1. TOP
  2. 白湯
  3. 白湯を寝る前に飲むと便秘やダイエット、睡眠、美肌に効果がある
Sponsored Link

白湯を寝る前に飲むと便秘やダイエット、睡眠、美肌に効果がある

白湯   1,483 Views

白湯を寝る前に飲むと様々な効果が得られることが研究でわかっています。

東洋医学では「冷えは万病のもと」といわれます。

内臓温度が低い35℃の女性が多いのですが、近年は、男性も子どもも冷えの症状があるといわれています。

特に気づきにくい、かくれ冷え症は内臓温度が低く、諸症状を引き起こす原因となっています。

例えば、ダイエットでリバンドを起こしやすいのも体温の低いことが原因です。

冷え症の解消は、内臓を温めることです。

寝る前の白湯は、内臓温度を上げ、体の冷えを解消し、快眠を導き、内臓も酵素も活性化できて、便秘をはじめ諸症状の引き起こす原因を解消する効果があると注目されています。

Sponsored Link



Contents

白湯とは

5000年も前に、インドの医療では、水と火と風の自然界の要素が合体したバランスの取れた「白湯」は、体のバランスを回復させる飲み物と考えられています。

東洋医学でも、白湯は、血行を促進して、内臓の働きを高める効果があり、白湯の効能は体に欠かせないと考えられています。

近年、古くから治療に取り入れられていた歴史の古い白湯が、低コストで、飲むだけのダイエットできると評され、ブームになっています。

一体、どのような効果が白湯にあるのでしょうか。

また、白湯の作り方では、1/2まで煮詰めると便秘薬、さらに1/4になるまで煮詰めると万能薬といわれています。

水を煮詰める時間によって効果が異なるというのも白湯の特徴です。

この5000年の歴史のある白湯に興味が注がれ、白湯のもつ効果と、寝る前の白湯の効果を調べてみました。

Sponsored Link



白湯を寝る前に飲むとよい理由

白湯は体を温め、ダイエットになるといわれます。

一体、体を温めるとはどういうことでしょうか。

冷え症で悩んでいる人にとっては、体が温まることは朗報ですね。

白湯を飲むだけで本当に体が温まるのでしょうか。

ところで、かくれ冷え症という言葉を聞かれたことありますか。

白湯は、かくれ冷え症によいといわれていますので、まず、かくれ冷え症についてまとめます。

内臓温度の平均37.2~38℃!内臓温度35℃は危険温度

内臓温度は、お腹の表面から8cm奥の皮下の温度ですが、平均値が37.2~38℃といわれています。

内臓温度は体表面温度より高いことは想像できますが、平均の内臓温度がこんなに高いとは思いませんでした。

実は、リンパ球や酵素に理想の温度で、体にとって免疫力効果も高い最適な温度です。

近年の女性の内臓温度が35℃台と低く、この温度は雪山で遭難の人の温度で、生命維持限界に近い温度と危惧されています。

かくれ冷え症とは

内臓温度は、一般に計測する体表面温度とは異なり、体の深部の温度といえばよいでしょう。

手足は冷えていなくて汗っかきでもお腹の冷えが起こっていることがあります。

だから、なかなか気づきにくい冷え症です。

手足に冷えを感じていなくても体の深部の内臓温度が低い症状があります。

かくれ冷え症は、体の深部の内臓温度が低い冷え性です。

手をおへその上とおへその下へ置いて試してみてください。

上腹部の方が冷たい場合は、内臓温度が低い症状です。

冷え症は万病の元いわれるように、かくれ冷え症は色々な病気を起こしやすいです。

手足が冷たくなくて、体の深部が冷たくなるかくれ冷え症は要注意です。

体は、大事な臓器が多いお腹の温度を保とうと末端の血流を少なくするように働くため、手足が冷たくなります。

近年男女ともにかくれ冷え症が増えている

女性は、筋肉が少ないために冷え症になりやすいといわれていますが、近年は、男性のかくれ冷え症も増えています。

それはストレスや冷房などが原因といわれていますが、メタボリックシンドロームも代謝の低下が原因で発症する症状との指摘があります。

また、冷え性の原因に、自律神経のバランスが乱れ、血流が滞り、作られた熱が全身に行きわたらないことがあります。

例えば、食べ過ぎると消化のために胃に血流が集中し、全身の供給される血液の量が減り、熱産出の筋肉に血液が不足することが全身を冷やします。

スイートや高脂肪、塩分の食べ過ぎは冷え性の原因の一つにもなりますので、健康のためにも控えましょう。

また、近年の生活環境から汗をかくことが少なくなっています。

水分の摂り過ぎや排泄がよくできていないために、不要な水分が溜まり冷えやすくなっていることも原因として考えられます。

 

Sponsored Link



かくれ冷え症の症状 

かくれ冷え症は、内臓の働きなどにも大きく影響を及ぼしています。

内臓温度が低いと、内臓機能が低下し、内臓が冷えるとうっ血が下腹部に起き、内臓の働きの鈍化と免疫力の低下するため、代謝も下がり、色々の症状が起こりやすくなります。

このような症状は冷え症によって起きやすいです。

・しもやけ・あかぎれ・肌荒れなどの肌の乱れ

・腹部などにブロック状の脂肪のセルライトの蓄積・ダイエットで痩せにくい

・消化不良・食欲不振・便秘など消化器官のトラブル

・首・肩のこり・腰痛・関節痛など筋肉のトラブル

・立ちくらみ・めまい・耳鳴りなどの耳鼻のトラブル

・寝つきの悪さ

・膀胱炎・頻尿などの排尿のトラブル

・月経不順・不妊症などの婦人科の臓器に、男性は腎機能に関するトラブル

・集中力・判断力・記憶力の低下

・目のかすみ

・やる気の減退・憂鬱な気分

・免疫力低下による感染症・アレルギー性疾患

正に、冷え性は万病のもとといわれるように、このような症状を引き起こします。

代謝が低くなると、代謝不良で消費できなかった余剰のエネルギーが脂肪として蓄積されやすく、ダイエットのリバウンドも起こり、ダイエットに失敗しやすいといわれるのは、納得できます。

また、体温が1℃下がると、免疫力は3割低下し、感染症や癌を引き起こしやすくなります。

内臓温度の低くなるかくれ冷え症の症状は、一般に計測する体表面温度のように普段計測できないので、気づかないまま進行する冷え症です。

かくれ冷え症はお腹を冷やさないこと

かくれ冷え症は、お腹を冷やさないことが大事です。

お腹を出したままで過ごしたり、冷たい物をよく食べたり飲んだりすることは、内臓の血管の収縮と内臓温度を低下させ、よくないです。

思い当たることがあれば、腹巻もよい策ですが、白湯の効果を活用してお腹を温めてください。

白湯は、内臓の内部から温めるため、温もりを感じることもでき、効果も長く続きします。

内臓部の大動脈と静脈の血流がかくれ冷え症と関係がある

冷えにより体温が下がると当然血流も悪くなります。

手足と全身の起こる次世代型冷え症、冷えを感じにくいかくれ冷え症、内臓低下型冷え症、末梢血管型冷え症、循環不良型冷え症など様々な冷えの症状があります。

かくれ冷え症を起こしやすい人は、首肩・骨盤・腹部が冷たいはずです。

このような人の腹大動脈の血液も、冷えています。

骨盤や肩首などに冷えを感じたら、手足を温めるよりも、まずは太い血管がある腹部を温め、冷えを解消することが大事です。

お腹の深部に大動脈と大静脈があるお腹は、冷えの解消のために温める最適な場所です。

内臓が温まれば、熱が冷たい方へ伝導しますので、大動脈や大静脈が温められ、血流が回復します。

下大静脈の温度は38.1℃といわれますが、内臓温度が35℃台に下がれば、3℃の差がありますから熱の伝導が起こり血管の温度も下がります。

体は、生命維持のため、内臓や酵素及びリンパ球の働きに適する温度を保とうとして、末端部への血流を抑えます。

結果として、内臓にうっ血症状が起き、末端は血流不足で代謝が劣り、冷えの症状を悪化させます。

逆に、内臓温度が下がれば、血流が劣り、腹部に血流が滞りやすく、末端に血液が流れにくくなるとも考えられます。

ちなみによく冷えたビールやアイスクリームは、直腸の温度を33.2℃まで下げるといわれています。

平均内臓温度より5℃も下がるのです。

直腸の温度が下がれば、内臓の周りの血管や臓器の温度も熱を奪われ、内臓の温度が下がることは頷けるでしょう。

血管の温度が下がれば、自ずと血管が収縮し血流も悪くなり、悪循環を引き起こします。

女性の更年期障害で起こる冷えも、男性のストレスなどで起こる冷えも、冷え性の症状を引き起こします。

そもそも冷え症は、東洋医学の考え方であり、西洋医学にはない考え方です。

動脈硬化の進行の三神器の一つに冷えがあります(冷えの三神器は、冷え・運動不足・過食です)。

冷えがずっと続くと動脈硬化になりやすくなり、動脈硬化と冷えは相互に助長していると考えられます。

内臓にある大動脈や大静脈の血流は、冷え症の解消により内臓が温まると自ずと血管も温もり、血流を回復させることから、冷えの解消は動脈硬化のリスクを下げられることが期待できます。

血行不良は、血管を硬化させ、冷えの原因にもなります。

冷えを感じている人は、悪玉コレステロールが増えている兆候で動脈硬化の恐れがあります。

冷えを改善は、酵素の働きを改善し、活性酸素の除去作用が期待でき、血液をサラサラの効果があり、動脈硬化のリスクを下げる結果がえられるから、冷え性の解消法は動脈硬化の予防になります。

内臓の冷えが関係する肝臓は冷えに弱い臓器で、冷えるとコレステロールの分解が滞り、血中のコレステロールの管理に悪影響を及ぼし、食事による動脈硬化より冷えによる硬化は、はるかにリスクが高いです。

このように、冷え性は単なる冷えにとどまらず、血行不良を引き起こし、血行不良が大きな病気のリスクも高めるため、冷え性を侮ってはならないのです。

 

Sponsored Link



白湯でかくれ冷え症の内臓温度を上げる

血行不良の改善は、お腹を温める、つまり内臓温度を上げることです。

内臓温度を上げる方法の一つとして、白湯を飲むことです。

白湯はカロリーゼロで煮沸により細菌や不純物が少ないため、内臓に負担がかからない飲み物です。

内臓温度が上がれば内臓機能も酵素やリンパ球の働きも回復し、体の循環も体温もあがり基礎代謝なども改善されます。

白湯は、冷え性とかくれ冷え症の両方の改善が期待できます。

要注意の冷えの症状

冷えでこのような症状があるならば、要注意です。

若い世代の女性で、水を使って手洗いした時などに紫色になったり、温度変化によって白っぽくなったりする人は医療機関に相談しましょう。

働き盛りの男性で、足先が白っぽくなり、脈が感じられないときも医療機関に相談をおすすめします。

悪寒・肌荒れや乾燥・手足のむくみと髪の毛が抜け汗をかきにくい時、冷えを感じて手足が冷え両足がむくむ時は、急いで医療機関に相談することをおすすめします。 

Sponsored Link



寝る前に飲む白湯の効果

睡眠中は血流も滞りやすく、血管が詰まりやすくなり、動脈硬化が進行しやすく、時には危篤となる心筋梗塞などを発生することもあります。

血管が収縮すると血流が悪くなり、内臓が冷えると酵素の働きが低下し、活性酸素の除去が劣ります。

寝る前の白湯は内臓を温め、新陳代謝を高めデトックス効果もあります。

便秘は食物繊維と水分不足、蠕動運動の低下により起こります。

寝る前の白湯は水分を補い、便秘解消が期待できます。

寝る前の白湯は体の深部を中から温め、冷えによる眠りの妨げを解消し、リラックス効果もあり、寝つきがよくなります。

さらに、内臓を温まると、血行不良を改善でき、血管疾患の回避にもなります。

寝る前の白湯は、単なる冷えだけではなく、大きな病気にもよい効果をもたらします。

寝る前のお茶は体に良くない

お茶の成分は、カフェイン・カテキン・タンニン・テアニンと、ミネラルとビタミンC・E・Aなどのビタミン類など色々含まれ、がん予防などに効果があるといわれています。

お茶にはシュウ酸が含まれていて、カルシウムと結合してシュウ酸結石を作りやすく、尿路結石を引き起こしやすいです。

発酵させないお茶は、体を冷やす効果があり、冷え性の人が寝る前に飲む飲み物として好ましくないです。

また、お茶に含まれるカフェインは、神経を高ぶらせる効果があり、利尿作用のあるため、眠気の妨げにもなります。

寝る前のスポーツドリンクは体に良くない

スポーツドリンクは糖質があり活動の少ない睡眠の前には好ましくないでしょう。

寝る前の紅茶は体に良くない

紅茶は発酵させた飲み物ですが、お茶よりカフェインが多く活性作用があります。

紅茶にはお茶よりタンニンが多く殺菌作用が高く、風邪予防や消臭予防にも役立ちます。

お茶と同じ作用があり、お茶同様に飲む量を控えめにしましょう。

寝る前の冷たい牛乳は体に良くない

冷たい牛乳は、内臓を冷やしますので、寝る前に飲むのは好ましくないでしょう。

ホットミルクは、体を温め、アミノ酸の多いので、寝る前の飲み物に適しています。

白湯とホットミルクはそれぞれに一長一短がありますが、カロリーゼロの白湯は寝る前の内臓に負荷がかからず、内臓を温めデトックス効果もあります。

Sponsored Link



寝る前の白湯の飲み方は

寝る前に白湯を飲み内臓を温めて内臓温度を上げる飲み方は、少なめの一口を少しずつ時間をかけて飲みます。

白湯をガブ飲みは、腎機能の利尿作用で排出され、内臓を温める効果が薄れます。

また、余剰の水分を体調によっては体内に溜めることにもなりかねません。

白湯を50℃位に冷ましてゆっくりと飲むと寒い時季は白湯の温度が低くなりますので、高めの70℃位の白湯をゆっくりと飲むことをおすすめします。

寝る前の50℃の温度の白湯は、体温より温かく血管の収縮が起こらないので胃の負担が小さく、少しずつ飲むと、水分を吸収しやすい効果のある飲み方です。

寝る前は、胃の中が空になっている状態が、さらに効果を高めます。

白湯にする水について

水道水は、塩素や発がん性のトリハロメタンなど体にとって良くない成分を含んでいることがあります。

水道水の有害物質の混在は、健康面において大変気になることです。

トリハロメタンは、沸騰直後が最大になるといわれています。

水道水を使用するときは、沸騰後、15分程を細くし沸騰状態で揮発物質を飛ばしましょう。

水道水に含まれている有害物質について、詳しく当サイトの『水道水の有害物質』で紹介していますのでご覧ください。

また、水道水のトリハロメタンに関する詳しい情報は「水道水のトリハロメタン関するすべて」にてお伝えしています。

できれば、有害物質の混在しない軟水がベストです。

体内の老廃物の排出する白湯のデトックス効果を高めるために、飲みやすい軟水が適しています。

ちなみに硬水は、ミネラルのカルシウムやマグシウムの金屬イオンを多く含まれ、デトックス効果のためには好ましい水とはいえないようです。

また、普段のみ慣れている軟水と違い硬水は、ミネラルが多く胃腸刺激しやすいため、寝る前の白湯には適していません。

硬水に多く含まれているマグネシウムの苦みや味などのために、軟水のように口当たりが柔らかくなく、神経を刺激しやすいことも寝る前の白湯には不適です。

 

Sponsored Link



白湯の作り方は?

白湯は、ただ水を沸騰させるだけです。

沸騰したら蓋を開け、湯気が立つくらいの火力で10~15分沸騰させます。

長めに沸騰させるのは、水に含まれている塩素など体によくない揮発性の化合物を除去するためです。

例えば、発がん性があるといわれているトリハロメタン(クロロホルム・ブロモジクロロメタン・ジブロモクロロメタン・ブロモホルムの4つの化合物の総称)は、沸騰時に多く発生しますので、沸騰時間を長くし蒸散させましょう。

また、水道水を使用するならば、朝などに気づくことですが蛇口をひねった時塩素の臭いがしますね。

水道管に滞留している水には塩素など不純物が比較的多いので、しばらく水を流した後の水を使用しましょう。

湯を沸かす方法は火の使用がベターです。

沸騰した後の火力の調整もしやすく、白湯を作りやすいからです。

白湯を作る時間的な制限もあるかと思いますが、できるだけ長く沸騰時間を保つようにしましょう。

むろん、蓋は開けて沸騰させてください。

ポットや電気ケトルを使った白湯について

その他の方法で白湯を作ることはできないでしょうか。

理想の白湯はできませんが、沸かした湯はできます。

ポットを利用するときは、沸騰時間が短いですが、沸騰したら蓋を開けて沸騰させると比較的白湯が柔らかになります。

また、電源が切れてもふたを開けたまましばらく置いて、蓋を開けたままで再沸騰を使用するのも一手です。

レンジを使った白湯について

レンジを使用するときは、60~90秒レンジにかけ、一度取り出して器を回し、再度レンジにかけます。

カップが熱くなりますので取り出すときに注意してください。

白湯を飲む都度作るのは大変ですから、作った白湯を保温ポットや魔法瓶に入れておきましょう。

Sponsored Link



白湯を寝る前に飲むことで1日の体内の冷えをとる

白湯を寝る前に飲む効果と、効果的な白湯の飲み方があります。

1日の冷えを解消する方法として、温めの入浴と寝る前の白湯がおすすめです。

かくれ冷え症の解消方法として、熱めの入浴は体の調節機能の働きで体温を下げようとしますので、温めの入浴をおすすめします。

寝る前に、白湯をゆっくりと時間をかけて飲むと、内臓を温まり、次第に血液の循環がよくなり体も温まります。

白湯の飲み方は、ゆっくりと少しずつ時間をかけて飲みます。

冷えは、血流にも影響しますので、今日1日の冷えを解消するために、温めのお風呂と内臓の中から温める白湯を飲み、睡眠中の動脈硬化などの循環系の疾患のリスクを高めない効果が白湯に期待できます。

白湯を寝る前に飲むことで睡眠が良くなる

体の冷えがあると床についてもなかなか寝付けないものです。

白湯で内臓部が温まり、リラックス効果も相まってよい睡眠が得られます。

熟睡の快眠は、体の機能にも効果的で有効です。

 

Sponsored Link



白湯を寝る前に飲むことで美肌効果がある

白湯は、水のように体を冷やし内臓の血管を収縮させないため、新陳代謝が劣ることはありません。

代謝と血行が良くなれば、水分や栄養なども肌に運ばれ、肌の改善が見込まれます。

白湯の快眠効果、毒素の排泄とターンオーバーで肌の荒れを起こすこともなく肌の回復が見込まれ、美肌効果が期待できます。

白湯を寝る前に飲むことでむくみが改善できる

内臓が温まると、内臓の働きがよくなり、老廃物を排泄しやすくなります。

50℃位の白湯は、内臓の温度に近いため、体が吸収しやすく、リンパの流れも解消します。

また、体内に溜まった水も老廃物同様に排泄されやすくなり、内臓の汚れや不純物も落ちやすくなります。

白湯を寝る前に飲むことで便秘を解消できる

内臓が温まると、腸も活発に働き、尚且つ白湯による水分補給が便通を改善し、腸内の老廃物を排出しやすくなり、整腸効果も望めます。

老廃物の排泄や便通はデトック効果になり、美肌効果を高めます。

Sponsored Link



白湯を寝る前に飲むことでダイエットになる

内臓が温まると、体内の体温も上がり冷え性の解消とともに、基礎代謝も高まり、エネルギーの消費が高くなり、

余剰エネルギーの蓄積が減少し、ダイエットに繋がります。

白湯を寝る前に飲むことで痩せる

寝る前の白湯は、消費エネルギーを増やす効果と、老廃物を排泄と体内の余分な水も一緒に排泄し、便秘、デトック、むくみの解消効果があります。

だから、白湯は、無理なく痩せる効果をもたらします。

白湯を寝る前に飲むことで痩せた体験談

低体温の人は、内臓の働きも酵素の働きも低いため、痩せにくく、免疫力も低下しています。

睡眠中の代謝量は低くなりますが、体温があまり低くなりすぎるとエネルギーの余剰として体内に脂肪を蓄積してしまいます。

冷えの解消が痩せにくい体を痩せやすい体に改善します。

寝る前の白湯は、内臓が温もると血液循環がよくなり、基礎代謝が上げ、体温も上ります。

体温が1℃上がると、代謝が13%上昇するといわれています。

もし、1500kcalの基礎代謝で、体温が1℃上がれば、195kcal多く消費できます。

60㎏の人が散歩60分の消費カロリーが156kcalですから、ただ白湯を飲むだけで195kcalは見捨てられない消費量です。

また、体が温まると、眠りを妨げず快眠が得られ、体の諸機能やホルモンの分泌・血行が改善され、体調が整えられると消費も老廃物の排出も解消されるようになり、体内が痩せやすい環境になります。

寝る前の白湯は、特に胃の中に食べ物が残っていない状態が好ましいですが、ゆっくりと意を温め、胃腸の動きが活発になると老廃物も排出しやすくなりデトック効果が高く、痩せやすります。

白湯は、体内に滞っている水分を排出する効果があるといわれています。

余分の水分の排出と老廃物・便の排出効果も体重が減り痩せる効果に繋がります。

白湯により味覚が敏感になり、濃い目の味付けの砂糖や塩が控えられ、ダイエットなどの食事制限に効果的といわれています。

白湯を飲むのはいつがいいのか

白湯は、寝る直前の30分位前にゆっくりと飲みます。

布団に入る前に用を済ませ、睡眠中のトイレは目を覚まさせる要因にもなりますので、排尿に起きなくてもよいようにしましょう。

Sponsored Link



寝る前に飲む白湯の効果を高める飲み方

白湯の効果は飲み方にあります。

胃中の温度を急激に変化させないように、50℃位の白湯をゆっくりと啜り温める飲み方は、胃を温め、次第に内臓が温まって、基礎代謝が上昇します。

50℃位の温度が適温といわれるのは、体を体温より高めのお湯で温めると、体内の毒素を洗い流す効果が高いからだそうです。

寝る前の白湯の飲み過ぎは、余剰分の水分を排泄しやすくなりトイレの回数が増えるか、または余分の水分が体内に溜まりむくみを引き起こす原因になります。

寝る前の白湯は、150cc位が適量でしょう。

睡眠中は、大体コップ2杯分くらいの汗をかくことはよく知られています。

睡眠中に汗をかくことは、水分を発散させ、脱水症状を招きかねません。

この点からも、寝る前に飲むカロリーゼロの白湯は水分補給の役にも立ちます。

寝る前に妊婦が白湯を飲むと良い理由

つわりの時、今までの体の状態とは異なり、体の不調を訴えることもあり、内臓の状態もよくないですね。

何も食べたくない、臭いが嫌だ、吐き気がするなど様々な症状で食べ物を口にすることが苦痛となりがちです。

でも、脱水症を起こさないように水分補給だけは気をつけてほしいものですね。

水分補給に温めの白湯がおすすめです。

しっかりと沸騰させた白湯は、殺菌と揮発性の不純物の混在が少ないぬるま湯だからです。

冷たい水は体を冷やし、妊婦にとっても冷えは体調を崩しかねませんので、体に刺激が少ない白湯が適しています。

また、カロリーゼロの白湯は妊婦の食事の制限にも影響を与えません。

白湯は刺激が少なく胎児にもよい飲み物です。

胎児による圧迫が妊婦のお腹に負担をかけ、冷えは妊婦にとってもよくない状態です。

内臓の温度が下がれば、代謝が下がると、妊婦と胎児の健康維持にも妊婦の肥満防止にも影響を及ぼします。

さらに、代謝がよくなければ、体内の不純物の排泄も滞り、腸内環境がよくない状態を引き起こせば、肌荒れも起き、妊婦にも胎児にも健康維持に影響が及びます。

これらの点から、内臓を温め、内臓の機能や酵素の働きを改善することが、妊婦と胎児の健康に必要で、カロリーゼロの白湯が有効です。

妊娠したならば体内の環境に気をつけることが大切ですから、白湯をおすすめします。

Sponsored Link



寝る前に白湯が赤ちゃんに良い理由

新生児も便秘も脱水症を引き起こすことがあります。

ミルクや母乳はいわば赤ちゃんの食べ物で、水分補給にはなりません。

体が小さいだけに脱水症を起こしやすく、思わぬことで熱中症になってしまうことがあります。

汗をかいているときは、体内の水分が発散され脱水症状になりかねません。

時々は、水分補給を、気をつけてすることをおすすめします。

水分補給に水は冷たくてお腹に刺激がありすぎることは赤ちゃんでも同じです。

じっくりと沸かした白湯は、殺菌と不純物が比較的除去できていますので、赤ちゃんの水分補給にもよいでしょう。

水分補給の必要なもう一つの理由は、便秘です。

赤ちゃんの便秘の状態は、3~5日も出ない、排便がコロコロとした便などでしたら水分の不足が考えられます。

時折、水分補給が必要で、補給瓶で飲まないときはスプーンやスポイドなどを使って、少しずつ飲ませてあげてください。

比較的赤ちゃんが白湯を飲みやすいのはお風呂上がりです。

寝る前に白湯に、はちみつ・れもん・ココナッツオイル

白湯をそのまま飲むだけで健康効果を実感することができます。

そして白湯にはちみつやレモン、ココナッツオイルなどを加えることで相乗効果を得ることもできます。

白湯に、はちみつ・レモン・ココナッツオイルを加える白湯の作り方や効果は、『白湯とはちみつの相乗効果について』にて詳しく紹介していますので、ご覧ください。

また、レモン白湯については『レモン白湯の効果について』にて詳しく紹介しています。

白湯に砂糖がよくない理由

砂糖はショ糖ですね。

ショ糖は、成分はぶどう糖と果糖ですが、てんさいやさとうきびから抽出される糖からこの2種を抽出した糖です。

砂糖の摂取は、分解が早く、血中の糖度を急激に押し上げ、他の栄養素の効果を妨げてしまいます。

また、寝る前に砂糖を摂取すれば、血中の糖度が増し、余剰のエネルギーの産出を招きかねません。

ですから、寝る前の白湯に砂糖を加えることはおすすめできません。

はちみつがなくて甘みを加えたいならば、黒砂糖や甜菜糖をおすすめします。

これらは、食物線など他の栄養素も含んでいるため、急激な血糖値の上昇を抑えることができます。

でも、寝る前の白湯にはできるだけ、甘味を加えないカロリーゼロのただの白湯がおすすめです。

Sponsored Link



白湯を寝る前に飲む効果のまとめ

かくれ冷え症の考えは、東洋医学の考え方です。

冷えに関する関心は昔からあった考えで、腰・腹部の冷えが体の健康維持を左右することを経験から見出しています。

昔、お茶は嗜好品で、下々には手に届かない代物でした。

保健衛生管理の十分でない昔は、疫病などが流行し、水による病気の発生もあり、沸騰させた水を使っていました。

現代程の冷暖房設備もない昔の生活の中で、見出されたのが白湯です。

白湯はこのような経験から、生活の中に定着したと考えられます。

現代社会では、文明の利器も備わり、冷えに関する考えが薄らいでいたかもしれません。

今も昔もやはり冷えは存在し、5000年もの前から使われていた白湯療法が近年脚光浴びたのはないかと考えています。

白湯はただ湯を沸かすだけですから味はないと考えられますが、健康様態により白湯の味が違うといわれています。

白湯の味で健康状態もわかることも経験から見出されたことです。

白湯による健康法を実践してみると、日によって味が違うことを実感する人が多いです。

白湯の味による健康判断を紹介します。

・白湯が甘いと感じるときは脾臓と女性の生理前のホルモンの影響

脾臓はいわば血液のコントロールなど色々な働きを司る臓器です。

女性は生理や排卵前のホルモンのバランスで浮腫になりがちです。

このような時は、白湯が甘く感じられるそうです。

生理が終わっても白湯が甘いと感じ続けるならば、医療機関に相談しましょう。

・白湯が酸っぱいと感じるときは体内の水分が足りていない

体内の水分は必要不可欠で、水分のコントロールは各所で行われる仕組みに体はなっています。

体が不足すると、脱水症状や結石・血栓などが起こりやすく重大な病気を引き起こしやすくなします。

・白湯がしょっぱいときはストレスや緊張で血液の循環が悪く体が冷えている

ストレスや緊張は自律神経のコントロールを支配、血流をおとり、冷えが進行します。

腎臓の働きが弱っているときや膀胱に問題があるときも白湯がしょっぱいそうです。

・白湯が美味しいときは体が良好

このように、同じ白湯でも体調によって味が異なり、健康管理の目安になることが既に解っています。

寝る前の白湯は、体を芯から温めかくれ冷え症を改善し、病気の要因となる諸症状のリスクを下げる効果が高いといってよいでしょう。

冷えや動脈硬化などの循環系の疾患があるならば、白湯を寝る前に飲む習慣を試してみては如何でしょう。

注意点として白湯の過剰の摂取は東洋医学でいう水毒に当たりますので、ほどほどに(1日700~800mℓ)、1回の分量も200mℓ位をゆっくりと時間をかけて飲んでください。

白湯を寝る前に飲む習慣を続けることで、便秘解消・ダイエット効果・美肌効果など様々な効果を実感することができます。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水ダイエットの効果を徹底解説!

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 炭酸水の洗髪効果が凄い!育毛・頻度・作り方・方法・やり方を完全解説します!

関連記事

  • 白湯ダイエットの効果が出る期間について

  • 白湯の美容効果の全てをお伝えします!

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 白湯とはちみつの相乗効果について

  • 白湯の温度を最適にしてダイエットなどの様々な白湯効果を最大化する方法

  • レモン白湯の効果について