1. TOP
  2. コーヒー
  3. コーヒーを飲むタイミングはいつがいいのか
Sponsored Link

コーヒーを飲むタイミングはいつがいいのか

コーヒー   8,147 Views

コーヒーには多くの健康美容効果があります。コーヒーの健康効果や美容効果を最大限に引き出すためには、コーヒーをどのタイミングで飲むのが良いのでしょうか。

コーヒーは、適正な量を適正なタイミングで、さらにはブラックで飲むのが一番その健康効果を得られます。

そこで、コーヒーはいつ飲めばいいのか、コーヒーを飲むタイミングについてまとめましたので、ご覧ください。

Sponsored Link



Contents

コーヒーの成分から見た飲むタイミング

コーヒーの特徴的な成分と言えばやはりカフェインとポリフェノールです。

また、それ以外にもたんぱく質、アミノ酸、トリゴネリンなどの成分も入っています。

これらの成分にはそれぞれ独特の健康に対する作用があり、その作用を生かすために、どのようなタイミングでコーヒーを飲めばよいのかを簡単に見てみましょう。

カフェインの作用と飲むタイミング

やはり、コーヒーと言えば、カフェインです。

コーヒーはフランス語でカフェと言われますように、カフェインはコーヒーにちなんで名付けられています。

カフェインは19世紀前半にドイツでコーヒーから抽出に成功し、その分析から覚醒作用や利尿作用があることがわかり、医療用の薬としても用いられてきました。

それ以降は、特に新たな発見も無かったのですが、20世紀末頃からの健康ブームの中で、その覚醒作用や利尿作用にはさらなる健康効果があることがわかり、また、脂肪燃焼効果などの他の作用も発見されるようになっています。

このカフェインのもつ健康作用を最大にするために、どのようなタイミングでコーヒーを飲めばよいのでしょうか。

覚醒作用とコーヒーを飲むタイミング

やはりカフェインと言えば、覚醒作用が一番有名です。

そう、眠気を覚ましてくれる効果です。

カフェインには、脳の中枢神経を刺激して、精神的な興奮状態を生み出すことで、目が冴えて眠たくなくなります。

明日までに仕事を仕上げなければならないので今夜は徹夜だとか、明日の試験に備えて徹夜で勉強しないといけないなどの場合に、眠気覚ましとしてコーヒーが飲まれます。

コーヒーのカフェインの覚醒作用は、すぐにその働きを開始しますから、覚醒作用を利用して眠気を覚まそうとされるのであれば、コーヒーを飲むタイミングは、眠たくなるその瞬間です。

こっくりし出したなと思ったら、飲んでください。

 

Sponsored Link



利尿作用とコーヒーを飲むタイミング

カフェインの利尿作用も良く知られています。

排尿を促してくれる効果です。

でも、普通は余り排尿を目的としてコーヒーを飲むことは少ないと思います。

カフェインの利尿作用は、体内の血管を広げて血流を良くすることで、腎臓の抹消血管も広がることにより、腎臓の血液を濾す働きを促進して排尿につながり易くする作用です。

腎臓では血液から水分のほか、老廃物、脂肪、毒素などを一緒に濾して、尿として体外に排出します。

この作業をデトックスと言いますが、これによって体に溜まっている不健康な物質を体外に出してくれるため、健康維持には欠かせない作業です。

ただ、カフェインの利尿作用は、

血管の拡張→腎臓の機能のアップ→尿の蓄積

という形で排尿につながっていくため、覚醒作用のようにすぐに直接的な効果が出るものではなく、ある程度の時間を経過しないと効果は出ません。

従って、体がだるい、調子が出ない、疲れたなどの自覚症状が出て来たときに、早めにコーヒーを飲むのが、効果を出すタイミングです。

ただ、いくら体の調子がよくない、疲れたと言っても、寝る前に飲むことは止めてください。

カフェインにはもう一つすぐに効いてくる覚醒作用があります。

寝る前に飲んでしまいますと、脳の中枢神経が刺激されて興奮状態になるため、眠れなくなってしまいます。

疲れた体を癒す最大の方法は睡眠であり、その睡眠をじゃましてしまいますと、疲れは取れなくなり、逆に余計に疲れる結果になってしまいます。

また、疲れたからと言って、むやみに何杯も続けて飲むことも止めてください。

カフェインの利尿作用は医療で使われるほど強力であり、飲み過ぎますと、水分や老廃物などだけでなく、体に必要なビタミン、ミネラルなども排出してしまいます。

そうなると体はさらに変調をきたす可能性が出てきます。

ビタミン欠乏症やミネラル欠乏症という恐ろしい病気が待ち構えているのです。

従って、利尿作用を出そうと、コーヒーを飲み過ぎたり、寝る前に飲んだりすることは止めてください。

なお、コーヒーの利尿作用に関する詳しい情報は「コーヒーの利尿作用について」にてお伝えしています。

 

Sponsored Link



ポリフェノールの作用と飲むタイミング

コーヒーのポリフェノールは、1992年にフランスで赤ワインから発見された成分であり、血管系の疾患である心筋梗塞や脳梗塞を予防する効果があることが発表されました。

それを契機として、ポリフェノールの研究が進み、コーヒーにもその成分が豊富に入っていることが判りました。

コーヒーのポリフェノールはクロロゲン酸と呼ばれる成分ですが、赤ワインよりもさらに豊富にコーヒーに入っています。

このポリフェノールが心筋梗塞や脳梗塞の予防になるのは、抗酸化作用という働きをしているからです。

抗酸化作用は、人間の体が酸化しているときにそれを中和して防いでくれる働きです。

酸化というのは、鉄がさびるのと同じで、体内で殺菌作用などをしている活性酸素が増え過ぎて、我々の体を攻撃し、鉄がさびて機能不全が起きるように、体を酸化させて体調を悪化させる作用です。

その結果、血管はドロドロになり、血流も悪くなってしまいます。

ポリフェノールの抗酸化作用には、このように酸化した我々の体に作用して、活性酸素を除去して正常な状態に戻してくれる働きがあります。

現在では、ポリフェノールの抗酸化作用は血管系の疾患の予防だけでなく、脂肪燃焼効果、がん予防効果、糖尿病の予防効果、ダイエット効果、美容効果など、さまざまな波及効果が認められています。

コーヒーのポリフェノールの抗酸化作用は、特に酸化のような体の異常時に効果を発揮する作用であり、血管がサラサラで血流も良いというように健康な状態の場合にはすぐにその作用は及ぼしてくれません。

ただ、毎日、定期的にコーヒーの許容限度の範囲内で飲んでいますと、体内で予防効果を発揮して健康的な体を作っていってくれるのです。

ダイエット効果、美容効果などでは、すぐにその成果を求めても駄目で、じわりじわりと効果が出てくるものなのです。

従って、ポリフェノールの抗酸化作用を生かすためのコーヒーの飲むタイミングは、決まった時間、食事の後などに一定量(適正な限度量)を毎日続けて飲んでいくことです。

 

Sponsored Link



その他のコーヒーの成分と飲むタイミング

コーヒーにはたんぱく質、アミノ酸などが入っていますが、特徴的な成分ではなく、他の食品にも豊富に含まれているものです。

それらを求めてコーヒーを飲むということはまずありません。

ただし、僅かですが、コーヒー豆に含まれているトリゴネリンと言う物質があります。

このトリゴネリンは、我々の脳細胞を回復、成長させてくれる作用が認められています。

この作用によって、人間の脳の老化を予防したり、アルツハイマー型の認知症の予防、回復への期待が高まっています。

ただ、このトリゴネリンは熱に弱く、深炒りしたコーヒー豆を細かく挽いてしまいますと、ほぼ飲む段階ではニコチン酸というビタミンBに変化してしまい、残っていません。

ニコチン酸も体には必要な成分ですが、コーヒーでとる必要のあるものではありません。

従って、トリゴネリンの作用を生かすためには、コーヒー豆は浅炒りし、粗く挽いたアメリカンコーヒーとして飲んだり、水出しのコーヒーで飲むことが必要になります。

但し、ポリフェノールと同様にトリゴネリンもすぐに効くというものではなく、また、含まれている量も微量ですので、毎日一定量を確実に飲んでいくことが必要です。

従って、トリゴネリンの効果を生かすコーヒーの飲むタイミングは、特にありせんが、定期的に一定量(適正限度量)を毎日飲むことが必要です。

Sponsored Link



一日の中でコーヒーを飲むタイミング

コーヒーは、その成分を生かすために飲むタイミングがありましたが、コーヒーを効果的に飲むためには、一日の中でどのようなタイミングで飲めばよいのでしょうか。

いろいろなシチュエーションにおいてコーヒーを飲むタイミングについて見てみます。

朝コーヒーを飲むタイミング

朝起きた時、我々の体は、体温が1゜Cほど低下しており、水分不足の状態にあります。

体温が低いのは、体内の臓器が休んで新陳代謝も行なわれていないということです。

従って、そのような体に対して、冷たいものや強い刺激のものを入れますと、内臓は拒否反応を起こして、余計に体内の臓器は活動を低下させてしまいます。

従って、朝起きた時には、まず白湯のような体に優しい温かい飲み物を飲んでください。

もちろん、冷水もいけません。

そして、白湯などで体が温まり、臓器も活動をし始めた30分後くらいに食事をしましょう。

そして、その後がコーヒーの出番です。

朝食を胃に流し込んで消化が始まるころにコーヒーを飲むことにより、胃では胃酸の分泌が促進され、より効果的に消化が行なわれるようになります。

すなわち、コーヒーにより胃の消化が促進されるようになります。

胃の消化が促進され、消化時間が早まることで、十二指腸、小腸、大腸における消化、吸収も効率よく行なわれ、早く消化が進むことにより、栄養素が体中に行き渡り、便秘なども改善に向かいます。

そして、その日一日が軽快に過ごせるのです。

従って、朝のコーヒーを飲むタイミングは、朝一番の白湯とその後の朝食の後が一番よいタイミングになります

昼間のコーヒーを飲むタイミン

コーヒーには、一日に飲んでもよい適正な可能量があります。

カフェインの過剰摂取を避けるための適正量であり、体重1kgに対してカフェインの量が5.7mgと言われています。

その基準から見ますと、体重50kgの方は、一日のカフェインの摂取限界量は285mgくらいになります。

カフェインが285mgということは、一杯のコーヒーに87mgほどのカフェインが含まれていますので、体重50kgの方は一日3杯くらいまでがコーヒーを飲める限度量になります。

そのため、朝のコーヒーと夜のコーヒーを飲むことを考えますと、昼間に飲めるコーヒーは1杯となります。

体重が70kgの方であれば、一日4杯まで飲めますので、朝と夜に1杯づつコーヒーを飲むとすれば、昼間に飲めるのは、2杯になります。

昼間1杯と言う方であれば、コーヒーを飲むタイミングで一番いいのは、やはり昼食後になります。

朝と同様に胃の消化を促進させてくれます。

午後に入って、お腹が膨れますと、眠気が襲ってきますが、コーヒーを食後に飲むことにより、胃の消化だけでなく、覚醒効果により午後の眠気を防いでくれます。

体重があり、4杯までいける方であれば、昼食後と午後4時過ぎに休憩をかねて一杯飲まれるのがいいでしょう。

カフェインが充分に効いている時間は約4時間であり、その後6時間後には効果は消えています。

昼食から4時間ほど経てば、カフェインの二重摂取も無く、夕方に向けてもうひと踏ん張りが効きます。

従って、昼間のコーヒーを飲むタイミングは、昼食後が最適であり、適正限度に余裕のある方は、午後4時過ぎくらいがよいでしょう。

 

Sponsored Link



夜のコーヒーを飲むタイミング

夜のコーヒーは特に注意が必要です。

コーヒーのカフェインには覚醒作用があり、寝る前に飲むと覚醒作用の影響で興奮状態になり、眠れなくなるからです。

カフェインの効き目は4時間から6時間であり、4時間を過ぎると効き目がなくなり始め、6時間で効果は消えます。

従って、夜には、少なくとも寝る4時間前以内ではコーヒーを飲むことは控えた方が良いと言えます。

また、夜飲むコーヒーも食後がお勧めであり、特に夕食は豪華になりがちであり、胃の消化を助ける意味でも夕食後のコーヒーは理想的です。

また、胃の消化時間は、食物によっても違いますが、4時間~6時間と言われており、健康のために少なくとも、寝る4時間前までに食事は済ませる必要があります。

ちょうど、コーヒーのタイミングとぴったりです。

午後12時に就寝される方であれば、午後8時までに夕食とコーヒーは済ませておかなければなりません。

夜遅くに食事をしたりコーヒーを飲む習慣を続けますと、胃炎や胃潰瘍の原因となり易く、また、不眠症に陥ってますます胃に負担をかけると言うことになってしまいます。

従って、夜のコーヒーを飲むタイミングは、夕食後のコーヒーが最適で、寝る4時間前までに済ますことです。

カフェインレスコーヒーの飲むタイミング

カフェインレスコーヒーは、コーヒー豆の段階でカフェインを抜いたもので、100%ではありませんが、それに近いところまでカフェインはなくなっています。

そのため、カフェインによる健康効果はなくなりますが、同時にカフェインの飲み過ぎによる害もなくなっています。

従って、過剰摂取を心配することなく、飲めるコーヒーです。

コーヒーのカフェインが苦手だという方や、寝る前に飲みたいと思われる方にはよいでしょう。

カフェインの過剰摂取を心配せずに、コーヒーを飲むことが出来るからです。

また、カフェインレスと言ってもポリフェノールの成分はそのまま残っていますので、抗酸化作用を期待される方の場合、都合が良いでしょう。

しかし、ポリフェノールの場合にも飲み過ぎますと、胃の胃酸の分泌を抑える可能性があり、胃もたれが生じる可能性があります。

ポリフェノールの飲み過ぎはその人の胃の状態次第であり、どこから飲み過ぎと言う訳ではなく、5~6杯でも大丈夫な方もいます。

但し、カフェインが抜かれているため、コーヒーの苦味は少なくなり、コーヒーの風味、香りを楽しむ方には少し物足りなく感じる場合があります。

従って、ポリフェノールの健康効果を期待される方であれば、コーヒーの飲むタイミングとしては、三食の食事時と昼間の空いた時間、それに寝る前などに毎日時間を決めて毎日飲まれるのが良いでしょう。

Sponsored Link



血糖値を改善するコーヒーを飲むタイミング

血糖値と言うと、糖尿病ですい臓から分泌されるインスリンが不足することによって、体内の血糖値が上がることを思い浮かべます。

血液の中に含まれる糖分の量のことを血糖値と言いますが、それが増え過ぎますと、糖尿病になってしまいます。

糖尿病は自覚症状が少なく、知らない間に進行して全身にさまざまな障害を引き起こすことになる恐ろしい病気です。

肝臓がんなども糖尿病から起こるケースが多いようです。

血糖値については、健康的な範囲としては、空腹時で110mg未満、食後2時間で140mg未満とされています。

食事をすると高くなる傾向にあります。

食事で炭水化物を食べますと、それが小腸で吸収されてブドウ糖になり、それが血液の中をどんどん流れていきます。

そのために食後には血糖値は上がるのです。

すい臓から分泌されるインスリンは、その血糖値を抑える働きがありますが、そのインスリンが不足すると血糖値は常に高い状態になり、糖尿病になります。

コーヒーのカフェインもポリフェノールも糖尿病予防の効果があるとされています。

ポリフェノールの場合には、抗酸化作用によって血管をサラサラにして血流が良くする効果があり、その中で糖質が血管に残りにくくすることにより、血糖値を下げ、糖尿病になりにくくすると言われています。

また、カフェインにも2型糖尿病の予防効果があるとされています。

2型の糖尿病というのは、生活リズムの乱れ、食生活の不摂生、運動不足などによって生じる糖尿病のことであり、利尿作用により体内の老廃物、毒素などと一緒に糖質なども体外に排出する効果によって効果が出るとされています。

従って、血糖値が気になる方の場合には、コーヒーを飲むタイミングは、血糖値が上がる食後に飲まれるのがよいと言えます。

 

Sponsored Link



授乳中のコーヒーを飲むタイミング

赤ちゃんが生まれ、母乳で育てるという方が増えています。

一時はスキンミルクで育てられる方が多かったのですが、スキンミルクのヒ素混入事件や、中国での粉ミルクへのメラミン混入事件などの影響で、その安全性に疑問が持たれ、母乳で育てようとされるお母さんが増えているようです。

しかし、妊娠中にカフェインを避けるためにコーヒーを止められていたお母さんが、ようやくコーヒーを飲めると思っても、母乳で赤ちゃんを育てようとしますと、また、カフェイン問題が生じてきます。

妊娠中にカフェインを摂取しますと胎盤を通じて赤ちゃんに影響を与えるのと同様に、お母さんの母乳にもカフェインが含まれてしまい、赤ちゃんへの影響が出てしまいます。

カフェインは母乳においても、お母さんが飲まれたコーヒーのカフェインが含まれてくるのです。

そのためにカフェインレスのコーヒーや牛乳でコーヒーを薄めたカフェオーレを飲まれる方が多いようです。

そこで、授乳中のお母さんがそれらのコーヒーを飲むタイミングについて見てみましょう。

カフェインレスコーヒーを飲むタイミング

授乳中のお母さんは、子供さんの健やかな成長のためにも健康でいる必要があります。

健康を維持するためには、コーヒーのポリフェノールが持つ抗酸化作用は非常に貢献度の高い効力であり、カフェインレスコーヒーはぴったりの飲み物です。

しかも、カフェインによる飲み過ぎの害も無いため、かなり飲むことも出来ます。

カフェインレスコーヒーであれば一日に4~5杯飲んでも、胃の消化不良にもならずに、出産後の母体の健康維持にも役立つはずです。

但し、アフリカ系のポリフェノールの含有量の多い銘柄のコーヒーは、胃もたれする可能性がありますので、控えましょう。

ポリフェノールは血管をサラサラにして血流を良くしてくれますので、母乳の出方も良くなり、赤ちゃんにとってもよいでしょう。

また、赤ちゃんは夜泣きしたりしますので気が休まる時間が多くありません。

精神的にもリラックスできるコーヒーはカフェインレスであってもよいと思います。

授乳中のお母さんが、カフェインレスコーヒーを飲むタイミングとしては、時間を決めるというよりも、赤ちゃんに合わせて、母乳を飲ませた後や、赤ちゃんが眠ったときにリラックスを目的に飲まれるのが良いでしょう。

合わせてポリフェノールの健康維持作用が疲れた体を支えてくれます。

Sponsored Link



カフェオレコーヒーを飲むタイミング

カフェオレのコーヒーは、コーヒーを牛乳で割ったものです。

いわゆるコーヒー牛乳です。

通常は50:50くらいの比率ですが、授乳中のお母さんの場合にはもっと牛乳のウエートを高くした方が良いでしょう。

なるべく、カフェインの比率を低くして飲む必要があるからです。

牛乳で薄めたとは言え、カフェインが入っています。

牛乳で割ったとは言え、50:50であれば、まだ、一杯のカフェオレには44mgのカフェインが入っていることになります。

体重が3~5kgの赤ちゃんの場合、カフェインの許容量は18~28mgです。

一日一杯のカフェオレでも赤ちゃんにとっては許容限度を越えています。

牛乳のウエートをさらに高めて、さらに母乳をあげる4時間前には飲んでおかないと体内にカフェインの影響が強く出ています。

牛乳の比率を8割にすれば、カフェインは一杯のカフェオレには17mgとなり、3kgであっても許容範囲です。

授乳中のお母さんが薄いカフェオーレのコーヒーを飲むタイミングは、極力赤ちゃんに母乳を飲ませた後に飲むようにして、その後の授乳は少なくとも4時間以上空けて飲ませるようにしてください。

授乳中は1杯まで

一日で飲むカフェオレのコーヒーの量は出来れば1杯に抑えるようにしてください。

離乳期に達する頃になりますと、赤ちゃんの体重も増え、カフェインに対する消化力もついてきますので、もう少し増やしても良いでしょう。

健康効果を最大にするコーヒーを飲むタイミング

コーヒーのカフェイン、ポリフェノールやさらにはトリゴネリンには覚醒作用、利尿作用、抗酸化作用や脳の細胞の再生、成長に対する効果など、極めて強い医療にも通じる効果があります。

そして、そこからさらにさまざまな健康効果が明らかになっています。

Sponsored Link



眠気覚ましによいコーヒーを飲むタイミング

コーヒーの一番の特徴的成分であるカフェインには覚醒作用があります。

その覚醒作用を最大限に生かすために注意しておくべき点やコーヒーの飲むタイミングについて見てみましょう。

カフェインの覚醒作用の効くコーヒーを飲むタイミング

コーヒーのカフェインの特徴は、その即効性にあります。

コーヒーを飲んだ場合、すぐに作用を開始します。

特に、覚醒作用の場合は飲めば、すぐに効果が現れます。

その他にも、胃に入れば、すぐに胃酸の分泌を促しますし、脂肪燃焼も30分もすれば、その効果が現れ、運動すればすぐに汗が出てきます。

従って、カフェインの覚醒作用を利用しようとする場合には、眠いなと感じたらすぐに飲むのが効果的です。

ただ、まぶたが重くなってきてしまいますと、ドリップでコーヒーを入れようとしても、お湯を沸かし、豆を挽くという作業が必要になり、さらにはドリップでコーヒーがぽとりぽとりと落ちてくるのを待っている必要があり、すぐに飲むことが出来ません。

とても眠いのに待てませんね。

そのような時は、インスタントコーヒーに限ります。

ポットにお湯を入れておけば、いつでも飲むことが出来ます。

それでしばらくは目が覚めて仕事や勉強に集中できるようになります。

但し、眠いからといって何杯もコーヒーを一気に飲むことは止めてください。

また、徹夜だからといって、1時間ごとにコーヒーを飲むことも止めてください。

どちらも急性カフェイン中毒の餌食になりかねません。

急性カフェイン中毒になると、気持ちが悪くなり、吐いたりすることはもちろん、ひどい場合には死に至ることもあります。

目を覚ますどころではなくなってしまいます。

何よりも、気持ち悪くなれば、徹夜でやらなけばならない仕事や勉強が台無しになってしまいます。

従って、カフェインの覚醒作用の効くコーヒーを飲むタイミングは、最初眠くなった時に飲み、あとはカフェインの適正限度を考えながら、間隔を空けて飲むことです。

インスタントコーヒーは、コーヒーの覚醒効果を生かすには、非常に良い飲み物と言えます。

カフェインの覚醒作用の効く時間

コーヒーのカフェインの覚醒作用が効いている時間は、4~6時間です。

一度コーヒーを飲めば、4時間はその覚醒作用の効果が現れます。

4時間を過ぎると次第に効果が薄められ、6時間もすれば効果は消えてしまいます。

従って、徹夜しないといけないからと言って、あまり早くからコーヒーを飲むのは、考えものです。

コーヒーの効果が切れ掛かると飲むということでも、夕方6時からコーヒーを飲み出しますと、朝の9時まで15時間ですから、4時間ごとに飲んでいれば、少なくとも4杯は飲む必要があります。

下手をすると5杯目も必要になります。

体重の少ない方ですと、明らかにカフェインの過剰摂取になってしまいます。

しかも、夜通し起きていても、夕食以降に食事もとらなければ、胃は空っぽになってしまっています。

そのような胃にコーヒーを流し込みますと、徹夜で体も疲れていますから、明らかに胃酸過多になり、胃痛に襲われる恐れが出てきます。

また、何杯もコーヒーを飲みますから、当然利尿作用でトイレが近くなり、また、脂肪燃焼も働くことから、汗も出て、体は水分不足になってしまいます。

ひどい時には脱水症状が出てしまいます。

従って、覚醒作用を生かすためには、早くからコーヒーを飲むことはせず、眠たくなったなと思った時に最初の一杯、インスタントコーヒーをポットで入れて飲むようにしましょう。

そして、必ず、次のコーヒーを飲むタイミングは4~6時間空けるようにしてください

これだと、どんなに飲んでも3杯で済むはずです。

3杯くらいであれば、特に過剰摂取にもなりません。

また、コーヒーを飲む前に胃に何か食べ物を入れておくことも忘れないようにしましょう。

徹夜する前に、おにぎりなどを用意しておくのが良いでしょう。

コーヒー以外の水分も用意しておいてください。

ポットに入っている白湯などもいいでしょう。

それによって、仕事も勉強も予想以上にはかどるはずです。

頑張って仕事しましょう。

 

Sponsored Link



カフェインの覚醒作用が効かなくなる理由

コーヒーのカフェインは眠気覚ましに効かないという意見がありますが、それは本当でしょうか。

一つには毎日コーヒーの飲み過ぎで依存症になって効き目が鈍くなっているためです。

毎日、少し限度を越えてコーヒーを飲んでいる場合、体はカフェイン中毒まではいきませんが、カフェインの依存症になっている可能性があります。

コーヒーを限度を越えて飲んでいますと、次第にカフェインの覚醒効果は効かなくなり、コーヒーの量が次第に増えていってしまうようです。

そして、最後に行き着くのはカフェイン中毒です。

カフェインの覚醒作用が効かないなと思ったら、それは依存症の始まりですから、思い切ってコーヒーをしばらく止めて、体からカフェインを抜くということをする必要があります。

そのような人は、たぶんコーヒーだけでなく、お茶なども飲んでいる可能性があります。

お茶も3杯飲めばコーヒー一杯分のカフェイン量になります。

従って、過剰という意識が無いままに、過剰摂取になっていて、依存症が出ているケースがあるのです。

それをそのままにしておくと、次第にコーヒーの量がさらに多くなってしまいます。

そうなってからは遅いのです。

中毒になれば、効き目が効かないだけでなく、明らかに体に異変が生じてきます。

もちろん、カフェインの健康効果も消えてしまいます。

従って、カフェインの覚醒作用が効かなくなるのは、依存症の入り口であり、コーヒーの飲むタイミングよりもコーヒーそのものを一時的に止めて、すぐに体からカフェインを抜くようにする必要があります

飲み過ぎにはくれぐれも注意してください。

眠らないために飲むコーヒーの量は?

徹夜の必要性があって、眠らないためにコーヒーを飲む場合、どれくらい飲めばよいのでしょうか。

普通の人であれば、最初はコーヒー一杯で充分です。

それで目が覚めます。

一晩に3杯も飲めば、充分にカフェインの覚醒作用の効き目は出ます

でも、毎日3~4杯のコーヒーを毎日飲んでいるという人の場合、軽い依存症になっている可能性があります。

特に体重の軽い人で、普段からお茶なども飲んでいる場合には、3杯でもカフェインの限度量を超えている可能性があります。

そのような場合には、カフェインで眠気を覚ますことは難しい場合があります。

但し、覚醒作用が効かないからといってさらにコーヒーを飲んでしまうことは、急性カフェイン中毒になってしまいますから、絶対に止めてください。

徹夜は止めて、まずカフェイン依存症を治すようにしてください。

Sponsored Link



消化促進に良いコーヒーを飲むタイミング

コーヒーのカフェインには胃の胃酸の分泌を促進する働きがあり、胃酸が活発に食べた食物を揉みほぐすことによって胃腸全体の消化を促進させてくれます。

また、カフェインは胃に対して脂肪の分解を行なうリパーゼの分泌も促進させます。

胃酸やリパーゼの分泌促進によって、胃は食物をどんどん消化し、消化された食物を次の十二指腸に送り出すことが出来るのです。

カフェインの胃の消化促進効果を最大にするために、どのようにコーヒーの飲むタイミングを考えればよいのかを見てみましょう。

何故コーヒーは食後がいいのか

胃は、通常食事で食べた食物を4~6時間かけて消化して十二指腸から小腸に送り出します。

食物によって消化時間は違っており、野菜や果物は早く消化されますが、肉などのたんぱく質、脂肪質のものは消化に時間がかかります。

その胃の消化は、胃の壁面から分泌される胃液によって行なわれます。

胃液には、胃酸のほか、たんぱく質の分解吸収を行なうペプシノーゲン、脂肪を分解するリパーゼ、コラーゲンなどの繊維質のものを分解するゲラチナーゼなどからなっており、それらが混ざり合って胃液を作り出しています。

胃酸は、特に栄養素の分解機能はありませんが、胃における食物の揉みほぐしを担当しており、この揉みほぐしによって小腸では食物の分解と吸収が出来るようになります。

この胃酸は強力な酸性で、ペーハーはph1~2と非常に酸度が強いものです。

この強い酸性の力で食物を揉みほぐしています。

胃の消化は消化全体の中では初期消化にあたりますが、その消化が早くなり、充分に揉みほぐしが行なわれることで、胃腸での消化全体のスピートが上がります。

小腸における栄養素の吸収も早くなり、素早く体内にさまざまな栄養素を血液に乗せて送り出すことが出来ます。

従って、その胃の消化をコーヒーのカフェインで促進させるためには、胃に食物が入ってきて、胃が胃液を出し始める食後が一番良いタイミングと言えます。

胃に食物が無く、空っぽの状態の時には、胃液は分泌されず、胃は休憩している状態です。

そのような状態の時にコーヒーを飲みますと、酸度の高い胃酸がいきなり出始めてしまいます。

胃壁の弱い方は、それによって胃の粘膜に傷かつき、胃が荒れて胃痛を感じてしまいます。

食前にコーヒーを飲むことは望ましくないのです。

なお、胃の消化促進については、「コーヒーは消化促進によいのか?」に詳しく記載されていますので、是非ご覧ください。

Sponsored Link



脂肪燃焼に良いコーヒーを飲むタイミング

コーヒーには脂肪燃焼効果があります。

コーヒーの脂肪燃焼効果には、カフェインによる脂肪燃焼効果とポリフェノールによる脂肪燃焼効果の二つがあります。

カフェインによる脂肪燃焼効果は、即効性のある効果であり、ポリフェノールの場合は、飲み続けることにより、脂肪燃焼をし易い体質を作る効果です。

従って、コーヒーを飲むタイミングについてもそれぞれの特徴に応じた飲み方が必要になります。

それぞれの特徴に応じたのみ方についてみてみましょう。

カフェインの脂肪燃焼を生かすコーヒーを飲むタイミング

カフェインの脂肪燃焼効果は、脳の中枢神経を刺激してカテコールアミンと言う神経伝達物質を生成させて、その神経伝達で全身に脂肪燃焼の指令を届けるとともに、興奮作用により集中力を高めてくれる効果です。

カテコールアミンは、アドレナリン、ドーパミンなどからなる成分で、興奮作用もあり、集中力を高めたり、筋力を自分の限界を超えるところまで高めてくれます。

そのため、運動選手などが試合前に集中的にコーヒーを飲むケースが多く見られます。

カフェインには興奮作用がありますが、興奮剤とはみなされておらず、禁止薬物にはなっていないからです。

カテコールアミンによる脂肪燃焼に対する体中への指令は、胃にも届いてリパーゼという脂肪を燃焼分解する酵素の分泌を促したり、血管を拡張して血流がよくなり、体が汗を出易い状態にしてくれます。

従って、運動などの前の30分くらいにコーヒーを飲みますと、運動中に大量の汗をかかせてくれ、それによって体内の老廃物、脂肪、毒素などを体外に出してくれるのです。

このように、カフェインの脂肪燃焼効果は、即効果の出る短期型の効果になります。

従って、カフェインの脂肪燃焼効果を生かすためには、コーヒーを運動や散歩などの前30分から一時間くらいのタイミングで飲む必要があります。

但し、コーヒーのカフェインには飲み過ぎに対する一日の適正限度がありますので、脂肪燃焼をさせるために一気に何杯も飲むことはしないでください。

通常の体格の人であれば、3~4杯が限度であり、それもお茶などを飲んでいますと、2~3杯が限界になります。

従って、朝と夜の食後に飲むとすれば、運動や散歩の前のコーヒーは1杯が限界となります。

 

Sponsored Link



ポリフェノールの脂肪燃焼を生かすコーヒーを飲むタイミング

コーヒーのポリフェノールの脂肪燃焼効果は、すぐに効果に結び付くものではなく、飲み続けることにより、抗酸化作用により血管がサラサラになり、血流もよくなっていく中で、脂肪が燃焼し易い体質にしてくれる効果です。

脂肪燃焼がし易い体質と言うのは、太りにくい、痩せ易い体ということです。

その原理をみてみますと、ポリフェノールは抗酸化作用は、肝臓が脂肪などを血液から濾す作用を促進する働きがあり、血液中の脂肪の蓄積が阻止され、血管がサラサラになることにより、結果的に脂肪燃焼が行われ易い体質にできると言われています。

人間は、体を動かすことによって新陳代謝が高まり、その新陳代謝のエネルギーとなるのが体内の細胞内に蓄積された脂肪なのですが、エネルギーとして使われた脂肪のカスは血液の中を流れていきます。

この脂肪カスが血管などの体内に残ってしまいますと、血液に滞留したままになり、血液はドロドロの状態になって体を酸化させてしまいます。

血管が脂肪のカスでドロドロになりますと、新たに細胞内の脂肪を燃焼させるわけに行かなくなり、ますます脂肪は細胞に溜まってしまうことになります。

この血液中の脂肪のカスを濾して体外に出してくれるのが、肝臓であり、腎臓であるわけで、その濾す機能を高めるのが、ポリフェノールの抗酸化作用です。

いわゆる、デトックス作用なのです。

ポリフェノールの働きは、脂肪燃焼効果というよりも、脂肪燃焼をした後の処理がスムーズに進むようにして、次の脂肪燃焼がし易くしてくれるのです。

従って、脂肪燃焼そのものの即時性はなく、ある程度の期間、毎日一定の適正限度の中でコーヒーを飲んでいくことにより脂肪燃焼がし易くなる効果になります。

従って、ポリフェノールの脂肪燃焼効果を生かすコーヒーの飲むタイミングとしては、毎日食事の後などに定期的に飲むことです。

ダイエットに良いコーヒーを飲むタイミング

コーヒーには、強力なダイエット効果があります。

それは、カフェインによる運動時の脂肪燃焼効果と、ポリフェノールの脂肪燃焼のし易い体質を作る効果の両方を利用するものです。

すなわち、運動の前にコーヒーを飲んでカフェインが体内に脂肪燃焼をするように指令を与えてエネルギー消費を高めて、さらに同じコーヒーのポリフェノールの作用によって脂肪カスをどんどん汗として体外に出してくれることで体は一気に引き締まります。

また、食事の後にコーヒーを定期的に飲むことで、ポリフェノールは常に汗が出易い体質を作り出して脂肪燃焼が起こり易い状態にしてくれますので、脂肪が体内の細胞に蓄積されにくくなります。。

また、食事後にコーヒーを定期的に飲むことは、カフェインによる消化促進効果が効いて、胃の食物に対する揉みほぐしを促進し、消化速度を早めることにより、大腸における排泄物への転換も早く進みます。

さらに早く排泄が進むことで宿便もつきにくくなり、便秘を解消して体重を減らしてくれますので、ダイエットが実現します。

このように、コーヒーはいろいろな手法でダイエットに寄与してくれるのです。

従って、ダイエットの効果を最大にするコーヒーの飲むタイミングは、毎食後と運動の30分~1時間前になります。

但し、気をつけるべき点は、毎食後と運動の前に飲むということは、日によっては4杯のコーヒーを飲むことになります。

体重の50kg以下の軽い方の場合には、カフェインの過剰摂取につながる可能性があります。

運動をする日には、食後のコーヒーを1杯減らすなどの工夫をする必要があります。

なお、コーヒーの脂肪燃焼効果やダイエットに関しては「運動前のコーヒーは脂肪燃焼効果が抜群!」にて詳しくお伝えしています。

Sponsored Link



お肌に良いコーヒーを飲むタイミング

コーヒーには、ポリフェノールの抗酸化作用によるお肌を綺麗にする美容効果があり、カフェインにも同様の効果があります。

我々人間、特に女性のお肌は、表皮と真皮と言う二重構造になっており、それぞれの中でさらに4重(角質層、顆粒層、有棘層、基底層)、5重(メラノサイト、基質、コラーゲン、エラスチン、繊維芽細胞)と言う細胞、成分の構造になっています。

そして、それらを皮脂腺から出る皮脂と汗が混ざり合ってできる皮脂膜が守っている形です。

それらの構造は、皮脂膜によって水分が保存され、コラーゲンなどにより弾力性を確保してみずみずしい弾力にとんだ美肌を作り出しているのです。

そして、その美肌を常に維持しているのが、ターンオーバーと呼ばれる皮膚細胞の生まれ変わりなのです。

細胞自体も同じなのですが、常に新しい皮膚が古い皮膚に変わって出来ており、それによってメラニン色素というシミの原因になる物質も取り除いているのです。

しかし、体が活性酸素などで酸化して体調が悪くなったりしますと、ターンオーバーのサイクルが長期化し、古い細胞や皮膚が残ったままになるため、水分を維持できず、コラーゲンの再生も滞り、メラニン色素も残ったままになります。

そのため、みずみずしさも弾力性も失われて、お肌の老化、荒れが生じ、シミも増えるという悪循環になります。

コーヒーのポリフェノールは、このような活性酸素によって酸化した体に対して抗酸化作用により、活性酸素を除去して細胞を再生させることで、ターンオーバーを回復させてくれます。

細胞の再生やターンオーバーが回復することで、皮脂膜が回復し、みずみずしさを取り戻し、コラーゲンなども繊維芽細胞が生成を活発化してくれるため弾力性も回復し、メラニン色素を体外出してくれるため、シミも少なくなります。

なお、活性酸素は、通常の酸素に比べて他の分子と結び付いて反応がよくなった酸素のことで、通常は体の殺菌作用として働いていますが、増え過ぎますと、体内の細胞の分子と結合することで、細胞を弱らせてしまいます。

また、カフェインは、胃の消化を促進させてくれることで、小腸から栄養素が豊富に体内に吸収されて、毛細血管を通って皮膚の細胞にも栄養が行き届くようになり、ターンオーバーを促進し、皮膚細胞を蘇らせてくれます。

さらに、胃の消化促進は便秘を解消してくれるため、滞留した排泄物から出る毒素が血液を通して末端の皮膚細胞に至るのを防いでくれるため、この面でも美肌に貢献しています。

このように、コーヒーは、カフェインとポリフェノールの両面から美容、美肌効果を高めてくれます。

この美容効果を高めるためのコーヒーを飲むタイミングは、毎日、適正限度内でコーヒーを飲み続けることであり、食後にはコーヒーを飲む習慣をつけることです。

なお、コーヒーとお肌、美容の関係につきましては、「コーヒーのお肌への影響」に詳しく記載されていますので、是非ご覧ください。

 

Sponsored Link



がん予防などによいコーヒーを飲むタイミング

国立がん研究センターの最近の研究から、コーヒーには、肝臓がん、子宮体がんに対する予防効果があることが発表されています。

今後、さらに他のがんに対しても予防効果があることが判明してくることが予想され、その期待は高まっています。

また、コーヒーのカフェインやポリフェノールは、糖尿病にも予防効果があることがわかってきました。

また、コーヒー豆に含まれているトリゴネリンも、脳の細胞の再生、成長に効果があることがわかってきており、脳の老化やアルツハイマー型の認知症の予防効果が期待されています。

このような我々の寿命を縮める病気に対して予防効果を持つコーヒーをどのように飲めばいいのでしょうか。

研究などによりますと、コーヒーを適正な限度いっぱいまで飲むことがよいとされています。

ただ、適正な限度を越えて7杯、8杯と飲み過ぎますと逆に脳腫瘍などが発生するリスクも一部で出されており、あくまで適正な範囲で飲むことがよいようです。

従って、がん予防などに対しては、コーヒーを飲むタイミングとしては、食後などを利用して適正限度いっぱいまで飲むことであり、それが最大の効果を生んでくれます

なお、コーヒーとがん予防との関係につきましては、「コーヒーはがん予防に効果があるのか」に詳しく記載されていますので、是非ご覧ください。

Sponsored Link



コーヒーの飲むタイミングに関するまとめ

コーヒーはその健康効果が明らかになり、コーヒーに興味を持ち、飲まれる方も増えています。

しかし、そのコーヒーの健康効果を重視するために、飲み過ぎたり、飲んではいけないタイミングでコーヒーを飲んだりすることも増えています。

そのために胃を壊したり、不眠症になられる方もいらっしゃいます。

コーヒーには、その効果を満喫するために適切な飲むタイミングがあります。

それぞれの健康効果によってコーヒーを飲むタイミングも違っています。

そこで、コーヒーの成分から見た飲むタイミング、一日の中で飲むべきタイミング、健康効果の面から見た飲むタイミングというものについてお伝えしてきました。

眠気を防ぐためには、眠くなった時がコーヒーを飲むタイミングであり、脂肪燃焼のためには運動前の30~1時間前が飲むタイミングになります。

基本的には、食後に飲むのがコーヒーを飲むタイミングとしては最良であり、さまざまな健康効果も享受できます。

但し、コーヒーの飲み過ぎはカフェインの過剰摂取につながり体に悪影響を及ぼします。

コーヒーの適正量(コーヒーの一日の適正量はどれくらい?)を考慮しながら、飲むタイミングを逃さずに飲むことが必要です。

コーヒーを飲み過ぎないように注意しながら、適切なタイミングでコーヒーを飲み、コーヒーの持つ健康効果を享受してください。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • コーヒーはがん予防に効果があるのか

  • コーヒーダイエットの効果がもの凄い! 

  • コーヒー豆の種類

  • コーヒーの挽きかたによって変わる味と成分

  • 脂肪肝とコーヒーの関係・・・甘くみてはいけない脂肪肝

  • コーヒーの肌への美容効果と注意点を徹底解説!