1. TOP
  2. コーヒー
  3. コーヒーの挽きかたによって変わる味と成分
Sponsored Link

コーヒーの挽きかたによって変わる味と成分

コーヒー   778 Views

コーヒー豆の挽きかたは大きく分けて3種類あります。挽き方によって味も抽出される成分も変わりますので使用する器具によって挽き方を変えるのが一般的です。

ここでは基本的な3つの挽き方をご紹介します。それぞれの器具に合わせた挽き方を覚えた後自分好みにさらに微調整することもできるでしょう。

Sponsored Link



粗挽き

ザラメ糖ほどの大きさに挽きます。コーヒー豆が大きいため湯の通過は早く、コーヒーの成分は遅く出ます。

豆の量は多めにしてコーヒー豆のおいしい成分だけを素早く抽出する少し贅沢な挽き方といえるでしょう。

あまり聞いたことがないかもしれませんが金属メッシュのコーヒーメーカーやパーコレーターなどが適しています。また、抽出するまで時間を必要とするコーヒープレスも適しています。

中挽き

最も一般的な挽き方です。カリタ式ドリップ、コーヒーメーカー、ネルドリップ、ペーパードリップ、サイフォンなどに適しています。お湯の通過速度、成分の出方はちょうど良いものとなっています。

細挽き

グラニュー糖ほどの大きさになるまで挽きます。お湯の通過速度は遅く、成分は早く出ますのでじっくりコーヒー豆の成分が出るエスプレッソメーカー、水出しコーヒー、メリタ式ドリップなどに適しています

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • コーヒーは胃に悪くない!知られざるコーヒーの誤解とは

  • コーヒーの飲み過ぎと動悸の関係

  • コーヒーと糖質の関係について

  • コーヒーの効果がもの凄い!そのすべてをお伝えします!!

  • バターコーヒーダイエットの効果が驚異的に凄い! 

  • コーヒーの焙煎方法の種類