1. TOP
  2. コーヒー
  3. コーヒーは消化促進に良いのか?
Sponsored Link

コーヒーは消化促進に良いのか?

コーヒー   4,133 Views

コーヒーの健康効果を期待してコーヒーを飲まれる方はとても多いです。

従来のカフェインによる眠気を覚ましてくれる覚醒作用やトイレが近くなる利尿作用だけでなく、ポリフェノールの抗酸化作用が明らかになり、さらには脂肪燃焼効果やそれに伴うダイエット効果、美容効果などが注目をあつめるようになりました。

さらに実際の病気などの予防効果としてがんや糖尿病などへの効果も明らかになりつつあります。

そして今、コーヒーに多く含まれるカフェインとポリフェノールにも胃の消化促進に対する効果が明らかになってきたのです。

コーヒーは食後に飲むものと言われていました。

それは、コーヒーが消化にいいとか悪いとかではなく、そのような時間に飲むものだと無意識のうちに習慣となっていたのです。

そして現在では、コーヒーに消化促進効果があることが研究で判明し、さらに食事の後に飲むことが消化促進に一番よいとわかったのです。

今回の記事では、コーヒーの消化促進効果についてさらに詳しく調べてみました。

Sponsored Link



Contents

コーヒーの消化に対する関わりの歴史

コーヒーの健康効果への波及が注目されている中で、明らかになってきたのが胃の消化促進効果です。

コーヒーの消化促進効果についてはっきりとした効果が明らかになったのは、コーヒーによる健康への研究が進み出してからです。

それらの研究の中で、コーヒーのカフェインには胃の胃酸の分泌を促進させる働きが明らかになり、ごく最近では脳の中枢を刺激することで胃のリパーゼという脂肪を分解する酵素の分泌を促進させる効果も明らかになっています。

また、ポリフェノールの抗酸化作用は胃の胃酸過多の解消に効果を見せることもわかってきました。

そのため、コーヒーの消化に対する注目は現在高まってきています。

消化とは何か

ところで、コーヒーが消化に与える影響を見る前に、消化そのものは何かと言う点について見てみたいと思います。

我々人間にとって、食事をとるということは生命を維持していく上で不可欠なものですが、その食事によって体内にもたらされる食物から体に必要な栄養素を吸収できるようにする作業が消化と言われているものなのです。

まずは、その消化を担う消化器官について見ていきましょう。

消化器官の消化の役割

食事で体内に入った食物から体に必要な栄養素を取り込む消化が出来るようにするのが消化器官です。

その消化器官はいくつかの段階に分かれています。

それぞれの消化器官について簡単に見ておきましょう。

最初に食物が入るのは、我々のです。

口の中でも消化は行なわれます。

次に食道を通って到着するのが、です。

胃では強力な胃酸を中心とした胃液で食物を揉みほぐします。

そして揉みほぐされた食物は、胃から十二指腸へ、さらに小腸へと送られます。

そして、小腸ではさらに揉みほぐした上で、体の各細胞に必要な栄養素を取り込み、体のエネルギー源や細胞の材料を補給するのです。

そして、栄養素を吸収された食物カスは今度は排泄物になるために大腸に送られます。

大腸では、水分などを吸収するとともに、腸内の細菌、善玉菌(腸に対して良い影響を与える細菌)と悪玉菌(腸に対して悪い影響を与える細菌)によって排泄できるようにさらに揉みほぐし、肛門に向けて運ばれるのです。

これが、我々が食べた食物の体内での長い道のりです。

人によって、腸の長さには差があり、その道のりが長くなったり、短くなったりします。

また、各器官の健康状態によっても消化の状況も変わってきます。

コーヒーを飲むことでその健康状態に影響を与えることにもなるのです。

そこでまず、これらの各器官の役割と健康状態による差をこれから見ていきます。

 

Sponsored Link



口の中の消化

我々の口からは、唾液というものが出ています。

この唾液も消化するために必要な分泌物です。

この唾液によってまず口に入った食物は消化の第一段階に置かれるのです。

唾液は、口の中(口腔)の唾液腺から分泌される粘りのある消化液で、多くの種類の酵素から出来ています。

正常な体であれば、一日に1~1.5リットルほどの唾液が分泌されます。

実際これほど多くの唾液が出ている感覚はないのですが、分泌された唾液は胃腸で回収されますので、それ自体で水分不足になることはありません。

唾液は弱酸性に近い中性でペーハー値はだいたい6.8ですが、唾液の量が増えれば増えるほど、中性に近くなります。

Sponsored Link



唾液の働き

唾液には、重要な二つの役割があり、一つは口の中を潤して口が傷つかないようにし、また殺菌作用で虫歯にならないように頑張ってくれています。

起きている間は1時間当たり19mlくらい出て、口の中を殺菌していますが、睡眠時には2mlくらいしか出ないため、口の中はカラカラになって虫歯菌、歯周病菌などが活発に活動し始めます。

従って、夜中に口がカラカラになってもばい菌が出てこないように夜寝る前の歯磨きが重要なのです。

そしてもう一つが、消化作用です。

唾液には、アミラーゼという消化酵素が含まれており、糖質を分解して胃腸で吸収し易くしてくれる働きがあります。

糖質というのは炭水化物に含まれるでんぷん質のことです。

ご飯を長く噛んでいると甘くなってきるのはこのためです。

アミラーゼが糖質を分解することで生まれてくる現象なのです。

また、その甘さが食欲を増進させてくれます。

アミラーゼという酵素は昔はジアスターゼと呼ばれていましたが、唾液のほか、すい臓からも分泌されています。

これが、食物が体内に入ったときの第一段階の消化作用なのです。

そのほか、唾液は食べたものを飲み込み易くする働きもありますね。

食べたものは、唾液と一緒に食道を通って胃に流れ込みます。

 

Sponsored Link



胃の消化と消化酵素

胃の消化は、コーヒーによる消化促進や胃の不調の原因にもなりますので、詳しく見ておきましょう。

食道を通ってきた食物はまず胃に蓄えられます。

胃では、消化液が出て、食物をほぐしていきます。

食べ物をほぐす際に、胃の壁から出されるのが、胃液と言うものです。

胃液には、胃酸のほか、ペプシノーゲンやリパーゼと言う酵素が混ざり合ったものです。

胃酸は強い酸で、出過ぎると自分自身を傷つけてしまいます。

胃酸のペーハーは、ph1~2と非常に強い酸性です。

胃酸が出過ぎることを胃酸過多と言い、食道を通って逆流することもあります。

たまに、ゲップとともに酸っぱい汁がこみ上げてくることを経験した方も多いと思いますが、それが胃酸なのです。

胃酸は食物を揉みほぐすとともに、強い酸で食物と一緒に入ってきた細菌を殺菌します。

コーヒーのカフェインはこの胃酸の分泌を促進させてくれます。

ですから、胃の消化不良などが起きている場合には、コーヒーを飲むとよいのです。

消化不良は胃酸などの胃液の分泌などが足らないため、胃での消化が滞留する状態です。

また、ペプシノーゲンは、たんぱく質の分解を行い、リパーゼは脂肪の分解を行ないます。

ただ、リパーゼによる脂肪の分解は胃ではそれ程多くありません。

脂肪の分解は十二指腸が本番です。

そして、唾液に含まれたアミラーゼによるでんぷん質の糖化を含めて胃の消化と言われています。

胃は普段、何も入っていないときには細長い形をしていますが、食事をすると1.5~2リットルくらいの大きさまで膨らむことが出来ます。

しかし、毎日食べ過ぎていると膨らんだままの状態が続き、その結果、胃は胃拡張や胃下垂と呼ばれることになります。

 

Sponsored Link



胃の消化時間

胃の中での消化時間は約4~6時間と言われています。

但し、食べたものによって消化時間には差があります。

果物や野菜などは早く消化されますが、たんぱく質の分解にはその2倍以上と比較的時間がかかります。

また、脂質は胃の運動を抑制する働きがあり、最も長く胃に残っています。

食物、栄養素別の胃での滞留時間は大雑把ですが、次のようになっています。

・果物     20~40分

・野菜     1~2時間

・炭水化物   2~4時間

・たんぱく質  4~6時間

このように、糖分、炭水化物に比べるとタンパク質は、胃の滞留時間が2倍くらい長く、脂質は胃の運動を抑制して、たんぱく質よりもさらに長く滞留します。

夜遅くに食べると脂肪になり易いとか、寝る4時間前までに夕食はとらないといけないと言われるのはこのためです。

Sponsored Link



胃の消化酵素と消化液

胃の消化液には、胃酸のほか、

  • ペプシノーゲン(たんぱく質担当)、
  • リパーゼ(脂肪担当)、
  • ゲラチナーゼ(繊維質担当)

と言う酵素が含まれています。

リパーゼは脂肪燃焼に関わる酵素であり、コーヒーのカフェインは胃酸とともにこのリパーゼの分泌を一緒に高めると考えられるため、ダイエットなどに効果が期待されています。

すなわち、コーヒーのカフェインが脳の中枢神経に対してカテコールアミンと言う物質を生成させ、それが神経伝達を担当して脂肪燃焼の指示を与えるため、リパーゼの分泌も増えると言われるのです。

ただ、胃におけるリパーゼの分泌はそれ程多くありません。

ゲラチナーゼは繊維質であるコラーゲンなどを消化する酵素ですが、分量としてはリパーゼよりもさらに僅かです。

胃の消化液の中心はやはり胃酸であり、その胃酸による食物の揉みほぐしが一番大きな胃の役割になるのです。

胃の消化の不調とその原因

胃の調子が悪くなる場合、考えられるのは、

  • 胃酸過多・・・ 胃酸が出過ぎて胃の粘膜に傷が出来きることです。

    → ひどくなると胃炎、潰瘍になります。

  • 消化不良・・・胃酸が不足して食べたものを消化できず、胃に溜まります。

    → 胃拡張・胃下垂につながります。

などがあります。

胃酸過多は、タバコやコーヒーの飲み過ぎなども原因になります。

また、消化不良は食べ過ぎや不規則な食生活、運動不足、ストレスなどによって生じてきます。

また、ポリフェノールの多いアフリカ系のコーヒー豆から入れたコーヒーの飲み過ぎも消化不良の原因になることもあります。

いわゆる胃もたれです。

これらは、どちらも最終的には胃の粘膜層に炎症を起こし、胃炎(急性・慢性)や胃潰瘍につながることもあります。

そして最終的にはがんに至ります。

コーヒーの飲み過ぎはどちらにも影響を与えますが、適度に飲むと胃の消化を促進させてくれるのです。

 

Sponsored Link



十二指腸の消化

十二指腸は胃と小腸をつないでいる消化器官です。

約25~30cmほどあり、「C」の形をしています。

十二指腸はすい臓とつながっており、すい臓からいろいろな消化酵素を含んだ膵液を分泌して、胃で分解されたたんぱく質を分解します。

また、脂肪もすい臓から分泌されるリパーゼによってさらに分解されます。

小腸の消化

十二指腸で消化酵素によって分解された食物は、さらに小腸に送られ、すい臓から十二指腸に送られた膵液と小腸自身が分泌する消化酵素により、消化すなわち食物の分解を行い、そこからさまざまな栄養素が吸収されて、血液を通して体中に流れていきます。

小腸の長さは食物が入って伸びると6mくらいまで拡大しますが、普段は筋肉の収縮などによって3mくらいまで縮んでいます。

Sponsored Link



大腸の消化

大腸は小腸に続く消化器官の終末部分に当たります。

小腸よりも太い管(くだ)の形をしているため大腸と呼ばれます。

大腸は、胃から小腸の間で分泌された消化酵素によって消化された食物から発生した水分や塩類を再吸収して食物を固め、排泄物を作って、肛門に送る役目があります。

消化の最終段階と言えるでしょう。

大腸から分泌される大腸液には消化酵素は含まれておらず、その代わり、弱アルカリの環境でも活発に活動が出来る細菌(善玉菌と悪玉菌)が存在し、それらが残った食物を分解しています。

そして、水分を適度に吸収して固めて排泄物にするのです。

便秘というのは、固め過ぎた状態のため、排泄物として出て行くのに時間がかかる現象です。

胃から大腸にかけての消化にかかる時間

胃から大腸にかけての消化全体の時間は40時間くらいと言われています。

ただ、人によって腸の長さには差があり、また、胃腸の消化能力も差があります。

私などは比較的若い頃から検査を受けると小腸が普通の人より長いと言われていました。

そのため、消化時間は人よりもかかるように感じます。

短い人で24時間から長い人で72時間くらいと言われています。

 

Sponsored Link



消化時間と便秘

72時間と言うと3日もかかるわけですが、それが普通の状態の時は便秘とは言いません。

よく便秘は3日以上排泄物が出ない状態と言われますが、それぞれの人で消化時間が違うわけですから、便秘の基準は人さまざまなのです。

普段から消化に3日かかる人は、便秘の場合は、さらに5日から1週間と長くなる状態なのです。

消化器官別の消化時間の目安

では、全体の消化時間の中における各器官の消化時間はどれくらいなのでしょう。

・胃         4~6時間

・小腸・十二指腸   5~8時間

・大腸       10~20時間

と言われています。

また、食べ物によっても消化時間は異なるため、さらにかかる可能性があり、最大で72時間となるのです。

食品や栄養素別での消化時間を胃における滞留時間で見て見ますと、

・米、パンなどの炭水化物       2~3時間

・肉、魚などのたんぱく質       4~5時間

・脂肪質のもの            7~8時間

となっています。

やはり、脂肪質のものは消化にも時間がかかります。

胃と十二指腸でリパーゼという酵素がその分解、消化に当たりますが、このリパーゼの分泌が脂肪燃焼にも影響を与えるのです。

従って、このリパーゼによる消化、すなわち脂肪燃焼を促進してくれるサプリメントなどが人気になるのです。

コーヒーにもこのリパーゼの分泌を促す作用があります。

Sponsored Link



消化の役割

ところで、消化と言っているわけですが、消化の役割とはどんなものなのでしょうか。

消化の役目は、我々人間が、食事で食べた食物を分解し、そこから生きていくための栄養素を取り出す役目であるわけです。

分解と吸収です。

栄養素には、炭水化物、たんぱく質、脂肪の三大栄養素のほかにも、ビタミン、ミネラルなどさまざまあります。

それらが一つでも欠けて欠乏症になると、さまざまな健康障害が起こってきます。

胃、十二指腸、小腸、大腸ではそれらの栄養素を分解、吸収してくれて、体の各器官に送ってくれるため、我々は健康な生活を送れるのです。

また、食事で栄養素が偏ってしまいますと、いくら胃腸が健康でも足りない栄養素を自ら作り出してくれるわけではありませんから、健康が損なわれるのです。

バランスのとれた食事が健康の一番の鼎(かなえ)であるわけです。

コーヒーに消化促進効果があるからといって、それに頼って偏った食生活をしていれば、その効果は出てこないのです。

バランスのとれた食事をした上で胃腸がスムーズに消化をしてくれるようにコーヒーなどで健康に気をつけていくことが求められます。

コーヒーと胃の消化

それでは、胃の消化におけるコーヒーの役割とその副作用について、簡単に見ておきましょう。

ご存知のように、コーヒーにはカフェインとポリフェノールという特徴的な二つの成分が含まれています。

このコーヒーのカフェインとポリフェノールには、胃に対して全く反対の作用があります。

カフェインは、胃の消化液の一つである胃酸の分泌を促進する働きがあります。

胃の胃酸には、胃の中で食べたものを溶かして柔らかくする働きがあり、さらにその強い酸で細菌やウィルス、有害物質を分解して無害化する働きもあります。

胃酸によって全ての細菌やウィルス、有毒物質を無害化できるわけではありませんが、その殺菌力は強力です。

また、胃で長い滞在期間が及ぶと腐敗する可能性が出てきますが、胃酸はその強い殺菌力で腐敗を防いでくれる働きもあります。

一方、ポリフェノールは、抗酸化作用によって胃の胃酸の出過ぎを抑える働きです。

胃酸過多の場合に効果を発揮します。

 

Sponsored Link



コーヒーと胃酸過多→ ポリフェノール

胃酸の分泌が多過ぎますと、胃酸過多と言って、自分の胃の粘膜を傷つけることがあります。

胃は内部をひだ状にしてさらに粘膜層によって胃酸の強い酸から守っていますが、胃酸が出過ぎますと、その粘膜層を傷つけてしまうのです。

これが、胸焼けと言われる状態であり、胃痛の一つの症状になります。

食事の後に、胃からゲップと一緒に酸っぱい汁がこみ上げてくることがありますが、これが胃酸です。

コーヒーのポリフェノールには、抗酸化作用があり、この胃酸過多をそのアルカリ性で中和してくれる働きがあります。

コーヒー自体には、胃酸の分泌を促進するカフェインと胃酸の分泌を抑えるポリフェノールが入っていますが、普通の状態の場合は、ややカフェインの胃酸分泌作用が勝っているために、胃酸の分泌をやや促進させて消化を助けてくれます。

しかし、コーヒーを飲み過ぎますと、カフェインの働きで胃酸の分泌が多くなり過ぎて胃酸過多になる場合もあります。

そのような場合、コーヒーでもポリフェノールの豊富に含まれるアフリカ系のコーヒー豆で挽いたコーヒーを飲むと胃酸の分泌を抑えて胃酸過多を治してくれるのです。

Sponsored Link



コーヒーと消化不良→ カフェイン

一方で、胃酸の分泌が少ない場合、消化が進まない状況に陥ります。

そのために、食物の胃での滞在が長くなり、胃拡張や胃下垂にもつながります。

消化不良の時には、胃がもたつくという症状が現れます。

アフリカ系のコーヒー銘柄を飲み過ぎた時などにも、ポリフェノールの過剰摂取により生じることもあります。

このような消化不良の状態のときにコーヒーを飲むと、カフェインの胃酸の分泌を促進してくれる作用が効果を発揮して、消化を促進してくれるのです。

コーヒーと脂っこいものの消化不良→ カフェイン

また、カフェインにはもう一つリパーゼの分泌を促進してくれる効果もあります。

リパーゼは脂肪の分解を担当する消化酵素であり、脂っこい食事などで食べ過ぎた場合などには、脂肪の分解を早めてくれるため、消化が進み易くなります。

胃の消化酵素の働きとコーヒー

胃の消化液には、胃酸のほか、ペプシノーゲン(たんぱく質担当)、リパーゼ(脂肪担当)、ゲラチナーゼ(繊維質担当)などの消化酵素が含まれており、それぞれが食物の揉みほぐしから担当の栄養素の消化に至る働きをしています。

それらに対して、コーヒーは、

・胃酸に対して、カフェインの分泌促進とポリフェノールの中和という正反対の働き

・カフェインのリパーゼに対する分泌促進

という関わりを持っています。

これを胃の症状に対する働きかけからコーヒーの成分の関わりを見てみますと、

・胃が正常なとき・・・ 食後のコーヒーは消化の促進(カフェイン)

・食べ過ぎた時・・・・ 食後のコーヒーにより胃酸の分泌を促進して消化時間を短縮

  (胃の荒れ)      (カフェイン)

・胃酸が出過ぎた時・・ 食後のコーヒーが胃酸の出過ぎを抑制

  (胃のもたれ)     (アフリカ系銘柄のコーヒーのポリフェノール)

・脂っこいものを食べた時・・ 食後のコーヒーによる消化促進

  (胸焼け)         (カフェイン)

という形でコーヒーは胃の消化促進に対して効果を発揮するのです。

Sponsored Link



胃の消化の役割とコーヒー

胃は、どちらかと言うと消化の初期段階であり、ここが滞りますと、栄養素がなかなか体に吸収されなくなり、そのために健康が損なわれることが出てきます。

また、胃自身も胃炎から胃潰瘍、さらにはがんへと悪化していく可能性も出てきます。

胃の消化は、健康な体を維持していく上において、非常に重要な役割を持っているのです。

その胃の消化に対して、コーヒーは、カフェインとポリフェノールの働きにより、その胃の消化を助け、さらには胃を守ることになります。

しかし、コーヒーは適正な範囲で飲んでいる限りは胃の消化を助けてくれますが、飲み過ぎますと今度は逆に胃を攻撃することもあります。

胃の胃酸の促進が行き過ぎると胃酸過多に陥り、胃の荒れや胸焼けを起こすのです。

適正な限度でコーヒーを飲んで健康の維持に役立ててください。

胃の消化不良とその原因

胃における消化不良とはどのような現象を言うのでしょうか。

また、それは何故起きるのでしょうか。

胃の消化不良とは、食事で食べた食べ物が消化器官すなわち胃そのものに疾患が無いにもかかわらず、胃の働きが低下し、吐き気、食欲不振や常に胃にものが残っている感覚があることなどの症状か慢性的に現れる現象を言います。

疾患が無いので、まだ病気とは言えませんが、その前兆ではある訳です。

何故、このような症状が起きてくるのかと言いますと、

・食生活の乱れ

  → 食事時間が一定しない

    好き嫌いが激しく、偏食をする

    コンビに弁当などに頼りがち

    常に食べ過ぎ

・動物性の脂質の多い肉、卵などを好んで食べる

・甘いものや袋菓子が好きで常に食べている

・アルコールやタバコを好む

・ストレス

などの原因が多いようです。

まるで、メタボリックにまっしぐらと言った食生活ですが、これが胃の消化不良を招き、太る原因にもなるのです。

このような生活を続けていますと、いくらコーヒーが消化によいといっても追い付けません。

まず、消化不良は、生活態度から治さないといくらコーヒーを飲んでも胃の消化は改善してくれません。

逆に生活を改善し、規則正しくバランスのとれた食事をして運動も適度に行なうようになれば、コーヒーによる胃の消化不良の改善はどんどん進み、さらには肥満の抑止にもなっていきます。

すなわち、ダイエットや美容にも素晴らしい効果が生まれるのです。

コーヒーと消化の関係

胃の消化がよくなれば、よく消化された食物が十二指腸から小腸、さらに大腸に行くわけで、消化全体がよくなります。

では、コーヒーは、胃の消化に対してどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

今度は、コーヒーの胃の消化に対する効果の面から見ていくことにします。

コーヒーの消化への影響

コーヒーは、消化の初期段階における胃の消化に対して、カフェインとポリフェノールが対照的な効果をもたらしています。

Sponsored Link



カフェインによる胃酸の分泌促進効果

カフェインは、その刺激によって胃の胃酸の分泌を促進して消化を助けてくれます。

我々が食事をした時、食物が食道を通って行き着くのが胃ですが、胃ではその食物を小腸での分解と吸収がし易いように、ほぐしてたんぱく質、脂肪などの分解に着手します。

その食物をほぐす役目が胃液の中の胃酸であるわけですが、コーヒーのカフェインはその胃酸の分泌を促進させることにより食物をよりほぐれ易くして、胃のたんぱく質の分解や小腸での消化である分解、吸収がし易くしてくれるのです。

従って、コーヒーは食後に飲むのが効果的なのです。

カフェインによる脂肪分解酵素リパーゼの分泌促進効果

胃では、リパーゼと言う消化酵素も出て、脂肪の分解に着手します。

リパーゼの分泌はすい臓からも出ており、脂肪の分解は十二指腸が本番になりますが、胃でもリパーゼが分泌されて脂肪分解が始まるのです。

コーヒーのカフェインは、脳の奥の中枢神経に働きかけて、カテコールアミンと言う神経伝達物質を生成させて体に脂肪燃焼の信号を送ってくれます。

その信号によって胃ではリパーゼの分泌が促進され、胃での脂肪分解は進み易くなるのです。

胃での脂肪分解が進むことにより、十二指腸での脂肪分解・消化はさらに進むことになるため、体内に脂肪が溜まり難くなります。

このようにコーヒーのカフェインは、胃の消化を通じて消化全体に対して健康的な効果、すなわち消化促進をもたらしてくれるのです。

但し、コーヒーを飲み過ぎますと、胃酸の分泌が進み過ぎて、胃の粘膜層に傷をつけることになってしまいます。

そうなると胸焼けという症状が出て、胃痛につながることになります。

従って、コーヒーの飲み過ぎには注意が必要です。

 

Sponsored Link



ポリフェノールの胃酸を抑える効果

コーヒーのポリフェノールは、カフェインとは逆に、抗酸化作用によって胃の胃酸の出過ぎを抑える働きがあります。

コーヒーのポリフェノールはクロロゲン酸と呼ばれる成分ですが、強力な抗酸化作用があり、体内で酸化が始まるのを抑えてくれます。

すなわち、アルカリ性で酸化と言われる酸性になる状態を中和してくれるのです。

従って、ポリフェノールは、胃酸が食物の消化に役立つ状態の時には大人しくしていますが、いざ胃酸過多の状態になるとその酸化、酸性を抑止する動きを見せるのです。

特に、アフリカ系のコーヒー豆の銘柄であるモカやキリマンジェロなどでは、ポリフェノールが豊富に含まれており、胃酸過多の場合にはこの系統のコーヒーを飲むことによって胃酸過多の症状を和らげてくれるのです。

但し、カフェインと同じく、アフリカ系のコーヒーを飲み過ぎますと、胃酸を抑え過ぎてしまい、胃もたれと言う消化不良の症状を与える可能性があります。

やはり、どのようなコーヒーも飲み過ぎには注意が必要になります。

コーヒーの胃への影響

このように、コーヒーには胃の消化不良や胃酸過多による症状を和らげ、消化を促進させる働きがあるのです。

この胃へのコーヒーの影響はさらに、十二指腸、小腸、大腸に続く消化活動に対しても胃の初期消化を促進させることで、栄養素の分解、吸収が行われ易くなります。

何よりも、胃自身の状態を回復してくれるのです。

しかし、インターネットなどでは、胃に対してコーヒーは悪いと言うような書き込みがまだまだ溢れています。

Sponsored Link



コーヒーは消化に悪いのか?

コーヒーが消化に悪いとしている原因としては、ほとんどのものが胃酸の出過ぎによる胃の粘膜に傷をつけると言うものです。

そのために、胃は消化できなくなり、胃痛が起こるとしています。

しかし、それは誤った記述と言わなければなりません。

胃酸が出過ぎることは確かに胃の荒れに通じますが、消化そのものは進みます。

消化を悪化させているわけではありません。

また、消化不良とは消化器官が健康であるにも関わらず、消化が進まないことを消化不良と言います。

胃酸過多は、胃を傷つけていますので胃は健全な状態ではなく、消化不良とは言いません。

いずれにしても、コーヒーを飲み過ぎますと、胃酸が出過ぎて胃のあれ、胸焼けは生じてくるのは事実です。

しかし、それはあくまでも適正なコーヒーの飲み方をしない場合の話です。

適切な量のコーヒーを飲めばコーヒーは消化を助けてくれます。

コーヒーの消化促進の波及効果

消化が促進されると言うことは、食物がより分解されて胎内に吸収され易くなり、栄養素が体内に行き渡ります。

また、脂肪は消化が順調であれば、分解されることにより、体内に残り難くなります。

さらに、胃での揉みほぐしが順調になれば、消化時間は短縮されますし、大腸での排泄物の生成も順調に行なわれるために便秘にもなり難くなります。

便秘がなくなり、脂肪も体内に蓄積されないことにより、体重は減り、かつ体の組織は栄養素が行き渡ることで強化されますので、引き締まった健康的な体が実現できるのです。

すなわち、ダイエット、美容に大きな効果が得られることになります。

 

Sponsored Link



コーヒーは消化不良を改善できるのか

コーヒーは消化の促進はしてくれますが、消化不良の改善は出来るのでしょうか。

消化不良というのは、胃などの消化器官が順調であるにもかかわらず、胃腸の働きが低下して、食欲不振や物外に残っている感覚などが起こる現象です。

この現象を改善してくれるのも、カフェインです。

消化不良の場合、胃の消化器官そのものは傷ついていないにも拘らず、胃酸などの胃液の出が悪くなり、消化できない状況になっています。

それこそ、胃酸やリパーゼの分泌を促進してくれるカフェインの出番です。

胃のもたれ状態にあるわけで、胃での揉みほぐしが出来ていないために、なかなか食べたものが腸に降りていかない現象です。

また、脂っこいものに胃が拒否しているのです。

このような状態には、胃の胃酸の分泌を促進させてやる必要があります。

薬でも「太田胃酸」などの苦い飲み難い薬がありますが、まさに胃酸を飲まないといけない状況が消化不良であるわけです。

「大田胃酸」を飲まなくても、胃酸の分泌を促進してくれるのがカフェインなのです。

また、脂っこいものを食べて胃が拒否反応を起こしたときには、カフェインのリパーゼの分泌を促進させる働きが有効になります。

いずれにしても、コーヒーのカフェインは胃の消化不良に対して有効な薬になり得るのです。

但し、消化不良の主要因は食生活の乱れが原因です。

ということは、いくらコーヒーで胃酸の分泌を促したとしても、常に食生活が乱れていれば、「ぬかに釘」になってしまいます。

まず、食生活の改善をした上で、コーヒーによる消化不良の改善に取り組んでください。

コーヒーの飲み過ぎによる胃痛とは

コーヒーの飲み過ぎによる胃痛には二つのタイプがあります。

一つはカフェインの過剰摂取による胃の荒れであり、もう一つはポリフェノールの過剰摂取による胃のもたれです。

コーヒーを飲み過ぎてカフェインの過剰摂取が生じた場合には、胃酸過多になり、胃の粘膜を傷つけることにより、胃のあれ、胸焼けと言う胃痛を起こします。

また、アフリカ系のポリフェノールの豊富なコーヒーを飲んだ場合には、胃酸の分泌が抑えられるために胃もたれという胃痛を起こします。

コーヒーは胃の消化には素晴らしい働きを見せますが、いったん飲み過ぎてしまうと胃痛を引き起こしてしまいます。

コーヒーの飲み過ぎには注意しましょう。

なお、コーヒーの飲み過ぎによる胃痛については、「コーヒーで胃痛になる?原因と対処法」に詳細に記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



コーヒーは消化する時間を早められるのか

胃の消化時間は4~6時間と言われていますが、消化時間は短く出来るのでしょうか。

どれくらい短くなるかということは食べたものによって違いますから簡単には言えませんが、カフェインによって胃酸の分泌が早まれば、揉みほぐしの時間は短縮されます。

また、リパーゼの分泌が促進されることで脂肪の分解も早まるため、消化時間は短くなるはずです。

揉みほぐしが早くでき、脂肪分解も早くなることによって、小腸における消化の象徴である栄養素の吸収も早くなり、さらには大腸での排泄物の生成も早くできることになります。

消化時間が早くなることによって、便秘になり難くなりますし、脂肪の吸収がされ難くなって体の組織である細胞に脂肪が蓄積されることも少なくなります。

内臓脂肪が減って、大腸の宿便も減ることにより、ダイエットにも大きな効果となるのです。

コーヒーの消化促進は全体の消化時間を早めるとともに、健康的な効果にもなっているのです。

消化とコーヒーとダイエットの関係

コーヒーによる消化促進と消化時間の短縮は、このように体内の脂肪蓄積を少なくし、また、腸における宿便の解消にもつながるため、ダイエットには大きな影響を与えています。。

すなわち、

カフェイン→ 胃酸の分泌促進→ 揉みほぐしの促進と時間短縮

       リパーゼの分泌促進→ 脂肪の分解、燃焼の促進と消化時間の短縮

この二つの作用によって、小腸では

  • 揉みほぐしが促進されることで、栄養素をより多く吸収して体の各所に送れる

   → 体の筋肉や骨などの強化につながる

  • 揉みほぐしの時間が短縮され、脂肪分解も早くなる

→ 脂肪が体内に吸収されにくくなる。

という消化促進が行なわれます。

さらに大腸では、

  • 揉みほぐしが促進されることで、スムーズに排泄物の生成が可能になる
  • 揉みほぐしが促進されることで、排泄物の生成が早くされることで宿便ができにくくなる

という形で、便秘のなりにくい腸内環境になるのです。

従って、体には脂肪が付きにくく、しかも体は引き締まりますし、便秘も解消され、宿便も少なくなるため、体から余分な重さがなくなります。

まさに、ダイエットではありませんか。

しかも、体の脂肪が少なくなり、引き締まると言う事は、女性の美容にもいいのです。

胃の消化促進の効果はこのように大きな波及効果をもたらしてくれるのです。

コーヒーの飲み過ぎによる消化への影響

但し、コーヒーは飲み過ぎますと、その副作用として胃痛が発生してしまいます。

直接的な消化への影響は考えられませんが、胃痛が長引くと食欲もなくなり、消化も出来なくなり、消化不良に陥ります。

そのため、コーヒーは是非飲み過ぎないように注意して飲んでください。

コーヒーの適切な一日の量については、「コーヒーの一日の適正量はどれくらい?」に詳しく記載していますので、ご覧ください。

Sponsored Link



消化によいコーヒーの飲み方

コーヒーは消化促進にいい飲み物であることはわかりましたが、その消化促進を進めるために効果的なコーヒーの飲み方を最後に見てみましょう。

胃の消化にとって一番いいコーヒーの飲む時間は、何といっても食事の後でしょう。

食事の食物が胃に入った頃合であり、胃が働き始め、胃酸が出始める頃です。

食事というのは、人間が生きるために必要な行為ですが、それとともに我々人間に休憩を与えてくれる時間です。

現代は、リスクに囲まれ、上司からのパワーハラスメント、同僚との人間関係、セクシャルハラスメントなど会社におけるストレスが過去に比べて格段に上がっている時代です。

そのために受けるプレッシャー、ストレスは過去に無いくらい強くなっており、現代人には「ほっと」として緊張を緩める時間が必要になっています。

食事の休憩はそれをもたらしてくれますが、その後でコーヒーを飲むと、その豊かな風味と芳醇な香りは間違いなく我々に「ほっ」とする瞬間を味あわせてくれるのです。

そのリラックスすることが、さらに消化にはよいのです。

胃の消化にとってストレスは大敵です。

食事の時間もほどほどに胃に食べ物を流し込んですぐに仕事にかかるほど、胃に負担を与えるものはありません。

食事時間をたっぷりととって、食後にコーヒーで体にやさしい、消化によい時間を過ごしてください。

消化にとってコーヒーは食前と食後はどちらがいいのか

コーヒーは食事の前にとることは控えてください。

食事をすると言うことは、前の食事から時間がたち、胃は空っぽになっていると言うことです。

この状態では、本来胃には胃液は出ておらず、胃酸もありません。

胃は休んでおり、油断しています。

ここにコーヒーのカフェインが入っていきますと、当然胃酸の分泌を促してしまいます。

空っぽの胃に胃酸が出れば、それは胃にとって大きな負担になってしまいます。

しかも、前回の食事から時間が経って胃は油断していますから、胃酸に対する防御も手薄です。

胃の胃液は胃酸のほかにも酵素を分泌し、胃酸を薄めてくれますが、それも出来ずに胃の壁面の粘膜は突然湧き出た胃酸に傷つけられてしまう可能性が高まります。

少し、大げさには書きましたが、胃にとって食前はコーヒーを飲むにはよい時間帯ではありません。

是非、コーヒーは食後に飲んでください。

 

Sponsored Link



空腹時のコーヒーはやめよう

食後に限らず、空腹時のコーヒーは控えるようにしてください。

胃の中は空っぽで胃液もほとんど出ておらず、胃は無防備な状態です。

このような状態で、コーヒーを飲んでしまいますと、カフェインの強い薬としての効果が胃に負担になってしまいます。

一般に売られている薬も、お医者さんにもらう薬もほとんどが食後に飲むように指示されているはずです。

それは、薬の強さ、効きめというものは、胃にとって大きな負担になるからです。

それとコーヒーのカフェインは同じことが言えるわけです。

カフェインはそれ自体が薬として利用されています。

それ程強い体に対する効能があるとともに、体にとって、特に胃にとって負担になるのです。

空腹時には、コーヒーはなるべく控えましょう。

 

Sponsored Link



コーヒーの消化促進に関するまとめ

コーヒーには胃の消化に対しても消化促進という効果が知られるようになりました。

我々人間の体は、食事したものを消化し、その中から栄養素を吸収することで生命を維持しています。

我々の体の消化という作業は、口に始まり、胃、十二指腸、小腸、大腸という流れで消化し、最後に排泄物として排出に至ります。

そのような作業の中で、胃は消化の初期段階に当たり、その胃での消化がその後の腸による消化にも影響を与えています。

従って、胃の消化が滞りますと、消化は充分に出来ず、消化不良から栄養素が体に回らなくなってしまいます。

このように胃の消化は我々の健康維持のためには非常に重要な作業であるわけですが、その胃の消化作業を促進してくれるのが、カフェインです。

胃の消化液である胃酸やリパーゼの分泌を促して、消化を促進し、早める働きがあるのです。

一方、コーヒーのポリフェノールにも胃の胃酸過多に対してそれを抑える効果も見られます。

胃の消化促進による効果は、さらに小腸の消化、吸収や大腸の排泄物の生成にも及ぶことで、脂肪の体内定着の回避、栄養素の吸収効率のアップによる体の筋肉などの引き締め、便秘や宿便の定着阻止などにより、ダイエット効果や美容効果にも及んでいます。

但し、コーヒーの飲み過ぎは胃酸過多になり易く、胃の荒れなどを引き起こしますので注意が必要です。

また、消化不良の最大の原因は食生活の乱れです。

この食生活の乱れを改善しない限り、いくらコーヒーを飲んでも消化不良は改善されません。

消化不良の改善のためには、是非食生活をバランスのとれたものに変えて、それからコーヒーを飲むようにしてください。

また、コーヒーは胃の消化のためにも、食後に飲むことが必要です。

コーヒーの豊かな風味、芳醇な香りを楽しむとともに、コーヒーの消化促進効果を活用して快調な胃の維持をし続けていただきたいと思います。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水ダイエットの効果を徹底解説!

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 炭酸水の洗髪効果が凄い!育毛・頻度・作り方・方法・やり方を完全解説します!

関連記事

  • コーヒーでむくみは解消する!

  • コーヒーに害はあるのか?

  • コーヒーの一日の適正量はどれくらい?

  • 空腹時のコーヒーの効果やデメリットについて

  • コーヒーの偏頭痛に対する効果や対処法

  • コーヒーの焙煎方法の種類