラにして、血流を増加させます。

その結果、お肌の新陳代謝が活発になり、細胞活動が復活するとともに、ターンオーバーも復活して、お肌の保水力、弾力性を取り戻して、美肌を取り戻してくれます。

お肌は、さらにニキビ、吹き出物を解消し、乾燥肌、くすみ、たるみ、しわをなくしてくれます。

このように、イソフラボンには、さまざまな美容効果が生まれています。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンの豆乳のイソフラボンの筋トレへの影響

女性の方も筋トレをされる方も増えてきました。

引き締まった体を手に入れて、魅力的な体を作ろうとされるようです。

女性が筋トレを行ないますと、筋肉を増強しようと成長ホルモンや男性ホルモンが増加し、相対的に女性ホルモンが少なくなるため、ヒゲが濃くなったり、むだ毛が多くなったりします。

そこで、筋トレをされる女性に人気なのが豆乳です。

豆乳には良質なたんぱく質が豊富に含まれているため、筋肉増強には打ってつけの飲み物です。

そして、決め手はイソフラボンのエストロゲン擬似作用です。

筋トレをすることにより、相対的に男性ホルモンが優勢になる可能性があります。

しかし、イソフラボンは女性ホルモンの一つであるエストロゲンと形態、働きが非常に似ていることから、体は女性ホルモンと認識して、男性ホルモンとのバランスがとれて、非常に健康的に筋トレを行うことが出来ます。

また、筋トレをしますと、栄養素が筋肉に集中的にいくため、それ以外の部分への栄養補給が少なくなる可能性があります。

イソフラボンには、抗酸化作用による血流増加作用があり、栄養素を体中に送り届けてくれる働きもあり、筋肉以外の栄養不足も解消されます。

従って、豆乳は、女性にとって、筋肉の増強を行なうとともに、女性らしさも維持してくれる貴重な飲み物と言えます。

なお、豆乳が筋肉に与える好影響に関する詳しい情報は「豆乳は筋肉増強に効果的!」にてお伝えしています。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンの更年期障害への影響

豆乳のイソフラボンには、月経が閉鎖した後の更年期障害に対して、その症状を緩和してくれる働きがあります。

女性の更年期障害は、歳を重ねることで女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌が少なくなってくることから生じています。

女性が月経を閉じる時期が近づきますと、卵巣の機能は衰えてくるため、その卵巣から分泌される女性ホルモンであるエストロゲンの量が減少してきます。

そうしますと、脳は卵胞刺激ホルモンというものを分泌して、卵巣にエストロゲンを分泌するように指示を出しますが、年齢を経たことにより卵巣は脳から要求された量のエストロゲンを分泌出来ないため、体内でエストロゲンの減少と卵胞刺激ホルモンの増加というホルモンバランスの乱れが生じてきます。

その結果、更年期障害の症状が生じてきます。

40代の女性はこの時に、子供の教育問題、夫の帰宅時間が遅い、介護などさまざまな生活上の問題も生じてきますので、それらのストレスにより症状はより強く現れることになります。

症状には、のぼせ、冷え性、発汗、ゆううつ感、不眠、肩こり、腰痛などさまざまあります。

これらの症状は更年期を迎えた女性にとっては非常につらいものです。

豆乳イソフラボンの更年期障害緩和効果

この更年期障害の症状を軽減してくれるのが、豆乳のイソフラボンです。

豆乳のイソフラボンは、その形状がエストロゲンに似ており、働きも似ています。

そのため、体内ではイソフラボンをエストロゲンと認知して、ホルモンバランスが取れるようになり、更年期障害の症状が軽減されたり、解消されたりします。

つらい更年期障害に悩まれている方は、是非豆乳を飲まれることをお勧めします。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンの骨粗しょう症への効果

普段から魚や牛乳などでカルシウムを摂取しているつもりでも、女性ホルモンが少ない場合には、骨の中のカルシウムが血液に溶け出して体外に排出されるため、骨粗しょう症になることがあります。

骨粗しょう症は更年期を迎えた女性に多く見られる病気で、その原因となる女性ホルモンはエストロゲンであり、そのの減少により骨粗しょう症が起こり易くなっています。

更年期障害の症状の一つといってもよいかもしれません。

豆乳のイソフラボンは、そのようなエストロゲンの不足による骨粗しょう症に対して効果を発揮します。

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンの代わりになって、骨の中のカルシウムが血液中に溶け出すことを阻止して、骨のカルシウム量を確保して、骨を保護してくれる役割を果たしてくれます。

従って、豆乳のイソフラボンは骨粗しょう症の予防や回復に大きな効果をもたらします。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンのダイエット効果

我々の生活は豊かになり、食事も脂質の多い、美味しいものを食べるようになりました。

そのために、我々の摂取カロリーは増えて、消費カロリーを越える方も大勢います。

消費をオーバーした摂取カロリーは、脂肪として細胞に蓄えられていきます。

そのため、男性は三人に一人、女性は四人に一人が肥満状態になっていると厚生労働省は発表し、メタボリック撲滅に向けて運動を展開しているほどです。

豆乳のイソフラボンは、抗酸化作用があり、体内の増え過ぎた活性酸素を撃退して血液をサラサラにし、血流を増加させることにより、体内に脂肪が滞留しないようにしてくれます。

長期的に飲み続けますと、体質的に脂肪が体内に蓄積しないようにしてくれます。

また、ダイエットを行なう際には、どうしても食事量を制限したりしますので、ストレスを感じてしまいがちです。

このようなストレスは女性ホルモンの分泌を低下させます。

女性ホルモンは食欲を抑制する効果がありますが、女性ホルモンの分泌が少なくなると痩せにくくなると言われています。

豆乳のイソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た形態、働きをするため、ダイエットによるストレスによって分泌の減った女性ホルモンの代替となり、ダイエットがスムーズに進む働きをしてくれます。

豆乳のイソフラボン以外のダイエット効果

さらに、豆乳には、イソフラボンだけでなく、ダイエットに効果のある成分が豊富に含まれています。

もともと、豆乳は肉と似た良質のたんぱく質を大量に含んでおり、脂肪燃焼に効果的であり、食事で摂取した脂質やコレステロールをこのたんぱく質が吸収して、排泄し、中性脂肪を下げてくれる働きがあります。

豆乳のサポニンは、イソフラボンと同じポリフェノールの一種であり、イソフラボンの抗酸化作用を増強してくれるとともに、腸内の柔毛を縮小させて脂肪や糖質の吸収を遅くさせたり、脳の満腹中枢を刺激して食欲を押さえる働きがあります。

腸の柔毛は、小腸において栄養素を効率よく吸収するために輪状のひだがあり、そのひだの表面にさらに小さな突起を作っているものです。

豆乳に含まれるレシチンは、リン脂質と呼ばれるもので、血管のコレステロールを溶かす作用があることにより、イソフラボンの抗酸化作用を支援します。

豆乳のペプチドは、基礎代謝(体温維持などの生存するためのエネルギー消費)を高めるために運動をしなくても脂肪燃焼をさせる効果があり、細胞の脂肪を減らしてくれます。

豆乳のオリゴ糖は、腸内にいる善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌の栄養源となって、腸内バランスを整えてくれるため、便秘解消につながり、体重を落としてくれます。

善玉菌は、腸に対してよい影響を与えてくれる菌のことです。

このように、豆乳には、イソフラボンだけでなく、ダイエットに必要な成分が豊富に含まれているため、高いダイエット効果を得られます。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンの美容効果

豆乳のイソフラボンの美容効果は、抗酸化作用、エストロゲン擬似効果などにより大きく作用しますし、豆乳のほかの成分である豆乳ペプチド、サポニン、レシチンなども抗酸化作用は大きく、イソフラボンなどが浸透し易くしてくれる作用もあります。

このようなイソフラボンの美容効果は既に化粧品として製品化されており、

・化粧水

・乳液

・洗顔用品

・クレンジング

・クリーム

・パック用マスク

・下地

などさまざまな商品を産み出しています。

但し、化粧品には相性などもあり、特に大豆アレルギーのある方の場合には、肌荒れやかゆみなどの症状が出る場合があります。

そこで、豆乳のイソフラボンによる個々の美容効果や化粧品の効能などについて見てみることにします。

 

Sponsored Link



豆乳イソフラボンの化粧水効果

豆乳のイソフラボンを利用した化粧水は、既にいくつかが商品化されており、お肌を保湿して滑らかに整える働きだけでなく、高い抗酸化作用とエストロゲン擬似作用を生かした美容効果には大きな注目が集まっています。

豆乳のイソフラボンの化粧水には、美肌効果、ニキビ予防効果、美白効果、コラーゲン増加効果、むだ毛抑制効果などが認められています。

豆乳イソフラボンの化粧水によるニキビ予防効果

豆乳のイソフラボンを生かした化粧水には、お肌を整えてくれるとともに、ニキビ予防効果があります。

このイソフラボンの化粧水によるニキビ予防効果は、エストロゲン擬似効果によってもたらされています。

女性ホルモンであるエストロゲンは、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどのお肌の組織に含まれる成分を生成する繊維芽細胞や皮脂膜を生成する皮脂腺に影響を与える作用があります。

生理後から整理前の期間には、エストロゲンが少なくなってしまいますので、皮脂が過剰に分泌されて毛穴を皮脂で詰まらせたり、皮脂膜などの形成が遅れて皮膚に直接細菌や毒素が触れることとなり、肌荒れやニキビ、吹き出物を発生させてしまいます。

豆乳のイソフラボンの化粧水は、お肌の患部に塗ることで、その部分の皮膚の毛細血管に入ることで、体はイソフラボンをエストロゲンと勘違いをして皮脂膜や繊維芽細胞の活動が活発になり、皮脂の過剰分泌も無くなり、皮脂膜も再生されるようになるため、皮膚から細菌や毒素を入り込ませなくなります。

そのため、ニキビや肌荒れは解消されていき、ニキビ跡もきれいに治してくれます。

豆乳イソフラボンが含まれる化粧水による美白効果

豆乳のイソフラボンを利用した化粧水は、お肌を整えてくれるだけでなく、さらに抗酸化作用による美白効果があります。

通常、美白効果を求める場合は、お肌のくすみ、シミが原因となります。

豆乳のイソフラボンには、抗酸化作用があり、お肌にしみ込んで皮膚の毛細血管に入ることにより、毛細血管を詰まらせている活性酸素を取り除き、サラサラの血液にするとともに、血流を増加させます。

それによって、お肌の細胞に対して栄養素が行き渡るようになり、お肌の細胞は活発化して新陳代謝機能を高めるため、ターンオーバーのサイクルが回復し、お肌のシミを引き起こしているメラニン色素を体外に排出してくれます。

また、皮脂腺も活動を復活させて、皮脂膜を作り出しますので、お肌の表面の細菌、毒素、ほこりなどを寄せ付けなくしてくれるため、くすみも無くなり、美白のお肌が回復します。

シミ、くすみを隠すのではなく、お肌そのものをきれいにしてくれます。

なお、豆乳のイソフラボンの化粧水については、「豆乳イソフラボンの化粧水の効果について」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンが入った乳液の美容効果

豆乳のイソフラボンを使った乳液は、大豆の種子を使って豆乳を作り、その豆乳を発酵させてアグリコン型イソフラボンを抽出した豆乳発酵液を乳液に入れて作られたものです。

厳選された大豆の種子から豆乳を作っているため、イソフラボンの効果も非常に高い乳液です。

イソフラボンのエストロゲン擬似効果は、女性らしい丸みを帯びた体を作ってくれたり、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなど美容には欠かせない物質を生成する細胞に影響を与えてくれる働きがあります。

そのため、乳液としての最大の役目である保湿力を高めてくれます。

また、それだけではなく、豆乳に含まれるイソフラボンなどの高い抗酸化作用も、直接お肌から浸透することにより、血流を回復させて細胞の働きを高めてくれます。

ターンオーバーも回復し、皮脂膜なども復活しますのでさまざまな美容効果が得られます。

豆乳のイソフラボンが入った乳液の美容効果には、

・美肌効果

・ニキビ、吹き出物予防効果

・美白効果

・コラーゲンなどのお肌の弾力性回復効果

などがあります。

豆乳イソフラボンの乳液によるニキビ予防効果

豆乳のイソフラボンの乳液には、保湿効果のほかに、ニキビや吹き出物の予防効果があります。

イソフラボンの乳液に含まれるアグリコン型イソフラボンは、抗酸化作用とエストロゲン擬似作用があります。

お肌の皮脂腺の皮脂生成活動をコントロールして、皮脂の分泌を増やしたり、減らしたりして、毛穴に皮脂がつまらないようにしてくれますし、表皮の表面に皮脂膜を再生させてくれます。

ニキビや吹き出物は、皮脂膜が外から皮膚に入ろうとする細菌や毒素を跳ね返す力が低下すること、すなわちバリア機能が低下することや、皮脂が過剰に分泌されて毛穴を詰まらせたりすることによって生じています。

皮脂膜が剥がれていたり、再生に時間がかかる場合には、細菌や毒素が皮膚に入り込み、皮脂の詰まった毛穴で炎症を起こしてしまい、ニキビや吹き出物ができるようになります。

そのため、イソフラボンの入った乳液をお肌に塗りますと、乳液そのものの効果や抗酸化作用、エストロゲン擬似作用によって保湿力が高まるとともに、皮脂腺を元気にして皮脂膜を再生してくれます。

そのため、細菌や毒素は皮脂膜によって跳ね返され、お肌を守るバリアーが回復することにより、ニキビ、吹き出物を防いでくれます。

ニキビ跡などもきれいに修復してくれます。

なお、豆乳イソフラボンの入った乳液の効果については、「豆乳イソフラボンの乳液効果について」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンで洗顔した時の効果

豆乳イソフラボンを利用した洗顔は、高い抗酸化作用とエストロゲン擬似作用を生かした美容効果があります。

豆乳イソフラボンによる洗顔には、美肌効果、ニキビ予防効果、美白効果、コラーゲン増加効果、むだ毛抑制効果などが認められています。

豆乳イソフラボンで洗顔した際のニキビ予防効果

豆乳のイソフラボンを使った洗顔は、お顔の汚れを落としてくれる効果はもちろん、抗酸化作用とエストロゲン擬似効果によるニキビ予防効果があります。

ニキビや吹き出物は、皮脂腺のバリア機能の低下や、毛穴に過剰な皮脂が詰まったりすることで、細菌などが入って炎症を起こしたものです。

豆乳のイソフラボンの洗顔を使いますと、毛穴に溜まった皮脂などを洗浄してくれるとともに、抗酸化作用は、増え過ぎた活性酸素を撃退し、血流を増やしてくれます。

それによって、皮膚の細胞は活発化し、新陳代謝機能を高めるため、ターンオーバーが正常に機能するようになり、バリア機能を復活させます。

また、エストロゲン擬似作用は、真皮にある皮脂腺の皮脂の生成量をコントロールして、皮脂の過剰分泌を抑えて、毛穴詰まりによる炎症を抑えてくれ、皮脂膜も回復することで外からの細菌を跳ね返します。

この豆乳のイソフラボンの抗酸化作用とエストロゲン擬似作用の両方の作用により、ニキビのアクネ菌などは毛穴に入ってこなくなり、ニキビや吹き出物はできなくなります。

また、ニキビ跡もターンオーバーによってきれいになります。

なお、豆乳イソフラボンの洗顔効果については、「豆乳イソフラボンの洗顔効果について」により詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンの下地効果

豆乳イソフラボンを利用した化粧下地は、メーキャップの前に塗ることで、メーキャップが直接お肌につくことが無く、しかもその他のイソフラボンの化粧品と一緒に使用することにより、高い抗酸化作用とエストロゲン擬似作用を生かした美容効果があります。

豆乳イソフラボンの化粧下地には、美肌効果、ニキビ予防効果、美白効果、コラーゲン増加効果などが認められています。

なお、豆乳のイソフラボンの下地効果については、「豆乳イソフラボンの下地の効果について」により詳しく記載されていますので、ご覧ください。

豆乳イソフラボンによるクレンジング効果

豆乳イソフラボンを利用したクレンジングは、メーキャップの汚れ、油などを毛穴からきれいに洗い流してくれるとともに、抗酸化作用とエストロゲン擬似作用による大きな美容効果があります。

そして豆乳イソフラボンを使ったクレンジングとともに、その他の豆乳イソフラボン入り基礎化粧品を一緒に使うことで、美肌効果、ニキビ予防効果、美白効果、コラーゲン増加効果などをより高めることが出来ます。

なお、豆乳のイソフラボンのクレンジングについては、「豆乳イソフラボンのクレンジングの効果について」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



豆乳イソフラボン入りの美容クリームの効果

豆乳イソフラボン入りのクリームは、高い保湿効果でお肌に潤いを与えてくれますが、その他の豆乳のイソフラボン入り基礎化粧品と一緒に使用することで、高い抗酸化作用とエストロゲン擬似作用による美容効果が得られます。

豆乳のイソフラボンの入ったクリームを使うことで、美肌効果、ニキビ予防効果、美白効果などが得られます。

なお、豆乳のイソフラボンのクリームについては、「豆乳イソフラボンクリームの効果について」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

豆乳イソフラボンのローション効果

豆乳イソフラボンの入ったローションは、化粧水と同じもので、洗顔や入浴の後にお顔や首筋、喉などにつけて、お肌を整えてくれるものです。

乳液やクリームを塗る前にお肌を整えて塗り易くしてくれます。

豆乳イソフラボンのローションは、それだけではなく、高い抗酸化作用とエストロゲン擬似作用により、さまざまな美容効果が得られます。

抗酸化作用は、活性酸素を除去して血管をサラサラにして血流を増加させることによりお肌の皮膚細胞の活動を活発化させ、セラミド、コラーゲンなどの生成力を高めてくれます。

さらに、ターンオーバーを正常化してくれるため、弾力性、みずみずしさ、透明感を取り戻してくれます。

また、エストロゲン擬似作用は、女性ホルモンの一つであるエストロゲンと形態が似ていることから体内でエストロゲンと間違われることでその働きを発揮できます。

エストロゲンは、皮膚細胞の正常な活動をコントロールしたり、皮脂腺のコントロールもしてくれる働きがあります。

そのため、抗酸化作用によって活発化した皮膚細胞の実際の動きがさらに高まるとともに、皮脂腺も正常に分泌されて皮脂膜がお肌を覆い、細菌などが皮膚の中に入ってこれなくしてくれます。

豆乳イソフラボン入りのローションはその他のイソフラボン入り基礎化粧品と一緒に使うことにより、美肌効果、ニキビ予防効果、美白効果、むだ毛抑制効果などさまざまな美容効果を得られます。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンのマスクやパック効果

豆乳イソフラボンの入ったマスクやパックは、保湿力が高く、潤いを与えてくれます。

美肌効果、ニキビ予防効果、美白効果、コラーゲン増加効果などさまざまな美容効果を楽しむ事ができます。

なお、豆乳のイソフラボンのマスクによるパック効果については、「豆乳イソフラボンのマスクやパックの効果について」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

豆乳イソフラボンの美白効果

豆乳イソフラボンには、高い抗酸化作用を生かした美白効果があります。

豆乳イソフラボンの抗酸化作用は、活性酸素を撃退して、血流増加によって細胞を活性化することでターンオーバーを復活させ、シミ、くすみの原因となるメラニン色素を体外に排出してくれます。

なお、豆乳イソフラボンの美白効果については、「豆乳イソフラボンの美白の効果について」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンのニキビ予防効果

豆乳のイソフラボンは、抗酸化作用とエストロゲン擬似効果によるニキビ予防効果があります。

ニキビや吹き出物は、皮脂腺のバリア機能の低下したり、毛穴に過剰に分泌された皮脂が詰まったりすることで、細菌などが入って炎症を起こしたものです。

豆乳のイソフラボンの抗酸化作用は、ターンオーバーを正常に機能するようにして、お肌のバリア機能は復活させ、エストロゲン擬似作用は、皮脂腺の皮脂の生成量をコントロールして、毛穴詰まりによる炎症を抑えてくれます。

皮脂膜も回復することで外からの細菌を跳ね返し、ニキビや吹き出物をできないようにしてくれます。

また、ニキビ跡もターンオーバーによってきれいになります。

なお、豆乳のイソフラボンのニキビへの影響については、「豆乳イソフラボンのニキビ予防効果について」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

 

Sponsored Link



豆乳イソフラボンのメイク落とし効果

豆乳イソフラボンは、クレンジングなどによりメーキャップの汚れ、油などを毛穴などからきれいに洗い流してくれる効果があります。

イソフラボンを使ったクレンジングは、高い油性分解力でメーキャップ化粧品がお肌に残って毒性などを生じさせないようにしてくれます。

豆乳イソフラボンの肌荒れ防止効果

豆乳イソフラボンの入った基礎化粧品は、高い抗酸化作用とエストロゲン擬似作用により、お肌の荒れを防止してくれます。

お肌の荒れは、体内で活性酸素が増加し、血流が悪くなることで、皮膚細胞の活動が低下し、ターンオーバーがうまくできなくなったり、皮脂腺がうまく皮脂を分泌できず、皮脂膜が破れたり、剥がれたりすることで、細菌などがお肌に直接攻撃することから生じています。

豆乳イソフラボンの入った基礎化粧品を使っていますと、高い抗酸化作用によって活性酸素を撃退してくれますので、皮膚細胞が復活して、新陳代謝機能も高まり、ターンオーバーが復活します。

また、エストロゲン擬似作用により、皮脂膜を作る皮脂の分泌のコントロールがうまく出来るようになり、皮脂膜は正常に機能するようになりますので、細菌や毒素などがお肌を直接攻撃することが無くなり、お肌の荒れは回復していきます。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンが入ったリンクルジェルの効果

豆乳イソフラボンが入ったリンクルジェルは、クリームや乳液があり、しわになり易い目元や口元のお手入れに最適です。

豆乳のイソフラボンの入ったクリームや乳液は、マッサージ効果だけでなく、高い抗酸化作用によって活性酸素を撃退し、皮膚細胞の活動を活発化させてくれます。

それによって、皮膚細胞のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸やセラミドの生成力が高まり、お肌の弾力性、みずみずしさを回復させてくれます。

豆乳イソフラボンの飲み過ぎと副作用

豆乳のイソフラボンの飲み過ぎについては、一日の摂取限度量が食品安全委員会から報告されていますが、それは必ずしも過剰摂取と言う意味ではなく、あくまで長期的に飲む場合の平均的な目安と言われています。

一応、100mg程度になりますが、コーヒーのカフェインのように一度に大量に飲むと急性カフェイン中毒になると言うような健康被害が出るものではなく、平均して100mg以内を飲んでいれば、特に健康被害は出ないと言う意味です。

豆乳イソフラボンの過剰摂取基準

日本食品安全委員会で発表されているイソフラボンの過剰摂取基準は、イタリアで5年にわたって行なわれた研究結果をもとに算出されています。

大豆のイソフラボンをアグリコン換算で一日150mgの錠剤を飲み続けた場合に、子宮内膜増殖症の発生率が高くなったことからその半分に設定しています。

従って、アグリコン換算で一日150mgを越えて飲み続けた場合には子宮内膜増殖症などの健康被害が出る可能性があります。

但し、イタリアの例はあくまでイソフラボンの錠剤であり、最初からアグリコン型イソフラボンとして飲むため消化分解される必要が無く、かなりの割合で体内に吸収されていると考えられます。

それに対して、豆乳の場合は、糖類と結合したグリコシド型イソフラボンの形で含まれており、消化分解されてから体内に吸収されます。

そのため、固形の大豆食品は吸収される量は半分くらいにはなる可能性が高いと言えます。

その点から考えますと、実際に豆乳でイソフラボンを300mg以上を摂取し続けない限り、健康被害の出る過剰摂取にはならないと考えられます。

但し、念のため一日150mg以上の摂取は控えた方がいいと思われます。

豆乳イソフラボンの副作用

豆乳のイソフラボンの副作用は、エストロゲン擬似作用を強く持つゲニステインの影響によって生じてきます。

イタリアの例では、子宮内膜増殖症ですが、国内の報告では、血中エストロゲン濃度の低下と月経周期の延長傾向が出たとされています。

子宮内膜増殖症の場合は子宮体がんになる可能性が1~3%程度あり、リスクになります。

血中エストロゲン濃度の低下や月経周期の延長の場合は、妊活中の女性にとっては非常に重要な障害になります。

豆乳はダイエット効果や美容効果が大きいため、それを得ようと豆乳を何本も飲まれる方は注意してください。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンと相性の良い飲み物や食べ物

豆乳イソフラボンには、さまざまな相性の良い飲み物や食べ物があります。

それらについて見ていくことにします。

アイスクリームと豆乳イソフラボン

豆乳イソフラボンの健康効果は欲しいが、どうも豆乳は苦手だと言う方にとって、豆乳のアイスクリームは非常に摂取し易い食べ物です。

しかも自分で作れます。

材料は、豆乳にグラニュー糖、豆乳ホイップ、バニラエッセンスだけです。

自分で作れば、市販のように添加物が入っていることも無く、甘さも自分で調整できます。

従って、非常に簡単に美味しくイソフラボンを摂取することができます。

しかもイソフラボン量も自在に出来ます。

豆乳アイスクリームの作り方はインターネットで多数紹介されており簡単です。

但し、冷たいものになりますので、内蔵を冷やすことの無いように注意してください。

しかも砂糖類をたっぷり入れてしまいますと、内臓の働きが冷たいことで低下しますし、カロリーも高くなるため、抗酸化作用を生かすことが出来ません。

健康効果を望まれるのであれば、量は少しにして砂糖は控えめにしてください。

杏仁豆腐と豆乳イソフラボン

杏仁もアイスクリームと同じく、豆乳との相性が良い食べ物です。

普通は牛乳で作りますが、それを豆乳を主材料としても杏仁豆腐が作れます。

杏仁は、中国では昔から使われていますが、杏の種子の中にある「さね」と呼ばれる柔らかい部分が使われており、漢方薬としても用いられるだけに健康的な材料です。

利尿作用や、せき、ぜんそくにも効果があり、便秘にも効果があります。

アイスクリームよりは少し難しいものの、豆乳を使った杏仁豆腐のレシピはインターネットで検索するとたくさん出ており、自分で作ることが出来ます。

自分で作ることで、添加物を排除できますし、自分に向いた味を作ることが出来ます。

アイスクリームよりも冷たさが少なく、柔らかいため、内臓にも負担を掛けずにイソフラボンを摂取することが出来ます。

ただ、アイスクリームと同様砂糖類はなるべく控えて作るようにしてください。

ヨーグルトと豆乳イソフラボン

ヨーグルトはご存知のように、ビフィズス菌などの善玉菌を多く含んだ牛乳などから作られるものですが、飲むヨーグルトと豆乳を混ぜて飲むことができます。

それによって、腸をすっきりとしてくれるヨーグルトの効果と抗酸化作用で内臓の血流をよくして活性化させる効果が合わさって、イソフラボンとの相乗効果で、便秘解消などの健康効果や美容効果をさらに強化してくれる飲み物になります。

市販の豆乳ヨーグルトも出ていますが、自分なりにアレンジして豆乳とヨーグルトを併せた方が余分な成分も入らないだけによいと言えます。

コーヒーと豆乳イソフラボン

カフェオレの牛乳の代わりに豆乳を使って飲むものです。

豆乳で割ることにより、コーヒーのポリフェノールと大豆イソフラボンの抗酸化作用がより高く発揮されるとともに、コーヒーのカフェインを薄めることで、カフェインの過剰摂取による副作用の可能性も低下し、利尿効果、脂肪燃焼効果も生きてきます。

しかも、温かく飲めることで、内蔵を冷やすことなく、簡単に出来ることで、ポリフェノールの抗酸化作用はより強い効果を発揮することになります。

特にカフェインの過剰摂取による副作用が心配な子どもなどには最適です。

紅茶と豆乳イソフラボン

紅茶には、ポリフェノールとその仲間のカテキン、タンニン、紅茶フラボノイドなどが含まれており、豆乳のイソフラボンとは成分的に相性は良いと言えます。

両方の抗酸化作用が強化されて、さまざまな健康効果が生まれてきます。

バナナと豆乳イソフラボン

バナナはビタミンB群やビタミンEなどの脂肪燃焼効果をサポートする栄養素が多く含まれており、イソフラボンなどポリフェノール系の抗酸化作用を生かしたダイエットなどにはぴったりの食材です。

豆乳を飲む際に一緒に食べても良いですし、豆乳と一緒にミキサーにかけて飲むことも出来ます。

食品メーカーからもバナナ入りの豆乳が販売されています。

キウイフルーツと豆乳イソフラボン

キウイフルーツも健康フルーツとして注目を浴びていますが、豆乳との相性も抜群です。

キウイフルーツにはビタミンCを始め、食物繊維が豊富に入っており、便秘などの解消にも効果的です。

また、キウイフルーツにはたんぱく質を分解する酵素が含まれており、この酵素は豆乳と合体して大豆ペプチドを大量に作ってくれます。

大豆ペプチドは、脂肪燃焼を促進する作用や免疫力を向上させる働きがあり、抗酸化作用もあります。

このキウイフルーツと豆乳にヨーグルトを入れますと、イソフラボンの吸収が早く促進される効果があり、この三つの材料をミキサーにかけるだけですので、非常にダイエットに最適の飲み物になります。

なお、キウイフルーツの栄養素は、皮に一番含まれており、ミキサーにかける際は皮も含めて入れてください。

黒ゴマと豆乳イソフラボン

黒ゴマには、ビタミンB群やビタミンE、カルシウム、セサミン、アントシアニンなどさまざまな健康成分が含まれています。

これらは脂肪燃焼効果が高く、豆乳イソフラボンによるダイエットには非常に相性も良く、相乗効果が出る食材です。

豆乳と同じ大豆から作られるきな粉と、黒ゴマを併せたものを豆乳に入れた飲料も販売されており、人気になっています。

なお、黒ごまを入れた豆乳にヨーグルトを入れるとさらに効果が高まります。

Sponsored Link



イソフラボンの入った食品

豆乳イソフラボンと同じ大豆から作られて、イソフラボンが入っている健康食品にどのようなものがあるのかを見てみましょう。

大豆食品のイソフラボン含有量は次のようになっています。(アグリコン型換算値)

・豆腐1丁(300g)    約60.9mg

・納豆1パック(50g)   約36.8mg

・油揚げ1枚(30g)    約11.7mg

・豆乳200ml(210g)   約52.1mg

・味噌大さじ1杯(18g)  約 8.9mg

豆腐のイソフラボン

豆腐は豆乳と途中までの製造工程は一緒であり、大豆から作られているだけに、イソフラボンも100g当たり20mgとほぼ豆乳と同レベルで含まれています。

豆腐は、日本人にとって、冷奴、湯豆腐、味噌汁の具、田楽などさまざまな形で食べられており、大豆イソフラボンを意識せずに摂取してきました。

西欧化が進む日本人の食卓ですが、最近ではサラダなどに入れて食べられており、ヘルシーかつイソフラボンなどの健康成分が豊富ということで好んで食べられる方も増えています。

納豆のイソフラボン

納豆は大豆を発酵させて作られる食品ですが、好き嫌いは別にしてこれも昔から日本人の食卓には欠かせない食材でした。

イソフラボンも豆乳よりも多く、100g当たり73mgと非常に豊富であり、2パックも食べれば、一日に必要なイソフラボンを摂取できます。

みそイソフラボン

味噌は、我々日本人には欠かせないもので、お味噌汁を毎日飲むと言う方は多いと思います。

味噌汁以外でも、田楽に塗ったり、ラーメンなど多様に使われています。

ただ、豆腐、納豆に比べますと、一回に使われる量が少なく、イソフラボンは味噌大さじでは8.9mgと豆乳などよりもやや少ない感じがします。

ただ、100g当たりでは49mgであり、しかも他の大豆加工品がグリコシド型イソフラボンの形で含まれているのに対して、味噌の場合にはアグリコン型イソフラボンとして含まれているため、実質的には高いイソフラボン効果が期待でき、体内への吸収効率も非常に高い食品と言えます。

きな粉のイソフラボン

きな粉は昔から和菓子などにはよく使われており、甘いイメージがありますが、それは砂糖が大量に入っているためであり、もともとのきな粉には甘さはありません。

もともと大豆を炒って皮をとった上で挽いて粉にしたものであり、100g当たりのイソフラボンは260mgと非常に多く、最近では健康食材として豆乳に入れたり、さまざまなアレンジが開発され、注目を浴びています。

枝豆のイソフラボン

枝豆は、大豆が熟す前の段階で茎ごと切り取って収穫されたものです。

茹でて鞘から取り出して食べるのが一般的ですが、すり潰してお餅と一緒に食べたりもされています。

お酒のつまみに良く使われてきました。

熟していなくてもイソフラボンは含まれており、100g当たり30mgと豆乳と同じ程度含まれています。

黒豆茶のイソフラボン

黒豆茶は、黒大豆を使ったお茶であり、ノンカフェインのお茶です。

ただ、黒豆茶に使われる乾燥黒豆に含まれるイソフラボンは100g当たり20mg程度であり、そこから煮出すことになりますから、実際の黒豆茶に溶け出しているイソフラボン量は豆乳などに比べてかなり少なくなってしまいます。

他の成分も同様であり、黒豆茶の健康効果が大きいというよりも、ノンカフェインで飲めると言う点の方が大きいように感じます。

Sponsored Link



妊婦と豆乳イソフラボン

食品安全委員会の報告では、妊婦の方やお腹の赤ちゃんに関しては、普段の食生活におけるイソフラボンの摂取に上乗せする形でのサプリメントなどによるイソフラボンの摂取に対して安全ではないとしています。

農林水産省も妊婦がイソフラボンを多く摂取することを推奨していない

農林推進省も食品安全委員会の見解を支持しています。

その背景として、イソフラボンについては動物実験などにおいて一部有害な作用が報告されており、トポイソメラーゼⅡの阻害作用もイソフラボンに認められることが判ってきました。

従って、妊婦の方と胎児については普段の食生活に上乗せすることについては推奨しないとしています。

トポイソメラーゼⅡはDNAの構造を正常に保つ動きを持っていますが、イソフラボンなどのフラボノイド系ポリフェノールには、そのトポイソメラーゼⅡの働きを阻害して、MLL遺伝子の異常を生じさせる可能性があることが報告されています。

なお、MLL遺伝子は乳児の白血病において多く現れる遺伝子であり、白血病の経過や見通しに関係してくる遺伝子のことを言います。

従って、妊婦のお腹の赤ちゃんが白血病にかかって生まれてくる場合、お母さんが普段よりも多くイソフラボンを摂取していた場合、赤ちゃんの白血病が悪化する可能性があることから、リスクとしてはわずかですが、安全性の観点で推奨はされていません。

そのため可能性としては低いものの、生まれてくる赤ちゃんのためには、お腹に赤ちゃんがいる間は普段より多くイソフラボンを摂取することは控えた方がよいでしょう。

Sponsored Link



豆乳イソフラボンと不妊治療

大豆イソフラボンにはエストロゲン擬似作用があります。

このエストロゲンは女性ホルモンの一つですが、女性の体内でどのような働きをしているのでしょうか。

脳の下垂体といわれる部分から卵胞刺激ホルモンが分泌されますと、卵巣が反応して卵巣の中で眠っている卵胞の中から10~20個の受精卵の元が成長を始めます。

そして卵胞の成長が成長していきますと、その卵胞からエストロゲンが分泌され、そのエストロゲンは受精卵が着床できるように子宮内膜を厚くしてくれます。

エストロゲンは、この子宮内膜を厚くする働きにより、生理の終わり頃から分泌量が増え、排卵直前にピークを迎えて受精卵が着床できるように子宮を整えてくれます。

排卵が過ぎてしまいますとエストロゲンの分泌は急激に減少し、再び生理が始まる頃に増え始めるというサイクルを繰り返しています。

従って、このエストロゲンの分泌が不足しますと、妊娠に必要な受精卵の着床がスムーズに行なわれなくなり、不妊の要因の一つとなります。

イソフラボンのエストロゲン擬似作用は、このエストロゲンの不足を補って、子宮内膜の厚みを持たせる作用を代行してくれます。

そのため、不妊治療中はイソフラボンの摂取を多くして、受精卵の着床をスムーズにいくようすることで妊娠につながると考えられます。

Sponsored Link



まとめ

豆乳のイソフラボンは、大豆から作られるだけに栄養価が高く、抗酸化作用とエストロゲン擬似作用という健康や美容に大きな効果を持っています。

最近では、この豆乳のイソフラボンの効果が知られるようになり、豆乳を飲む方も増え、また、この豆乳のイソフラボンを利用した基礎化粧品も多数販売されるようになっています。

また、この健康、美容効果の高い豆乳のイソフラボンとの相乗効果を狙ってさまざまなアレンジが行なわれており、さらにイソフラボンの入った食品の健康効果も注目されています

なお、今回の記事では豆乳に含まれるイソフラボンに焦点を当ててお伝えしてきましたが、豆乳の様々な効果に関しては「豆乳効果で得られるダイエットや美容などの様々な健康効果がもの凄い!」にて詳しくお伝えしています。ぜひ、御覧ください。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • 豆乳イソフラボンの下地効果について

  • 生理不順を豆乳で治す正しい豆乳の活用方法と注意点

  • 豆乳は飲み過ぎに注意!生理不順、アレルギーなど飲み過ぎによるリスクについて

  • 豆乳で胸を効果的に大きくする方法!

  • 豆乳ダイエットのレシピ最新版!

  • 豆乳イソフラボンのクレンジング効果について