1. TOP
  2. コーヒー
  3. コーヒーダイエットの効果がもの凄い! 
Sponsored Link

コーヒーダイエットの効果がもの凄い! 

コーヒー   3,826 Views

コーヒーダイエットの効果が優れているのは、コーヒーの持つ脂肪燃焼効果が強力だからです。

コーヒーには、カフェイン、ポリフェノールと健康成分が豊富に入っていますが、それぞれが脂肪燃焼効果を持っており、それらを組み合わせることで効果的なダイエットを実現することが出来ます。

さらに、コーヒーにはカフェインの便秘解消効果もありますので、この面でもダイエットにつながります。

また、コーヒーには、さまざまなダイエット食品との組み合わせによる相乗効果も報告されています。

ただし、コーヒーダイエットを妨げる食品や、コーヒーの副作用によるダイエットへの悪影響も注意する必要があります。

これらのコーヒーのダイエットによるさまざまな話題について、詳しく調べましたので、ご覧ください。

Sponsored Link



Contents

コーヒーダイエットの脂肪燃焼効果

コーヒーによるダイエットは、カフェインとポリフェノールによる脂肪燃焼効果と便秘解消効果によってもたらされます。

コーヒーのカフェインとポリフェノールによる脂肪燃焼効果はそれぞれ特徴が違っており、その特徴を組み合わせることにより、非常に効果の大きいダイエット効果を実現することが出来ます。

それぞれの脂肪燃焼効果、便秘解消効果について見てみます。

コーヒーカフェインによる脂肪燃焼効果

コーヒーのカフェインによる脂肪燃焼効果は即効性が特徴です。

コーヒーを飲みますと、カフェインの覚醒作用により、脳の中枢神経が刺激されて、自律神経の交感神経が支配的となり、さらに興奮作用のあるアドレナリン、バーパミンなどを含むカテコールアミンと言う神経伝達物質を生成させることにより、体中に脂肪燃焼をする体制を作らせます。

コーヒーを飲んでから30分から長くても1時間ほどで覚醒効果が出てきますので、それから運動を開始すれば、体内では細胞に蓄えられた脂肪が燃焼され、大粒の汗とともに脂肪カスを体外に排出してくれます。

脂肪を燃焼し、汗で外に出すことによって体重はすぐに下がります。

これがカフェインによる脂肪燃焼効果と言われるものです。

運動前のコーヒーによる脂肪燃焼については、「運動前のコーヒーは脂肪燃焼効果が抜群!」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

 

Sponsored Link



コーヒーカフェインによる消化促進と便秘解消効果

また、コーヒーのカフェインには、胃の消化液の胃酸と脂肪分解酵素であるリパーゼを分泌してくれる作用があります。

食事をした後にコーヒーを飲みますと、胃では消化促進が図られ、短い時間で胃に入った食物を腸に送ってくれます。

そのため、十二指腸・小腸での消化分解吸収もスムーズに行なわれ、大腸でも排泄物への転換が速く行なわれます。

また、コーヒーのカフェインとポリフェノールには血流を良くする働きがあり、それによって胃腸の蠕動(ぜんどう)運動が活発化して、どんどん食物を押し下げてくれますので、早めに転換された排泄物は肛門に押し出され、体外に排泄されます。

蠕動運動は、胃腸において消化物を揉みほぐしながら次の消化器官に押し下げていく運動です。

それとともに、大腸内の壁に付着していた宿便も一緒に押し流されます。

このようにして、便秘は解消され、宿便も取れることにより、体重も下がっていきます。

宿便は、便秘がちの人の場合、数キロにもなると言われており、それが取れることによってもダイエット効果は大きいと言えます。

なお、コーヒーの消化促進効果につきましては、「コーヒーは消化促進に良いのか?」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

コーヒーポリフェノールによる脂肪燃焼効果と体質改善

コーヒーのポリフェノールの脂肪燃焼効果は、カフェインと違って遅効性、一定の期間コーヒーを飲み続けることにより実現できる効果です。

すなわち、コーヒーのポリフェノールが持つ抗酸化作用は、体内の活性酸素を撃退して、酸性化した体を健康体にしてくれますので、血液はサラサラになり、血流も増加します。

活性酸素は、もともと体内で外から入ってくる細菌などの殺菌作用を行なう働きがあり、なくてはならないものです。

しかし、毒性があり、ストレスや疲労の蓄積、不摂生などで増加し過ぎますと自分の体を攻撃してしまい、弱アルカリ性の体は酸性化して疲れ易くなってしまいます。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できるダイエットコーヒー



水メディア推薦!徹底調査済み
500種類以上のモニター調査結果
間違いない!厳選ダイエットサポート4選!

圧倒的大人気!チラリッカ


“"

驚異的!しかもわずか500円!


抜群の信頼性!スリムフォー


“"

ダントツの満足度!マルチポリフェノール


Sponsored Link



コーヒーポリフェノールによる抗酸化作用で脂肪の蓄積しない体へ

抗酸化作用はそのような体を元に戻してくれるとともに、血流が増加し、血管がサラサラになって老廃物や脂肪などを押し流してくれますので、体の臓器に栄養素がどんどん回るようになって元気を取り戻します。

通常、肝臓は体の脂肪酸(脂肪)から中性脂肪を作り出して細胞に蓄積して、活動に必要なときにその脂肪を取り出してエネルギーに転換していますが、運動不足などで勝つ同僚が少なくなったり、脂質の食事に偏ったりしますと肝臓に中性脂肪が余計に蓄積されます。

また、余った糖分も脂肪に転換されて体内の細胞に蓄積されています。

これが肥満になった状態です。

抗酸化作用は、血管をサラサラにして、血流を増加させることで脂肪は流されて少なくなり、肝臓による中性脂肪の取り込みや体中の細胞に蓄積される脂肪は少なくなっていきます。

従って、脂肪が体内に蓄積されにくくなり、最終的には体質的に脂肪を蓄積しにくい体が出来上がります。

その上で、運動などで脂肪をエネルギー消費で燃焼させますと、体内に蓄積された脂肪は燃焼されるばかりになり、結果的に体重は下がっていくことになります。

 

Sponsored Link



コーヒーカフェインの副作用によるダイエットへの悪影響

コーヒーダイエットでは、ポリフェノールを生かすために何回もコーヒーを飲んで、常に体の中に脂肪が溜まらないようにすれば良いのではないかと思われる方も多いと思いますが、そうはできない落とし穴があります。

それは、コーヒーに含まれているカフェインには過剰摂取した場合、強い副作用があるからです。

カフェインは、覚醒作用と利尿作用という医療用にも使われる強い作用があり、強いだけにその反動である副作用も強く出ます。

カフェインの副作用は、急性カフェイン中毒を起こしたり、胃痛やさまざまな症状が現れたりします。

そのために、コーヒーには一日に飲める適正な限度量というものがあり、それを守りませんと、カフェインの副作用が出て、ダイエットどころではなくなります。

一日の適正な限度量は、その人の体重によって変わってきます。

体重1kg当たり、カフェイン量を5.7mgに抑える必要があります。

体重が50kgの方であれば、285mgで、コーヒー3杯に当たり、体重が60kgの方であれば、342mgでコーヒー4杯弱に当たります。

従って、この適正な限度量の中でどのようにダイエットに向けてコーヒーを飲むかになります。

なお、コーヒーの副作用につきましては、「コーヒーの飲み過ぎによる様々な症状や病気、悪影響について」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

また、コーヒーの一日の適正量につきましては、「コーヒーの一日の適正量はどれくらい?」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できるダイエットコーヒー



水メディア推薦!徹底調査済み
500種類以上のモニター調査結果
間違いない!厳選ダイエットサポート4選!

圧倒的大人気!チラリッカ


“"

驚異的!しかもわずか500円!


抜群の信頼性!スリムフォー


“"

ダントツの満足度!マルチポリフェノール


コーヒーダイエットの方法

コーヒーのダイエットは、カフェインとポリフェノールをうまく生かして体重を減らすことになります。

コーヒーの適正な限度量の中で、どのように飲めば、ダイエットが実現できるのかについて見てみることにします。

体重60kgの人のコーヒーによるダイエット

体重60kgの方であれば、一日4杯のコーヒーを飲むことが出来ます。

カフェインの便秘解消効果は、消化促進効果から生まれますので、食後に飲むことが一番効果は大きいと言えます。

ただ、カフェインの作用時間は、4~6時間であり、4時間を過ぎますと作用は弱まっていきます。

また、ポリフェノールは3~4時間であり、3時間もしますと効果は弱まっていきます。

出来れば、その範囲内でコーヒーを飲めれば、常に体の中でポリフェノールの抗酸化作用が常に効いていることになりますが、そのためには一日6~7杯のコーヒーを飲む必要があり、カフェインの副作用からそれだけの量を飲むことはできません。

そのために、朝昼晩の食後に飲むようにします。

朝7時、昼12時、夜8時半としますと、間隔は、5時間、7時間半となりますので、昼食と夕食の間でもう一杯飲めるようになります。

運動を行う日であれば、運動の30分前くらいに飲むことでカフェインの脂肪燃焼効果が得られます。

4時にコーヒーを飲むとすれば、運動は4時半からとなります。

また、コーヒーのカフェインには、覚醒作用があり、寝る前4時間くらい前までに飲みませんと覚醒作用が効いて眠れなくなります。

従って、夕食後4時間は布団に入らないようにしてください。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できるダイエットコーヒー



水メディア推薦!徹底調査済み
500種類以上のモニター調査結果
間違いない!厳選ダイエットサポート4選!

圧倒的大人気!チラリッカ


“"

驚異的!しかもわずか500円!


抜群の信頼性!スリムフォー


“"

ダントツの満足度!マルチポリフェノール


Sponsored Link



コーヒーダイエットで5%〜10%ほどの体重減が期待できる

このように食後にコーヒーを飲む生活を続けますと、カフェインの便秘解消効果による宿便の解消とポリフェノールの抗酸化作用による脂肪が体に溜まりにくい体質作り効果が現れ、2~3ヶ月もしますと、効果が現れます。

また、その間に週に2~3回定期的に運動をし、運動前30分くらいにコーヒーを飲むようにしますと、その度に体重が減るようになります。

運動前のコーヒーだけでは、食事をしますと、体重はすぐに元に戻ってしまいますが、食後にコーヒーを飲むことにより、体重は元に戻らなくなっていきますので、3ヶ月もしますと、かなり体重を減らすことが出来ます。

そして、脂肪を取り込まない体質が出来ますので、リバウンドもしないことになります。

人ぞれぞれに体質もありますので、一概に何キロ減ると言うことは出来ませんが、5%~10%程度のダイエットは可能です。

 

Sponsored Link



コーヒーダイエットの効果を高める方法

コーヒーのカフェインとポリフェノールによるダイエット効果は大きなものがありますが、コーヒーダイエットの効果をさらに高める方法があります。

コーヒーダイエットとお風呂

湯船に10分以上使っていますと、体の芯まで温まって、汗が額から流れ落ちてきます。

さらにお風呂の中でお腹などをマッサージしますと、さらに体内の脂肪燃焼は高まり、汗はさらに出てくることになります。

週に何回か、これを繰り返していますと、コーヒーで脂肪を取り込ませないようにしている効果に加えて、体内の細胞に蓄積された脂肪を燃焼させますので、大きなダイエットにつながります。

但し、あまり熱い湯船の温度になりますと、今度はのぼせてしまい、体を壊す恐れがあります。

適度な温度は若干低めの41゜Cくらいで、それ以上になりますと、かえって逆効果になってしまいます。

カフェインレスコーヒーのダイエット効果

コーヒーダイエットの一番の問題点は、カフェインの副作用によって、コーヒーを飲める回数を制限されて、常にポリフェノールの抗酸化作用が効いている状態を作れないことです。

それを解決してくれる可能性があるのが、カフェインレスコーヒーであり、これと通常のコーヒーと組み合わせてダイエットすることにより、ポリフェノールのダイエット効果を最大にすることができます。

カフェインレスコーヒーは、特殊な技術によりコーヒー豆からカフェインを抜いたものであり、カフェインは0.1%以下に抑えられているため、カフェインの副作用を心配せずにコーヒーを飲むことが出来ます。

カフェインレスコーヒーは、カフェインだけが抜かれているため、ポリフェノールはそのまま残っています。

カフェインレスコーヒーと通常のコーヒーの組み合わせによるダイエット

食後と運動30分前は通常のカフェインが入っているコーヒーを飲みます。

食後のコーヒーは便秘解消としてカフェインは必要であり、便秘が解消され、宿便が取れてしまえば、カフェインレスコーヒーにしてもよいです。

そして、食事の間と寝る前にはカフェインレスコーヒーを飲むようにすれば、ポリフェノールは常に体内で抗酸化作用を発揮している状態になり、体質的に脂肪を取り込まない状態と同じ状態にすることが出来ます。

それにより、通常のコーヒーのダイエットよりも短い期間にダイエットを成功させることが出来ます。

なお、カフェインレスコーヒーにつきましては、「カフェインレスコーヒーの効果は健康にもの凄く良い!」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

コーヒーダイエットの効果を高める運動

ダイエットを効果的に行なうために、コーヒーとともに適度な運動を取り入れると効果的です。

但し、激しいスポーツをする必要はありません。

急に激しいスポーツをしてしまいますと、体がついていけず、かえって捻挫したり、体を壊したりしてダイエットを続けられなくなる可能性がありますので、適度に運動を取り入れてください。

最初は散歩でもしっかりと効果が出ます。

体が運動に慣れてきたら少しずつ、負荷を高めていってください。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できるダイエットコーヒー



水メディア推薦!徹底調査済み
500種類以上のモニター調査結果
間違いない!厳選ダイエットサポート4選!

圧倒的大人気!チラリッカ


“"

驚異的!しかもわずか500円!


抜群の信頼性!スリムフォー


“"

ダントツの満足度!マルチポリフェノール


Sponsored Link



ダイエット効果を高めるコーヒーの飲み方

コーヒーダイエットを行うためには、正しいコーヒーの飲み方を実践する必要があります。

ポイントは二つです。

・ブラックで飲む

・ホットで飲む

コーヒーはブラックで飲む

コーヒーはブラックで飲めば3kcalと非常に低カロリーで、オーバーカロリーにはなりませんが、砂糖はスプーン1杯が15kcalであり、ミルクは、フレッシュで12kcal、乳製品の場合は18kcalになります。

すなわち、コーヒーにスプーン1杯の砂糖とミルクを入れた場合には、ブラックコーヒーの12倍の36kcalになってしまいます。

これを一日4杯飲みますと、144kcalになります。

ダイエットで一日100kcalを削ったとしても40kcalがオーバーカロリーとなり、体内に脂肪として蓄積されることから、痩せるどころか太ってしまうことになります。

また、コーヒーを一度に飲むのは一杯と決めて飲んでください。

一度に大量に飲みますと、急性カフェイン中毒などのカフェインの副作用が出てしまいます。

コーヒーはホットで飲む

コーヒーは出来る限りホットで飲んでください。

我々の体は、体温と言うものがあり、体温が1゜C下がれば、免疫力は30%低下すると言われており、逆に1゜C上がれば、免疫力は数倍に上がると言われています。

これは、体の体温が下がりますと、細胞の活動が鈍り、免疫細胞の活力が失われることを示しています。

これは体の全ての細胞、内臓にも言えることであり、温かいコーヒーを飲むことにより、体温を下げずに、寧ろその温かさで内臓や血管の働きを高めてくれます。

しかし、アイスコーヒーなどで飲みますと、体内の臓器や血管は温度が低下して、活動を鈍らせてしまいます。

活動が鈍ると言うことは、脂肪燃焼も不活発になると言うことです。

脂肪燃焼をさせるつもりが、体内の脂肪が残る結果になってしまいます。

暑い夏には、どうしてもアイスコーヒーが飲みたくなりますが、ダイエットにおいてはホットコーヒーのほうがより効果が高いです。

ダイエット効果を高めるコーヒーを飲むタイミング

ダイエット効果を高めるためのコーヒーを飲むタイミングは2つです。

一つは、運動前30分に飲むカフェインの脂肪燃焼効果を生かすコーヒー。

二つは、食後に胃の消化促進から便秘解消を目指すコーヒー。

コーヒーのダイエット効果を発揮したい場合は運動前か食後がベストです。

Sponsored Link



コーヒーダイエットと白湯

白湯は、ご存知のように水を沸騰させて冷ました飲み物です。

白湯自身にもダイエット効果があり、コーヒーと白湯をうまく活用することでより効果的にダイエットが出来ます。

コーヒーダイエットと朝の白湯

我々の体は、朝起きた時には、水分が不足し、体温も1゜C程下がって内臓の動きも低下しています。

このような状態で、コーヒーなどを飲みましても、内臓が目覚めていないため、胃が胃酸の出過ぎなどで胃痛を起こしてしまうこともあります。

そこで、朝起きた時にはまず白湯を飲んでください。

白湯のやさしい温かさによって内臓が温まり、目を覚まします。

さらに白湯の働きにより、体の新陳代謝機能が向上し、同時にデトックス効果も働き始めます。

新陳代謝は体の古い細胞を除いて、新しい細胞に取り替えてくれる機能であり、デトックス効果は体内の老廃物、毒素などを排尿や汗によって体外に出す機能です。

これによって、体がコーヒーの脂肪燃焼効果を発揮し易くしてくれます。

白湯を飲んでから30分ほどしてから朝食をしてコーヒーを飲みますと、体はコーヒーのカフェインによる消化促進が高まり、便秘解消に向けて動き出しますし、ポリフェノールの抗酸化作用による脂肪を体内に滞留させない体制も整います。

なお、朝に白湯を飲むことの効果に関しては「朝白湯の効果が健康にもの凄く良い!」にて詳しくお伝えしています。

コーヒーダイエットと寝る前の白湯

また、夜寝る前には、コーヒーを飲めませんが、白湯であれば、寝る直前に飲むことが出来、寝ている間に新陳代謝機能とデトックス効果によって脂肪燃焼させてくれますので、夜間にコーヒーのポリフェノールに代わってダイエット効果を維持してくれます。

なお、寝る前に白湯を飲むことの効果に関しては「白湯を寝る前に飲むと便秘やダイエット、睡眠、美肌に効果がある」にて詳しくお伝えしています。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できるダイエットコーヒー



水メディア推薦!徹底調査済み
500種類以上のモニター調査結果
間違いない!厳選ダイエットサポート4選!

圧倒的大人気!チラリッカ


“"

驚異的!しかもわずか500円!


抜群の信頼性!スリムフォー


“"

ダントツの満足度!マルチポリフェノール


コーヒーダイエットと炭酸水

炭酸水は、体内に入りますと、体温によって二酸化炭素が気化して泡が胃腸を満たしますので、多めに飲みますと、満腹感を得ることが出来ます。

コーヒーは食事前に飲みますと、胃酸を分泌させて胃痛を生じさせる恐れがありますが、炭酸水にはそのような恐れはなく、満腹感を感じさせてくれるため、食事の量を減らすことが出来ます。

すなわち、摂取カロリーを下げることが出来ます。

従って、食後のコーヒーによる消化促進も消化物が少なくなることでよりスムーズにできるようになり、便秘解消が出来易くなります。

なお、炭酸水のダイエット効果に関しては「炭酸水のダイエット効果がもの凄い!」にて詳しくお伝えしています。

インスタントコーヒーによるダイエット

インスタントコーヒーはコーヒー豆を焙煎し、コーヒー汁を抽出して乾燥させてから粉にしたもので、成分的にはほぼドリップコーヒーと変わりませんので、脂肪燃焼効果も便秘解消効果も抗酸化効果も同じようにあります。

ドリップコーヒーでなくても、インスタントコーヒーによっても素晴らしいダイエット効果は味わうことが出来ます。

しかも、コストもドリップの1/10と安価で、作る手間もドリップに比べますと、少なく、飲み易さは抜群です。

なお、インスタントコーヒー関しては「インスタントコーヒーのカフェイン効果 」と「インスタントコーヒーは体に悪いのか」にて詳しくお伝えしています。

Sponsored Link



バターコーヒーダイエット(グラスフェッドバター入りコーヒー)

グラスフェッドバターは、牧草だけで育てられた家畜から採れたバターと言う意味で、コレステロールや中性脂肪を減らしてくれる不飽和脂肪酸と言う、普通の脂肪とは違う形の脂肪が豊富に含まれているバターです。

この不飽和脂肪酸は、魚介類、オリーブオイルなどに含まれている良質の油のことで、体内の脂肪がこの不飽和脂肪酸に置き換わることによってダイエットになると言われています。

アメリカを中心に海外で人気を呼び、日本でも多くの方々が実践し、効果を得ています。

バターコーヒーダイエットの実践方法は非常に簡単です。

コーヒー1杯に10gほどのグラスフェッドバターを入れてよくかき混ぜます。

それを朝1杯飲むようにします。

グラスフェッドバターを利用したバターコーヒーダイエットは腹持ちもよく、一日の代謝を高めてくれるのでとてもダイエットに効果的です。

日本でもグラスフェッドバターは簡単に購入ができるので、ぜひ実践してみてください。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できるダイエットコーヒー



水メディア推薦!徹底調査済み
500種類以上のモニター調査結果
間違いない!厳選ダイエットサポート4選!

圧倒的大人気!チラリッカ


“"

驚異的!しかもわずか500円!


抜群の信頼性!スリムフォー


“"

ダントツの満足度!マルチポリフェノール


コーヒーと組み合わせるとダイエットに効果的な食品

ダイエットの際にコーヒーと組み合わせると効果的な食品、飲み物がたくさんあります。

それらについて見ていきましょう。

低カロリーで満腹感を得やすい寒天やこんにゃく

寒天は、ゼリーなどの凝固剤として使われますが、テングサなどの海藻類から作られるもので、主成分は食物繊維であり、カロリーは0となっています。

また、こんにゃくはコンニャクイモから作られ、これもほとんどカロリーはなく、主成分はグルコマンナンと呼ばれる糖質ですが、人間の消化器官ではほとんど吸収されずに排泄されます。

従って、どちらもお腹を満たしてくれますが、ほとんど体に吸収されることが無いため、ダイエット食品として有名です。

寒天は、主成分が海草の植物繊維であることから、便秘の解消にも良い食物になります。

食事にこれらを食べることで、満腹感は得られるものの、体内に吸収されないため、コーヒーダイエットにおいても、摂取カロリーの削減と便秘解消においても、頼もしい食品と言えます。

グレープフルーツのダイエット効果

グレープフルーツはビタミンCが豊富で、カロリーも1個当たり85kcalとフルーツとしてはそれ程高くありません。

ダイエットに対して特徴的な成分として、ヌートカトンとリモネンという成分が入っています。

ヌートカトンはグレープフルーツ特有の香りを演出する成分であり、交感神経を刺激して脂肪燃焼を促す作用があり、コーヒーのカフェインの脂肪燃焼効果に似た効果があります。

また、リモネンはかんきつ類の皮に多く含まれている成分で、リラックス効果があり、血流を増加させる効果がありますので、どちらかと言うとポリフェノールと似た効果があります。

従って、コーヒーとの相性が良く、コーヒーのダイエットの際には食後にグレープフルーツを食べるとコーヒーのダイエット効果を支援してくれます。

バナナのダイエット効果

バナナには、ビタミンB1やB2が豊富に入っており、これらは脂肪燃焼を促進してくれる効果があります。

ビタミンB群は糖質、脂肪、たんぱく質をエネルギーに転換する場合に不可欠な栄養素であり、食事で吸収したこれらの栄養素を体内で残らないように脂肪燃焼させてくれます。

また、バナナに含まれるビタミンEも体内の脂肪燃焼を促進させる働きがあります。

バナナはまた、腹持ちがよいため、空腹感を満たすことも出来ます。

ただ、バナナには炭水化物が豊富に含まれているため、脂肪燃焼よりも脂肪に回る可能性があるという説もあり、バナナだけでダイエットでは難しく、コーヒーなどと組み合わせて、脂肪蓄積をポリフェノールで回避しながら、バナナで体内の脂肪を燃焼させると言う組み合わせがよいと言えます。

ナッツのダイエット効果

ナッツはカロリーが高いと言われ、これまでどちらかと言えばダイエットとしては敬遠されていました。

しかし、ナッツには、コレステロールや中性脂肪を減らしてくれる不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、体内の脂肪がこの不飽和脂肪酸に置き換わることで、ダイエットが可能になります。

また、ナッツにはバナナと同じくビタミンEが豊富に入っており、脂肪燃焼もさせてくれます。

ナッツにはカロリーはありますが、そのカロリーが体内の脂肪につながらず、脂肪も燃焼してくれることでダイエット効果が期待できるのです。

アメリカのハリウッド女優やセレブたちの間では、おやつにナッツを食べる人が多いです。

従って、間食などにナッツを食べることにより、コーヒーのダイエットを支援してくれる相性の良い食べ物になります。

野菜ジュース・スムージーのダイエット効果

スムージーは、冷凍庫で果物や野菜を凍らせたものをミキサーで混ぜ合わせたもので、凍らせずそのままミキサーしたものが野菜ジュースです。

どちらも食物繊維が豊富で糖分も少ないことから、便秘解消効果やダイエット効果が期待されています。

特に、スムージーの場合には食事の代わりに飲むことによってダイエットに利用されています。

牛乳、低脂肪乳のダイエット効果

牛乳は脂肪もカロリーも高いため、ダイエットには向いていないように感じます。

しかし、牛乳にはカルシウムとペプチドが豊富に入っており、ダイエットに向いた飲み物の根拠となっています。

カルシウムは、腸の中において脂肪と結合し、腸で吸収されにくくなって、脂肪を排便と一緒に体外に出してくれます。

また、ペプチドは、筋肉疲労を回復させる働きがあり、疲労回復のためにエネルギーを消費し、体内の脂肪を燃焼させることで体質的に脂肪燃焼しやすくしてくれる働きが注目されています。

ちょうど、脂肪を体内に吸収されにくくし、脂肪も燃焼させてくれるコーヒーのダイエットにおける役割と似た働きです。

従って、コーヒーとの相性も良いと言えます。

低脂肪乳も元々は牛乳から造られており、脂肪分が少なくなっているだけで、その他の成分的にはあまり差がありませんので、ダイエット効果としては、低脂肪乳の方が良いかもしれません。

カロリーも、コップ一杯では、牛乳135kcalに対して低脂肪乳は80kcalと低くなっています。

但し、低脂肪乳の場合は、牛乳以外の人工的な成分が入っている場合があり、よく成分を確認して飲みませんと、逆効果になる可能性があります。

豆乳のダイエット効果

豆乳は大豆から豆腐を作る際に出来るもので、砕いた大豆を煮て絞った白い液状のものを言います。

豆乳は、栄養価も豊富で、老廃物を溜め込みにくくする効果が認められており、便秘などにも効果があるため、ダイエットに利用されています。

コーヒーのダイエットとの相性という面では、ポリフェノールの一種である大豆イソフラボンが含まれて抗酸化作用もあることから、コーヒーとの相性も良いと考えられます。

なお、豆乳の効果に関しては「豆乳効果で得られるダイエットや美容などの様々な健康効果がもの凄い!」にて詳しくお伝えしています。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できるダイエットコーヒー



水メディア推薦!徹底調査済み
500種類以上のモニター調査結果
間違いない!厳選ダイエットサポート4選!

圧倒的大人気!チラリッカ


“"

驚異的!しかもわずか500円!


抜群の信頼性!スリムフォー


“"

ダントツの満足度!マルチポリフェノール


コーヒーダイエットと白湯に合う食品:しょうが、はちみつ、ココナッツオイル

コーヒーのダイエットに、朝と寝る前に白湯を組み合わせることで、ダイエット効果は高まりますが、その白湯に入れてさらにダイエット効果を高める食品があります。

それが、しょうが、はちみつ、ココナッツオイルです。

しょうがは、新陳代謝機能を高める効果があり、それにより脂肪燃焼効果が高まります。

はちみつは、エネルギー源となるブドウ糖を豊富に含んでおり、新陳代謝を活発化させる上で非常に大きな効果があり、その結果、脂肪燃焼効果を高めてくれます。

ココナッツオイルは、コレステロールや中性脂肪を減らしてくれる不飽和脂肪酸の一つである中鎖脂肪酸を含んでおり、新陳代謝を活発化させ、脂肪燃焼を助けてくれます。

このように、しょうが、はちみつ、ココナッツオイルは白湯に入れることで、朝や夜の間の新陳代謝や脂肪燃焼を高めてくれますので、コーヒーのダイエットに組み合わせることで、非常に大きなダイエット効果が得られます。

なお、白湯とはちみつの相乗効果に関しては「白湯とはちみつの相乗効果について」にて詳しくお伝えしています。

黒糖のダイエット効果

黒糖は、サトウキビの絞り汁を煮詰めたもので、砂糖の一種ですが、普通の砂糖に比べますとビタミンB類やミネラルが豊富で、ビタミンB群は脂肪燃焼には不可欠な栄養素です。

また、黒糖にはダイエットに効果的な成分として、フェニルグルコシド、ラフィノース、オフタコサノールという成分が入っています。

フェニルグルコシドは、糖分の吸収を抑制してくれる成分であり、脂肪の蓄積や血糖値の上昇を抑えるなどの働きがあります。

ラフィノースという成分はヨーグルトと同じように善玉菌を増やしてくれる成分で、便秘の解消に効果があり、オフタコサノールと言う成分には、中性脂肪や悪玉コレステロールの体内への吸収を抑える効果があります。

黒糖はコーヒーに入れて飲むことも可能であり、ダイエットに効果のある成分が豊富に入っているため、相乗効果が期待できます。

ゆで卵のダイエット

ゆで卵はコレステロールが多く含まれており、ダイエットに不向きなように思えます。

しかし、固くゆでたゆで卵は、胃腸において消化のために大きなエネルギーを必要とされるため、卵から得る摂取カロリーよりも消化のためのカロリーが大きくなるため、ダイエットできると言われています。

一日、朝食代わりにゆで卵1個を食べることで空腹感を抑えられ、ダイエット効果につながりますので、一時プロ野球選手などで評判になりました。

ただ、消化のためのカロリーは消費カロリーの10%程度であり、3食全体で150~180kcalであり、卵自体のカロリーは80kcalということを考えますと、それ程大きな効果につながるかは疑問な点もあります。

玄米のダイエット

玄米は、もみ殻を取り除いた状態の精製させていないお米で、もみ殻が発芽するのに必要なビタミン、ミネラル、脂質などが豊富に含まれています。

精製して白米にしてしまいますと、これらの栄養素は5%程度しか残らない形になっています。

すなわち、我々は普段、この栄養素の95%を取り除いて食べているわけです。

当然、ほとんどが炭水化物と言うことになってしまいます。

もったいないですね。

玄米には、食物繊維も白米の6倍くらい入っており、便秘解消に効果があります。

ダイエットに効果的なビタミンB群も豊富に含まれ、脂肪燃焼に貢献してくれます。

カロリーは玄米も白米もほとんど変わりません。

従って、食事を玄米にすることで、便秘解消や脂肪燃焼と言う点で、食後のコーヒーをサポートしてくれます。

きな粉のダイエット効果

きな粉は大豆を炒って皮をむいたあと、挽いた粉です。

すなわち、原料は豆乳、豆腐と同じ大豆で、ダイエットに効果的な大豆に特有の大豆サポニン、大豆ペプチド、食物繊維が豊富に含まれています。

大豆サポニンは脂肪の蓄積を防ぐ働きがあり、大豆ペプチドにはエネルギー代謝、すなわち脂肪燃焼を高めてくれる効果があります。

また、食物繊維が多いということは、便秘にも効果があります。

きな粉をダイエットとして使う場合は、牛乳や豆乳に入れて飲む方法が知られており、コーヒーの合間に飲むと互いの相乗効果で脂肪を体内に滞留しにくくし、脂肪燃焼もし易く、便秘の解消と、ダイエット効果をより大きくしてくれます。

サラダのダイエット効果

サラダは、脂身の多い食事には欠かせないものですが、食事の前にサラダボール一杯のサラダを食べることで、便秘も解消されて、脂肪が体内に蓄積しにくくしてくれます。

但し、サラダでもポテトサラダなどの炭水化物を中心としたサラダの場合はカロリーが高く、かえって糖質が脂肪に転換されて体内に残ってしまう可能性が高く、ダイエットには向きません。

レタスなどの葉物の野菜、水菜、ほうれん草などや、温野菜を中心としたサラダが理想的です。

これらを食事前に大量に食べることで、食後のコーヒーによる消化促進がよりスムーズに進み、便秘の解消、脂肪分、糖分の体内での滞留量が減ることにより、ダイエット効果がより大きくなります。

チーズのダイエット効果

チーズは牛乳と同じく、非常に栄養価が高く、チーズ20gには牛乳一杯分の栄養が入っていると言われています。

カルシウムやビタミンB群が豊富で、カルシウムは脂肪と結び付いて腸で吸収されなくしてくれますし、ビタミンB群は脂肪燃焼を助けてくれます。

従って、コーヒーのダイエットとは相性が良く、食事時のサラダなどに入れることで相乗効果を出せます。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できるダイエットコーヒー



水メディア推薦!徹底調査済み
500種類以上のモニター調査結果
間違いない!【厳選】ダイエットサポート4選!

圧倒的大人気!チラリッカ


“"

驚異的!しかもわずか500円!


抜群の信頼性!スリムフォー


“"

ダントツの満足度!マルチポリフェノール


Sponsored Link



コーヒーダイエットを妨げる食品

コーヒーのダイエットは、カフェインとポリフェノールの両方の働きや、それにいろいろな食品を組み合わせることによって非常に大きな効果をもたらしてくれます。

しかし、逆にダイエット効果を無駄にする食品もあります。

今度はそれらについて見てみます。

ケーキのカロリー

食後にコーヒーを飲んだ後、間食や食後のおやつに甘い、カロリーの高いものを食べてしまいますと、せっかくのダイエットも無駄に終わってしまいます。

ケーキのカロリーを見てみましょう。

ケーキ屋さんなどでよく見かけるショートケーキのカロリーを調べますと、

・苺ショートケーキ      338kcal

・スペシャルチョコ苺ショート 374kcal

・栗のショートケーキ     397kcal

とかなり高いカロリーになっています。

コーヒーをブラックで飲んだ場合のカロリーは、わずか3kcalですが、その100倍を軽く越えるカロリーになっています。

我々日本人の平均的な消費カロリーは270~360kcalですから、それに匹敵するカロリーになります。

いくら運動しても追いつきません。

一日の平均的なカロリー摂取量2000kcalの1/4以上に当たります。

一度食事を抜いても良いほどです。

従って、ダイエット中はケーキは控えたほうが良いです。

袋菓子のカロリー

一方、袋入りのスナック菓子はどうでしょう。

テレビなどでお馴染みのポテトチップなどを見てみますと、500~650kcalが一般的であり、少ないものでも300kcalを越えています。

多いものは、ショートケーキを越えており、平均的な一日の摂取カロリーの1/3に当たるものもあります。

チョコレートのカロリーとカフェイン量

最後にチョコレートですが、チョコレートのカロリーは、板チョコレート100g当たり561kcal、ミルクチョコレート558kcalと非常に高い数値を示しています。

板チョコレートは60gくらいですから、ほぼショートケーキと同じ水準にあります。

しかも、チョコレートの場合には、コーヒーと同様にカフェインが豊富に含まれており、板チョコレート100g当たり45~120mgとコーヒーに匹敵ものもあります。

板チョコレートは60g程度ですので、多いものは72mgとなり、コーヒー1杯が87mgですから、板チョコレート1枚をコーヒーと一緒に食べますと、コーヒー2杯分のカフェイン量になってしまいます。

コーヒーダイエット中はチョコレートを控えたほうが良いです。

コーヒーに砂糖やミルク

コーヒーダイエットは、ブラックで飲むことが基本原則であり、砂糖、ミルクはダイエットの努力を無に帰す恐れが大きいと言えます。

砂糖やミルクはどうしてもカロリーが高いものなのでコーヒーのダイエット効果を得づらくなってしまいます。

ダイエット効果をコーヒーで得るためにはブラックコーヒーで飲みましょう。

お酒

ダイエットにとって、お酒は怖い存在です。

お酒は適度に飲めば百薬の長と言われますが、ダイエットにとっては肥満に直結し易い食品となります。

それはお酒自身のカロリーもありますが、お酒によってつまみに対する欲求が強まることがあります。

発泡酒などカロリー0のお酒もあり、カロリー面ではクリアできます。

しかし、お酒の気持ちよさは神経を麻痺させやすく、味付けの濃いものや、高カロリーのものなど、ダイエットに良くないものを食べてしまいやすくなります。

また、アルコールの作用により脳が満腹感を得づらい状況になっているため食べ過ぎにもなりやすいです。

タバコ

タバコは体そのものに対して非常に有害なものです。

健康的に痩せなければ、意味がありません。

体のためにタバコは止めましょうたほうが良いです。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できるダイエットコーヒー



水メディア推薦!徹底調査済み
500種類以上のモニター調査結果
間違いない!【厳選】ダイエットサポート4選!

圧倒的大人気!チラリッカ


“"

驚異的!しかもわずか500円!


抜群の信頼性!スリムフォー


“"

ダントツの満足度!マルチポリフェノール


Sponsored Link



ダイエットの留意点

ダイエットは体をスリムにして、流行の素敵な服を着ることが出来ますし、肥満の解消が出来、健康的にも望ましいものです。

ダイエットをしなければならない背景と、ダイエットを行なう上での留意点をまとめました。

ダイエットの背景は肥満傾向

厚生労働省が発表しています「国民健康・栄養調査報告」では、男性の3割、女性の2割が肥満になっていると報告されています。

特に中年以降の50代が一番肥満傾向は強くなっています。

また、日本に限らず、先進国ではファーストフードやレトルト、インスタント食品が普及しており、子供はいつも袋菓子を抱えています。

先進国全体が肥満傾向にあると言うことです。

そのため、先進国ではダイエットや健康に対する意識が高まっており、さまざまなダイエットが報告されています。

ダイエットの必要性

50代を中心とした肥満傾向は、メタボリックシンドロームという言葉を作り出すほどに深刻で、平均寿命は世界一となったものの、健康寿命が平均寿命に追いつけない状況は高齢化社会を迎えた我が国にとっては、大きな課題となっています。

健康寿命というのは、心身ともに自立して健康的に生活が出来る期間の寿命を言います。

健康寿命が平均寿命に追いつけない原因は生活習慣病である心疾患、脳血管疾患、糖尿病などによって介護が必要になられる方が増えているためであり、その原因に肥満化傾向があります。

従って、国家的に肥満の解消に向けた取り組みも始まっており、厚生労働省ではスマート・ライフ・プロジェクトという健康寿命を延ばす国民運動を展開しています。

ダイエットはその中でも重要な項目になっており、それだけ肥満は高齢化社会になったわが国にとって深刻化していると言えます。

ダイエットの基本原則

肥満の原因としては、我々の食事が豊かになり過ぎていることもありますが、それよりも大きいのが、我々の生活スタイルの変化です。

すなわち、現代の社会は非常にストレスの多い社会になっていますが、ストレスが溜まる上に、生活時間が不規則になり、食生活もコンビに弁当などに代表されるように脂肪分の多い偏った食事になり、運動不足と不摂生な生活スタイルが肥満の原因となっています。

不摂生の改善

従って、ダイエットで体重を減らすためには、コーヒーのダイエットはもちろん必要なものではありますが、まず、我々の不摂生な生活スタイルを改善しなければ、いくらダイエットをしようとしても無駄骨に終わる可能性が高いと言えます。

ダイエットを始める前に、

  • 不規則な生活を改め、常に一定時間に起きて、食事をし、寝るという習慣を身につける
  • 食生活は脂肪分の多いものに偏らず、バランスのとれた食事をする
  • 毎週2~3回の定期的な軽い運動を行う

という形で生活改善を確立して、ダイエットに取り組まなければ、効果も少なく、また、リバウンドは大きいという結果になってしまいます。

健康に痩せる

ダイエットは無理な食事制限をして行なうものではなく、改善した食事をベースとして、コーヒーによるダイエットやそれにいくつかのアレンジを加えて、楽しく行なって、健康的に痩せられるようにする必要があります。

無理な食事制限などは、ストレスを溜めてしまい、逆効果になることもありますし、結果として拒食症を招くこともあります。

楽しく、いろいろなダイエット法を取り入れて楽しみながら、健康に痩せてください。

リバウンドを阻止するダイエットをする

ダイエットを実現した方も3ヶ月もしますと、元に戻っているというケースも多く見られます。

特に食事制限などでダイエットをした場合は、欲求を抑えていた反動が大きく、体重が落ちてからかえって食事量が増えてリバウンドになるケースが多く見られます。

無理なダイエットではなく、楽しく、健康に痩せるとともに、体質的に脂肪分を取り込まない形でダイエットをしませんと、必ずリバウンドが起こってしまいます。

逆に体質的に脂肪を取り込まないようにしてしまえば、ある程度食事量が増えたとしても、体内に脂肪を残さなくなっていますので、リバウンドする余地は小さくなります。

その意味でも、コーヒーのダイエットは理想的であり、様々なアレンジを加えて楽しく痩せることによりもリバウンドも阻止できます。

是非、恒久的なダイエットにつながるようにしてください。

 

Sponsored Link



コーヒーダイエットのまとめ

コーヒーは、カフェインによる覚醒作用と利尿作用、ポリフェノールによる抗酸化作用から派生するさまざまな健康効果が知られるようになっています。

特に、コーヒーによるダイエット効果は、カフェインとポリフェノールによる脂肪燃焼効果とカフェインの便秘解消効果により、相乗的に大きな効果が期待できます。

カフェインの脂肪燃焼効果は即効性のあるダイエット効果であり、ポリフェノールの脂肪燃焼効果は体に脂肪が溜まりにくい体質を作るというダイエットになります。

コーヒーダイエットは我慢を強いられるダイエット方法ではないため、リバウンドしにくく、健康的にやせることができます。是非試してみてください!

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できるダイエットコーヒー



水メディア推薦!徹底調査済み
500種類以上のモニター調査結果
間違いない!【厳選】ダイエットサポート4選!

圧倒的大人気!チラリッカ


“"

驚異的!しかもわずか500円!


抜群の信頼性!スリムフォー


“"

ダントツの満足度!マルチポリフェノール


Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • コーヒーは肝臓に良い!最新の研究結果に基づく肝臓への効果について

  • 空腹時のコーヒーの効果やデメリットについて

  • コーヒーはコレステロール値を抑える効果がある!

  • コーヒーの脂肪燃焼効果がもの凄い!

  • コーヒーのリラックス効果がもたらす心や脳への影響

  • コーヒーに含まれているその他の成分