1. TOP
  2. コーヒー
  3. コーヒーの利尿作用について
Sponsored Link

コーヒーの利尿作用について

コーヒー   8,190 Views

コーヒーの利尿作用を正しく知りたいという方々はとても多くいます。

実際にコーヒーの利尿作用が健康にどうのような影響や効果を及ぼすのでしょうか。

今回の記事ではコーヒーの利尿作用とその効果効能について詳しくお伝えしています。

Sponsored Link



Contents

はじめに

コーヒーは、よく飲まれている飲料ですが、コーヒーに含まれているカフェインは、身近な毒性のある化合物といわれていますがほんとですなのでしょうか。

実は、確かにカフェインは医薬品に登録されている化合物です。

資料によると、0.5%以上のカフェインが含まれると、劇薬として薬事法により定められています。

しかし普段、普通に飲用するコーヒーのカフェインの量はカフェインが医薬品に登録されていますが、問題ないと言われています。

WHO世界保健機関もUK FSAイギリス食品基準局も200㎎/1日のカフェインの摂取量では問題ないと指摘しています。

問題ないといわれるカフェイン量は1日のコーヒーに換算すると3~4杯です。

よく、浅い焙煎のコーヒーは、カフェインが多いといわれますが、カフェインは安定した化合物で、焙煎の度合いによってカフェインの量が変わらないとの指摘もあります。

焙煎により、カフェイン量の違いがあるという情報もありますが、問題は1度に使用するコーヒーの量や淹れ方などによってもカフェインの量が異なることで、コーヒーの淹れ方に留意しなければならないことです。

コーヒーのカフェインをはじめコーヒーの成分の効果が日進月歩で明らかにされています。

コーヒー愛飲者にとって朗報も色々あり、今後の研究発表が楽しみです。

このような中で、コーヒーを飲用するとなぜ利尿をもよおすのか、コーヒーのカフェインと利尿作用のメカニズム、あるいはカフェインの様々な利尿の効果についての検証を試みました。

コーヒーのカフェインと利尿作用のメカニズム

一般に、コーヒーを飲むと尿意をもよおすといわれますが、それはなぜそのようにいわれるのでしょうか。

コーヒーのカフェインが、利尿作用のメカニズムにどのように影響を及ぼすのか興味深い話があります。

また、コーヒーのカフェインの利尿効果も見逃せません。

なお、利尿作用とは通常の状態より排尿量を多くし、体内の水分を尿を通じて排出することです。

 

Sponsored Link



利尿作用のメカニズム

腎臓は塩分やタンパク質・水なども血管に戻される再吸収の働きと、血中の水分を調整し余剰の水分は尿として排泄する働きを担っています。

大体、腎臓は1日に1.5ℓの水を尿として体外に排出するそうです。

腎臓の働き

腎臓の働きとして下記のように多くの働きを腎臓は担っており、体内の濃度やpHなどのバランスの調整をしています。

・血中の老廃物の体外排泄

・尿の量や濃さを調整して体内の水分の保持

・血中のカリウム・ナトリウム・カルシウム・マグネシウムなどの電解質の調整

・ビタミンDを活性化してカルシウムの吸収を促進

・腎臓で重炭酸を生成し血中のpHを弱アルカリの保持

・貧血とかかわりのある造血刺激ホルモンの分泌

・血圧調整

Sponsored Link



カフェインとアデノシンの関係

コーヒーのカフェインは、利尿のメカニズムにどのような影響を及ぼすのでしょう。

カフェインが非常に関係する体内に存在するアデノシンについて少しまとめます。

体内には、筋肉の収縮や伸展するときエネルギーを供給するアデノシン3リン酸(ATP)や細胞内の情報伝達物質の環状アデノシン1リン 酸(cyclic AMP)が存在します。

近年、アデノシンは、細胞の外で、細胞間の情報伝達の働きがあることが明らかになりました。

アデノシンの細胞間の情報伝達は、細胞表面のアデノシン受容体(いわゆる情報を受け取る窓口)が、細胞外のアデノシンとのみと結合する特異性があることも判明しています。

実は、アデノシンと構造がよく似ているカフェインは、この細胞間の情報伝達作用に関与し、この受容体と結合できるが解明されました。

カフェインが、アデノシン受容体と結合すると、細胞外のアデノシンの伝達が伝わらないので、アデノシンの作用は抑制されてしまいます。

そして、カフェインがアデノシン受容体と結合して、異なった情報の伝達がされてしまい、本来の作用とは異なる作用が発症することが起こるのです。

例えば、脳のドーパミンの作動神経のアデノシン受容体に、アデノシン受容体が結合すると、神経の働きが抑制されます。

ところが、アデノシン受容体にカフェインが結合すると、中枢神経を興奮させ、覚醒、疲労感の軽減、記憶力などの亢進を引き起こします。

また、中枢神経の興奮は、交感神経も興奮させて、交感神経の伝達物質のノルアドレナリンを放出し、血圧の上昇、代謝促進など体全体を興奮した状態を引き起こし、利尿作用の伝達も起こることがわかったのです。

だから、アデノシン受容体にコーヒーのカフェインが結合して、コーヒーの効果・興奮が引き起こされ、利尿作用もこの影響を受けて起きている現象です。

 

Sponsored Link



コーヒーの成分であるカフェインが利尿作用

コーヒーを飲用するとカフェインの作用の一つとして利尿作用があります。

この作用はコーヒーの成分のカフェインによる利尿作用であり、一過性の症状です。

コーヒーのカフェインは循環系に作用し、腎臓の血管を拡張して血流を増やす働きがあります。

このために腎臓は多くの血液のろ過を余儀なくされ、尿の生成量が増え利尿作用による排泄が多くなります。

コーヒーのカフェインによる利尿作用は、体内の水分の排泄の利尿に作用し、むくみや水太りの解消にもなり、水による体重の増加を防ぐことにもなります。

また、水太りの解消はダイエットにもつながります。

これは、コーヒーのカフェインの利尿作用のメリットです。

コーヒーの飲みすぎと利尿作用による脱水

カフェインには、分解酵素のフォスフォジエステラーゼを阻害して細胞活動を高める作用があります。

cAMPは、細胞膜に局在のアデニル酸シクラーゼ(AC)で、ATP(adenosine triphosphate)から合成される化合物です。

分解酵素のフォスフォジエステラーゼを阻害とは、この細胞内のcAMPを5‘AMPに変えて、cAMPを減らして、中性脂肪などの分解を抑える作用といわれています。

また、カフェインには骨格筋のカルシウムイオンに対する反応性を高めて運動負荷を低減させるなどの作用もあります。

これらのカフェインの作用が、総合的に働き、さまざまな急性作用を起こします。,

コーヒーのカフェインは、利尿作用を活性し、多くの水分を排泄してしまいますので、過剰のコーヒーのカフェインの摂取は、時として体内の水分不足に陥らせることがあります。

Sponsored Link



腎機能低下とコーヒーのカリウム

コーヒーが体によくないといわれるのは腎機能が低下しているときです。

コーヒーなどに含まれているカリウムの排泄ができないため、高カリウム血症になりやすく不整脈を引き起こしやすくなるからです。

インスタントコーヒーや缶コーヒーにはカリウムが多く含まれていますので、腎機能が低下している人は、コーヒーのカリウムが他の食材より少ないとはいえ、コーヒーを飲用しないなどの注意が必要です。

腎臓の機能が何らかの原因で低下していると、余分な水やナトリウムが排泄できないため、体内に溜まってしまったり、腎臓から蛋白尿が大量に排出されたりするため、血液と体組織との水のバランスが調整できなくなり、むくみを生じます。

腎臓の病気によるむくみは、検尿で何らかの異常が認められますので、気になる人は検査をおすすめします。

カフェインを含むお茶や紅茶と利尿作用

むろん、カフェインを含む緑茶や紅茶も利尿作用をもたらします。

玉露や緑茶は、分量的にコーヒー程の量を一度に飲むことはありませんが、コーヒーの1杯分の量ではカフェインの一番多いお茶は玉露です。次がコーヒーです。

紅茶は、カフェインが多いと一般にいわれますが、ココアより少ないです。

また、夜はカフェインが多い緑茶より番茶をとよく言われますが、緑茶のカフェインが少なくて番茶と同じ量です。これは驚きです。

このことから夜の番茶を一般にいわれている定番が覆されそうです。

各飲み物による1杯あたりのカフェイン量 

玉露 (150 ml) 150 mg (120 mg)

コーヒー (エスプレッソ)(50 ml) 140 mg (280 mg)

コーヒー (ドリップ)(150 ml) 135 mg (90 mg)

コーヒー (インスタント)(150 ml) 68 mg (45 mg)

栄養ドリンク (100 ml) 50 mg (50 mg)

コーラ (500 ml) 50 mg (10 mg)

抹茶 (150 ml) 45 mg (30 mg)

ココア (150 ml) 45 mg (30 mg)

紅茶 (150 ml) 30 mg (20 mg)

ほうじ茶 (150 ml) 30 mg (20 mg)

ウーロン茶 (150 ml) 30 mg (20 mg)

緑茶 (150 ml) 30 mg (20 mg)

玄米茶 (150 ml) 15 mg (10 mg)

参考 http://www.berry-counseling.com/1362/ 

Sponsored Link



コーヒーのカフェイン効果の持続時間と吸収に要する時間

コーヒーのカフェインは、胃と小腸から吸収されます。

飲料のカフェインが完全に吸収されるまでの時間は、大体45分くらいといわれています。

血中のカフェインの量が飲用により最大になるまでの時間は、アイスコーヒーでは小腸が冷たいコーヒーで収縮し吸収が低下するため1時間ほどかかります。

ホットコーヒーでは飲用などの条件に左右されますが30~60分ほどといわれています。

医薬品のカフェインの血中の濃度が半分になる半減期は、4~6時間かかるといわれています。

この半減期の時間は、肝臓機能の状態や年齢などによって時間が長くなることもあります。

コーヒーは、コーヒーの様々な利尿効果・効能の外に眠気覚まし、脳の活性などの効果のために飲用されることが多いでしょう。

半減期と効果の持続時間は異なりますが、カフェインの有効な効果は半減期の4~6時間と考えられます。

利尿作用もこの半減期の4~6時間は効果があるといってよいでしょう。

血中のカフェインの半減期とカフェインの吸収時間から、一般的に飲用されているパターンの朝・昼・午後の休憩時間のコーヒーの飲用の1日に3~4杯は妥当な飲用量とも言えるのでしょう。

 

Sponsored Link



コーヒーのカフェインと水の利尿作用の違い

コーヒーのカフェインによる利尿作用と水による排尿の違いは、どのような違いがあるのでしょうか。

確かに、水を飲むとトイレに行きたくなりやすいという経験が多くの人たちにあります。

水の排尿効果とはどのような効果でしょう。

1日に必要な水の飲用量は

よく1日に水を1~2ℓ飲用することが必要と聞きます。

なぜ、1日にそれだけの水を摂取する必要があるのでしょう。

それは体内で1日に消耗される水の量が、平均して呼吸や汗で0.8ℓ、排便出0.1ℓ、尿で1.1ℓによるからといわれています。

排尿は、体内の水分調整による生理的な利尿作用です。

1日に排出される水を補うために1~2ℓの水を摂ることが体内の水の調整に必要です。

しかし過剰な水の摂取は、必要ない水分として体外に排泄しようと腎臓が働くため、腎臓に負担がかかり、浮腫の原因にもなり、むくみを生じてしまいます。

適度な水の補給は必要ですが、過剰な水の摂取は腎臓に負担をかけます。

そのため体内の水分調整を行い腎臓への負担を避けるために人は排尿します。

Sponsored Link



水とコーヒーのカフェインの利尿作用の違い

水を飲用すると、トイレの回数が多くなるのではと考えられますが、実は水にはカフェインを含むお茶・コーヒー・ビールなどと比較して、利尿作用はないといわれています。

もちろん水を一度多量に飲用すれば、腎臓の体内の水分調整の働きにより利尿をもよおします。

水に利尿作用がないといわれる水の飲用の仕方は、小分けにして少量の水を飲むことです。

この方法は、体内の失われる水分補給の役割を果たすからです。

水は、吸収時間はわずか30秒で腸壁から吸収される即効性があり、体内の水分の補給に適しています。

コーヒーのカフェインも他のカフェインを含む飲料も、カフェインによる利尿作用で、再吸収の量が減り体外に排出される利尿作用です。

要するにコーヒーなどカフェインの含まれたものを摂取した場合は、摂取した時以上の水分が排尿されやすいということです。

水の飲み過ぎで脱水症状になることはありませんが、利尿作用のあるコーヒーやお酒の摂取のしすぎで脱水症状になる可能性はあるということです。

では、水を飲料したときも尿意をもよおしますが、その原因は何でしょう。

一度に多くの水を飲用すれば、確かに体内の過剰な水分の排泄と体内の電解質などの濃度バランスの保持の働きのため、腎臓の働きによる生理的な利尿作用が起こります。

体内に過剰となった水分と老廃物を排泄する利尿作用が水による排尿です。

よって、1日に消費される補給分内での水の摂取が原因で利尿作用を引き起こすことはありません。

そのためコーヒーのカフェインによる利尿作用と水を飲むことで尿意を感じるというのは異なります。

 

Sponsored Link



緑茶はアルカリ性でカフェインの利尿作用もある

緑茶のカフェインは、コーヒーのカフェインの量より少ないですが、作用が強く頻尿になりやすいといわれています。

緑茶が水分補給に適さないのは、アルカリ性のため、胃を荒らしやすく、利尿作用が強く、脱水しやすいからです。

このため緑茶を飲むとトイレが近くなり、のどが渇き、また飲むを繰り返しやすいのです。

また、緑茶の利尿作用には多量のカテキンが関係し、利尿作用が高くなり頻尿になりやすいともいわれています。

一方、お茶のカフェインはタンニンと結びつき、コーヒーのカフェインのような興奮作用が弱くて緩やかに作用するとの報告もあります。

いずれにしても、ウーロン茶・紅茶・コーヒーなどのカフェインが多い飲み物は、午前中に充分な水分の補給をし、嗜好品として飲むことを楽しむものとして1日2~3杯くらいがおすすめです。

コーヒーのカフェインによる利尿作用の効果とデメリット

コーヒーのカフェインによる利尿作用は、日本茶や水の利尿作用が異なることを述べました。

では、コーヒーのカフェインによる利尿作用には、どのような効果とデメリットがあるのでしょうか。

Sponsored Link



コーヒーのカフェインの効果

コーヒーのカフェインの利尿作用は原尿の再吸収を抑え、尿を排泄する利尿作用を引き起こし、水の利尿作用とは異なります。

その違いを簡単に言えば、水の場合は水分の摂りすぎなどにより腎臓の調節機能が働いて尿意を感じて排尿します。

しかしカフェインの場合は摂取することで体内の水分量にそれほど影響を受けることなく、尿意を感じ排尿したくなります。

コーヒーのカフェインによる利尿作用は、体内の水分を排出する効果とそれに伴っての老廃物の排出が期待されます。

そのためむくみの解消と水太りの解消が期待でき、ダイエット効果にもつながるといわれています。

コーヒーのカフェイン効果が体内に持続中の場合、コーヒーのカフェインによる利尿作用の効果があるといわれています。

また、利尿作用により体内のコーヒーのカフェインは他の老廃物と一緒に排出されるため減少します。

コーヒーのカフェインの半減期の4~6時間利尿作用の効果は持続されます。

なお、コーヒーのカフェインに様々な効果があることは当サイトの『コーヒーの成分と効果を徹底解説!』にて詳しく解説しています。

 

Sponsored Link



コーヒーのカフェインによる利尿作用のデメリットと対策

コーヒーの過剰摂取は、コーヒーのカフェインの利尿作用により脱水症を引き起こしやすくなるといわれています。

そのため過剰なコーヒーの摂取は控えることと、併せて水分の補給もしましょう。

妊娠初期の女性のコーヒーの多量飲用は、流産のリスクを高めるが、1日に2・3杯ならば問題ないという研究データもあります。

また、利尿作用とも関連するカリウムがコーヒーには多く含まれています。

このカリウムは体内の電解質の調整にも大切な働きをしますが、やはり過剰は問題になります。

腎臓機能に問題ない人のコーヒーの飲用は、利尿によって過剰なカリウムは排泄されますので問題ありません。

しかし腎機能の低下している人のコーヒーの摂取は注意が必要です。

酷いときは電解質代謝の異常症状の高カリウム血症を引き起こし、肢体のしびれ、不整脈や頻脈、筋力低下、吐き気などをもよおすこともあるといわれていますので注意してください。

なお、コーヒーの利尿作用とは別で、コーヒーに含まれているカフェインとクロロゲン酸は、鉄分の吸収を阻害するといわれています。

カフェインやクロロゲンが鉄イオンやビタミンB1と結合してこれらの吸収の阻害作用を防ぐ方法として、食後30~60分ほど後にコーヒーを飲用するか、あるいは、食前30~60分に飲用すると鉄イオンの吸収阻害が解消されるという研究結果があります。

Sponsored Link



コーヒーのカフェインの利尿作用と血圧

コーヒーのカフェインは血圧を上げるのではないかと思われる人も多いでしょう。

コーヒーのカフェインの効果と血圧の関係は高血圧になる作用と血圧を下げる作用の両方があります。

コーヒーのカフェイン効果が血圧を上げる

コーヒーのカフェインは交感神経を興奮させる効果があり、この伝達が心臓へ伝達されて心臓の動きが活発になり、心臓の収縮力を高めて血液を押し出す力が強くなるため血圧が上がります。

コーヒーを常時引用する人はコーヒーのカフェインに対する耐性ができ、コーヒーのカフェイン効果の血圧上昇は、緩やかであまり上昇することはないといわれています。

コーヒーを稀に飲用する人の場合、心臓の収縮力は高まりやすいので、血圧の上昇に注意することをおすすめします。

コーヒーのカフェインは一方で血圧を下げている

アメリカでも10年間の調査でこのような結果が発表されています。

コーヒーを1日1~3杯飲用する人と飲用しない人の血圧のリスクに変化がみられなかったとあります。

しかしコーヒーを1日4杯以上引用する人の高血圧のリスクが低くなることが判明した研究結果もあります。

コーヒーの血圧リスクの原因

コーヒーのカフェインの利尿作用効果が血圧を下げる原因の一つといわれています。

利尿効果により、血中の塩分を排泄し血中の塩分濃度が低下し血圧が下がるといわれています。

また、コーヒーに含まれているクロロゲン酸は、抗酸化作用のあるポリフェノールの一種で脂肪の燃焼効果があるといわれています。

クロロゲンは、抗酸化作用、脂肪燃焼効果、血管拡張作用の効果が、1日3~6杯のコーヒーの飲用者では、糖尿病、心疾患、肝臓病のリスクが下げることが研究結果で出ています。

コーヒーの常飲はカフェインの耐性ができる

一方、コーヒーのカフェインについいてコーヒーの飲用が慣習の人は、コーヒーのカフェインに耐性ができ、コーヒーの利尿作用による再吸収の阻害の効果も薄れるという情報もあります。

Sponsored Link



コーヒーの飲み過ぎの場合におけるカフェインの効果

コーヒーのカフェインは医薬品に類する化合物ですから、大量の摂取は時には命にかかわることもあります。

しかし一般的な飲用の量のコーヒーでは、カフェインの摂取は問題ないと、米ジョンズ・ホプキンス大学心理学部のマシュー・ジョンソン教授は研究からいわれています。

カフェインの摂り過ぎが命にかかわったとされるショッキングなニュース

コーヒーに含まれているカフェインは医薬品ですから、過剰の摂取はカフェインの医薬効果を引き起こしやすくなります。

ショッキングな情報がありましたので概略をまとめます。

このニュースはコーヒーのカフェインではありませんが、コーヒーのカフェインと同じ効果のある飲料水のカフェインの事件です。

2006年10月22日のAFPに、栄養ドリンクの「モンスター・エナジー」のカフェインで14歳の少女が死亡し遺族が提訴したニュースです。

死亡した少女は1日に700mℓのモンスター・エナジーを2本飲用(カフェイン量480㎎)し、検視で「カフェインの毒性による心臓の不整脈」が死亡の原因と判定しました。

製薬会社は、モンスター・エナジーのカフェインによる死亡例は認識していないと声明を発表しています。

、カフェインは医薬品で0.5%以上は劇薬です。

体調など個人的な要因も関係しますが、カフェインの大量の摂取は避けることが肝要です。

コーヒーのカフェインの一般的な目安の飲料は過剰摂取の問題はない

2014年10月28日HEIDI MITCHELLによると、米医学界は米精神医学会発行の『精神障害の診断と統計マニュアル』に「カフェイン中毒」の診断名を追加により、この病名を正式に認めました。

米ジョンズ・ホプキンス大学心理学部のマシュー・ジョンソン教授は、カフェインについて神経調節物質であるアデノシン(ドーパミンやノルアドレナリンのような興奮性神経伝達物質を抑制している)の働きを阻止する機能を果たし、カフェインのような興奮生化学物質を分泌させ、極少量の摂取でも興奮効果があると述べています。

コーヒーのカフェインの飲用で、深刻な容体にはならないまでも、一部の症状として神経質、興奮、不眠症などを経験しているとジョンソン博士は語り「コーヒーを12杯飲んだ後、学生が大きな不安を経験した」という症例報告を紹介しています。

ジョンソン博士は「カップ1杯なら気分が良くなり、目もさめるだろうが、5杯となると胃が痛くなるかもしれない」と述べています。

ジョンソン博士によると、『死亡リスクはコーヒーを1日最大6杯飲む場合に大きくなるとあります。また別の研究では、死亡リスクは、55歳未満の人が1日5杯以上飲む場合に高まると結論している。』と伝えています。

Sponsored Link



カフェインレスのコーヒーの効果

コーヒーのカフェインはメラニン色素を拡散させシミを作りやすいともいわれていますが、カフェインレスではこの心配が薄いといわれています。

コーヒーのカフェインの90%を軽減しているカフェインレスは、コーヒーに含まれている他の成分の効果により、血圧の調整やダイエット効果もあり、カフェインのデメリットにとらわれることなく飲用ができると人気が高いです。

また、妊婦もカフェインレスのコーヒーは、カフェインの作用を心配しなくても飲用できると評価されています。

コーヒーのカフェインは便通の効果があるのか?

コーヒーのカフェインは、便秘症解消の効果もあるといわれています。カフェインに腸が刺激され、腸の運動が促され便通を起こしやすくなるといわれています。

カフェインレスのコーヒーでも、実は便通効果があるといわれますので、便秘の解消効果がカファインのみにあるとは言い難く、コーヒーのその他の成分によって引き起こされる効果と言えるのではないでしょうか。

コーヒーのカフェインにおける利尿作用のメカニズムと効果効能のまとめ

コーヒーのカフェインによる利尿作用や効果は、原尿の再吸収を防ぐ効果があり、体内の電解質のバランスや濃度の調節に影響を及ぼし、余剰の水や電解質を老廃物とともに排泄する効果があるといわれています。

カフェインは医薬品に登録されています。

しかし、一般にいわれている1日3杯から多くても6杯まで飲用は、コーヒーのカフェインやポリフェノール、クロロゲン酸などの成分により、人体に有効な効果を引き起こすと言えます。

今回の記事でお伝えしたようにカフェインの過剰摂取などのデメリットを理解し、コーヒーを飲用することでより健康的な生活を送ることができます。

ぜひ今回の記事を元に、コーヒーの利尿作用や効果について正しい情報を得ていただきたいと思います。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水ダイエットの効果を徹底解説!

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 炭酸水の洗髪効果が凄い!育毛・頻度・作り方・方法・やり方を完全解説します!

関連記事

  • コーヒーの飲み過ぎと頭痛の関係について

  • お酒とコーヒーの意外な関係とは

  • コーヒーと腎臓の関係について

  • コーヒーの脂肪燃焼効果がもの凄い!

  • コーヒーの飲み過ぎで太る(肥満)原因・理由

  • コーヒーは老化防止に役立つのか