1. TOP
  2. コーヒー
  3. コーヒーの効用が凄い!ダイエット・美容・がん予防など全てをお伝えいたします!
Sponsored Link

コーヒーの効用が凄い!ダイエット・美容・がん予防など全てをお伝えいたします!

コーヒー   340 Views

コーヒーの効用がとても注目されています。

皆さんはコーヒーを飲むときはどんな時でしょうか?リラックスしたいとき、眠気を覚ましたいとき、あるいは嗜好品としてコーヒーを飲んでおられるかもしれません。

しかしコーヒーの効用はそれだけではありません。コーヒーは『健康ドリンク』としても『美容ドリンク』としても集中力を高める『覚醒ドリンク』としても高い効果効用を期待できることができます。

それで今回は、コーヒーにある12の効用と、コーヒーの効用をさらに高める飲み方、また、コーヒーの効用を弱めてしまう飲み方についてご説明します。

コーヒーには信じられないほどの効用が秘められています。ぜひ皆さんもこの記事を読んで毎日の生活にコーヒーを取り入れていください。

Sponsored Link



コーヒーの効用に効く成分とは

コーヒーの効用を知るためには、コーヒーに含まれている成分について理解する必要があります。

コーヒーの具体的な効用については後ほど詳しくあつかいますが、ここではコーヒーの効用を高めるコーヒーの成分にはどのようなものがあるかをご紹介していきたいと思います。

コーヒーの効用を高めるカフェイン

『コーヒー=カフェイン』というイメージがあるほど、カフェインはコーヒーの中でも代表的で特徴的な成分といえるでしょう。

カフェインは紅茶や緑茶など他の飲み物にも含まれていますが、コーヒーに含まれているカフェインの量は他の飲み物と比べても群をぬいた量です。

コーヒーのカフェインの量は、紅茶や緑茶に含まれているカフェインの5倍以上、コーラに含まれているカフェインの10倍以上あります。

様々な研究結果によりますと、コーヒーの効用は3杯~5杯飲むと最も良い効用がでることがわかっています。

これだけの量をコーヒー以外の飲み物だけで補うためには、かなりの量を飲まなければならないでしょう。

このように考えますと、「カフェインの効用を語る際、コーヒー抜きでは語ることはできない」といえるでしょう。

 

Sponsored Link



コーヒーに含まれているコーヒーポリフェノールの効用

コーヒーというとカフェインしか思い浮かべない人もいるかもしれませんが、実はカフェインよりも多く含まれているのがコーヒーポルフェノールです。

そしてこのコーヒーポルフェノールは、カフェインと共にコーヒーの効用を高める上で欠かせない成分といえます。

ところで「ポリフェノール」という言葉はよく聞くことがあると思いますが、いったいポリフェノールとは何でしょうか。

ポルフェノールとは植物に含まれている物質で、植物を活性酸素の害から保護するための物質です。

このポルフェノールを私たち人間がとっても、活性酸素を除去する抗酸化作用があり、美容や健康効果など幅広い効果があることがわかっています。

ポルフェノールは、赤ワインが有名ですがコーヒーは赤ワインと同じくらいポルフェノールの量が多いようです。

緑茶や紅茶もポルフェノールがありますが、その量はコーヒーの半分以下です。

それで、ある調査によると「日本人は一日に摂取しているポルフェノールの量の半分をコーヒーで取っている」ようです。

もしかしたら、今まで健康でいられたのはコーヒーポルフェノールのおかげかもしれません。

コーヒーに含まれているナイアシンの効用

ナイアシンには、中性脂肪を減らす、などの効果がありますが、これがコーヒーに含まれています。特にインスタントコーヒーにはナイアシンが多く含まれています。

ナイアシンとはビタミンB3のことで、水に溶ける水溶性ビタミンのひとつです。

水溶性ビタミンですので、取り過ぎの場合尿によって体外に排出されます。

それで、ナイアシンのサプリメンなどで過剰摂取すると身体に危険ですが、コーヒーを含め、通常の食事や飲み物によってナイアシンの過剰摂取になる心配はありません。

 

Sponsored Link



コーヒーに含まれているコーヒーオリゴ糖の効用

コーヒーを抽出した後の豆に、コーヒー豆マンノオリゴ糖(コーヒーオリゴ糖)というものが含まれています。

そのコーヒーオリゴ糖には、整腸作用、高血圧の予防、抗アレルギー作用など様々な効果があることがわかっています。

とりわけ効果が期待できるのは体脂肪抑制効果で、特定保健用食品(トクホ)の表示許可ができるようになるほど、その効果が保障されています。

ただし、残念ながらコーヒーの抽出液には、コーヒーオリゴ糖はほとんど含まれていません。

それで、コーヒーオリゴ糖を取りたい方は、トクホのマークと「体脂肪が気になる方に」というロゴがついている商品を購入してください。

缶コーヒーやスティックコーヒー、またはミネラルウオーターに入っているものがあります。

コーヒーに白砂糖を入れる代わりに、コーヒーオリゴ糖をいれるならダイエット効果をはじめとして、様々な健康効果を期待できます。

Sponsored Link



コーヒーを飲むことによる12の効用とは

このように様々な効用がある成分が含まれているコーヒーですが、コーヒーを飲むことには具体的にどのような効用があるのでしょうか?

ここではコーヒーを飲むことによる12の効用について解説していきます。

コーヒーの効用①美容効果

コーヒーポルフェノールは抗酸化作用がありますので、肌のシミの原因となる活性酸素を除去する効果があります。

お茶の水大学教授の近藤和雄教授の研究結果によりますと、「コーヒーを日常的に飲んでいる人は肌にシミが少ない」ようです。

特に1日2杯以上コーヒーを飲んでいる人は、コーヒーを全く飲んでいない人に比べて、シミの量が明らかに少なくなっていたようです。

コーヒーのお肌への効用について詳しくは「コーヒーのお肌への影響について」に詳しく解説されています。

 

Sponsored Link



コーヒーの効用②がん予防

コーヒーポルフェノールによる抗酸化作用は、様々な種類のがんの予防になることがわかっています。

コーヒーとがんに関する研究は、非常にたくさんありますがその中でも岐阜大学大学院医学研究科腫瘍病理学口座の森秀樹教授らが行った研究は注目に値します。

その実験は発がん物質をコーヒーポルフェノールと一緒に与えたハムスターのグループと、発がん性物質だけを与えたハムスターのグループを観察するものでした。

その結果は、発がん性物質だけを与えたハムスターのうち40パーセントが大腸がんを発生したのに対し、コーヒーポルフェノールを与えたハムスターは発がん性物質も与えましたが、なんと0パーセントだったようです。

ただし、ここで注意したいのは「コーヒーはがんに効用がある」といっても「コーヒーは全てのがんに効用があるわけではない」ということです。

がんにはいろいろな種類があり、コーヒーによって効用があるものと効用がないものがあります。

コーヒーとがんについての特化した情報は「コーヒーはがん予防に効果があるのか」の記事で詳しく解説されています。

コーヒーの効用③糖尿病の予防

国立がん研究センターの報告によりますと、コーヒーを飲む回数に比例して糖尿病患者が少なくなっているようです。

特に女性のほうがその割合が高く、1日5杯以上コーヒーを飲んでいる人は全くコーヒーを飲まない人に比べて60パーセント減少していたようです。

コーヒーがなぜ糖尿病予防の効用があるか、そのメカニズムはまだはっきりわかっていないようですが、コーヒーのカフェインにある血流増加作用が、コーヒーポリフェノールには抗酸化作用などが指摘されています。

 

Sponsored Link



コーヒーの効用④脳卒中の予防

脳卒中というのは「脳梗塞」、「脳出血」、「くも膜下出血」の3種類の病気を指します。

コーヒーを毎日3杯以上飲むと、このすべての病気の予防になるという効用があることがわかっています。

コーヒーが脳にもたらす効用についての情報は「コーヒーが脳にもたらす効果や影響」に詳しく解説されています。この記事では、コーヒーがもたらす健康に関する効用の他、脳が活性化すること、脳内麻薬を分泌することなど、脳の効用に関する全ての情報が載せられています。

コーヒーの効用⑤肝脂肪を減少させる

運動不足が続いて、夕食が夜遅くなってしまっている30代から40代の人の肝脂肪が増加しているようです。

肝脂肪はみかけは痩せているからと言って安心できません。実際多くのやせ形タイプも肝脂肪と診断されることがあります。

肝脂肪が多いというのはよって、心臓病、脳梗塞、糖尿病、さらには肝がんになる危険性がある恐ろしい状態です。

しかし嬉しいことにコーヒーを毎日飲むことによって、肝脂肪のリスクをかなり減らすことができることがわかっています。

特にコーヒーを毎日2杯から3杯飲んでいる人は肝脂肪発生のリスクをかなり抑えることができるようです。

コーヒーは肝脂肪が減少する効用があるほか、肝臓に関係するいろいろな病気にも効用があることもわかっています。

 

Sponsored Link



コーヒーの効用⑥心臓病の予防

国立がん研究センターはコーヒーを飲む頻度と疾患に関するアンケートをとりました。

その結果はコーヒーを1日3杯から4杯飲んでいる人は、心臓病にかかっているが少ないということがわかりました。

このコーヒーを飲む頻度に関するアンケート結果は非常に興味深く、コーヒーを飲む回数が増えれば増えるほど心臓病患者が少なくなっていますが、5杯以上飲むと増えてしまうようです。

コーヒーを飲むと血管がサラサラになる、という効用があります。それで、心臓病予防のためにコーヒーを飲みたいと思われる方は、食事前か食事中に飲むようにしてください。

炭水化物や脂肪が多く含まれている食事は血液をドロドロにし、悪玉コレステロールを増やし、それが心臓病につながります。

しかし、食事前にコーヒーを飲むなら、血液がサラサラになりますので、心臓病予防に特に効果的です。

コーヒーの効用⑦消化を助ける

心臓病予防のためには食事の前か食事中に飲むと、より効用を期待できますが、胃のためにはコーヒーを食後飲むことをおすすめします。

「コーヒーは胃に悪い」というイメージが多いかもしれませんが、それはコーヒーを飲むと胃酸が分泌されやすくなる、という効用があるからです。

それで、空腹前にコーヒーをたくさん飲むと、胃にあまりよくありませんが、食後にコーヒーを飲むなら胃酸の分泌により、消化を助けてくれます。

コーヒーが胃にどのような効用があるかについて「コーヒーは胃に悪くない!知られざるコーヒーの誤解とは」に詳しく解説されています。胃のための最適なコーヒーの飲み方についても書かれていますので、胃に悪いからコーヒーは飲めないと感じている人は必見です。

 

Sponsored Link



コーヒーの効用⑧便秘改善

コーヒーのカフェインには、胃腸の働きを活発にする効用があります。

それでコーヒーの飲み方によっては、便秘を改善させることができます。

ここでコーヒーの“飲み方”があると書きましたが、“飲み方”によってはコーヒーは便秘になってしまうことがありますで注意して下さい。

なぜならコーヒーには利尿作用があり、コーヒーをたくさん飲み過ぎると身体が水分不足になり、便が硬くなって出にくくなるからです。

それで、便秘改善のためにはコーヒーを飲むときに、それだけ水を多く飲むようにしてください。

コーヒーの利尿作用はデメリットだけではなく、良い効用もあります。

コーヒーの利尿作用による効用について詳しくは「コーヒーの利尿作用について」に詳しく解説されています。この記事ではコーヒーの利尿作用によるメリット、デメリット双方の観点からわかりやすく解説しています。

コーヒーの効用⑨ダイエット効果

コーヒーのカフェインにはリパーゼという脂肪を分解する酵素を活性化する効用があります。

またコーヒーポリフェノールにも脂肪分解効果あり、このふたつの成分が相乗効果をもたらします。

特に運動30分前にコーヒーを飲むとその効果が飛躍的に高まるようです。
コーヒーとダイエットの効用について詳しくは「運動前のコーヒーは脂肪燃焼効果が抜群!」に詳しく解説されています。

 

Sponsored Link



コーヒーの効用⑩記憶力が向上する

受験勉強の時の眠気覚ましにコーヒーのお世話になったという人もいらっしゃると思います。

ある研究結果によると、コーヒーには集中力を高める脳の活性作用があることがわかりました。

それで、コーヒーは眠気覚ましになるという効用だけではなく、記憶力が向上するという効用があることがわかっています。

そのコーヒーのカフェインが記憶力に関係しる、認知症の改善や記憶障害の改善につながるのではないか、ということが期待されています。

コーヒーの効用⑪うつ病が改善される

ある研究によりますと、コーヒーを飲むとうつ病の発生率が10パーセント低くなり、自殺の危険性を50パーセント減らす効用があるようです。

これはコーヒーポリフェノールによる効用が、気分を高揚させるセロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンなどの脳内物質を分泌させるからのようです。

しかし、うつ病患者がコーヒーを飲むと、脳内の悪影響でうつ病が悪化したり、抗うつ剤の効用が減少したりすることがあるようですので注意して下さい。

 

Sponsored Link



コーヒーの効用⑫リラックス効果

忙しく仕事をした後、少し手を止めてコーヒーを飲むとホッとしますよね。

この効用はコーヒーの香りに含まれている成分が原因であることがわかっています。

コーヒーのこの効用は豆の種類や挽き方によっても変わるようです。

コーヒーの香りにある成分とその効用、またどのようコーヒーにリラックス効果があるのかについて「コーヒーの香気成分と効果ついて」で短くまとめられていますの参照ください。

コーヒーの効用をさらに高める方法

今まで考えてきましたように、コーヒーはたくさんの効用がありますが、コーヒーの持っている効用をさらに高める方法があります。

ではここで、コーヒーの効用を高める飲み物をご紹介しましょう。

水素水がコーヒーの効用を高める

水素水の健康効果が注目されています。水素水には活性酸素を除去する抗酸化作用があるからです。

水素水の効用は「抗酸化作用」だけですが、その効果の高さは他の飲み物と比べてもダントツです。

また活性酸素を万病の原因となっている問題の物質なので、体内から活性酸素を除去することによって幅広い健康効果を期待できます。

毎日飲んでいるコーヒーを水素水で淹れるならば、もともとあるコーヒーポルフェノールの持つ抗酸化作用を劇的に高めることができます。

水素水とコーヒーの相乗効果について詳しくは「水素水コーヒーは相乗効果のある最強の飲み物!」に詳しく解説されています。水素水は扱い方を注意しないと、すぐに水素が抜けてしまいますが、この記事ではコーヒーの効用を最大限に高めるための水素水コーヒーの作り方も開設されています。

近頃では、まがいものの水素水がたくさん出回っています。

厚生労働省の調査をうけたある水素水はほとんど水素が含まれていないただの水であった、というケースがありました。

水素水の効果や、正しい水素水サーバーの選び方は「間違えたくない!水素水サーバーの選び方」に詳しく解説されています。

 

Sponsored Link



ケイ素(シリカ)水がコーヒーの効用を高める

「美のミネラル」とも呼ばれているケイ素(シリカ)水も注目を浴びています。

ケイ素(シリカ)は私たちの体内にもともと備わっているミネラルですが、年とともにケイ素(シリカ)は減少していきます。

ケイ素(シリカ)が不足してくると、骨や血管組織がもろくなってきます。また、肌のコラーゲンが失われ、弾力性を保つことができなくなります。

コーヒーをケイ素(シリカ)水で淹れることにより、体内の失われたケイ素(シリカ)を補給することができます。

またケイ素(シリカ)には抗酸化作用がありますが、コーヒーポルフェノールにも抗酸化作用がありますので、これらが混ざったシリカ水コーヒーを飲み続ければいろいろな病気の予防、美肌効果を期待できます。

ケイ素の効果について詳しくは「ケイ素(シリカ)の効果はどのくらい凄いのか」に詳しく解説されています。

炭酸水がコーヒーの効用を高める

炭酸水は便秘やダイエット効果があるとして、若い人を中心に人気が高まっています。

コーヒーにも同じく、便秘とダイエット効果がありますので、この二つを同時に飲むなら効用をさらに高めることができるでしょう。

炭酸水とコーヒーを一緒にとる、というのはあまりなじみがないかもしれませんが、炭酸水とアイスコーヒーで作った「スパークリングカフェ」という飲み物があります。

炭酸水と便秘の効用、またスパークリングカフェの作り方は「炭酸水が便秘に効果的な理由とは」で解説されています。

お酒がコーヒーの効用を高める

お酒とコーヒーは共に脳神経に影響を及ぼす効用がある飲み物です。

このお酒とコーヒーを同時に飲むことによって、それぞれの効用を高め、デメリットを補う効用があります。

ただし、お酒とコーヒーを共に飲むとき、注意しないと体に危険な影響を及ぼす可能性があります。

コーヒーとお酒を一緒に飲むことによる具体的な効用や注意点は「お酒とコーヒーの意外な関係とは」に詳しく解説されています。

Sponsored Link



コーヒーの効用を弱めないために

コーヒーはたしかにいろいろな効用がありますが、コーヒーであれば何でもよいというわけではありません。

気をつけないとコーヒーの効果を半減するどころか、体に害を及ぼすことさえあります。

ここでは、コーヒーの効用を弱めさせない飲み方をご紹介したいと思います。

砂糖がコーヒーの効用を阻害する

「コーヒーはミルクと砂糖を必ず入れる」、という人は多いと思います。しかし砂糖はコーヒーの効用を阻害します。

白砂糖を食べると急激に血糖値が上がるため、肥満や糖尿病になりやすくなります。

急激な血糖値の上昇は気分がアップダウンしてしまい、安定しなくなります。それで『うつ病の原因は白砂糖による』と指摘している専門家もいます。

さて、コーヒーの効用を高めるためにコーヒーを1日3杯から5杯飲む必要があります。

コーヒー1杯につき、スティックシュガー1本(3g)入れるとしたら、1日に9g~15gの砂糖をとっていることになります。

月どれほどの量の砂糖をとっていることになるか想像できるでしょうか?

では、コーヒーの効能をもう一度思い出してみましょう。
・ダイエット効果
・脂肪燃焼効果
・糖尿病の抑制
・うつ病の抑制
これらコーヒーの効用が白砂糖によって阻害されるどころか、逆効果になってしまいます。

それで、どうしても甘いコーヒーを飲みたい、という人は砂糖をできるだけ少なくする、砂糖を入れるのは1日1回だけにする、白砂糖ではない砂糖を使う、など工夫してください。

コーヒーの効用を高めることができる、コーヒーオリゴ糖を白砂糖の代わりに使うことをおすすめします。

砂糖を入れないブラックコーヒーの効果について「ブラックコーヒーの効果はものすごい!」に詳しく解説されています。

 

Sponsored Link



コーヒーが酸化すると効用が半減する

コーヒーの効用を最大限に生かすために、できるだけ新鮮なコーヒーを飲む必要があります。

コーヒーは焙煎してから酸化が始まります。コーヒーには賞味期限が書かれていますが、それは酸化しない期限ではありません。

時間がたって酸化したコーヒーは胃に悪く、コーヒーのいろいろな効用が軽減されてしまいます。

なお、ここでいう「酸化したコーヒー」と「酸味があるコーヒー」は違います。

コーヒーの酸化による効用、またコーヒーが酸化しないための方法について詳しくは「コーヒーの酸化が体に及ぼす影響とは」に詳しく解説されています。

インスタントコーヒーはコーヒーの効用を弱めるか

インスタントコーヒーは体に悪いというイメージを持っている人が多くいます。

しかし、インスタントコーヒーの成分はコーヒー豆だけ、添加物など一切加えていません。

コーヒー抽出液を乾燥しただけです。

したがって、インスタントコーヒーはコーヒーの効用を弱めることはありません。

むしろカフェインの量やコーヒーオリゴ糖など、レギュラーコーヒーよりも多く含まれているものもあります。

インスタントコーヒーの効用、インスタントコーヒーを美味しく飲む秘訣、またインスタントコーヒーを使ったレシピついて詳しくは「インスタントコーヒーは体に悪いのか」に詳しく解説されています。

 

Sponsored Link



コーヒーの効用 まとめ

コーヒーのいろいろな効用についてご説明しましたがいかがだったでしょうか。

効用があるコーヒーの成分には以下のようなものがありました。
・カフェイン
・コーヒーポルフェノール
・ナイアシン
・コーヒーオリゴ糖

またコーヒーにある12の効用についてもご説明しましたが、コーヒーの効用を高めるためには、「飲まなければならないコーヒーの量」というものがありました。

それぞれの量をまとめてみると、「コーヒーを1日3杯から5杯飲めばほとんどすべての効用を高める」ということがわかります。

少し量が多いと感じられるかもしれませんが、コーヒーにはそれだけの効用、それだけの価値があります。

コーヒーのいろいろな効用について考えると、コーヒーが好きな人も、コーヒーが苦手な人も「もっとコーヒーを飲みたい」という気持ちになるに違いありません。

ぜひ、コーヒーの効用で美容と健康に役立ててください。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 乳酸菌の効能は整腸効果だけではない!腸から脳まで幅広い効果が!

  • 乳酸菌は食べ物で摂取しよう!おすすめの食べ物や食べ方を徹底解説!

  • 乳酸菌は殺菌しても効果は変わらない!死菌の効果や乳酸菌の殺菌力を徹底解説!

  • アトピーへの乳酸菌効果が凄い!改善方法などすべてを徹底解説!

関連記事

  • コーヒーポリフェノールの効果はもの凄い!

  • コーヒーと糖質の関係について

  • コーヒーの飲み方とマナーについて

  • バターコーヒーの作り方を徹底解説!

  • コーヒーの利尿作用について

  • コーヒーは胃に悪くない!知られざるコーヒーの誤解とは