1. TOP
  2. コーヒー
  3. コーヒーカフェインの効果が健康にもの凄く良い!
Sponsored Link

コーヒーカフェインの効果が健康にもの凄く良い!

コーヒー   1,468 Views

コーヒーカフェインの健康効果は既に多くの方がご存知になり、コーヒーを飲まれる方も増えてきました。

しかし、コーヒーの具体的な健康効果や、飲み過ぎによる副作用については、あまり知られていません。

特にコーヒーのカフェインについては、飲み過ぎによる副作用が様々ありますが、あまり知られておらず、知らぬ間にコーヒーカフェインの悪影響を受けてしまっていることもあります。

そこで、コーヒーのカフェインとはどういうものであるのか、また、コーヒーカフェインの効果にはどのようなものがあるのか、さらにコーヒーカフェインを飲み過ぎた場合の副作用などにつきまして、ご紹介したいと思います。

Sponsored Link



Contents

コーヒーのカフェインとは

コーヒーのカフェインは、その覚醒作用と利尿作用が有名です。

そして、現代ではカフェインから派生するさまざまな健康効果が明らかになり、それを狙いとしてコーヒーを飲まれる方も増えています。

しかし、カフェインは覚醒作用と利尿作用という強い効能ゆえに、逆に副作用も強く、適正量を超えて飲み過ぎた結果、健康被害にあわれる方も増えてきました。

コーヒーのカフェインの発見と特徴

コーヒーのカフェインは、1819年にドイツの科学者F・F・ルンゲによってコーヒーからはじめて分離され、その成分に覚醒作用や利尿作用があることが報告されました。

カフェインの覚醒作用や利尿作用は非常に強く、医療用の薬として利用されています。

その後、カフェインはコーヒー豆だけでなく、茶葉、ココア豆などにも含まれていることが判ってきました。

しかし、それ以降、コーヒーの成分分析はほとんど1990年代前半まで進みませんでした。

1992年にフランスでポリフェノールの抗酸化作用が発見されて以降、ポリフェノールの研究が進み、1990年後半にはコーヒーにもカフェインだけでなく、ポリフェノールが含まれていることが判り、そのポリフェノールに関する研究も進み出しました。

また、同時にカフェイン、ポリフェノール以外の成分研究も進んでいます。

 

Sponsored Link



カフェインの作用

コーヒーのカフェインは、脳の中枢神経に刺激を与えて、脳の抹消血管を収縮させることで、自律神経の交感神経を活発にさせるとともに、カテコールアミンというアドレナリンやドーパミンと言う興奮作用を持つ物質などからなる神経伝達物質を生成させます。

自律神経は、自分の意思とは関係のないところで作用する神経であり、体の外から入ってくる刺激や情報に対して自動的に反応する神経のことで、交感神経と副交感神経の二つの神経があります。

交感神経は主に起きて積極的に活動している際に支配的な神経であり、副交感神経は睡眠中や起きていてもほとんど活動していない時に支配的になる神経です。

従って、交感神経が活発化し、支配的になりますと、人は活発に動けるようになり、一種の興奮状態になり、集中力なども強まります。

そのカテコールアミンと交感神経が活発化することによって、覚醒作用が生じるとともに、腎臓の抹消血管を拡大させることにより、血液を濾す役割をする腎臓の活動が活発化して利尿作用が現れます。

このカフェインの覚醒作用と利尿作用が体の各所に対してさまざまな影響を与えることで、健康効果が生まれますし、逆にカフェインを過剰摂取してしまいますと、逆に健康被害が生まれてしまいます。

無水カフェイン

なお、医療用に使われるカフェインには、コーヒーのカフェインそのものではなく、無水カフェインというものです。

通常、カフェインは水と反応して溶け込んだ状態にあります。

そのカフェインを水から分離し、純粋な形でとり出したものが無水カフェインです。

性質は水に溶け込んでいるカフェインと同じで、覚醒作用や利尿作用の薬として使われています。

但し、無水カフェインは他に何も入っていない純粋なカフェインですが、コーヒーなどに入っている天然のカフェインはさまざまな成分、不純物と同居しており、その作用に差があると考えられますが、今のところはその差は明らかになっていません。

ただ、コーヒーにはカフェインと並ぶポリフェノールという成分も含まれており、これらが相乗的に共存する場面、逆効する場面両方があります。

 

Sponsored Link



コーヒーのカフェインの含有量と濃度

コーヒーのカフェインの含有量は、生の豆の段階、焙煎した豆の段階、実際にドリップでコーヒーを入れた段階で違っています。

豆の種類によって違っていますが、平均的には生の豆の段階では、1.2%程度、焙煎後の豆の段階では1%程度です。

しかし、実際にコーヒーを入れた段階では、0.058%と極めて低くなっており、100ccのコーヒーでは58mg、一杯のコーヒーで82mg程度の含有量になっています。

お湯でコーヒーを抽出する間に溶け込んだ量であり、逆に言えば、コーヒーを入れた後のカスにはかなりのカフェインが残留していることになります。

しかし、この100cc当たり58mgという量は決して少ないというわけではありません。

カフェインには、紅茶、緑茶、チョコレートなどにも含まれていますが、

コーヒー    58mg

チョコレート  43mg

紅茶      20mg

緑茶      20mg

とコーヒーの含有量は食品、飲み物の中では最も高くなっています。

茶葉は生の葉の段階ではコーヒー豆に負けないくらいカフェインが含まれていますが、実際に飲む段階では溶け込む量が少なく、コーヒーの1/3程度しか含まれなくなっています。

コーヒーのカフェインを飲み過ぎて、血液中の濃度が高くなり過ぎますと、急性カフェイン中毒になります。

Sponsored Link



コーヒーのカフェインを抜く方法

コーヒーカフェインには、生豆の段階でカフェインを抜く方法があり、抜かれたものがカフェインレスコーヒーやノンカフェインコーヒーであり、デカフェとも言われます。

カフェインを抜く方法には現在、三つの方法があります。

  • 有機溶媒による製法、
  • 水抽出による製法
  • 超臨界二酸化炭素抽出法

です。

有機溶媒とは水に溶けない物質を溶かすための有機化合物であり、一番古い製法ですが、有機溶媒に毒性があり、安価ではありますが、日本ではこの製法は認められていません。

水抽出法はスイス式水抽出法とも呼ばれ、いったん水溶成分ごとに抽出した後に、有機溶媒でカフェインだけを抜き取る方法で、直接豆が有機溶媒に触れないことにより、安全性を高めています。

最後の超臨界気体は、液体から気体に変わる臨界点以上の温度や圧力の状態に置かれた物質のことで、二酸化炭素の溶けた液体、すなわち炭酸水を温めて気化する直前の状態にした溶媒によってカフェインを抜く方法で、一番安全な方法です。

但し、このカフェインを抜く段階においてコーヒーの持つ風味、香りが失われてしまいますので、失われない方法を研究されていますが、今のところは成功していません。

コーヒー豆のカフェインの抜き方につきましては、「カフェインレスコーヒーの効果は健康にもの凄く良い!」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

 

Sponsored Link



コーヒーのカフェインの基本効果

コーヒーのカフェインには、覚醒作用と利尿作用という基本的にベースとなる効能があります。

それらの効能が直接的にどのような効果をもたらすのかを見てましょう。

コーヒーのカフェインの覚醒作用

コーヒーのカフェインによる覚醒作用は、交感神経が活発になり、カテコールアミンの作用によって一種の興奮状態になることにより生じてきます。

早く言えば、目が覚めるということです。

それは意識だけでなく、体全体が目覚める効果であり、体の筋肉などには緊張が走り、活動的になります。

コーヒーのカフェインによる眠気覚まし効果

コーヒーのカフェインによる覚醒作用は、だいたい30分から1時間後には作用が効いてくることにより、目が覚め、頭の中がすっきりします。

また、体も楽に動けるようになります。

従って、この眠気覚まし効果は、仕事や勉強などで徹夜をしないといけないと言う時には非常に心強い味方になります。

但し、カフェインの効果が効いている時間は、4~6時間であり、4時間を越えますと、急激に効果が低下します。

そのため、4時間くらいしますと、また飲む必要があります。

但し、コーヒーには健康的にいられる適正量というものがありますので、その適正量を超えない範囲で飲む必要があります。

また、コーヒーのカフェインには空腹時に飲みますと、胃に何も入っていないにも拘らず、胃酸を分泌させるため、胃の粘膜層を傷つけ、胃痛、胃の荒れを引き起こす可能性がありますので、何か軽食を用意して飲む必要があります。

コーヒーは寝る前に飲んではいけない

また、コーヒーのカフェインの覚醒作用は興奮作用により目を覚まさせるため、寝る前や夜更けに飲みますと、睡眠がじゃまされる可能性が高まります。

カフェインの作用は4~6時間継続していますので、寝る前の少なくとも4~5時間はコーヒーを飲むことを控える必要があります。

夕食が遅い場合には、夕食後のコーヒーも止めた方がよいでしょう。

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があり、レム睡眠は浅い眠りで、体は眠っていても脳は活発に動いている状態で、ノンレム睡眠は熟睡して体も脳もぐっすり眠っている状態です。

コーヒーを寝る前に飲んでしまいますと、レム睡眠しか取れませんので、朝になっても寝覚めが悪く、精神的にイライラしたり、集中力がなくなります。

そのような状態ですと、お肌も荒れた状態になり、お化粧のノリも悪くなります。

コーヒーのカフェインの利尿作用

コーヒーのカフェインによる利尿作用は、腎臓の血液を濾す作用を高めて、水分、老廃物、毒素などを膀胱に流す働きを強めます。

従って、利尿作用それ自体を目的として飲むのは、医療に関しての場合ぐらいです。

前立腺肥大などで排尿の出が少なかったり、排尿そのものが少ないなどの場合にはカフェインの利尿作用は効果が大きいといえます。

しかし、利尿作用は、体のデトックス効果に大きく貢献し、我々の体の健康維持に大きな働きをします。

すなわち、我々の体は、新陳代謝などによって生じた古い細胞などの老廃物や体内で生じた毒素などを血液に乗って運び、腎臓によって水分などと一緒に濾して、尿として排出してやる必要があります。

これをデトックス効果といいます。

このデトックス効果が弱まりますと、体内や血液中には古い細胞や毒素などが滞留することになり、血液はドロドロとなり、血流が悪くなり、活性酸素も増えるため、体は酸化して体調が悪くなってしまいます。

従って、毎日決まった時間に適正範囲でコーヒーを飲んでいますと、カフェインの利尿作用により、このデトックス効果が高まり、体内の掃除をしてくれるため、体の健康が取り戻せるようになります。

但し、コーヒーを大量に飲み過ぎますと、今度は体内に必要な栄養素まで体外に排出してしまうことになりますので、飲み過ぎには注意してください。

Sponsored Link



コーヒーのカフェインによる健康効果

では、このようなコーヒーのカフェインによる基本的な効果からどのような健康効果が生まれるのでしょうか。

今度は具体的な健康効果についてみてます。

コーヒーのカフェインによる脂肪燃焼・ダイエット効果

コーヒーのカフェインには即効性のある脂肪燃焼効果があります。

コーヒーのポリフェノールにも脂肪燃焼効果がありますが、ポリフェノールの場合は、長期間飲み続けることにより、脂肪がつきにくい体質を作るもので、即効性はありません。

では、カフェインによる即効性のある脂肪燃焼効果とはどのようなものでしょうか。

コーヒーを飲みますと、カフェインの作用により、脳の中枢神経を刺激して、交感神経を活発にし、カテコールアミンという神経伝達物質を生成させて体に脂肪を燃焼するように指示を与えてくれます。

胃の場合は、脂肪分解を担当する消化酵素であるリパーゼを分泌させてくれます。

カフェインの効果は30分から1時間で効いてきますので、コーヒーを30分くらい前に飲み、それから運動などを始めますと、一気に脂肪燃焼効果が始まり、大粒の汗が出るようになります。

従って、体の中で脂肪燃焼されることにより、脂肪カスが血液に流れ込み、汗によって体の老廃物などと一緒に体外に排出されますので、体重がかなり落ちることになります。

これを週に3回くらい繰り返しますと、かなりの体重の減少が見られることになり、ダイエットにつながります。

なお、運動前のコーヒーによる脂肪燃焼硬貨については、「運動前のコーヒーは脂肪燃焼効果が抜群!」と「コーヒーの脂肪燃焼効果がもの凄い!」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

 

Sponsored Link



コーヒーのカフェインによる胃の消化促進効果

コーヒーのカフェインによる胃の消化促進効果は、カフェインに胃における胃酸の分泌や脂肪分解を行なう消化酵素であるリパーゼの分泌を促進させる働きがあることにより、生まれています。

特に、食後にコーヒーを飲むことにより、胃の消化が促進され、また、消化時間を短くすることにより、その後に続く十二指腸、小腸、大腸における消化分解吸収もスムーズに行なわれるようになります。

胃酸は胃に入ってきた食物を揉みほぐす働き(蠕動運度)があり、ペーハーは1~2と非常に強い酸です。

胃に食物などがある場合には、他の消化酵素も分泌され、一緒に食物と絡むため、胃はその強い酸を表面の粘膜層で守ることが出来ます。

しかし、食前などの空腹時に飲み過ぎますと、カラの胃に強い胃酸が分泌されるため、胃の粘膜を傷つけて、胃を荒らしたり、食事の際に食欲がわかなくなってしまいますので、注意して飲んでください。

なお、コーヒーのカフェインによる胃の消化促進については、「コーヒーは消化促進に良いのか?」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

 

Sponsored Link



コーヒーのカフェインによる便秘解消効果

コーヒーのカフェインによる便秘解消効果は、胃の消化促進に伴って生じてくる効果です。

すなわち、胃がカフェインによって消化が促進され、消化速度も早くなりますと、胃から腸に移動した食物の消化・分解・吸収も促進され、短時間で処理されるようになります。その最後の大腸においても排泄物への転換がスムーズに早く出来るようになります。

また、ポリフェノールの抗酸化作用により血流が増加することにより、内臓が活発になり、蠕動(ぜんどう)運動も活発化しますので、排泄物は肛門に向けてどんどん移動していくようになります。

蠕動運動は、胃や腸が入ってきた食物を揉みほぐしながら後の器官に押し下げていく動きのことを言います。

その結果、便秘気味だった方もスムーズに排便ができるようになります。

また、早く排泄物も移動することにより、宿便もつきにくくなります。

体質的な便秘解消に向けて

但し、便秘が腸内環境の悪化による場合には、カフェインによる対応が効きませんので、食物繊維を多く含んだ食べ物を食べたり、ビフィズス菌などを多く含むヨーグルトなどを飲まれる必要があります。

腸内環境は、普段は善玉菌(腸の動きに対して良い影響を与える菌)と悪玉菌(腸の動きに対して悪い影響を与える菌)のバランスがとれていますが、疲れ、ストレスが溜まったり、腸内の温度が低下した場合には、そのバランスが崩れ、悪玉菌が腸内を支配(腸内環境の悪化)するようになり、消化が進まず、便秘がちになります。

いずれにしても、便秘は生活が不規則になったり、食事が脂肪分の多いものに偏ったり、運動不足によって生じてくる場合が多く、まず、生活リズムを正常化し、バランスのとれた食事を心掛け、定期的に軽くても運動をすることが必要になります。

それにより、腸の動きを正常な状態に戻し、便秘の改善に動くことが出来ます。

その上で、便秘解消に向けてコーヒーやその他の飲み物を飲むことにより、体質的な便秘を解消することができます。

 

Sponsored Link



コーヒーのカフェインによる血糖値・糖尿病予防効果

コーヒーによる血糖値の上昇の抑制や糖尿病の予防効果は、カフェインとポリフェノールの両方にその効果があり、両方の働きによって実現しています。

カフェインの血糖値の上昇を抑える働きは、胃の消化促進効果によるものです。

血糖値の上昇は、糖分が血液中における濃度が上がることにより生じており、普段はすい臓から分泌されるインスリンがその濃度を一定に保っています。

しかし、食後などには糖分が一度に血液中に入ってきますので、どうしても血糖値があがってしまいます。

その血糖値が高い状態が続くと、さらに上昇して糖尿病になります。

カフェインは、胃の消化促進を進めることにより、小腸にいっても消化スピードが早くなり、糖分の分解も進んで、血液中に入ってくる糖分の量を抑えることが出来ます。

すなわち、血糖値そのものを上昇しにくくしています。

ポリフェノールの場合は、抗酸化作用により血管をサラサラにして血流を増やしてくれることにより、血管が膨らんで血液中の糖分を早く押し流すとともに、血液中における糖分濃度を薄める働きをします。

従って、カフェインの糖分の血液中への進入量を少なくすることと、ポリフェノールの血流を増やす効果の両面から血糖値を上がりにくくし、糖尿病の予防につながっています。

食後にコーヒーを飲むことにより、この効果を得られます。

但し、一度に飲み過ぎてしまいますと、逆効果になりますので、一杯で充分です。

コーヒーのカフェインによる集中力を高める効果

コーヒーのカフェインによる集中力を高める効果は、覚醒効果に伴う効果です。

すなわち、コーヒーを飲むことでカフェインの作用により脳の中枢神経が刺激されて、交感神経が活発化します。

交感神経が活発になりますと、体は活力が生まれ、また、神経伝達物質カテコールアミンによって体の各所は興奮と緊張が走ります。

それによって、人は体全体が行動を起こす形になり、神経も含めて集中力が高まります。

但し、カフェインの効いている時間には限りがあり、4時間を越えてきますと、効き目が切れ始めますので、集中力は低下していきます。

従って、適正量の範囲であれば、次のコーヒーを飲むことによって集中力は持続させることが出来ます。

仕事や勉強で徹夜などをする際には、眠気覚ましとともに集中力も持続させることが出来ますので、非常ありがたい効果と言えます。

コーヒーのリラックス効果は香り(香気)成分

なお、コーヒーにはリラックス効果もあります。

コーヒーのリラックス効果に関してはカフェインの成分よりもコーヒーの香り成分が大きく影響しています。

コーヒーのリラックス効果に関する詳しい情報は「コーヒーのリラックス効果がもたらす心や脳への影響」にて詳しくお伝えしています。

コーヒーのカフェインによる勉強効率向上効果

コーヒーのカフェインによる勉強の効率が上がる効果も、集中力と同様覚醒効果に由来するものです。

交感神経が活発化することで、脳内の緊張が高まり、集中力とともに勉強などにおける物事を覚える効果が上がります。

受験勉強などには良い効果と言えますが、コーヒーを飲み過ぎてしまいますと、体を壊したり、不眠症でかえって頭がぼっーとなり、勉強がはかどらなくなってしまいます。

適正な範囲でコーヒーの効果を最大に生かせるようにしてください。

コーヒーのカフェインによる風邪の頭痛、下熱効果

コーヒーのカフェインによる風邪の頭痛、下熱効果は、カフェインの利尿作用によるものです。

風邪は、ウィルスや菌が複雑に絡み合って体内に侵入するために起こる症状です。

空気感染が中心ですから、普通は、喉か鼻から侵入してきます。

ですから、風邪の引きはじめは鼻水、鼻づまりや喉が痛くなったり、咳が出ると言う症状になります。

そして、さらに体の奥に入っていきますと、体の免疫システムがウィルスや菌を撃退しようとしますので、発熱が生じてきます。

発熱することにより、脳内の抹消血管でも免疫細胞が風邪のウィルス、菌と戦うために発熱とともに中枢神経の周りの血流が変化して頭痛を引き起こします。

風邪のウィルスや菌を体外に出してくれる利尿作用の効果

この風邪のウィルスや菌に対しては、有効な薬がありません。

病院などで薬が出ますが、基本的には症状を緩和する薬であり、家で薬を飲んで安静にして、ウィルスや菌が免疫システムによって撃退されて体外に排出されるのを待つしかありません。

このように発熱は、体内で免疫システム、すなわち、免疫細胞が血液の中で風邪のウィルスや菌と戦っている証拠です。

カフェインの役割は、この体内で免疫細胞が風邪のウィルスや菌を撃退したり、免疫細胞自身が傷ついたりした結果生まれる老廃物、ウィルス、菌を体外に出すことにあります。

すなわち、利尿作用は、腎臓でそれらの老廃物、ウィルス、菌の残骸を早く体外に出してくれる役割を果たしてくれます。

体内に細胞やウィルス、菌の残骸が残っていますと、血液が次第にドロドロになり、免疫細胞の力が弱ってしまいます。

そのためになかなか熱も下がらず、風邪が治らないということになってしまいます。

従って、利尿作用によって血液内のウィルス、菌などを老廃物と一緒にどんどん体外に汗や尿として排出することにより、風邪は早く直り、発熱も頭痛も緩和されることになります。

 

Sponsored Link



コーヒーのカフェインによる偏頭痛解消効果

コーヒーのカフェインによる偏頭痛の解消効果は覚醒作用に伴うものです。

頭痛にはいろいろな原因がありますが、主には、二つの現象により生じています。

すなわち、脳の中枢神経周りの抹消血管が収縮する場合と拡張する場合です。

抹消血管が拡張する場合が偏頭痛です。

カフェインには、脳の中枢神経を刺激して、脳内の抹消血管を収縮させる働きがあり、それが覚醒作用を生み、興奮効果を生んでいます。

従って、カフェインは脳内の抹消血管を収縮してくれますから、抹消血管が拡張して痛くなっていた偏頭痛の場合には、脳内の血管の拡張を元に戻してくれますから、痛みがなくなります。

但し、偏頭痛を起こしている、抹消血管を拡張させている原因が残ったままになっていますと、カフェインの効果が切れてきたときに再び偏頭痛が襲ってきます。

その場合には、まず偏頭痛を所持させている原因を取り除く必要がありますので、病院に行って検査してもらう必要があります。

持続的な原因ですと、コーヒーを飲んでも何度でも襲ってくることになりますので、まずその原因を特定し、除くことが必要です。

コーヒーのカフェインによるぜんそく・アレルギー緩和効果

コーヒーのカフェインは、ぜんそくに効果があるという報告がいくつか出ています。

ぜんそくは、正式には気管支喘息と言われ、気管支でゼーゼーとかヒューヒューという音がして発作的に呼吸困難を引き起こす病気です。

ぜんそくで呼吸が苦しくなるのは、その気管支が発作を起こすためです。

主な原因はアレルギーと気管支の過敏症と言われていますが、それを起こしている原因としては、自律神経失調症や細菌・ウィルス説、ストレスなどが考えられていますが、決定的なものは見つかっていません。

コーヒーのカフェインによるぜんそくの緩和効果

コーヒーのカフェインには気管支を拡張させて気道の炎症を抑える働きがあると言われており、それによって空気が通る気道が広くなり、ぜんそくの症状を緩和させてくれます。

イギリスでは、1859年とかなり昔にカフェインがぜんそくの治療に効果があると言う報告が出されています。

朝食時に濃いコーヒーを2杯飲んだぜんそくの患者の症状が改善したという報告です。

また、1983年にはイタリアで9万人に調査した結果、コーヒーを毎日3杯以上飲む人は飲まない人に比べてぜんそくになるリスクが28%低下していたと報告されています。

このようにぜんそくの緩和には、コーヒーのカフェインは効果があります。

ぜんそくがアレルギーの結果として引き起こされるとすれば、アレルギーに効果が出ていることになります。

ただ、ぜんそく以外のアレルギー症状に対するコーヒーの効果としては、ほとんどがポリフェノールによるものです。

一部にカフェインは、高まり過ぎた免疫力を抑制したり、炎症を鎮める効果があるとされている説がありますが、完全に解明はされていません。

 

Sponsored Link



コーヒーのカフェインによる薄毛改善効果

コーヒーのカフェインには、薄毛の改善効果があると最近言われています。

その根拠としては、主に2つの見解があります。

  • カフェインには血管拡張作用があるため、カフェインを摂取することにより、頭皮の血行が良くなり、頭皮の毛球を刺激することにより発毛が促される。
  • 毛が抜ける原因は、男性ホルモンと体内の酵素が結び付いて毛が抜けているので、そのテストステロンという酵素をカフェインが抑制し、さらにその酵素を利尿作用によって体外に排出するので薄毛を改善できる。

という根拠からです。

この二つの根拠はのどちらにも共通している留意点は、飲む形でカフェインを摂取しただけでは発毛につながる効果は得られないとしていることです。

そして、カフェインが発毛を促進するとしても大量(数十杯)にカフェインを摂取する必要があり、飲む形ではカフェインの摂取過剰となってしまい、発毛剤・育毛剤にカフェインを入れたシャンプーが様々な企業から販売されています。

適正範囲のコーヒーでは発毛効果は得られない

一方では、発毛を促進する酵素のアデノシンをカフェインが促進するので発毛には良くないとする説もあります。

それ程大量にカフェインの成分をシャンプーに入れたとしても、アデノシンをカフェインが抑制してしまえば、発毛が促進されるとは限りません。

従って、発毛に関するカフェインの効果については、コーヒーを適正な範囲で飲んでいる限りは発毛につながることは無理であり、シャンプーについても賛否両論があるだけに無理に使う必要はないと思われます。

なお、カフェインで頭皮の血行が良くなるかどうかも疑問点ではあります。

カフェインは脳内の中枢神経の抹消血管は収縮させますが、その後のカテコールアミンと交感神経の活発化の働きによって、体に対しては緊張と興奮作用を及ぼしますので、血管は拡張します。

但し、頭皮の血管はどちらになるのかは現在の研究ではまだ解明されていません。

コーヒーのカフェインによるうつ病改善効果

コーヒーのカフェインによるうつ病改善効果についても、様々な研究結果があります。

ハーバード公衆衛生大学院での研究によりますと、一日に2~4杯のコーヒーを飲む人の自殺する確率は半分に減少し、また、アメリカ国立衛生研究所の研究ではコーヒーを飲む習慣のある人はない人よりうつ病を発症する確立は10%ほど低下するとなっており、うつ病に対しては予防効果があることになります。

しかし、一方では、うつ病になった方というのは、自分の脳などを動かすエネルギーが少なくなっており、コーヒーのカフェインの覚醒効果により一時的に興奮作用からうつ状態から抜け出せたとしても、それはカフェインの効果が効いている間だけであり、カフェインの効果が切れれば、再びうつ状態に戻ります。

しかも、うつ状態から交感神経の活発化により抜け出すために体内のエネルギーをかなり使ってしまうため、さらにひどいうつ状態に陥るとする意見も出ています。

これらを整理してみますと、アメリカの研究ではうつ病の予防と言う観点で行なわれており、コーヒーのうつ病への効果に疑問を持つ研究家は実際にうつ病になった方に対するコーヒーの影響を言われています。

従って、結論としては、まだうつ病にはなっていない場合には、予防効果としてコーヒーを適正範囲内で飲むことに効果はありますが、既にうつ病となっている場合にはコーヒーを飲まない方がよいとなります。

 

Sponsored Link



コーヒーのカフェインによる血管の血流増加効果とその波及効果

コーヒーのカフェインには、覚醒効果により、脳の中枢神経を刺激して、交感神経が活発になり、カテコールアミンと言う伝達神経物質を生成して体に興奮と緊張感をもたらすことにより、体全体で血流が増加する効果があります。

また、コーヒーのポフェノールにも抗酸化作用により、血液をサラサラにして血管の流れを良くする効果があり、両方の作用により血流は増加します。

その結果、さまざまな波及効果が現れます。

コーヒーのカフェインとポリフェノールによる高血圧対策効果

一つは高血圧に悩まれている方の血圧の上昇を軽減する効果です。

血圧は心臓がポンプとなって、血液を吐き出す力のことを示していますが、血液がドロドロで粘り気が出たり、動脈硬化のように血管が細くなったりしますと、血液を押し出すポンプの圧力を高める必要があり、高血圧になります。

従って、コーヒーによって血液がサラサラになり、血流が増加しますと、心臓のポンプは強い圧力をかけなくても血液がスムーズに流れるようになります。

血液がドロドロで血流が悪い状態で、血圧が高いままですと、動脈硬化が強まり、心筋梗塞や脳梗塞などの心血管系の疾患が発症する可能性が高くなります。

その意味で、コーヒーのカフェインとポリフェノールによる血流増加効果は、血管系疾患の予防効果が得られます。

また、血流が増加することにより、抹消血管の血流も良くなるため、

  • 手足の先の冷え性やむくみの解消
  • お肌のターンオーバーの回復による美肌の復活
  • 肩、腰などの凝りの解消
  • 疲労の回復

などさまざまな健康効果が得られます。

 

Sponsored Link



コーヒーのカフェインによる肝臓への影響

コーヒーのカフェインの肝臓への影響については、2つの研究結果があります。

コーヒーのカフェインが肝臓に良いとしている意見は、コーヒーには肝臓がんの予防効果があり、ポリフェノールだけでなく、カフェインの効果もあるという意見です。

カフェインはアセトアルデヒドを利尿作用によって体外に排出します。

アセトアルデヒドは二日酔いの原因とされている物質であり、それがカフェインの寮作用により体外に排出されることにより、アルコールの分解を担当する肝臓の負担軽減につながります。

一方で、カフェインは体内で蓄積されずに、肝臓などで濾して体外に排出されることから肝臓の負担になるという意見もあります。

但し、肝臓の負担になるカフェインの量は大量に飲み過ぎた場合で、かつ、肝機能などが低下して肝機能障害がある場合であり、適正な範囲で飲んでいる限りは肝臓への負担はありません。

従って、コーヒーのカフェインによる肝臓への影響は、適正に飲んでいる限りは悪い影響はなく、二日酔いなどの際には肝臓の負担を軽減するなどの効果や、肝臓がんの予防効果と言う点でよい影響があると言えます。

コーヒーのカフェインによる精神的な高揚感

コーヒーのカフェインには、覚醒作用に連動する交感神経の活発化や、神経伝達物質カテコールアミンによる体の緊張感、集中力の向上、興奮作用により、気力が充実し、精神的な高揚感が得られます。

早く言えば、やる気が出ると言う状態で、運動選手などは試合前にコーヒーで大量のカフェインを摂取して、自分の能力を極限まで高めるようにしています。

但し、大量のカフェインで精神的な高揚感を得た場合、カフェインの効果が切れた後には逆に虚脱感が出ると言われています。

ただ、それは一度に大量にコーヒーを飲んでカフェインを摂取した場合であり、適正な範囲でコーヒーを飲んでいる限りは、そこまでの交感神経による精神的な上がり下がりはなく、精神的な高揚感も適度にやる気が出るという範囲ですので、心配はありません。

Sponsored Link



コーヒーのカフェインによる効果の持続時間

コーヒーのカフェインは、飲んでから効果が出てくるまで30分から1時間くらいかかります。

そして、その効果の継続する時間は4~6時間であり、3~4時間で半減し、それ以降はどんどん低下していきます。

従って、効果を持続させるためには、効果が切れる前にまたコーヒーを飲む必要がありますが、コーヒーには一日の適正限度量があり、それを越えて飲みますと、カフェインの過剰摂取になり、いろいろな健康被害が待っています。

従って、コーヒーの適正な限度量の範囲内で、常にコーヒーの効果を得られるように飲む時間を決めておく必要があります。

体重が50kgの方であれば、一日3杯程度が限度であり、毎食後に飲むという形になります。

但し、夕食が遅くなる場合は、睡眠に障害が出ますので、夕食後のコーヒーは諦めてください。

なお、コーヒーの効果の効く時間については、「コーヒーの効果がよく効く時間や避けるべき時間について」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

運動前のコーヒーのカフェインによる脂肪燃焼効果

コーヒーのカフェインには即効性の脂肪燃焼効果があり、運動の前の30分から1時間前に飲めば、運動を始める頃にはすっかり脂肪を燃焼し、汗をかく体制が整っています。

そして、運動を始めてからすぐにカフェインの効果によって大粒の汗が出て、体内の脂肪カスや古い細胞などの老廃物、毒素がどんどん体の外に排出されていきます。

従って、コーヒーのカフェインの脂肪燃焼効果を最も効果的にする時間帯は、運動の30分前と言えます。

 

Sponsored Link



食後のコーヒーよるカフェインの効果

コーヒーのカフェインは、食後に飲むことにより、さまざまな健康効果を得ることができます。

一番の効果はやはり胃の消化促進であり、その結果として便秘解消と血糖値の上昇抑制が可能になり、飲み続けることにより糖尿病予防にもつながります。

さらには、昼食であれば、午後の仕事に対して、集中力が発揮でき、一番眠たくなる時間帯も目がぱっちりで仕事がはかどること請け合いです。

血流の増加はその日の疲れを取ってくれますし、肝臓などの負担も軽減してくれます。

朝食であれば、お肌を整えてお化粧のノリを良くし、一日快適に過ごすことが可能になります。

食後のコーヒーに関する詳しい情報は「食後のコーヒーにはどんな効果があるの?」にてお伝えしています。

ぜひ、御覧ください。

昼寝する前にコーヒーを飲もう

イギリスで、昼寝する前にコーヒーを飲みますと、起きた後に仕事の効率がアップして、心身が健康になるという報告が行なわれています。

通常、コーヒーを飲みますと覚醒効果で眠れないのではないかと思われますが、昼寝の時間を20~30分にしてやることにコツがあります。

すなわち、コーヒーのカフェインの覚醒作用が効いてくるのは30分~1時間語になります。

従って、その覚醒作用が効いてくるまで昼寝をすれば、すっきり起きれる上に、覚醒作用により、集中力が高まり、仕事の効率が上がるというわけです。

合理的なイギリスならではのコーヒーの効果時間を効率よく使う方法です。

なお、コーヒーの昼寝などへの影響については、「コーヒーが脳にもたらす効果や影響」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

 

Sponsored Link



コーヒーのカフェインの効果を引き出す飲み方

コーヒーのカフェインの健康効果を狙ってコーヒーを飲まれる方が増えてきましたが、その健康効果をうまく引き出す飲み方については、ご存知で無い方が多いようです。

コーヒーの苦さはいやだからと砂糖や、ミルクをたっぷり入れて飲んでいたり、ケーキセットで飲んだりさまざまです。

ここでは、カフェインの健康効果を最大限の引き出すためのコーヒーの飲み方について見てみます。

コーヒーのカフェインの健康効果を得るにはブラックで飲む

コーヒーのカフェインの健康効果を最大限に得るには、何もコーヒーには入れずに食後に一杯飲まれることが一番です。

コーヒーをブラックで飲むことが健康効果を得る一番の道なのです。

それによって、コーヒーが持つその豊かな風味と芳醇な香りを味わえ、それによって至福のリラックスタイムを過ごすことも出来ます。

ストレスや疲れも吹っ飛びます。

カフェインの苦味がいやだとか、まろやかさが無いと言って、ブラックを敬遠される方も多いようですが、しばらく我慢して飲んでみてください。

コーヒーの味に慣れてきますと、その風味、香りがだんだん無くてはならないものになってきます。

そうなれば、もうコーヒーの健康効果はすぐそこです。

コーヒーはホットで飲む

コーヒーのカフェインの健康効果を得るためには、ブラックをホットで飲む必要があります。

アイスコーヒーにした場合は、冷たい刺激は内臓の温度を下げ、活動レベルを下げることになります。

せっかくのコーヒーの利尿作用や覚醒作用による影響によって体内が活発化する動きに水をかけているようなことになってしまいます。

ホットで飲むことにより、内臓も活発化し、利尿作用や覚醒作用によってさらに機能が増すことになります。

コーヒーに砂糖、ミルクは逆効果

そして、コーヒーにたっぷり砂糖とミルクを入れることは、健康効果とは全く逆の道に行っています。

コーヒーをブラックで飲みますと、摂取カロリーはわずか3kcalですが、砂糖、ミルクをスプーン一杯ずつ入れた場合にはなんと11倍の33kcalになってしまいます。

砂糖、ミルクをたっぷりとなれば、60kcalを越えてしまい、20倍の摂取カロリーになってしまいます。

それを一日3杯と言うことは、ブラックの場合は、9kcalに対して180kcalになって、171kcalも余分にカロリーを摂取することになります。

我々日本人の一日の消費カロリーは平均で1800kcalくらいですが、基礎代謝といって体温を維持したり、息をしたりするために使用されるカロリーが70%、食事で食べた食物を消化するために10%のカロリーを消化しますので、実際に生活の活動のために消費されるカロリーは20%の360kcalしかありません。

我々がダイエットと言って運動しても消費できるカロリーは限られているのです。

それに対して、171kcalの過剰なカロリーが入ってくるということは、生活活動のエネルギーの約半分を摂取することになります。

これでは、そのほとんどが体内に脂肪として蓄積されるということになります。

コーヒーで健康効果と言っても、コーヒーに砂糖とミルクをたっぷり入れますと、毎日170kcalの脂肪を蓄積していることになり、年間では62000kcalが蓄積していくことになりますから、逆に太って健康とは逆効果になってしまいます。

コーヒーの健康効果を得たいのであれば、やはりブラックでホットで飲むことを心掛けてください。

Sponsored Link



インスタントコーヒーのカフェインの効果

インスタントコーヒーにカフェインの効果はあるのでしょうか。

インスタントコーヒーは、コーヒー豆を焙煎し、ドリップ形式でコーヒーを抽出した上でそれを瞬間冷凍などの方法で乾燥・粉砕して粉にしたものです。

従って、乾燥・粉砕の過程で風味、香りは落ちてしまいますが、中に含まれている成分はドリップで飲むコーヒーと同じです。

インスタントコーヒーは、微妙な違いがあるにしても、コーヒーの持つカフェイン、ポリフェノールなどの含有量に差はなく、そこから生まれてくる健康効果もドリップコーヒーと同じになります。

従って、作り易さ、価格両面では手軽に飲めるインスタントコーヒーの健康効果はドリップに劣らぬものであり、ホットのブラックで飲まれる限り、カフェインの素晴らしい効果が得られます。

なお、インスタントコーヒーのカフェインのさまざまな効果、注意点については、「インスタントコーヒーのカフェイン効果」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

 

Sponsored Link



コーヒーの飲み過ぎによるカフェインの副作用

コーヒーのカフェインには、強い覚醒作用や利尿作用がある反面、コーヒーを飲み過ぎますと逆にその作用の強さによって体を傷つけることになってしまうことがあります。

それらの副作用についてみてみることにします。

コーヒーの飲み過ぎによるカフェインの副作用に注意

コーヒーを飲み過ぎますと、カフェインのさまざまな副作用が現れる場合があり、長期間にわたって飲み過ぎた場合には病気にさえなる場合があります。

アメリカの「米国食事ガイドライン」作成諮問委員会は、2015年にコーヒーのカフェインの消費と健康の関係についての報告書を発表しています。

それによりますと、一日にカフェイン量400mgを超えてコーヒーを飲み続けた場合には、健康な大人であっても心血管系の疾患(動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞など)やがんなどの主要な慢性疾患にかかる可能性があり、早死のリスクが高まると発表しています。

逆に400mg以下であれば、影響はないとしています。

400mgというのはコーヒー4~5杯に当たります。

但し、体重によって限度量は変わってきますので、自分の限度量を知って、適正に飲むようにしてください。

なお、コーヒーの限度量については、「コーヒーの一日の適正量はどれくらい?」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

コーヒーの飲み過ぎでカフェインによる不眠症

コーヒーのカフェインの基本的な効能である覚醒作用は目を覚ます効果ですが、寝なければならない時にコーヒーを飲みますと当然眠れなくなり、睡眠の質の低下による弊害が起こります。

しかし、一時的な睡眠の質の低下であれば、翌日カフェインが抜けた体で寝れば、すぐに回復しますが、毎日コーヒーを飲み過ぎて眠れないと言う状態になると、それは不眠症であり、体に重大な支障をきたしてきます。

常に精神状態が不安定になり、自律神経失調症にもなってしまいます。

従って、毎日適正な範囲でしかも寝る前に飲まない(寝る4時間前からは飲まない)ようにすれば、カフェインの副作用である不眠症にはなりません

 

Sponsored Link



コーヒーの飲み過ぎでカフェインによるビタミン・ミネラル排出

コーヒーのカフェインの利尿作用は、コーヒーを飲み過ぎますと、利尿作用によって本来体内になくてはならないビタミンやミネラルまで一緒に体外に排出してしまいます。

長期的にコーヒーの飲み過ぎの状態が継続しますと、ビタミン欠乏症やミネラル欠乏症になる恐れがあり、その場合、成長障害、骨粗しょう症、心臓病、意識障害、精神障害などさまざまな症状に発展する恐れがあります。

コーヒーの飲み過ぎでカフェインによる急性カフェイン中毒

コーヒーを一度に飲み過ぎますと、カフェインによる急性カフェイン中毒の可能性が出てきます。

急性カフェイン中毒になりますと、動悸から始まり、めまい、頭痛、吐き気などさまざまな苦しい症状が生じてきます。

カフェイン中毒に対する薬はなく、体内のカフェイン濃度が下がるのを待つしかなく、水を飲んで濃度を下げたりするしかありません。

症状がひどい場合は病院に行く必要もあります。

コーヒーの飲み過ぎでカフェインによる慢性カフェイン中毒

コーヒーを飲み過ぎの状態を続けていますと、カフェイン依存症から慢性カフェイン中毒になる可能性があります。

急性カフェイン中毒のようにいきなり厳しい症状にはなりませんが、カフェインの離脱症状(禁断症状)として頭痛や吐き気などが生じます。

慢性カフェイン中毒やカフェイン依存症の治療は、体からカフェインを抜くために、離脱症状を我慢しなければなりませんので、苦しい期間を乗り越えなければなりません。

カフェイン依存症ではほとんど自覚症状がないままに、コーヒーを飲む量が増えていく場合がほとんどですので、ちょっとコーヒーが多いかなと思ったら、早めに治療を受けるようにしてください。

なお、コーヒーの飲み過ぎによるカフェインの副作用である不眠症、ビタミン・ミネラルね排出、急性カフェイン中毒、慢性カフェイン中毒については、「コーヒーの飲み過ぎによる病気は怖い!」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

 

Sponsored Link



コーヒーの飲み過ぎでカフェインによる胃痛

コーヒーの飲み過ぎた場合、カフェインの影響により胃痛が起きる可能性があります。

カフェインによる胃痛は、空腹時にコーヒーを飲み過ぎる場合に起きます。

胃に何も入っていない空腹時は、胃は休んでおり、胃の消化液も出ていない状態です。

その空腹時に、コーヒーを飲み過ぎますと、カフェインの働きにより胃酸が大量に分泌され、胃の粘膜層を傷つけてしまいます。

胃の荒れ、胸焼けの症状が出てきます。

また、それによって食欲が減退して食事が美味しく食べられなくなります。

ひどい場合には胃酸過多となり、ゲップと一緒に胃酸の逆流が置き、吐き気がして気持ち悪くなる場合があります。

胃の整腸剤を飲んでしばらく休んでいる必要がありますが、一番の対処法は空腹時にコーヒーを飲み過ぎないことです。

なお、コーヒーと胃痛や胃に関する詳しい情報は「コーヒーで胃痛になる?原因と対処法」・「コーヒーは胃に悪くない!知られざるコーヒーの誤解とは」にてお伝えしています。ぜひ、御覧ください。

コーヒーの飲み過ぎでカフェインによる腹痛

コーヒーの飲み過ぎた場合も、カフェインの影響により腹痛の可能性があります。

カフェインによる腹痛は腸の痛みではなく、膀胱の痛みにより腹痛が起きます。

すなわち、コーヒーを一度に飲み過ぎますと、カフェインの利尿作用が強く作用することにより、腎臓が血液から濾過する際に細菌まで水分と一緒に膀胱に送ってしまうことにより膀胱炎が発生して下っ腹の痛みが生じる場合があります。

めったには起こりませんが、病院で抗生物質の薬をもらうか、注射してもらう必要があります。

なお、コーヒーの飲み過ぎによる腹痛については、「コーヒーの飲み過ぎと腹痛の関係」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



コーヒーの飲み過ぎによるカフェインの具体的な影響

基本的なコーヒーの飲み過ぎによるカフェインの副作用以外に、さまざまな副作用と言われるものがありますので、それらについて見てみます。

コーヒーの飲み過ぎでカフェインによる骨粗しょう症など

コーヒーの飲み過ぎによるカフェインの利尿作用が効き過ぎるため、ミネラルが体外に排出されてしまうことにより、骨粗しょう症などの可能性があるとされています。

骨粗しょう症の場合はカルシウムの欠乏症です。

しかし、その可能性はないとは言えませんが、ミネラルが排出され過ぎるミネラル欠乏症にはコーヒーを一日10数杯飲まなければ可能性は低いので、通常は考えられません。

ただ、飲み過ぎはいずれにしても何らかの障害が起きる可能性がありますので、止めるようにしましょう。

コーヒーの飲み過ぎでカフェインによる心臓への影響

コーヒーを適正量以上に飲み過ぎを続けますと、カフェインが蓄積して心臓系の疾患である、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞やがんが生じる可能性があります。

コーヒーの一日の適正量は体重によって変わってきますので、ご自分の適正量をよく確認して、飲むようにしてください。

コーヒーの飲み過ぎでカフェインによる腎臓への影響

コーヒーの飲み過ぎを続けていますと、カフェインの利尿作用によって腎臓の負担が重くなり、腎盂炎、腎臓炎などになる可能性があります。

利尿作用は、カフェインによって腎臓を取り巻く抹消血管が拡張して血液から水分、老廃物、毒素などを濾す作用になります。

従って、飲み過ぎが続きますと、腎臓は常に強い負担を強いられていることになりますので、いつか壊れる可能性があります。

コーヒーの飲み過ぎでカフェインによる身長への影響

コーヒーを飲み過ぎると身長の伸びに悪影響を与えるという説があります。

カフェインにカルシウムの吸収を抑制する働きがあるために、身長の伸びに悪影響を与えると言われています。

しかし、カフェインがカルシウムの吸収を抑制する働きがあると確認された事実はありません。

コーヒーを大量に飲み過ぎた場合、カフェインの利尿作用が効き過ぎてカルシウムが体外に排出されることを誤解されているようです。

多少のコーヒーの飲み過ぎ、すなわち6~7杯飲んだからといって利尿作用が効き過ぎると言うことはなく、影響が出るのは10数杯飲んだ場合であり、それが毎日続いた場合にカルシウム欠乏症が起こることがあります。

ただ、そこまで毎日飲む方はほぼいないと思われます。

また、カルシウムだけが身長の伸びに影響するのかと言う点でも、必ずしもカルシウムだけが身長の伸びを決定しているわけではなく、逆にカルシウムをたくさん摂取したからといって身長が伸びるわけでもありません。

寧ろ、コーヒーのカフェインによる利尿作用の効き過ぎによる影響は骨粗しょう症に出易いと言えます。

従って、コーヒーのカフェインが身長に影響を与えると言う説は正しくありません。

 

Sponsored Link



コーヒーの飲み過ぎでカフェインによるむくみ

コーヒーを飲み過ぎて、カフェインの利尿作用によりむくみが出ると言う説もあります。

この情報も、コーヒーの飲み過ぎによるカフェインの利尿作用が効き過ぎて、ミネラルの一つであるカリウムが流出してむくみにつながるとするものです。

この説も、身長と同様に誤解から生じているようです。

一つは、カフェインの利尿作用によってミネラルが流出するにはコーヒーを10数杯飲む必要があり、そこまで飲まれる方はほぼいないですし、それを毎日続ける方もいないと言えます。

カリウムが不足するということはありません。

また、むくみの原因は、皮膚の末端の中で抹消血管の流れが良くないために水分が排出されずに残ってしまう現象であり、カリウムが不足したからなると言うものでもありません。

従って、コーヒーの飲み過ぎでカフェインの影響からむくみが出るという説も誤情報ですので、安心して適正範囲でコーヒーを飲んでください。

コーヒーの飲み過ぎでカフェインによるうつへの影響

コーヒーの飲み過ぎで、カフェインの影響でうつ病に悪影響がある場合があります。

カフェインはうつ病の予防に関しては良い結果が得られまずが、既にうつ病になっている場合には、コーヒーを飲み過ぎた場合には、逆に悪影響が出る場合があります。

すなわち、既にうつ病になっている方が一度にコーヒーを飲み過ぎた場合、覚醒作用により、交感神経の活発化と神経伝達物質であるカテコールアミンは高い高揚感を引き起こし、一時的にうつの状態から開放されますが、カフェインの効果が切れた時には、以前より強いうつの状態に陥ってしまいます。

従って、既にうつ病を患っている場合にはコーヒーを飲み過ぎますと、症状を悪化させますので、一度に大量に飲まないようにしてください。

コーヒーの飲み過ぎでカフェインによる不安症への影響

コーヒーの飲み過ぎでカフェインの影響により不安症が出るという情報があります。

コーヒーのカフェインには、覚醒作用として、脳の中枢神経を刺激して自律神経である交感神経を高めるとともに、神経伝達物質であるカテコールアミンを生成して興奮作用をもたらすことで、コーヒーを飲み過ぎた場合には高揚感が高まることになります。

しかし、カフェインの効果が切れたときには、その高揚感が一気に萎(しぼ)んでしまうため、不安症に襲われると言われています。

ただ、高揚感が高まるまで興奮作用が及ぶのは、4~5杯を一気に飲んだ場合です。

スポーツ選手などが試合前に飲む場合がありますが、スポーツ選手の場合は体格が大きく、体内での消化機能も高いため、高揚感は出ますが、それ程不安症が出るということもありません。

ただ、一般の方が一度に4~5杯を飲むというのは異常な行為であり、通常では考えにくいことです。

不安症が全くないとは言えませんが、通常の適正範囲で飲んでいる限りは、また多少飲み過ぎたからと言って不安症が出ることはありませんので、安心してコーヒーを飲んでください。

 

Sponsored Link



コーヒーの飲み過ぎでカフェインによるパニック障害への影響

コーヒーの飲み過ぎからカフェインによってパニック障害の方に影響が出ると言われています。

パニック障害というのは、いきなり襲ってくる激しい動悸に伴って震え、めまいなどといった体の異常とともに強い不安感に襲われる病気です。

不安感の強くなったものと考えても良いでしょう。

パニック障害の原因としては、不安に関係する神経伝達物質の一つであるノルアドレナリンと興奮を抑える神経伝達物質セロトニンのバランスが崩れることによると考えられていますが、詳しい原因は明確になっていません。

いずれにしても、パニック障害は、コーヒーを一時に大量に飲んだ後、カフェインの効果が切れた場合に、高揚感からの落差の大きさと体内のエネルギーの低下によって引き起こされる可能性はあります。

たた、一度に何杯もコーヒーを飲んだ場合であり、しかも、元々パニック障害の病気を抱えている場合に限られるため、特に症状のない方には影響は出ないと考えてもよいでしょう。

既にパニック障害の症状の経験のある方は、コーヒーの飲み過ぎには注意した方がよいでしょう。

コーヒーの飲み過ぎでカフェインによる耐性

コーヒーの飲み過ぎが続くことにより、カフェインに対する耐性が出来てしまい、いくらコーヒーを飲んでも眠たくなる場合があります。

この場合は、しばらく、コーヒーを止めて体からカフェインを抜く必要があります。

一種の慢性カフェイン中毒に近い症状であり、早めに気がついて、治療をした方がよいでしょう。

コーヒーの飲み過ぎでカフェインによるお肌への影響:肌荒れ、ニキビ

コーヒーを飲み過ぎますと、カフェインの影響により、お肌への悪影響が出る場合があります。

よく言われるのは、コーヒーを飲むことで利尿作用によってビタミンBなどが流出し、ターンオーバーがうまくいかなくなってニキビが出来ると言うものです。

ただ、ビタミンBが流出してしまうほど利尿作用が強まるのは、コーヒーを10数杯飲んだ場合であり、かなりの誇張があります。

普通にコーヒーを飲んでいる限りはビタミンBの流出はありませんし、ニキビの原因にもなりません。

但し、コーヒーを飲み過ぎたり、寝る前にコーヒーを飲むことにより、カフェインの影響で寝不足や不眠症になりますと、お肌が荒れたり、お化粧のノリが悪くなったりします。

本来は、ポリフェノールの抗酸化作用により、お肌に良いはずのコーヒーですが、飲み方を間違えますと、逆にお肌を攻撃してしまうことになりますので、コーヒーの飲み過ぎと寝る前のコーヒーは止めましょう。

なお、コーヒーの飲み過ぎによるカフェインの副作用全般については、「コーヒーの飲み過ぎによる様々な症状や病気、悪影響について」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



コーヒーのカフェインによるお母さん、赤ちゃんへの影響

コーヒーのカフェインは妊娠中のお母さんや赤ちゃんに様々な影響を与えます。

コーヒーのカフェインによる妊婦への影響

基本的には、妊娠中のお母さんはコーヒーは飲めません。

それは、赤ちゃんに急性カフェイン中毒になる可能性があるからです。

すなわち、お母さんがコーヒーを飲みますと、体内に入ったカフェインはお母さんと同じ濃度で胎盤を通して赤ちゃんにも行くことになるからです。

カフェインの許容量は体重1kg当たり5.7mgであり、50kgのお母さんであれば、3杯まで平気ですが、お腹の赤ちゃんは臨月でも体重は3lg程度であり、その時点でも17mg程度が限度量になります。

コーヒー一杯辺りのカフェイン含有量は87mg程度ありますから、赤ちゃんにとっては一杯でも軽く限度量を超えてしまいます。

しかも、赤ちゃんの内臓は未成熟ですから、本来もっと限度量は少ないはずです。

従って、妊娠中のお母さんはコーヒーは厳禁です。

飲みたくなった場合には、ノンカフェインコーヒーにしてください。

コーヒーのカフェインによる授乳中のお母さんへの影響

お母さんが母乳で赤ちゃんを育てる場合もコーヒーは飲めません。

お母さんがコーヒーを飲みますと、カフェインは母乳にも同じ濃度で入ってきます。

当然、赤ちゃんは急性カフェイン中毒の可能性が高くなりますから、飲めないのです。

妊娠してから離乳まで約15~17ヶ月は我慢の日々になります。

どうしても飲みたいのであれば、やはりノンカフェインコーヒーか、カフェインレスコーヒーにしてください。カフェインレスコーヒーも、体重が3kg以上になっている赤ちゃんであれば、1杯は大丈夫です。

 

Sponsored Link



コーヒーのカフェインによる赤ちゃんへの影響

コーヒーのカフェインによる赤ちゃんへの影響は急性カフェイン中毒などの可能性が高く、お母さんはもちろん赤ちゃんにカフェオレなど薄めたものでもいけません。

離乳食を始めれば、カフェオレぐらいならと考えがちですが、牛乳2対コーヒー1でもカフェイン濃度は29mgほどになっています。

体重が6kgになっていたとしても、カフェインの限度量は5kg×5.7mg=29mgと数字的にはほぼぎりぎりですが、赤ちゃんの胃腸は離乳食時点でもまだ充分に成熟していませんので、止めた方がよいでしょう。

また、赤ちゃんはなんでも口にする可能性がありますので、インスタントコーヒーの瓶などを手の届くところに置いてありますと口に入れてしまう可能性があります。

赤ちゃんの手の届かないところに保存するようにしてください。

コーヒーのカフェインによる子供への影響

では、子供さんにはいつからコーヒーを飲ませてもよいのでしょうか。

何歳になれば、カフェインの影響から逃れることが出来るのでしょうか。

カフェインの限度量は体重によって変わってきますので、何歳ということは難しいですが、体重が一杯の許容限度量を超えれば、飲むことは可能です。

体重1kg当たりのカフェイン限度量は5.7mgであり、コーヒー一杯のカフェイン量は平均的には87mg程度になっています。

理論的に言えば、15kgになれば、コーヒー一杯は可能になります。

しかし、子供さんの内臓はまだ大人とは違い、成熟していませんので、20~25kgになるまでは、与えないようにしてください。

 

Sponsored Link



まとめ

コーヒーは、最近になって次々と発見される健康効果によって飲まれる方がどんどん増えています。

しかし、コーヒーの適正な飲み方を知らないために、カフェインの副作用による健康被害にあわれる方も増えています。

今回は、コーヒーのカフェインに絞って、その基本的な作用とそこから派生するさまざまな健康効果をご紹介し、その飲み方、効果時間などとともに、カフェインによる副作用についてもさまざまに考察をしてみました。

コーヒーは適正に飲めば、素晴らしい健康が得られ、しかもその豊かな風味と芳醇な香りによってリラックスタイムを味わうことが出来ます。

しかし、飲み方を間違えますと、さまざまな健康被害が待っています。

適正な飲み方で、素晴らしい健康効果とリラックス効果を享受してください。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • コーヒーの飲み過ぎによる病気は怖い!

  • コーヒーの偏頭痛に対する効果や対処法

  • コーヒーの効果がもの凄い!そのすべてをお伝えします!!

  • 缶コーヒーの成分

  • コーヒーの飲み過ぎと吐き気、気持ち悪い、ムカムカの関係

  • コーヒーの飲み過ぎとめまいの関係