1. TOP
  2. ケイ素水 シリカ水
  3. シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターを飲んで比較!セレブもおすすめの効果とは?

シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターを飲んで比較!セレブもおすすめの効果とは?

美容や健康に効果があるとして、シリカ(ケイ素)を含んだミネラルウォーターの人気が高まっています。

世界的に有名なセレブが愛飲していることもあり、美意識の高い女性は生活にシリカ(ケイ素)のミネラルウォーターをいち早く取り入れています。

シリカ(ケイ素)入りのミネラルウォーターは、下記のような効果が期待されます。

・シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターは瑞々しい肌を保つ

・シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターは健康な髪や爪をつくる

・シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターはダイエットにも使用できる

・シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターは骨を強くする効果がある

・シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターは血管を健康に保つ

・シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターは免疫力がつく

最近では、様々な種類のシリカ(ケイ素)入りのミネラルウォーターが販売されています。

今回は、シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターの基礎知識と期待できる効果、おすすめのミネラルウォーターの選び方や気になる副作用など、科学的な実証に基づいてまとめました。

この機会にぜひシリカ(ケイ素)のミネラルウォーターを飲み比べて、体に合ったものを見つけてください。

Contents

1 大人気のシリカ(ケイ素)のミネラルウォーターとは

シリカ(ケイ素)が入っているミネラルウォーターや天然水は、総称して「シリカ水(ケイ素水)」とも呼ばれています。まずは、シリカ(ケイ素)についての基礎知識をご紹介します。

1.1 そもそもシリカ(ケイ素)とは

「シリカ(ケイ素)」は、地球の表面(地殻)に存在する元素の1つです。シリカ(ケイ素)は酸素の次に多い元素で、地殻内のおよそ3割を占めています。

シリカ(ケイ素)は生物の体内にも存在し、体を健康に維持するミネラルとして知られています。

「シリカ」は、英語で「ケイ素」を指す「silicon(シリコン)」に由来し、正式には酸素と結びついた「二酸化ケイ素(SiO2)」を表します。「ケイ素」は漢字で「珪素」と書きます。

1.2 ミネラルウォーターの定義は

日本では、採取した天然水に沈殿、濾過、加熱殺菌を行い、さらに加工を施した商品を総称して「ミネラルウォーター」と呼びます。

国内で販売されているミネラルウォーターのラベルには、「ナチュラルミネラルウォーター」や「ミネラルウォーター」などの表記があります。

農林水産省のガイドラインでは、ミネラルウォーターについて下記のように説明されています。

特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、濾過、加熱殺菌以外の物理的・ 化学的処理を行わないものにあっては、「ナチュラルウォーター」と記載すること。

ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、品質を安定させる目的等のためにミネラル の調整、ばっ気、複数の水源から採水したナチュラルミネラルウォーターの混合等が行われ ているものにあっては、「ミネラルウォーター」と記載すること。

引用:http://minekyo.net/files/lib/1/27/201506041456502355.pdf

1.3 ミネラルウォーターの軟水と硬水

国内では、日本製が約800種類、海外製が約200種類のミネラルウォーターが流通しています。

ミネラルウォーターは、ミネラルの含有量(硬度)によって軟水と硬水に分けられます。

 WHO(世界保健機関)の基準によると、「軟水」の硬度は120mg/L未満、「硬水」の硬度は120mg/L以上としています。

“Water containing calcium carbonate at concentrations below 60 mg/l is generally considered as soft; 60–120 mg/l, moderately hard; 120–180 mg/l, hard; and more than 180 mg/l, very hard (McGowan, 2000).”

引用:http://www.who.int/water_sanitation_health/dwq/chemicals/hardness.pdf

しかし、日本において軟水は100mg/L 未満、硬水は100mg/L以上という基準が多く用いられています。

国産のミネラルウォーターは軟水の商品が多く、海外製のミネラルウォーターは硬水が多いことが特徴です。

水メディア推薦!最も信頼できるシリカ水

2 シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターに期待できる効果や効能

続いては、シリカ(ケイ素)の入ったミネラルウォーターの効果や効能をご紹介します。

2.1 シリカ(ケイ素)の効果は肌に出てくる

人間の肌は、「表皮」のすぐ下に「真皮」という部分があります。真皮にはたんぱく質の1つである「コラーゲン」が存在しています。

コラーゲンは「エラスチン」という物質で結束されており、コラーゲンの隙間は「ヒアルロン酸」などの物質で埋められています。

シリカ(ケイ素)はこれらの物質をしっかり結びつけ、肌を健康に保つ役割をします。シリカ(ケイ素)入りのミネラルウォーターを定期的に摂取すると、瑞々しい肌を保つことが期待できます。

2.2 シリカ(ケイ素)は健康な髪や爪をつくる

シリカ(ケイ素)は、髪や爪も健康に保つ役割をしています。髪の毛を生成する頭皮には、コラーゲンが多く含まれています。

東京医科歯科大学の研究で、コラーゲンが不足すると髪を生成する器官の働きが衰えることが解明されました。頭皮の働きが弱まると髪が傷みやすくなり、薄毛や白髪の原因にもなります。

参考:http://www.tmd.ac.jp/press-release/20160205/

また、アメリカのEdith Carlisle博士を初めとする各種の研究で、シリカ(ケイ素)は爪にも効果があることがわかっています。

爪の主な成分は「ケラチン」というたんぱく質ですが、シリカ(ケイ素)が不足すると爪が割れやすくなります。

シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターは、髪や爪を健康に維持する効果が期待できます。

2.3 シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターはダイエットにも

さらに、シリカ(ケイ素)は中性脂肪やコレステロールを分解する作用があることでも知られます。

また、シリカ(ケイ素)には血管の内側についたコレステロールの塊(プラーク)を溶かし、血流を良くするという作用もあります。

体内の血行が良くなって基礎代謝がアップすると、カロリー消費量が増えるため、結果としてダイエットに繋がると考えられます。

後の項目でも紹介しますが、シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターは整腸や利尿の効果もあるため、体内の不要な物質を積極的に排出することができます。

2.4 シリカ(ケイ素)は骨を強くする効果がある

アメリカとイギリスが共同で行っている「フラミンガム子孫研究(Framingham offspring study)」では、シリカ(ケイ素)の摂取と骨密度には密接な関係があることがわかっています。

参考:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14969400

人間の骨には、シリカ(ケイ素)が3割以上含まれています。骨の仕組みはコラーゲンが中心に形成され、隙間はカルシウムで埋められています。

シリカ(ケイ素)は、コラーゲンとカルシウムをしっかりと結びつける働きをしています。

特に女性は加齢と共に骨が弱くなる傾向があるため、シリカ(ケイ素)を積極的に摂取して骨を強くすることをおすすめします。

2.5 シリカ(ケイ素)を摂取して血管を健康に

シリカ(ケイ素)は、血管内のプラークを溶かすという作用はダイエットの項目でご紹介しました。

年齢と共に血管の機能は低下しますが、シリカ(ケイ素)を摂取すると血管の細胞の働きが活性化し、弱った箇所を修復してもらえます。

岐阜大学と玉川大学の研究でラットにシリカ(ケイ素)を摂取させたところ、血管や骨が強くなることがわかりました。

論文:http://ci.nii.ac.jp/naid/110009902497

強くしなやかな血管を保つためにも、シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターは有効と言えるでしょう。

2.6 シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターで免疫力をつける

様々なウイルスや病原菌から体を守るための免疫細胞は、全体の6割ほどが腸内でつくられます。

腸内環境を良くするには乳酸菌や食物繊維の摂取が知られていますが、シリカ(ケイ素)も有効だということがわかってきました。

食物繊維が腸内で発酵すると、乳酸菌などの善玉菌が増加して活発になり、腸内環境が良くなります。さらに、シリカ(ケイ素)を摂取するとこの一連の働きが強化します。

また、免疫細胞の1つであるリンパ球は骨髄でつくられ、胸骨の裏側にある胸腺や、老化した赤血球や異物を処理する脾臓に送られて力を発揮します。

生体健康科学研究所の実験では、ラットにシリカ(ケイ素)を摂取させると胸腺や脾臓内のリンパ球が増えることが解明されています。

参考:http://www.suga.gr.jp/sub/pdf_file/31.pdf

手軽に摂取できるシリカ(ケイ素)のミネラルウォーターは、免疫力をつけることにも効果があると考えられます。

その他、シリカ(ケイ素)の効果については「シリカ水(ケイ素水)の効果や副作用を徹底解説!アトピーや育毛にもおすすめ!」をご覧下さい。

2.7 シリカ水(ケイ素水)はコーヒーやお茶を淹れる際にも

シリカ(ケイ素)の入ったミネラルウォーターは、コーヒーやお茶、料理などにも積極的に使えます。

近年では、コーヒーに含まれるポリフェノールの「クロロゲン酸類」の作用も話題になり、効果が注目されています。

クロロゲン酸類の抗酸化作用は体内の活性酸素を抑える働きがあり、動脈硬化や糖尿病の予防にも役立つと考えられています。

コーヒーの効果については「コーヒーポリフェノールの効果はもの凄い!」も参考になさってください。

また、静岡県立大学の研究で、緑茶に含まれるポリフェノールの「カテキン」もガンの予防やガン細胞の活動を抑えることがわかっています。

参考:http://oshika.u-shizuoka-ken.ac.jp/outline/research/002/upimg/14_1_05.pdf

コーヒーやお茶を淹れる際にシリカ(ケイ素)のミネラルウォーターを使用すると、シリカ(ケイ素)の効能とコーヒーやお茶の効果を併せて得ることができます。

水メディア推薦!最も信頼できるシリカ水

3 シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターの成分とは

シリカ(ケイ素)が含まれているミネラルウォーターには、他にも様々な成分が入っています。まずはシリカ(ケイ素)の含有量から説明いたします。

3.1 シリカ(ケイ素)の含有量の比較

国内で販売されているシリカ(ケイ素)のミネラルウォーターは、メーカーによってシリカ(ケイ素)の含有量が異なります。

一般的な商品のシリカ(ケイ素)の含有量は1Lあたり50~120mgのものが多く、最近では145mgや388mgのシリカ(ケイ素)が含まれるものが流通しています。

天然水を採水する地域や加工時の工程によってシリカ(ケイ素)の含有量が変わるので、商品情報をチェックしてみてください。

3.2 シリカ(ケイ素)水の成分のサルフェートとは

シリカ水(ケイ素水)のラベルに、成分として「サルフェート」と記載されているものが多くあります。

サルフェートとは「硫酸塩」のことで、マグネシウムやカルシウムなどの「ミネラル」と、硫酸が有機物と結合して無毒の状態である「硫酸基」が結びついたものです。

サルフェートは温泉に含まれる成分としても知られており、人間の体内にも存在します。食品では、ブロッコリーやアーモンドなどにも含まれています。

サルフェートは利尿作用や便通を良くする作用があり、体内の有毒な物質を排出する効果もあります。

3.3 シリカ水(ケイ素水)のその他のミネラル成分

シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターには、シリカ(ケイ素)だけでなく様々なミネラルが含まれています。

一般的なシリカ(ケイ素)のミネラルウォーターは、主に下記のミネラルを含有しています。

・カルシウム

・マグネシウム

・カリウム

・ナトリウム

・サルフェート

商品によっては、加えてバナジウムやゲルマニウムが入っているものもあります。

ミネラル成分の配合によって、シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターも味にわずかな差があります。

その他、シリカ(ケイ素)とミネラルの関係については「ケイ素(シリカ)のミネラル成分について」をご覧下さい。

水メディア推薦!最も信頼できるシリカ水

4 おすすめのシリカ(ケイ素)入りミネラルウォーター

次に、飲みやすくおすすめのシリカ水(ケイ素水)をご紹介します。たくさんあるシリカ(ケイ素)のミネラルウォーターの中から、お気に入りを選ぶ参考になさってください。

4.1 日本産のシリカ(ケイ素)入りミネラルウォーター

国内では九州地方の商品が有名で、熊本や大分、宮崎、鹿児島などのシリカ入りミネラルウォーターが多く流通しています。

九州地方の地質は火山の影響でマグマの粘性が高いため、火山の近くには二酸化ケイ素を多く含んだ地層があります。

ミネラルの含有量によって味に若干違いがあるので、ぜひ飲み比べてお好みのものを探してみてください。

4.2 天然のシリカ(ケイ素)水もおすすめ

シリカ水(ケイ素水)の中には、天然水を使用した商品もあります。先にご紹介したように、天然水とは地下水をそのまま汲み上げ、沈殿、濾過、加熱殺菌のみの作業を行ったものです。

天然水を使用した商品のラベルには、「ナチュラルミネラルウォーター」と記載されているので確認してみてください。

自然本来の風味を楽しむには、シリカ(ケイ素)を含んだ天然水をおすすめします。

4.3 フィジー産などのシリカ(ケイ素)入りミネラルウォーター

近年では、海外製のシリカ(ケイ素)入りミネラルウォーターも注目されています。特に、フィジーやニュージーランド産の商品が多く流通しています。

フィジーには太古の熱帯雨林が残存しており、地下にある火山岩で濾過されたミネラルウォーターはシリカ(ケイ素)を豊富に含んでいます。

また、ニュージーランドはシリカ(ケイ素)の知名度が高く、肌や骨に効果があるとして古くから飲用されています。

産地によってシリカ(ケイ素)の含有量や硬度が異なるため、飲み比べてお好みのミネラルウォーターを探してみてください。

4.4 シリカ(ケイ素)の含有量が多いミネラルウォーター

最近ではミネラルウォーターの製法技術が上がり、様々なシリカ水(ケイ素水)が販売されるようになりました。

シリカ(ケイ素)の含有量は、多いもので1Lあたり145mgや388mgの商品が流通しています。それぞれに風味が異なるため、飲んで比較してみてはいかがでしょうか。

シリカ(ケイ素)の飽和溶解度は1Lで120mgとされていますが、今後の研究や製法技術の開発により、さらにシリカ(ケイ素)の濃度が高い商品が販売されることを期待します。

4.5 注目の水素入りのシリカ(ケイ素)のミネラルウォーター

健康や美容に詳しい人たちの間では、「水素入りのシリカ水(ケイ素水)」も注目されています。

水素の効果についてはまだ研究段階ですが、水素水は体の中に発生した活性酸素を除去する働きがあると考えられています。

シリカ(ケイ素)の入ったミネラルウォーターや天然水に水素をプラスしたものや、水素水をベースにしてシリカ(ケイ素)を加えたものなど、様々な商品が流通しています。

なお、水素水の様々な健康効果や美容効果に関しては当サイトの「水素水」カテゴリーにて詳しくお伝えしています。

4.6 炭酸入りもある!シリカ(ケイ素)のミネラルウォーター

水素水と並んで注目されているのが「炭酸水」です。炭酸水は血管を拡張する効果があり、摂取すると血行が良くなるとして医療業界でも注目されています。

シリカ(ケイ素)も血流が良くなる作用があるため、炭酸が含まれるシリカ水(ケイ素水)は健康を気遣う人々の間で話題になっています。

最近ではたくさんの商品が販売されているので、この機会に飲み比べてみてはいかがでしょうか。

なお、炭酸水の様々な健康効果や美容効果に関しては当サイトの「炭酸水」カテゴリーにて詳しくお伝えしています。

水メディア推薦!最も信頼できるシリカ水

5 シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターの副作用とは

次に、シリカ(ケイ素)の入ったミネラルウォーターの副作用について説明します。

5.1 シリカ(ケイ素)は厚生労働省が認可したミネラル

シリカ(ケイ素)自体には副作用がなく、安全な物質として厚生労働省で認可されているため安心して摂取できます。

“食品衛生法第11条第3項の規定により人の健康を損なうおそれのないことが明らかであるものとして厚生労働大臣が定める物質”

引用:

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000103862.pdf

5.2 シリカ水(ケイ素水)を飲み過ぎてむくみや下痢の症状

シリカ(ケイ素)自体には副作用がありませんが、シリカ(ケイ素)が含まれるミネラルウォーターや天然水などを大量に摂取した場合には、むくみや下痢などの症状が出ることがあります。

シリカ水(ケイ素水)に限らず、水分の取り過ぎは腎臓や腸に負担がかかります。大量の水分を摂取するときちんと排出されずに体内に残り、むくみが出てきます。

また、販売されているシリカ水(ケイ素水)の中には、マグネシウムの成分が高いものもあります。

マグネシウムは下剤にも使われている成分で、便を柔らかくする作用があります。マグネシウムが含まれる食品を大量に摂取すると、下痢を起こすことがあります。

5.3 シリカ水(ケイ素水)の利尿作用

シリカ(ケイ素)には、体内の余分なものを排出しようとする解毒作用や利尿作用があるため、シリカ(ケイ素)の入ったミネラルウォーターを飲むとトイレが近くなることがあります。

また、ご紹介した「サルフェート」というミネラルにも利尿作用があります。シリカ水(ケイ素水)に限らず、水分を多めに摂取した時には、トイレが近くなります。

5.4 シリカ(ケイ素)入りミネラルウォーターと薬

シリカ(ケイ素)の入ったミネラルウォーターなどと医薬品を一緒に摂取した際の問題は、現在のところ報告されていません。

ただし、治療などで服薬をしている場合は、念のため医師に相談してからシリカ水(ケイ素水)を飲むことをおすすめします。

なお、薬を飲む時にはシリカ水(ケイ素水)などを使用せず、水道水や白湯で服用するようにしてください。

5.5 シリカ(ケイ素)入りミネラルウォーターの好転反応

「好転反応」とは、ダイエットなどで新しい食品や健康法を試した際、体の細胞が変化して一時的に頭痛や吐き気、倦怠感などが起きる状況を指します。

シリカ(ケイ素)の含まれたミネラルウォーターなどを摂取した際にも、まれに好転反応が起きることがあります。

症状が辛い時には、シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターなどの摂取は中止しましょう。数日休んでから再開するか、医療機関に相談しながら飲むことをおすすめします。

その他、シリカ(ケイ素)の副作用については「ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?」もご覧下さい。

6 シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターについてのまとめ

近年、世界中で注目されているシリカ(ケイ素)のミネラルウォーターについてお話してきました。

シリカ(ケイ素)入りのミネラルウォーターは、手軽で飲みやすい上に様々な効果が期待できることで人気があります。

産地やメーカー、ブレンドされたものによって風味が異なるので、この機会にぜひシリカ(ケイ素)のミネラルウォーターを飲み比べてお気に入りを見つけてください。

シリカ(ケイ素)のミネラルウォーターを積極的に活用し、健康的で生き生きとした毎日を送りませんか?

水メディア推薦!最も信頼できるシリカ水

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水ダイエットの効果を徹底解説!

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 炭酸水の洗髪効果が凄い!育毛・頻度・作り方・方法・やり方を完全解説します!

関連記事

  • ケイ素(シリカ)でダイエット!効果や方法を全てお伝えいいたします!

  • ケイ素水(珪素水)について

  • ケイ素・シリカのサプリメントの効果や副作用について

  • シリカ水の効果や副作用を徹底解説!アトピーや育毛にもおすすめ!

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

  • ケイ素(シリカ)のミネラル成分について