1. TOP
  2. 水素水
  3. 水素水が高血圧の改善に効果がある理由
Sponsored Link

水素水が高血圧の改善に効果がある理由

水素水   1,154 Views

多くの方たちが水素水の血圧に対する効果を実感しています。

また血圧に限らず水素水の様々な効果に対して評価が高く、各方面から脚光を浴び続けています。

水素の効果の理論はまだまだ確立に至っていませんが、臨床論文による水素H2の効果を示す論文が10年にも満たない今日までに、500以上も発表されています。

このことは、言い換えれば、水素H2の効果が評価されていると考えられるのではないでしょうか。

Sponsored Link



高血圧の患者さんの水素水飲用の話から血圧降下の臨床試験

以前、抗加齢学会で発表された話として、水素水を飲用の高血圧の患者さんから、「水素水を飲んでいたら、血圧が下がりました」と話がありました。

その時医師団は最初は半信半疑で、水素水が血圧を下げると信じて飲用したことによるプラセボ効果ではないかと考えていましたが、それを確かめるために高血圧のマウスを使った動物実験で臨床試験を試みました。

人間のようなプラセボ効果の影響を受けない客観的なデータを得るために、動物実験で確かめたところ、高血圧症のマウスに水素水を飲ませ続けた結果、マウスの血圧が下がり、プラセボ効果ではないことが判明しました。

この話は、臨床実験の結果ですから、高血圧症の患者さんにとって水素水の飲用効果は朗報です。

水素水が高血圧に効果があることは動物実験で実証されたのですが、水素水がなぜ血圧を下げ、高血圧に効果があるのかとても興味深い話です。

そこで、今回の記事では水素水の効果と高血圧について考察を試みました。

水素水の特殊性とは

水素H2は、宇宙で一番小さい分子です。水素は、もともと何ら効果をもたらす分子、原子ではないと評価されていました。

実際に神戸市の協和病院の河村院長の糖尿病患者の切断寸前まで壊死した足が水素水に浸すことで回復した事例すらも、医学界は最初否定的でした。

しかし実際に回復がみられたことから、河村院長をはじめとする一部の人達が、水素還元水は確かに効果があると水素水の効果の実証に挑み、研究がすすめられました。

水素H2と水素H+の相違

水素水研究の第一人者である太田教授は、水に水素H2は分子状で溶解していると提唱されています。

その実証として、電位差のない水素分子は粘膜を通過することができるが、電位差をもつH+は粘膜を通過しないことを立証されました。

これも水素の特殊性の一つです。

詳しくは当サイトの『水素サプリの効果について徹底解説!』の「太田教授研究グループの生成岩塩を使った水素サプリ」と、『水素水がダイエットに効果的な理由とは?』の「今までの水素H2の理論を覆す太田教授理論とは?」を参照にしてください。

Sponsored Link



使用されている水素水の濃度は?

水素は、確かに常温では、活性しないおとなしい分子ですが、高温になるとわずか4%の水素でも爆発します。

これが水素爆弾です。体内に摂り入れる水素の量はこれ程多くの量ではありませんので、爆発する危険はありません。

水素の遺伝子発現制御のメカニズムの解明で使用されている水素水の濃度はわずか1.3%の水素水で、濃度が高くなくても水素の効果が得られることわかっています。

水素水の濃度に関するさらに詳しい情報は、当サイトの『高濃度水素が体に良いとされる理由とは?』の「最新の太田教授の論文」を参照にしてください。

活性酸素も善玉と悪玉がある

本来、活性酸素は体内に有害な侵入者を攻撃する働きがあり、すべての活性酸素が悪者活性酸素ではありません。

ただ、必要以上に、体内に発生する活性酸素が、細胞を破壊したり、DNAの配列を変更したり、病気を発症させやすくなったりと、体にとって良くない効果をもたらため、活性酸素は体にとってよくないと評されるようになりました。

ですから、活性酸素にも善玉活性酸素と悪玉活性酸素があるのです。

水素水は善玉活性酸素には作用せず、悪玉活性酸素のみに作用することがわかっています。

なお、活性酸素に関するより詳しい情報は『活性酸素とは?』を参照してください。

水素H2の作用・効果

水素の抗酸化作用は、ヒドロラジカル活性酸素の除去、細胞の修復など実に様々な効果を体内でもたらしています。

当サイトの『水素水とは?』に抗酸化作用をはじめとする水素の効果が記載されていますので、参考にしてください。

Sponsored Link



水素H2の優れた効果とは

水素H2が、ビタミンCをはじめとする抗酸化作用のある他の物質と異なることは、活性酸素のヒドロラジカルのみ攻撃し、すべての活性酸素を攻撃しない優れものであることです。

水素H2は、病気のために投与される薬物の効果を妨げないことも立証されています。

一例として、当サイトの『水素水の癌(ガン)と抗がん剤に対する効果とは?』の第2部に「抗がん剤治療効果を水素水が妨げることはなく、ダメージを受けた細胞の修復をする」とありますので、参考にしてください。

水素水は副作用がない

また、体内に取り込まれた余剰の水素は、体内に留まることなく体外に排出され、副作用らしき作用を引き起こさない有効な物質といわれています。

水素の副作用については『水素水に副作用は本当にないのでしょうか?』で詳しくお伝えしています。

高血圧を引き起こすのはなぜ?・高血圧の症状とは

人はなぜ、高血圧を発症するのでしょうか。

高血圧を発症する原因として、加齢による血管の老化、塩分の摂りすぎ、過剰なアルコールの摂取、ヘビースモーカーの喫煙、ストレス、過労、運動不足、肥満、そして遺伝的要因などがいわれています。

実は、現状として、高血圧を引き起こす原因も未だ解明されていません。

日本人の場合、病気として高血圧を発症し、原因不明で遺伝性のある本態性高血圧症が大半で、薬物などの影響による2次高血圧症は2割ほどといわれています。

しかし高血圧は初期の諸症状に気づきにくく、気づく頃には進行して他の合併症を引き起こしていることもしばしばで、突然、脳卒中などの病気を発症することが多い病気です。

Sponsored Link



塩分摂りすぎと高血圧

塩分の摂りすぎは、血中の塩分濃度を調節するため血中の水分が多くなり、血液量が増えて、血圧が上昇しやすくなるので、塩分控えめが提唱されています。

日本の場合、家族的に高血圧になりやすい体質は継承され、塩分感受性が高くなり、カルシウムの調節機能にも影響をきたしやすいといわれています。

家族的な体質に併せ生活習慣の傾向も類似していることから、食生活の見直しと改善も大切な高血圧を防ぐことになります。

高血圧には最高血圧と最低血圧及び脈圧の3タイプがある

血圧は、高すぎても低すぎても問題となる疾患があります。

至適血圧は、最高血圧≦120mmHg、最低血圧≦80mmHgで、脈圧=最高血圧-最低血圧が、4045が最適といわれています。

最高血圧≧140mmHgまたは最低血圧≧90mmHgを一般に高血圧といわれています。

酷い場合、最低血圧が110mmHgを超えることもあります。

最高血圧≧140mmHg でかつ最低血圧≦90mmHgも孤立性収縮期高血圧といわれ、脈圧の幅が大きく危険な状態です。

最高血圧が高い場合、脳卒中、くも膜下出血、脳こそく、心不全、虚血清心疾患などの怖い病気を引き起こしやく、脈圧が65を超えると動脈硬化疾患のリスクが高くなります。

また、最高血圧が基準値内でも最低血圧≧90mmHgは肥満によくみられ、最低血圧が高い場合は狭心症、毛細血管の抵抗が大きい、心疾患のリスクが高く注意が必要と言われています。

高血圧も単なる血圧が高いだけではなく、様々な要因が互いに影響し合い、引き起こされる疾病と考えられますが、血圧は、・心臓のポンプ作用の圧力、・抹消血管の抵抗性、・全身の血液量、・血液のドロドロ具合、・血管壁の弾力度と硬化度、などによって変動し、いずれかに異常が起きれば高血圧にも低血圧にもなるのです。

 

Sponsored Link



LDLHDLの働き 

コレステロールも善玉、悪玉コレステロールと呼ばれるように、体にとって、体の形成の栄養分でありながら、過剰になれば、各臓器に蓄積したり、血管内に付着したりするため、悪玉コレステロールが問題と言われます。

たんぱく質と結合している血中の脂肪をリポたんぱくといい、比重によって、カイロミクロン、超低比重リポたんぱくVLDL、低比重リポたんぱくLDL、高比重リポたんぱくHDL4種あり、この中でコレステロールを多く含むリポたんぱくがLDLHDLのため、検査にはこの2種のリポたんぱくが対象になっています。

HDLコレステロールは、血管壁に沈着した余剰のコレステロールを肝臓に運ぶ働きをし、善玉コレステロールと呼ばれています。

一方、LDLコレステロールは、細胞内に取り込まれた余剰のコレステロールの放出と、肝臓から全身に運ぶ働きがあります。血中のコレステロールを増やすLDLは悪玉コレステロールと呼ばれています。

HDLLDLは、血中のコレステロールの応現に関与しているコレステロールでもあり、HDLLDLの数値は動脈硬化のリスクを表し、血圧を上下させる要因にもなります。

血中の余剰のLDLは、マクロファージに取り込まれて酸化したLDLに変化し、プラークを形成し、血流が悪くなり、収縮時に酸素と栄養が欠乏するため、症状を発症させます。

このプラークが破裂して酸化したLDLは、塊のまま血中に流れ出し、血管を詰めることが起こりやすくなります。

Sponsored Link



肥満と高血圧

血圧は、高齢化に比例して高くなる傾向がありますが、30代・40代で約半数の男性が既に高血圧症状といわれています。

この状態でありながら壮年層が治療を受けていないため、長期の高血圧状態が続き、血管の損傷を繰り返し、脳卒中などの循環系の疾患を起こしやすい傾向があるといわれています。

比較的若い世代の男性に多い内臓肥満は、インスリンの働きを鈍化させ、腎臓の塩分の体外排泄が妨げ、結果、血中の塩分濃度が高くなり、高血圧を招きやすく、合併症も伴いやすいといわれています。

この改善には、日頃の食生活をはじめとする生活習慣の見直しと改善と、早期の血圧降下の治療が望まれています。

仮面高血圧とは

仮面高血圧といわれる脳卒中や心筋梗塞を起こしやすい高血圧があります。

血圧測定では正常値でも、夜間や早朝に血圧が高くなり注意を要する症状で、仮面高血圧の一つです。

先にも触れましたが、比較的若い世代の男性に多い内臓肥満が高血圧の原因として、動脈硬化の進行、心臓・腎機能などのトラブル、日頃のストレスなど様々な要因がいわれています。

この場合、睡眠中は血圧も下がり早朝目覚めに対応して血圧も上昇するのが一般的で、この時、高齢者、血糖値とコレステロール値の高い人、軽度の脳梗塞のある人には危険リスクが高いといわれています。

また、深夜も血圧が下がらず睡眠中も心臓や血管に負荷がかかり心疾患のリスクが高い高血圧も仮面高血圧の一つといわれています。

 

Sponsored Link



動脈硬化と高血圧

動脈硬化は、血液のドロドロ血、心臓のポンプの圧力、血管壁の硬化にも相関関係があり、これらはまた高血圧とも関係があり、動脈硬化と高血圧も相関関係があります。

高血圧が続くと動脈に負担がかかり、血管に障害が生じて動脈硬化を引き起こします。また、血管によって養われている脳や心臓、腎臓などの全身器官に障害が生じてきます。

ここに、面白い報告を紹介します。

動脈硬化の主な原因は、食事で摂取する劣化・酸化脂質が体内に取り込まれて、血管を酸化させることが動物実験で明らかにされたことです。

我々は、オイルや肉の脂質などは加熱料理して大半が食べます。

これらは酸化・劣化した脂質であり、動脈硬化の原因にもなることが、ウサギの実験で立証されています。

実験では、ウサギを、生肉を与えるグループと加熱調理した肉を与えるグループに分けて比較実験が行われ、加熱調理を与えられたグループは、生肉を与えたグループより動脈壁内にプラークの蓄積や動脈硬化の進行に8倍も差異がみられる結果が得られたそうです。

これは、欧米化の食事に伴う脂質の過剰摂取は、脂質の酸化・劣化の食材のダメージが大きいことを明らかにした実験であると言えます。

Sponsored Link



日本医科大学加齢学科の動脈硬化に水素水が効果あり&他の抗酸化物質より有効

Consumption of hydrogen water prevents atherosclerosis in apolipoprotein E knockout miceの概要より。

アテローム性動脈硬化症は、高血圧や高血糖などで血管内膜が傷つき、そこから血管内膜の下に侵入したコレステロールがマクロファージ(白血球の一種)によって粥状の塊のアテローム状に変化し、血管のしなやかさを失った状態と考えられています。

アテローム性動脈硬化症は、発症初期では自覚症状がなく、突如、脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こす原因の疾病と言われています。

このような症状をもつマウスの臨床実験で、ほとんどの抗酸化物質の食材の有効的な効果は見られませんでしたが、分子状の水素H2は急速に体内で拡散して、組織や細胞へ浸透し、効率的な抗酸化物質として、有効な酸化防止剤となることを見出しました。

そして、実験期間中の26カ月水素水を自由に飲ませた結果、アテローム性動脈硬化に変化があり、有意に動脈の酸化ストレス減少させ、マクロファージの蓄積が減ったことが確められ、水素H2水が動脈硬化を予防する可能性が高いと発表しました。

さらに、マウスに飽和水素水を飲ませることにより、ストレスによる認知の低下とスーパーオキシドの形成が妨げられました。

この実験で、動脈硬化に水素水が有効であることが実証されたとあります。

動脈硬化の予防

動脈硬化の予防には、生活習慣の見直し、ストレスの解消などが重要ですが、高血圧、高脂血症、糖尿病などを患っている場合には、その治療も必要と考えられています。

これに、水素水の常時の飲用は、先の論文の概要から一層の動脈硬化予防効果が期待され、継続の引用が動脈硬化予防に大いに貢献すると推察されています。

水素の脂肪燃焼効果

水素H2は、脂肪を燃焼させる効果もあります。

詳しくは、当サイトの『水素水がダイエットに効果的な理由とは?』の「水素水のダイエット効果における実験結果」と「水素水のダイエット効果の数々」を参考にしてください。

メタボリックシンドロームの脂肪は、血中コレステロールの過剰から引き起こされる症状です。

水素水にはこれらの脂肪の改善があったことが報告されています。

この燃焼効果は血中のコレステロールを減少させる働きによって、血中のLDLも、メタボリックシンドロームも改善すると考えられます。

水素H2は高血圧と合併症にも有効

水素H2の抗酸化作用は、当サイトの『水素水の効果について徹底検証とその結果とは?』に糖尿病・高血圧など多くの病気に効果あることが記載されていますので、参考にしてください。

また、当サイトの『活性水素水の効果を様々な期間が調べた結果は?』には、水素の効果をはじめメタボリック症候群に対する効果など多くの病気に効果があることが、記載されていますので参考にしてください。

さらに、当サイトの『水素水の効果について徹底検証とその結果とは?』に、糖尿病・高血圧など多くの病気に効果あることが記載されています。参考にしてください。

当サイトの『水素水とは?』と『水素水の美容効果はもの凄い!化粧水よりも水素水に最適な理由とは?』に抗酸化作用をはじめとする水素の効果が既に記載されていますので、参考にしてください。

Sponsored Link



メタボリックシンドロームが水素水で改善される

大半の病気が酸化ストレスによるといわれるように、メタボリックシンドロームも例外ではありません。

ピッツバーク大学の研究グループのメタボリック症候群の水素水の飲用に関して発表した論文によると、11.5~2ℓの水素水の飲用を8週間試験では、抗酸化酵素で細胞内に発生する酸素を分解するスーパーオキシドジスムターゼが43%上昇と、尿中のオバルビツール酸反応性物質(コトバンクによると、「油脂や生体組織の過酸化度を示す指標とされ、簡便な検索法として利用される。マロンジアルデヒドが反応する物質の代表とされる.」と記されています。)が39%減少し、さらに、HDLコレステロールが8%増え、総合コレステロールが13%減少し、グルコースは変化が見られない結果が得られたとあります。

つまり、酸化作用が改善され、HDLコレステロールが増え、総合コレステロールが減ったことから、体内のコレステロールに減少した結果が得られたとあります。

総合コレステロールの減少は、体重の減につながり、メタボリックシンドロームの予防にも改善にも有効と考えられるとまとめられています。

この実験で酸化を調べた結果、活性酵素は抗酸化を抑える役割を果たし、水素H2が疾患を防ぐことに関与していることが解明されたとあります。

8週間の経過実験で、水素の飲用は、酸化ストレスを確認する目印の物質の減少が、抗酸化酵素のSOD(細胞内に発生した活性酸素を分解する酵素のスーパーオキサドディスムターゼ)が増加し、 SODは生体内で生成されたスーパーオキサイドアニオン(O2-)に抗酸化防御の重要な役割を果たし、多くの疾患の防御に関与して、尿中のチオバルビツール酸反応物質のTBRS(活性酸素が生成する物質の1つ)を減少させる結果が得られました。水素水の飲用により、酸化ストレスを減少させる結果から、メタボリック症候群の治療や予防にも水素水は常時の飲用により有効な方法とまとめています。

高血圧と水素水の効果

高血圧の要因の一つとして考えられる食生活の改善もさることながら、普段の生活の中に水素水の飲用は高血圧に効果的です。

水素H2の効力により併発する諸症状の改善にも効果がみられ、高血圧の改善も図れることも臨床的に認められたと考えられます。

今後、さらなる高血圧の原因究明と水素の効果の理論的実証が待たれるところです。

 

Sponsored Link



低血圧も本態性低血圧が日本では多い

低血圧も本態性の原因不明の遺伝性の低血圧があります。

低血圧は最高血圧<100mmHg、最低血圧<60mmHgといわれますが、単なる血圧が低いだけではなく毎日の生活に影響を及ぼす、めまい・吐き気・耳鳴り・疲労倦怠感などの諸症状を伴う場合低血圧と診断されるようです。

低血圧も原因が不明ですが、体質的に心臓の血液を押しだす圧が弱い、女性の場合は女性ホルモンの影響により血管が拡張しやすいなどが考えられるといわれています。

このため、食後や立ち続けなどの折、脳の血液の不足が起こりやすく、めまいなど訴えることが多くなります。

低血圧の圧力の補助的効果として、血液サラサラ血に改善により、血液の循環の改善が可能性といわれ、生活に運動などの導入・食生活などの生活改善と、水素水の抗酸化効果が注目され、毎日の飲用による低血圧の改善も指摘されるようになりました。

Sponsored Link



水素水の効果と血圧

水素水は、高血圧・低血圧にも効果があるといってよいでしょう。

水素H2の抗酸化作用は、血液の状態の改善し、細部の血管を拡張させ、脂質の抗酸化作用などにより、血圧に関する様々な要因に有効的に働きかけ、血圧の改善の生じていると考えられます。

水素水は薬剤のように、医薬品ではありませんが、水素水の飲用を日常生活の中で行い、血圧の改善を水素水に期待することはとても良いことです。

高血圧の医薬品

高血圧は、危険リスクを伴うため食習慣や生活習慣の改善で回復が見込まれない時には、医薬品の服用が必要で、一生の服用が続くことになるでしょう。

この医薬品の服用は、高血圧のため医薬品ではなく、危険リスク回避のための血圧コントロールとしての医薬品に使用だからです。

薬の服用で血圧が降下しているだけですから服用を中断することはできないのです。

また、服用したり中断したりすることは、むしろ動脈硬化を早めるため継続の服用が必要ともいわれています。

 

Sponsored Link



降下剤としてよく知られている医薬品

高血圧の降下剤として使用されている主な医薬品についてまとめてみました。

国立循環器病センター腎臓高血圧内科、薬剤部、看護部(腎臓高血圧内科)を参照しました。

・アンジオテンシン変換酵素阻害薬

アミド結合で複数のアミノ酸が脱水縮合して結合したポリペプチド化合物で、血圧を上げる作用のあるアンギオテンシンの体内での生成を阻止し、血圧の上昇を抑える医薬品です。アンギオテンシンはまであり、Ⅱ~Ⅳは心臓の収縮を高める効果があるといわれています。

・アンジオテンシンII受容体拮抗薬

腎障害や糖尿病性腎症にも有用の報告があるアンジオテンシンII の受容体の結合を阻止してアンジオテンシンIIの作用を阻む薬剤です。

・カルシウム拮抗薬

平滑筋でできている血管の層の収縮に関与するカルシウムの細胞内への浸透を遮ることで、血管を広げる効果がある医薬品で、血管の拡張により血圧を下げる効果があるといわれています。また、末梢血管・心臓血管の拡張にも狭心症にも使用されるそうです。

・ベータ(β)遮断薬

ストレスホルモンの1種ともいわれるノルアドレナリンは、身体の状態を無意識に調節している自律神経系のβ受容体と結合して、交感神経の興奮の伝達による心臓の拍出を起こさせることを阻止する医薬品で、拍出量の減少で血圧を下げる効果があるといわれています。

・アルファ(α)遮断薬

自律神経系のアルファ(α)作用を抑制による交感神経系の伝達物質のノルアドレナリンの血管のα受容体との結合を阻止し、血管の収縮を妨げ血管を拡張させて血圧を下げる医薬品です。

・降圧利尿薬

ナトリウムの排泄を促し、尿量を増加させ、循環血液量を減少させて、血圧を下げる効果がある医薬品で、末梢での血管抵抗も低下させるといわれています。

Sponsored Link



高血圧治療薬の副作用

最近の高血圧の医薬品は、副作用は少ないといわれていますが、服用の注意点を守り、間違って多く服用や、服用までの間隔が狭くならないようにすれば、予想以上の降下作用は起こらないといわれています。

ただ、複数の病院や科にかかりつけの場合、医師に服用の飲み合わせを相談することをおすすめします。

また、以前に副作用があった場合はあらかじめ医師にその旨を伝えておきましょう。

・アンギオテンシンII受容体拮抗薬の副作用

この薬の副作用はあまりないようですが、妊婦や授乳婦の服用は禁止されています。副作用として高カリウム血症、味覚異常などがあるといわれています。

・利尿薬(オイテンシン、ラシックス、ダイアート等)

近年、食塩非感受性で血圧が上がる人もあり、この場合は医薬品の効果がないといわれています。

また、低カリウム血症を引き起こすこともあり、筋力低下、筋肉痛、息切れ、便秘・立ちくらみ・めまいなどの症状が起こることもあるといわれています。

・カルシウム拮抗薬

副作用として、動悸・頭痛・ホテリ感・浮腫み・歯肉増生・便秘などが起こりやすいといわれています。

また、この医薬品の使用時はグレープフルーツがカルシウム拮抗薬の分解を遅くするため薬効が過ぎて以上に血圧が下がることがあるので、食べ合わせを注意した方がよいといわれています。

β遮断薬

自己判断で服用をやめると、狭心症や高血圧症を起こすことがあるので、自己判断で中止しないようにしましょう。また、気管支喘息の人には使えないといわれています。

α遮断薬

初めての服用時に起立性低圧症のめまい・動悸・失神が起こる場合があります。

降下剤の服用により、今までの体内状況とは異なり血圧が下がった変化に体が対応しきれず体調が悪くなることがあり、時には副作用を引き起こしていることもありますので、変化があれば、医師に相談することが肝要で、早めに相談しましょう。

血圧降下剤は、血圧治療薬ではなく、単に血圧を降下させ、高血圧による危険リスクを避けるために使用されていることを十分に理解し、自己判断で服用をやめたりしないよう心がけることが大切です。

Sponsored Link



血圧と水素水効果のまとめ

水素H2が様々な抗酸化作用により、血圧に対しても有効な健康法であることを臨床実験での実証例を元にお伝えしました。

低血圧・高血圧ともに水素水を活用している人は効果を感じていますので、水素H2の学術的理論のより確かな実証が待たれるところです。

また、高血圧は、危険リスクの高い合併症を併発しやすい病気です。

これらに対する水素水の効果も臨床試験で実証されていますが、人による臨床がまだまだ少ないため、今後の研究でより解明されていくことと思われます。

今まで水素水の効果は、愛飲者に支持され、数多くの効果が認められています。

水素水を使用した治療や日常での水素水の使用をすすめる医療機関も増え続けていますが、それは決して水素水がプラセボ効果ではなく、効果を体験し着実に実証されつつあるからこそと言えます。

今後も水素水の効果を多くの方たちが実感し、より水素水の研究も進み、その結果、多くの方たちが健康を守り続けていけるようになることを強く願います。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • 水素水の容器で最適なのは?種類と使い方について

  • 水素水の癌(ガン)と抗がん剤に対する効果とは?

  • 水素水が犬の健康に効果的な理由とは?

  • 水素カプセルの効果は?水素水との違いや比較について

  • 水素水で生活習慣病と闘おう!

  • 水素サプリメントは副作用が心配?