1. TOP
  2. 白湯
  3. 白湯の温度を最適にしてダイエットなどの様々な白湯効果を最大化する方法
Sponsored Link

白湯の温度を最適にしてダイエットなどの様々な白湯効果を最大化する方法

白湯   1,039 Views

白湯の温度は何度が最適なのか多くの方たちが関心を持っています。

白湯は効果の高い健康法として認識されており、便秘解消や冷え・むくみを取り、ダイエット効果など様々な効果を多くの方たちが実感しています。

今回の記事では白湯の温度を適切にし、白湯の効果を最大化にするための方法をお伝えいたします。

Sponsored Link



白湯の飲みやすい温度は50℃前後

白湯は、沸騰させた水です。

白湯をふうふう吹きながら飲むこともあるでしょう。

白湯を飲む適温は、やはり体に負担がかからない、50℃前後です。

アーユルヴェーダの白湯は、体質によって飲む温度が異なりますが、体温より低い温度は白湯ではありません。

白湯のデトックス効果が期待されているアーユルヴェーダの白湯は、50~80℃位です。

熱すぎる温度の白湯は、食道や胃に炎症を起こしやすいのでおすすめできません。

飲みやすくて、飲んで気持ちの良い温度で、体に冷えを感じたり、熱くて体に負担をかける温度は避けましょう。

白湯を飲む時の注意は、白湯は吸収されやすい湯ですから、飲み過ぎはむくみやすく、むくみは冷えを誘い逆効果になるので、1日800mℓを目安にしましょう。

白湯の温度を測る温度計

水中で測れる防水の温度計は、安い温度計で500円前後から1万円前後のものまであります。

形状は棒状のもの、ペン状のものなど様々な形状があります。

通信販売で、比較的安く購入できます。

白湯の飲む温度は、50度前後といわれるように、温度計で計測するほど神経質になることはないでしょう。

もし、白湯の温度を測りたいならば、防水、衛生管理のしやすい形状の温度計がおすすめです。

Sponsored Link



白湯の温度の目安は普段の勘に頼る

普段飲んだり食べたりする温度から、大体の温度目安は付けられるでしょう。

50℃の白湯は、一般的にいって、ふうふうと拭いて冷ますような飲み方をしなくてもよい温度で、カップの質にもよりますがカップを包むように持つことができる温度が、高めの白湯の温度で60~70℃位です。

カップを包むように持って温かく感じるくらいが50℃位です。

白湯の温度感は、お風呂の温度も参考にできます。

お風呂の温度設定を確認し、肌で感じる温かさを参考にして50℃前後の白湯の温度を感じ取れることができるでしょう。

アーユルヴェーダの白湯は、体質によって温度が50~80℃の温度の幅がありますので、体によいと感じる白湯の温度で飲むことをおすすめします。

白湯の効果を有効にする適温

アーユルヴェーダでは、3要素のヴァータ(風)・ピッタ(火)・カパ(水)がバランスよく整った白湯は、デトックス効果があり、老廃物や消費に使われなかった未消化物を排出し、体内の改善を図ると考えられています。

人はこの3要素の混濁で、この中のいずれの要素が多く形成され、それが個々人の体質・タイプであり、このタイプの要素の乱れが病気を引き起こすと考えられています。

ヴァータの要素が多い人をヴァータタイプ、ピッタの要素が多い人をピッタタイプ、カパの要素の多い人をカパタイプといいます。

アーユルヴェーダにおけるタイプの性質などについては『アーユルヴェーダで白湯の効果を最大化する方法』、『アーユルヴェーダ』をご覧ください。

そして、アーユルヴェーダのタイプによって、白湯の温度が異なり、ヴァータ(風)は60~70℃、ピッタ(火)は50~60℃、カパ(水)は70~80℃といわれています。

まずは、白湯の適温を知るために、50℃の白湯を飲み、体が温められる感がないようでしたら白湯の温度を上げ、体に合った白湯の温度で飲んでみましょう。

Sponsored Link



白湯の温度で内臓を温める

白湯の飲み方は、1日800㏄を目安に、食間の空腹の時に150㏄位の白湯をチビチビと飲む飲む方がすすめられています。

少しずつすするように飲むとは、内臓を温める効果のある飲み方です。

内臓が温まれば、内臓の働きが活発になり、老廃物の排出がしやすくなります。

内臓の温もりは、酵素の働きも、循環の機能も回復させ、冷えを解消するとともに、むくみも改善します。

冷えの解消で体温が高まれば、代謝も高まり、脂肪の燃焼効果もあり、未消化となる(エネルギーとして使われていない栄養分)アーマを減らし、一層体にとって老廃物を減らす良い効果をもたらします。

アーユルヴェーダの白湯は、内臓を温めると胃腸が働き、腸に蓄積している老廃物の排出がいわゆる毒出しになります。

胃腸が働くと他の臓器にも熱が伝わり、臓器の働きが改善され、血液循環もよくなって、体全体の循環がよくなります。

そして、体内に蓄積している老廃物もむくみの原因となる過剰の水分も血流によって排出されるようになり、余分な脂肪の排出の効果がおこります。

さらに、冷えが解消され体温が高まれば、酵素の働きもよくなり、免疫力も高まり、体の健康を回復しやすくなると考えられています。

白湯の効果を有効にするために、体温より高めですすりやすい温度の白湯を飲むことが肝要です。

体温より低くい白湯は体を冷やし、熱すぎて飲みにくい白湯は体に刺激を与えるので、避けましょう。

Sponsored Link



朝の寝起きの白湯の温度

朝の寝起きの口の中の渇きを感じませんか。

また、唾液が粘っていませんか。

寝起きの口の中は、菌が一番多いときといわれますので、まず、口の中を浄化しましょう。

朝の白湯は内臓を目覚めさせる効果があり、体のリズムの切り替えにもよいといわれています。

朝の白湯の温度もやはり体に刺激を与えすぎない温度で内臓を温める白湯が有効です。

午前中は、前日の老廃物の排出と朝の食事の消化の時間帯であり、この働きを助長に白湯が有効です。

また、睡眠中に失われる水分の補給にもなる朝の白湯は、腸内に蓄積している老廃物の排出にも有効です。

白湯は朝食の30分位前を目安のタイミングで飲むことをおすすめします。

出来るだけ白湯は、沸騰させたままの時間を長く保つようにしましょう。

白湯の沸騰時間が15~20分を目安といわれるのは、アーユルヴェーダの白湯は水と空気(風)と火を調和のとれた湯にするためと考えられているからです。

また、白湯に使う水は軟水がおすすめで、大方の日本の水道水は軟水で、白湯に適する水です。

水道水を使用するとき、特に気をつけてほしいことですが、沸騰した白湯は発がん物質のトリハロメタンが多いといわれていますので、沸騰をできるだけ長くさせ、揮発性の有害物質を取り除いてほしいです。

なお、水道水を沸騰させた際のトリハロメタンの影響や、水道水を沸騰させた際の安全性や危険性に関しては「水道水のトリハロメタン関するすべて」は「水道水を沸騰させると危険?」にて詳しくお伝えしています。

赤ちゃんの白湯の温度

赤ちゃんは、未発達ですから肌も柔らかく、少々の刺激にも敏感ですから、白湯の温度は、赤ちゃんの肌の温度を目安にしましょう。

赤ちゃんの場合、大体40℃位が白湯の温度の目安ですが、個人差は赤ちゃんでもあり、赤ちゃんの好む温度をおすすめします。

母乳で育てると免疫力が母乳から得られますが、ミルクで育つ赤ちゃんは免疫力が低いといわれています。

ミルクを与えるとき、哺乳瓶などの消毒が徹底されますが、白湯を与える場合も与える容器などの消毒は徹底しましょう。

出来たら与える白湯は、作り置きの白湯は避けたいですが、時間的に無理ならば、保温ポットや魔法瓶がおすすめです。

アーユルヴェーダの白湯は温め直しの白湯は使われません。

特に、便秘気味や発疹などの赤ちゃんの白湯もアーユルヴェーダの白湯の効果を活かしてデトックス効果を活用しましょう。

Sponsored Link



白湯を使ってミルクの調乳と温度

調乳前に手を洗い、使用する哺乳瓶などを消毒する

ミルクを作ることを調乳と言いますが、この時に注意しなければならないことは、免疫力も抵抗力も弱い赤ちゃんを守るために、調乳時に手洗いの励行です。

そして、使用する哺乳瓶などの消毒とこれらの器具などをおくところの清潔をキープしてください。

ミルクの濃度は規定通りに

ミルクの濃度は規定の濃度を守るようにすることも大切です。

ミルクの濃度が高いときは下痢を引き起こすこともあり、逆に濃度が低いと栄養不足になることもあります。

乳幼児の大切な栄養源で体にトラブルを起こさせてしまうと、ミルクを飲まなくなることもあるといわれていますので、注意しましょう。

まだ、未発達の乳幼児の体に負担をかけず、健やかに育てるためにも既定の濃度のミルクを与えるようにしましょう。

調乳の白湯の温度

準備する白湯は、しっかりと沸騰させ、殺菌と有害揮発物が少なくなった湯を70℃まで冷まし、調乳に使うことをおすすめします。

調乳の白湯は、ミルクに配合されているビタミンなどを壊さずにミルクを溶きます。

粉ミルクが無菌ではありませんから、熱い白湯の殺菌効果を活かすためにせめて70℃の温度の白湯を使うようにしましょう。

与えるミルクの温度は40℃が目安

ミルクが十分に溶けたことを確かめ、赤ちゃんが飲みやすい40℃位の温度に冷まします。

冷水で冷やすときは、キャップをして、水が入らないようにすることも忘れないようにしましょう。

湯冷ましの保存は冷蔵庫

沸騰させた白湯は、清潔な瓶などに移し、冷蔵庫に保存するか、保温ポットで保存しましょう。

冷蔵庫保存の場合、粗熱をとれたら雑菌の繁殖を防ぐために冷蔵庫に入れることをおすすめします。

白湯は1日で使い切るようにしましょう。

冷蔵庫に保存した白湯は、調乳の時に、ミルクを冷やしたりする手間が省けます。

調乳の水は軟水を

白湯に使用する水にミネラルを多いと、胃、腸、腎臓に負荷がかかり過ぎますので、これらは多く含まれていない水を使いましょう。

粉ミルクにはミネラルも配合されていますので、ミネラルウォーターを使用しないことをおすすめします。

明治の粉ミルクは、水道水を使う前提で栄養の配合がされています。

使用する水は軟水か水道水です。

水道水は十分に沸騰させて揮発有害物質をできるだけ取り除きましょう。

与えるミルクの温度のチェックの方法と温度計

ミルクを40℃の温度のチェックの方法は、腕の柔らかい部分に2・3滴たらしてぬくもりを感じる程度の温度です。

温度を感覚でとらえることが難しいようでしたら、防水の温度計を使いましょう。

温度計は、通信販売で500円くらいの値段です。

災害に備えて軟水のペットボトルをキープ

震災や自然災害などがいつ起こるか予期できません。

災害地からの声で、ミルクの水の入手が困難で授乳に苦労した話が話題になりました。

出来たら、1・2日分の調乳に必要な軟水のペットボトルの水を備えておくことをおすすめします。

Sponsored Link



新生児に白湯は必要?白湯の温度は?

近年は、赤ちゃんに白湯を飲ませる指導は行われていないそうです。

一昔前は、母乳は左右の乳は違い、ご飯とおかずだから両方の乳をのませることと、水分の補給に白湯を飲ませていました。

新米のママはどちらがいいのかと戸惑うことでしょう。

もし、白湯を与えて嫌がるようでしたら飲ませない、白湯を飲むようならば与えたらよいでしょう。

新生児は体の水分が90%で水分が大事

新生児は水分が90%もあり、成長の代謝に水分を消費します。

小さな体で汗、尿、便などで水分を失うことは新生児の体に支障を起こしかねません。

汗をかきすぎたとき、尿が普段より少ないとき、便秘気味などの症状ときは、脱水症を起こさないように注意することが大事です。

外出、目覚めたとき、汗をかいた時などの水分を失ったとき、白湯を飲むようでしたら飲ませましょう。

嫌がるならば無理に与えることは控えましょう。

白湯の温度は、肌のぬくもりよりやや温めの温度です。

母乳やミルクと白湯は違う

薬を飲ませるとき、ミルクと混ぜて飲ませると、そのあとミルクを飲まない赤ちゃんがいます。

この点、白湯でペースト状にねり口に含ませ、白湯を飲ませると口の中に残らず薬を飲ませることができます。

また、白湯を飲ませると薬の吸収がよいです。

白湯のデトックス効果は、乳幼児にもよい効果をもたらし、便秘・肌荒れを解消します。

離乳食を始めるころに便秘しやすくなります。

便秘気味ならば、体に負担がかからない白湯を与えてみましょう。

ミルクを飲ませた後に、口の中にミルクが残りますので、離乳食やミルクを与えた後に白湯を飲ませると口の中をきれいにする効果も期待できます。

Sponsored Link



白湯を乳児に飲ませる1回の量

白湯を飲ませる1回の量は、生後4か月くらいまではスプーンに1杯くらい、生後5カ月くらいになると20~60㏄位です。

無論、個人差もあり、赤ちゃんの尿量や便秘の加減と、欲しがるようであれば飲ませましょう。

但し、ミルクや母乳を飲まないようになると栄養不足を起こしやすくなりますので、食事の前の白湯は控え、食後に与えましょう。

白湯の作り方は、沸騰した状態を15~20分位保つことをおすすめします。

長く沸騰させた白湯は、アーユルヴェーダの白湯に近く、口当たりもよくて飲みやすく、吸収もよくなります。

特に、免疫力も抵抗力も弱い新生児には、作り置きの白湯を使うことは控え、その都度作ることをおすすめします。

1日に飲む水分量は、1㎏の体重に対して100ccといわれています。

1日の水分量からミルクの量を差し引いて残りの量を目安に白湯を与えるようにしましょう。

生後3カ月に白湯の必要性と温度は?

水分補給の白湯は、2か月頃から、離乳食になれさせるためならば4・5か月頃からという説もあります。

ミルクや母乳は赤ちゃんの食事で、水分補給は白湯をという説もあります。

ミルクや母乳では便秘になりにくいといわれていますが、中には便秘気味の乳幼児もいます。

白湯は、デトックス効果の便秘改善が赤ちゃんにも期待でます。

風呂上りや、外出や昼寝などの汗をかいているときの水分補給として、白湯を与えるようにするとよいでしょう。

もし、白湯を嫌うときは味に慣れさせるように極少しスプーンで与え、水分補給をミルクや母乳で補いましょう。

白湯の温度は、ミルクと同じ40℃位の赤ちゃんの肌の温度よりやや高い温度にしましょう。

乳幼児の白湯の温度と飲ませる量とタイミング

白湯を飲ませるタイミングは、汗をよくかいた時に与えましょう。

お風呂上り、外出した時、目覚めたときは、飲ませるタイミングです。

また、汗の他に、尿の量と回数が少ないとき、便秘気味の時は白湯を飲むことを嫌わないようでしたら与えるようにしましょう。

食事の直前は、白湯を飲ませるタイミングとして、お腹が一杯になってはミルクを飲みませんので、控えることをすすめします。

飲ませる1回の分量は大体20~30㏄が目安で、温度は赤ちゃんの肌の温度より高めの40℃位です。

Sponsored Link



看護に使われる白湯の温度と使い方

在宅看護の普及による介護医療が2012年4月から導入され、研修を修了した介護職員の喀痰吸引や経管栄養が可能になりました。

食事が十分に食べられない介護者に、チューブを通して流動食を流し入れる栄養の補給方法を経菅栄養と言います。

経菅栄養は、当初、常温か冷蔵庫から出した低い温度の栄養や水が使われていました。

経管栄養に白湯を取り入れた結果

もとぶ野毛病院で、神戸市立看護短期大学紀要第2号の1983.3などに基づき、白湯の健康法やダイエットでインド伝統医学による体温を上げ免疫力を高め、減量効果が2010年頃話題になり、2012年の冬場に多い尿路感染症と呼吸器感染症の発症調査で免疫力効果の臨床検証が行われた概略です。

実施期間は2012年11月から2013年6月です。5月は気温が上昇するため本人に白湯か水の選択をゆだね、6月から水の投与です。

経管栄養の食前と食間に白湯を40mℓ/分で注入し、尿路感染症と呼吸器感染症発症時の抗生物質注射治療数をカウントにより白湯の効果が検討されています。

経管栄養の方法のグループ:経鼻チューブを取り付けたまま、気管切開、胃瘻、膀胱チューブを取り付けたまま、何もつけないです。

結果:白湯使用時は抗生物質の注射の減少が大で、5月以降、抗生物質の注射が白湯を使っていた時の2倍に急増しました。

この臨床結果から、インドの伝承医学のアーユルヴェーダの白湯の効果が認められた結果が得られています。

冷えは万病のもとといわれ、免疫力を高める内臓温度が平均37.2~38℃が最適で、現代医学もこの温度の免疫力の効果認めていますが、これを明らかに示した結果が得られています。

また、体温が高いと、悪性腫瘍に有効の報告も20世紀の初めに報告されています。

よく、冷たい物を食べると腹が冷えるといいますが、東洋医学では、内臓の冷えや体の冷えの影響は、まず肺が冷え、それから大腸に冷えが伝わると考えられています。

気温が高くなる5月に水の投与で内臓が冷え、呼吸器系の感染症と尿路感染症の急増し、完全に白湯の投与を中止した6月以降、抗生物質の注射の回数が倍以上増えていることからも、東洋医学の考えの冷えが影響していることを示しているといえるようです。

白湯の効果により、胃の働きがよくなり、逆流性誤嚥が起こりにくいという報告もありますが、経管栄養の投与の前に白湯を投与すると、胃瘻の誤嚥性肺炎が白湯の投与で下がっていることから、誤嚥性肺炎の予防効果があると考えられています。

一方、チューブの留置のグループの抗生物質の注射の回数は減っているが、回数が多いことから、チューブの留置が感染を起こしやすいことが分かったとあります。

また、流動食は、温度を加えるとタンパクの凝固や栄養などの変化が起こることと、栄養の注入が200mℓ/hの滴下では温めても冷めてしまうので温めた効果はないという報告があります。

この結果から、経管栄養では流動食の前に、安価で手軽な白湯の投与が感染症の予防効果があることが判明しました。

適正な温度の白湯は経管栄養の際の感染症予防や誤嚥性肺炎の予防に効果的

東洋医学で用いられている白湯などは、現代医学も認めている内臓温度を高め免疫力が強化することと、感染症を予防することから、看護ケアに取り入れることが有効と考えられます。

さらに、胃の働きがよくなると誤嚥性肺炎の予防にもつながります。

白湯を使うことは、注入物の投与した直後、チューブに残らないように、確実に胃の中へ入るように、管内に詰まらないようにする効果があります。

Sponsored Link



経菅注入に使われる白湯の温度は?

経菅で注入される白湯の温度は、胃腸に刺激が少ない、熱からず、冷たからずの50~60℃が有効です。

点滴スタンドに白湯のボトルをかけての注入ですから、胃中では頃合いの温度になります。

体温より冷たい白湯は、内臓を冷まし、逆効果になります。

経鼻経管栄養の白湯の温度と注意する事

白湯を注入は、チューブ内に栄養剤や流動物が残らないように、すべて胃中に流す目的で使われています。

また、誤嚥を防ぐベストな方法はないといわれています。

誤嚥の防ぐ方法として、上半身を30°か90°に起こして経鼻経管栄養の注入がなされているようです。

ベットを起こす角度は、45°以上に起こすという説もありますが、本人がリラックスできる角度で、逆流を防ぐために上半身を起こすことを留意することが必要です。

経菅栄養を温めて栄養の効果の低下やタンパク凝固は、むしろ体に負担になります。

常温の経菅栄養の注入は、直接胃に栄養が投入され、急激に内臓温度を下げ、血管を収縮と内臓の働きを鈍化させます。

現代医学では冷えの考え方はないといえ、栄養注入時の内臓温度の変化は、熱は温かい方から冷たい方へ移動の原理から、内臓の温度が下がることに頷けます。

内臓の温度の変化は、消化にも蠕動運動にも影響を及ぼし、栄養の効果も低下させてしまいます。

看護や医療の現場の経管栄養の注入後に、白湯か水が、チューブ内に栄養が残らないようにするために注入されています。

体に負担をかけない白湯は、直接胃に注入されますので、体内で体温より少し温かい温度となる50℃前後の白湯の温度がよいでしょう。

西洋医学では、東洋医学やアーユルヴェーダの白湯の効果は活用されていません。

栄養剤を注入した後も逆流や誤嚥を防ぐために30分位ベットを起こした姿勢を保ちます。

経管栄養の白湯の温度と効能

経管栄養を注入する前に、白湯を注入する効果はどの様なことが考えられるでしょうか。

温かい白湯の注入は、胃腸を温め、胃腸の働きを助け、消化・吸収がしやすくなり、経菅栄養を有効にします。

経管栄養の注入の前にカロリーゼロの白湯の注入は、間接的ではあるが介護者の栄養物の注入を意識させる効果も考えられ、内臓が温まれば胃腸の働き、消化吸収も高まり、循環も改善されて老廃物の排出も免疫力効果も期待できます。

もとぶ野毛病院の報告にあったように、白湯を経菅栄養の注入前に注入し、胃腸を温め、胃腸の働きの助長を現場医療で手間がかかりますが活かしてほしいものです。

Sponsored Link



薬を白湯で飲む時の温度は

薬を飲む白湯の温度は、決まっていませんので、本人が好む飲みやすい温度がおすすめです。

白湯で薬を飲むことは、薬の効果がよりよく有効になるので、水で服用するよりよいといわれています。

また、体温より低い温度では、胃腸を収縮させるため薬の効果が薄らぎやすくなります。

逆に熱すぎると、口に含む白湯の量が少なく、薬が咽頭壁などにつきやすく飲みにくくなります。

人肌よりやや高いくらいが最適温度でしょう。

レンジで作る白湯の温度と注意する事

白湯をレンジで作る方法として、600㍗2分といわれています。

当サイトの『白湯を寝る前に飲むと便秘やダイエット、睡眠、美肌に効果がある』に「レンジを使用するときは、60~90秒レンジにかけ、一度取り出して器を回し、再度レンジにかけます。カップが熱くなりますので取り出すときに注意してください。」と、レンジを使って白湯を作る方法を紹介しています。

レンジの白湯の作り方の別の方法として、白湯選択ボタンがある場合、それを使う方法もできます。

レンジで白湯を作るとき、水の分量はカップの半分くらいが、沸騰しても噴きこぼれませんのでおすすめです。

 

Sponsored Link



最適な温度の白湯は医学の分野を超えて活用できる

温度が適切な白湯は、5000年以上も前から使われ、デトックス効果、ダイエット効果、血行循環の改善など様々な効果が認められています。

白湯の服用は、アーユルヴェーダの白湯の効果であり、体を温め、冷えを解消し、循環の改善は代謝を高め、免疫力も高まり、老廃物の排出も改善されるなど体にとって良い効果をもたらします。

このような効果が得られる白湯の効果が、現代医学や介護の現場で活かされると、患者の負担が軽減され、体力不足で免疫力が低下している健康状態の免疫力アップにも有効で、医療にとっても余分な治療を省くことができるでしょう。

新生児の体の水分量は90%、高齢者は50%といわれていますが、両者は、脱水症を引き起こしやすい体です。

水分は体の健康維持管理に必要であるとともに、体の冷えをもたらし、尚且つ、むくみなどの体に様々な影響を及ぼし、水分の管理は体の健康維持に必要です。

乳幼児も介護者も自身では水分管理が困難ですから、周りにいる我々が注意することが大事です。

安価でカロリーゼロの白湯は健康にとても役立ちます。

これからも有効に白湯を活用し、ご自身や大切な人たちの健康に役立てていかれることを願っています。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水ダイエットの効果を徹底解説!

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 炭酸水の洗髪効果が凄い!育毛・頻度・作り方・方法・やり方を完全解説します!

関連記事

  • 白湯のアレンジ方法のすべてをお伝えします!

  • 白湯のその他の健康効果

  • レモン白湯の効果について

  • 白湯の飲み過ぎに注意!下痢や頭痛は体からのサイン

  • 生姜白湯の効果が凄い!

  • 白湯の胃痛に対する効果