1. TOP
  2. コーヒー
  3. コーヒーの飲み過ぎと腹痛の関係
Sponsored Link

コーヒーの飲み過ぎと腹痛の関係

コーヒー   2,504 Views

コーヒーの飲み過ぎで腹痛を経験する方がいます。

コーヒーの健康効果が明らかになるとともに、その効果を求めて、コーヒーを飲まれる方が増えてきました。

しかし、同時にコーヒーの適正な飲み方を知らないために、コーヒーを飲み過ぎてしまう方も増えています。

通常は、コーヒーの飲み過ぎの影響は胃に出る場合がほとんどですが、体調や、コーヒー豆の酸化、過敏性腸症候群、コーヒーアレルギーの場合などには、腹痛を伴うことがあります。

また、その腹痛が下痢につながる場合もあります。

一方では、コーヒー豆の種類によっては結果が逆に便秘となってしまうケースも見受けられます。

このように、コーヒーの飲み過ぎによるお腹への影響は、原因などによってその現れ方はさまざまです。

今回は、このようなコーヒーの飲み過ぎによるお腹の痛みについて調べました。

Sponsored Link



お腹の痛みとは

通常、腹痛は腹部に痛みを感じる症状のことです。

その原因にはさまざまなものがありますが、体内の異常な出来事を知らせる情報として腹部の痛みというものが出るケースがほとんどです。

主にお腹の痛みは、その痛みを発する原因により次のように四つに分けられます。

  • 体内の炎症に連動して生まれる腹痛(鈍痛)
  • その炎症が一部腸などの内臓に広がることによる腹痛(チクチク痛む)
  • 炎症が腸などの内臓全体に広がることによる腹痛(鋭い痛み)
  • ストレスなどの精神的な要因から発する腹痛

原因によっては、吐き気、嘔吐を伴うものや、下痢になる場合、便秘になる場合などさまざまな症状を伴ってきます。

また、腹の痛くなる場所によって原因も違ってきます。

よく原因を特定しないと、治療も難しい場合があり、早めに病院に行く必要があります。

コーヒーの飲み過ぎと腹痛の原因

コーヒーを飲み過ぎる場合、考えられる飲み過ぎの原因は次のようなものが考えられます。

  • ダイエットなどを行っている場合に、カフェインの脂肪燃焼効果を狙って運動前に大量のコーヒーを飲んでしまう。
  • がんの予防効果の情報を受けて、一度に数杯のコーヒーを飲んでしまう。
  • コーヒーが食後の消化促進によいと聞いて、胃腸の弱い人が消化狙いで食後に数杯のコーヒーを飲んでしまう。
  • 空腹時にたまたま時間が空いて知らず知らずのうちにコーヒーを数杯飲んでしまう。

などの原因によって、コーヒーを飲み過ぎてしまい、その結果、お腹の痛みを感じることがあります。

腹痛が起きるケース

また、コーヒーの飲み過ぎで腹痛などが起こってくる場合は、いくつかの特殊要因が考えられます。

通常は、コーヒーを飲み過ぎた場合には、胃に異変が起きる場合が多く、お腹に痛みが出るケースは少ないのです。

胃の痛みは、カフェインの影響により、胃酸の分泌が促進されすぎて、胃が荒れることにより発生します。

これが普通です。

しかし、次にような特殊な場合には、胃痛だけではなく、お腹の痛みも出る場合があります。

すなわち、

  • コーヒーを一度に大量に飲み過ぎたことにより、カフェインの利尿作用が影響して膀胱に痛みが走る場合
  • 酸化したコーヒーを一度に飲み過ぎたり、その日に限って限度を越えて飲み過ぎてしまった場合
  • いろいろな原因で一度にコーヒーを飲み過ぎてコーヒーアレルギーを発症した後に腹痛が襲う場合
  • 過敏性腸症候群の方が、体調の悪いときや、忙しくて体力が落ちているときにコーヒーを飲み過ぎた場合

などに生じてきます。

それぞれのケース別に腹痛の仕組みを見てみます。

Sponsored Link



コーヒーのカフェインの利尿作用が効き過ぎたことによる腹痛

コーヒーの飲み過ぎは、通常は胃痛になるのですが、カフェインの利尿作用が効き過ぎて下っ腹が痛くなる場合があります。

特に一度に数杯コーヒーを飲んだ場合などに生じます。

それは、腸ではなく、膀胱に問題が生じています。

すなわち、利尿作用は、本来、腎臓の毛細血管を収縮させることにより、血液から水分や老廃物、毒素を濾す働きを促進させます。

しかし、コーヒーの飲み過ぎによって、血管から尿に不純物、老廃物、毒素などを濾す作用が強くなりすぎることにより、細菌まで膀胱に取り込んでしまい、下っ腹、すなわち膀胱が膀胱炎になり、痛くなることがあります。

めったには起こりませんが、カフェインの副作用として認識しておく必要があります。

コーヒーのカフェインの利尿作用が効き過ぎたことによる腹痛の対処法

この場合は、カフェインが効いていると言うよりも細菌により痛くなっていますので、病院に行き、抗生物質の薬をもらうか、注射してもらうしかありません。

また、腸には問題がないため、下痢や便秘は起きません。

しばらく安静にしていてください。

腹痛以外の症状の可能性

また、コーヒーを飲み過ぎて利尿作用が効き過ぎる場合には、腹痛だけでなく、別の障害が起こる可能性もあります。

すなわち、利尿作用が効き過ぎることにより、本来体に必要なビタミンやミネラルが体外に排出されてしまう場合です。

ビタミンやミネラルが体外に流出してしまいますと、ひどい場合はビタミン欠乏症やミネラル欠乏症になる可能性があります。

ビタミン欠乏症やミネラル欠乏症になりますと、細菌への抵抗力の低下や骨粗しょう症、貧血、皮膚炎などさまざまな症状が起きてくる可能性があります。

一時的な欠乏ではすぐに症状が出ることはありませんが、そのような状態が続きますと、大きな障害が生じる可能性がありますので、充分注意してください。

 

Sponsored Link



酸化したコーヒー豆のコーヒーの飲み過ぎによる腹痛、下痢

また、コーヒー豆が酸化している場合にも、コーヒーを飲み過ぎますと、腹痛から下痢になる可能性があります。

酸化は、鉄がさびる現象と同じことですが、食品の場合は臭い匂いを発したり、カビがはえたりする場合があります。

人間も、体調が悪くなるときには、体内に活性酸素が増え過ぎて体が酸化し、血液などはドロドロになって血流が滞り、さまざまな症状が出ます。

活性酸素は、普段は体内で細菌などの殺菌作用の働きをしてくれる有益なものですが、増え過ぎますと逆に体を攻撃します。

コーヒーのポリフェノールは、抗酸化作用があり、その活性酸素の増え過ぎを抑えてくれる効果があります。

腹痛を引き起こすのは、空気に触れて酸化したり、カビがはえる状態になったコーヒー豆をドリップして飲み過ぎた場合です。

すなわち、コーヒー豆を大量に購入して、長い期間飲み切れなかったり、空気にさらしていた場合には、腐らなくてもかなり酸化している場合があります。

焙煎したコーヒー豆は活性炭の代わりにもなりますから、基本的に腐ったりはしませんが、カビがはえたり、酸化して豆の成分が変化することは充分にあり得ます。

逆に活性炭の代わりになると言うことは、周りの悪臭菌を吸い取っている形になります。

そのような状態に気づかずにコーヒーを飲み過ぎた場合は、既にコーヒーの成分は変質して、ある意味カビなどの菌が付着している状態になっており、腐ったものを食べたのと同じ症状が出ることになります。

Sponsored Link



酸化したコーヒーの飲み過ぎの症状

その場合、コーヒーは固形物でなく、液体ですから、カフェインが変質して胃酸も出ずに、腸にそのまま行ってしまうことになります。

そうなると、酸化しているため、腸内の環境を悪化させ、すなわち、悪玉菌の繁殖を活発化させて善玉菌を弱らせるため、腹痛を引き起こすことになります。

お腹がググッとひきつけるような痛みが走ります。

気持ち悪くなることもあります。

さらにそのようなコーヒーを飲み過ぎた場合は、下痢になってしまう可能性があります。

酸化したコーヒーの腹痛の対処法

基本的にはコーヒー豆による一時的な症状ですので、整腸剤を飲んで腸内バランスの回復を待って安静にしていれば治ります。

ただ、細菌などが入ってすぐに回復しない場合は、病院に行って抗生物質などの注射、点滴を受けてください。

ただ、基本的には、コーヒー豆を酸化させることの無いように、酸化するまでに飲める量のコーヒー豆を購入することを心掛ける必要があります。

コーヒー豆が多くあるからと、コーヒーの飲み過ぎにつながる場合もあります。

古いコーヒー豆の使用とコーヒーの飲み過ぎは止めることです。

コーヒーの飲み過ぎでコーヒーアレルギーの症状による腹痛

それまでコーヒーを飲んでも何も起こらなかった方が、ある日、コーヒーを飲み過ぎたことにより、突然コーヒーアレルギーの症状が出ることがあります。

花粉症にも、それまで何ともなかったものが、花粉が多いシーズンに突然、目が痒くなったり、鼻水が止まらなくなって、花粉症と診断される場合があります。

それと同じで、アレルギーは突然に始まります。

花粉症と同じで一度発症してしまうと、以後何度でもコーヒーを飲むと同じ症状が出るようになります。

コーヒーアレルギーを発症した場合には、動悸から始まって、めまい、吐き気がして、頭痛がしてきます。

胃痛や嘔吐が起きる場合もあります。

そしてその後に、腹痛、下痢などの症状が出ることがあります。

最初の症状はほとんど急性カフェイン中毒と同じ症状であり、区別がつきません。

体内のカフェインが抜けてある程度回復した場合、急性カフェイン中毒は中枢神経の一つである自律神経がコントロールできなくなっているだけですから、すぐに正常に戻ります。

しかし、コーヒーアレルギーの場合は、その後に腹痛や下痢などの症状が起きてくる可能性があります。

 

Sponsored Link



コーヒーアレルギーの対処法

基本的には体内の血液のカフェイン濃度が上がっているために生じており、水などを飲んで安静にして、カフェイン濃度を下げてやることが必要です。

深呼吸をして、体内により多くの酸素を入れて血中のカフェイン濃度を薄めることも有効です。

カフェインを抑える薬はありませんし、体質からきているため、特効薬はありません。

従って、しばらく安静にして治らなければ、病院に行く必要があります。

コーヒーアレルギーの場合は、回復しても、後で腹痛や下痢が起こることがありますので、整腸剤を飲むことも必要です。

コーヒーアレルギーはカフェイン中毒と症状は非常に似通っていますが、体質の変化による問題であり、基本的にはコーヒーを飲まないようにしないと、以後何度でも同じ症状が出る可能性があり、危険です。

Sponsored Link



過敏性腸症候群のコーヒー飲み過ぎによる腹痛の場合

もう一つ、コーヒーの飲み過ぎにより腹痛から下痢の原因となる可能性があります。

それは、「過敏性腸症候群」と呼ばれる病気になっている場合であり、ストレスや疲労蓄積の状態にあるとき、すなわち、体が弱っている時にコーヒーを飲み過ぎますと腹痛から下痢になることがあります。

過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群は、20~30代の若い世代に多い病気で、腸が知覚過敏になっているものです。

主に大腸の運動と消化酵素などの分泌機能に異常が起こる病気を言います。

通常、検査などでは潰瘍や炎症は見られないのですが、実際に下痢、便秘、腹痛などの症状が起こってきます。

最近では小腸でも起きる例も出て来ています。

若い世代に多く、ストレスが多い競争社会になっている先進国で例が多く見られます。

どちらかと言うと、精神的なストレスが原因と言われていますが、最近では免疫異常による例も見られており、詳細な発生の原理は解明されていません。

元々、下痢気味の人が何度も下痢を繰り返すうちになる場合が多いようで、暑い時期に冷たい飲み物を飲んだ場合に、すぐにお腹がごろごろと痛くなり、下痢になります。

 

Sponsored Link



コーヒーの飲み過ぎにおける過敏性腸症候群の症状

会社で人間関係などでストレスが溜まったり、体調が悪いときに、知らず知らずに一度に何杯もコーヒーを飲み過ぎてしまいます。

過敏性腸症候群の方の場合、コーヒーのカフェインの刺激は強く、飲み過ぎでなくても空腹時などには直接腸に届いてしまう場合があるため、反応して腹痛を伴って下痢を引き起こします。

過敏性腸症候群の中でも慢性下痢型の場合に該当します。

神経性下痢とも言われています。

コーヒーの飲み過ぎにおける過敏性腸症候群の対処法

基本的には、ストレスが原因になっており、そのストレスの原因を取り除かないとなかなか完治はしません。

その場合には病院で薬物治療などを行なうのもよいでしょう。

対症療法的に、整腸剤を飲むにしても、良くなってもすぐにまた発生するという繰り返しになる可能性があります。

また、この病気は生活リズムの乱れなどによっても起きる場合が多く、早寝早起きという生活リズムを改善し、食生活もバランスのとれたものに変えていくことで治ることもあります。

この病気になったときには、コーヒーアレルギーと一緒でコーヒーの飲み過ぎは禁物です。

ただ、コーヒーにはリラックス効果もあり、ストレスなどを軽減してくれる項がありますので、食後に一日1杯くらい飲むことも効果がありそうです。

Sponsored Link



コーヒーの飲み過ぎと下痢

コーヒーの飲み過ぎによる下痢は、たいていの場合、腹痛に伴って生じできます。

従って、利尿作用の効き過ぎの場合を除いて、酸化したコーヒーやコーヒーアレルギー、過敏性腸症候群については、腹痛と共通で、空腹時などに飲み過ぎてコーヒーが直接腸に届いて起こるものです。

その結果として下痢が生じてきます。

腸に問題が生じていることによる下痢です。

下痢に至る過程は腹痛と同じです。

しかし、下痢には、もう一つ、ポリフェノールによる胃もたれの場合に生じる可能性があります。

食後にアフリカ系のコーヒーを飲み過ぎて胃がもたれることが原因で下痢が生じる場合があります。

下痢とは

下痢は、大腸において排泄物が液状になったり、それに近い形で便意とともに排出されることであり、たいていは腹痛を伴います。

原因としては、大腸の炎症によるものや、消化不良による場合のほか、食中毒や神経性のものもあります。

最近では過敏性腸症候群による例も増加しています。

世界では毎年17億人が発症していると言われており、発展途上国などでは主要な死因の一つにもなっています。

ポリフェノールの影響による下痢

アフリカ系のコーヒー豆によるコーヒーを食後に飲み過ぎますと、胃で消化不良が生じて胃もたれになる場合があります。

アフリカ系のモカ、キリマンジェロと言った銘柄のコーヒー豆には、ポリフェノールが他の産地のコーヒー豆よりもポリフェノールが豊富であり、カフェインの胃酸の分泌促進を抑える場合があります。

特に飲み過ぎた場合には、その傾向が強まります。

ポリフェノールの影響による下痢の仕組み

胃では胃酸の分泌が抑えられるために、消化が進まずに長く胃に留まったり、分解が進まないままに腸に送られることになります。

その場合、そのまま消化不良のまま、食物や飲み過ぎたコーヒーが腸に行ってしまいます。

そのために小腸、大腸においても消化不良が起こり、その人の腸の状態によって、下痢になる場合と便秘になる場合があります。

また、胃に留まるケースには、胃下垂や胃拡張になる可能性があります。

未消化のものが腸に流れた場合には、小腸の吸収作用や大腸の腸内環境によって差が出てきます。

普段から便秘気味の人の場合には、小腸の消化吸収に問題がなくても、もともと大腸の腸内環境が悪く、便秘になります。

しかし、通常は、小腸で水分が吸収されないまま大腸に行きますと、消化不良のままに水分を多く含んだ排泄物になり、下痢になってしまいます。

ポリフェノールの影響による下痢の対処法

消化不良から来る下痢のケースは一時的なものですから、出してしまえば治ります。

下痢止めの薬もありますが、精神的なものやお腹が冷えて緩くなった場合は良いですが、消化不良の場合は寧ろ出してしまう方が後に残らないためよいでしょう。

下痢が続いたり、症状が悪化する場合は病院に行って治療を受けてください。

また、その際には、水分と一緒に栄養分も排出されていますので、栄養剤などの点滴を受けると良いでしょう。

いずれにしても、コーヒーの飲み過ぎが原因になっていますので、飲み過ぎないための工夫をすることが大切です。

自分のコーヒーの適正な限度量を知り、常に意識して飲むことです。

Sponsored Link



コーヒーの飲み過ぎと便秘

コーヒーのカフェインは、消化促進効果により、便秘にも解消効果があり、本来はコーヒーは便秘とは縁遠いものです。

いくら飲み過ぎたとしても、下痢になることはあってもなかなか便秘になることは少ないと言えます。

では、便秘とはどういうものでしょうか。

便秘とは

便秘は、排泄物である便がいろいろな原因により大腸内に長期間留まって正常な排泄を出来ない状態です。

その予兆としては、毎日排便が出ていても残便感(まだ便が全部出切っていない感じ)がある状態があります。

長期間留まる状態というのは、通常は3日以上と言われますが、人により正常な排便期間に差があるため、必ずしも3日以上とは限りません。

普段から2~3日感覚でも正常の場合もあり、そのような方は5日くらい出ないと便秘とは言えないからです。

便秘の体に対する悪影響

排泄物が長期間にわたって大腸に滞留することになりますと、大腸内の悪玉菌(腸の中で悪い影響を与える菌)が増加し、発癌物質や活性酸素、その他の毒素などを発生し、それらの有害物質が体内に取り込まれてしまうため、それらによってさまざまな病気が引き起こされる可能性があります。

女性の死因のトップは大腸がんになっています。

便秘になりますと、精神的にイライラして落ち着きがなくなり、集中力も欠如します。

そのために仕事や勉強がはかどらなくなります。

便秘のタイプ

便秘には、次のような5つの原因が考えられます。

・食物繊維の不足

・運動不足

・ストレスの影響

・腸内環境の悪化

・水分不足

です。

通常、コーヒーには、カフェインが含まれており、適正に飲めば、そのカフェインが胃の胃酸の分泌やリパーゼの分泌を促進され、消化促進が図られるため、食物繊維の不足や水分不足以外については便秘の解消が可能です。

コーヒーのリラックス効果はストレスの影響による便秘の解消にもつながります。

ポリフェノールによる便秘の可能性

しかし、コーヒーを飲み過ぎて、ポリフェノールによる腹痛が生じた場合には、便秘になる可能性があります。

コーヒーの飲み過ぎによって便秘が生じてくる場合は、カフェインによるものではなく、ポリフェノールの影響なのです。

アフリカ系のポリフェノールが豊富に入ったコーヒー豆で入れたコーヒーを飲み過ぎた場合、胃酸の分泌を抑えてしまい、消化不良になることがあります。

その場合、消化不良のまま、胃から腸に行ってしまいますと、小腸、大腸でも消化不良が起きる可能性があります。

それは、元々、腸内環境が悪く、善玉菌(腸の働きによい影響を与える菌:ビフィズス菌など)と悪玉菌のバランスが崩れて、悪玉菌が増えている場合です。

腸内環境というのは、善玉菌と悪玉菌のバランスを言い、両者はそれぞれに動いていますが、通常はその動きはバランスが取れて、腸に極端な悪い影響を与えません。

しかし、お腹を冷やしたり、体調が悪かったり、運動不足などの場合、腸内のバランスが崩れる場合があります。

基本的には胃が消化不良を起こした場合、消化分解が進まないまま、小腸での栄養素吸収も進みませんので、消化されず食物が大腸に行きます。

普段から便秘気味の方は、腸内環境が悪いため、消化不良の食物を分解することは難しく、排泄物への転換に時間がかかってしまうため、便秘になります。

ポリフェノールによる便秘の対処法

便秘は、何日か便がない状態ですので、すぐに便秘になっていることに気づきません。

ですから、コーヒーが原因とは気づかない場合が多いのです。

特に、消化不良の薬を飲んだ場合は基本的には排泄物を固める作用が働きますので、余計に便秘が長引く場合があります。

2~3日してからやっと便秘に気づいて、コーヒーで胃もたれがしたのが原因かなと思った場合は、すぐに便秘薬を飲んで出してしまえば、またコーヒーの飲み過ぎをしない限り、再発はありません。

また、コーヒー豆をアフリカ系からカフェインの豊富な銘柄に切り替えることによって、便秘の解消を図るなど対策も可能です。

いずれにしても、コーヒーの飲み過ぎには注意してください。

 

Sponsored Link



コーヒーの飲み過ぎによる腹痛に関するまとめ

コーヒーの健康効果の普及が広まるにつれて、コーヒーを飲まれる方が増え、それにつれてコーヒーの飲み過ぎによる被害にあわれる方も増えています。

コーヒーの飲み過ぎによる副作用としては、通常はまず胃痛から始まります。

カフェインによって胃酸が出過ぎる場合があるからです。

しかし、いくつかの原因によりコーヒーの飲み過ぎにより、腹痛や下痢になる場合もあります。

それは、カフェインの利尿作用の影響がある場合、酸化したコーヒー豆を使った場合、コーヒーアレルギーがある場合、過敏性腸症候群である場合、ポリフェノールの影響の場合などです。

また、ポリフェノールの影響の場合は、便秘になることもあります。

いずれにしても、コーヒーの飲み過ぎは胃痛、腹痛ばかりでなく、さまざまな健康被害をもたらしてしまいます。

是非、適正なコーヒーの限度量を守って飲むようにしてください。

なお、コーヒーの飲み過ぎで起こる様々な症状に関しては「コーヒーの飲み過ぎによる様々な症状や病気、悪影響について」にて詳しくお伝えしています。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水ダイエットの効果を徹底解説!

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 炭酸水の洗髪効果が凄い!育毛・頻度・作り方・方法・やり方を完全解説します!

関連記事

  • コーヒーの飲み過ぎと吐き気、気持ち悪い、ムカムカの関係

  • コーヒーの成分

  • コーヒーは毎日飲むと健康効果がより得られる!

  • 脂肪肝とコーヒーの関係・・・甘くみてはいけない脂肪肝

  • コーヒーで胃痛になる?原因と対処法

  • コーヒーの香気成分と効果について