1. TOP
  2. 白湯
  3. 朝白湯の効果が健康にもの凄く良い!
Sponsored Link

朝白湯の効果が健康にもの凄く良い!

白湯   4,080 Views

朝に白湯を飲むことは様々な健康効果を発揮します。

白湯は健康のために古い昔から使われており、ご存知の方も多いと思います。

その白湯が、最近の健康ブームの中で、健康に対する効果の研究が進み、新陳代謝を高め、デトックス効果で体内を綺麗にすることがわかりました。

そして、その波及効果として、従来から普段の生活の中で行なわれてきた風邪の引きはじめや病み上がり、風呂上り、赤ちゃんの水分補給などに飲むだけでなく、ダイエット効果や便秘解消、癒し効果などさまざまな健康への波及効果が明らかになっています。

そして、ダイエットや便秘解消、冷え性解消などには朝白湯を飲む効果が一番高いこともわかってきました。

また、白湯にはさまざまなアレンジがありますが、朝の白湯に合うアレンジと言うものもいろいろ提案されています。

今回は、このようにさまざまな健康効果が明らかになりつつある朝飲む白湯に焦点を当てて調べてみました。

Sponsored Link



Contents

白湯とは

白湯というのは、非常にシンプルな飲み物であり、水を沸騰させ、冷ましただけの飲み物です。

しかし、白湯は庶民の間では、古くから生活の智恵として健康維持のために使われてきました。

風邪の引きはじめや、赤ちゃんの水分補給、湯上りの一杯など生活のあらゆる局面で利用されてきたのです。

昔の人は、何故白湯は健康に役立つ効能があるのか知りませんでしたが、長い経験の中で生活におけるいろいろな局面で役に立つということを知っていたのです。

白湯とは、どういうものか、また、その健康上の効果はどのようなものなのかを見てみましょう。

白湯の歴史的背景

白湯は、もともと古代インドの伝統的な医術であるアーユルヴェーダを起源としていると言われています。

日本にいつ頃伝わったのかはわかっていませんが、中国を経由して伝わってきたと言われています。

孫悟空で有名な西遊記の三蔵法師玄奘は、インドまで行って経典を持ち帰っていますが、彼もその時に白湯の効能について知ったのではないでしょうか。

いずれにしても、第二次世界大戦前までは、庶民の健康維持のために盛んに飲まれていたのが白湯なのです。

白湯の敬遠

しかし、高度成長時代に入ると、公害や河川の汚染などで水道水は臭くなり、さらにそれを防ぐために塩素消毒が強化されたことで、水道水はカルキ臭いということで、白湯そのものもあまり、使われなくなっていきました。

高度成長時代には、冷蔵庫が普及し、ジュースや清涼飲料水も発売されて、次第に何の味もない白湯は敬遠されるようになっていったのです。

健康ブームと白湯の復活

しかし、高度経済成長時代が終わり、高度成長の歪み、すなわち、公害や汚染による健康被害と言った高度成長の代償が明らかになり、人々は生活が豊かになって余裕ができてきたこともあって、健康ブームというものが湧き上がりました。

そして、その中で、白湯の健康に対する効果というものも注目を集め、なぜ白湯は健康によい効果を与えるのかが明らかになってきたのです。

さに、バブル崩壊以降には、それまでの日本のムラ社会的な共同責任制度が企業社会に変質して、自己責任制度が取り入れられることにより、地域社会の連帯はなくなり、会社内ではパワーハラスメント、セクシャルハラスメントなど上司、同僚間における人間関係から来るプレッシャーが高くなっていきました。

そのために強いストレスを感じるようになった日本人は、次第に精神的にも健康が蝕まれるようになってきました。

それ故に、21世紀に入ると更なる第二の健康ブームが起こり、癒しブームも一緒になって、白湯などの癒しを含めた健康効果が求められるようになっているのです。

その結果、白湯の健康効果を期待して飲む機会が増え、白湯のさらなる健康効果やその飲み方などが研究され、いろいろと発表されるようになってきたわけです。

Sponsored Link



白湯の健康効果

それでは、白湯の健康効果とはどういうものでしょうか。

基本的に白湯の健康効果の原点にあるのは、新陳代謝を高める効果とデトックス効果です。

この二つによる効果を元にしていろいろな健康面への波及効果がわかってきたのです。

そこでこの新陳代謝を高める効果とデトックス効果についてまず見てみることにします。

白湯の新陳代謝、活性化効果

新陳代謝とは、人間や生物が、毎日の食事で食べる食物からエネルギーと栄養素を吸収することで化学反応を起こし、体の古い細胞を壊し、新しい細胞に再生することを言います。

我々人間にとっては、無くてはならない大切な生命の維持機能なのです。

このように大切な新陳代謝は、体がストレスや仕事で疲れたりすることで、体が冷えたり、風邪等の病気になることによって活動が鈍り、古い細胞が残ったままになったり、古い細胞が壊されても新しい細胞が再生できなかったりします。

そのため、体内は不活発な古い細胞や古い壊れた細胞などの老廃物、毒素などが体内に充満してしまうため、我々の体は血管系の障害、動脈硬化やそれに起因しておこる脳梗塞、心筋梗塞、さらに糖尿病などの成人病といわれる現代病になりやすくなってしまいます。

白湯は、そのやさしい温かさによって、冷えて活動の鈍った体内の臓器を目覚めさせ、活発化させてくれます。

その結果、各臓器は新陳代謝を高めることができるようになるのです。

そのため、白湯による新陳代謝を高める効果は、生命維持のための予防、健康な体を維持するためには重要な役目を果たすのです。

白湯は、このように我々人間にとって不可欠な新陳代謝を高め、活性化させてくれる効果を持っているのです。

白湯のデトックス効果

新陳代謝が高まり、体の内臓の動きが活発になってきますと、古い細胞などの老廃物や毒素などが血管の中に吐き出されます。

その古い細胞や毒素などを汗や尿と一緒に体外に排出することをデトックスと言います。

このデトックスがなければ、血管に流された老廃物や毒素は体内に残って、体の各所で悪さをします。

皮膚などに残ると、しみ、そばかすやたるみなどのお肌の大敵が引き起こされます。

また、皮膚では、お肌の弾力性やみずみずしさを確保してきたヒアルロン酸やコラーゲンといった成分の生産が停滞し、年齢肌、美肌は遠い過去になってしまいます。

さらに、老廃物や毒素が血管に残ったままでは、動脈硬化を引き起こし、それらが脳に滞留すれば脳梗塞、心臓に溜まれば心筋梗塞などにつながってしまいます。

このように、ドロドロになった血管から老廃物や毒素を外に出すデトックスを行なう効果を白湯は持っているのです。

白湯のやさしい温かさは、体の臓器を活発化させるとともに、血流を強めてくれます。

血流が高まることで、体内の古い細胞である老廃物や毒素はスムーズに流れるようになり、白湯で活性化した腎臓や肝臓などによってその老廃物や毒素を濾して尿や汗として体外に排出してくれるのです。

また、体内に残った排泄物も白湯のやさしい温かさで腸を目覚めさせ、デトックス効果で活性化させるために便秘なども解消してくれるのです。

従って、古い細胞を新しい細胞に生まれ変わらせる新陳代謝とその古い細胞を体外に出すデトックスとは、互いに切っても切れない密接な関係にあるものなのです。

どちらが欠けても人間や生命体の健康を維持することができないものであり、この二つを活性化させてくれる白湯の健康効果というものは非常に大きなものなのです。

白湯のその他の波及効果

この新陳代謝を高めて体を活性化させる効果とデトックス効果は、体内の老廃物や毒素を外に出すと言う動きを高めてくれることにより、さらに体の健康に対して大きな役割をしてくれることがわかってきました。

それは、皮膚細胞の活性化による美肌の崩れ、荒れ肌に対する改善効果であったり、体全体の活性化による風邪などの予防、冷え性などの軽減効果、便秘の解消効果、体温上昇によるがんなどに対する予防効果などです。

さらに、白湯の「ほっ」とする温かさによる効果として、体の疲れやストレス疲れに対する軽減効果なども上げられています。

新陳代謝を高める効果、デトックス効果によって派生してくる健康効果の内容については、「白湯の健康効果についてにて詳しく記載していますので、ご覧ください。

Sponsored Link



朝白湯を飲む効果

朝起きた時の我々の体は、夜中にかなりの汗をかいており、水分不足の状況にあります。

水分不足の状態というのは、体の水分が汗でなくなってしまう結果、口の中は乾燥して口臭が出やすくなりますし、ひどくなる時は「気持ちが悪い」という状態にもなってしまいます。

さらに、水分は尿として溜まるため、トイレにも行きたくなります。

トイレで排尿をすると言うことは、さらに水分不足を加速させます。

このような朝の体に対して、白湯を飲むことで水分補給をし、内蔵が白湯の温かさで活気づき、気持ち悪さも解消されます。

また、口の中の乾燥も癒されて、歯磨きが楽にできるようになります。

このように白湯は、朝起きたての我々の体に対して水分不足の症状を回復させてくれると同時に、さらにさまざまな健康効果をもたらしてくれます。

その朝の白湯のさまざまな健康効果について見ていきましょう。

 

Sponsored Link



朝に白湯を飲んでダイエット、痩せた体験

日本人は豊かな生活を手に入れて、食生活も脂身の多いお肉を好んで食べており、その代償として肥満傾向が強くなっています。

厚生労働省の調査報告によりますと、日本人の4人に1人が肥満と言う状況になっており、特に中年以降の肥満傾向が強くなっています。

中年以降の肥満は、成人病の原因にもなり、メタボリックシンドロームの人が増えていると言うことです。

そのため、ダイエットをしようとする人は多く、インターネットや書籍でもさまざまなダイエット方法が紹介されています。

白湯についても、新陳代謝を高める効果とデトックス効果によってダイエットに利用できることがわかってきており、注目を集めています。

特に朝に飲む白湯のダイエット効果は大きく、白湯によるダイエットは新陳代謝が高まる効果に伴う脂肪燃焼効果やデトックス効果によるものです。

有名な女優さんやタレントさんらが携帯ポットに白湯を入れて持ち歩いてダイエットしていることもよく話題になっています。

朝の白湯によるダイエットの原理

朝に白湯を飲むことにより、ダイエット効果はさらに大きくなります。

朝の白湯は、朝起きた時の水分不足になっている状態に対してやさしい温かさで水分補給をしてくれるので、水分不足によりドロドロになっていた血液はスムーズに流れるようになります。

やさしく温かい白湯が内臓を温めてくれることにより、内臓が温められ、目覚めるとともに、血液の循環がよくなり、さらに新陳代謝の動きがよくなり、そのエネルギーにより脂肪が燃焼されます。

新陳代謝が活発化することにより、細胞の再生機能が進むことで、老廃物や毒素、古い細胞の脂肪カスなどを血液に送り出します。

水分不足が解消して、血流もよくなった血管に乗ってデトックス効果で老廃物や脂肪、毒素が復活した腎臓や肝臓などを経由して排尿などとともに体外に出されていきます。

その結果、体内に残っていた脂肪、老廃物などが体外に出されて体重は減少していきます。

また、腸内でもその動きが復活し、温かい水分補給により排泄物が軟化して、便秘が改善され、腸内に張り付いていた宿便なども一緒に体外に排出されるため、体重が減少していきます。

このように、朝起きた時に白湯を飲むことにより、水分補給とやさしい温かさで内臓を目覚めさせ、活発化させることで、体内の新陳代謝の高まりとデトックス効果がさらに大きくなります。

その結果、体内から老廃物や宿便などが体外に排出されて体重が減るというダイエット効果はさらに大きくなるのです。

また、白湯は「ほっ」とする癒しの効果があり、ストレスで疲れた体を回復させてくれる働きもありますので、ストレス疲れで胃腸の体内温度が低下することを防いでもくれます。

胃腸の体内温度が低下すると大腸の動きも鈍って、排便が滞る、すなわち便秘になったり、宿便が溜まりやすくなるのを防いでくれるため、その面でもダイエットをサポートしてくれるのです。

Sponsored Link



朝に白湯を飲んで便秘解消

朝起きた時の我々の体は水分不足になっており、その状態のまま、朝食も取らずに会社などに行くとさらに水分不足は進みます。

水分が不足していると、腸の中の排泄すべき便が硬くなってしまいます。

また、腸はまだ目が覚めておらず、不活発なままで時間が過ぎていきます。

さらにそこに会社でのストレスが重なると、腸内の温度が低下して大腸はさらに動きを止めてしまうため、便は排泄できないまま、大腸内に滞留し、一部は宿便となり、腸の壁に張り付いてしまいます。

このようなことが毎日続くと、人は便秘になり、イライラとした精神状態になり、また、腸内に残った便からは毒素が発生し、それが腸から吸収されて血液に流されるため、毒素は体内の各所に回って悪さをしたり、血管そのものを動脈硬化に陥らせたりします。

動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞などの血管が詰まることによる障害を引き起こしますし、毒素によって糖尿病も引き起こされる可能性が高まります。

疲れも取れなくなり、疲れが蓄積してさらに腸内の活動は弱まってしまうのです。

このように、便秘が日常的に続くと、我々の体は次第に劣化していき、さまざまな病気を引き起こすことにもなりかねません。

朝の白湯が便秘解消になる原理

このような便秘を解消するのに白湯は大きな効果をもたらしてくれます。

特に、朝飲む白湯の効果は便秘においても大きく、便秘解消に心強い味方になってくれます。

朝に白湯を飲むことによる便秘解消の原理を見てみましょう。

まず、朝起きた時に生じている水分不足に対して水分を補給してくれ、さらにやさしく温かい白湯が体の臓器を温め、目覚めさせてくれます。

腸も白湯の温かさで目覚めて、活動を開始し、排泄すべき便を体外に排出しようと蠕動運動(大腸内の便を肛門に向けて押し下げる動き)を開始します。

また、水分を補給することで排泄すべき便もほぐれて、流れ易くなります。

そのため、排泄物が腸壁に張り付くこともなくなり、逆に張り付いていた宿便も溶かされて排泄物と一緒に体外に排便されるようになります。

また、体内でデトックス効果が出始めることで、腸内の毒素は活発になった血流に乗って腎臓や肝臓を経由して尿や汗として体外に排出されます。

従って、体内に毒素が回って滞留することもなくなり、血流が活発になることで動脈硬化も起こりにくくなります。

さらに、便秘を解消するとともに、便秘から生じてくるさまざまな病気に対する予防もできるようになるのです。

 

Sponsored Link



朝に白湯を飲んで下痢する理由

白湯の飲みはじめに起こることですが、白湯によるデトックス効果によって、腸内の宿便や老廃物、毒素といったものを排出するために下痢になる人がいると言うことです。

しかし、この下痢は体の毒素を外に出してくれているのであり、しばらく続く場合もありますが、悪いことではありませんので、白湯を飲むことを止めずに、続けて飲んでください。

その際には白湯がまずいと感じることもよくあることです。

その後、次第に体内の毒素を下痢で洗い流していきますと、白湯は美味しく感じるようになります。

白湯が美味しく感じられたり、下痢が止まった時には、体内の毒素や老廃物がなくなったということであり、その時には腸内の掃除が完了し、体が軽く感じるはずです。

Sponsored Link



朝に白湯を飲んで冷え性解消

冷え性は女性に多いのですが、その原因はさまざまあり、西洋医学では何らかの病気の症状として捉えられています。

冷え性そのものは、血行障害や指先などの抹消の血管が詰まって血液循環が悪くなることで症状が出てくるものです。

冷え性は遺伝や生活習慣などが原因となっている病気の症状と言われています。

生活習慣が原因の場合は、やはり食事を極端に制限したりする無理なダイエットから栄養不足になり発症したり、夜更かしや朝食を食べないと言った不規則な生活リズム、偏食なども原因になるようですので、心当たりのある方は改めてください。

また、食事の改善の場合も、発酵食品などの体を温める働きのある食品を積極的にとり、生のサラダ、動物性脂肪などの体を冷やす食品は控えるようにしてください。

バランスの取れた食事が一番肝心です。

そして、それらの食生活の改善とともに、白湯を飲むことで冷え性は改善され、解消されていきます。

朝の白湯は冷え性の改善効果が高い

特に朝起きた後は、体の活動が停滞しており、夜中に新陳代謝などで生まれた老廃物や脂肪、毒素などが血液の中に溶け出して、血液はドロドロの状態にあり、血流は悪くます。

この状態は、まさに冷え性の前兆になります。

この状態を続けたまま、会社などに出かけると、血液はドロドロのままで、過ごすことになり、動脈硬化につながったり、抹消の血管が詰まって冷え症になってしまうのです。

従って、朝に白湯を飲むことにより、体内の臓器の目を覚まさせ、活動を復活させてやることで、デトックス効果も生まれ、血流が回復して、血液中の老廃物や脂肪、毒素は留まらずに流れるようになり、腎臓や肝臓で尿や汗として排出されるようになるのです。

是非、冷え性の方は朝の白湯は欠かさず、習慣付けるようにしてください。

Sponsored Link



朝に白湯を飲んで目覚めすっきり

朝起きた時の人間の体は、水分不足と内臓の機能が低下している状態にありますね。

特に、寝不足などの際には疲れが取れておらず、そのために内蔵の機能はさらに低下しているため、起きづらい状態になるのです。

人間は、夜寝ているときと昼間活動をしている時では、体温は1゜Cくらい違いがあります。

眠っている時には副交感神経の作用で体温が下がるのです。

そのため、内蔵の動きが鈍くなっています。

不規則な生活で、夜更かしが続くと、この体温差が元に戻りにくくなるため、朝の目覚めが悪くなるのです。

そこで、冷たい水を飲んで、目を覚まそうとする人が多いようです。

しかし、冷たい水で顔を洗うのはいいですが、冷たい水は内蔵をびっくりさせてしまい、活動をさらに低下させてしまうため、血液の流れも鈍くなり、脳に栄養が行きませんので、目が覚めると言う状態とは逆になってしまいます。

朝の目覚めには白湯が一番効果が高い

朝、すっきり目覚めるためにはやはり白湯を飲むのが一番です。

朝起きた時の水分不足と低くなった体温のために、体内の臓器は休んでいる状態です。

この休んでいる臓器を目覚めさせるためには、いきなり温度差の大きい飲み物は逆効果になります。

冷たい飲み物がだめなのはそのためです。

人間の体温から少し上の温度の白湯は、体にとってやさしく温めてくれるものであり、体内の温度を上げて内臓の働きを回復させ、血流の動きを回復させてくれるのです。

ドロドロの血液を流れ易くして、体の末端まで温かさで包み込みます。

そのため、冷え性も解消するのですが、血流がよくなることで脳に血液が行き渡り、脳の活動を活性化させてくれるのです。

それが目覚めです。

また、体温が上がることで新陳代謝も活発化してエネルギーが充填され、デトックス効果で老廃物は体外に排出されるため、すっきりとした状態で目覚めることができます。

また、体温が1゜C上がると言うことは免疫力が3割くらい上がります。

免疫力が上がるということは、病気にかかりにくくなると言うことです。

体が活発になったところで食事をして、出かけることで、一日爽快に過ごすことができるのです。

是非、試してみましょう。

Sponsored Link



朝に白湯を飲んでお肌改善

白湯の新陳代謝環を高め、デトックス効果で体内を洗い流す効果は、お肌の荒れや美容にもよいことが判ってきました。

お肌の構造

お肌は、表皮と真皮と言われる部分に分かれており、それぞれがまた複雑な構造をしています。

表皮は角質層、顆粒層、有棘層、基底層の四層構造になっており、真皮はメラノサイト、基質、コラーゲン、エラスチン、繊維目細胞が複雑に絡み合っています。

表皮は0.3mm程度の厚さと非常に薄く、一定の期間が過ぎるとターンオーバーと呼ばれる表皮の入れ替わりにより、剥がれ落ちていきます。

表皮そのものが新陳代謝をしているのです。

真皮には、よく耳にするコラーゲンヒアルロン酸などが含まれており、皮膚の弾力性を維持しています。

また、真皮には皮脂線と呼ばれる組織があり、そこから生成される皮脂と汗が混ざり合って皮脂膜を形成して表皮以下の水分を守っているのです。

このように、単にお肌と言っても複雑な構造をして、我々の体の表面を守ってくれているのです。

現代はお肌の危機

しかし、現代では、豊かな食卓に食品添加物の入った食べ物が並び、農薬の影響もあって体内に毒素が増え、また、フロンガスの影響によるオゾン層の破壊は皮膚細胞を破壊する紫外線を地上に大量に降らせることになり、それを防ぐためにメラニン色素という成分を増やさざるを得なくなって、お肌は肌荒れ、シミ、たるみなど、女性の大敵がうようよと出てくるようになっています。

さらには、社会的なストレスもあり、ターンオーバーが遅れがちになり、お肌はさらに危機的な状況になっています。

白湯の美容効果

このような状況の中で、白湯の新陳代謝を高める効果、デトックス効果が、お肌の再生にも効果が大きいことがわかってきたのです。

すなわち、ターンオーバーは、皮膚の新陳代謝であり、白湯が内臓を温めて新陳代謝を高め、デトックス効果で新陳代謝で生まれた老廃物や毒素を体外に洗い流す動きそのものなのです。

新陳代謝で血流が早くなり、毒素などを洗い流すことで、皮膚の細胞も再生されて古い皮膚細胞は剥がれ、毒素などは血流の中で洗い流されることで、ターンオーバーはスムーズに行なわれるようになります。

ターンオーバーが活発化するによって、皮膚の水分は保護されますし、紫外線を防ぐために増加したメラニン色素を体外に出してくれるのです。

また、新陳代謝が活発化することで、皮膚の真皮における細胞の新陳代謝も活発になり、コラーゲン、ヒアルロン酸などの生産も活性化されるため、お肌の弾力性、保水力もさらにアップします。

朝の白湯のさらなる美肌効果

このように白湯の美肌効果は大きいのですが、朝に白湯を飲むことにより、その効果はさらに高まります。

すなわち、朝の水分が不足し、内臓や体の細胞が不活発な状況はお肌にとってはつらい状況です。

肌は乾燥し、皮膚の水分も不足してみずみずしさが失われています。

また、体温も1゜Cくらい低下しているために、皮膚の細胞の動きも弱く、免疫力も低下しているため、弾力性が失われています。

このような状態のままでは、お化粧のノリも悪く、外出して寒風にお肌をさらしてしまうと荒れ肌まで出て、まさに悲惨なお肌になってしまいます。

朝の白湯は、そのような状況を改善してくれるのです。

すなわち、白湯のやさしい温かさで内臓が活発に動き出すことで、血流が回復して体の隅々まで活性化してくれます。

体の細胞の新陳代謝は体温が1゜C上がると約10~12%アップすると言われています。

皮膚の細胞も休眠状態から活発にコラーゲンやヒアルロン酸を生産するようになり、何よりも皮膚の不足している水分を補填して、みずみずしさを回復してくれます。

また、皮膚に溜まった老廃物も血流に乗って体外に排出されていきます。

それによって、お化粧のノリはよくなり、お肌の細胞が復活することで、寒風から守ってくれ、荒れ肌にもならなくなるのです。

Sponsored Link



朝白湯のアトピー性皮膚炎予防の効果

皮膚と言いますとアトピー性皮膚炎があります。

アトピー性皮膚炎は、ダニやゆほこりなどの住環境やストレスが原因とされていて、治療法はまだ確立されていません。

アトピー性皮膚炎は、皮膚を守る機能が低下した状態であり、石鹸や洗剤や添加物、乾燥汚れなどが悪化させる要因になります。

朝白湯を毎日飲むことによって、皮膚のターンオーバーを常に正常に維持することで、皮膚の表面につく毒素や細菌から皮脂膜が皮膚を守ってくれます。

従って、アトピー性皮膚炎の予防になるのです。

また、アトピー性皮膚炎は、疲れ、緊張などからくるストレスでも発症したり、悪化要因になったりしています。

この疲れ、ストレスからくるアトピー性皮膚炎については、白湯の「ほっ」とするリラックス効果が予防につながります。

白湯によって疲れ、ストレスを癒してリラックスすることにより、アトピー性皮膚炎の発症を予防したり、発症した後の悪化を防いだりできるのです。

このようにお肌の健康には白湯が非常に効果的なのです。

是非、試してみましょう。

 

Sponsored Link



朝に白湯を飲んでむくみ解消

むくみも女性に多い症状であり、血管の流れの鈍化によって静脈が詰まったり、リンパ液が滞るなどの原因によって体全体、或いは部分的に体が膨らんでくる症状です。

血液がさらさらとしていれば生じませんが、血液がドロドロになって流れが悪くなることで生じてきます。

むくみの原因としては、

  • 寝不足
  • 運動不足
  • ストレス
  • 体が冷えた場合
  • 塩分、糖分の取り過ぎ
  • 栄養の偏り
  • 生理の前

などがあります。

多くは、不規則な日常生活によるものが多く、寝不足、運動不足、栄養の偏りなどは自らが意識して生活リズムを正したり、バランスよく食事することで解決できます。

また、これらのむくみの原因には白湯で解消できるものがあります。

白湯には、そのやさしく温かくしてくれることで「ほっ」とできる効果があり、ストレスなどには有効ですし、体が冷えた場合などにも白湯の温かさと新陳代謝の高まり、デトックス効果で体内の血流が回復することで解決できます。

また、白湯を飲むことで、かなりのむくみの原因を予防できるのです。

むくみの原因になる寝不足、運動不足などは体内の温度が低下して、内臓の活動が低下して血流が滞るために起こります。

従って、普段から白湯を毎日4杯ほど欠かさず飲むことによって、体が冷える場合やストレスによる体内温度の低下も含めて予防することができます。

ですから、生理前のむくみは別にして、ほとんどのむくみは解決が可能なのです。

朝起きた時の白湯のむくみ改善効果

特に、朝起きた時には、水分が不足し、体温は1゜Cくらい低下しており、血流も停滞していますので、むくみが起き易い状態にあります。

それに対して、朝起きた時に白湯を飲めば、水分を補給するとともに体内の臓器の温度を上げて活動を活発にしてくれますので、体温は上昇し、血流も活発に流れ始めますので、むくみになりにくい状態に改善してくれます。

血流に乗ってきた体内の老廃物や毒素を腎臓などが体外に排出してくれるため、血液のドロドロもなくなり、むくみのない化粧のノリのよいお肌を実感できます。

Sponsored Link



朝に白湯を飲んで水分不足解消

朝起きた時の人間の体は、水分が不足して、口はカラカラになり、体内温度も下がっているために内蔵の動きも低下しています。

そのために、便秘症状や下痢症状になり易く、冷え性も出易く、むくみも出てお化粧のノリも悪くなるのです。

このような状況は全て朝起きた時の水分不足と体内温度の低下から生じています。

体は水分を要求しているため、水をまず飲むと言う方がいますが、冷えた水は体にとって逆に症状を悪くしてしまいます。

すなわち、体内温度はさらに下がって内臓はいよいよストライキを起こしますし、そのために胃腸も水分を吸収できないため、体内の血流はさらに悪くなり、血液はさらにドロドロになってしまいます。

下痢や便秘はさらにひどくなり、冷え性、むくみも治らないため、お化粧のノリもさらに悪くなってしまいます。

従って、朝起きたときは、必ず温かい白湯で水分補給をするとともに体内を温めてやる必要があるのです。

それによって、便秘や下痢は解消しますし、冷え性、むくみも解消して、お化粧のノリも回復します。

そして、体が落ち着いた後に、食事やコーヒーをゆったりした気分でとることが一日を快調に過ごすコツなのです。

 

Sponsored Link



朝の歯磨き後に白湯を飲む

朝起きた時に、水分不足から口の中はカラカラに乾いています。

この乾燥した状態と言うのは、虫歯菌などの口内細菌にとっては絶好の環境になっています。

一番言い環境で暴れる細菌たちは毒素を撒き散らしています。

口の中は毒素で一杯です。

従って、朝起きた後、白湯をそのまま飲んでしまいますと、細菌や細菌が撒き散らした毒素まで一緒に胃に流し込むことになってしまいます。

これらの細菌や毒素は腸内の悪玉菌の大好物であり、腸内バランスが崩れる要因になってしまいます。

従って、朝起きた時、白湯を飲む前にまずさっと歯を磨くことをお勧めします。

口をゆすぐだけでもだいぶ違います。

また、はちみつやしょうがなどの殺菌作用の強い食材をアレンジさせることも口内の毒素や細菌退治に有効です。

でも、くれぐれも冷水を飲み込んだりはしないでください。

さっと磨いたら、さあ朝の白湯です。

新陳代謝が高まり、デトックス効果によって、体内の臓器が一斉に活動を始めてくれます。

血流も活発に流れ始め、ドロドロの血液をサラサラの血液に変えてくれます。

お肌は回復し、化粧のノリもよくなります。

一日、快調に過ごすことができます。

Sponsored Link



朝飲む白湯のアレンジと効果

朝起きた時に、体の水分不足を補うために飲むものとして、白湯がありますが、さらにその白湯にアレンジを加えて、朝の健康体を作るための工夫を見てみることにしましょう。

アレンジには、白湯に入れて飲むものや白湯とは別に食べるものに分かれます。

また、白湯と同じように体を温めるものとしてお茶や紅茶などもありますが、朝起きた時に飲むものとして白湯との違いも一緒に見てみることにします。

朝の白湯とはちみつ

白湯と一番相性がよく、健康効果も相乗効果と補完効果があるものがはちみつです。

はちみつは、主成分であるブドウ糖などの糖分が豊富で、人間のエネルギー源として新陳代謝やデトックス効果を相乗効果で倍増させてくれるとともに、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素も豊富で白湯のさまざまな健康効果を増幅させてくれます。

朝起きた時、白湯を飲めばやさしく温かい白湯が水分補給するとともに、新陳代謝を高め、臓器を目覚めさせて活動を活発化させて血流も強く流れ始めますが、その際には、新陳代謝を高めるためのエネルギーが必要になります。

そのエネルギーを強力に提供してくれるのがはちみつなのです。

はちみつのブドウ糖などのエネルギーによって、脂肪燃焼も促進され、また、はちみつに含まれるビタミンやアミノ酸、ポリフェノールなどがダイエット効果、美容効果、便秘解消効果、冷え性改善効果などをさらに強力にサポートしてくれるのです。

また、殺菌作用、保湿作用もあり、冬場の風邪や喉の痛みの症状を和らげてくれます。

朝作った白湯にはちみつをスプーン一杯溶かすだけです。

はちみつは温度が下がりますと、結晶化して硬くなりますが、温度の高い白湯にはすぐに溶け、相性も抜群です。

そのため、一日が快調に過ごすことができるようになります。

なお、はちみつの成分については、「白湯とはちみつの相乗効果について」にて詳しく記載していますので、ご覧ください。

朝の白湯とレモン

朝に飲む白湯にはちみつとともに適性がいいのが、レモンです。

レモンは、ご存知のようにビタミンCが豊富に入っており、免疫力が高く、抗酸化作用、抗ストレス作用を持っており、美容効果、疲労回復、風邪予防などには効果抜群です。

ひと昔前に、はちみつレモンという清涼飲料水が流行りましたが、はちみつとの相性もよく、白湯に両方を入れて飲むとトリプルで効果が高まります。

夜寝る前と朝起きた時のはちみつレモン白湯は抜群の効果を発揮します。

朝起きた時には、口の中はカラカラになって細菌がうようよしています。

いきなり白湯だけで飲むとこれらの細菌や細菌が発する毒素も一緒に胃に流し込んでしまいますが、はちみつとレモンを白湯に入れれば、はちみつの殺菌作用とレモンの免疫力によって細菌や毒素を抑えてくれるので安心です。

はちみつ白湯の絶大な効果をさらに引上げてくれます。

また、脂肪燃焼効果も高く、ダイエット、美容効果はさらに大きくなります。

作り方は、はちみつ白湯にレモン汁をスプーン一杯入れるだけです。

毎日飲むように習慣付ければ、便秘もなく、疲れ、ストレスの回復力も高く、美肌と言うことのない健康体になれます。

なお、レモン白湯に関するより詳しい情報は「レモン白湯の効果について」にてお伝えしています。

朝の白湯としょうが

しょうがには、ショウガオールと言う高い殺菌作用のある成分があり、白湯に入れることで、喉の痛みや風邪の予防を始め、脂肪燃焼効果も高く、ダイエットにも適しています。

朝起きた時、水分不足と体温が下がっている体に対して、白湯によって、水分補給され、新陳代謝機能が高まるとともに、しょうがの殺菌力が口内の細菌や毒素に対してもそれらを抑える作用があるので、安心して飲めます。

しょうがの殺菌力や脂肪燃焼効果は、白湯にはないものであり、朝の眠った内臓が活動を始めるとともに脂肪燃焼が始まり、お肌の回復や冷え性の予防に力を発揮します。

お化粧のノリも凄く良くなります。

特に冬場、朝起きた時に喉が痛いなと感じたら、はちみつ白湯にしょうがを入れて飲んでください。

喉の痛みは風邪の引きはじめであり、はちみつとしょうがのダブルの殺菌作用が喉の痛みを抑え、風邪の菌も抑えてくれます。

しょうが白湯の入れ方は、白湯ができてからチューブのしょうがを小さなスプーン一杯分をいれてかき回せば出来上がりです。

ただ、刺激が強いだけに苦手な人もおり、入れる量については自分に合った分量を見極める必要があります。

 

Sponsored Link



朝の白湯とスムージーの関係

スムージーについては、いろいろなタレントさんがその美味しさやダイエット効果などをブログなどで伝えられています。

スムージーは、冷凍庫などで果物や野菜などを凍らせてから、ミキサーで混ぜ合わせた飲み物をいいます。

中には、凍らせずに生野菜だけでそのままミキサーにかけている人もいるようです。

野菜ジュースに比べると、野菜の量が多く、その独特の濃さや腹持ちのよさが受けているようです。

市販のものもありますが、美味しくするためにフルーツジュースやアイスクリームなどの糖分の多いものが入っており、ダイエットには向いていません。

野菜ジュースに比べると食物繊維が豊富であり、糖分も少ないため、便秘などへの効果もあります。

また、スムージーだけでも腹持ちがいいため、ダイエットなどに利用されています。

スムージーの効果を上げるためには、まず朝起きたら、白湯を飲んでください。

白湯のやさしい温かさによって、体内の内臓を目覚めさせ、新陳代謝を活発にして内臓の活動を再開させるのです。

脂肪燃焼も始まり、血流も活発化します。

そして、体の内部が動き出したなと確認してから、スムージーを朝食代わりに飲むようにしましょう。

スムージーの植物繊維と白湯のデトックス効果で便秘の解消もできますし、お化粧のノリもよくなります。

このように白湯とスムージーの両方を摂取することでダイエット効果を高めることができます。

朝の白湯と野菜ジュース

野菜ジュースは、結構カロリーもありますし、腹持ちもよくありませんので、ダイエットにはあまり向いていないかもしれません。

確かに食物繊維は豊富に入っており、白湯で体を活発化させた後に野菜ジュースを飲むことは、便秘解消に効果的と言えます。

朝白湯を飲んだ後でも冷たい野菜ジュースだと体に負担がかかるので、冷たくない野菜ジュースを飲むように心がけるとより効果的です。

朝の白湯とフルーツ

フルーツは栄養価が高く、腹持ちもいいのでダイエットにも利用されます。

スムージーと同じです。

忙しい朝にスムージーを作るのが面倒と言う人が多いようですね。

ただ、スムージーと同様にまだ、内臓が起きていない間に食べるのは止めてください。

まず、白湯で体の中を起こして、活発に活動できるようになってから食べましょう。

それとフルーツは緑茶や紅茶とは相性がよくありません。

緑茶や紅茶に入っているタンニンという成分は鉄分の吸収を阻害するのです。

せっかくのフルーツの鉄分が吸収できないだけでなく、タンニンの渋み成分がせっかくの糖分の味をわからなくしてしまいます。

従って、一緒に飲むものもやはり白湯がお勧めです。

白湯はフルーツの栄養素の吸収を邪魔しませんし、味を変えるということもありません。

朝の白湯とココナッツオイルの効果

ココナッツオイルは、中鎖脂肪酸という太りにくくしてくれる成分が入っており、はちみつと同様にエネルギー源となり、新陳代謝などをサポートします。

すなわち、脂肪燃焼に効果があり、ダイエットに効果的です。

また、抗酸化力や抗筋力があるのもはちみつと似ており、風邪や喉の痛みを緩和してくれます。

朝一番の白湯に入れることで、内臓の脂肪燃焼がより早く始まりますので、効果がより強く現れます。

ただ、オリーブオイルと同様にどうしても脂っこく感じますので、苦手な場合は控えたほうがいいと思います。

作り方としては、白湯に大さじ一杯を溶かすだけで簡単です。

 

Sponsored Link



朝の白湯とオリーブオイルの効果

オリーブオイルにはビタミンEやオレイン酸が豊富に含まれており、はちみつやコーヒーのポリフェノールと同様に抗酸化作用があり、老化作用などへの効果や、腸内の善玉菌を増やす効果、血管系の障害の予防、便秘解消効果などの派生効果があります。

特にオレイン酸は温度の高い白湯にもよく溶ける特徴を持つています。

朝の白湯に入れることで、便秘の解消や体内の血流を早め、抗酸化作用で弱った腸の蠕動運動を復活させてくれ、また、善玉菌を増やすことから便秘には特に効果が大きいと言えます。

こちらも、出来上がった白湯にスプーン一杯のオリーブオイルを入れてかき回すだけですので、手軽に出来ます。

朝の白湯とスパイスの効果

スパイスですから、しょうがやこしょうと同じような効能である血行促進、冷え性改善、便秘解消などの効果があります。

スパイスの種類はそれぞれの人の好みで組み合わせます。

しかし、こしょうで試してみましたが、確かに体は温まりますが、味はあまりお勧めできません。

しょうがの刺激とはまた違う刺激がありますので、人によって好き嫌いがあるかもしれません。

作り方としては出来た白湯に3振りほど入れてかき回します。

朝の白湯と梅干しの効果

梅干しにはポリフェノールの一種であるリグナンと言う成分が含まれており、細胞や体の組織に対して強い抗酸化作用があります。

また、クエン酸も含まれていることから、新陳代謝を高め、血液をサラサラにして血行をよくしてくれます。

また、クエン酸によって新陳代謝が高まり、デトックス効果も高まることから、便秘解消、美容効果も大きく、昔からその利用は広範囲にわたっています。

殺菌効果も大きく、歯茎が腫れて痛いたときなどに梅干しの皮を歯茎に貼り付けて炎症を抑えるとともに痛み止めにもしていたことを思い出します。

このように効果の大きい梅干しですが、それを朝、白湯に入れて飲むことで、白湯の新陳代謝や内臓の活性化などがより強化されます。

同時に便秘解消効果、美容効果などによって体内やお肌はきれいになり、さわやかな一日が過ごせるようになるのです。

お化粧のノリも良くなります。

レモンの酸っぱさとはまた違った酸っぱさが口の中に広がります。

梅干しの殺菌力が口の中の雑菌や毒素を退治してくれるため、安心して飲むことが出来ます。

作り方は、作った白湯に梅干しから剥がした梅肉を一片入れてかき混ぜるだけです。

日本人独特の食材ですが、その酸っぱさにより、好き嫌いが分かれる食材でもあります。

一度試してみてください。

朝の白湯と青汁の効果

青汁はさまざまな種類のものが販売されていますが、繊維質の多いものを選んでください。

青汁の種類によって成分に差がありますが、どの青汁も繊維質は割りと豊富に入っています。

その中でも、最も多いものが狙いです。

便秘の解消に白湯は効果がありますが、繊維質の不足による腸内バランスの崩れや腸の弱体化による便秘については苦手です。

そこで繊維質の豊富な青汁を加えることによって究極の便秘解消効果が得られます。

出来上がった白湯に青汁の素を入れてかき混ぜるだけです。

これを朝飲むことで、便秘解消といきましょう。

朝の白湯と塩の効果

塩は、ほんの少し入れるだけで、白湯の温かさをさらに引き立ててくれます。

便秘や冷え性の人にはいい飲み物になります。

ただ、あまりたくさんは飲めませんね。

海の水を飲む気がしないのと同じです。

元々、日本人が豊かになって以降、食卓の食事には豊富に塩分が入っており、寧ろ、健康のために減塩食品が人気になっているくらいです。

特にいれる必要はないでしょう。

朝の白湯と豆乳・ヨーグルトの効果

以上のほかに、コラボレーション食材としてダイエットや美容分野で人気なのが豆乳やヨーグルトです。

豆乳は老廃物などを体に溜め込みにくくする効果があり、ヨーグルトは腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やしてくれるので、便秘によく、その効果としてダイエットや美容に波及効果が出てくるのです。

朝、白湯を飲んで内蔵機能が復活し、血流もよくなった頃合を見て、飲むようにしてください。

Sponsored Link



朝白湯とその他の飲み物の比較

朝に白湯を飲むことと、その他の飲み物を飲むことではどのように異なるのでしょうか。

朝の白湯と冷水の比較

朝起きた時の我々の体は水分不足と体温低下による内蔵機能の停滞、免疫力の低下という状態にあります。

口がカラカラで喉が渇いています。

従って、つい欲しくなるのは冷水、冷たい水です。

これをがぶ飲みしたい衝動にかられます。

実際にやられている方も多いのではないでしょうか。

しかし、朝起きた体に冷水をがぶ飲みすると言うことは、体温の低下した内臓をびっくりさせるだけで、活動はさらに弱まってしまいます。

せっかく冷水で水分を補給しても胃腸も活動を弱めているため、その水分を吸収することができません。

下痢として体の外に出すことになるケースもあります。

また、血液はドロドロのままで、免疫力も弱まるため、風邪などに対する抵抗力が弱まり、病気を引き起こす原因にもなってしまいます。

女性ですと、冷え性やむくみといった症状が出易くなります。

このように朝起きた後の冷水では健康上問題が生じ、一日すっきりしない日になってしまう可能性が高いのです。

朝起きた後はやはり白湯なのです。

白湯のやさしい温かさは、その温かさで内臓の目を覚まさせて活動を活発化させ始めます。

白湯によって補給された水分は、胃腸で水分を吸収することで、血流もさらさらになり、デトックス効果も効くようになります。

従って、便秘解消、冷え性、むくみの解消、美肌効果で化粧のノリもよくなります。

脂肪燃焼も始まるので、ダイエット効果も出てきます。

何よりも、体をすっきりさせて会社などに行くことで、一日中爽快な気分で過ごすことができるのです。

朝起きた時は、冷水でなく、白湯を飲むようにしてください。

朝の白湯と麦茶の比較

健康のために麦茶を飲むという人も多いようです。

朝は白湯にして、昼間は麦茶ということのようです。

麦茶の特徴は、緑茶とは違って、カテキンもカフェインも入っておらず、カロリーも低いと言う点です。

ブラックコーヒー3kcalに対して麦茶は2kcalと少なく、何杯飲んでも健康上の支障もありません。

また、麦茶にはビラジンという成分が含まれており、この成分は血液をサラサラにする効果があり、脳梗塞や心筋梗塞の予防効果があります。

すなわち、血流をよくしてくれるのです。

ですから、温かい麦茶は白湯と似た効果を発揮してくれるのです。

白湯には、その温かさで新陳代謝を高め、デトックス効果で体内の掃除をしてくれる効果があるのですが、麦茶も同じような効果があるのです。

また、白湯に比べて血流をよくする働きが白湯よりも強くあるのが、特徴です。

ただ、白湯はカロリーは0ですが、麦茶は少ないとは言え、2kxalあります。

基本的には、温かい麦茶はその派生効果についても白湯と似ています。

従って朝の忙しい時間帯の一杯は白湯にして、余裕のある昼間には麦茶を飲むという人がいるようです。

ただ、麦茶を利用される人は、やかんにいっぱい麦茶を作っておき、それを日中に飲むとしているようですが、それでは1時間もすると冷めてしまいます。

冷めた麦茶には、細菌が喜んで活動し始めます。

従って、沸かして40゜Cくらいまでは白湯と同様の効果が得られるのですが、それより冷めてくれば雑菌が繁殖し出します。

また、冷めてしまうと白湯や熱い麦茶の特徴である特有の温かさによる新陳代謝の高まり、デトックス効果というものはなくなってしまいます。

やはり、一回一回一から沸かして飲むことが白湯の一番の特徴であり、麦茶も沸かすのは一杯、二杯分までにすべきです。

麦茶が1リットルを越えても飲めるのは、そのデトックス効果がなくなり、体内の栄養素を外に出さないためです。

従って、白湯と麦茶を比べた場合、コストや手間を考えれば、やはり白湯の方がいいはずです。

朝の白湯も朝の温かい麦茶も、どちらも健康効果があるので、状況に応じて飲み分けるといいと思います。

朝の白湯とコーヒーとの関係

朝にコーヒーを飲む人は多くいます。

コーヒーはご存知のように、カフェインやポリフェノールが豊富に入っており、カフェインの覚醒作用やポリフェノールの抗酸化作用などが有名で、それらの成分による派生効果として脂肪燃焼効果や美肌効果、血液系疾患の予防効果、疲労回復効果などがあります。

従って、効能そのものは白湯と似たものが多くあります。

ただ、その効果は寧ろコーヒーの方が大きいとも言えるでしょう。

しかし、効果としては白湯と似ていますが、コーヒーには過剰摂取による弊害も存在します。

特にカフェインは、覚醒作用が強く、飲み過ぎると寝不足、不眠症の症状が出ますし、長期間過剰摂取を続けると成人病などの寿命に影響する病気にかかる可能性が高くなります。過剰摂取としての目安としては、体重70kgの人で5杯程度、体重50kgで3~4杯が限度になります。

体重の少ない女性の場合は3杯程度にしておくべきです。

また、空腹時や体調の悪い時には、胃痛を引き起こすこともあります。

また、一時期にたくさん飲む場合、カフェインもポリフェノールも胃によくないというのはわかっています。

また、朝起きてすぐにコーヒーを飲む場合は、胃がほとんど空っぽであり、内臓もまだ起きていない状況にあり、胃を痛める可能性が高まります。

従って、朝起きた後に飲むのは白湯が適しており、それによって体が目を覚まして、内臓も活発に動き出した段階で朝食とともにコーヒーを飲むのがいいでしょう。

ただ、運動をする前にコーヒーを飲みますと脂肪燃焼効果が大きく出ますので、効果的です。

また、食後にはやはりコーヒーがいいですね。

但し、飲み過ぎは注意してください。

朝の白湯とお茶、紅茶との比較

また、コーヒーと似た飲み物にお茶(緑茶)や紅茶があります。

緑茶や紅茶には、コーヒーと同様カフェインやポリフェノールが含まれています。

しかし、一杯当たりに含まれるカフェインやポリフェノールの量はコーヒーの方が勝っています。

但し、緑茶や紅茶にはタンニンというコーヒーにはない成分が含まれており、その効用はポリフェノールと似ています。

従って、美容目的で紅茶や緑茶を飲む女性は多いようです。

ただ、タンニンはカフェインの効能を抑えてしまう成分であり、運動前の脂肪燃焼効果や覚醒機能を期待する場合は向いていないようです。

朝に飲む紅茶と緑茶にもコーヒーと同様の注意が必要であり、朝起きてすぐに飲むのは白湯が向いています。

ただ、内臓が目を覚まして活動し始めれば、コーヒー、緑茶、紅茶はそれぞれの好みで飲めば良いとなります。

Sponsored Link



白湯はいつ飲めばいいのか

白湯は、新陳代謝を高め、デトックス効果を出すことで、さまざまな健康効果が得られることが判りました。

しかし、この白湯をいつ飲めばいいのでしょうか。

飲むタイミングについて見てみましょう。

白湯を飲むタイミング

白湯にはデトックス効果があるために、飲み過ぎると体に大切な栄養素まで体外に出してしまいます。

従って、白湯は一日コップで4杯くらいがちょうどよい量になります。

この4杯のうち、朝起きた時と夜寝る前には必ず飲むようにしてください。

夜寝る前の白湯は、寝ている間に新陳代謝を高め、デトックス効果によって汗で体の老廃物や毒素を体外に出してくれるため、白湯のさまざまな効果が一番出易いタイミングになります。

便秘解消、美容効果、冷え性効果、むくみ解消効果、風邪の予防効果などあらゆる効果の原点になります。

また、朝起きた時には、寝る前に飲んだ白湯の効果でより多くの汗がデトックス効果で出てしまうため、水分不足がより大きくなっています。

その体の水分不足を補給するとともに、一休みしている内臓を目覚めさせ、再び新陳代謝を高め、活発に内臓が活動させることで、さらなるデトックス効果が出て、白湯の効果は大きくなるのです。

すなわち、夜飲む白湯と朝に飲む白湯は、セットのようなものなのです。

一日4杯のうち、2杯以上はこの寝る前と朝起きた時に飲むことになります。

後の1~2杯は、食事時や外から帰った後、または、運動の前に飲むのがよいでしょう。

また、白湯ばかりいやだという人は、昼間は白湯の代わりにコーヒーやお茶や紅茶でもいいでしょう。

朝の白湯と寝る前の白湯

夜寝る前の白湯と朝の白湯はほぼセットになったものです。

寝ている間の白湯の新陳代謝を高め、脂肪燃焼をして、さらにデトックス効果で体内の老廃物や毒素を血流に乗せて腎臓や肝臓で濾して尿や汗などで体外に出してくれます。

その結果、朝起きる頃には、体は老廃物や毒素と一緒に水分を外に出してしまうため、水分が不足した状態が強まるのです。

また、水分が少なくなった血液は濃度が上がり、エネルギーを使ってしまうために体温も下がってしまいます。

このような朝起きた時の体に対して、水分を補給し、疲れて休んでいる内臓を起こして、活発な働きを回復させるのが朝の白湯なのです。

この2回の白湯は他のものでは代替出来ないものです。

あるとすれば、麦茶ですが、手間とコストを考えれば、白湯の方が断然お勧めです。

白湯の1日の摂取量

ただ、白湯は一日に700~800mlが限度です。

それ以上飲むと体に必要な栄養素までデトックス効果で体外に出してしまいますので、健康上問題が生じてきます。

700~800mlということは、コップ3~4杯です。

帰ってから飲み、夜に飲み,寝る前に飲むという場合、朝の白湯は1杯に留めておくべきでしょう。

Sponsored Link



朝白湯の作り方

朝白湯の作り方はいたってシンプルで、コストもかかりません。

すなわち、水道水をやかんに入れてカルキを除去するために一滴レモン水を垂らした後、火にかけて沸騰させます。

沸騰は約1分ほど待ってから火を消します。

そして、温度が50~60゜Cにまで冷えたら出来上がりです。

本当に簡単ですね。

水は、水道水で充分です。

ミネラルウォーターにこだわったりする人もおられますが、現在の水道水は、世界でも最高水準の水質基準で運用されています。

ミネラルウオーターは食品衛生法での水質基準になっていますが、水道水は水道法によって食品衛生法よりもかなり厳しい基準が引かれており、断然安全なのです。

しかも、沸騰させていますので、さらに安全になっています。

沸騰の時間は、10~15分としているところもありますが、現在の水道水の水質基準であれば、1~2分間沸騰させれば充分です。

白湯の効果を一番引き出す朝の白湯

朝の白湯は、夜寝る前の白湯とセットにすることで、白湯の持つさまざまな効能を最大限に発揮させることができます。

さらに、白湯にいろいろなアレンジを加えたり、さまざまな食材とコラボレーションさせることで、その効果はさらに倍化します。

一番ポピュラーなのははちみつですが、それ以外にもさまざまなアレンジがあり、ご自分の体調、求めたい効果などによって、一番最適なアレンジ、コラボレーションをご自分で選べばいいのです。

それによって、何にも負けない強力な健康効果を得ることができます。

Sponsored Link



朝白湯のまとめ

白湯は、昔から健康にいいと言われて生活の中に取り入れられていましたが、高度経済成長で生活が豊かになっていく中で、忘れられた存在になりかけていました。

しかし、最近の健康ブームの中でその健康効果に注目が集まり、復活してきました。

白湯は、新陳代謝を高め、デトックス効果で老廃物、脂肪、毒素などを体外に出すと言う基本効果から、さまざまな効果が得られています。

特に、最近では朝に白湯を飲むことで、ダイエット効果、便秘解消効果、下痢の解消効果、冷え性解消効果、美肌効果、むくみ解消効果などが特に効果が大きくなることがわかってきました。

それは、朝起きた時の我々の体は、水分不足になっており、さらに体温が低下していて内臓機能が低下しているなどの状態にあるため、白湯のやさしい温かさがそれらを解消してくれることにより、効果が大きくなっているのです。

また、朝の白湯のアレンジとコラボレーションもさまざまに工夫されるようになっており、はちみつ、レモン、しょうがなどの定番から、フルーツ、スムージー、野菜ジュースなどとのコラボレーションがダイエット、美容に人気になっています。

白湯の飲み方としては、朝の白湯はもちろんですが、朝と夜寝る前の白湯はセットであり、どちらが欠けても充分な効果は出ないことになります。

また、一日に飲む量は700~800ml、コップに4杯程度が限度で、それ以上飲むと体に必要な栄養素までデトックス効果で体外に排出されてしまいますので、かえって健康を損ねる場合も出てしまいます。

朝の白湯は体にとても良く、そして白湯そのものは非常に我々の生活にとって有益なものです。

ぜひ、白湯を日々の健康に役立ててください。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • 朝白湯ダイエットは効果が抜群!

  • アーユルヴェーダで白湯の効果を最大化する方法

  • 白湯ダイエットの効果が出る期間について

  • 生姜白湯の効果が凄い!

  • アーユルヴェーダ

  • 白湯によるデトックス効果と好転反応