1. TOP
  2. 白湯
  3. 白湯の便秘解消効果がもの凄い!
Sponsored Link

白湯の便秘解消効果がもの凄い!

白湯   1,313 Views

白湯の便秘に対する効果が期待されています。

20世紀末からの健康ブームの中で、白湯もその新陳代謝効果とデトックス効果(体内の毒素や老廃物を体外に排出する効果)で注目され、さまざまな健康についての波及効果を見せています。

その中でも、日本人に増えている便秘の解消効果については特に注目を集めています。

便秘はいろいろな原因で発生してきますが、豊かな食生活による影響や厳しい社会環境によるストレスなどからくる腸の蠕動運動(排泄物を消化吸収しながら押し下げる運動)の低下もその原因として増加しており、白湯はそのような原因の便秘に効果を発揮してくれます。

そこで、白湯が本当に便秘解消によいのか、また便秘解消に向けた白湯がどのような波及効果を発揮するのかをまとめましたので、ご覧ください。

Sponsored Link



Contents

白湯の効用と便秘

白湯は、我が国では古くから庶民の生活の中で、健康を維持するために利用されてきました。

風邪の引きはじめや病み上がりであったり、赤ちゃんの母乳の補完、湯上りなど、普段からあらゆる生活場面で飲んでいたのです。

昔の人々は、白湯が何故健康にいいのかは知らないものの、白湯によって家族の健康が維持できるという経験上の智恵によって使われていたのです。

その白湯は、現代における健康ブーム、癒しブームの中で昔からの効能が注目されて、その健康上の具体的な効果について研究が進みました。

そして白湯の新陳代謝を高める効果とデトックス効果があることがわかってきたのです。

さらに白湯の新陳代謝効果とデトックス効果から派生するさまざまな効能も明らかになってきたのです。

その派生効果の一つに便秘の解消効果があり、便秘に悩む人たちが白湯を飲むことで解消が可能になるとわかってきました。

 

Sponsored Link



白湯の基本的な健康原理は新陳代謝効果とデトックス効果

白湯の基本的な健康効果の原理は、新陳代謝を高め、デトックス効果を発揮することにあります。

新陳代謝とは、我々が毎日の食事で食べている食物のエネルギーや栄養素が胃腸の消化によって体内の古い細胞を壊し、新しい細胞へと生まれ変わらせている生命にとって必要不可欠な活動です。

体内の細胞はそれぞれ、5日から3ヶ月の間に常に古い細胞から新しい細胞に生まれ変わっており、それが我々人間が生きている証でもあるわけです。

3ヶ月前の自分の体は今はもうこの世にないわけですが、不思議と言えば不思議です。

また、デトックスは、これらの新陳代謝によって壊された古い細胞や体内の毒素を、血液の流れに乗せて運び、最終的に汗や排便と言う形で体外に出すことを言います。

また、利尿作用によって尿として体外に排出します。

従って、利尿や排便、発汗をつかさどる腎臓、肝臓、消化器官、皮膚などが元気でないとこのデトックスは機能しません。

白湯の温かさでそれらの内臓器官をやさしく温めて機能を回復させてくれるのです。

便秘というのは、デトックスの一つである排便が腸、特に大腸の不調により機能が低下している状態と言えます。

Sponsored Link



白湯と便秘解消の関係

白湯には、このように新陳代謝機能を活発化させ、デトックス効果で古い細胞や毒素、腸内の排泄物を体外に出してくれる基本的な健康効果があるわけですが、その機能はもちろん便秘解消にも効果を発揮します。

温かい白湯は内臓の働きを活発化させ、腸内も同様に活発化します。

大腸には蠕動(ぜんどう)運動と言う、食べた食物を消化しながら腸内を肛門に向けて押し下げていく動きがあります。

大腸の蠕動運動は、運動不足や疲労の蓄積、ストレスなどによってその活動が弱くなり、大腸が弱ることで腸内温度が下がり、さらに弱くなって便秘になり易くなっているのです。

排泄物が滞留するようになると毒素が発生し、その毒素が吸収されて体内の各所に回っていくことになります。

しかし、白湯を飲むとその温かさにより、この蠕動運動の活動を回復させ、腸内の排泄物を動かしてくれます

さらに、その温かさは固まりかけた便の繊維をほぐしてくれるので、さらに腸内の排泄物は押し下げられるのです。

また、白湯は大腸の蠕動運動を弱め、腸内温度を下げるストレスや疲労に対して回復効果を持っています。

白湯の持つ「ほっ」とする温かさはストレスに疲れた我々の心にさわやかな春風のように癒しをもたらしてくれます。

寝る前に白湯を飲むことにより、新陳代謝を活発化させ、デトックス効果が新陳代謝でできた体内の老廃物や毒素を体外に排出するとともに、体の疲れを回復させてくれるのです。

朝や寝る前の白湯は内臓の活動を目覚めさせ、活発化させることで、弱っていた大腸も回復して腸内温度を上げてくれます。

その結果、便秘で硬くなった排泄物を軟らかくし動かしてくれるのです。

このように、白湯は全ての便秘解消とまでは言えませんが、腸の活動を活発化させることでかなりの便秘を解消できるものなのです。

Sponsored Link



便秘とは

ところで、便秘とはどういう現象なのでしょうか。

便秘の定義については、お医者さんによると、排泄物(便)がいろいろな原因から大腸内に長期間留まって正常な排泄が出来ない状態のことと言います。

また、毎日排便が出ていても残便感(まだ便が全て出きっていない感じ)のある状態というのも便秘と言っています。

排泄物が長期間留まると言うのは、日本内科学会などでは3日以上と言われていますが、個人により正常な排便期間に差があるため、一概に何日とは決められません。

従って便秘というのは、長期間排泄物が大腸内に留まって残便感があり、これによって苦痛を感じる状態のことなのです。

便秘による苦痛とはどういうものでしょう。

排泄物が腸内に長期間滞留する状態になりますと、悪玉菌(腸の中で悪い影響を与える細菌)が増加して発がん物質や活性酸素などの有害物を大量に発生し、それらの有害物質は腸から体内に取り込まれて、全身に血液を通して移動するため、さまざまな病気を引き起こす可能性が出てきます。

女性の死因のトップは大腸がんとなっており、その原因は女性に多い便秘と言われているのです。

また、便秘になると精神的にイライラして落ち着かなくなり、集中力が欠如してきます。

仕事もうまくいかなくなってしまいます。

このように便秘はさまざまな病気の原因になる可能性があり、精神的にもよくない状況に陥るため、早めに改善、解消することが必要です。

Sponsored Link



便秘のタイプ別原因

このように便秘はさまざまな病気を引き起こしますし、ただでさえストレスの多い我々現代人の精神状態を不安定にしてしまいます。

この便秘は、どのような原因から生じてくるのでしょうか。

その原因は、次の5つほどが考えられています。

食物繊維の不足

食物繊維は、大腸の蠕動運動を活発化させ、腸内に生まれた有害物質を吸収して善玉菌(腸の中でよい影響を与える細菌)を増加させ、逆に便秘の原因になる悪玉菌を減らす役割をしており、この食物繊維が不足すると蠕動運動も停滞し、悪玉菌が増えて便秘になり易くなります。

日本人には一番多いタイプの便秘です。

厚生労働省の食物繊維の摂取目標では、一日当たり成人男子19g、女子17gなのですが、日本人の平均は13.7gと女子の目標値にも足りない状況になっており、それが便秘につながっていると言えるのです。

運動不足

現代日本人は、非常に仕事が忙しく、女性も仕事に就かなければ生活が成り立たない時代になって、運動不足は大きな国民的課題になっています。

運動不足は体内の脂肪燃焼を停滞させ、腸内の体温を低下させ、腸の動きを鈍らせ、便秘になり易くなります。

そのため、美容や健康そのものに影響が出やすくなります。

ストレスによる影響

現代の日本は、地域社会というものが崩壊し、地域的な絆がなくなり、会社においてはパワーハラスメント、セクシャルハラスメントなどで上司、同僚との人間関係が悩みの種になっています。

さらには、家庭でも夫婦共稼ぎになり、子供も含めた家庭団欒が遠のき、日本人全体がストレスの多い社会になり、その中でストレスに悩まされる時代となっています。

運動不足と同様にストレスは胃腸の動きを鈍らせ、腸内温度も下げてしまいますので、便秘につながり易い状況になっています。

腸内環境の悪化

腸内には、100兆個とも言われる善玉菌と悪玉菌がおり、その両者のバランスがとれていることにより腸の活動は正常に機能しています。

しかし、このバランスが崩れ、悪玉菌が増加してしまいますと、腸全体の動きが鈍り、蠕動運動も鈍って便秘になってしまいます。

この腸内バランスを整えてくれるのは、よく宣伝でも言われているようにヨーグルトなどに入っているビフィズス菌などです。

水分不足

やはり、腸内の動きをスムーズにしてくれるのは水分です。水分が不足するとやはり排泄物は固まりやすくなります。

蠕動運動でも動かなくなって硬くなるのです。

このように便秘の原因は一つではなく、いろいろあるため、便秘対策もその原因にあったものを選ばないと効果が出ないことになります。

白湯で言えば、新陳代謝の活発化やデトックス効果により、理由の2、3、5によって生じている場合は対応できます。

しかし、食物繊維の不足による蠕動運動の弱体化や腸内バランスの悪化に対しては効き目は少なく、別の改善策が必要と言えます。

Sponsored Link



白湯の効果がある便秘のタイプ

では、白湯の便秘に対する働きをもう一度まとめてみましょう。

そこから白湯の得意な便秘のタイプと苦手なタイプを考えて見ます。

腸内の温度はほぼ体温(36~37゜C)と同じですが、そこに50゜Cの白湯が入ってくると腸内では水分と温かさによって腸内の排泄物がほぐれ易くなり、動き易くなります。

さらに、白湯を飲むと、その温かさによって我々は「ほっ」とする時間を作ることが出来、毎日の仕事などで溜まったストレスを和らげてくれるのです。

また、腸の活動が鈍ってくると腸内の温度が低下してしまいますが、温かい白湯を飲むことにより、腸内温度が上昇して脂肪燃焼を活発化させ、腸の活動が復活し、蠕動運動も活発化するようになります。

新陳代謝が活発化し、デトックス効果で体内の血流が活発になることで、内蔵の動きがさに上がり、大腸も同時に動きを強めるため、さらに蠕動運動は活発化します。

デトックス効果で悪玉菌を含んだ毒素を体外に出す動きが活発化し、腸内環境の改善に向かいます。

このような白湯の便秘に対する働きにより、便秘解消がもたらされるのです。

従って、便秘の原因の中で、

運動不足

ストレス

水分不足

については白湯は大きな便秘解消効果を上げることが出来るのです。

しかし、便秘の原因のうち、

食物繊維不足による蠕動運動などの弱体化

腸内バランスの崩れ

については充分な効果が出ると言えません。

腸内バランスについては、デトックス効果で悪玉菌を腸内で吸収しますが、充分ではなく、多くの悪玉菌は腸内に残ったままになりますので、多少の効果はあるにしても充分に便秘を解消できると言えません。

また、食物繊維不足については、白湯にはほとんど含まれていないため、その解消は難しく、ビフィズス菌などが入ったヨーグルトを併用したり、白湯にビフィズス菌を活性化させるものや食物繊維が豊富に入ったものをアレンジする必要があります。

Sponsored Link



赤ちゃんの便秘と白湯

赤ちゃんの便秘には白湯が効果的と言われていますが、実際にはどうでしょうか。

新生児の便秘と白湯

生まれたばかりの新生児の赤ちゃんは、母乳やスキンミルクなどによって栄養を摂取し、そのほとんどが水分であるため、ほとんど便秘にはなりません。

ですから、3ヶ月くらいまでの新生児の段階ではほぼ白湯による便秘解消そのものの必要がないと言えるのです。

また、新生児の場合には内臓が未発達であるため、母乳に近いもの以外は与えない方が安心と言えます。

乳幼児の便秘と白湯

しかし、離乳食をとるようになると、ほとんど水分である母乳やスキンミルクと違って、固形に近い、水分の比較的少ない食事をするようになるため、便秘になる赤ちゃんは増えてきます。

その意味で離乳食に移る段階で同時に白湯を飲ませてあげることで、水分補給が充分に出来るようになり、あかちゃんが水分不足に陥らないようにすることができます。

従って、赤ちゃんは白湯を飲むことで便秘がちにならずにすみ、便秘がちにならないことで離乳食に対する食欲もより高まってくるのです。

また、離乳食に移る前に赤ちゃんに白湯を与えることで、母乳やスキンミルクの味しか知らなかった赤ちゃんが他の味にも興味を示すようになり、離乳がスムーズに進むコツでもあります。

赤ちゃんの便秘解消と離乳食への誘導と言う点で白湯は大きな効果を発揮することができるのです。

赤ちゃんへの白湯は脱水症状予防にもなる

また、赤ちゃんが生まれますと、どうしても部屋を温かくしておこうとするのが親心です。

冬場やその前後は特にそのような傾向にあります。

しかし、温かくするが故に赤ちゃんの発汗は多くなりがちで、水分不足にもなりがちです。

ひどいときには脱水症状にもなってしまいます。

そのような場合も水分不測から便秘になりやすくなりますので、温かくすると共に白湯も与えてあげるのが健康な赤ちゃんの成長には必要なことです。

昔の人々も赤ちゃんには白湯をあげていました。

やはり、生活の智恵と言うのはありがたいものです。

 

Sponsored Link



白湯の妊婦への便秘効果

妊娠中の女性は便秘になりがちと言われます。

特につわりの時期には、消化器系が不調になり、水も飲めないという人もいます。

妊娠期間の便秘は、お腹の赤ちゃんに影響のあるお腹の張りや鈍痛などに気づくのが遅くなってしまうこともあります。

また、子宮には水分が欠かせないものですから、余計に水分が不足してしまいます。

体の免疫力の低下にもつながり、風邪などの感染が危惧されますが、薬を飲めない体にはあってはならないことです。

水分不足は、当然便秘を引き起こしますし、その他にも女性に大敵な肌荒れ、吹き出物、乾燥肌などが発生してしまいます。

そのために、水分補給が欠かせませんが、冷たい麦茶や牛乳はもちろんお腹を冷やしてしまうためだめです。

従って、妊娠中における水分補給には白湯が最適なのです。

妊娠初期・妊娠中・出産前の白湯効果

暖かく内臓にやさしい白湯は、妊娠中の水分不足を補うとともに、便秘にも非常に有効です。

やはり、妊娠中は運動不足、水分不足が理由の便秘が中心であり、白湯が最も得意とする便秘の解消が可能になるのです。

また、同時にデトックス効果も手伝ってくれますので、お肌の大敵である肌荒れ、吹き出物、乾燥肌にも有効であり、妊娠中には是非飲まれることをお勧めします。

Sponsored Link



白湯の便秘解消効果の波及

これまで見てきたように、白湯の新陳代謝の活発化効果とデトックス効果による便秘解消効果は、同時にさまざまな波及効果を生み出します。

特に、女性に人気なのがダイエット効果と美肌効果という美容に有効な効果です。

それらを中心に白湯による便秘解消効果の波及効果を見ていきます。

白湯の便秘解消を利用したダイエット効果

普段から運動不足の上、便秘で悩んでいるとすれば、当然体は太めにならざるを得ませんね。

運動不足と便秘で悩んでいるあなたが、一番やらなければならないことは、まず生活改善です。

脂身の多い食事を控え、食物繊維の多い野菜をバランスよくとる食生活に切り替えましょう。

そして、週2回以上は定期的に軽い運動をしましょう。

散歩でもかまいませんよ。

そして、毎日朝起きた時、運動をする時、そして寝る前には必ず白湯を飲むようにしましょう。

そしてこれを数週間続けて入れば、生活リズムも正常になり、便秘も気持ちよく解消できます。

しかし、驚くべきことはそれだけではありません。

便秘解消と一緒にデトックス効果で腸内の宿便がとれて、お腹がすっきりするだけでなく、お腹周りが極めてスマートになりますよ。

腸内の宿便は数kgと言われており、これが取れるだけでも数kgのダイエットになるのです。

さらには、新陳代謝が上がることと運動によって、体内の脂肪燃焼が活発化して、よく内臓脂肪と言われる体内の脂肪や老廃物がどんどん活発な血流に乗って尿や汗として洗い流されていきます。

こちらの方も腹回りだけでなく、全身の脂肪が取れるだけでさらに数kgの減量が実現できるのです。

白湯による便秘の解消はすなわち、ダイエットへの道にも通じているわけです。

白湯による健康への波及効果

このように、白湯による新陳代謝の活発化やデトックス効果は便秘の解消に大きな効果を発揮しますが、それだけでなく、白湯は、我々が健康な体を維持するために悩んでいるさまざまな分野で効果を発揮します。

便秘解消は、それまでのイライラを解消してくれるので、精神的なストレスも解消できます。

そして、イライラがなくなり、ストレスも薄れてくれば、ストレスで痛んでいた胃などの内臓も元気を取り戻します。

疲れを感じにくい体になるのです。

Sponsored Link



ストレス社会と白湯による便秘解消効果とダイエット効果

これまでを思い浮かべてください。

会社などのストレスや普段の運動不足は当然体の活動力を奪い、内臓も弱ってきます。

ストレスは普段の生活リズムを乱して、いつの間にかいわゆる「こってりした」食べ物への偏食気味になってしまいます。

その結果、体は脂肪や老廃物を溜め込んで肥満傾向が進んでいきます。

それだけではなく、血液はドロドロに粘り気たっぷりになり、血管の動脈硬化が進んで、ひどい時には脳梗塞、心筋梗塞や糖尿病と言った成人病の餌食になってしまうのです。

当然便秘気味になり、お肌もぼろぼろとなってしまいます。

このような状態を解消してくれるのが白湯であり、意識しようとしまいと結果としてダイエット効果も発揮されて、本来の健全な体を取り戻す手伝いをしてくれるのです。

もちろん、白湯だけ飲んでいればよいというものではありません。

当然、普段の食生活を改善して生活リズムを取り戻し、定期的な運動で体を動かすということと白湯を飲むということを一緒に実行すれば、便秘を解消してくれるとともに、ダイエットによって健全な体を取り戻せるのです。

 

Sponsored Link



便秘とダイエットによい白湯の飲み方

白湯は飲みたい時に飲むだけで効果があります。

と同時に、白湯をどのタイミングで飲むかによってその効果をより高めることができます。

ダイエットと便秘のために白湯を夜飲む

ダイエットや便秘のために白湯を夜寝る前に飲むのは効果が絶大です。

寝ている間に、新陳代謝と脂肪燃焼で体内の老廃物や脂肪を壊して、新しい新鮮な細胞に切り替えてくれると同時にデトックス効果でそれらの分解された老廃物や脂肪を体外に出してくれるのです。

昼間は、仕事や家事などで体を動かすために新陳代謝やデトックスで生まれる活動はそれらのエネルギーに使われますが、夜寝ている時間帯は体内の老廃物、脂肪をデトックスする力に集中されるので効果が大きくなるのです。

朝は冷たい飲み物ではなく白湯で便秘改善

朝にはデトックスの効果で快便となり、利尿効果、発汗効果によって体は水分不足気味になります。

そのような体に新たなエネルギーとして朝起きたら、白湯を飲むようにしてください。

冷たい飲み物は胃腸や内臓がびっくりしてかえって活動が鈍ってしまいます。

それよりも、内臓や胃腸をやさしく活性化させてくれる白湯を飲むことが爽快な一日を過ごすコツなのです。

運動前の白湯で便秘解消とダイエット効果が高まる。

また、定期的な運動の前にも白湯は必ず飲むようにしてください。

白湯の温かさが、新陳代謝を活発にし、さらに脂肪燃焼機能をアップさせてくれるため、運動効果がすぐに発汗につながりやすくなり、ダイエット効果も大きくなるのです。

食事の量を減らすだけのダイエットでは、体力、筋力が落ち、体も不活発になるため、一時的に体重が減ったとしても、体内の脂肪や老廃物はそのまま残ったままになりやすく、疲れも重なり、ストレスを受け易い状態になってしまいます。

そのために、ストレスから拒食症になる可能性もあり、食事療法をギブアップしてリバウンドという恐ろしい反撃にあうのです。

それに対して、自助努力による生活改善や定期的な運動とともに白湯を飲むダイエット、便秘解消であれば、ストレスも疲れも解消できますので、健康的に痩せることができます。

その生活を続けていれば、便秘に悩まされることもなく、ストレスや疲れが溜まることによる肥満とも決別した生活が送れるようになります。

肥満体を気にされている方、便秘で日夜悩んでおられるあなた、是非、朝と寝る前、それに運動前の白湯を利用した便秘解消、ダイエットに挑戦してみてください。

Sponsored Link



白湯の便秘解消を利用した美肌効果

現代のストレス社会においては、女性のお肌は厳しい環境となっています。

ストレスは、内臓に負担をかけ、胃腸を痛めたり、肝臓が痛んだりします。

そのために、新陳代謝は不活発になり、血流も弱くなり、老廃物を運ぶ力も弱体化してしまいます。

便秘はそのような症状の一つと言えるわけです。

ターンオーバーの遅れ

それは、当然お肌、すなわち皮膚のターンオーバーを遅らせる原因になります。

皮膚の中の皮脂腺と汗は皮膚の表面にお肌を守る皮脂膜というものを作り、それは皮膚の保水力を維持したり、細菌が皮膚についても退治してくれるお肌にとって大切な役目を果たしています。

そして、定期的に古い皮脂膜は剥がれ落ちたり、血流に乗って体外に出され、新しい皮脂膜に入れ替わって、保水力や殺菌力を維持しているのです。

このことをターンオーバーと言い、お肌にとっては大切な機能となっています。

ターンオーバーによってシミの原因となるメラニン色素も剥がれて、シミが出来にくくしているのです。

このターンオーバーが遅れだすと、保水力が弱まったり、殺菌能力が弱まって、乾燥肌や荒れ肌になったり、ニキビや吹き出物が出るようになります。

もちろん、シミもでき易くなります。

また、体全体でも新陳代謝が弱まることで、血流も弱くなり、皮膚の下の細胞の入れ替わりが不活発になり、よく宣伝で評判になっているコラーゲンやヒアルロン酸などを生産してくれる繊維芽細胞という組織が活動を弱らせ、お肌の弾力性や透明感もなくなり、美肌を維持することができなくなります。

さらには、フロンガスなどの増加の影響によって、オゾン層が破壊されている関係から、昔に比べると紫外線の地上に降り注ぐ量が増加しています。

この紫外線は皮膚に悪い影響を与えるため、皮膚ではメラニン色素という成分を製造してその紫外線を防ごうとします。

紫外線の量が増えれば、当然メラニン色素も製造も多くなり、通常であれば、皮膚のターンオーバーによって体外に出されているメラニン色素が皮膚に残るようになってしまいます。

当然それはシミやしわの原因となります。

ストレスなどでターンオーバーが遅れ気味になりますと、さらにメラニン色素は皮膚に残ることになり、ますますシミ、しわが増加するという悪循環になっているのです。

 

Sponsored Link



白湯による便秘解消の美肌への波及効果

そこで白湯の出番です。

便秘解消のために白湯を飲むと言うことは、当然、体内の新陳代謝を高め、細胞の活力や内臓を活発にします。

そして、デトックス効果で老廃物や排泄物を体外に出しています。

これが便秘解消の体における変化なのですが、それはお肌にとっても大きな変化をもたらします。

すなわち、体中の血液の流れが強まり、末端の皮膚などの細胞にまで新陳代謝を促進するのです。

そうすると、当然、皮脂腺も皮脂の生産力を高め、遅れていたターンオーバーを復活させてくれます。

ターンオーバーが復活することで、保水力も皮膚の細菌に対する免疫力も高まり、みずみずしい保水力のあるお肌が回復し、ニキビや吹き出物も出来にくくなります。

さらに、メラニン色素も体外に出してくれるため、シミ、しわもできにくくなります。

また、皮膚の新陳代謝が高まり、血流も強くなることで、繊維芽細胞のコラーゲンやヒアルロン酸を生産する力も復活し、古い細胞を血流の中に流し込んで、弾力性のあるお肌を回復してくれるのです。

また、便秘の解消により、イライラがなくなり、荒れ肌などもなくなります。

このように便秘解消のために白湯を飲むと言うことは、同時に美肌を復活させる美容効果にとっても大きな効果を果たしてくれるのです。

みずみずしいお肌や美肌は女性にとって永遠の夢です。

便秘でお肌がおかしいと感じたら、是非白湯を試してください。

Sponsored Link



白湯による水分補給の効果

白湯の便秘解消の一番の決め手は水分の補給です。

便秘の原因の一つにも水分不足というものがありました。

水分不足というのは、一種の脱水症状です。

便秘だけでなく、体のいたるところで脱水症状が影響して病気などを引き起こします。

熱中症などもその一つです。

水分不足になると、喉の渇きだけでなく、ひどい時には発熱や意識の混濁などの症状も現れることがあります。

赤ちゃんなどのように自分で水分補給が出来ない場合はよけいに水分不足になりがちです。

また、無意識のうちになるのがよくテレビでも話題になる熱中症です。

無意識と言えば、我々も朝起きたときには、水分不足に陥っていることがよくあります。朝起きた時、口の中が乾燥していたり、喉が渇いている時があると思いますが、それは寝ている間に発汗して水分不足になっているためです。

さらに、便秘対策やダイエット効果を狙って寝る前に白湯を飲んだ場合も、夜の間に新陳代謝が活発化し、デトックス効果で発汗することがよくあります。

それはダイエットにとってはいいのですが、同時に朝には水分不足になっている訳です。

体の水分は、栄養素を体の各部分に送ったり、老廃物を体外に除去するためのエンジンになるものですから、不足したまま出かけることは危険です。

体の水分が1%不足した場合は、大量の汗や喉の渇き程度ですが、2%ではめまい、吐き気、食欲減退などが起こります。

3%を越えると、血液の濃度が上がって今度は汗が出なくなります。

6%で手足の震えやふらつき、8%では幻覚、呼吸困難になります。

まあ、ここまでの水分不足は普段はないでしょうが、夏などの気温の高い日には熱中症になる可能性があり、注意が必要です。

赤ちゃんなどは冬場に暖房をつけ過ぎると水分不足になりやすいので、注意してください。

水分不足はもちろん便秘につながります。

そのような赤ちゃんに白湯は水分不足解消と便秘解消に効果的です。

従って、朝の白湯はそのような水分不足になった体にとって、やさしく内臓、特に胃腸などの目を覚ましてくれ、水分不足を補ってくれるのです。

従って、夜寝る前の白湯と朝起き掛けの白湯はセットのようなもので、それが便秘をはじめ、さまざまな健康効果をもたらしてくれるのです。

白湯は、便秘解消はもちろんですが、このように我々の体の水分不足を補ってくれる効果もあるわけです。

体の水分のバランスをとることは、健康的な生活を送るためには不可欠であり、是非うまく白湯を利用して水分補給を行ってください。

 

Sponsored Link



便秘解消で健康的な生活を取り戻す

便秘は、普段の日常生活をイライラざせ、ただでさえストレスの多い毎日がさらに精神的に追い詰められてしまいます。

そのために、お酒の量が増えたり、フラストレーションが溜まって家族に当たったり、胃腸を壊したりするのです。

また、出るべき排泄物が腸内に留まることによって、腸内に毒素が発生してそれが腸から吸収されて体の各所に運ばれることから、がんや成人病などを引き起こしてしまうこともあります。

女性の死亡原因の第一位は大腸がんなのです。

このように、便秘をそのままにしてしまうと、健康な毎日の生活は破壊されてしまいます。

一度破壊された体や生活はなかなか元には戻りません。

従って、早めに便秘や便秘になりやすい体質を改善していかなければ、健康な体を取り戻すことは難しくなります。

逆に白湯により便秘を解消することによって、風邪など病気になりにくい体質ができ、お肌も輝いてきます。

ダイエット効果で、たるんだ体は引き締まり、スタイルがよくなることで人から注目される機会も多くなります。

また、ストレスや疲れに強い体になることにより、毎日が快活で明るい毎日を過ごすことができるようになるのです。

このように白湯による便秘解消によって、健康面はもちろん、日常生活もいきいきと過ごすことができるようになります。

是非、試してみてください。

白湯の便秘効果を上げるアレンジ

白湯には便秘をはじめ、さまざまな健康への効果がありますが、その効果をさらに倍増してくれるアレンジが話題になり始めています。

はちみつ白湯というものも言葉として一人歩きしていますし、レモン、しょうがなども白湯と相性がよく、便秘をはじめ、白湯の効果を倍加してくれます。

では、そのアレンジをはちみつなどを中心に紹介します。

Sponsored Link



はちみつ白湯による便秘解消の補完効果

はちみつ白湯は、便秘解消だけでなく、健康におけるあらゆる分野でその効能が評判になっています。

白湯の便秘解消効果は、水分不足や、ストレス、運動不足などにより腸内温度が低下して蠕動運動を弱めたことを原因とする便秘の解消には力を発揮します。

しかし、白湯は、腸内環境、すなわち善玉菌と悪玉菌のバランスの崩れや食物繊維の不足について起こる便秘にはやや力不足です。

それに対して、白湯の不得意な腸内バランスの崩れや食物繊維の不足による蠕動運動の弱体化からくる便秘をカバーしてくれるのがはちみつです。

はちみつを入れた白湯を飲むことにより、全ての便秘に対して効果の出るようになるのです。

 

Sponsored Link



はちみつの成分と健康効果

はちみつは、ミツバチが花から採取してくる蜜を巣の中で水分を蒸発させることにより密度を上げて、さらにミツバチの口から分泌する栄養素たっぷりの唾液を加えることで、濃密な蜜に仕上がります。

このはちみつの80%はブドウ糖や果糖と呼ばれる糖類であり、その他、ビタミンC、B1、B2などやミネラル、アミノ酸、ポリフェノールなどが含まれている非常に栄養価の高い、それでいてカロリーの低い食べ物なのです。

その大部分を占めるブドウ糖や果糖は体内に入ると体のエネルギー源となり、体の回復に力を発揮します。

エネルギー源になると言うことは、新陳代謝を活性化させる力の元になるもので、白湯の新陳代謝機能のサポートにもなります。

また、エネルギー源になることで脂肪燃焼も高まるのはもちろんです。

はちみつに含まれるビタミンは、疲労回復効果や全身に栄養素を行き渡らせて健康な体を維持したり、抗酸化作用を持っています。

アミノ酸は生命の維持にとって大切な栄養素であり、免疫力をアップさせるため、風邪などの予防にも効果があります。

ポリフェノールは抗酸化作用があり、美容効果が大きいと言われています。

このようにはちみつの成分は健康にとってさまざまな効果があることがわかります。

具体的な効果としては、次のようなものがあります。

  • エネルギー源となるブドウ糖は、脂肪燃焼を高め、ダイエットに効果を発揮します。
  • はちみつには、強力な殺菌作用があり、あらゆる体内外の細菌による傷の悪化を防ぎます。
  • また、はちみつには保湿効果があり、冬など喉を痛めたときに効果を発揮します。
  • はちみつの果糖はアルコールの分解を助けてくれるので、二日酔いの予防・解消に効果があります。
  • はちみつには整腸機能があり、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れる、いわゆる腸内環境の悪化に効果を発揮します。

→ また、善玉菌として有名なビフィズス菌を増やす効果もあります。

  • はちみつのブドウ糖は、腸に直接エネルギー源として働くため、効率的に疲労を回復してくれます。
  • はちみつは、血液系の病気(脳梗塞や心筋梗塞など)の原因となる動脈硬化を防ぐ効果があります。

このように、はちみつの健康効果にはさまざまなものがあり、それらは白湯と合わさることで、相乗効果や補完効果を発揮します。

なお、はちみつ白湯の効果については、「はちみつと白湯の関係について」にて詳しく記載していますので、ご覧ください。

Sponsored Link



はちみつ白湯の便秘における補完効果と相乗効果

はちみつには、腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを回復させ、ビフィズス菌を増やす効果、それに整腸機能があります。

このはちみつの機能は、当然便秘の要因である腸内バランスの悪化や食物繊維の不足による腸の機能低下に対して効果を発揮します。

これらは、白湯が便秘対策として弱い部分であり、白湯の便秘効果を補完してくれるものになります。

さらに、はちみつの高濃度なブドウ糖は、体の脂肪燃焼を強力にサポートして、白湯の新陳代謝機能の活性化を後押しし、白湯の運動不足、ストレスなどによる蠕動運動などの腸の活動の回復に向けた効果を相乗効果で高めてくれます。

従って、白湯にはちみつを入れることで、便秘の解消効果は数倍にも引上げてくれることになるのです。

しかも、はちみつを白湯に入れる効果はそれだけでなく、白湯の便秘解消による波及効果であるダイエット、美容に対しても大きな効果を発揮してくれます。

脂肪燃焼は当然、ダイエットには不可欠なものですが、エネルギー源として吸収が早く、効果も早く出ることで、運動の前に飲めばすぐに発汗を強力にサポートしてくれます。

また、エネルギー源としての機能は、新陳代謝を強力にサポートするために、皮膚のターンオーバーや繊維芽細胞のコラーゲンやヒアルロン酸の生産機能を白湯と一緒に高めてますし、ポリフェノールの作用もあり、美容効果、美肌効果は飛躍的に高くなります。

その他の面でも、はちみつと白湯のコラボレーションはさまざまな効果を生み出してくれるのです。

これらの効果をもたらしてくれるはちみつ白湯が可能になるのは、はちみつと白湯の相性がよいからです。

はちみつは温度が低くなると結晶化して硬くなってしまいます。

これは、冷たい飲み物には溶けにくいと言うことです。

逆に温かくなるとはちみつは軟らかくなり、溶け易くなります。

これは、白湯にはぴったりです。

はちみつの栄養素の成分は50~60゜Cでは壊れることはなく、温かい白湯に簡単に溶け込んでいきます。

従って、白湯とはちみつのゴラボレーションは互いに相乗効果と補完効果を発揮して大きな健康効果を生み出せるのです。

但し、白湯の便秘効果と同様に、はちみつ白湯だけを飲んでいれば、全て解消すると言うわけではありません。

やはり、自身による生活改善上の努力が不可欠であり、それができてこそ、健康な体を取り戻せます。

便秘解消への生活環境の改善

はちみつ白湯と一緒にどのような生活環境の改善が必要なのかを少し見てみます。

それには、食生活の改善のほか、定期的な運動や風呂の利用、不規則な生活リズムの解消などがあります。

Sponsored Link



食生活の改善

現代人は、豊かな食生活を送るようになり、脂身の多い食事が増えています。

肉は霜降りのサシが多くある肉が高級とされ、国産ブランド牛、豚がこぞって生産されるようになりました。

それはそれで美味しいのですが、脂肪質の高い食事は人間の体にとっては天敵である中性脂肪を多く体に蓄え、血液をドロドロにして動脈硬化を引き起こし、血液系の病気や糖尿病などの成人病を引き起こす危険性が高くなります。

ラーメンもこってりラーメンが人気を呼んでいますし、毎日の食生活には油で揚げた揚げ物が常に食卓を賑わしています。

これらは、肥満を引き起こすとともに、腸の活動を弱めてしまいます。

カロリーが多く、脂肪が多いことで、腸がストライキをしてしまうのです。

腸の動きが弱まりますと、当然、腸内バランスは崩壊し、腸内温度も低下してますます腸の動き、蠕動運動も弱まって、便秘が常態化してしまいます。

次から次へと脂身の多い食事で腸に対する負担をかけてしまうと、白湯やはちみつ白湯を飲んで腸の動きをサポートしても、自転車操業で効果は出難くなってしまうのです。

まず、そのような脂身の多い食事を少し控えて、食物繊維の多い野菜の食べる量を増やして食事のバランスをとってください。

食後にはヨーグルトもいいでしょう。

このような食生活の改善とともに白湯やはちみつ白湯を飲むことによって便秘解消は効果が飛躍的に早く現れるようになります。

また、便秘になりにくい体質になるとともに、ダイエット効果や美容効果も出やすくなるのです。

 

Sponsored Link



定期的な運動とお風呂の利用

また、食生活の改善とともにやっていただきたいのは、やはり定期的な運動です。

サッカーホールを蹴ったり、キャッチボールをするのもいいでしょうし、ランニングで汗を流すのもいいです。

好きなスポーツもいいですし、散歩だっていいんです。

週に2回くらいは、時間をかけて、1時間くらい軽くても運動をしてください。

運動をすることで、白湯やはちみつ白湯による脂肪燃焼は強力に働いて、デトックス効果による発汗作用を促してくれます。

その中で、体内の老廃物や脂肪は外に排出されるとともに、腸の動きも軽快になります。

それに、加えるものとしてお風呂の利用があります。

皆さんはお風呂にはどのくらい入っていますか。

からすの行水ではないですか。

お風呂の効用は、リラックスできることと、発汗を促してくれることです。

そのためには、湯船にたっぷりと時間をかけてつかることがポイントになります。

湯船でリラックスしてたっぷりと汗をかく、これが健康の秘訣です。

リラックスすることでストレスや疲れの解消にもなりますし、その波及効果として腸内温度が上がって蠕動運動も高まります。

また、体が温まることで新陳代謝が上がり、デトックス効果で老廃物や脂肪などを汗と一緒に体外に排出してくれます。

たっぷり湯船に10分以上リラックスしてつかることで汗も充分に出ますし、体内が暖まることで新陳代謝も大きく上がります。

お風呂に入る前に、白湯を一杯飲んで入りましょう。

リラックス効果も新陳代謝効果もさらに上がります。

結果は、便秘の解消、美容、ダイエットに対する効果に現れます。

だぶついた体は引き締まり、体内の老廃物、排泄物、宿便などがどんどん体外に出されることで、便秘解消はどんどん進みます。

さらに、それに伴ってお肌はどんどん若返り、美肌となるとともに、ダイエットも進んで流行の服が似合う体になっていきます。

Sponsored Link



不規則な生活の解消

最後に、自身の努力として不規則な生活リズムを改善することです。

現代人は、24時間営業が当たり前のような時代になり、いつでも食事ができる環境にあり、仕事で遅くなってもコンビニエンスストアによれば、いつでも美味しそうな食事を買って帰れます。

また、厳しい会社環境の中で、ストレス解消のためについつい居酒屋のお世話になってしまい、夜更かししてしまいます。

休日は遅くに起きて、遅くに寝るというような不規則な生活リズムが胃腸を疲れさせ、体の変調をきたす原因になっています。

また、ストレス、疲れもどんどん蓄積されていってしまいます。

このような生活は、胃腸や内臓の疲れによって便秘につながりやすく、それが故にお肌にとっては大敵で、ストレスによる肥満が引き起こされるのです。

従って、生活改善の最後はこのようなリズムの狂った生活態度の改善です。

朝早く起き、なるべく早く寝るという本来あるべき生活リズムを取り戻し、毎日寝不足で午前中は目が覚めないというような状態から脱することが、便秘解消の最後の鍵です。

早く起き、早く寝る前には白湯やはちみつ白湯を飲むという習慣を一緒に身につけることで、便秘解消はもちろん、毎日の健康な生活が保障されます。

是非、挑戦してみてください。

その他のアレンジ

はちみつの他、白湯に合うアレンジ食材はたくさんあり、これからも増えていくでしょう。

また、はちみつ白湯とアレンジしてもよい食材ばかりです。

代表的なレモン、しょうが、オリーブオイルについて見てみます。

Sponsored Link



しょうが白湯の便秘解消効果

しょうがは、昔から子供が風邪を引いた時などに白湯に入れて飲ませていたように、殺菌作用や体の発汗作用が知られていました。

しょうがには、ギンゲロールとそこから生成されるショウガオールと言う人間の体を燃え上がらせる成分が含まれており、それらの作用によって、白湯の持つ新陳代謝効果やデトックス効果が飛躍的に高くなる効果があります。

また、しょうがは、強力に体を温めてくれるため、ストレスや運動不足によって腸内温度が低下して、蠕動運動などの腸の活動が低下している際には非常に有効です。

腸内の温度が回復することで、腸の蠕動運動は復活して排泄物を強力に押し下げてくれるのです。

すなわち、白湯の持つ新陳代謝機能とデトックス機能による便秘解消にダブルで効果が出ることになります。

しょうが白湯は便秘・冷え性・ダイエットに効果発揮

また、相乗効果で発汗を促すため、ダイエットにも有効ですし、美肌や冷え性にも効果的です。

運動の前にしょうが白湯を飲むことで発汗が強力に促進されますので、体内の脂肪、毒素を体外に大量排出してくれるのです。

作り方は簡単で、白湯にしょうがのスライス1枚か、しょうがのすり下ろしたチューブを小さじ1敗に入れてかき回すだけです。

ただ、しょうがは刺激が強いため、入れ過ぎると飲みづらくなりますので、自分に合った分量を探す必要があります。

私は、どちらかというとしょうがの刺激が好きなので多めに入れています。

しょうがははちみつとも相性はよく、はちみつ白湯にしょうがを入れることで便秘解消にはトリプルで効果が発揮されます。

どちらかと言うと白湯の便秘効果とは相乗効果になり、はちみつの持つ腸内環境の悪化による便秘効果と合わせて非常に強力な便秘対策になります。

ただ、赤ちゃんには刺激が強過ぎますので、ある程度大きくなってからにしてください。

いずれにしても、健康には非常によいしょうがですから、是非白湯やはちみつ白湯と合わせてとるようにしてください。

 

Sponsored Link



レモン白湯による便秘解消効果

レモンと言えばビタミンCと言われるように、その含有量は非常に豊富に入っています。

そのビタミンCには、免疫力を高め、抗酸化作用、抗ストレス作用があり、はちみつにも含まれていますが、その量はレモンが一番です。

免疫力や抗酸化作用は風邪、喉の痛み、冷え性、美肌などに効果があります。

また、レモンにはクエン酸が含まれ、体のエネルギー生産の重要な成分で、疲労回復に効果があります。

従って、レモンを白湯に入れると言う事は、白湯の効果である風邪や冷え性や美肌に対する効果を高めてくれるとともに、ストレスや疲れを回復させる効果もアップします。

便秘には直接的な効果アップはないものの、ストレスや疲れを回復させる効果があるということは、便秘の原因であるストレスなどによる腸内体温の低下を防ぐと言う点で白湯の効果をサポートしてくれます。

作り方は、出来上がった白湯に、スプーン一杯のレモン汁を入れてかき回すだけです。

また、レモンは以前からはちみつレモンの清涼飲料水が人気を博していたように非常にはちみつとの相性がよく、はちみつ白湯とも当然合います。

はちみつ白湯に同じくスプーン一杯レモン汁を入れるだけです。

はちみつとレモンの両方が持っているエネルギー源となる成分(ブドウ糖やクエン酸)が疲労解消に大いに役立ちます。

便秘にもレモンは側面援助の形にはなりますが、長期間白湯やはちみつ白湯に入れて飲むことで、便秘になりにくい体質を作ってくれます。

なお、レモン白湯に関する詳しい情報は「レモン白湯の効果について」にてお伝えしています。ぜひ、確認してください。

 

Sponsored Link



オリーブオイル入り白湯の便秘解消効果

オリーブオイルには、体の中の悪玉コレステロールを退治して善玉コレステロールを増やしてくれる効果を持つオレイン酸や抗酸化作用も持つビタミンEという成分が含まれています。

オリーブオイルのオレイン酸で体内の血行をよくしてデトックス効果を発揮するとともに、抗酸化作用よって弱った腸の蠕動運動を直接活発化させてくれます。

従って、オリーブオイルは便秘の解消に向けても白湯の強い援軍になってくれます。

白湯の持つ腸の蠕動運動の回復作用をさらに強力にしてくれるとともに、腸内の毒素をダブルで強化されたデトックス効果により大量に排除してくれるのです。

動物性のオイルは脂肪として残りますが、オリーブオイルは逆にそれらの脂肪を減らしてくれるので、血液系の疾患である脳梗塞や心筋梗塞の予防にもなります。

これらの効果ははちみつとも共通しており、はちみつ白湯と合わせて飲むことで、便秘解消だけでなく、体全体の健康維持に大きく貢献することができるのです。

白湯やはちみつ白湯にスプーン一杯オリーブオイルを垂らすだけですから、簡単に作れます。

一度試してください。

 

Sponsored Link



便秘に効果的な白湯の作り方

白湯の作り方は簡単です。

水をやかんに入れて沸騰させ、それを50~60゜Cまで冷めるのを待つだけです。

飲み頃になったらコップに入れて飲むだけ。

水は、水道水で充分です。

よく水道水は塩素が入っているからだめとか、美味しくないからだめと言われますが、現在の水道水は非常に美味しく管理されており、残留塩素も国際基準であるWHO(世界保健機構)の基準の1/5~1/10程度に抑えられています。(残留塩素がなくなると雑菌が繁殖するため0にはできません。)

ただ、微量の塩素からは発がん性が疑われているトリハロメタンという物質が発生してきます。

その量はほんの僅かで、生涯飲み続けても問題にならないものですが、それでも気になるという方はレモン汁を一滴垂らすことにより、塩素はレモン汁のビタミンCと化学反応して消えて無くなってしまいます。

また、その水質基準は、ペットボトルのミネラルウォーターよりも水質基準は厳しく、非常に安全な水道水です。

また、マンションなどで貯水タンクの管理が心配な方は浄水器で不純物をとった水道水を使ってください。

いずれにしても、水道水をやかんに入れたら、沸騰してから1分は待ってください。

泡が出だしてもまだ100゜Cの沸騰には達しておらず、じっくり1分は待ってから火を消してください。

逆に、あまり長時間沸騰させても今度は水の分子構造が壊れてしまい、まずくなってしまいます。

そして50~60゜Cになったら、コップに入れます。

ハチミツやしょうがなどのアレンジをする場合はこのタイミングで入れてかき混ぜましょう。

これで出来上がりです。

特に便秘だけに効果的な白湯の作り方はありません。

常に同じ手順で日課として作って飲む、これが便秘解消のコツです。

Sponsored Link



便秘を解消する白湯の飲み方

白湯やはちみつ白湯は便秘解消には非常に効果的です。

はちみつ白湯は、互いに弱いところを補完し、全ての便秘に対して有効な飲み物です。

もちろん、生活の改善や運動などの自助努力は必要ですが、白湯やはちみつ白湯をいいタイミングで飲むことにより、効果を最大限に発揮することができます。

では、いつのタイミングで白湯を飲めばいいのでしょう。

便秘解消によい白湯を飲む時間

便秘に一番効く時間帯は夜寝る前と言われています。

夜寝る前に白湯やはちみつ白湯を飲むことで、体内の新陳代謝やデトックス効果によって寝ている間に老廃物や毒素が血液中や尿として出されていきます。

また、脂肪燃焼も起こるため、さらに寝汗として体外に毒素が出されて、朝にはすっきりと目覚めることができます。

汗や尿として水分と一緒に毒素や老廃物が出されることで、朝には体は軽い水分不足に陥っています。

その時に効果が発揮されるのが、再び白湯やはちみつ白湯です。

水分不足の内臓に冷たい飲み物を流し込むと内臓はびっくりして活動をかえって控えてしまいます。

それよりも、白湯やはちみつ白湯によって内臓を優しく温めてやることで、内臓は目を覚まして活発に活動を始めるのです。

一日が快調に過ごすことができるようになります。

この二つのタイミングの白湯やはちみつ白湯は一つのセットとして考えるのがよいでしょう。

体の毒素や老廃物、排泄物はどんどん体外に排出されるようになり、腸内温度も上がり、蠕動運動も活発化して、便秘も解消されていくのです。

はちみつ白湯を飲んでいれば、さらに腸内バランスも整えてくれるため、さらに便秘解消効果は上がります。

また、疲れて帰ってきたときには白湯が最適です。

疲れた体に白湯の温かさは、「ほっ」とするひとときをもたらしてくれ、リラックスさせてくれます。

また、疲れた内臓を温かく包み込んでその活動を回復させてくれるのです。

基本的にはこの3回のタイミングで白湯やはちみつ白湯は充分です。

白湯だけの場合は、さらに昼食時か夕食時にとるとよいでしょう。

 

Sponsored Link



白湯の飲み方の留意点

白湯は、どれくらい飲めばよいのでしょう。

一日の目安としては、700~800ccと言われています。

飲み過ぎると、デトックス効果によって、本来体に必要な栄養素やミネラルまで体外に排出してしまうため、体の抵抗力を失ってしまうことがあります。

コップ一杯が150ccから180ccとするとだいたい4~5杯が適正量です。

また、はちみつなどを入れる場合は、デトックス効果がさらに強力になるため、適正量はさらに少なくなります。

コップ3~4杯までに抑えた方がよいでしょう。

Sponsored Link



白湯の便秘解消効果のまとめ

20世紀末からの健康ブームの中で、白湯はその効能が見直され、従来の風邪の予防などだけでなく、便秘や美容、ダイエットに大きな効果を発揮することがわかってきました。

特に、我が国の旧来の社会構造が崩壊し、自己責任社会に変わり、ストレスの高い社会になったことにより、便秘の悩みを抱える人が増えてきたことが背景にあります。

それらの便秘に対して白湯は、新陳代謝機能やデトックス効果によって大きな解消効果を上げることが注目されたのです。

赤ちゃんから妊婦さんに至るまで、大人の便秘解消に対する白湯の効果は広がりを見せています。

また、同時に食生活の改善や定期的な運動などの自助努力が白湯の効果をさらに完璧なものへとしていきます。

便秘にはその原因が5つのタイプがありますが、白湯にはちみつを入れたはちみつ白湯を飲むことで、全ての便秘のタイプに対して有効であることもわかってきました。

便秘の解消は、さらに美容、ダイエット効果にもつながり、我々の健康的な生活を取り戻してくれるのです。

ストレスの高い社会は変わりませんが、白湯やはちみつ白湯を利用して、ストレスに負けない健康な毎日を過ごしていただきたいと思います。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水ダイエットの効果を徹底解説!

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 炭酸水の洗髪効果が凄い!育毛・頻度・作り方・方法・やり方を完全解説します!

関連記事

  • 朝白湯ダイエットは効果が抜群!

  • 白湯の下痢に対する効果と好転反応

  • 生姜白湯の効果が凄い!

  • アーユルヴェーダで白湯の効果を最大化する方法

  • 白湯ダイエットで痩せた!効果と結果を全てお伝えいたします!

  • 白湯ダイエットの効果が出る期間について