1. TOP
  2. 水素水
  3. 水素水はアレルギーに効果大!アレルギーのメカニズムと効果的な水素水の使い方について
Sponsored Link

水素水はアレルギーに効果大!アレルギーのメカニズムと効果的な水素水の使い方について

水素水   2,114 Views

水素水がアレルギーに効果があることを体験している方達は多くいます。

水素水は世界中で研究が進められており、水素水が健康や美容に良いことが判明しています。

水素水の代表的な働きとして、

・活性酸素除去作用

・抗炎症作用

があげられます。

そしてこの2つの働きは、アレルギー改善にも役立つのです。

水素水とアレルギーの関係について、アレルギーのメカニズム・水素水の働き・水素水の効果的な使い方などから解説します。

Sponsored Link



Contents

水素水とアレルギーの関係

水素水はアレルギーの症状を緩和すると同時に体質自体を改善してアレルギーを良くすることが分かっています。

ではなぜ水素水はアレルギーを改善するように働くのでしょうか?

水素水の特徴とアレルギーのメカニズムについて知り、なぜ水素水がアレルギーに良いのかを解き明かしていきます。

水素水とは

水素水とは水素がたくさん含まれている水です。

普通の水でも水素は含まれていますが、水素水の場合には普通の水には含まれていないくらいたくさんの分量が入っています。

そのため水素水は水素豊富水とも呼ばれています。

どれだけの水素が含まれていれば良いのかという基準が明確に定められているわけではありませんが、1気圧で気温20度のときの限界である1.62ppmを上限に、できるだけ高い濃度で水素が含まれている水素水を選ぶのが良いでしょう。

水素水が健康や美容に良い理由のうち最も大きなものは

・活性酸素除去作用

・抗炎症作用

です。

活性酸素は普通に生活しているだけでどんどん発生してしまう物質です。しかも様々な病気や不調の原因になっていることが知られています。

ガン・糖尿病・動脈硬化などはもちろん、シミ・シワ・ニキビなども活性酸素によって発生したり悪化したりすることが分かっているのです。

水素水はそんな活性酸素を除去します。つまり原因をなくすことで病気や不調などにならないようにできますし、既になっている場合には改善していくことができるというわけです。

抗炎症作用も非常に大切な働きです。なぜなら炎症が起こっている現場では活性酸素が大量に発生しているからです。

炎症は体を守るための大切な働きです。外敵が侵入してきた部分を切り離すことで全体を守る機能と言えます。

しかしそこでは活性酸素がどうしても発生してしまいます。発生した活性酸素は更に炎症を起こすよう周囲に呼びかける働きをしていますので、炎症はますます激しくなるばかりです。

水素水は活性酸素が関係する炎症のサイクルを抑えて沈静化する働きがあるのです。

そのため、炎症の今つらい症状を緩和して鎮めてあげることができます。

水素水の特徴や働きについての詳細は『水素水とは?』『水素水の人気が高まり続けている理由とは?』『水素水の効能が抜群である理由とは?』をご覧ください。

アレルギーのメカニズム

アレルギーには

・花粉症

・ぜんそく

・アトピー性皮膚炎

・食物アレルギー

など様々な種類のものがあります。

それらのアレルギーについてごく簡単に説明すると、免疫システムの過剰反応と言えます。

免疫システムは外部からやってきた悪者を退治して体を守る仕組みですが、悪者ではないものにも必要以上に攻撃をしてしまうことがあり、これがアレルギー反応として出てしまいます。

アレルギー反応の発生はまずアレルギーの原因物質アレルゲンが体内へ入ってくるところから始まります。

体内に侵入したアレルゲンに反応し免疫システムが抗体IgEを作ると、IgEと肥満細胞がくっついてアレルゲンの次回侵入に備えます。

アレルゲンが2度目に侵入すると肥満細胞から炎症の原因物質であるヒスタミンなどが放出され、体はアレルゲンを体外へ排出しようと活動し始めます。その結果引き起こされるのがアレルギー反応というわけです。

ヒスタミンなどの炎症を起こす物質の働きでアレルギー反応が引き起こされると、炎症はどんどん拡大するサイクルへ突入します。

炎症が起こった場所では活性酸素が発生し、活性酸素は更に炎症を激しくしようと周囲に呼びかけるからです。

アレルギー反応を無くし改善していくためには、この炎症が悪化していくサイクルをどこかで止めなければいけませんが、その働きをするのが水素水というわけです。

 

Sponsored Link



水素水はアレルギー反応を沈静化する

水素水はアレルギー反応という激しく燃えている火事を消し止める消火器の役割を果たしてくれます。

放っておけば燃え続けて延焼していくところを、火を消しながら酸素の供給を絶ち火事を消し止めてくれる消防士のような役目なのです。

アレルギー反応に対する水素水の働きについて解説します。

水素水の活性酸素除去作用で炎症の拡大をストップ

アレルギー反応によって引き起こされた炎症は、炎症が起こっている現場で発生する活性酸素によって更に拡大していきます。

そのため水素水の活性酸素除去作用が加わると、炎症の拡大にストップがかかりアレルギー反応は改善します。

活性酸素は炎症の盛上げ役になっていますので、それを除去してしまえば徐々に沈静化していくというわけです。

水素水により、肌のバリア機能が向上するからアレルゲンが侵入しづらくなる

水素水は今起こっている炎症を抑えるだけでなく、アレルギー自体を起こしにくい状態も作ってくれます。

なぜなら肌のバリア機能を高めてくれるからです。健康で丈夫な肌は外部の刺激から体を守る防護壁の働きをしています。

アレルギーの方の肌や粘膜は弱いことが多く、バリア機能が低下している状態です。特に炎症を起こしているような場合には、極めて弱い状態になっていると言えます。

水素水は美肌効果にも定評がありますが、美しい肌というのは健康で丈夫な肌と同じです。

水素水を取り入れると肌のターンオーバーが正常な状態に導かれますし、細かな毛細血管までしっかりと酸素と栄養を運ぶ血液が行き渡るようになるので健康な細胞が作られます。

そのため水素水を取り入れると肌は元気で美しくなり、バリア機能が整ったアレルゲンの侵入しづらい状態になるのです。

水素水にアレルギー反応が出ることはまずありません

今現在アレルギーに苦しんでいる人の場合、いくらアレルギーを改善するためとはいっても新しいものを取り入れるのには勇気がいるかもしれません。

でも安心してください。

水素水でアレルギーが出たという報告はされていません。

ただし水アレルギーという場合には水素水でアレルギーが出る可能性があります。水素水は水素が多く含まれている点で普通の水とは違いますが、それでも水であることに違いはないからです。

しかし水アレルギーの人というのは世界的にみてもごく少数の人しかいませんから、たとえアレルギーであっても水素水でアレルギー反応が出ることを心配する必要はないでしょう。

水素水がアトピーに効果的な理由とは?』ではアトピーと水素水の関係について臨床例も交えて解説されていますので参考にしてみてください。

Sponsored Link



アレルギーを予防・改善するための水素水の取り入れ方とコツ

水素水がアレルギーの症状の改善とアレルギーになりづらい体作りに役立つことが分かりました。

では水素水を実際に取り入れるにはどのような方法があるのでしょうか?

アレルギーの予防や改善のために最適な水素水の取り入れ方について解説します。

水素水の取り入れ方

水素水と聞くと飲む取り入れ方がぱっと思い浮かびますが、実際にはそれだけではありません。

特にアレルギーに対して使う場合には、飲むのと同時に塗る・入浴するという取り入れ方をすると、ぐっとアレルギーが改善されやすくなります。

飲んで水素水を取り入れる

水素水を飲む方法は最も手軽にすぐに実践できる方法で、今飲んでいる水を水素水に代えるだけでできます。

朝起きた直後や運動の後・入浴後など汗をかいたりして水分が減っている状態で飲むとより効果的です。

水素水を飲むときの注意点は2つあります。

・常温か少し冷やした状態で飲むこと

・すぐに飲むこと

です。

水素水はそのままにしておくと水素が抜けて普通の水になってしまいます。また沸かしてお湯にする過程でも水素が抜けてしまいます。

そのため常温か少し冷やした状態ですぐに飲むことが大切です。

水素水の飲み方については『水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?』も参考にしてください。

 

Sponsored Link



水素水を化粧水として肌に直接塗る

水素水は化粧水として肌に塗ることで取り入れることもできます。

水素分子はとても小さくて私たちの肌細胞を自由自在に通り抜けできます。そのため水素水を塗るだけでも水素は細胞内にどんどん入っていってくれるのです。

もちろん塗った場合でも水素の活性酸素除去作用や抗炎症作用は問題無く働きます。

それどころか直接患部に水素を届けることができるので、飲むよりも早くアレルギー反応を改善させられる可能性もあります。

実際の例で、ステロイドを常用していた方が水素水でのパックを2週間継続しただけでステロイドが無くても生活できるようになった、という報告もあるほどです。

水素水パックの驚きの効果とやり方のすべて!』は美肌のための水素水パックについて紹介していますが、水素水パックのやり方はアレルギー対策にも使えますので参考にしてください。

また、水素水を化粧水として活用するための情報は「水素水は化粧水としても効果が抜群!美白にも敏感肌にもぴったり」にて詳しくお伝えしています。ぜひ、御覧ください。

水素風呂にして入浴する

水素風呂もアレルギーの予防や改善には効果的です。

今炎症が起きている部分へふんだんに水素水をあてることができるので、水素をたくさん取り込むことができます。

しかも水素風呂は入浴して浸かっている体はもちろん、水蒸気からも水素を取り入れられます。そのため花粉症など粘膜が弱っている方にもおすすめです。

水素風呂の入り方は『水素水入浴の効果がもの凄くておすすめ!水素水入浴のやり方とメリット・デメリットについて』と『水素風呂(水素バス)の効果は飲むときの数倍!驚異の結果を大公開!』で詳しく解説されています。

Sponsored Link



水素水の使い方のコツ

水素水がアレルギーに良いということは分かりましたし、様々な取り入れ方があることも分かりました。

では実際に水素水を飲んだり使用したりする場合、気をつけるべきことはあるのでしょうか?

ここではより効果的に水素水をアレルギーの改善に役立てるために押さえておくべきコツを紹介します。

水素水を毎日使い続けること

まず第一のコツは水素水を活用した生活を毎日続けることです。

週に1日だけ大量に水素水を飲んだり長時間水素風呂に入浴したりするよりは、1500ミリを毎日飲む・115分の水素風呂への入浴を習慣化するという方が効果的です。

水素水は大量に取り入れても特に害になることはありません。

もちろん水の飲みすぎでお腹の調子が悪くなるということはあるかもしれませんが、水素を取りすぎても不要な分は自然と体外へ出て行ってしまいます。

水素水を取り入れると水素が活性酸素を除去してくれますが、今ある活性酸素の全てを除去してしまうと、余った水素は何もやることがなくなってしまい体の外へ出て行きます。

つまり1度に大量に飲んでも水素の無駄遣いになってしまうだけなのです。

水素水の水素で効率良く活性酸素の除去をしたいなら、毎日続けて常に水素で活性酸素が除去されているという状態を作るのがベストです。

水素水は常温か少し冷やした程度で飲む・使用すること

水素水は常温か冷蔵庫で冷やした程度で飲むのが基本です。

水素水も水なのでもちろん沸かしてお湯にすることができますが、沸かしている途中でどんどん水素が空気中に抜けていってしまいます。そのため沸騰したころにはただのお湯になってしまっているのです。

もしも水素水でお茶やコーヒーを飲みたい場合には、濃い目にいれたお茶やコーヒーに常温の水素水を足すという方法だと水素が抜けにくくなります。

また水素風呂の場合にもお湯はぬるめにしておいた方が水素が抜けづらいですし、のぼせ防止にもなります。

また水素風呂の場合は水素発生器から水素が発生しているので気になるところに水素があたるようにすると効果的です。

ただし、水素発生器が直接肌に当たる状態は怪我をする可能性があるので避けてください。

水素溶存濃度の高い水素水を選ぶこと

水素水は水素濃度が高いほど効果的です。そのため水素溶存濃度の高いものを選ぶようにすることもコツです。

しかし水素溶存濃度は高ければ高いほど良いというわけではありません。なぜなら1気圧気温20度のときの水素溶存濃度の最高値は1.62ppmだからです。

ですから基本的には1.62ppmを限度として最も濃度の高いものを選びます。

ただし技術的に1.62ppmをこえる濃度の水素水を作ることは可能ですので、1.62ppm以上の濃度の水素水が無いというわけではありません。

また水素溶存濃度が高い表示がしてあったとしても、ペットボトルは水素分子がどんどん抜けていってしまうので実質水素は普通の水と変わらない程度の濃度しかないと考えておいた方が良いでしょう。

水素水は水素の抜けづらいアルミパウチのものを選ぶか、作りたてをすぐ飲める水素水サーバーが最適です。

Sponsored Link



水素水をアレルギー対策に取り入れる際のメリット・デメリット

水素水はアレルギーに対して非常に有効なものだということが分かりましたが、使用の際にはメリット・デメリットがあります。

そこで水素水をアレルギー対策に使う際のメリットとデメリットについて解説します。

メリット・デメリットを事前に知って水素水を有効活用していきましょう。

アレルギーに対する水素水のメリット

まずは水素水のメリットについて説明します。

水素水はアレルギー症状を抑える薬とは違った良さを持っていますので、薬をなるべく使いたくないという場合に特に役立ってくれるでしょう。

水素水にはステロイドのような副作用が無い

アレルギー症状を抑える薬の代表的なものはステロイドです。

しかしステロイドには副作用があることが分かっています。しかもどんどん効き目が薄くなっていくので、弱い薬から使い始めても使い続けていると強い薬を使わざるを得なくなります。

ステロイドは免疫反応を弱めることでアレルギーの症状を抑えます。つまり炎症が起こるサイクル自体を壊してしまうのです。

その結果、免疫機能そのものが壊れてしまう恐れがあります。

免疫機能が壊れてしまうということは、外からやってくるアレルゲンに更に弱くなってしまうということを意味します。また他の病気にもかかりやすくなってしまうでしょう。

 

Sponsored Link



ステロイドの副作用

そんなステロイドの副作用には下記のようなものがあります。

ステロイド外用薬での副作用は、

・皮膚萎縮(細胞を作る働きが抑えられ皮膚が薄くなる)

・毛細血管拡張症(皮膚が薄くなった結果毛細血管が浮かび上がって見える)

・にきび

・毛包炎

・多毛

・口囲皮膚炎

・ヘルペスなど感染症にかかりやすくなる

が代表的です。

また内服薬としてステロイドを使った場合の副作用には、

・副腎機能の低下

・骨粗しょう症

・高脂血症

・高血圧

・筋力低下

・糖尿病

・消化管潰瘍

・睡眠障害

・感染症にかかりやすくなる

・ムーンフェイス(脂肪の分布を変える働きにより顔や肩に脂肪が増える)

などがあります。

これらは一時的にステロイドを使用しても副作用が出る場合もありますし、ステロイドの試用期間が長くなるほど、副作用の影響が出やすくなります。

一方水素水はというと、免疫機能はそのままに活性酸素を除去することで炎症が起こるサイクルを小さくしていくイメージです。

免疫機能自体はそのままなので、アレルゲンをブロックしたり他の病原菌に対抗する力が弱まることはありません。

水素水にはステロイドに見られる副作用が一切ありませんので、アレルギー対策として安心して取り入れることができます。

水素水を飲みすぎてしまっても不要な分は自然に排出される

薬の場合、飲みすぎは危険な行為です。必ず用法用量を守って使用しなければいけません。

飲みすぎてしまったり塗りすぎてしまったりした場合には、効き目を感じるだけでなく不具合も同時に感じることになります。

水素水の場合には万一飲み過ぎてしまっても何も心配することはありません。水の飲みすぎでお腹がゆるくなったり冷えてしまうことはあるかもしれませんが、水素の取りすぎで副作用が起こるということはないからです。

水素そのものに副作用が無いのはもちろん、不要な分は全て自然と体外へ出て行ってしまいます。

そのため水素水は飲みすぎ・使いすぎを気にすることなくふんだんに利用できるのです。

アレルギー反応を抑えると同時にアレルギー反応を起こしづらい状態へと導いてくれる

水素水の良いところは、アレルギー反応を抑える対症療法ができると同時に、アレルギー反応の起こりづらい状態に体質改善できるというところです。

ステロイドなど薬の場合にはアレルギー反応を抑えることしかできません。

そのため今つらい症状を緩和させることはできても、薬を使わなければまた症状は出てきてしまいます。

水素水の場合には、つらい症状を抑えながら肌のバリア機能を高めてアレルギー症状が起こりづらい状態が作れるので、アレルギーを根本から改善していくことができるというわけです。

Sponsored Link



水素水のデメリット

次に水素水をアレルギー改善のために使用した場合のデメリットについて解説します。

メリットがたくさんある水素水ですが、きちんとデメリットについても知ってから使用するかどうかを決めるのがおすすめです。

水素水による体質改善により好転反応が出ることがある

水素水のデメリットとしてまずあげられるのは好転反応が出る可能性があるということです。

好転反応は体質改善が起こる際に一時的に出る様々な不調のことを言います。

例えば、下痢のようになってしまうとか、吹き出物が出てしまうとか、今までかゆみが出ていなかったところもかゆくなってしまうとか、そうしたことが好転反応では起こります。

あくまでも一時的な症状なので徐々におさまってくるのですが、それまでよりひどい状態になることでびっくりしてしまいますし、症状が出ている間はつらさが増してしまいます。

好転反応がおさまれば、アレルギーはそれまでよりラクな状態になっていきます。

しかし一時的にでも急激にアレルギーが悪化したようになるのはデメリットと言えるでしょう。

Sponsored Link



アレルギー改善のための水素水の選び方

アレルギー改善のためには水素水が良いということは分かりました。

しかし水素水とパッケージに書いてあれば何でも良いというわけではありません。

きちんと水素が含まれている水素水を飲んだり使ったりしなければ意味が無いのです。

そこでここでは水素水の選び方について解説します。

水素水の種類

水素水にはいくつかの種類があります。

ここでは一般に広く販売していて購入しやすい

・アルミパウチの水素水

・水素水サーバー

・マグネシウムスティック

について解説します。

自分のライフスタイルとどのくらいのペースで水素水を使いたいのかを考えた上で、最適なものを選びましょう。

手軽に飲めるアルミパウチの水素水

アルミパウチの水素水は最も手軽に飲んだり使ったりできる水素水です。

パッケージを開ければすぐに飲めますし、値段も数百円程度なので購入の負担感も少ないです。

パックされて販売している水素水にはペットボトルのものなどもありますが、水素がきちんと含まれている水素水を飲みたいと思ったらアルミパウチを選ぶのが正解です。

水素は分子が小さいので未開封のペットボトルでもどんどん抜けていってしまいます。

そのためペットボトルで水素水を購入すると、充填するときには水素水だったとしても購入して飲むときにはただの水になっている可能性が高いのです。

アルミパウチは最も水素が抜けにくい容器ですから、購入して飲んだり使ったりするときにもしっかりと水素を取り入れることができます。

開封後に残った水素水を保存する場合には、中の空気をできるだけ抜いてフタをしっかりと閉めておきます。それでも水素は徐々に漏れていきますので、できるだけ早めに使い切るのがベストです。

水素水はアルミパウチ容器がおすすめ!その理由とは?』ではアルミパウチの水素水が良い理由を解説しています。

 

Sponsored Link



毎日飲むのにオススメの水素水サーバー・水素水生成器

毎日水素水を飲んだり使ったりする場合には、水素水サーバーや水素水生成器の利用を検討するのも良いでしょう。

最初に購入する際には数万円する水素水サーバーですが、購入後にはほとんど費用をかけずに水素水を自宅で作ることができます。

そのため家族全員で飲んだり使ったりしたいという場合には特に向いています。

水素水サーバーの良いところはそれだけでなく、作りたての水素水を飲めるというところにもあります。

水素は拡散性という性質も持っていますので、水素水を放っておくと水素はどんどん逃げていってしまいます。

それはパッケージに入っていても同じで、やはりある程度は容器をすり抜けて逃げていってしまうのです。

ですから水素をできるだけたくさん取り入れたいと思ったら、作りたての水素水をその場で飲むというのがベストということが分かります。

それが自宅で簡単にできるのが水素水サーバーというわけです。

水素水生成器の原理と特徴についてまとめました!』も参考にご覧ください。

安価で購入しやすいマグネシウムスティック

マグネシウムスティックはマグネシウムでできた棒を水の中に入れておくだけで普通の水が水素水になるというものです。

マグネシウムと水の化学反応によって発生した水素によって水素水になります。

マグネシウムスティックはなんといってもコストパフォーマンスが高いのがメリットです。

13000円前後で購入でき繰り返し使えるので、使えば使うほどお得になります。

また水に入れておけば化学反応によってずっと水素が発生し続けますので、水素水の保存には向かないペットボトルでも水素水を持ち運ぶことが可能です。

ただしいくつかデメリットもあります。

・水素濃度が低い

・水素水ができるまで時間がかかる

・徐々に水素濃度が低くなっていく

・お手入れが必要

などがそうです。

マグネシウムと水の化学反応によって水素水になりますので、普通の水がそれなりの濃度の水素水になるまでには時間がかかりますし、水素水サーバーなどで作るほどの濃度にはなりません。

しかもできる水素水の水素濃度は使い続けているほどに低くなってしまいます。

ただし水に入れておくだけで水素水が作れるという手軽さでしかも数千円で購入できるので、

・毎日家族で水素水を飲みたいけれど水素水サーバーを買うのは難しい

・ペットボトルや水筒に水素水を入れて持ち運びたい

という場合にはおすすめの方法です。

Sponsored Link



水素水は水素溶存濃度で選ぶのが正解

水素水には様々な形態がありますが、どの方法を取るにしてもまず基準として見ておきたいのが水素溶存濃度です。

せっかく水素水を取り入れようとしているのに、水素のすっかり抜けてしまったただの水を飲むことになってしまっては意味がありません。

水素溶存濃度は1気圧気温20度の環境下では1.62ppmが上限です。

技術的にはこれ以上の濃度の水素水を作ることも可能です。

その際には圧力をかけて水素を水に閉じ込めることになりますが、ぐっと力をこめて閉じ込めているため水素の逃げ出そうという力も高まっている状態で、結果的に水素が逃げやすくなっているという指摘もあります。

水素溶存濃度は高いほど摂取できる水素の量が多くなりますが、1.62ppmを目安にできるだけ濃度の高いものを選ぶというのが良いでしょう。

Sponsored Link



犬や猫のアレルギーにも水素水は効果的です

最近では人間だけでなくペットで飼われている犬や猫もアレルギーを発症することが多くなっています。

犬種によっては遺伝的にアレルギーになりやすいこともありますし、そうでなくでもダニやハウスダストが原因で皮膚炎になっていたり、花粉症になったりしていることもあります。

そのため犬や猫のアレルギー対策のために水素水を使いたいと考えている方も多いでしょう。

犬や猫のアレルギーも発生するメカニズムは基本的に人間と同じですし、犬や猫の体でも活性酸素ができることが分かっているので、人間のアレルギー同様に水素水が有効です。

では犬や猫が水素水を使う場合には、人間と同じ方法で行って良いのでしょうか?

愛犬や愛猫のアレルギー改善のためには、どのような水素水をどのような使い方で利用するのが良いのか解説します。

犬や猫に最適な水素水の選び方

犬や猫のアレルギー対策で水素水を選ぶ場合に注意したいのは、含まれているミネラル分です。

ミネラルは犬や猫にももちろん必要ですが、摂取量が多すぎると害が出てしまう可能性があります。

そのため犬や猫に水素水を与える場合には、ミネラルの含まれていないものを選ぶのが正解です。

犬や猫のためにミネラル0で作られている水素水が販売されていますので、そうした専用の商品を選ぶのでも良いでしょう。

 

Sponsored Link



犬や猫のアレルギー対策をするための水素水の使い方

犬や猫のアレルギー対策として水素水を使う場合には、2種類の使い方があります。

・飲ませる

・患部につける

ベストなのは2種類の方法を同時に実践することです。

毎日の飲み水を水素水に代え、患部に直接水素水をつけたりシャンプーのすすぎで水素水を使ったりします。

もちろんどちらか一方を行うのでも犬や猫のアレルギーを改善するのには役立ちます。

大切なことは人間のアレルギー対策と同様で毎日継続することです。続けやすい方法を選び大切な家族である犬や猫のアレルギーを改善していきましょう。

犬や猫に水素水を与えた場合にどのような働きが期待できるかは、『水素水が犬の健康に効果的な理由とは?』『猫に水素水を与えた場合の効果について』で詳細が分かりますので参考にしてください。

Sponsored Link



水素水を毎日の習慣にしてつらいアレルギー反応を改善しましょう(まとめ)

水素水には

・活性酸素除去作用

・抗炎症作用

があり、この2つの働きによってアレルギー症状を緩和させながらアレルギー反応の起こりづらい体質作りができることが分かりました。

水素水でアレルギーを改善していくためには、水素水を飲むのはもちろん、アレルギー反応で炎症が起こっている部分にパックをするのも有効です。

また花粉症など粘膜が弱っている場合には、水素風呂で水素を含んだ水蒸気を吸うというのも改善が期待できるでしょう。

水素水を取り入れる場合に特に気をつけたいのは水素溶存濃度です。

1.62ppmを基準にできるだけ水素溶存濃度の高いものを選びましょう。

水素水を飲んだり使ったりするのにはそれなりのお金がかかりますが、コストは方法によって様々です。

まず最初に少し試してみたいというなら数百円のアルミパウチの水素水を購入するのが良いですし、できたての水素水を毎日飲みたいのであれば水素水サーバーがおすすめです。

コスト重視であれば安価で長期間使えるマグネシウムスティックが良いでしょう。

水素水を取り入れるそれぞれの方法に良い面・悪い面がありますから、ライフスタイルや水素水をどのように使いたいかによって使い分けるのが良いでしょう。

また水素水は犬や猫といったペットのアレルギー対策にも有効なので、ペットのアレルギーを改善してあげたいと考えている場合にも役立ちます。

水素水は副作用も無く体質から根本的に変えていくことが期待できます。

水素水を使って、アレルギーの症状緩和とアレルギーの出づらい体作りに取り組んでみてください。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • 還元水素水の効果で手に入れる最高の生活とは?

  • パーキンソン病への水素水の効果について

  • 水素水が頭痛に効果的な理由とは?

  • 水素水と硬水を飲むダイエット体験談 4か月の短期集中で効果はあるのか?

  • 水素水アルミボトル使いこなしのポイントと注意点

  • 水素水の容器で最適なのは?種類と使い方について