1. TOP
  2. 白湯
  3. アーユルヴェーダ
Sponsored Link

アーユルヴェーダ

白湯   828 Views

古代ヴェーダ時代の4つの文献が、アーユルヴェーダの語源で、古代のインドが発祥の地です。

アーユルヴェーダは、病気の症状の治療と、心身が健康で、幸福で、有益な人生を送る策を説明している医学です。

肉体・心・魂・五感で生命は成り立っていると考えられています。

そのため病気の治療は生活全般を調べ、治療にハーブや薬の処方と食事や生活習慣の指導が大事とされています。

アーユルヴェーダの医学は、諸症状の回復は治療や薬で治るが、症状を引き起こす原因が取り除かれない限り完治しないと考えられ、治療にスピリチュアリティー(精神性)を重要視し、精神面と心理面を支えることは治療の基本要素で、自然との調和につながると考えられています。

また、アーユルヴェーダの医学は、自然科学に基づく自然と人間の体内リズムの調和の食生活の在り方を説く医学ともいわれています。

Sponsored Link



アーユルヴェーダの万物創生の5要素

万物を創生するアーカシャ(空)、ワーユ(風)、アグニ(火)、アープ(水)、プルティヴィ(土)の5要素です。

トリ・ドーシャ(生命体の化学物質構成エネルギー)

アーカシャ(空)とワーユ(風)がヴァータ(風)、アグニとアープがピッタ(胆汁)、アープとプルティヴィがカパ(粘液)の生命体の科学物質を構成する3要素です。

3要素の混在が、人間の体を構成していると考えられています。

3要素の性質のいずれが強いかによって、人間の本来の性質が決定され、体質・性格・なりやすい病気・食べ物などの相関関係が分析されています。

Sponsored Link



ヴァータ・ピッタ・カパの一覧

ヴァータ

ピッタ

カパ

身体

・痩せ型、肩幅が狭い、腰が細い

・体型がアンバランス

・皮膚が薄く冷たく乾燥

・髪は粗く油分がない・歯並びが悪い

・スタイルのよい中肉中背

・肌は柔らかくて暖かく赤みや黄色味で日焼けしやすい

・髪質は細くて柔らか、関節が柔らかい

・体格がよい

・太りやすく、重い

・体力・持久力が高い

髪質は黒靴屋があり白髪になりにくい

・肌は滑らかで丸顔

性質

・軽・冷・乾・粗・動

熱・鋭・流・変・液

重・冷・遅・油・緩

動き

・活動・感覚を司る

・拍動・細胞内のすべての動き

・呼気や筋肉組織の動きを制御

・代謝、消化・吸収、熱を司る

・免疫力、ホルモン、神経系統や消化吸収の体内システムの化学変化を司る

肉体や体力の維持、潤滑油の働きをもつ

性格

・好奇心が強い・機敏で活発

・記憶がよく理解が早い

・神経質で緊張やストレスの耐性がない

・不安・恐怖心・心配性

・創造的で新しいことを好む

・気まぐれ、飽きっぽい

・情熱的、チャレンジ・リーダーシップが旺盛

・正義感が強く怒りっぽい

・論理的で体系的にとらえ、集中力がよい

・完璧主義、非難・中傷することが多い

・見栄っ張りでブランド志向

・物静かで忍耐力がある

・慈愛があり言動はゆっくり

・コツコツの辛抱型でやり通し、記憶も遅いが覚えたら忘れない

・保守的

おすすめの食事

・温かい物、油気のある物、鍋やすーぴなど

・奄美・酸味・塩気のある物

チーズ・ヨーグルト

・熟して果汁の多い果物

・温める香辛料

・玄米・肉・魚・卵

・甘味・渋み・苦みのある食べ物

甘味や苦みの多い野菜(キャベツ。じゃがいも・ブロッコリー・かぼちゃなど)

・熟した甘味の果物

・コリアンダー・カルダモン・ターメリック・サフランなど

・無塩バター・牛乳

・温野菜、スパイシーなサラダ

・豆類、豆製品

・熟したっ果物パパイヤ・マンゴなど

・鶏肉

・非加熱の蜂蜜

控える食事

・生野菜、ナス科の野菜

・ドライフルーツ、豆類(豆腐はよい)

・おすすめ食事も控えめに

・冷たい食べ物

・塩分の多い物

・肉類・卵・揚げ物

・酸味や辛味の強い食べ物

・ナッツ類、胡麻油、ニンニク

・生玉ねぎ、トマト、トウガラシなど

、揚げ物・肉・卵、脂っこい食べ物

・塩分の多い食べ物

・冷凍食品、乳製品

・バナナ、ナッツ類、ココナッツオイル

かかりやすい病気

・腸・骨・皮膚などの病気

・循環器系・神経系の病気

・胃腸・小腸の病気

・血液・リンパ・肝臓・心臓の病気

・耳鼻咽喉科系の病気

・間接。脂肪に関わる病気

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • 白湯の下痢に対する効果と好転反応

  • 白湯の便秘解消効果がもの凄い!

  • 白湯とはちみつの相乗効果について

  • 白湯の美容効果の全てをお伝えします!

  • 白湯ダイエットの方法とやり方を全てお伝えいたします!

  • 白湯はむくみの解消に効果抜群!