1. TOP
  2. 水素水
  3. ペットにも水素水は効果的!副作用なく病気の予防・改善が期待できます!
Sponsored Link

ペットにも水素水は効果的!副作用なく病気の予防・改善が期待できます!

水素水   466 Views

美容や健康に良いと人気の水素水はペットの病気や体調管理にも役立つというを多くの方々が実感しています。

人と同じように呼吸している犬や猫などのペットの不調には活性酸素が大きく関係しています。

そのため強力な活性酸素除去作用を持つ水素水で活性酸素を取り除くことは、私たち人間に役立つだけでなく、同じようにペットにも役立ちます。

ただしペットと人間では水素水を取り入れるときに気をつけるべきポイントが違います。

そこで、

・ペットに水素水を与えることがなぜ良いのか

・水素水を与えることで起こる良いことには何があるのか

・ペットに水素水を与えるときに気をつけるべきポイントは何か

・ペットに最適な水素水の選び方

などについて解説していきます。

Sponsored Link



Contents

水素水はペットにも良い

水素水はペットに与える水として非常に優れています。

なぜなら犬や猫などのペットも人間と同じように活性酸素によって病気になってしまったり不調を抱えてしまったりするからです。

そのため活性酸素を取り除く水素水をペットが飲むと病気が改善していきます。

多くの動物病院で犬や猫の治療のために利用され成果をあげていますし、個人的にペットに水素水を与えることでペットの体調や毛並みの変化を実感している飼い主がたくさんいます。

ここではペットと水素水について、水素水の特徴を解説した後どのようにペットに働きかけてくれるのかを解説していきます。

水素水とは

水素水とは水素豊富水とも呼ばれている通り、普通の水よりも水素がたくさん含まれている水です。

水素がたくさん含まれている水を飲んだり塗ったりすると、水素の働きによって病気の予防や改善につながったり、体調不良が軽くなったりしていきます。

しかもそうした違いを実感するまでに長い時間はかかりません。水素水は使い始めてから違いが出るまでのスピーディーさも特徴です。

こうした働きをもたらす代表的な作用は、水素の活性酸素除去作用と水素分子が小さいことです。

ここでは水素水の代表的な2つの働きについて解説します。

水素水は活性酸素を取り除く

水素水を飲んだり塗ったりすると体内で発生した活性酸素を取り除いてくれます。

しかもその働きは強力で、同じように活性酸素を取り除くビタミンCと比較しても桁違いの働きをしてくれるのです。

活性酸素は様々な病気や不調の原因になります。

私たちが知っている多くの病気の原因は突き詰めていくと活性酸素にありますし、美容に関する悩みも活性酸素が原因ということがほとんどです。

そしてこれは人間だけでなく犬や猫などペットにも言えることです。

そのため水素水の活性酸素除去作用はペットにも良い働きをしてくれます。

水素水は分子が小さいからスピーディーに働く

水素水に含まれている水素分子はサイズが非常に小さいことで知られています。

そのサイズは宇宙で1番小さく、私たちの細胞を構成する分子の隙間を通って自由自在に体内を行ったりきたりすることができるほどです。

もちろんペットの体でも同じで、水素分子は細胞の分子の隙間を通り抜けていきます。

そのため水素を必要としている場所に直接移動して働いてくれるのです。

消化吸収されてから体の各部位に血液の流れで運ばれていく他の栄養と違って即効性が高いのは、水素分子が極めて小さいからです。

しかもペットに水素水を与える場合、人よりも体が小さいので水素が全身に行き渡るのに必要な時間もぐっと短くなります。

そのため水素水をペットに与えると非常に素早く働いてくれるので、短期間のうちに変化を感じることができるのです。

水素水については『水素水とは?』『水素水の原理、仕組みと効果を全て調べました!』もご覧ください。

Sponsored Link



ペットの病気の原因は活性酸素

人と犬や猫などのペットでは体の作りが違います。

そのため人に良い食べ物や成分でもペットには与えてはいけないものもあります。

しかし水素水に関しては人にもペットにも同じように良い影響を与えてくれますので、安心して飲み水に使ってください。

なぜペットにも水素水が効果的かというと、ペットも私たち人と同じように呼吸しているからです。

呼吸する生き物の体内では活性酸素が作られますし、老化に伴って活性酸素の発生量が増加していく傾向も同じです。

そして活性酸素は病気や不調の原因なので、活性酸素を取り除いてくれる水素水を飲むことはペットにとっても健康に役立つと言えます。

しかも犬や猫などペットの場合には、体内に悪玉活性酸素を抑える抗酸化物質が少なく、そのために寿命が短いという説もあるくらいです。

病気の原因となる活性酸素を水素水で取り除くことはペットの病気を予防・改善し、健康な状態で長く一緒にいられるようにする方法と言えます。

ペットの死因になる病気も水素水で予防・改善できる

ペットの死因として代表的な病気は、

・ガン

・心臓病

・腎不全

です。

これらの病気も活性酸素が関わっていることが分かっていますので、水素水で活性酸素を取り除くとで予防・改善ができます。

Sponsored Link



水素水を飲むことで期待できるペットへの効果

ペットに水素水を与えることで期待できる効果には以下のようなものがあります。

・うんちの臭いや口臭・体臭など臭いが減る

・毛のツヤが良くなる

・皮膚疾患の改善

・下痢の改善

・歯周病の改善

・糖尿病の改善

・腎不全の改善

これらの効果は一例です。

こうした明らかな不調が無かったとしても、例えば老化によって元気が無い状態なども水素水によって改善されて元気になっていくことが期待できます。

ペットは人間よりも小さいから水素水の良さを実感しやすい

ペットに水素水を与えると人が飲むときよりも違いを実感しやすいことが予想されます。

1番の理由は犬や猫などペットの方が人よりも体が小さいからです。

体が小さいということは、必要な水素の分量が少なくてすみますし、全身に水素が行き渡るまでの時間も短くてすみます。

そのためペットに水素水を与えると水素水の良さがダイレクトに実感されやすいのです。

Sponsored Link



ペットに飲ませる水素水はミネラルに要注意

犬や猫などのペットも人と同じように呼吸しているので活性酸素が発生していますし、活性酸素が原因で病気や体調不良になったりします。

そのため人の健康に水素水が良いのと同じように、ペットの健康にも水素水が効果的だということが分かりました。

しかしペットの場合には気をつけるべき点が1つあります。

それは水素水に含まれるミネラルです。

ミネラルはペットにも必要!ただし過剰摂取には注意

犬や猫に与える水素水はミネラルに注意しましょう。

なぜなら犬や猫は人より体が小さいためミネラルの過剰摂取になりやすいからです。

ミネラルを過剰摂取してしまうと、嘔吐・下痢・内臓障害などが引き起こされる可能性がありますし、腎臓に障害がある場合にはミネラルの分解ができないことも考えられます。

犬や猫は腎不全が死につながるリスクが人よりも高いと言われていますので、ミネラル豊富な水素水を与えてしまったばかりに逆に体調を悪くしてしまったということにならないよう気をつけましょう。

もちろんペットにもミネラルは必要です。

しかし購入したフードを食べさせている場合には、必要なミネラルがフードのみでまかなえるように作られていますので、水素水で更に追加してミネラルをとる必要はありません。

ペット用の水素水はミネラルの少ない軟水を選びましょう

そこで大切になってくるのがミネラルの少ない水素水を選ぶということです。

水は含まれているミネラルの量によって硬水と軟水に分類され、軟水の方がミネラルが少なくなっています。

そのためペットに水素水を与える場合には軟水を選ぶようにしましょう。

水素水サーバーなどで自宅で水素水を作る場合には、軟水で水素水を作るようにします。

またアルミパウチの水素水を購入する場合には、天然水が使われているものには注意してください。

天然水はミネラル豊富なものが多いので人が飲む分にはもちろん構いませんが、ペットの場合にはミネラル過剰になることがあるからです。

ペットに与える水素水としてペット用水素水を選ぶというのも良い選択です。

ペット用水素水の場合、ミネラルが完全に入っていませんので、フードで1日分のミネラルを摂取した後でも安心して飲ませることができます。

Sponsored Link



ペットへの水素水の飲ませ方

ペットに与える水素水はミネラルに注意しなければいけないということが分かりましたが、飲ませ方はどうなのでしょうか?

ペットに水素水を与えるときの飲ませ方について解説します。

水素水は飲みたいだけ飲ませてOK

犬や猫に水素水を飲ませる場合、特に分量を気にする必要はありません。

普段の水をあげるときと同じように水素水をあげてください。

そうすると犬や猫は自分に必要な分量を見極めて健康のためにベストな分量を飲みますから、飲みたいだけ飲ませてあげましょう。

仮に水素水を飲み過ぎてしまった場合でも、余分な水素は自然と体外へ出て行きますので害になるということはありません。

水素水を与える際の目安の分量は下記の通りですので、最初は目安の分量を参考にして与えると調節しやすくなります。

猫・小型犬:200400ml

中型犬:400ml

大型犬:800ml

水素水を飲みたがらない場合にはノドが乾いているタイミングで与えてみる

実際に水素水をペットに飲ませている人の口コミでは、普通の水よりも水素水の方がよく飲んでくれるという声が多く聞かれます。

しかし水素水の飲み方については個体差がありますので、全ての犬や猫が喜んで飲んでくれるとは限りません。

敏感な犬や猫の場合には、普通の水との違いを察してなかなか飲まないということもあるのです。

もしもペットに水素水を飲ませようとしても飲まなかった場合には、運動後やドライフードを食べた後などノドが乾いていそうなタイミングであげてみてください。

すると嫌がらずにごくごく飲んでくれる可能性があります。

またミルクを数滴加えておくことで飲みやすくなることもありますので試してみてください。

皮膚疾患には水素水を直接患部にかけてあげる

皮膚疾患があるペットには患部に直接水素水をかけてあげるのも有効です。

水素水に含まれている水素分子はとても小さな分子なので、肌の上からでも内側に入っていくことができます。

そして水素を必要としている場所へ移動して活性酸素を取り除くのです。

水素水は抗炎症作用もありますので、皮膚疾患によって引き起こされている炎症を抑えてつらいかゆみを取り除いてくれる働きもあります。

そのため水素水を患部にかけてあげることで、つらい症状を抑えながら皮膚疾患の治療ができるようになります。

ペットに与える水素水も毎日続けるのがベスト

水素水のベストな与え方は、毎日定期的に飲ませることです。

水素の活性酸素除去作用で活性酸素が取り除かれたとしても、普通に生活しているだけで自然と体内では活性酸素が作られていきます。

そのため1日にたくさんの水素水を与えたから翌日は与えなくて大丈夫、というわけではないのです。

1週間に1度まとめてたくさん飲ませるよりも、毎日少しずつ飲ませた方が水素水の働きを実感できます。

毎日必ず水素水を入れ替える

また水素水は毎日必ず取り替えるようにしてください。

水素水は高価なので飲み残しがあるとついもったいなくてそのままにしてしまいがちです。

しかし開封済みの水素水からはどんどん水素が抜けていき、およそ20時間後には水素が無いただの水になってしまうことが分かっています。

そのため飲み残した水素水は必ず処分して、翌日は新しい水素水を入れてあげるようにしましょう。

衛生面から見ても水素水は毎日必ず入れ替えることが大切です。

Sponsored Link



ペットのために最適な水素水の選び方

ペットの健康のためにも有効な水素水ですが、人が飲む場合とは違ってミネラルが含まれているかどうかはきちんと確認しておきましょう。

ペットがミネラル豊富な水素水を飲むとミネラル過剰になってしまう可能性があるからです。

ではペットに最適な水素水とはどのようなものなのでしょうか?

最適な水素水の特徴と選び方について解説します。

ミネラルが豊富に含まれている水素水はペットには不向き

ミネラルが多く含まれている硬水は犬や猫などペットが飲むのには不向きです。

人が飲む場合には、不足しがちなミネラルが摂取できる硬水は体調管理に良い影響を与えることも多いです。

しかし人と違いフードで必要なミネラルをきちんと摂取している犬や猫は、飲み水から更にミネラルを摂取するとミネラル過剰になってしまいます。

そのためミネラルが豊富に含まれている水素水を使用している場合には、ペットの飲み水として使うことは避けるべきと言えるでしょう。

ミネラルの過剰摂取の結果、腎機能に過度の負担をかけてしまったり、結石ができてしまう恐れもあるのです。

ペットに最適なのはミネラルの少ない軟水

そのためペットに最適な水素水はミネラルの少ない軟水で作られたものです。

日本の水道水は軟水なので、水道水をもとにして水素水を作るという場合には、まずペットにも安心して与えられます。

気をつけなければならないのは、天然水などを購入してその水で水素水を作る場合や、アルミパウチの水素水を購入するという場合です。

その場合ミネラルの含有量は商品によって違いますので、ペットへの負担の少ない軟水であることを確認するようにしましょう。

ミネラルが入っていない水素水もあります

またペット用の水素水として販売されている商品の中には、ミネラルが全く入っていない水素水もあります。

ミネラルが過剰になってしまうのではないかとどうしても心配な場合や、既に腎機能が弱っているという場合には、ミネラルが入っていない水素水を選ぶのが正解です。

ペットの体調に負担になる可能性のあるミネラルが無いので、水素水の良さを存分に活かしてやることができます。

アルミパウチのペット用水素水は手軽に使えて便利

できるだけ手軽にペットにも水素水を与えたいという場合には、アルミパウチ入りのペット用水素水を選びましょう。

アルミパウチ入りなら開封するだけですぐにペットに水素水を与えられます。

水素水は開封するとどんどん水素が抜けていってしまいますので、開封したら当日中に飲みきることが必要です。

ペット用水素水の中にはペットが1回飲むのに便利なサイズの水素水もありますので、常に水素が豊富な状態の水素水を飲ませてあげたいのなら、ちょうど飲みきれるサイズのアルミパウチを利用するのが良いでしょう。

多頭飼いなら水素水サーバーがお得

ペットが1匹や2匹ならアルミパウチの水素水を飲ませることもできますが、多頭飼いをしている場合にはそれだと経済的に負担が大きくなってしまいます。

また多頭飼いではなくても長い期間水素水を飲ませ続けたいとか、ペットだけでなく家族全員で水素水を使いたいという場合にも水素水サーバーがおすすめです。

水素水サーバーは購入するための費用が高いですが、長くたくさん使えば使うほどお得になります。

使う水に軟水を選べばペットに与えるのに安心な水素水を自宅で作ることができますし、作りたてを与えることができるので水素が豊富な状態で飲ませることができるのも魅力です。

Sponsored Link



水素水はペットの病気や体調を整えるのにも役立ちます(まとめ)

水素水は人の健康維持や病気の予防改善・美容などの目的で広く利用されるようになりました。

水素水が体の様々な不調改善に良いのは、多くの不調の原因が活性酸素にあり、水素がその活性酸素を強力に除去してくれるからです。

活性酸素は人だけでなく呼吸をしている動物ならほとんどが体内で自然に作り出しています。

そのため犬や猫などのペットの病気や不調も活性酸素が原因であることが多いので、水素水を飲むことはペットの健康にも役立ちます。

ただしペットに与える水素水はミネラルの含有量に気をつけなければいけません。

犬や猫はフードで必要なミネラルがとれるようになっているので、水素水でミネラルをとってしまうとミネラル過剰になってしまう可能性があるからです。

ミネラルはペットでも適量は必要ですが、過剰になると不調の原因になります。

そのため水素水を与える場合には、ミネラル分の少ない軟水の水素水やペット用のミネラルが含まれていない水素水を選ぶのがベストです。

上手に水素水を選んでペットの健康管理に役立てていきましょう。

ペットに対する水素水の働きについては『水素水が犬の健康に効果的な理由とは?』『猫に水素水を与えた場合の効果について』もご覧ください。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水ダイエットの効果を徹底解説!

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 炭酸水の洗髪効果が凄い!育毛・頻度・作り方・方法・やり方を完全解説します!

関連記事

  • 水素水入浴の効果がもの凄くておすすめ!水素水入浴のやり方とメリット・デメリットについて

  • 水素水の美容効果はもの凄い!化粧水より美容に最適な理由とは?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • 水素水の作り方を徹底解説!

  • 水素水の作り方・買い方・飲み方最新版!

  • 水素水と硬水を飲むダイエット体験談 4か月の短期集中で効果はあるのか?