1. TOP
  2. 豆乳
  3. 豆乳は栄養が抜群に高い!
Sponsored Link

豆乳は栄養が抜群に高い!

豆乳   5,241 Views

豆乳はどれほど栄養があるのでしょうか。

豆乳に栄養があるというのは多くの人が認めている事実ですが、牛乳ほど身近な飲み物ではありません。

しかし、実は豆乳には豆乳しかない特別の栄養素を含め、いろいろな栄養素がバランス良く含まれている飲み物なんです。

この記事では、豆乳に含まれている栄養素がどれほどすごいのかを説明します。

また、豆乳の栄養素をさらに高める飲み物や食材も合わせてご紹介します。

残念なことに現代人は、栄養バランスが乱れています。

この記事を読んで豆乳の栄養価を確認し、毎日の食卓にぜひ栄養のある豆乳を含めるようにしてください。

Sponsored Link



Contents

調整豆乳と無調整豆乳の栄養について

「豆乳」は、なぜ栄養価が高いといえるのでしょうか。

日本農林規格(JAS)は、豆乳を以下のように定義しています。

「豆乳は大豆(粉末状のもの及び脱脂したものを除く。以下同じ。)から熱水等によりたん白質その他の成分を溶出させ、繊維質を除去して得られた乳状の飲料(以下「大豆豆乳液」という。)であつて大豆固形分が8%以上のものをいう。」
引用元:農林水産省「豆乳類の日本農林規格」より
http://www.maff.go.jp/j/kokuji_tuti/kokuji/k0001426.html

つまり豆乳は大豆そのもの。

これが、豆乳の栄養価が高いといえる大きな理由です。

この豆乳に「にがり」を入れたのが豆腐。そして、大豆を発酵させたのは納豆です。

それで、「大豆」「豆腐」「納豆」そして「豆乳」。これらは全て、同じような栄養、しかも非常に栄養価が高い飲み物(食べ物)ということができます。

しかし豆乳の中にも「無調整豆乳」や「調整豆乳」という種類がありますが、これらは全て同じ量の栄養が入っているわけではありません。

大豆の栄養そのまま!無調整豆乳

無調整豆乳とは、大豆と水のみの文字通り何も調整していない「大豆固形分が8%以上ある飲み物」のことです。

栄養価は非常に高い無調整豆乳ですが、味は美味しくないので、「飲む豆腐」などと揶揄されています。

しかし、無調整豆乳は、飲みにくいですが食材として牛乳と同じように使うことができ、料理の味や栄養素を引きたてます。

一方コーヒーや紅茶のような飲み物に無調整豆乳を混ぜると、大豆の味が勝ってしまうので、あまりおすすめはできません。

飲みやすくて、栄養価も高い!調整豆乳の栄養

調整豆乳は、「大豆固形分が6%以上ある飲み物」と定義されています。

「調整豆乳の残りの2%はどうなったか」、というと飲みやすさのために、糖分、食塩、食用植物油、カルシウムなどを加えた成分となっています。

調整豆乳はまた、食材にも飲み物にも加えることができ、その栄養価を高めます。

調整豆乳の栄養価は無調整豆乳と比べると若干落ちはするものの、やはり栄養価の高い飲み物ということができるでしょう。

栄養よりも飲みやすさ優先!豆乳飲料

豆乳飲料は、調整豆乳にさらに、野菜、フルーツ、紅茶、コーヒーなどを加えた飲み物のことです。

豆乳飲料は、大豆固形分4%(果汁が入っている場合は2%)以上入っています。

大豆としての栄養素は、半分かそれ以下に落ちていますが、豆乳にはない、ビタミンなどの栄養が含まれている場合があります。

なので、場合によっては非常に栄養価の高い飲み物といえますが、基本的に飲みやすさが優先されています。

また、飲みやすさのために砂糖がいっぱい入っている場合も多く、ダイエットしたい人や糖尿病を避けたい人にはあまりおすすめはできません。

豆乳飲料は、すでに出来上がった味なので、基本的には食べ物や飲み物に加える必要はありません。

栄養面でおすすめの豆乳は?

豆乳の中で最も栄養価が高い飲み物は「無調整豆乳」です。

そして、栄養価を適度に維持しつつ、飲みやすいのは「調整豆乳」です。

とにかく飲みやすいのは「豆乳飲料」です。

以下の表に、3種類の豆乳の飲みやすさ、栄養価、その他何か栄養素を加えることができるかを表しました。

 

豆乳の種類 飲みやすさ 栄養価 その他
無調整豆乳 × 食材にも使える
調整豆乳 食材にも飲物にも使える
豆乳飲料 △(商品による) 飲むだけ

 

このようにみると、調整豆乳は味、栄養価の点でバランスが良く、それゆえに人気のある商品といえるのかもしれません。

 

Sponsored Link



豆乳の栄養成分表

豆乳の栄養成分表から、無調整豆乳と調整豆乳それぞれの栄養成分表をご紹介します。

豆乳200ml当たりの栄養

某有名豆乳メーカーの、栄養成分表は次のようになっています。

※豆乳飲料は豆乳に何が含まれているかで、栄養素が異なるためここでは省きます。

栄養素 調整豆乳 無調整豆乳
カロリー 115kcl 117kcl
たんぱく質 9.1g 7.7g
脂質 7.3g 7.7g
炭水化物 3.2g 4.1g
ナトリウム 0mg 181mg
カリウム 425mg 329mg
カルシウム 34mg 109mg
マグネシウム 56mg 42mg
亜鉛 0.9g 0mg
1.1g 0.9mg
レシチン 421mg 324mg
大豆サポニン 80mg 77mg
イソフラボン 56mg 43mg
コレステロール 0 0

このように、無調整豆乳はほとんどの面で、栄養価が調製豆乳より優れています。

調製豆乳で特筆すべきなのは、「カルシウム」の量のみで、その他、カロリー、脂質、炭水化物、ナトリウム(塩分)など、少ないほうがよいものほど無調製豆乳のほうが少ないというのがわかるのではないでしょうか。

飲みにくいものは、栄養価が高いんですね。

でも、無調整豆乳と比べると劣るものの、その差はわずかです。

やはり、無調整豆乳も調整豆乳も栄養価がとても高い飲み物ということができるでしょう。

豆乳100g当たりの栄養は?

豆乳は、ミリリットル(ml)で表示されることが多いと思いますが、グラム(g)で表示されていても大丈夫です。

豆乳200mlで206gになりますので、100g当たりの栄養素はほぼイコール00mlの栄養素と考えることができます。

 

Sponsored Link



豆乳の栄養の特徴

豆乳の栄養素の特徴は、下記のようなものがあります。

・たんぱく質、脂肪、炭水化物の三大栄養素が含まれている
・イソフラボン、サポニン、レシチンなど豆乳ならではの成分が含まれている
・コレステロールがゼロ

つまり、豆乳は基本的な栄養素をバランスよく含まれているので、食事では足りない栄養素を補給できますが、さらに豆乳しか出せない嬉しい効果があり、しかもコレステロールがゼロという素晴らしい特徴をもっていることがわかります。

豆乳の栄養の種類

豆乳の栄養の種類の中で特徴となっている「大豆イソフラボン」「大豆タンパク」また、あまり聞きなれないかもしれませんが、重要な働きをしている「サポニン」と「レシチン」に注目しましょう。

これら4つの種類の栄養素は、豆乳の中でも際立った働きをしている栄養素です。

豆乳の栄養①大豆イソフラボン

女性なら一度は、大豆イソフラボンについて聞いたことがあるかもしれません。

実際、豆乳を愛飲している女性の多くは、この大豆イソフラボンがあるからでしょう。

なぜなら、この豆乳に含まれている大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに非常によく似た構造をしているからです。

それで女性が、大豆イソフラボンが含まれている豆乳を飲むと、女性ホルモンが安定するので、生理痛の緩和、乳がんなどホルモン依存症の予防、骨粗しょう症の予防、更年期障害の予防など女性にとってうれしい効果がたくさんあります。

豆乳の栄養②大豆タンパク

大豆には、「植物性タンパク質」と「動物性タンパク質」の2種類があります。

豆乳のタンパク質のコレステロールがゼロなのは、豆乳が植物性タンパク質であるからです。

牛肉や豚肉のような動物性たんぱく質を良く吸収できますが、あまり取り過ぎるとコレステロール値も上がってしまうというデメリットがあります。

一方大豆タンパクのような植物性タンパク質はコレステロールを気にする必要はありませんので、基本的にはいくらでも摂取することができます。

私たちは、1日に体重×g(体重60kgの人なら60g)必要としていますが、筋肉をつけたい人はタンパク質をさらにとる必要があります。

その点でたんぱく質をたくさん補給できる豆乳は、とても効果的です。

豆乳の大豆タンパク質と、筋肉の関係について詳しくは、「豆乳は筋肉増強に効果的!」に詳しく解説されています。この記事では、効果的に筋肉をつけるための、豆乳を飲むタイミングや豆乳に加えるものなど、筋トレをしている人にとって必要な情報がかかれています。

豆乳の栄養③サポニン

豆乳に含まれているサポニンは血中コレステロールや中性脂肪を洗い流す効果があります。

それで、豆乳自体コレステロールがゼロといううれしい特徴がありますですが、豆乳はコレステロールがたまらないだけでなく、体内に既にあるコレステロールまでも流してくれる、という効果があります。

また、豆乳のサポニンは活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

「病気の90%以上は活性酸素によるもの」と述べている専門家がいますが、活性酸素はがん、糖尿病、脳梗塞、または老化など多くの病気の原因であることがわかっています。

それで、豆乳は様々な病気を予防する効果のある飲み物ということができます。

豆乳の栄養④レシチン

豆乳に含まれているレシチンもサポニンと同様に、血中コレステロールや中性脂肪を洗い流す効果がありダイエット効果を期待できます。

またレシチンには、脳神経細胞にも影響を及ぼし、記憶力や集中力の向上、自律神経の安定などの効果も期待されています。

それで受験生は、勉強の合間に豆乳を飲むなら、勉強するための集中力や記憶力の助けとなるでしょう。

豆乳をコーヒーで混ぜたソイラテは味の相性もいいですが、脳に栄養を及ぼし、記憶力や集中力をさらに高める効果があります。

コーヒーが脳のにどれほど大きな影響を及ぼすかについて、「コーヒーが脳にもたらす効果や影響」に詳しく解説されています。

豆乳の栄養は高いのか

豆乳に栄養が高いかどうかを考察する前に、栄養価が高いというのはどういうことかを考えてみましょう。

私たちは普段「栄養価が高い」という言葉を良く用いていますが、なにをもって「栄養価が高い」のかということについて改めて考えたことはないかもしれません。

多くの場合「栄養価が高い」というのは、たんぱく質、脂肪、炭水化物の三大栄養素や、ビタミン、ミネラル、カルシウム、食物繊維など人間に必要な栄養素がたくさん、あるいはバランスよく含まれていることを指した表現ということができるかもしれません。

これらに加えて、「この栄養素はこの食材」というようなものが入っているのも栄養が高いということができるでしょう。

その点でいうと、豆乳は三大栄養素が豊富に含まれています。

また、大豆タンパク、大豆イソフラボン、サポニン、レシチンなど、豆乳ならではの栄養素も含まれています。

したがって、豆乳は栄養価が高い飲み物ということができるでしょう。

栄養ランキングをすると豆乳は?

このように考えますと、栄養価が高い飲み物ランキングをつけるとしたらどのような結果になるでしょうか。

この飲み物が他の飲み物より栄養があるか、というのは基準がないので判断は難しいところです。

しかし、豆乳は健康効果がある、と言われているすべての飲み物の中でも上位にランキングする、ということができるでしょう。

例えば飲み物の定番である、緑茶、紅茶、コーヒーについて考えてみましょう。

これら飲み物は、ポリフェノールやカフェインなのどの健康効果が注目されています。

しかしこれらは、栄養がある飲み物とは言い難いでしょう。なぜなら三大栄養素やビタミン、ミネラルといった栄養素が欠けているからです。

同様の理由で、水素水、ケイ素水(シリカ水)、炭酸水などの健康効果も注目されていますが、やはり基本的な栄養素が欠けているため栄養価が高い飲み物とは言えません。

仮にこれらの飲み物だけを飲んでいたらすぐに栄養失調になってしまうでしょう。

その点で、豆乳は基本的な栄養素がバランスよく含まれています。

もちろん食事の代わりにはなりませんが、ある程度の栄養素は豆乳によって補給することができます。

豆乳の他に、完全栄養食品と言われている牛乳、食物繊維をはじめとして様々な栄養素がバランスよく含まれている青汁などの飲み物が豆乳と共に上位にランキングするでしょう。

豆乳と野菜ジュースの栄養

健康や栄養を気にする人は、豆乳の他に野菜ジュースが気になるかもしれません。

お察しの通り、豆乳と野菜ジュースは主要栄養素が異なるため、どちらが栄養あるかという質問に答えるのは難しいでしょう。

豆乳の主要栄養素は、たんぱく質やイソフラボンなどです。

一方野菜ジュースにはたんぱく質もイソフラボンも含まれておらず、代わりに豆乳には少ない食物繊維やビタミン類が豊富に含まれています。

しかし、野菜ジュースは製造の過程で主要な栄養素であるビタミンや食物繊維のほとんどがなくなっていると指摘する専門家もいます。

それで豆乳と野菜ジュースは栄養価の面で比べることはできませんが、食物繊維やビタミンなどの栄養を気にしているなら豆乳の代わりに野菜ジュースを飲むより、食物繊維やビタミン類が野菜ジュース以上に豊富に含まれている、青汁を飲むことをおすすめします。

Sponsored Link



牛乳の栄養と豆乳の栄養の違い

豆乳と牛乳とでは、どちらのほうが栄養があるのでしょうか。

豆乳は乳製品ではありませんが、牛乳と同じように「乳」がつく製品であり、同じようにタンパク質が豊富に含まれている豆乳と牛乳はよく比較されます。

牛乳の代わりに豆乳を飲む、ということをすすめている人も少なくないかもしれません。

では、実際のところ豆乳と牛乳ではどちらが栄養価がたいのでしょうか?

豆乳と牛乳の栄養の違いに注目してみましょう。

牛乳と豆乳の栄養素の比較

牛乳と豆乳の栄養素を比較すると、決定的な違いがあることに気づかされます。

まず豆乳には、イソフラボン、サポニン、レシチンなど牛乳にはない栄養素があります。

また同じタンパク質でも、牛乳と豆乳では種類が違います。

牛乳と豆乳では、カルシウムなど同じ種類の栄養もありますが、その量は全然違います。

これら牛乳と豆乳の栄養素の違いを比較してみましょう。

牛乳と豆乳の栄養素の比較①たんぱく質

まず、某メーカーの無調整豆乳と調整豆乳、そして、牛乳のタンパク質の量に注目してみましょう。

コップ1杯(200ml)当たりのタンパク質の量
・無調整豆乳:9.1g
・調整豆乳:7.7g
・牛乳:6.6g

このように比較すると、豆乳より牛乳のほうがタンパク質が多いということがわかります。

しかし、タンパク質という栄養素に注目するとき、その量ではなく、アミノ酸スコアも考慮しなければなりません。

※アミノ酸スコアとは、必須アミノ酸9種類を数値化したもので、摂取したタンパク質がどれほど体内に吸収されるかが関係しています。

アミノ酸スコア
・牛乳:100
・豆乳:86

牛乳を含め、動物性たんぱく質のほとんどのアミノ酸スコアは100です。

一方豆乳のアミノ酸スコアは86なので、牛乳よりはたんぱく質の量が多いとはいえ、体内に吸収されるたんぱく質の量は豆乳と同じかそれ以上あります。

しかし、豆乳の酸スコア86というのは、植物性タンパク質の中ではかなり高い部類に入りますし、植物性タンパク質のノンコレステロールという特徴はいかされます。

牛乳と豆乳の栄養素②カルシウム

続いて、某メーカーの無調整豆乳と調整豆乳、そして、牛乳のカルシウムの量に注目してみましょう。

コップ1杯(200ml)当たりのカルシウムの量
・無調整豆乳:34mg
・調整豆乳:109mg
・牛乳:220mg

カルシウムの量は調整豆乳の倍以上、無調整豆乳の6.5倍近くあります。

豆乳はもともとカルシウムの量は少ないので無調整豆乳にはほとんどなく、調整豆乳は飲みやすくするためにカルシウムを添加しているので量に違いがあります。

添加についていうと、牛乳の中にはカルシウムをさらに添加しているものも多く、厚生労働省が推奨しているカルシウムの一日当たりの量、「600~800mg」がコップ1杯で取れてしまうものさえあります。

それで、カルシウムを取りたい人は豆乳よりも牛乳を多く飲んだ方が良いということができます。

牛乳と豆乳の栄養素の比較③鉄分

続いて、某メーカーの無調整豆乳と調整豆乳、そして、牛乳の鉄分の量に注目してみましょう。

コップ1杯(200ml)当たりの鉄分の量
・無調整豆乳:1.1g
・調整豆乳:0.9g
・牛乳:0.2g

牛乳は鉄分が多いと勘違いされている人が多いですが、実は牛乳には鉄分がほとんど含まれていません。

豆乳は牛乳と比較すると多いですが、厚生労働省が推奨する鉄分の量は、6.0~7.0なので、豆乳1杯で補えるというわけにはいきません。

しかし、牛乳の中には鉄分が添加されているものもあり、そのような牛乳は1杯飲むだけで必要な量の鉄分を補うことができます。

豆乳と牛乳の栄養素の比較④炭水化物

続いて、某メーカーの無調整豆乳と調整豆乳、そして、牛乳の炭水化物の量に注目してみましょう。

コップ1杯(200ml)当たりの炭水化物の量
・無調整豆乳:3.2g
・調整豆乳:4.1g
・牛乳:9.6g

炭水化物は糖分になりますので、過剰摂取は太る原因になります。

上記の量に従って計算すると、豆乳1杯で角砂糖1個、牛乳1杯で角砂糖2.5個分に相当します。

ダイエットをしている人には、嫌われがちな炭水化物ですが、これはエネルギーを取るために必要な栄養素のひとつです。

炭水化物ダイエットをしていると、健康に深刻な影響を及ぼすことがあるのでおすすめできません。

この点で、豆乳の炭水化物の量はちょうど良い量ということができます。

豆乳と牛乳の栄養素の比較⑤食物繊維

続いて、某メーカーの無調整豆乳と調整豆乳、そして、牛乳の食物繊維の量に注目してみましょう。

コップ1杯(200ml)当たりの食物繊維の量
・無調整豆乳:0.2g
・調整豆乳:0.2g
・牛乳:0.0g

このように、牛乳には食物繊維全くありません。

しかし、同じ豆類でも、納豆やおからからはたくさんの食物繊維が取れるのに対し、豆乳も製造過程で食物繊維がほとんど残っていませんし

厚生労働省が推奨する一日当たりの食物繊維の量は、19g~24gなので豆乳をいくら飲んでも全く足りません。

食物繊維を取りたいなら、牛乳や豆乳ではなく、青汁を飲むことをおすすめします。

 

Sponsored Link



豆乳と低脂肪乳の栄養

豆乳と低脂肪乳の栄養素を比較するとどうでしょうか。

まず低脂肪乳の栄養面での特徴は、脂肪が少ないことによるカロリーの少なさです。

豆乳と低脂肪乳の栄養とカロリー

コップ1杯(200ml)当たりのカロリー
・無調整豆乳:115kcal
・調整豆乳:117kcal
・牛乳(普通牛乳):134kcal
・低脂肪乳:92kcal

このように豆乳は普通牛乳と比べるとカロリーは低いですが、豆乳と低脂肪乳を比べると高くなってしまいます。

しかし、豆乳には、コレステロールや中性脂肪を洗い流す栄養素もあるので、ダイエット効果を考えると低脂肪乳牛乳よりも豆乳のほうが効果的といえるでしょう。

その他の栄養素についていうと、低脂肪乳は以外にも普通牛乳よりもたんぱく質以外の栄養素は高めです。

なぜなら、低脂肪乳加工乳なので、カルシウムや鉄分など色々なものを添加できるからです。

なぜ栄養のある豆乳が給食で飲まれないか

豆乳は非常に栄養のある飲み物ですが、なぜ学校給食には豆乳ではなくて、牛乳なのでしょうか。

その理由を知るには、まず「なぜ牛乳が学校給食として選ばれているか」ということを理解する必要があります。

給食に必ず牛乳がついているのは、牛乳に含まれているカルシウムの量が関係しています。

厚生労働省によると、小学生から中学生はカルシウムが最も必要な時期で、その量は546mgです。

牛乳1杯に含まれているカルシウムの量は、およそ230mgと非常に高く、しかも牛乳のカルシウムは体内に吸収しやすいという特徴があります。

現代人はカルシウム不足が指摘されていますが、子供の時期にカルシウムが不足していると、骨の育成など身体の育成に深刻な影響を及ぼします。

子供のころ給食の時に泣きながら牛乳を飲まされていた人がいましたが、それにはちゃんと意味があったんですね。

豆乳は確かに栄養価がありますが、カルシウムの面で比較すると牛乳には及びません。

これが、学校給食に栄養のある豆乳ではなく牛乳が選ばれている理由です。

しかし、最近では豆乳の栄養素も注目され、豆乳を使ったレシピが学校給食にも含まれることが多くなっているようです。

チーズと牛乳と豆乳の栄養

チーズは牛乳を温めて、乳酸菌と酵素を加えて固めたものです。

したがって牛乳とチーズの栄養素はほぼ同じで、20グラムのチーズから牛乳200cc分の栄養素をとることができます。

それで、この記事では牛乳の代わりに豆乳を飲むのではなく、栄養素の異なる牛乳と豆乳を両方飲むことをすすめていますが、同じ栄養素をもっている牛乳の代わりにチーズを食べても大丈夫です。

牛乳と豆乳両方は飲めないという人は、牛乳の代わりにチーズをおおくたべるようにしてみましょう。

Sponsored Link



豆乳の栄養素と効能

豆乳に含まれている豊富な栄養素はいろいろな効果があることがわかっています。

女性には美容効果、ダイエット効果、生理痛の緩和、更年期障害対策、バストアップなどがあり、男性には筋肉が付きやすくなり、悪玉男性ホルモンの分泌が抑えられ、生活習慣病の予防になるなどがあります。

豆乳の効果効能について詳しくは、「豆乳効果で得られるダイエットや美容などの様々な健康効果がもの凄い!」に詳しく解説されています。この記事には豆乳の効果をさらに引きだす飲み方や、注意する点などもかかれています。

豆乳という飲み物と大豆食品

豆乳は飲む大豆食品ですが、豆乳の他にも食べる大豆食品はたくさんあります。

豆乳と食べ物としての大豆食品では栄養素に関してどのような違いがあるでしょうか。

豆乳と豆腐の栄養の違い

豆乳に「にがり」を入れたのが豆腐です。

このように考えると豆乳はほとんど豆腐であり、したがって豆乳と豆腐の栄養素はほとんど変わらないのではないかと思われるかもしれせん。

しかし、豆腐はいわば豆乳をぎゅっと凝縮したもの。

なので、基本的に豆腐の栄養素は豆乳より高めです。

さらに豆乳にはないにがりの中にも、見逃すことができない栄養素がいっぱい含まれています。

豆腐と豆乳の栄養素

それでは豆乳と豆腐の、基本的な栄養素を比較してみましょう。

豆乳と豆腐100g当たりの栄養素

たんぱく質 脂質 炭水化物 食物繊維 カロリー
無調整豆乳 4.6g 3.7 1.6g 0.1g 58kcal
調整豆乳 3.9g 3.8g 2.1g 0.1g 59kcal
豆腐(木綿豆腐) 6.6g 4.2g 1.6g 0.4g 72kcal
豆腐(絹ごし豆腐) 4.9g 3.0g 2.0g 0.3g 56kcal
豆腐(充填豆腐) 5.0g 2.5g 2.5g 0.3g 59kcal

このように、豆腐は基本的に、豆乳よりも栄養価が高いということができます。

しかし、栄養の量だけを見て単純に豆乳より豆腐が優れていると言い切れることはできません。

豆腐は豆乳とにがりの他に、凝固剤(ぎょうこざい)をつかっています。

高い豆腐は、豆乳を一杯使っていますので凝固剤が少なくてすみますが、安い豆腐は少ない豆乳を使って豆腐の形を保つために凝固剤をかなり使っています。

それで、安い豆腐は味も落ちますが、栄養価もかなり少なくなっていますし、何よりも凝固剤という添加物がたっぷりと入っています。

高野豆腐と豆乳の栄養素

同じ豆腐でも、高野豆腐になると栄養素が格段に違ってきます。

まず高野豆腐に特筆すべきなのはたんぱく質の量。

高野豆腐のタンパク質は、100gあたり、49.4gありますので、豆乳や豆腐と比べるとなんと約10倍もあります。

加えて、イソフラボン、サポニン、レシチン、鉄分も豆乳より格段上ですし、豆乳には少ない、カルシウムや食物繊維なども豊富に含まれています。

しかも、高野豆腐は豆乳と同じようにカロリーはそれほど高くないのでいうことがありません。

高野豆腐がなぜこれほど栄養価が高いか、というとその製造法を知ると理解できます。

高野豆腐は、豆腐の中でも栄養価が高い木綿豆腐をさらに凝縮して乾燥させたもの。

つまり、豆乳の栄養を凝縮させて、にがりを入れた豆腐の栄養をさらに凝縮したのが高野豆腐なんですね。

 

Sponsored Link



納豆と豆乳の栄養素の違い

同じ大豆食品である、納豆の栄養素を豆乳を比べてみましょう。

納豆は、大豆に納豆菌をまぶして発行したもの。

それで、原材料は豆乳とほとんど変わりはありません。

しかし納豆は大豆の食物繊維がそのまま生きています。

また納豆菌であるナットウキナーゼまた、納豆菌に含まれているビタミンKが、脳梗塞や痴ほう、骨粗しょう症などを予防してくれます。

したがって、納豆は豆乳より栄養価が高いといえます。

豆乳、豆腐、高野豆腐、納豆。一番栄養があるのは?

では豆乳、豆腐、高野豆腐、納豆の中で一番栄養があるのはどれでしょうか。

まず、豆腐は豆乳を凝縮させたものなので、基本的に豆乳より栄養があります。

高野豆腐は栄養価の高い豆腐をさらに凝縮されたものです。

納豆は大豆を発酵したことによる独自の栄養素が追加されます。

したがって、栄養価の高さは

1. 高野豆腐
2. 納豆
3. 豆腐
4. 豆乳

という順番になります。

しかし、豆乳をこれら食品と比較する際に忘れてはならないことがあります。

豆腐、高野豆腐、納豆は「食べ物」ですが、豆乳は「飲み物」です。

そして、飲み物は食べ物よりも手軽に摂取することができます。

栄養価の高いものを摂取する益は、定期的にとって初めて効果が出る、ということができるでしょう。

その点で、豆乳のような飲み物は「いつでもどこでも飲むことができる」というメリットがあります。

この点で「飲み物」でありながら栄養価の高い豆乳は、やはりかなりの優れものということができます。

おからと豆乳の栄養

おからは、大豆から豆腐や豆乳を作る時に出るかすです。

あまり人気がないので多くが産業廃棄物になっていますが、実はおからは栄養素の塊です。

下の表を見てください。おからは豆腐や豆乳の栄養素と変わらないどころか、それよりも多くあることに気づかれると思います。

たんぱく質 カルシウム 炭水化物 食物繊維 カロリー
無調整豆乳 4.6g 18mg 1.6g 0.1g 58kcal
調整豆乳 3.9g 55mg 2.1g 0.1g 59kcal
豆腐(木綿豆腐) 6.6g 43mg 1.6g 0.4g 72kcal
おから 6.1g 43mg 13.8g 11.5g 111kcal

特に、おからのたんぱく質、食物繊維は豆腐や豆乳よりもかなり多いのも見逃せないところです。

これだけ栄養価の高いおからですが、人気の豆腐や豆乳を作る時に出るかすなので、値段は安いというのもうれしいところです。

豆乳と味噌としょうゆの栄養

豆乳と同じように、味噌も大豆から作られます。

味噌は、大豆と米に塩と麹菌(きくきん)を入れて発行したものです。

ちなみにしょうゆと味噌も作り方が似ていますが、しょうゆは米の代わりに小麦を使っています。

それで、みそやしょうゆも豆乳と同じような栄養素があるということができます。

加えて、みそとしょうゆは発酵食品としての栄養効果があり、たんぱく質などの栄養素を吸収しやすいという特徴があります。

しかし、みそやしょうゆは塩分を多く含まれているため、塩分の取り過ぎに注意する必要があるでしょう。

栄養をまとめてとれる!豆乳味噌汁

味噌汁は、みそのもつ栄養素と共に、たくさんの具材を入れることができる、日本人が誇るべき食品のひとつです。

この大豆食品のひとつである味噌汁に、同じく大豆食品である豆乳を加えると大豆のWパワーで豆乳の栄養と効果が倍増します。

それでは、豆乳味噌汁の作り方をご紹介します。

豆乳味噌汁の材料
・無調整豆乳200cc
・みそ大さじ2
・だし汁450cc

この味噌汁にお好きな食材をたくさん入れてください。

豆腐を入れれば大豆の栄養素がさらにあがります。

この具だくさん豆腐豆乳味噌汁だけで、一日に必要な栄養素のかなりを補うことができるでしょう。

 

Sponsored Link



シリアル豆乳の栄養

朝忙しい時に手軽にとれる栄養素として、シリアルは人気の高い食品のひとつです。

シリアルの原料は穀物ですが、ビタミン、ミネラルなど一日に必要な栄養素の多くが専門家によって意図的に添加されているため、非常に栄養バランスの優れた食品です。

しかし、いくら栄養価が高いとはいえ、シリアルは食事の代わりにはなりません。

また、シリアルは意外とカロリーが高いという特徴があり、牛乳と一緒に大量のシリアルを食べるとカロリーを取り過ぎになってしまいます。

そこで、ローカロリーノンコレステロールで栄養価の高い豆乳をシリアルに混ぜて食べてください。

一食分の代わりとしてはおすすめできませんが、他の食事と共にシリアル豆乳を食べればかなりバランスの良い食事を一日の始めにとっていることになります。

ミロ豆乳の栄養

ミロは、シリアルと同じく栄養バランスを整えるために作られていますので、豆乳を入れたミロはかなり栄養豊かな飲み物になります。

特にミロは、豆乳には少ないカルシウムや鉄分という栄養素が豊富に含まれています。

牛乳の代わりに豆乳を飲むとカルシウムが心配という人は、豆乳にミロを入れれば牛乳と同程度かそれ以上のカルシウムを摂取することができます。

豆乳ヨーグルトの栄養

豆乳ヨーグルトとは、豆乳にヨーグルトを入れるのではなく、牛乳ではなく、豆乳で作るヨーグルトです。

豆乳は「乳」という言葉が使われていますが乳製品ではありませんので、牛乳ヨーグルトと豆乳ヨーグルトは別の食品であり栄養素も異なります。

牛乳ヨーグルトも非常に栄養価の高い食品ですが、カロリーが高く、コレステロールも含まれているためダイエット食品には不向きです。

一方豆乳ヨーグルトは牛乳ヨーグルトと比べてカルシウム量は少ないですが、ローカロリー、ノンコレステロール、そしてイソフラボン、サポニン、レシチンなどの大豆特有の栄養素が含まれています。

さらに、豆乳の大豆オリゴ糖がヨーグルトの乳酸菌を活性化させヨーグルトのもっている整腸作用の効果を高めます。

豆乳ヨーグルトの作り方

豆乳ヨーグルトは、市販されていますが、乳酸菌を購入すれば自宅でも簡単に作ることもできます。

1. 無調整豆乳と乳酸菌を混ぜる
2. 常温で24時間おいて発酵させる

以上です。できた豆乳ヨーグルトは、菌が生きていますので、ヨーグルトが足りなくなったら豆乳を足せば増やすこともできます。

 

Sponsored Link



豆乳と卵の栄養

卵と牛乳でパンやケーキなど色々食事を作ることができますが、この牛乳を豆乳に代えてみませんか?

卵は「完全栄養食」とも呼ばれ、いろいろな栄養素がバランスよく含まれています。

特に卵に含まれているシスチンというアミノ酸は、免疫力を高める効果がありますので、風邪予防やアレルギー対策に効果がある可能性があります。

さらに、豆乳は食材として牛乳と卵の代わりに使うこともできます。

例えば、豆乳プリン、豆乳チーズケーキ、ホットケーキなどです。

これらは全て牛乳と卵を使わないで、代わりに豆乳で作ることができるメニューです。

牛乳や卵を使わない豆乳メニューは、卵や乳アレルギーを持っているという人におすすめの作り方です。

抹茶豆乳の栄養

抹茶に含まれている、カテキン、カフェイン、食物繊維などの栄養素は脂肪の吸収を抑え、脂肪を燃焼させる効果があります。

豆乳は血中コレステロールを洗い流す効果がありますので、この豆乳と抹茶を同時に取るとかなり高いダイエット効果を期待できます。

抹茶豆乳の作り方

ダイエット効果のある抹茶豆乳の作り方をご紹介します。

基本的に飲み物にするときは、無調整豆乳ではなく調整豆乳をおすすめしていますが、抹茶豆乳は、抹茶の苦みが無調整豆乳のくせをかき消してくれるので、栄養価の高い無調整豆乳で飲んでみてください。

抹茶豆乳の作り方
1. 抹茶小さじ1とハチミツ大さじ2をグラスに入れる。
2. 熱湯を20ml入れてよくかき混ぜて泡立てる。
3. 氷を入れる。
4. 無調整豆乳180mlをグラスに入れる

抹茶の脂肪燃焼効果は6~8時間持続します。

抹茶豆乳を飲んだ後に運動する、あるいはできるだけ意識して体を動かすなどすると 抹茶豆乳の脂肪燃焼効果を高めることができます。

黒酢豆乳の栄養

健康やダイエット食品として人気のある黒酢は、豆乳に入れることによって栄養面での相乗効果と、黒酢の酸味が豆乳によってまろやかになり飲みやすくなります。

黒酢の特徴となっている栄養素は酢酸です。この酢酸は体内でクエン酸に変わり、疲労回復、血圧の安定などの効果があるといわれています。

黒酢はまた、約16種類の有機酸、ビタミンやミネラルなどを豊富に含んでいます。

飲みやすい調整豆乳に、大さじ一杯の黒酢を加えれば、日常的に摂取しにくい栄養素をまとめて摂ることができます。

 

Sponsored Link



豆乳ココアの栄養

ココアはカカオの実を粉末状にした飲み物です。

甘い、太ると思われがちなココアですが、実はココアはコレステロール下げるダイエット飲料なんです。

甘いのは某メーカーが作っているミルクココアでそこには砂糖がたっぷりと入っています。

ココアは、ダイエット効果があるだけではなく血管拡張効果があり、体が温まります。

また、ココアは豆乳にはあまりない、食物繊維がたっぷりと含まれていますので便通が良くなる効果もあります。

豆乳ココアの作り方を紹介します。

ココアを牛乳ではなく豆乳で作ることによって、カロリーやコレステロールを抑えることができます。

また、ダイエット効果を高めるために、無糖か、砂糖の代わりに少量のはちみつやオリゴ糖を使うようにしてください。

豆乳ココアの作り方
1. 鍋を弱火にかけて、そこに豆乳200ml、ココア大さじ一杯を入れて、ココアをよく混ぜる
2. ハチミツ小さじ1杯を入れる。
3. 沸騰する前に止める。
沸騰させる前に火を止めるとコ、コアの苦みが出にくく飲みやすい味になります。

豆乳コーヒーの栄養

コーヒーは、栄養があるというイメージは少ないかもしれませんが、実は幅広い健康効果や美容効果があります。

コーヒーに含まれているカフェインやコーヒーポリフェノールはがん、糖尿病、心臓病など重大な疾患の予防になるほか美肌効果やダイエット効果、さらには脳にも影響を及ぼし、集中力や記憶力を高めます。

これらの効果があるコーヒーに豆乳の栄養が加わると、コーヒーにはないタンパク質やイソフラボンが加わりさらなる幅広い効果が期待できます。

豆乳の大豆タンパク質と、筋肉の関係について詳しくは、「コーヒーの効用とは?」に詳しく解説されています。この記事では、コーヒーの効用の原因となっている栄養成分やコーヒーの12の効用などが書かれています。

豆乳メロンの栄養

豆乳メロンは栄養食品というよりは、ジュースにしては栄養のある飲み物という位置づけが適当でしょう。

市販されている豆乳メロンの栄養は(200mlあたり)

・タンパク質:4.6g
・糖質:3.8g
・炭水化物:18.6g
・ナトリウム:90mg
・カルシウム:120mg
・コレステロール:0g

となっています。

好きな人はかなりはまってしまう味です。糖分の取り過ぎに気をつけながら豆乳の意外な味を楽しんでください。

豆乳梨の栄養

豆乳梨は、豆乳メロンと同じく、ジュースとして飲むことのできる豆乳飲料です。

市販されている豆乳梨の栄養は(200mlあたり)

・タンパク質:4.4g
・糖質:15.8g
・ナトリウム:100mg
・カルシウム:35.8mg
・食物繊維:3.6g
・カルシウム:35.8mg
・イソフラボン:30mg
・コレステロール:0g

となっています。

飲むと、爽やかななしの味が口に広がります。

Sponsored Link



豆乳の栄養と相性の良い食材

豆乳は飲み物としても優れたものですが、料理と一緒に食べ物としてとることもできます。

豆乳は料理の味を高め栄養素を引きたてます。

そんな中で、豆乳と味の面でも栄養価の面でも相性の良い食べ物をご紹介します。

かぼちゃと豆乳の栄養

かぼちゃの栄養の特徴は、何といってもβカロテン。

かぼちゃのあの黄色はβカロテンの色であるというと、それがどれほど入っているかということが想像できると思います。

βカロテンは体内に入るとビタミンAに変化しますので、豆乳のもっている栄養との相乗効果により、高い美容効果と抗酸化作用を期待できます。

また食材としてもかぼちゃと豆乳はよく合うので、手軽に一緒にとることができます。

そんな豆乳とかぼちゃで作るレシピをひとつ、ご紹介しましょう。

栄養満点!豆乳で作るかぼちゃスープの作り方

豆乳で作るかぼちゃスープは、美味しくて、カロリーが低く、そして栄養価がとても高いスープになります。

豆乳かぼちゃスープの作り方
1. かぼちゃの皮をむき、小分けにしてからレンジで3分加熱する。
2. 玉ねぎをみじん切りにしてオリーブオイルで炒める
3. 玉ねぎに少し焦げ目がついたらかぼちゃを入れる
4. 豆乳を少しずつ入れながらかぼちゃをつぶす。
5. 塩、胡麻、コショウ、コンソメなどで味を調える
6. パセリのみじん切りをまぶす。

豆乳で作るかぼちゃスープは、クリームやバター、また牛乳が入っていないのでかなり低カロリーなのに栄養満点です。ぜひ試してみてください。

 

Sponsored Link



豆乳ときな粉の栄養素の違い

きな粉は「大豆に一番近い大豆加工食品」といわれていて、大豆の栄養成分そのまま含んでいます。

みそやしょうゆのように、大豆を発酵しているわけでもなく、豆腐や豆乳のように大豆を加熱しているわけではありません。

それで、きな粉には豆乳に含まれている良質のたんぱく質やイソフラボンの他、大豆を加熱していないので食物繊維が豊富です。

しかしきな粉はカロリーが高く、砂糖をまぶしたきな粉を取り過ぎると肥満の原因になってしまうかもしれませんので注意が必要です。

きな粉豆乳の栄養

たんぱく質が多く含まれている豆乳に、たんぱく質が多いきな粉を混ぜるので、きな粉豆乳はたんぱく質補給にはとても良い飲み物です。

筋トレをしている人の中には、プロテインがなくなったらプロテインの代わりにきな粉豆乳を飲む人もいます。

少しカロリーが高いのが気になるところですが、豆乳やきな粉には脂肪を燃やすダイエット効果もありますのでそれほど気にする必要はないでしょう。

黒ゴマ豆乳の栄養

黒ゴマは、ビタミンEやカルシウムという栄養素が豊富に含まれています。

砕いた黒ゴマを豆乳と混ぜて飲むと、黒ゴマの苦みがよく効いてとてもおいしい飲み物になりますが、それだけではありません。

豆乳には少ないビタミンEやカルシウムが追加されることになりますので、栄養の面でも相性の良い飲み物になります。

黒ゴマきな粉豆乳の栄養

黒ごまときな粉は栄養面で相性がとても良いので、『黒ゴマきな粉』という商品が売っています。

これに豆乳を加えるとたんぱく質、カルシウム、ビタミン、鉄分などすべての面でバランスの良く含まれています。

黒ゴマきな粉豆乳は、健康効果、美容効果、ダイエット、筋肉など、どの面にも効果のある非常に栄養価の高い飲み物です。

スムージー豆乳の栄養

豆乳は冷凍しても栄養素はほとんど変わりません。

それで、熱い時期は豆乳に栄養の高い食材を混ぜてスムージーにして飲んでみましょう。

栄養価の高い豆乳の栄養価をさらに高め、しかもおいしく飲むことができます。

ここでは、豆乳をつかったおすすめの栄養のあるスムージーをご紹介します。

小松菜バナナ豆乳スムージーの栄養

なんとなくほうれん草の影に隠れている地味な小松菜ですが、これが豆乳と一緒にとるとスムージーとしてとる栄養素がもの凄いんです。

後ほど詳しく扱いますが、ほうれん草を生で取ったり、豆乳と一緒にとったりすると結石になる可能性がありますので、生で豆乳と一緒にとるスムージーはあまりおすすめできません。

逆に、小松菜はビタミンCが豊富ですが、ビタミンCという栄養素は熱に弱いという特徴があります。

それで、生で取れるスムージーは小松菜のもっているビタミンCを活かすことができ、さらにカルシウム、鉄分、食物繊維などの栄養素もとることができます。

小松菜の栄養素のまま!小松菜バナナ豆乳スムージーの作り方

小松菜を生で食べることができる小松菜バナナ豆乳スムージーの作り方をご紹介します。

小松菜バナナ豆乳スムージーの材料
・小松菜4枚
・バナナ1本
・豆乳200ml

上記の材料をミキサーにかけるだけです。

お好みでリンゴジュース、フルーツジュース、レモン汁を加えるとさらに飲みやすくなります。

豆乳バナナレモンの栄養

レモンのビタミンCやクエン酸という栄養素を取りたい人におすすめなのが、豆乳バナナレモンです。

豆乳バナナレモンの材料
・バナナ2本
・調整豆乳200ml
・レモン
レモンの栄養をしっかり取りたい人は、少しすっぱいですがレモンをたっぷり入れてください。お好みではちみつを混ぜればレモンのすっぱさがうまく緩和されます。

Sponsored Link



豆乳の栄養に関するQ&A

最後に、豆乳と栄養に関するいろいろな質問にお答えしたいと思います。

知恵袋に多い豆乳の栄養に関する質問

知恵袋といえば言わずと知れた参加者同士が知恵を出し合う知識検索サービスですが、ここに出ている質問やそのコメントなどを見るとその質問に対する関心の高さがうかがい知れます。

さてその知恵袋にある豆乳の栄養に関する質問の中で最も多いのが、「豆乳と牛乳のどちらのほうが栄養がありますか」という類の質問です。

しかし、豆乳は「乳」という言葉がありますが、乳製品ではありません。原料も大豆と水だけなので「乳」とは一切関係ありません。

なので、牛乳と豆乳のどちらが栄養が高いかという質問の答えはありません。

豆乳の味は牛乳と似ているので、例えばコーヒーに入れる牛乳の代わりに豆乳をいれるなどが可能ですが、栄養の種類は違います。

それで、味の観点からみると牛乳の代わりに豆乳を入れるか入れないかは本人の好みによりますが、栄養の観点からみると、豆乳は牛乳の代わりにはなりません。

豆乳は加熱しても栄養素が残るか

豆乳は加熱しても、栄養素に変わりはありません。

なぜなら、豆乳事態が大豆を潰して加熱したことによってでてくる水分だからです。

なので、大豆を加熱することによって消える栄養は豆乳になった時点ですでに残っていません。

当然、大豆の主要栄養素であるタンパク質やイソフラボンは加熱しても加熱前の状態とほとんど変わらず残っています。

ホット豆乳の栄養素

それで、ホットコーヒーやホットティ、あるいは煮込み料理など加熱する飲み物や料理に何でも豆乳を加えることができます。

ただし、豆乳の栄養素である脂質は加熱すると分離してしまいますので、料理に使う際は沸騰しないようにするか、仕上げ段階に豆乳を入れるなど工夫をして下さい。

 

Sponsored Link



豆乳はレンジで温めるとしても栄養があるか

豆乳に限ってのことではありませんが、レンジで食材を温めると栄養が減ってしまうという説があります。

一説では電子レンジで温めると発がん性物質が生成される、というものや、ビタミンやその他の栄養素を半分以上減ってしまうというものがあります。

しかし、電子レンジの使用でがんになったという話は聞いたことがありませんし、

電子レンジで栄養素が破壊される説も信ぴょう性のある学術文献に掲載されているわけではありません。

確かに一部のビタミンは電子レンジで栄養素が落ちることはありますが、それは電子レンジの問題ではなく加熱の問題です。

豆乳は加熱しても栄養素は落ちませんので、電子レンジでも栄養素は落ちないと結論付けることができます。

ただし、電子レンジについてはまだわかっていないことも多いので、将来豆乳を電子レンジで温めると本当に栄養が落ちる、ということがわかるかもしれません。

そのような情報を聞くことがあったとしたら、それが権威のある雑誌や文献に記載されているかなど情報の信ぴょう性を確認するようにしましょう。

豆乳は冷凍しても栄養があるか

あまった豆乳を冷凍保存したり、スムージーにして豆乳を飲みたいという人もいたりするかもしれません。

豆乳は冷凍しても加熱しても栄養素にほとんど変わりはありませんので安心してください。

ただし、豆乳は冷凍すると風味が少し落ちてしまうかもしれません。

できるだけ品質が変わらないように豆乳を冷凍させるコツは、「冷凍する時間を出来るだけ少なくすること」です。

それで、豆乳を冷凍するときは、冷凍庫の温度を下げて、中に入っているものを出来るだけ少なくしておきましょう。

豆乳の膜に栄養はあるか

豆乳や牛乳を温めると、薄い膜ができますよね。

豆乳の膜は湯葉(ゆば)といって、たんぱく質などの栄養宝庫。

精進料理(しょうじんりょうり)など、高級日本料理などにも使われるもので、栄養価がつまっている貴重な成分です。

豆乳の膜は捨てないで食べるようにしましょう。

豆乳の湯葉(ゆば)に栄養はあるか

豆乳の湯葉は、豆乳のタンパク質を中心にした栄養がたくさんあります。

もちろんイソフラボンなど、大豆特有の栄養素もしっかりと含まれています。

 

Sponsored Link



ほうれん草と豆乳の組み合わせは栄養がある?それとも結石になる?

ほうれん草は非常に栄養のある野菜として知られていますが、ほうれん草のシュウ酸という成分が、結石の原因になるので注意が必要です。

ほうれん草のシュウ酸は肝臓にあるカルシウムと結びついて結晶をつくり、結石になるので、それを避けるために、カルシウムと一緒にほうれん草をとると、そのままカルシウムがシュウ酸と結びついて体外に排出されます。

しかし大豆食品はカルシウムが含まれていても一緒にとるのもあまりよくありません。

なぜなら、大豆食品にあるフィチンという成分が先にカルシウムと結びついてしまうため、シュウ酸が小腸に吸収され、結石になってしまうからです。

同じ大豆食品でも、納豆や醤油のような発酵食品はフィチンの量が減るようなので問題はないようですが、豆腐や豆乳とほうれん草の組み合わせは、かなり栄養価は高い反面結石になる可能性がありますので、一緒に食べることはやめておいた方がよさそうです。

豆乳の代わりに、フィチンではなくカルシウムという栄養素が豊富に含まれている牛乳をほうれん草と一緒にとるようにしてください。

豆乳の栄養と妊婦

豆乳は栄養がいっぱいあるので、色々食事や飲み物の制限がある妊婦さんにぴったり。

ただしイソフラボンの取り過ぎは、とりわけ妊娠中には注意する必要があります。

厚生労働省は、豆乳の一日の摂取量は200mlを3杯としています。

これ以上の豆乳を取っても問題はないとされていますが、妊婦の方は念のためこの摂取量を守ってください。

豆乳の栄養と子供

赤ちゃんや子供が豆乳を摂取すると、大豆アレルギーになるという人がいますが、これにははっきりとした根拠はありません。

むしろ、成長のために栄養を必要としている赤ちゃんや子供に豆乳は飲むべき飲み物です。

しかし、体が小さい分豆乳の接種過剰には注意しておきましょう。

豆乳の栄養と離乳食

豆乳は栄養がつまっていますので、赤ちゃんの離乳食としてもおススメしたい飲み物です。

しかも赤ちゃんは、大人だと少し癖があって飲みにくい、無調整豆乳も嫌がらずに飲んでくれます。

豆乳に、リンゴやかぼちゃ玉ねぎなどを混ぜたシンプルなのものを赤ちゃんに合わせてあげてください。

豆乳の栄養で阻害されるもの

豆乳は栄養があるという意見がある反面、豆乳は飲まないほうがいいという人もいます。

なぜなら豆乳にはフィチン酸という、ミネラルを吸収する働きを阻害する栄養素があるからです。

確かに豆乳にはフィチン酸がありますが、豆腐などの大豆食品には同じよういフィチンさんが含まれます。

また、フィチン酸には、栄養素の吸収を阻害するという働きがある一方、アルミや水銀など有害なミネラルにも結合し排出してくれる、というデトックス効果があります。

また、あなたの体内にはフィチン酸を分解する酵素も備わっているという専門家もいます。

それで、豆乳を適量飲んでいる分には栄養の面で全く問題はありません。

何事もそうなように、豆乳も過剰摂取は避けて、適量飲むようにしましょう。

Sponsored Link



豆乳と栄養まとめ

豆乳の栄養素について考えてきましたが、いかがだったでしょうか。

豆乳は大きく分けて3種類あります。

味よりも栄養をしっかり取りたいなら無調整豆乳ですが、飲みやすさと栄養を両立しているのが調整豆乳です。豆乳飲料の栄養は商品によりますが、大豆の栄養素はほとんどありません。

豆乳は、たんぱく質、脂質、炭水化物という3大栄養素のほか、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボン、ノンコレステロールの大豆タンパク、また抗酸化作用やダイエット効果のあるサポニンとレシチンという栄養素があるという特徴があります。

牛乳と豆乳の栄養価は全く別物で、乳製品である牛乳には動物性たんぱく質とカルシウムがあります。豆乳は乳製品ではなく大豆食品としての栄養素があります。

豆乳、豆腐、 高野豆腐、納豆、おから、味噌、醤油、きな粉は全て大豆食品であり大豆特有の栄養素があります。この中で一番栄養があるのが高野豆腐です。豆乳は唯一飲み物として取り入れることができるので、手軽に大豆食品を摂取することができます。

豆乳は、シリアルやミロ、コーヒーやココア、黒ゴマ、きな粉、あるいは小松菜などを入れると、豆乳に含まれている栄養素をさらに高めることができます。

豆乳は加熱しても冷凍しても、妊婦さんや子供あるいは離乳食としても取り入れることができます。ただし、豆乳の過剰摂取には気を付けてください。

豆乳は、手軽に取れて、非常に栄養価の高く、しかも豆乳ならではの栄養が取れる飲み物です。

栄養を体に浸透させるためには、一度にたくさんの豆乳を飲むよりも、少しでもいいので継続的に豆乳を飲むことが大事です。

これらかも栄養のある豆乳を飲み続けて、健康的な生活を送るようにしてください。

 

なお、豆乳ダイエットの効果に関するさらに詳しい情報は「豆乳のダイエット効果は凄い!毎日続けると必ず成功する!」にてお伝えしています。

また、豆乳のダイエット効果以外の様々な豆乳の効果に関しては「豆乳効果で得られるダイエットや美容などの様々な健康効果がもの凄い!」にてお伝えしています。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • キムチの乳酸菌は効果がすごい!腸から脳に至るまでいろいろなメリットがある!

  • キムチの成分はバランスがいい!効果や食べ方などすべて解説します!

  • キムチは朝食べても匂いは怖くない!口臭をなくし効果を高める方法について徹底解説します!

  • キムチで美肌を手に入れよう!キムチと美容の関係とは?

関連記事

  • 豆乳イソフラボンの乳液効果について

  • 豆乳イソフラボンの下地効果について

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 豆乳で胸を効果的に大きくする方法!

  • 生理不順を豆乳で治す正しい豆乳の活用方法と注意点

  • 豆乳コーヒーの効果が凄い!美容・ダイエット・健康に最適!