1. TOP
  2. ココア
  3. ココアの効果は驚異的!その全てをお伝えいたします!
Sponsored Link

ココアの効果は驚異的!その全てをお伝えいたします!

ココア   9,411 Views

ココアの効果が健康にもたらす影響はとても素晴らしいものがあります。

食品に含まれている栄養成分などスーパーフードに対して関心が高まってきているのですが、様々な栄養成分の中でも特に注目を集めているのが「スーパーポリフェノール」というものです。

ポリフェノールは、自然食品から摂取するのは本来難しいのですが、ココアのポリフェノールは摂取がしやすく、優れた効果をたくさん持っています。

これまでの数々の調査・研究結果や最新情報をもとに、ココアの効果を徹底解明していきます。

 

Contents

ココアの効果は昔から活用されていた!

「テオブロマ・カカオ」とは、チョコレートやココアの原料となるカカオの学名です。

“神様の食べ物”という意味です。

不老長寿の秘薬という神秘的なイメージとして、カカオは昔から人間の健康を支えてきた食べ物でした。

南米の原住民たちはカカオを神の食べ物として重宝し、中米では炒ったカカオ豆を薬草と混ぜて万能薬として使っていました。

中世ヨーロッパでは薬として薬局で売られ、日本でも江戸時代に薬として用いられていました。

このように人間は、はるか昔から体験の積み重ねによって、カカオの多岐にわたる効能を知っていたのです。

カカオは”神の食べ物”として始まり時代を超え、現代ではカカオに含まれるポリフェノールの効果が注目されるスーパーフードとしての地位を築いています。

その効果を知るためにはまず、原料であるカカオについて知っておく必要があります。

 

カカオとは?ココアとチョコレートとの違いは?

 

カカオはアオギリ科の常緑高木で、種子がココアやチョコレートの原料となります。

カカオとのココアやチョコレートの違いは、加工されているかどうかにあります。

カカオは植物名で、ココアとチョコレートは食品名です。

カカオマスからの加工の違いで「ココア」と「チョコレート」という2つの商品が生まれます。

ココアとチョコレートは、原料が同じでカカオ豆から作られます。

つまり、同じ効果をもっているわけです。

ココアとチョコレートの大きな違いは「ココアバター」にあります。

⋄「カカオマス̟」-「カカオバター」=「ココア(純ココア=ピュアココア)」【食品・製菓材料等】

⋄「カカオマス」+「カカオバター」+砂糖 =「チョコレート」【食品】

 

カカオの効果を効率的に取り入れたいなら、チョコレートではなくカカオ100%の純ココアの方が優位だといえます!

 

 

Sponsored Link



ココアの効果の魅力に迫る!

ここにきてカカオポリフェノールがもつ効果に、再び熱い注目が集まっています。

カカオポリフェノールの効果が明らかになってきたとともに、カカオの素材を活かした高ポリフェノール商品が数多く発売されるようになり今や人気商品となっています。

また、カカオの研究も様々な効果が科学的にも証明され、医療現場や介護業界でも活用されているというのもココアの実力の凄さといえます。

時代を超えてまでもココアは、これだけ多くの人々を魅了し続けているのはなぜなのでしようか?

いったいココアは、私たちにどれほどの効果をもたらしてくれるのでしょうか?

それを知るにはまず、優れた効果をもたらすココアの注目すべき有効成分を知っておく必要があります。

 

ココアの健康・美容効果を生み出すカカオの5大成分

 

人間が病気になったり、老化するなどの原因は「体がサビる=酸化する」ことにあります。

酸化の原因となっているのが「活性酸素」なのですが、この活性酸素が様々な病気の原因になります。

この活性酸素を除去するのが「抗酸化物質」であるポリフェノールです!

ポリフェノールによって、体内で発生した悪性の活性酸素が除去できることはすでに明らかになっています。

ポリフェノール類はわずかな構造の違いによって機能や作用が異なるため、実に様々な効果をもたらしてくれることが報告されています。

 

抗酸化作用をもつ食品が話題となるなか、ポリフェノールが豊富なココアが今再び注目を浴びています。

ココアは「高分子ポリフェノール」が豊富に含まれ、これらが主体となり計り知れない効果を生み出します。

ココアの効果は原料であるカカオ豆によるものですが、「カカオポリフェノール」を筆頭に注目すべき成分が5つあります。

 

1.カカオポリフェノール・・・抗酸化パワーが強いエピカテキン含有量が最も多い

2.テオブロミン・・・あらゆる食材の中でトップクラスの含有量を誇る

3.食物繊維・・・ココア全体の34%を占め水溶性と不溶性の食物繊維の割合が1:3

4.遊離脂肪酸(FFA)・・・細菌の感染症の予防という観点からも注目されている

5.ミネラル類・・・バランス栄養食品といわれるほど豊富なミネラル

 

👉ココアの注目すべき5大成分については「ココアの成分がすごい効果を発揮する!」と「ココアの栄養成分とその効果効能を徹底解説!」で詳しく解説しています!

 

カカオポリフェノールについて、さらに詳しく解説しているのは「ココアのポリフェノール効果は絶大!その効能から摂取量まで徹底解説!」ですので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

ココアのテオブロミンについて、さらに詳しい解説しているのは「ココアのテオブロミンとカフェインについて」で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

ココアの植物繊維についての詳しい情報は「ココアの植物繊維は水溶性と不溶性の両方をもつリグニンが便秘や美容に抜群に効く!」で解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

これらのすぐれた成分が含まれるココアは、私たちにどんな効果をもたらしてくれるのでしょうか?

ここからはココアの様々な効果を徹底的に調査してお伝えしていきます。

 

 

Sponsored Link



ココアの効果が及ぼす健康への影響

ココアの効果は凄い!

世界で一番長生きした人も、ココアを毎日摂っていたのを知っていますか?

ココアが健康に良いことはよく知られていますが、ココアはなぜ身体に良いのでしょうか?

コーヒーや紅茶は豆や茶葉から成分を抽出したものを飲むのですが、ココアはカカオの実を粉末にしたものなので成分をまるごと体内に取り入れることができるからです。

ココアには多くの有効成分が含まれていることは、すでに紹介してきました。

ココアが凄いパワーを発揮するのは、それらの有効成分が単体としての作用だけでなく、複合的に作用し合うことで生み出される効果だからなのです。

ココアの効果の要となるのがカカオ成分で、このカカオ成分の量が多いほどパワーを発揮します。

ここ最近になって新たに”ココアに冷え改善効果がある”という発表でココアが話題となりましたが、ほかにも驚くべき効果がたくさんあるのです。

 

ここからは、まず『ココアの健康効果』を徹底的に追求していきます。

 

ココアの喉の痛みの緩和と咳を鎮める効果

 

喉の痛みの違和感は不快で辛い症状です。

喉の痛みは喉の粘膜が正常に機能しなくなり、炎症を起こしてしまうことが原因で起こるものです。

喉が痛いときに共通しているのがこの「喉の炎症」です。

咳が出るのも、風邪などで体内に侵入した菌に対しても、咳を出すことで体外へ菌を出そうとします。

本来、人間の身体には、炎症を抑える仕組みが備わっているのですが、「酸化ストレス」がこの仕組みを崩してしまいます。

喉の痛みの緩和や咳を鎮めるためには、身体を温め原因菌をなくす必要があります。

 

ココアには、身体を芯から温め代謝を上げ、原因菌を除去してくれる効果があります!

人間が本来もつ炎症を抑える仕組みを正常にもどし、免疫力を上げながら原因となる菌を減らしてくれます。

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷エピカテキン・・・殺菌作用で原因菌を減らして、抗酸化作用で酸化ストレスを押さえ込む

🔷テオブロミン・・・気道を和らげて咳を抑え、血流を良くして身体を温め咳・喉の痛みを緩和する

 

 

👉ココアの喉の痛みの緩和や咳を鎮める効果については「ココアは喉や咳の症状を緩和する効果がある!」で詳しく解説しています!

 

Sponsored Link



ココアの腹痛を和らげる効果

 

近年では「過敏性腸症候群」と診断される女性が増加しています。

先進国では成人の5人に1人がこの症状に悩んでいるといわれ、原因はストレスであることが多いといわれています。

過敏性腸症候群とは慢性的にお腹の調子が悪いという状態が続く症状で、便秘が続いたと思ったら下痢をする、ガスが溜まってお腹が痛いなどの症状が起きます。

便秘や下痢には、お腹の張りやガス、腹痛は切っても切り離せない関係にありますが、改善には腸内環境の改善とストレスの軽減が必要だということです。

 

ココアには、ストレスや腸内環境が原因で起こる腹痛を和らげ、改善してくれる効果があります!

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷リグニン・・・腸内の善玉菌を増やすことで腸内環境を正常に保つ作用がある

🔷カカオポリフェノール・・・抗酸化作用でストレスを緩和してくれる

 

👉ココアの腹痛の緩和効果については「ココアは腹痛を治す効果がある!」で詳しく解説しています!

 

ココアが結腸の炎症を抑える効果

 

炎症は、病原菌や有害物質に対する身体にとって自然な免疫反応の一部ですが、問題なのは数ヶ月あるいは数年間にわたって継続する”慢性的な炎症”です。

実はこの慢性的な炎症が、生活習慣病の発症や進行に 大きく関わっていることが近年分かってきました。

慢性炎症の危険性は、最近の研究で分かってきたことで今とても問題視されているのです。

 

腸から始まる慢性炎症はあらゆる病気への起点となる!

脂質の摂り過ぎや、体内の毒素が増えると腸管を守ろうとして腸の炎症が起こります。

腸の粘膜には体内の免疫細胞が多く集まっているため、免疫機能への影響も大きくアレルギーの原因になったり、腸炎や大腸がんになる可能性もあります。

そのうえ身体にとって悪いものまでも腸から全身に巡っていくため、気づかないうちに臓器の細胞を時間をかけてむしばんでいく厄介なものなのです。

 

ココアには、結腸の炎症を抑え腸内環境を改善して、免疫力を上げてくれる効果があります!

ココアに含まれるポリフェノールが、結腸の炎症を抑えることが明らかになっています。

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷プロシアニジン・・・強い抗酸化作用で炎症を抑えて腸を守ってくれる

🔷食物繊維・・・炎症を抑え、便秘を改善して腸内の環境を整えてくれる

 

👉ココアの結腸の炎症改善の効果については「ココアは腸の炎症を抑える効果がある!」で詳しく解説しています!

 

Sponsored Link



ココアの高血圧の予防・改善する効果

 

日本の高血圧症患者は4,300万人以上、40歳以上では2人に1人が高血圧だといわれています。

高血圧の原因には塩分や脂質の摂りすぎ・運動不足・喫煙などがあり、高血圧の状態は常に血管に負担がかかり動脈に悪影響を与えることになるので、脳卒中心筋梗塞など命に関わる重要な病を引き起こす可能性があるといわれています。

 

🔶ココアの血圧を下げる効果は、ココアの効果の中でも注目されている効果です!

血圧を下げる効果には、高血圧の治療薬に匹敵するという研究結果があり、EUの食品安全機関が血圧抑制効果を正式に認めています。

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷エピカテキン・・・炎症を軽減させ、血管を拡張、血液の正常な流れをサポートする

🔷プロシアニジン・・・抗酸化力で活性酸素を減らし、悪玉コレステロールが酸化するのを防ぐ

🔷テオブロミン・・・血圧を安定させる効果がある

 

 

👉ココアの高血圧の予防・改善効果については「ココアの高血圧予防改善効果がすごい!」で詳しく解説しています!

 

ココアの血糖値を下げる効果と糖尿病の予防・改善効果

 

血糖値が高くなると、肥満や糖尿病・肝硬変などの危険な病気を誘発する原因になります。

血糖値が急上昇するとインスリンが大量分泌され血糖値を下げようとしますが、同時にインスリンは処理しきれない糖を脂肪に変えて溜め込んでしまうため肥満になってしまいます。

高血糖は血液中に活用されない糖が溜まった状態が続いているため、細胞にとって有害な物質が生み出され動脈硬化や糖尿病など様々な病気のリスクを上昇させることになるのです。

 

 

ココアには、インスリン抵抗性を改善し糖尿病を防く効果と、急激な血糖値の上昇を抑える効果があります!

ココアは、インスリンの働きを正常に戻し、高血糖を改善してくれます。

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷カカオポリフェノール・・・血糖値の上昇を抑え、腸内で糖分の吸収を抑える効果がある

🔷テオブロミン・・・抹消の動脈を拡張させ、毛細血管の血流を改善してくれる

 

👉ココアが血糖値を下げる効果については「ココアは血糖値や糖尿病への効果が凄い!」で詳しく解説しています!

 

Sponsored Link



ココアの動脈硬化を予防・改善する効果

 

動脈硬化とは、文字通り血管が硬くなってしまった状態のことをいいます。

健康な血管は弾力があるものですが、加齢や生活習慣の影響を受けて血管は硬くなりもろく変化していきます。

動脈硬化で引き起こされる代表的な病気は脳梗塞・心筋梗塞・壊疽(えそ)など、どれも命に関わる重大な病気ばかりです。

これらの病気は全て、「血管の詰まり」から引き起こされます。

動脈硬化を起こす原因のひとつに悪玉コレステロールがありますが、最近になり動脈硬化を起こす原因は悪玉コレステロールそのものではなく、酸化された悪玉コレステロールが原因だということも分かってきました。

 

ココアには、コレステロール値を下げ、悪玉コレステロールが酸化するのを防ぐ効果があります!

ココアの摂取により血管の機能を良くして、善玉コレステロールを増やしてくれます。

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷プロシアニジン・・・悪玉コレステロールや中性脂肪などの酸化を防いでくれる

🔷エピカテキン・・・善玉コレステロールを増やす効果がある

 

👉ココアが動脈硬化の予防・改善する効果については「ココアで動脈硬化を予防・改善する!」で詳しく解説しています!

 

Sponsored Link



ココアの血管内皮機能を改善する効果

 

血管内皮機能とは?

あまり聞きなれない言葉ですが、血管内皮機能の低下は様々な病気の前段階で起こる症状として注目されています。

血管は、内膜、中膜、外膜の3層で構成されていて、このうち血液に直に接しているのが内膜です。

内膜を構成する血管内皮細胞から、血管を緩める一酸化窒素(NO)が放出されていることがわかり大きな注目を集めています。

NOは、血管の収縮や拡張をコントロールし、血圧や血液の体内分布を調整する重要な役割や、血栓が形成されるのを防ぐバリアとしての機能をもっています。

ところが酸化ストレス酸化LDLがあると、血管内皮細胞の障害が起こりNOの産生が抑制されます。

血管内皮細胞が弱る原因は、生活習慣、高血圧、脂質異常、高血糖といわれています。

 

🔸ココアの血管内皮機能改善し血栓ができるのを防ぐ効果は、ココアの効果の中でも注目されている効果です!

最近新たに、ココアの持続的な摂取で、血管内皮機能改善の作用があることが解明されました

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷エピカテキン・・・ 血管内皮機能が低下するのを防ぎ、一酸化窒素の産生を活性化する

🔷GABA(ギャバ)・・・内臓のはたらきを活発にして、脂質代謝を促してくれる

 

👉ココアが血管内皮機能を改善する効果については「ココアで血管機能を改善する!」で詳しく解説しています!

 

ココアの心臓・心血管系を改善する効果

 

心臓の病気は、日本人の死因の第2位となっています。

心臓の病気には運動や食事、飲酒などの生活習慣や、高血圧・糖尿病・脂質異常症といった生活習慣病・動脈硬化・ストレス等が強く関与しているといわれています。

最近の研究で分かってきたことで問題視されているのが、慢性炎症の危険性です。

腸のから始まる慢性炎症は、生活習慣病をはじめとするあらゆる病気への発症につながる可能性があります。

 

🔶ココアの心血管系を改善する効果は、ココアの効果の中でも注目されている効果です!

ココアの長期摂取は循環器系に有益な健康の影響を与え、循環器病の死亡率が低いといわれています。

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷カカオポリフェノール・・・抗酸化作用で心血管系疾患の患者の血管の状態を改善する

🔷プロシアニジン・・・強い抗酸化作用で炎症を抑えてくれる

🔷エピカテキン・・・血管修復と血圧を下げる効果は、高血圧の治療薬に匹敵する
  👉ココアが心臓・心血管系を改善する効果効果については「ココアの心臓・心血管系を改善する効果が凄い!」で詳しく解説しています!

 

ココアの肝臓機能を高める効果

 

肝臓は、身体にとって有害な物質を分解したり、必要な物質を合成するところです。

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、悪くなってもほとんど症状が現れないため、肝臓の一部が傷ついても他の部分でカバーすることができるほど強い臓器でもあるのですが、あまりにも負担をかけすぎると肝細胞の破壊が進んでいきます。

 

肝機能が低下して起こる肝機能障害の中でも、近年問題視されているのが脂肪肝です。

脂肪肝とは、不規則な生活によるカロリーオーバーと運動不足より肝臓に中性脂肪が多く蓄積された状態のことで、心筋梗塞や狭心症などの心臓病、脳梗塞など血管系の疾患に繋がっていく引き金となります。

現在、脂肪肝の患者は国内に約1,000万人いるといわれています。

 

ココアには、肝臓の働きを活発にしγーGTP値を下げ、過酸化脂質を除去する効果があります!

ココアの定期的な摂取は、肝臓で解毒処理中に大量発生する活性酸素から肝細胞を守り高い肝機能を維持してくれます。

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷カカオポリフェノールの作用・・・強力な抗酸化作用で過酸化脂質を除去する

🔷ミネラル類・・・ビタミンB2が酸化された過酸化脂質を消去するのを助ける補酵素となる

🔷GABA(ギャバ)・・・肝臓の働きを活発にするのでアルコールの代謝も速くなる

 

👉ココアが肝臓機能を高める効果については「ココアには肝臓機能を高める効果がある!」で詳しく解説しています!

 

Sponsored Link



ココアのケガ予防とウオーミングアップ効果

 

私たちは健康のために運動をするのですが、いきなり激しい運動を行うと急激に心拍数と血圧が上昇するため、心臓・血管・肺などに大きなダメージを与える可能性があります。

負担を軽減するためにも、運動前のウオーミングアップをすることが重要となってきます。

ウオーミングアップによって徐々に心拍数を上げることで、全身の筋肉に血液が流れて筋肉と身体の温度が上昇します。

筋肉の温度が上がることで筋肉や腱・関節の柔軟性が高まり、ケガの予防に繋がります。

高齢化が進む中、健康寿命を長く保つために日々の運動を行うことが推奨されています。

 

ココアには、運動前に飲むことでウォーミングアップの効果が続いて、ケガ予防の効果があります。

運動パフォーマンスを向上させて長時間キープすることが可能であることも証明され、現在は、効果が現れる期間や持続時間等が研究されています。

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷ミネラル類・・・カリウムが塩分量の調整だけでなく、筋肉や神経の機能を維持する

🔷エピカテキン・・・体内で一酸化窒素の生産を増加させる

 

👉ココアのケガ予防とウオーミングアップ効果については「ココアのケガ予防とウオーミングアップ効果が凄い!」で詳しく解説しています!

 

ココアは貧血を予防・改善する効果がある

 

貧血の80%の原因が鉄分不足で起こるものだといわれています。

鉄分は赤血球の中のヘモグロビンの成分になり、酸素を細胞に送る働きを持っています。

貧血の人は、鉄分が不足しているので身体に酸素が回ってない状態なのです。

機能鉄が足りなくなると身体に溜めている鉄を使うようになるのですが、この時点から貧血の症状が出てくるので気づいてからの対策では間に合いません。

また、いくら血液がサラサラでも、血の量そのものが不足していると血流は良くなりません。

女性は、「血不足」によって血流が悪くなっている人が多いため血量を増やすことも大切です。

 

ココアには、ミネラルが豊富に含まれるなか特に鉄分の含有量が多く、血液を作る栄養素も多いてま造血をサポートする効果があります!

実は、鉄が十分にあっても銅がなければ赤血球はうまくつくれないため貧血になってしまいます。

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷ミネラル類・・・鉄分は血液を作るうえで主となる栄養素でもあり、酸素を運ぶ働きを持っている

🔷ポリフェノール・・・リラックス効果で血流が良くなり貧血防止になる

🔷テオブロミン・・・抹消血管という腕や足の血管を太くする拡張作用がある

 

👉ココアの貧血の予防・改善については「ココアで貧血を予防・改善する!」で詳しく解説しています!

 

Sponsored Link



ココアの癌・生活習慣病予防効果

 

日本の癌による死亡数は男女あわせて34万4,000人で、1980年代から常に日本人の死因の1位を占めています。

癌細胞は、正常な細胞の遺伝子に傷がつくことにより発生します。

癌の発症には生活習慣が深く関わっていて、生活習慣を改善すれば癌になる確率を下げられることが分かってきました。

生活習慣病には、高血圧、脂質異常症、糖尿病などがあります。

 

ココアには、抗がん作用があり、細胞DNAの突然変異を抑制する効果があります!

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷カカオ・ポリフェノール・・・酸化物質が正常細胞の損傷を予防し癌細胞の成長や血管新生を抑える

🔷テオブロミン・・・血行促進効果て血流を良くして体温をあげてくれる

🔷GABA(ギャバ)・・・血液中のコレステロールや中性脂肪をコントロールする

 

👉ココアの癌・生活習慣病予防効果については「ココアで癌・生活習慣病を予防する!」で詳しく解説しています!

 

ココアのアレルギー症状の改善や花粉症への効果

 

国民の4人に1人が発症しているスギ花粉をはじめとして、アトピーなどのアレルギーはまさに現代病のひとつといえます。

私たちの身体は、免疫細胞などが有害な細菌やウイルスを退治してくれることで健康を保っています。

アレルギー疾患は、体内に入ってくる異物から身を守ろうとする「免疫」システムの過剰反応によって起こることはよく知られています。

<アレルギー発症のメカニズム>

アレルギー症状には活性酸素が大きく影響しています。

❶ステップ⇨花粉​やハウスダストなどが体内に侵入し、免疫細胞に伝わってアレルギー抗体が作られる

❷ステップ⇨一度抗体が作られてしまったアレルゲンが、再びカラダに入り込むとアレルギー抗体が反応する

❸ステップ⇨くしゃみや鼻づまり・目のかゆみ・呼吸困難などの症状が現われる

 

ココアは、この3ステップすべてにブロック作用があるため、アレルギー予防・改善に効果があります!

カカオには、免疫系の流れを健全に整える働きがあることがわかってきました。

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷カカオポリフェノール・・・活性酸素や「抗体」の発生を抑えて、炎症を起こす物質を阻止する

🔷植物繊維・・・整腸効果により腸内環境がよくなると免疫力が高まる

 

👉ココアのアレルギー症状の改善や花粉症への効果については「ココアはアレルギーを改善する効果とアレルギーを発症する原因の2つがある!」で詳しく解説しています!

 

Sponsored Link



ココアの創傷治癒効果

 

人間は身体の損傷部位を自分で治す機能をもっています。

傷を受けた部位には炎症が起りますが、これは傷口が細菌などに感染するのを防ぐために起こる自然な身体の防御反応で、組織の治癒過程には必要なことです。

傷を受けたときの処置で大切なことは、過剰な炎症をできるだけ抑えることなのです。

 

🔶ココアの皮膚の再生力と過剰な炎症を抑制する効果は、ココアの効果の中でも注目されている効果です!

毎日ココアを飲んでいる重症患者において、傷の治りが早くなることが確かめられています。

高度救命救急センターでもココアは健康飲料として活躍し、重傷者や感染症の患者にはカカオ成分を活用した治療が導入されています。

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷ミネラル類・・・亜鉛が皮膚の機能を正常に保ちながら皮膚細胞の修復を助け酵素の働きを活性化する

🔷カカオポリフェノール・・・過剰な炎症を抑えて傷の治りを促進する作用がある

🔷植物繊維・・・食物繊維と亜鉛を一緒に取ることで傷の治す効果を高めれ、腸内環境も良くする

 

👉ココアの創傷治癒効果については「ココアには傷を早く治す効果がある!」で詳しく解説しています!

 

Sponsored Link



ココアの胃炎、胃癌予防効果

 

胃の粘膜は常に刺激にさらされているため、粘液が胃粘膜を守る大事な役目を担っています。

胃粘膜には傷を自己修復する力が備わっているのですが、傷が大きければ炎症が進んで胃炎になります。

胃炎は、急性胃炎と慢性胃炎の2つのタイプに分けられます。

急性胃炎は、日常のなかで発症しやすい傾向にありますが、慢性胃炎は胃が何度も刺激を受けることで、慢性的に胃の粘膜に炎症が起きてしまいます。

慢性胃炎の原因のほとんどはピロリ菌だといわれていますが、加齢による胃の老化や偏食・ストレスもなども慢性胃炎の原因となります。

 

🔶ココアの「ピロリ菌」の殺菌効果は、ココアの効果の中でも注目されている効果です!

ピロリ菌は胃炎や胃潰瘍に密接にかかわり、胃癌の危険因子としても認定されています。

胃癌もピロリ菌が原因といわれることもあり胃癌の予防にも繋がります。

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷カカオポリフェノール・・・胃の炎症を抑え、傷の治りを促進する作用がある

🔷「カカオFFA」・・・細胞膜に侵入してピロリ菌を攻撃して体外に排出させる

 

👉ココアの胃炎・胃癌予防効果については「ココアで胃炎、胃癌予防をする!」で詳しく解説しています!

 

ココアの体臭改善効果

 

近年「スメルハラスメント」という言葉がビジネスマンの間で話題になり、他人に不快感を与えないように自分の体臭を管理することも、ビジネスマンにとって大切なマナーのひとつとなっています。

他人に不快感を与えるという体臭の原因は「酸化」や「便秘」によるものです。

肉や脂ものを中心とした食生活ばかり続けていると身体が酸性に傾き、脂っぽくなった皮脂が酸化して体臭が強くなってしまうのです。

また、便秘がちになると腸内で悪玉菌が増え便の腐敗や発酵が進み、腸内に長期間とどまってしまった場合、この有害物質が血液にのって全身に行き渡り、やがて皮膚や口からニオイが発生してしまいます。

 

🔶ココアの体臭予防・改善効果は、ココアの効果の中でも注目されている効果です!

ポリフェノールは、活性酸素による身体の酸化を防ぎ、非常に高い消臭作用と殺菌作用で体臭を防いでくれます。

ココアに含まれる植物繊維は消臭・体臭改善に優れ、様々な作用をもち合わせた特徴をもっています。

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷植物繊維・・・便秘を解消し腸内環境と整えて、ニオイ成分を排出し無臭化する機能も高める

❶腸内環境を改善し便秘を解消する効果がある

❷老廃物や有害な金属や毒素を吸着し、便や尿などとして体外に排出する

❸腸の粘膜を健康に保ち、ニオイ成分を無臭化する機能を高める効果がある

🔷ポリフェノール・・・非常に高い消臭作用と殺菌作用で体臭を防ぐ効果がある

 

👉ココアの体臭改善効果については「ココアの体臭改善効果が凄い!」で詳しく解説しています!

 

ココアの風邪予防とインフルエンザ感染予防効果

 

風邪とインフルエンザは、どちらもウイルス感染によって起こりますが違いは感染力の強さと症状の重さです。

●風邪・・・喉の痛み、鼻水、咳などの症状を伴う呼吸器の急性炎症と発熱

風邪のウイルスは、鼻水や唾液などから接触感染します。

●インフルエンザ・・・高熱が出るなど、一般に風邪よりも症状が重い

インフルエンザ・ウイルスは空気感染もするため感染しやすいのが特徴です。

 

予防には免疫力が重要!

たとえワクチンを接種していたとしても、「重症化を防ぐ」という効果を目的としたもので、その効果も免疫力に比例するため免疫力が低い若齢者・高齢者は効果も低くなるといわれています。

予防には抗菌蛋白質も重要で、これを増やすにはビタミンDをしっかり摂取することは予防に繋がるといわれています。

 

🔶ココアの自然免疫(NK活性)を増強する効果は、ココアの効果の中でも注目されている効果です!

実は今、ココアの殺菌・抗菌作用や、インフルエンザの感染抑制効果についての研究にも注目が集まっています。

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷ポリフェノール・・・免疫グロブリンAを増やし細菌やウイルス感染のから身体を守る働きを高める

🔷食物繊維・・・腸内環境が改善されたことでも免疫力が向上する

 

👉ココアの風邪防止とインフルエンザ感染予防効果については「ココアの風邪予防とインフルエンザ感染予防効果について」で詳しく解説しています!

 

 

Sponsored Link



ココアの効果が及ぼす美容への影響

ココアには、「カカオポリフェノール」・「テオブロミン」・「不溶性食物繊維のリグニン」という3つの美容成分が含まれています。

そのうえココアにしか含まれない「フェニルエチルアミン(PEA)」・「アナンダミド」・「テオブロミン」という特有成分も含まれているのです。

特殊成分:その❶「PEA」⇨麻薬様物質で、不安な時や緊張している時にのみ分泌されるホルモン

別名を恋愛ホルモンと呼び、PEAは、ドーパミンの濃度をアップさせる効果もあります。

特殊成分:その❷「アナンダミド」⇨神経伝達物質で食材の中でもカカオだけが唯一もつ成分

アナンダミドには幸福感や精神安定作用、痛みを和らげる作用などがあり、食欲や睡眠などに影響を与え、脳内で様々な役割を持っているまさに脳内麻薬といえる成分でうつ病の予防にも効果を発揮するといわれています。

特殊成分:その❸「テオブロミン」⇨天然の成分としてはカカオのみに含まれる固有の成分

アルカロイドの一種で、脳を活性化して集中力や記憶力を高める働きがあり、不足すると判断力が鈍ったりします。

 

ココアにはその他にも、ポリフェノールの一種レスベラトロールという強い抗酸化力をもつ成分も含まれています。

●「レスベラトロール」⇨細胞の酸化を防いで老化の原因を抑制する働きがある

若返りの成分として化粧品やサプリメントにも配合されています。

また、レスベラトロールには長寿遺伝子と呼ばれるサーチュイン遺伝子を活性化する働きがあり、この長寿効果との関連性については20年間の研究によって立証されています。

 

ココアにはこれらの特有成分と美容成分がいくつも含まれ、味、香り、栄養、カロリーなどが、どれも欠けることなくバランスよく含まれています。

ココアが、美容を支えるアイテムでもあるといわれる理由がここにあるのでしょう。

 

ここからは『ココアの美容効果』を徹底的に追求していきます。

 

ココアの美肌・アンチエイジング効果

 

ニキビやシミ、肌の老化は活性酸素と紫外線によるメラニンの過剰産生が原因です。

本来人間には活性酸素を除去する抗酸化作用が備わっているのですが、20代後半をピークに衰え始めます。

だからこそ抗酸化作用のある食品を積極的に摂取していかないと、細胞は酸化され続けて老化の一途をたどることとなるのです。

 

ココアには、肌の炎症を抑制し、肌の老化を促進させる活性性酸素を除去する効果があります!

ココアは多くの栄養素をバランスよく含み、活性酸素を除去する抗酸化力の高いアンチエイジング成分です。

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷ポリフェノール・・・肌の炎症を回復し、活性酸素を分解してシミの予防になる

🔷レスベラトロール・・・肌の機能を修復して理想的な周期に近付け、肌の状態を若々しく保つ

🔷テオブロミン・・・抹消の動脈を拡張させ、毛細血管の血流を改善してくれる

 

👉ココアの美肌とアンチエイジング効果については「ココアの美肌とアンチエイジングパ効果がすごい!」で詳しく解説しています!

 

Sponsored Link



ココアの美髪・薄毛予防・改善効果

 

薄毛の原因である脱毛は老化現象のひとつといわれてきました。

最近では生活習慣も大きく関係しているといわれていますが、頭皮も肌と同じように老化を防いでおく事が重要になります。

髪が健康に成長するためには、まずはその土台である頭皮がしっかりした状態でなければなりません。

血液の循環が良くなれば、髪の成長に必要な酸素や栄養素が行き渡るようになるので発毛しやすい環境が整うわけです。

実は、育毛においては「IGF-1(インスリン様成長因子-1)」という物質が非常に重要な役目を果たします。

IGF-1は人体のあらゆる部位の成長に関与する物質といわれています。

成長ホルモン(HGH)から作られ、ほとんど全ての人体組織や人間の母乳、唾液を含む液体の中に存在する物質です。
成長ホルモンの作用の多くは、このIGF-1を介して行われているため、IGF-1が存在しなければ成長ホルモンは有効に働けません。人の細胞では、特に骨や筋肉、肝臓、腎臓、肺、神経、皮膚の細胞がIGF-1の影響を受けるといわれています。

 

亜鉛は髪の毛の構成成分であるケラチンを作るために必要不可欠なもの!

亜鉛は日本人に不足している成分といわれていて、不足するとケラチンの合成がうまくいかず、細くて抜けやすい髪の毛になってしまいます。

また、亜鉛は私たちの身体の中で約300種類の新陳代謝に関係しているので、亜鉛不足を放っておくと年齢に関係なく身体が老化していくといわれています。

たとえアンチエイジングのために「酵素」をたくさん摂っても亜鉛不足では意味がなくなるわけです!

 

ココアには、髪の毛を育てるミネラルが豊富で、頭皮の毛乳頭細胞を活性化し老化を抑える効果があります!

ココアには豊富なミネラル類が含まれ、なかでもココアの亜鉛は加熱すると効果が高い成分に変化することが分かっています。

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷カカオポリフェノール・・・「IGF-1(インスリン様成長因子-1)」という物質を増やす作用がある

🔷エピカテキン・・・抗酸化作用は、発毛に関わる発母細胞や毛乳頭細胞の老化を抑える作用がある

🔷ミネラル類・・・ココアのミネラルは吸収率が高く、健康で丈夫な髪の毛を育てるミネラルが豊富

 

👉ココアの美髪と薄毛予防・改善効果については「ココアの髪や薄毛への効果!」で詳しく解説しています!

 

ココアの血流改善による冷え症改善効果

 

血液の主な役割は、栄養分や酸素を体内各所の細胞に届け、それと同時に体内で発生した老廃物や二酸化炭素を回収して腎臓や肝臓に運ぶ役割を担っています。

血流が悪くなるとこの循環が滞り、様々な病気を引き起こすといわれています。

血流悪化の原因には生活習慣や病気など様々な原因がありますが、根本的な原因は血液の質と血流によるものです。

血行が悪い状態が慢性的に続くと動脈硬化や高血圧へと発展し、脳梗塞や心筋梗塞といった取り返しのつかない病気へと繋がるリスクが高まるのです。

身体の冷えは、便秘や下痢・むくみ・腰痛や頭痛・質の悪い睡眠などといったことにも繋がります。

 

🔶ココアの毛細血管の血流を改善と冷え性の高い効果は、ココアの効果の中でも注目されている効果です!

これまでの研究で、ココア4杯相当をわずか4日間続けるだけで、腕や指への血流が劇的に増加することが明らかになっています。

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷カカオポリフェノール・・・悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、血液の質を改善してくれる

🔷テオブロミン・・・抹消の動脈を拡張させ、毛細血管の血流を改善してくれる

🔷アルギニン・・・成長ホルモンの分泌を促したり、血管の拡張や血行促進をサポートしてくれる

 

👉ココアの血流改善による冷え症改善効果については「ココアの冷え症改善効果が凄い!」で詳しく解説しています!

 

 

再び!ココアの効果が注目される!!『話題のショウガココア』の冷え性改善効果

ココアのポリフェノールは、血圧を下げて血管の機能を向上させる働きがありますが、特に下半身を温めるという特性をもっています。

ショウガのジンゲロールは、血行を良くして代謝を高める働きがありますが、特に上半身を温めるという特性をもっています。

どちらも単独で十分な効果をもっているのですが、2つの血行促進効果が相乗効果でより全身を早く温めるのに効果的だというものです。

 

生姜ココアについては、下記のサイトでも詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

「生姜ココアのダイエット効果が抜群!飲み方で痩せる方法と作り方のコツ」

「生姜ココアの効果効能がもの凄い!」

「ココアと生姜の相乗効果が凄い!」

 

Sponsored Link



ココアの歯周病予防・虫歯予防と口臭予防効果

 

歯科の二大疾患といわれているのが歯周病と虫歯です。

現在成人の80%以上が歯周病にかかっているといわれています。

 

口内フローラの恐怖

細菌のバランスは腸だけでなく、口の中も重要であることが分かってきました。

また虫歯菌が血液に溶け始めると、血液を介して心臓に送られ心不全の原因に成ることが最近わかってきました。

虫歯や歯周病になり悪化すると、虫歯菌や歯周病菌などの悪玉菌が血管内に入ることで炎症が起きます。

悪玉菌が全身に広がると、脳卒中や心筋梗塞以外にも慢性炎症が起きることで、認知症や関節リュウマチ・癌・糖尿病のリスクも高くなるといわれています。

 

ココアには、抗菌効果があり、歯周病や虫歯・口臭予防に効果があります!

カカオ成分が虫歯菌をおさえる効果は、ウーロン茶や緑茶の虫歯予防効果成分よりも高く、虫歯菌に感染した虫歯の進行までおさえることも明らかになりました。

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷カカオポリフェノール・・・歯周組織の抗酸化力を高め炎症を抑制し、酸化ストレスを軽減させる

🔷食物繊維・・・リグニンが悪玉菌を減らし、善玉菌を活性化させることで口臭予防になる

 

👉ココアの歯周病予防・虫歯予防と口臭予防効果については「ココアの虫歯・口臭・歯周病予防効果がすごい!」で詳しく解説しています!

 

 

ココアのニキビ予防・改善効果

 

近年では肌のトラブルは、腸内環境が大きく関わってくることが明らかになっています。

そのうえ血行不良は、肌のターンオーバーが悪くなり吹き出物や肌荒れの原因になります。

 腸内環境の悪化は吹き出物や肌荒れの原因となる!

身体の免疫細胞のおよそ70%が腸にあるので、腸内環境の悪化が免疫力にも影響を及ぼし、常在菌であるアクネ菌の影響を強く受けるため、皮脂で詰まった毛穴が炎症してニキビができます。

悪玉菌が大量に増殖して腸内環境が悪化すると、美肌を保つビタミンB群が不足して皮脂の過剰分泌を引き起こします。

体内に蓄積された脂肪分が排便では追い付かないため、皮脂腺からも排出しようとした結果が皮脂の過剰分泌です。

 

ココアには、便秘改善・整腸作用があり、毛穴を詰まらせる皮脂が酸化するのを防ぐ効果があります。

レスベラトロールは、強い抗酸化力をもち細胞の酸化を防いで老化の原因を抑制する働きがあるため、若返りの成分として化粧品やサプリメントにも配合されています。

【最も重要な役目を果たすココアの成分】

🔷レスベラトロール・・・強い抗酸化力をもち細胞の酸化を防いで老化の原因を抑制する働きがある

肌の機能を修復して理想的な周期に近付けることで、肌の状態を若々しく保つ効果があります。

🔷食物繊維・・・リグニンが悪玉菌を減らして、善玉菌を活性化してくれる

食物繊維が非常に豊富で飲み物の中ではトップクラスの含有量!

【サポートするココアの成分】

🔷カオプロテイン・・・便がカサ増しされ、便通を良くして便秘解消で代謝があがる

カカオにもたんぱく質(プロテイン)が含まれていて、便秘解消や腸内環境の改善にも役立つ成分として注目を集めています。

🔷カカオポリフェノール・・・抗酸化作用でニキビの原因となる活性酸素を退治してくれる

活性酸素は肌細胞を傷つけシミやシワといった肌の老化に繋がっていくので色素沈着タイプのニキビ跡とかに悪影響となります。

🔷ミネラル類・・・カリウムやマグネシウム、ミネラルといった栄養素も含んでいる

肌の新陳代謝(ターンオーバー)の向上にも役立ち、ニキビや吹き出物の予防に繋がります。

🔷テオブロミン・・・自律神経のバランスを調整してくれ血行を改善してくれる

ストレスを受けやすい環境にあると、自律神経のバランスが乱れ、それが血行を悪化させたり、交感神経が優位になりすぎて不眠となり、慢性的な睡眠不足となり、結果的にニキビや吹き出物といった肌荒れにもつながります。

 

ニキビ予防・改善に効果的なココアの飲み方

砂糖を取りすぎるとターンオーバーが悪くなり、ニキビの原因になるので純ココアがお勧めです。

肌全体の肌荒れや赤みがかったニキビに対しての抗酸化作用はココア1杯で十分に効いてくれます。(ココア1杯のポリフェノールの量:72㎎)ターンオーバーの周期である1か月は様子をみてみるようにしましょう。

牛乳にはビタミンB2とオリゴ糖の2つの成分が含まれているのでニキビに対して効果的です。

ビタミンB2は美肌成分といわれ、特に皮脂の分泌を調節して活発にしてくれます。

寝る前にココアを飲めば副交感神経が活性化して、肌のターンオーバーに必要な成長ホルモンの分泌を妨げません

黒糖を加えると、特有成分ラフェノースの腸の善玉菌を増やし腸の働きを促進、宿便を改善する便秘・肌荒れ予防効果があり相乗効果がより期待できます。(黒砂糖の栄養成分:オクタコサノール・ビタミンB6・パントテン酸・カリウム・カルシウム・鉄・銅)

 

👉ココアのニキビ予防・改善効果については「ココアの美肌とアンチエイジング効果がすごい!」にて詳しい情報をお伝えしています!

ココアのニキビへの効果については「ココアがニキビや肌荒れに効果があるのはピュアココア!その理由を徹底解説!」で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

Sponsored Link



ココアのバストアップ効果

 

最近では、身体にメスを入れないでバストアップする方法が人気を集めているようです。

 

バストアップするには、女性ホルモンを活性化させること!

バストアップする(乳腺の増殖)には女性ホルモンのエストロゲン分泌が重要で、血行を良くして新陳代謝を促すことが大切になります。

乳腺が増殖すると、胸を構成する脂肪も増えるように体が作り変えられるのでバストアップに効果的なのです。

睡眠不足とストレスはエストロゲン分泌を妨げます。

 

ココアには、女性ホルモンを活性化し、血流を良くすることでバストを育てる効果があります!

バストアップのためには、ホルモンバランスを正常に保つことがとても重要なのですが、実は冷え性を改善することもバストアップに大きく関係してきます。

冷え性が改善されることで女性ホルモンが活性化され、女性ホルモンが増加すると乳腺が発達し、乳腺を守るためにバストに脂肪が増えるというわけです。

 

【最も重要な役目を果たす成分】

🔷テオブロミン・・・血液の流れを促進し、冷え性を改善してくれる

血管を拡張させ血流を改善してくれることでホルモンの流れも改善され、女性ホルモンのバランスが整いバストアップに繋がります。

🔷ポリフェノール・・・細胞や血液を若々しく保ち、バストにハリを持たせてくれる

バストに栄養が運ばれ、細胞が再生されることでハリが生まれます。

サポートするココアの成分

🔷植物繊維・・・リグニンが毒素を排出し、悪玉菌を除去して腸内環境を整え便秘を解消してくれる

身体に毒素が溜まると、血液やリンパの流れが滞ってホルモンバランスが崩れ、バストアップに必要な女性ホルモンが減少するうえ、バストに栄養が運ばれにくくなってしまいます。

バストアップに効果的なココアの飲み方

ココアと豆乳を合わせて飲むことで、さらなるバストアップが期待できます。

バストアップ効果のある代表的な食品といえば大豆製品です。

大豆製品には女性ホルモンと働きが似ていると言われている大豆イソフラボンが含まれています。

 

Sponsored Link



ココアの月経前症候群や更年期障害の症状改善効果

 

20代や30代の女性に更年期障害がおきる「プレ更年期」や「若年性更年期」は、ここ数年で使われるようになった言葉です。

最近、若い女性でも生理不順になったり月経が無くなって、女性ホルモンの分泌が乱れている人が急増しているようです。

ストレスや無理なダイエット・食生活を含めた不規則な生活・冷えや血行不良などにより徐々に卵巣機能が低下してしまったことが原因と考えられています。

一方、月経前症候群は、女性のおよそ80%に起こり20代から30代に多といわれています。

月経前症候群や更年期障害は、女性ホルモンの分泌がうまくできなくかったり、加齢によるホルモン分泌量の減少でおきる体調の変化です。

 

IGF-1を増やせば更年期障害が抑えられる!

健康維持に重要なもののひとつにIGF-1(インスリン様成長因子-1)という物質があります。

この物質を増やすことができると、更年期障害を抑制することができることが分かってきました。

 

ココアには、ストレスへの適応を促し、更年期障害によるストレスを抑制する効果があります!

ココアは精神の安定に欠かせないマグネシウム含有量が多く、抗ストレスホルモンを作る副腎皮質の機能を助ける働きをするので「抗ストレスミネラル」とも呼ばれています。

【最も重要な役目を果たす成分】

🔷ポリフェノール・・・IGF-1を増やして更年期障害の症状を緩和する

🔷テオプロミン・・・血行を促進させ自律神経を整える作用がある

🔷ミネラル分・・・ミネラルが豊富で、亜鉛やマグネシウムが女性ホルモンの乱れを整える

 

👉ココアの月経前症候群や更年期障害の症状改善効果については「ココアで更年期障害や月経前症候群を改善する!」で詳しく解説しています!

 

Sponsored Link



ココアのダイエットやメタボ予防・改善効果

 

近年、生活習慣の変化により、メタボリックシンドロームの患者数が増加の一途をたどっています。

メタボリックシンドロームの発症において、「アディポサイトカイン」が鍵を握っているということがわかり注目が集まっています。

アディポサイトカインは脂肪細胞から分泌され、生理活性物質の総称で糖や脂質の代謝をコントロールしています。

アディポサイトカインには善玉と悪玉があり、肥満状態で白色脂肪細胞に炎症を起こすと悪玉サイトカインの産出が高まり、糖尿病、高脂血症、高血圧のリスクを高めます。

 

ココアには、食欲を抑え悪玉サイトカインの分泌を抑制し、細胞の炎症や酸化ストレスを抑える効果があります!

ダイエットで最も注目すべき効果は、ココアが食欲を抑える効果です。

【最も重要な役目を果たす成分】

🔷カカオポリフェノール・・・悪玉サイトカインの分泌を抑制し細胞の炎症や酸化ストレスを抑える

🔷食物繊維・・・リグニンが腸内の環境を整え便秘を解消し、脂肪の吸収を抑えてくれる

🔷GABA(ギャバ)・・・中性脂肪を抑えて脂質代謝を促してくれる

 

👉ココアのダイエットやメタボ予防・改善効果については「ココアのダイエット効果がもの凄い!!」と「純ココアダイエットで絶対に痩せる!」で詳しく解説しています!

 

ココアの便秘予防・改善効果

 

今、食物繊維と腸の関係は、世界の医学界が注目する最先端医科学のひとつになっています。

腸は全身の健康維持に関わる核となる臓器だということが明らかになってきました

腸の不調は、メンタル面まで含めた全身の不調に大きく関わっているのです。

慢性化した便秘の中に含まれる有害物質が大腸がんを引き起こす要因を作っているため、便秘の改善は大腸がん予防にも繋がります。

 

今!便秘に悩む女性は約320万人で男性の約2倍

従来の便秘は偏った食事や腸の不調、ストレスによる腸の痙攣などで起こっていました。

この他に、現代の女性の便秘は「便の量が少ない」ことが原因だといわれています。

現代型便秘の改善には、便量と腸内環境改善での善玉菌をいかに優位にすかがカギとなります。

 

ココアには、便を大きくさせる効果もあり、腸内で善玉菌を増やすので現代型の便秘改善に最も効果があります!

善玉菌は腸内環境を整える効果があり、直接便秘を解消してくれるため、便秘解消に優れた効果があります。

【最も重要な役目を果たす成分】

🔷カカオプロテイン・・・便のかさを増やし、腸の動きを活発にするため便通がよくなる

🔷植物繊維(リグニン)・・・ポリフェノールの働きをもち、善玉菌を増やし腸内環境を整える

 

👉ココアの便秘予防・改善効果については「ココアの便秘予防・改善効果が凄い!」で詳しく解説しています!

 

 

Sponsored Link



ココアの効果が及ぼす脳や精神への影響

今、日本だけではなく世界的にもうつ病や認知症、脳卒中などの脳・精神疾患患者数が大きな社会的・経済的問題になっています。現在、日本ではそれらの有病者は約1000万人ともいわれています。

内閣府 の革新的研究開発推進プログラム:内閣府と株式会社明治の共同研究チームによる

2017年1月18日

日本初の試み!「高カカオチョコレート摂取による脳の若返り効果の可能性」の研究結果が発表されました。

高カカオチョコレート(カカオ分70%以上のチョコレート)による脳の健康効果に関する実証トライアルの結果、高カカオチョコレートの摂取が大脳皮質の量を増加させ、学習機能を高める(脳の若返り)可能性があることを確認しました。内閣府ImPACT山川プログラム:脳情報の研究をしている国家機関

 

国家機関が研究に取り組む程、ココアがもたらす脳や精神面への作用には、驚くほどの効果が秘められています。

特に、各研究機関から注目されているのが、「脳の血流改善」「脳細胞の老化防止」「リラックス効果」の3つの働きです。

この効果を導き出すのが、

❶「ポリフェノール類」

注目のBDNF(脳由来神経栄養因子)という、酸化による細胞の壊死を防止する物質の生成量を増加させます。

❷『デオブロミン』

自然界にカカオにしか存在していないであろうといわれている特有成分です。

『デオブロミン』が脳にも効果的だということで、現在の西洋医学では中枢神経刺激薬としても利用されています。

テオブロミンには、リラックス効果や毛細血管の血流を促進する働きがあり、冷え症対策などでも研究が進められています。

❸「GABA(ギャバ)」

今、注目されているのが、ココアの原料カカオに含まれるGABA(ギャバ)という成分です。

ギャバは体内で主に抑制系の神経伝達物質として脳内の血流を活発にし、酸素供給量を増やしたり、脳細胞の代謝機能を高める働きがあることがわかっています。

 

ココアは、脳や精神面にとっても驚くほど効果の高いスーパーフードだといえます。

 

ここからはココアが『脳や精神面に及ぼす効果』を徹底的に紹介していきます。

 

ココアの精神疲労・脳疲労回復効果

 

精神的疲労も脳疲労も、ストレスによって引き起こされる疲労です。

私たちは睡眠時間や体温、血糖値などを常に一定のバランスで保とうとする機能で健康が保たれていますが、ストレスを感じるとこの機能が崩れていきます。

 

ストレスからくる身体の変化で発生する疲労を「精神疲労」というのですが、この疲労が精神の疲労から来ていると自覚できないことが多いため、この状態が長く続くと自律神経失調症やうつ病を発症してしまいます。

一方「脳疲労」は、自身の能力を超えた過剰なストレスや耐えがたいプレッシャーに長い期間さらされた結果、合理的思考や喜怒哀楽のバランスが崩れ脳の正常な働きが失われる状態をいいます。

「脳疲労」であるにも関わらず、そのまま走り続けてしまうと五感異常だけにとどまらす、思考や意欲等の感情面にも異常が見られるようになりうつ病になってしまうのです。

 

ココアには、脳疲労の回復と、 やる気の喪失・ストレスなど精神疲労の回復に効果があります!

特に脳は酸素消費量が極めて高く、全体の25%の酸素を消費するといわれるだけに、脳は血流不足によるダメージを受けやすいといわれています。

【最も重要な役目を果たす成分】

🔷ポリフェノール・・・活性酸素を阻止して脳の細胞を守ってくれる

🔷トリプトファン・・・脳内物質のセロトニンをつくる元になり。セロトニンの産出を増加させる

🔷テオブロミン・・・中枢神経を覚醒させ、疲労が回復したような感覚にさせる

 

👉ココアの脳や精神の回復効果については「ココアや脳や精神に高い効果を発揮する!」で詳しく解説しています!

 

Sponsored Link



ココアのストレス解消・リラックス効果

 

私たちの体の働きを司る自律神経には、交感神経(活動時)と副交感神経(リラックス時)があります。

この自律神経が乱れると、ホルモンバランスを崩したり、体温調節がうまくできなくなったり身体に様々な悪影響を及ぼします。

ストレスが強すぎたり長くさらされたりしていると、環境の変化に対応して健康な身体の状態が維持できなくなってしまうからです。

これによって自律神経のバランスが乱れ、うつ病や神経症などの精神疾患に繋がっていくのです。

 

ココアには、抗ストレス作用があり、更年期障害による様々なストレスを和らげる効果があります!

ストレスに大きく関わってくるのがテオブロミンという成分で、近年の研究で自律神経系の調節作用が認められていて、気持ちを和ませて穏やかに導くように作用するといわれています。

【最も重要な役目を果たす成分】

🔷テオブロミン・・・セロトニンの分泌を促進し、身体と脳をリラックス状態にさせる

🔷カカオポリフェノール・・・ストレスを受けると分泌される物質を除去する働きがある

 

👉ココアのストレス解消・リラックス効果については「ココアのストレス解消・リラックス効果は凄い!」で詳しく解説しています!

 

ココアの集中力・記憶力・計算能力UP効果

 

年齢とともに脳細胞自体の数は減っていきますが、頭を使う(経験する)ほど脳細胞同士が手を繋ぎ連動して動き出します。

しかも、このネットワークはドーパミンが増えるほど繋がりやすくなるのです。

脳細胞のネットワークを密にしておくことは、脳のどこかが壊されてもネットワークが密に連動している程、壊れた部分を補いやすくなりますため認知症予防にも役立ちます。(これを“認知的予備能”といいます)

認知的予備能を高めること=大人になってからも頭が良くなる

 

東京大学の研究グループが、記憶や学習と密接に関わるタンパク質(KIF1A)を見つけました。

KIF1Aは海馬の神経細胞の結合部(シナプス)の形成や記憶・学習能力の増強に関係していて、KIF1Aがつくられる量は「BDNF」がコントロールしていたのです。

BDNFは「脳の神経を成長させ、保護する物質」だといわれ、精神疾患において、近年非常に注目されています。

 

ココアには、BDNFの増加を促し、記憶力低下を大きく改善する効果があります!

ココアは、注意力や持続的集中力や抗精神疲労などに効果的で、学習の効率化や知的作業のパフォーマンス向上に繋がることが期待されています。

【最も重要な役目を果たす成分】

🔷カカオポリフェノール・・・BDNFの増加を促し、記憶力低下を改善する

🔷テオブロミン・・・血流をよくして脳を活性化し、集中力や記憶力を高める

 

👉ココアの集中力・記憶力・計算能力UP効果については「ココアは記憶力・集中力・計算能力を高める効果がある! 」で詳しく解説しています!

 

Sponsored Link



ココアの脳血流改善による脳機能改善と認知症予防効果

 

認知症の人は、2012年で約 462万人となっており、65歳以上高齢者の約7人に1人と推計されています。

このままだと10年後には700万人前後に達し、65歳以上の約5人に1人にまで上昇することが予測されています。

若年性認知症は、65歳未満で発症する認知症の総称で、その数は全国でおよそ3万7,800人といわれ、その内25.4%がアルツハイマー型認知症とされています。(2009年厚生労働省調査結果)

認知症を引き起こす医学的な原因は100以上あるともいわれ、脳そのものがダメージを受ける疾患ばかりではなく、脳以外の疾患によっても発症してしまいます。

 

アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症が認知症の7割を占める!

生活習慣が原因ともいわれる「脳血管性認知症」が今増加しています。

これを防ぐには、脳梗塞、脳出血の原因となる脳の動脈硬化を防ぐことが重要です。

そのほか高血圧、高脂血症、糖尿病などいわゆる生活習慣病も危険因子にだといわれています。

 

🔶ココアの脳血流改善による脳機能改善と認知症予防効果は、ココアの効果の中でも注目されている効果です!

ココアの成分が複合的に作用しあい、脳や末端部位の血流量を改善する働きが得られるといわれています。

BDNFは脳の活動を支える非常に重要な物質であり、認知症を予防する可能性があるため多くの研究結果が発表され、今特に注目度が高まっている物質です。

【最も重要な役目を果たす成分】

🔷テオブロミン・・・大脳皮質を刺激し、毛細血管の血流を促進する

🔷カカオポリフェノール・・・BDNFの成長を促進して、細胞の老化自体を予防する

🔷レスベラトロール・・・長寿遺伝子と呼ばれるサーチュイン遺伝子を活性化する

 

👉ココアの脳血流改善による脳機能改善と認知症予防効果については「ココアの認知症・脳血流改善・脳機能改善効果とは?」で詳しく解説しています!

 

ココアのうつ病予防・改善効果

 

厚生労働省によると、精神疾患で医療機関にかかっている患者数は近年大幅に増加し、2011(平成23)年にはその数が320万人にものぼりました。

最も多いのはうつ病で、続いて統合失調症、不安障害、認知症の順となっています。特に、うつ病や認知症は近年著しく増えています。

BDNFは「脳の神経を成長させ、保護する物質」だといわれ、精神疾患において、近年非常に注目されています。

BDNFが低下することが、多くの精神疾患の発症に関わっていることが分かってきています。

うつ病にもBDNFは関係していますが、現時点では、直接的にBDNFを増やす薬は存在していません。

また、うつ病の人は、脳内伝達物質セロトニン減少していますが、抗うつ薬をはじめとする薬では、セロトニンを増やすことはできません。

 

ココアに含まれるGABA(ギャバ)にうつ病予防・改善の期待が!

GABAというのはリラックス効果があるといわれるアミノ酸の一種で、近年注目されている成分です。
GABAは血圧を下げ、脳内の興奮を静めて平常心を保つ作用があり、ストレスを緩和できるためうつ病予防や改善に効果が期待されているのです。

 

ココアには、BDNFの増加を促し、脳内の興奮を静めて平常心を保つストレスを緩和する効果があります!

パニックや不安の状態にある人の脳脊髄液を調べたところ、GABA(ギャバ)が著しく減っていたという実験結果があります。

【最も重要な役目を果たす成分】

🔷テオブロミン・・・セロトニンの分泌を促進し、身体と脳をリラックス状態にさせる

🔷カカオポリフェノール・・・BDNFの成長を促進して、細胞の老化自体を予防する

🔷GABA(ギャバ)・・・抑制系の神経伝達物質として働く成分で神経を鎮めて和らげる

 

👉ココアのうつ病予防・改善効果については「ココアのうつ病予防・改善効果が素晴らしい!」で詳しく解説しています!

 

Sponsored Link



ココアは、現代でも”神様の食べ物”という名のスーパーフード!

 

私たちの身体は、ひとつひとつの細胞が集まってできています。

全ての細胞が健康で血管や各機能が、若い頃と同じように活発であれば病気になることはありません。

細胞を取り巻く環境に問題が発生することで、細胞の機能が下ったときから老化が始まります。

細胞を健康に保つには、栄養を運ぶ血液が行き届くことが前提です。

その血液を運ぶのが血管です。

つまり、質の良い血液を身体の隅々まで届けれる身体の環境づくりが、老化を防ぎ病気を防ぐのです。

それには、細胞や血管を酸化や糖化から守り、それらが健全に機能するために必要な栄養素が十分に供給されるようにしなければなりません。

数々の研究結果でも分かるように、ココアは健全な身体の環境づくりを単一でサポートするパワーをもっています。

しかもアレンジができて楽しめる、まさに現代でも”神様の食べ物”という名のスーパーフードだといえるのかもしれません。

これを機会に、生活の中にココアを上手く取り入れて、健やかな健康づくりに是非役立ててください。

なお、ココアを飽きずに飲むためにも、純ココアを効果的に美味しく飲めるアレンジの仕方やレシピを「純ココアのレシピは簡単・美味しい・栄養がある!」で紹介していますので、参考にしてください!

 

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 酵素は太るためのサプリ?その理由と方法や食べ物・太る痩せる効果の違いを解説

  • 酵素は美容効果も凄い!サプリの飲み方や酵素美容液の正しい使い方まで徹底解説

  • 水道水について完全にまとめ上げました!

  • 酵素の種類は数が膨大!生化学で分類する重要な酵素の働きや特質を徹底解説

関連記事

  • 純ココアがおすすめ!効果と飲み方について全てをお伝えいたします!

  • ココアで動脈硬化を予防・改善する!

  • ココアはちみつの効果がすごい!

  • ココアで癌・生活習慣病を予防する!

  • ココアには肝臓機能を高める効果がある!

  • ココアの髪や薄毛への効果が凄い!