1. TOP
  2. 白湯
  3. 白湯のアレンジ方法のすべてをお伝えします!
Sponsored Link

白湯のアレンジ方法のすべてをお伝えします!

白湯   10,148 Views

白湯による健康や美容における効果はとても素晴らしいものがあります。

白湯はお金もかからない、簡単であるというメリットがありますが、その一方で毎日朝昼晩寝る前に飲むことが単調で飽きてしまうという人もおられるのではないでしょうか?

このようなときにおすすめなのが、白湯をアレンジして飲む方法です。

様々な白湯のアレンジ方法をご紹介しますが、アレンジするものを色々組み合わせることにより相乗効果をもたらしてくれます。

白湯をアレンジすることを楽しみながら、ぜひ長期間にわたり白湯による健康法と美容法をお続けください。

Sponsored Link



Contents

レモン白湯

レモン白湯は吹き出物の改善と美肌効果のある飲み物です。

レモンはビタミンCとクエン酸が豊富ですので、ぜひお試しください。

材料はレモン汁を数滴。

まず、きれいな水1リットルをやかんに入れてふたをしたまま強火で沸かして下さい。

換気扇も回します。

沸騰したら蓋を取り、火を弱めにして10分から15分間沸かします。

出来上がった白湯にレモンを数滴入れます。

このとき、塩を1つまみ入れて飲みます。

レモン白湯は便秘改善、風邪の予防、疲労回復にも効果的です。

生のレモンではなく、ポッカレモンなどの市販品を使っても大丈夫です。

レモンの皮+はちみつ白湯

最近の研究で、レモンを日常的に摂取している人は、腸内で脂肪や糖の代謝に関わる善玉菌「アディポネクチン」の濃度が高いという報告があります。

アディポネクチンは、若返りホルモン、肥満抑制ホルモンとも呼ばれています。

真皮繊維芽細胞のヒアルロン酸の合成を促す効果があり、脂肪が蓄積されにくい体を作ってくれます。

アディポネクチンの分泌を促すのは、レモンの皮に含まれているポリフェノールです。

つまり、レモンの皮を白湯と一緒に摂ることが必要です。

レモンの皮をすりおろしてカップの中に入れ、カップの中にお湯を注ぐという方法があります。

忙しい人はレモンの皮の粉末をカップの中に入れると良いでしょう。

レモンの皮の粉末は通販などで簡単に手に入ります。

レモンの皮の粉末はティースプーンに軽くひとさじをカップの中に入れて、お湯を注ぎます。

少し苦いですが、飲みづらくはありません。

あるいは、時間が空いてる時にレモンをスライスして、はちみつの中に漬けておき、スライスしたレモンをカップの中に入れて、お湯を注ぐ方法もあります。

レモンのはちみつ漬けの作り方

レモンのはちみつ漬けの作り方は簡単です。

スーパーなどでレモンを買い求め、水でよく洗い、キッチンペーパーなどで水気を拭き取ります。

まず、レモンをスライスしてください。

あらかじめガラス製の広口びんかタッパーを準備しておきます。

はちみつ、スライスレモン、はちみつ、スライスレモンという具合にびんの中へ漬け込んでいきます。

このようにするとレモンの酸っぱさがなくなり、おいしく食べることができます。

はちみつ漬けのレモンは.冷蔵庫に保存します。

室温状態にすると、すぐにカビが出てくるからです。

また、レモン白湯にしょうがを入れることにより、体を温めることができます。

レモン白湯の効果

レモン白湯には多くの効果があります。

ダイエット、むくみや便秘の改善、美肌、アンチエイジング、冷え性の改善、疲労回復、など多くの効果がありますので、毎日続けることにより美容と健康に良い飲み物です。

ただ、消化器内科の医師によれば柑橘系の果物は摂りすぎると胃腸を痛めてしまう可能性があります。

自分の健康と照らし合わせながら、飲むようにしてください。

レモン白湯の効果に関する詳しい情報は「レモン白湯の効果について」でお伝えしています。

Sponsored Link



しょうが白湯

しょうが白湯を飲むことによってダイエット効果が得られます。

材料は生姜のスライスを2枚か3枚と水1リットルです。

きれいな水としょうがをやかんに入れて蓋をして、強火で沸かします。

同時に換気扇を回します。

沸騰したら蓋を取って、弱火にして10分から15分沸かします。

これで出来上がりです。

疲れて体がだるい人にもしょうが白湯は効果を発揮してくれます。

しょうがのスライスがないようでしたら、チューブ入りのしょうがでもかまいません。

または、スーパーなどの調味料コーナーにジンジャーパウダーがありますので、これを使っても効果があります。

冷え性を改善して、毒出し効果もありますので、しょうが白湯はお勧めです。

しょうが白湯は普通の白湯より浄化能力が強いので、飲み過ぎは禁物です。

また、胃潰瘍など胃の病気を持っている人は飲まない方が良いでしょう。

 

Sponsored Link



はちみつ白湯

古来、はちみつはやけど、口内炎などを治す薬として使われてきました。

古代エジプトでもはちみつを薬として使う方法についての記録が残っています。

はちみつの約4割がブドウ糖、約5割が果糖からできています。

その他にビタミンミネラルなど多くの栄養素が含まれています。

はちみつのブドウ糖はエネルギーとして代謝されるのが早いので、体に入るとすぐに吸収されてエネルギーに変換されます。

はちみつには強力な殺菌作用があります。

はちみつにはグルコン酸が含まれています。

グルコン酸に殺菌消毒作用があります。

また、はちみつには疲労回復効果があります。

疲労しているときにすばやく体力を回復させる効果があります。

口内炎があるときには、はちみつを口内炎の患部に直接塗るか、あるいは水にはちみつを溶かして口をゆすぐことにより口内炎の症状が治まります。

二日酔いにも効果があります。

二日酔いの防止や二日酔いの解消に効果的です。

はちみつには整腸作用がありますので、普段から摂取していれば、便秘の予防になります。

さらに、高血圧と動脈硬化の予防にもなります。

このようにはちみつには多くの効能があります。

はちみつ白湯の作り方

はちみつ白湯の作り方は、お湯を沸かして150 mlをカップの中に入れ、少し冷ましてからはちみつをティースプーン1杯入れて飲みます。

以上のように様々な効果があるはちみつですが、 1つ注意しなければならないことがあります。

はちみつにはボツリヌス菌がごく稀に混入していることがありますので、厚生労働省では1歳未満の乳児にはちみつを食べさせないように指導しています。

はちみつ白湯については「白湯とはちみつの相乗効果について」にて詳しくお伝えしています。

Sponsored Link



にがり白湯

にがりとは、海水から塩を作る際に最後に残った液体です。

スーパーなどの食塩コーナーに並んでいますので、これを購入して利用します。

塩化マグネシウムを主成分として、塩化カリウム、塩化カルシウム、など60種類以上の海洋ミネラルが含まれています。

カップの中に熱い白湯を150 mlほど注いで、にがりを数滴入れます。

ミネラルを補給する目的の時は空腹時に飲むようにします。

ダイエットが目的の場合、食事中に飲みましょう。

にがりの主成分であるマグネシウムは市販されている下剤の中に入っていますので、摂りすぎると下痢を起こすことがあります。

にがり白湯の効果

にがりには多くの効果効能があります。

にがりに含まれている鉄分、セレン、亜鉛、銅、マグネシウム、カルシウムにより、白髪や薄毛など髪のダメージを改善する働きがあります。

食前ににがり白湯を飲めば、インスリンの上昇を抑えることができますので、肥満を防ぐことができます。

にがりの成分である塩化マグネシウムは脂肪燃焼を促したり、老廃物や余分な水分を輩出したりする働きがあります。

このため、新陳代謝を活発にするので、短期間でダイエット効果が得られやすくなります。

ただ、飲むだけでなく適度な運動も必要です。

それから、にがりを摂取するようになってから花粉症が改善されたという報告もあります。

にがりは様々な効果をもたらしてくれますが、摂りすぎは禁物です。

高血圧になる可能性もありますので、摂取量については気をつけてください。

 

Sponsored Link



ココア白湯

白湯を150 mlカップに入れて、砂糖やミルクが含まれていない純ココアを大さじ半分溶かして飲むだけです。

ココア白湯は美肌を作り、アンチエイジング、便秘の解消、冷え性の改善、ダイエット効果もあります。

ココアにはポリフェノール、食物繊維などの有効成分が豊富に含まれています。

「テオブロミン」というリラックス効果をもたらす成分も含まれています。

毎日ココア白湯を飲むことにより、きれいになり、便秘からも解放されます。

ココアに関する様々な詳しい情報は「ココア」のカテゴリーにてお伝えしています。

Sponsored Link



わさび白湯

本わさびをすりおろします。

小さじ2分の1ぐらいの量をカップの中に入れて、お湯を注ぎ、よくかき混ぜて飲みます。

わさびには「スルフィニル」という成分が含まれています。

わさび白湯のスルフィニル効果

スルフィニルはポリフェノールよりも強い抗酸化作用があります。

スルフィニルの働きにより体や肌の老化を防ぐことができます。

また、毛根の細胞再生を促し、育毛に効果があるということで研究が進められています。

美肌効果や美白効果もあります。体内にたまった有害物質の解毒を促して体の外へ排出する働きもします。

消化器官の機能回復を高めるので、腸内環境を整えてくれます。

そのため、肌の状態も良くなります。さらに、ダイエット効果やむくみ改善の効果も期待できます。

わさびの香りには睡眠から覚醒させる作用がありますので、朝わさび白湯を飲むことにより、すっきり目覚めることができます。

1日3 gの摂取をおすすめします。

一般にスーパーで入手できる120円ぐらいのチューブ入りわさびは、西洋わさびと本わさびをブレンドしたものです。西洋わさびには本わさびのような効果を期待することはできません。

生の本わさびを入手するか、あるいは大きなスーパーやデパートの地下に本わさびのチューブ入りが600円ぐらいで売られていますので、それをお使いになるのも良いでしょう。

Sponsored Link



バラ白湯

乾燥させたバラのつぼみあるいは花びらをカップに入れて、お湯を注ぎます。

蓋をして1分間蒸して出来上がりです。

つぼみや花びらは食べないで残してください。

バラ白湯の効果

バラにはビタミンCやポリフェノールを豊富に含んでいます。

美肌効果とシミやシワを減らすなどアンチエイジングに効果があります。

バラの花びらは乾燥させても良い香りがして、様々な効果があります。

女性ホルモンのバランスを整える作用がありますので、月経前のイライラや更年期障害の症状を緩和することができます。

疲労回復、風邪の予防、冷え性などにも効果があります。

便秘や花粉症などを改善する働きもあります。

バラの香りは気分をリラックスさせる効果もあります。

さらに、腸の働きを整えたり、悪玉細菌の増殖を抑えたりする効果もあります。

妊娠中の方は飲むのを控えてください。

リラックス効果がありますので、香りだけお楽しみください。

バラの花びらは以上のように美容に大変な効果がありますが、高価であるのがネックでしょう。

Sponsored Link



ごま白湯

ごまはインドのアーユルヴェーダでも薬用植物として重宝されています。

すったごまをカップの中にティースプーン1杯ほど入れ、熱いお湯を入れます。少し冷めたら飲みます。

ごまには多くの栄養素が含まれていますので、ごまもお召し上がりください。

アミノ酸やビタミン類を豊富に含んでいるので、古来、ベジタリアンたちの栄養素として珍重されてきました。

ごまは縄文時代の遺跡から出土していますので、かなり昔から使われていたことがわかります。

もともと貴族の食べ物でしたが、庶民にも食べられるようになったのは江戸時代です。

ゴマ白湯の効果

ごまには強力な抗酸化力があります。

「ゴマリグナン」という有効成分が含まれています。ゴマリグナンは強力な抗酸化力を持っており、老化防止、生活習慣病の予防に効果を発揮します。

ゴマリグナンの中で最も強い抗酸化力を持つと言われてるのが「セサミン」です。

セサミンを摂取するには1日10 mg 、ごま約3,000粒が必要です。 3,000粒というとかなり多い量をイメージしてしまいますが、大さじ1杯約9 gに満たない程度でじゅうぶん抗酸化作用があります。

老化防止や生活習慣病の予防に効果があります。

食物繊維が豊富なので便秘の改善に役立ちます。ごまには排便をスムーズにするオレイン酸が含まれていますので、硬い便に悩んでいる方の強い味方です。

また、代謝低下を改善してくれるのでダイエットのサポートになります。

精神を安定させるカルシウムを豊富に含んでいますので、精神不安定・ストレス対策にも効果を発揮しています。

さらに、貧血や冷え性の改善にも役立ちます。

貧血が改善されるので、血液がふじゅうぶんなために発症する血行不良や冷え性、顔色の悪さなどの改善を期待できます。

摂取することにより美髪を保ち、抜け毛を防ぎます。

セサミンは女性ホルモンのエストロゲンの作用があります。

そのため、美肌を維持することができます。

ごまには黒い色のものと白い色のものがあります。

黒ごまは肝臓や腎臓の機能低下を防ぐ働きがあります。

白ごまはホルモンバランスを整え、閉経後の骨粗しょう症予防に有効です。

粒のままですと効果はありませんので、必ずすり鉢などですったごまを利用するか、あるいはすった状態のごまを買ってきて使います。

それほど高い食材ではありませんので、大いに活用したいところです。

Sponsored Link



食用菊白湯

食用菊の料理として、おろし和え、酢の物、天ぷらなどがあります。

スーパーなどで生の食用菊が売られていますが、通販で乾燥した食用菊を取り寄せることもできます。

食用菊にはビタミンB1 、ビタミンB 2、ビタミンE 、マンガンやカリウムなどが含まれています。

目の痛みや視力改善、高血圧症状などの改善に食用菊が有効とされています。

食用菊白湯の作り方は、食用菊の花びらの部分をカップに入れて、熱いお湯を注ぐだけでできます。

食用菊は漢方薬としても使われています。

 

Sponsored Link



アンズ白湯

日本で栽培されているアンズは酸味が強いので、そのまま食べることはできません。

ドライフルーツ、ジャム、シロップ漬けなどに利用されています。

アンズは古来、日常食べるものではなく、薬として種を使ってきました。

アンズは疲労回復、夏バテ、むくみや便秘の予防、腸内フローラの改善、冷え性、ドライアイ、老化防止、肌荒れなどに効果があります。

アンズ白湯はアンズジャムか干しアンズを使います。

カップの中にアンズジャムか干しアンズを入れて、熱いお湯を150 ml入れて作ります。

アンズは果物類の中でもトップクラスのβカロチン、食物繊維、クエン酸などが豊富に含まれており、鉄分やカリウムなどのミネラルも豊富に含まれていますが、糖質が多いので食べ過ぎには注意しましょう。

Sponsored Link



キクラゲ白湯

中華料理の中に入っているキクラゲはキノコの1種です。

キクラゲには黒キクラゲと白キクラゲがあります。

キクラゲは古くから中国で、貧血や便秘の解消に効果があるとされ、薬として使われていました。

キクラゲはカルシウム、鉄、食物繊維、ビタミンDが豊富に含まれています。カリウムやマグネシウムなどミネラル類やビタミンB群、葉酸なども含んでいます。

ビタミンDは骨の新陳代謝の過程で必要とされる成分です。

骨粗しょう症の予防や生活習慣病の予防などにも効果があります。

また、免疫力を向上させる働きもあります。

さらに疲労回復、強壮、老化防止、疲労回復などに効力を発揮します。

キクラゲのカロリーは、水などで戻した状態で100グラム当たり13キロカロリーと低カロリーです。

その上食物繊維が非常に多く含まれており、キクラゲの食物繊維の大半は不溶性食物繊維なので、有害物質を吸着して体外に排泄させたり、腸の蠕動運動を促す働きもあります。

キクラゲは胃の中で水分を吸収して膨らむので、満腹感が長く続きます。

貧血や鉄不足は体だけでなく美容にも関係します。

血液中の酸素量が低下するので、顔色がくすんでしまいます。

こうなると、肌の細胞が荒れてしまう、コラーゲン生成も低下してしまう、シワも増えてしまうなどのトラブルに見舞われますが、キクラゲを摂取することにより、改善が期待できます。

特に白キクラゲには美肌効果があり、中国では美肌食材として大変な人気があります。

白キクラゲには「白キクラゲ多糖体」と呼ばれる成分が含まれています。

白キクラゲ多糖体はヒアルロン酸を超える高い保水力がありますので、継続して食べることにより、乾燥肌、シワ、シミなどの改善に高い効果があります。

きくらげ白湯の作り方

キクラゲ白湯の作り方を説明します。

キクラゲの硬い部分を取り除き、水でよく洗い、カップの中に入れます。

キクラゲは水分を与えられると、 5倍ほどに膨らみますので、ほんの少しでもかまいません。

キクラゲを入れたカップに沸騰したお湯を200 ml入れます。

適度な温度になったら、飲みます。

キクラゲは捨てないで食べるようにしましょう。

食べづらいときにはポン酢などを入れて食べると良いでしょう。

Sponsored Link



クコの実白湯

クコの実は古来、生薬として利用されてきました。

クコの実には100種類以上のミネラルやビタミン類が含まれています。

食物繊維やポリフェノールなども含まれています。

クコの実白湯の効果

クコの実白湯は体が酸化するのを防ぐ働きがありますので、生活習慣病の予防改善から、老化や肌トラブルなどアンチエイジングに効果があります。

しみ、シワ、たるみなどを改善しますので、楊貴妃もクコの実を食べていたという説もあるほどです。

クコの実はコラーゲンを構成する「ヒドロキシプロリン」を合成する働きがあることも判明しています。

さらには体内のコラーゲンを守る働きもあります。

アンチエイジングや美肌効果以外の働きとして、冷え性や肩こり、むくみなどの改善にも役立ちます。

さらに、疲労回復や代謝促進効果も期待できます。

視力低下や白内障、緑内障などの予防にも役立ちます。

クコの実白湯の作り方は、カップの中に10粒ほどクコの実をいれて、熱いお湯を注ぎます。

クコの実も召し上がるようにしてください。

イチジク白湯

イチジクはメラニン色素を抑えることにより美白効果が期待されているポリフェノール類が豊富に含まれています。

活性酸素を抑え、細胞の老化を防いでくれる作用が高いので、美肌やアンチエイジングの食材として知られています。

また、食物繊維が含まれていますので、便秘の改善や腸内の善玉菌による美肌効果も期待できます。

イチジクには女性ホルモンと同じような構造を持つ植物性エストロゲンが種に大量に含まれています。

そのため、不妊症や更年期障害などの改善に役立ちます。

作り方は、カップの中にイチジクのジャムをスプーン1杯入れて、熱いお湯を注ぎます。これで出来上がりです。

Sponsored Link



プルーン白湯

プルーンは血液を作るために必要なビタミン類がバランスよく含まれています。

そのため貧血の改善に役立ちます。

プルーンは水溶性食物繊維が豊富です。

便秘の改善だけでなく、腸内善玉菌を増やす働きがあります。

体内の余分な水分を排出させる働きのあるカリウムを豊富に含んでいますので、むくみの予防や改善に効果があります。

健康効果については、悪玉コレステロールを低下させる働きがあります。

動脈硬化が発症するのを抑えるという研究報告があります。

作り方は、乾燥したプルーンをカップの中にひとさじ入れて、そこに熱いお湯を注いで出来上がりです。

大根おろし白湯

大根にはダイエットやアンチエイジングに効果のある成分が含まれています。

大根に含まれるイソチオシアネートという辛味成分が代謝を上げてくれますので、ダイエットに効果があります。

また、大根にはジアスターゼが含まれておりまして、これもダイエットとアンチエイジングに役立ちます。

大根には優れた働きがあります。

消化不良を改善したり、二日酔いを治したり、便秘を解消したり、など多くのメリットがありますので、積極的に摂りたい食品です。

大根の有効成分は大根の先端部分と皮に多く含まれていますので、皮を取り除かないでおろしてください。

大根白湯は、大さじ1杯分ぐらいのおろし大根をカップに入れて、 200 mlの熱いお湯を入れて出来上がりです。

キウイ白湯

キウイにはビタミン類、食物繊維、クエン酸、リンゴ酸などを豊富に含んでいます。

特にビタミンCの含有率はイチゴやオレンジよりも多いです。

それから、キウイにはバナナ2本分の食物繊維も含んでいます。

そのため、便秘の予防に役立ちます。

その上、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整える作用もあります。

ビタミンCやビタミンEが豊富に踏まれていますので、紫外線などで受けたダメージを回復させ、しみ、しわ、たるみなどの予防や改善にも効果があります。

キウイ白湯の作り方は、キウイを薄切りにしてカップの中に入れます。

そこへ熱いお湯を150 ml注いで出来上がりです。

Sponsored Link



ゴーヤ白湯

ゴーヤの原産地は熱帯アジアです。

日本では沖縄と南九州で栽培されていましたが、育てやすいので家庭菜園でも作られています。

スーパーなどで1本200円前後で売られているゴーヤは未熟な果実で、果肉は苦いです。

そのため、ニガウリと呼ばれることもあります。

ゴーヤ白湯の作り方

ゴーヤには様々な効果があります。

夏バテ、疲労回復、食欲がないとき、血糖値が気になるとき、血液をサラサラにしたいとき、血圧が高いとき、むくみや便秘のとき、ダイエット、アンチエイジング、シミ、肌荒れ、などに効果が期待できます。

ゴーヤにはトマトやきゅうりなどの約5倍のビタミンCがあります。

ゴーヤの苦味成分モモルデシンは胃腸の粘膜を保護したり、食欲を増進したりする働きがあります。

モモルデシンは自律神経のバランスを整える働きがあるので、体のだるさを改善することができます。

ゴーヤの種には脂肪酸の1種である共役リノレン酸が含まれています。

共役リノレン酸は脂肪の分解と代謝を促進する効果が報告されています。

ただ、スーパーで売られている未熟なゴーヤの種には共役リノレン酸は含まれていません。

ゴーヤ白湯の作り方

ゴーヤ白湯の作り方をご紹介します。

ゴーヤを購入して、表面をよく洗ってからすりおろします。

すりおろしたゴーヤをカップの中に入れ、熱いお湯を150 ml入れて出来上がりです。

ゴーヤは粉末になっている商品もありますので、こちらをお使いになることもできます。

ゴーヤの粉末を選ぶときは、種が入っているものを選ぶようにしましょう。

Sponsored Link



梅干し白湯

普段見慣れている梅干しですが、梅干しには多くの効果効能があります。

夏など食欲がないときに梅干しを食べると、消化液が分泌され、胃腸が活発に動くようになるので、食欲が湧いてくると言われています。

梅干しに含まれる梅ポリフェノールには血流を良くし、血管の老化を防ぐ働きがあります。

血液がサラサラになりますので、動脈硬化や脳梗塞を防いでくれます。

マグネシウム、カリウム、鉄分、カルシウムなど多くのミネラルを含んでいますので、美肌効果や髪の毛を美しく保つ働きがあります。

骨粗しょう症の予防にはカルシウムが必要です。

ところが、カルシウムやカルシウムを含んでいる食物をとっても体に吸収されづらいです。

梅干しに含まれているクエン酸はカルシウムを吸収されやすくしてくれます。

そのため、骨粗しょう症の予防に役立ちます。

また、疲労回復、アンチエイジング、生活習慣病の予防にも効果を期待できます。

さらに、ダイエットのサポートにもなります。

梅干し白湯の作り方

梅干白湯の作り方は簡単です。

梅干をカップに入れて、熱いお湯を150 ml入れるだけです。

ただ、いくら効果効能のある梅干しでも1日にたくさん食べるのはNGです。

1日1個を目安にお召し上がりください。

ミント白湯

ミントにはメントールが豊富に含まれています。

メントールは清涼感のある成分で、強い抗菌効果や血管を広げる効果があります。

また、ミントにはポリフェノールの1種であるフラボノイドも含まれています。

フラボノイドは強い抗酸化作用を持っていますので、細胞の老化防止効果が期待できるほか、がんの予防にも効能があると言われています。

ミントにはビタミンCも含まれていますので、美白や美肌を望む女性におすすめのハーブです。

ミントの香りはストレスを和らげる効果があります。

他の作用として、血圧の上昇を抑えて、アレルギー症状の改善をするなどの効果や効能があります。

ミント白湯の作り方

ミント白湯の作り方は、カップの中にミントの葉を3枚前後入れて、熱いお湯を注ぎます。

ミントには粉末にしたものも通販で手に入りますので、これを利用するのもよいでしょう。

Sponsored Link



昆布白湯

昆布には多くのビタミン類とミネラル、食物繊維などが含まれています。

昆布に含まれる「ラミニン」というアミノ酸は血圧を下げる作用があります。

カリウムを豊富に含んでいるので、体内の余分なナトリウム(塩分)を尿と一緒に排泄してくれるので、高血圧の改善に役立ちます。

ヨウ素の含有量はさまざまな食品の中でトップクラスです。

ヨウ素は子供の発育を促したり、基礎代謝を高めたりする作用があります。

動脈硬化の予防、血糖値抑制作用、糖尿病の予防改善、整腸作用、ダイエット、便秘の改善、がんの予防など多くの効果がありますが、過剰に摂りすぎると甲状腺中毒症などの病気を引き起こしますので、注意が必要です。

昆布白湯の作り方

昆布を3センチ四方ほどカットしたものを用意して、ハサミで切り込みを入れてカップの中に入れます。

そこに熱いお湯を150 ml入れます。

これで昆布白湯ができますが、最近では昆布の粉末を通販などで手に入れることができます。

昆布の粉末をお使いになってもかまいません。

また、スーパーなどに「塩昆布」が売られていますので、これを利用しても良いでしょう。

Sponsored Link



玉ねぎの皮白湯

玉ねぎの皮には多くのすぐれた成分が含まれています。

ビタミン類やミネラルが豊富に含まれているほか、ポリフェノールの1種「ケルセチン」が多く含まれています。

ケルセチンは生活習慣病のほか、がんの予防にも効力を発揮してくれます。

さらに、血圧や血糖値やコレステロール値を正常に保つ、血液をサラサラにする、アンチエイジング効果、美肌効果、デトックス効果、ダイエット、便秘解消、アレルギー症状の改善、アトピー性皮膚炎の改善などが期待できます。

玉ねぎの皮白湯の作り方

玉ねぎの皮白湯の作り方についてご紹介します。

玉ねぎの皮をよく洗って、乾かします。

乾かした玉ねぎの皮をオーブントースターの中でカリカリになるまで熱します。

これをカップの中に入れ、 150 mlの熱いお湯を入れて出来上がりです。

以上の作業がめんどくさい、あるいは忙しい人には、玉ねぎの皮の粉末を通販などで購入することをおすすめします。

玉ねぎの皮白湯は玉ねぎの臭いが全くありません。

白湯だけではなく、スープ、カレー、味噌汁などに入れて召し上がってもかまいません。

血液がサラサラになりますので、毎日継続していれば体調がよくなります。

きな粉白湯

古来、人々から親しまれているきな粉ですが、アレンジ白湯として飲むことができます。

まず、きな粉にはどのような栄養があるのかをご紹介します。

美肌効果があります。

きな粉には女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれています。

体の中の栄養や酸素を体全体に運んでくれるレシチンや抗酸化作用のあるビタミンEなども含まれています。

カルシウムも含まれていますので、骨粗しょう症の予防に役立ちます。

また、老廃物を体外に排出する水溶性の食物繊維も含まれていますし、風邪やインフルエンザを予防する成分も含まれています。

さらに、むくみの解消を促すレシチンなどの栄養素もあります。

ただ、きな粉は糖質が含まれているので、カロリーオーバーに注意しなければならない食物です。

きな粉白湯の作り方

きな粉白湯の作り方は、カップの中にティースプーン4杯を入れて、熱いお湯を注ぐと出来上がります。

好みによって、ハチミツなどを入れてもかまいません。

Sponsored Link



スパイス白湯

スパイス白湯の飲み方として、空腹時に飲むのが適しています。

食後に2時間ほど時間を空けてから飲むようにしましょう。

スパイスは完全に熱湯に溶けません。

スプーンでかき混ぜながら飲みます。

カップの底に残ったスパイスは食べても捨ててもどちらでもかまいません。

スパイス白湯はダイエット効果のほか肌荒れ対策にも期待できます。

スパイス白湯を作る時のスパイスの分量を示してありますが、あくまでも目安ですので、お好みの量を入れてください。

下記で様々なスパイス白湯についてお伝えいたします。

黒胡椒白湯

準備するものは、黒胡椒の粉末ときれいな水です。

カップの中に黒胡椒の粉末をティースプーンの4分の1ほど入れます。

きれいな水をやかんに入れて、強火で沸かします。

換気扇も回します。

沸騰したら、カップに150 mlを入れて出来上がりです。

黒胡椒白湯の効果

黒胡椒は100円ショップで手に入るくらい安いスパイスですが、様々な効果があります。

糖質の代謝を助け、疲労回復に役立ちます。

皮膚の粘膜の健康維持を保つ働きがあり、脳神経を正常に働かせるのに役立つナイアシンが含まれています。

疲労回復や利尿作用、高血圧の予防にも役立ちます。

また、冷え性の改善や食欲増進の効果もあります。

さらに強い抗酸化作用があり、活性酸素の発生や酸化力を抑え、がんの発生を予防することができます。

 

Sponsored Link



クミンパウダー白湯

カップにクミンパウダーを5振り入れます。

沸騰したお湯150ml注いで、よくかき混ぜます。

食欲増進、解毒、便秘、整腸、ダイエットなどに効果があります。

コリアンダーシードパウダー白湯

カップにコリアンダーシードパウダーを5振り入れます。沸騰したお湯150 mlを注いで、よくかき混ぜます。

消化促進、発汗作用、新陳代謝の向上などの効果があります。

ガラムマサラ白湯

カップにガラムマサラパウダーを5振り入れます。

沸騰したお湯150 mlを注いで、よくかき混ぜます。

10種類ほどのスパイスがブレンドされているのが、ガラムマサラです。

体を温めて、内臓の働きを活性化させます。

ダイエットにも効果があります。

Sponsored Link



ローレル(月桂樹)白湯

ローレルの葉1枚用意します。

葉っぱにハサミで切り込みをして、カップの底におきます。

そこへ熱いお湯を注いで、蓋をして5分間で出来上がりです。

葉っぱは食べないでください。

ローレルの成分の1つ「オイゲノール」が血流を促進させます。

また、抗ストレス作用がありますので、ストレスでくたくたになった時など効果を発揮してくれます。

ローレルの葉っぱは緑色のものを選びます。

枯れた葉っぱでは効果はありません。

ローレルの葉を粉末にしたものも市販されています。

粉末の方が手間がかからないので、こちらをおすすめします。

シナモン白湯

シナモンのホールか粉末のシナモンを準備します。

粉末のシナモンでしたら、カップの中にティースプーン4分の1ほど入れて、お湯を150 ml注いでください。

シナモン白湯は体の内側から冷えを取ってくれます。

生活習慣などにより、毛細血管が破壊されている人に効果的な白湯です。

毛細血管が破壊されると冷え、シミ、くすみなど肌の老化の原因になります。

このような症状を改善する働きがシナモンにあります。

クローブ白湯

クローブには強い鎮痛効果と抗菌効果があります。歯痛の時にクローブを噛むことにより、痛みを鎮めてくれます。

クローブに含まれるオイゲノールは抗酸化作用がありますので、老化、動脈硬化などを防ぐ働きがあります。

また、消化促進、吐き気防止などにも効果を発揮してくれます。

クローブの粉末をカップの中にティースプーン4分の1ぐらいを入れて、熱いお湯を150 ml入れて出来上がりです。

陳皮(みかんの皮)白湯

陳皮はみかんの皮を乾燥させ、 1年以上経ったものが生薬として利用されますが、家庭でも簡単に作ることができます。

みかんの皮をむく前に表面をよく洗います。

果実を食べ終わったみかんの皮をざるの中に入れ、陰干しで乾燥させます。

乾燥した皮を細かく刻んで完成です。

陳皮は通販でも購入できますので、それを使うのも良いでしょう。

カップに陳皮3 g 、小さじ1杯ほどを入れて、熱湯を150 ml注いでから蓋をして4分ぐらい蒸してから飲みます。

はちみつなどを入れてもかまいません。

体の芯から温めて、血液の流れを良くしてくれます。

Sponsored Link



陳皮(みかんの皮)白湯の効果

陳皮には様々な効果があります。

まず美肌効果が挙げられます。

紫外線によって皮膚コラーゲンが分解されることを抑制する働きがあります。

また、コラーゲン合成促進効果も報告されています。

さらに、生活習慣病の予防や改善効果、肝機能を高める効果、アレルギー症状を緩和する効果、リラックス効果、胃腸の機能を高める効果、咳やたんを抑制する効果、むくみを予防改善する効果などが挙げられます。

毛細血管を広げて血行を促進する効果がありますので、冷え性や肩こりにも効果があります。

値段はそれほど高くありませんので、毎日でも飲みたいアレンジ白湯です。

スターアニス白湯

スターアニスの成分として、ビタミンB群、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルと食物繊維があります。

スターアニスには「リモネン」という成分が含まれていますが、交感神経を刺激して血液の流れを促進する働きがあります。

利尿作用もありますので、むくみを解消させるときに使います。

リモネンは体内の代謝、消化活動を活発にする作用があります。

胃腸の調子を整えたり、腸内に溜まったガスを排出する効果もあります。

スターアニスに含まれる「ピネン」という成分には、神経の興奮を抑える作用があります。

精神状態が不安定な時にスターアニスの精油を使うと症状が落ち着くことが期待できます。

スターアニスは八角形の独特の形をしていますので、粉末にしたものを使います。

カップの中にスターアニスの粉末をティースプーンの4分の1ぐらい入れて、熱いお湯150 mlを注いで出来上がりです。

オールスパイス白湯

オールスパイスをティースプーン4分の1ほど入れて、熱いお湯150 mlを注いで出来上がり。

オールスパイスは、細胞の新陳代謝を促進し、皮膚や粘膜の機能維持に役立ちます。

オイゲノールという成分を含んでおりますので、強い抗酸化作用があります。

抗酸化作用がありますので、ダメージを受けた細胞を修復し、がんの発生を予防することができます。

視力を正常に保つ効果も期待できます。

Sponsored Link



七味唐辛子白湯

七味唐辛子には7つの素材が入っています。

唐辛子のほか山椒、麻の実、陳皮、ゴマは共通していますが、地域によってケシの実、青海苔、しょうが、菜種、シソなどが使われることもあります。

一味唐辛子は辛子だけを使っていますが、七味唐辛子は以上のように複数の食品から成り立っています。

七味唐辛子は日本人にとって最も身近なスパイスとして蕎麦屋さんやうどん屋さんなどのテーブルの上に置かれています。

おそらく、ご自宅のキッチンにも七味唐辛子があるのではないでしょうか。

日本人の食生活に親しまれているスパイスですが、効力については知らない方が多いかもしれません。

七味唐辛子白湯の様々な効果

七味唐辛子にはビタミンB群、ミネラル、βカロテン 、葉酸、パントテン酸、セサミンなどが含まれています。

唐辛子にはカプサイシンが含まれています。

代謝を活性化させる働きがあります。

新陳代謝が良くなり、中性脂肪も低下させる効果が期待できます。

山椒も新陳代謝に役立ちます。

ゴマは二日酔いの予防や美肌効果に役立ちます。

ケシの実は抗酸化作用がありますので、アンチエイジングに効果を発揮します。

陳皮にも抗酸化作用があり、風邪の予防にもなります。

麻の実にも抗酸化作用、食欲増進効果などの効果があります。

青海苔にも抗酸化作用と老廃物排出の効果が期待できます。

七味唐辛子白湯は、カップの中に2振りぐらい入れて、熱いお湯を注いで出来上がりです。

辛いですから、入れすぎに注意しましょう。

山椒白湯

山椒の主な成分として「サンショオール」などの精油成分が含まれています。

サンショオールは内臓の働きを活発にし、消化不良を改善する、新陳代謝を活発にする、発汗作用を促す、などの効果があります。

冷え性の改善にも期待できます。

カップの中に山椒の粉末をティースプーン4分の1ほど入れて、熱いお湯を注いで出来上がりです。

ターメリック白湯

ターメリックはウコンです。

通常、粉末状態で販売しています。

カップの中にターメリックをティースプーン4分の1ほど入れて、熱いお湯150 mlを注いでください。

ターメリックの効果は、肝機能を高める、二日酔いの防止、活性酸素を取り除く、アルツハイマーの予防、解毒作用などです。

クルクミンという成分が多く含まれていますので、がんの予防にも役立ち、胆汁の分泌を活発にしてくれます。

Sponsored Link



カルダモン白湯

カップの中にカルダモンをティースプーン4分の1ほど入れて、熱いお湯を150 ml注いでできます。

消化を助ける、せきやたんを抑える、口臭の予防、などに効果を発揮してくれます。

口臭の予防に役立ちますので、食後に飲むと良いでしょう。

また、糖質の代謝を助け、疲労回復に役立ちます。

ビタミンB2が含まれていますので、細胞の新陳代謝を促進します。

ビタミンCをたくさん含んでいますので、活性酸素の発生を抑え、皮膚や血管の老化を防ぐことができます。

疲労回復、利尿作用、高血圧の予防などにも役立ちます。

Sponsored Link



白湯のアレンジ方法に関するまとめ

いかがだったでしょうか。

以上のように白湯にいろいろな素材を加えることにより、美容や健康によい様々な効果を期待できるのです。

例えば、便秘に悩んでいる方は、にがり白湯。

冷え性の方はしょうが白湯という具合に、アレンジすることができます。

このサイトでは全部で37のアレンジ白湯をご紹介しましたが、実際にはこれら以上の数のアレンジ白湯をご紹介することも可能です。

それだけ、白湯は応用力があるからです。

白湯は魔法のドリンクであるとよく言われている通り、数多くの悩みに応える飲み物です。

ぜひ、お試しください。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • 白湯ダイエットで成功するための秘訣!

  • レモン白湯の効果について

  • 白湯の温度を最適にしてダイエットなどの様々な白湯効果を最大化する方法

  • 白湯ダイエットは効果なし?

  • アーユルヴェーダ

  • 白湯を寝る前に飲むと便秘やダイエット、睡眠、美肌に効果がある