1. TOP
  2. 水素水
  3. 水素水のむくみへの効果とむくみの原因を徹底解説します!
Sponsored Link

水素水のむくみへの効果とむくみの原因を徹底解説します!

水素水のむくみ(浮腫)に対する効果を期待している方たちはとても多く、また水素水のむくみへの効果を実感している方たちもとても多いです。

そして水素水を飲むことでむくみやすくなるのではないかと心配される方もいます。

今回は水素水のむくみに対する効果や、むくみの原因などについて徹底的に調べたのでお伝えいたします。

Sponsored Link



むくみ(浮腫)とは

朝起きて鏡を見ていると顔がむくんでいる、夕方になると足がパンパンに腫れているという事を経験した事はありませんか。

むくみは、細胞の中に水分が溜まってしまった結果として起きています。

さまざまな原因により、間質内に体液が過剰に貯まり腫脹(腫れ)が状態を浮腫といいます。

主に顔面や上下肢が腫れる事が多く、指で押すと痕(あと)が残り、腹腔内や胸腔内に体液が貯まると「腹水」とか「胸水」といわれます。

また浮腫には全身性浮腫と局所性浮腫とあり、例であげますと熱傷や炎症・虫刺されなどは局所に腫れ、悪性腫瘍などによるリンパ管の閉塞などがあれば、腫瘍部位から末端にかけて浮腫が起きます。

むくみ(浮腫)は、体液が過剰に貯まった状態

ヒトの体液とは、3つに区分されます。

血管内に存在する血漿(けっしょう)、体の組織の細胞と細胞の間にある組織間液、そして細胞内にある細胞内液ですが、むくみはこの中の組織間液が増加した状態のことをいいます。

血漿と組織間液を細胞外液と表現する場合もあります。

組織間液は血液から運ばれて来たビタミンやミネラルなどの栄養素がたくさん含まれており、その一部は静脈に流れ、また一部はリンパ管へ流しています。

また、組織間液は細胞内から老廃物を回収する役割も持っているのです。

細胞の正常な働きが行われていれば、細胞内に栄養素を送ったり老廃物を回収するため、細胞内外ともにバランスが取れているのですが、何らかの原因でそのバランスを崩し、体液が過剰に貯まってしまうと、浮腫を起こします。

Sponsored Link



むくみは病気

全身性浮腫を起こす疾患には代表的なものとして「心疾患」「肝不全」「腎疾患」がありますが、それ以外の疾患からも全身性及び局所性浮腫を起こすものもありますので、それぞれについて説明していきましょう。

心性浮腫

心性浮腫は、心不全を起こしている場合に起きます。

心不全とは、心臓が十分に機能していないことで、必要な臓器に血液が行き渡らない(臓器灌流低下:ぞうきかんりゅうていか)、あるいは血管内に余分な血液が貯まってしまう(うっ血)、血管外に過剰な水分が貯まってしまう(浮腫)状態のことをいいます。

心不全から起きる主な症状としては、息切れ・喘鳴(ぜんめい)・浮腫がありますが、その多くは、肺うっ血や肺水腫、胸水が貯留した場合に起きています。

息切れや浮腫があっても臓器灌流低下がなければ、安静と塩分・水分制限を行い、利尿剤などの内服薬の調整で症状は軽快します。

心不全を起こす原因疾患として、虚血性心疾患(急性心筋梗塞・急性肺血栓塞栓症・急性大動脈解離)・心筋疾患・弁膜症・心膜疾患・先天性心疾患・不整脈・肺高血圧症・甲状腺機能亢進症などあり、虚血性心疾患で突然発症した場合の浮腫は稀ですが、致死性疾患であるため、早期診断・早期治療が重要となります。

肝性浮腫

多くの肝疾患患者さんは、浮腫・腹部膨満(お腹の張り)、黄疸や倦怠感の他、かゆみや意識障害(肝性脳症)がみられ、特に黄疸・腹部膨満・意識障害を起こしている場合は、重篤な肝不全に至っており、数日以内に命を落とす危険性があります。

肝疾患で浮腫を起こす原因は、肝臓の機能低下によるアルブミン合成能の低下や門脈圧の上昇があります。

腸で吸収した栄養は肝臓に集められますが、肝硬変などにより肝臓が硬くなってしまうと、血管(門脈)も硬くなり血液の行き場がなくなって、食道静脈瘤を形成したり、血液からあふれた組織間液が腹腔内に貯まり腹水となります。

肝障害から肝硬変そして肝不全を引き起こすまでには、それなりの時間が必要となりますが、肝不全に至ってしまった場合、肝機能が回復することは殆どありません。

肝障害を起こす原因には、薬物・ウイルス・B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルス・アルコール・A型肝炎ウイルスに代表されるカキなどの2枚貝の摂取などからの感染があります。

腎性浮腫

体内の体液量は腎臓からナトリウムを適切に排泄されることにより、コントロールされていますが、腎機能の低下からナトリウムの排泄障害を来すと、本来排泄されるはずの体液量は体内で過剰となり、その結果浮腫という形を呈します。

また腎機能障害を起こすと、蛋白尿が持続し、低アルブミン(低蛋白)血症を引き起こします。

アルブミンは、血液中に一定の水分を保つ役割がありますので、アルブミンが低下することで、水分(体液)は血管外にあふれ出てしまい、結果浮腫となるのです。

腎臓の病気による浮腫は、尿に蛋白が多く漏れ、血液中の蛋白が減ります。

免疫力をつかさどる蛋白が減少することで、感染を引き起こしやすい体になってしまいます。

腎不全には急性と慢性があり、急性腎不全の場合、原因疾患が是正されれば、腎機能は改善されますが、糖尿病や高血圧による腎硬化症、慢性糸球体腎症などの疾患が長い年月をかけて進行した場合は、一般的に不可逆的な経過をたどります。

基礎疾患の治療および塩分制限・利尿剤の使用を行っても、体液量のコントロールが不良となった場合には血液透析の対象となって来ます。

透析導入の状態になると、水分制限が必要となり、指示された水分量よりも多く摂取すると即むくみという状態で現われ、そのまま放置すると容易に心不全を引き起こします。

内分泌性浮腫

疲れやすさや寒がり、無気力・記憶力の低下・うつ傾向があり、全身が浮腫んで来たら、甲状腺機能低下症を疑います。

一般的に顔や眼瞼(まぶた)、手に浮腫を認めますが、指で押しても痕が残らない浮腫で、甲状腺機能低下症の特徴的な非圧痕性浮腫(ひあっこんせいふしゅ)といいます。

甲状腺機能低下症による症状であれば、治療により改善されますが、無気力や話し方が遅く、動作緩慢(かんまん:のろい)、記憶力の低下があるため、認知症やうつ病と診断されてしまう場合がありますので、注意が必要です。

 

Sponsored Link



栄養障害性浮腫

栄養失調(低栄養)とは、一般的には蛋白質の低下と微量栄養素の失調を指します。

極度の栄養失調状態になると腹部膨満が現われる体型になりますが国内には、このような形の栄養失調の方はほぼ見かけません。

しかし65歳以上の高齢者においては、約20%の方に低栄養状態があるとされ、基礎疾患がないのに浮腫がある場合は、さまざまな社会的要因(貧困・飢饉・食物を入手できない)などを考慮する必要があります。

社会的要因による食物の不足以外では、疾患による栄養・代謝・吸収の障害や心因的な要素から低栄養状態が作られます。

低栄養状態が作られる疾患とは、

・炎症性腸疾患

・肝臓疾患

・悪性腫瘍

・手術によるエネルギーの消耗

・甲状腺機能亢進症

・うつ病

・アルコール依存症

・薬物乱用 など

上記疾患から、栄養障害を起こし結果として、低蛋白血症となり浮腫が出現します。

静脈性浮腫

深部静脈血栓症(しんぶじょうみゃくけっせんしょう:DVT)や静脈瘤などから起きる浮腫のことをさし、深部静脈血栓症では、片側の下肢だけに浮腫が起きる事が多く、安静時から動き始めた時に血栓が肺に飛び、急性肺血栓症を合併し、心停止やショックを発症する場合がある危険な病気です。

静脈瘤による下肢の浮腫は、筋肉量の少ない女性や高齢者に起こる事が多く、筋肉ポンプ作用が弱いためであり、症状は重症でなくても本人の自覚症状は強く訴えられます。

治療には低圧での弾性ストッキング等による圧迫療法や薬物療法が有効で、重症例については手術の適応となります。

リンパ浮腫

リンパ管を損傷する手術後などに好発し、上肢では乳がん術後、下肢では子宮がん・卵巣がん術後に発症しやすく、圧倒的に女性に多く見られます。

リンパ管を損傷すると、なぜ浮腫が起きやすいかといいますと、リンパ液がうまく運搬されずうっ滞するという他に、リンパ管は静脈同様、逆流防止弁がついていますが、逆流弁も損傷されリンパ液が末梢や皮下組織に漏れ出すからです。

リンパ浮腫の合併症として蜂窩織炎が最も多く、浮腫の悪化要因になるため、皮膚トラブルにならないようスキンケアが必要です。

リンパ浮腫は早期にケアを開始すれば、症状の悪化を防ぐことにつながりますが、慢性化してしまったものに対しては、治療の効果は得られにくくなります。

特発性浮腫

検査をしても、特にどこにも異常がなく、むくみが出現する場合をいい、中年女性に多くみられ、やや肥満の方に多い傾向があります。

特発性浮腫は夕方になると体重が1~3kg程度増え、立ち仕事の方に多いのが特徴で、ストレス・女性ホルモン・自律神経等の関与があるといわれています。

特発性浮腫の診断基準

【Thornの診断基準】

下記3項目全てを満たしたときに特発性浮腫と診断する。

  1. 朝夕の体重差が1.4Kg以上ある。
  2. 浮腫をきたす器質的疾患を除外する。
  3. 精神障害がある、または感情が不安定である。

【Mckendryの診断基準】

下記ポイントの合計が16点以上のときに特発性浮腫と診断する。

  1. 月経と無関係に顔面・体幹あるいは下肢に非圧痕性の浮腫がある(5点)
  2. 午前8時から午後8時までの12時間で約1Kgの体重増加が少なくとも3日に1回はある(5点)
  3. 月経と無関係に1日1.8Kgの体重増加がある(4点)
  4. 浮腫の期間に神経緊張・落ち込み・イライラ・頭痛がある(4点)
  5. 月経機能不全の既往がある(3点)
  6. 糖尿病・過熟児・尿糖・流産あるいは機能性低血糖の既往がある(3点)
  7. 糖尿病あるいは過熟児の家族歴である(2点)
  8. 神経質な気質かつ/あるいは自律神経失調症がある(2点)
  9. 肥満がある(1点)
  10. 発症が20~60歳である(1点)

以上の診断基準において、特発性浮腫を確定させる他、水を飲んでその後どの位尿量が排泄されるのかという負荷試験もあります。

12時間絶食した後、早朝空腹時に排尿してもらい、体重1Kg に対し20mlの水を、30分以内に飲んで頂きます。

その後、4時間の間に排尿した尿量を測定します。

正常な方は飲水量の70%以上が4時間以内に排泄されますが、特発性浮腫の方はそれよりも尿量が少ないため、診断がつきます。

体重50Kgの方の場合

50(Kg) × 20(ml) = 1000(ml)の水を飲む

この検査を受けるには、まず12時間の絶食が必要であること、そして早朝空腹時に排尿し30分以内に、1000mlのお水を飲み干す事です。

その後、4時間尿量測定をしますから、約2日間検査のために拘束されることにはなりますが、むくみが気になる方はご自宅で一度この方法を試してみると良いかもしれません。

 

Sponsored Link



妊娠高血圧症候群(妊娠中毒)

2005年に妊娠中毒症は、妊娠高血圧症候群と名称変更となりました。

妊娠に伴う浮腫は全妊婦の3~9割にみられ、妊娠に伴う生理的変化の一つであり、他の浮腫と違い塩分も水分も制限はしません。

しかし、妊娠後期(妊娠28週)に至る前の急激な体重増加や全身に浮腫が認めれる場合にはその後に妊娠高血圧症候群を発症する確率が高い為、ハイリスク妊娠として管理が必要となって来ます。

妊娠してから分娩までには、おおよその体重増加として10Kg前後が一般的です。

その内訳としては、胎児と胎盤や羊水などの付属器が約5Kg、体液増加量(水分貯留)約2Kg、母体の皮下脂肪増加が約3Kgといわれています。

単純に1月に1Kg程度の体重増加は許容範囲内ですが、それ以上の増加、特に集中的に増えた場合や浮腫が強くなって来た時には、妊娠高血圧症候群の危険性が高いので、定期健診まで様子をみないで早めに受診することをお勧めいたします。

悪性腫瘍

悪性腫瘍の患者さんの4割の方に、進行末期の状態になると8割の方に食欲不振がみられます。

慢性的な疼痛が食欲不振を招いているとも言えますが、がん細胞は生存のために通常の細胞と比べると多量のブドウ糖を消費し、安静時の健常者の方と比べるとエネルギー消費量は48%上昇ていることも解明されています。

栄養をとっても全身に吸収される前に癌細胞が大半を吸収してしまい、結果として低栄養状態が起きています。

がんや腎不全・心不全・COPD(タバコ病)・感染症などの慢性的な消耗性疾患の悪化に伴って出現する悪液質は、筋肉の減少を特徴とした体重減を生じる栄養不良の状態であり、悪性腫瘍による圧迫やリンパ管の詰まりなども伴い、浮腫の出現がみられるようになります。

薬物性浮腫

浮腫は、わりと頻度の多い症状の一つですが、全身性なのか局所性を確認し、圧痕がつくのか非圧痕性なのかの判別に加え、問診や血液検査・画像診断を組み合わせても原因がハッキリしないものについては、薬物性浮腫を疑います。

浮腫が起こりやすい薬剤は、非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDs)・カルシウム拮抗薬・ACE阻害薬・抗生剤・抗がん剤などがあります。

薬物の影響が考えられる場合には、基本は原因となった薬剤を中止とします。

Sponsored Link



人が病気になる理由

「人はそもそも、どうして病気になるのか?」子供の時や若い頃には、浮腫などほとんど経験したことが無かったのではないか?

病気にさえならなければ、気になる浮腫も起きないのではないか?

お坊さんのお話によると、産まれた次の瞬間から「老」「病」「死」に毎日近づいて行くものですから、今この瞬間を大事に、後悔しないように生きて行きましょう・・・などとお説教を受けた事があります。

老いて行くと、その先には必ず病気が待ち受けていて、更にその先には誰にでも訪れる「死」が必ずあるといいます。

死は、免れられないとしても、老化や病気は今の時代、何とかなりそうな気持になって来ているのではないかと思われますが、如何でしょうか。

同じ世代なのに、妙に若々しい人もいれば、ビックリするほど老けている方もいます。

その違いはいったい何でしょうか?

お坊さんから言わせると

「若くても死ぬ時は死にます。持って来た寿命ですから、どんなに頑張ってもそれ以上は生きられません」

であれば、生まれ持って来た寿命をいかに健康的に有意義に生きるのか?ということになります。

まずは、老化のスピードを遅くする方法を考える必要があります。

老化を遅くさせれば、それだけ病気になるリスクを低下させることにもつながりますので、どうして老化するのか?を調べてみました。

Sponsored Link



老化の原因は活性酸素

私達の身体はたくさんの細胞から成り立っていますが、その細胞は年齢を重ねるごとに段々と減って行きます。

その減って行くことは生理現象ですので、致し方ないのですが、減りやすい方とそうでも無い方といるのが事実です。

では、どういう場合にその細胞が劣化したり死滅するのか?を説明しましょう。

私達の身体は、常にさまざまなストレスにさらされています。

細菌やウィルス・紫外線や放射線・排気ガスやPM2.5・食品に含まれる添加物や農薬・タバコやアルコールなども、細胞にとってはストレスとなります。

こうしたストレスは、正常な細胞を壊し劣化させる原因となり、異常細胞から癌細胞化してしまう場合もあります。

それでは、細胞にダメージを与える環境を全て排除すれば良いのではないか?ということになりますが、私達はじつはただ生きているだけ、呼吸をしているだけで細胞を劣化させてしまいます。

酸素は生きて行く上では、絶対的に必要なものですが、そのわざわざ取り込んだ酸素の一部が悪玉活性酸素となり、正常な細胞を傷つけて行きます。

活性酸素の中の悪玉活性酸素が細胞を傷つけ老化していくのです。

それでは、その活性酸素を何とか出来ないのか?という話になって来ますが、水素水が悪玉活性酸素だけを選択的に取り除いていく力があるということが分かっています。

なお水素水と活性酸素に関しては「活性酸素とは?」と「水素水による活性酸素の除去効果とは?」にてより詳しくお伝えしています。

血行が悪いからむくむ

よく「血行が悪いから冷え性になる」や「血行が悪いからむくむ」と言いますが、血行には動脈系と静脈系があり、動脈系の血行が悪くなると指先などに血液が行き届かず皮膚の色が白くなり冷たくなります。

いわゆる「血の気」が引いた状態です。

そして静脈系の血行が悪くなると本来の静脈の役割である老廃物を回収するということが困難になって来ます。

そうなると、血管の先にある臓器に障害を来してしまうのは言うまでもありません。

血管も単なる管という考えではなく、血管を健康的に維持することで、血管の炎症や閉塞が原因で起きる心筋梗塞・脳梗塞・網膜症・腎症・壊疽(えそ:皮膚が腐る)の予防が可能であることを理解しましょう。

むくみは血流障害です。それに対して水素水は体内の血流改善に大きな力を発揮します。

そのため水素水はむくみに大きな効果を期待できます。

Sponsored Link



血管と共に老化するから病気になる

全身に張り巡らされている血管は、体内物流の要であり、酸素・栄養・水分・老廃物の運搬には必須といえる臓器です。

心臓にある大きな血管が詰まれば心筋梗塞・脳の血管が詰まれば脳梗塞が起き、場所によっては即生命に影響を与えます。

では、太くて主要な血管が問題なければ、良いかと言えばそうではなく、毛細血管のような細小血管においても小さな障害を起こしていき、いずれ全身に影響を及ぼします。

画像診断でも発見できないレベルの細胞障害が、各臓器の機能障害を起こし老化や劣化へとつながっていくのです。

その血管に障害をもたらす主な原因は細胞レベルで起きる「酸化」「糖化「炎症」だといわれています。

「酸化」とはよくサビにたとえられますが、「糖化」とはサビに対し「コゲ」と表現します。

酸化や糖化が慢性的に存在することで、血管内に炎症を起こし、炎症は悪玉活性酸素を生み出し、さらに血管の酸化と劣化の悪循環になっていくのです。

それに対して水素水は体内の血流を良くしていくだけではなく、水素水で悪玉活性酸素を除去・中和する抗酸化作用があります。

血管の老化・酸化・糖化はむくみを発生させますので、水素水はむくみの改善を大いに期待することができます。

血管を若返らせるために水素水

金属は錆びてしまうことを防ぐことが出来ますが、一度錆びてしまうと錆び取りをしても元の状態に戻すことは出来ません。

私たちの血管も同様で、一度劣化してしまうと元の状態に戻すことはかなり困難といえます。

ですから、いかに普段から血管が劣化しないように予防していくのかにかかってきます。

今を生きるという感覚から、先を見越して生きるという将来を見据えた感覚が必要となって来ます。

一度、障害を来してしまった臓器を取り戻すことができないのであれば、できるだけ体に負担をかけずに、健康を維持し、病気を発症しないように予防するしかありません。

体の老化や劣化、そして病気の殆どに悪玉活性酸素が影響しているといいますから、悪玉活性酸素だけを選択的に排除してくれる水素水が注目されるのは必然でしょう。

Sponsored Link



水素水でむくむことはない

「水素水はいくら飲んでも、浮腫みが増強することがないのか?」という部分がとても気になる所だと思いますが、腎臓機能が無くなってしまい、尿が全く出ないという方は、水でも、水素水でも、医師から指示された水分量以上の量を飲んではいけません。

腎臓機能が正常か、ある程度保たれている方がむくみ対策に水素水を飲めば、尿量が増えたり浮腫みが取れることを期待できます。

腎臓機能低下が慢性的に進んでいても、医者に指示された水分量を守って水素水に変えてみることはとても良いことです。

しかしあくまでも医師に定められた水分量の中で摂取するようにしましょう。

なお腎臓機能に問題がない人は水素水を飲むことでむくみの改善が期待できますし、水素水の性質上、水素水のせいでむくむことは起こりませんので、安心して飲むことができます。

水素水は副作用のない水です。

水素水の副作用に関してのより詳しい情報は「水素水に副作用は本当に無いのでしょうか?」にてお伝えしています。

水素水の効果はむくみだけではない!

水素水を飲むとトイレに行きたくなるというのが感想として多く聞きます。

腎臓に病気が無い健康な方でも、腎臓は活性酸素をたくさん発生させる臓器のため、水素水を飲むことで腎臓機能が良くなるからではないかと言われています。

活性酸素を除去できる水素水は、体の調子の悪い所に特によく効くと言われ、疲れが残らなくなったり、肩こりや二日酔いの回復が早くなるなど、水素水の効果を述べるとまだまだあります。

水素水の効果

・パーキンソン病の症状の軽減

・認知症の進行を遅らせる

・ダイエットの効果が得られやすい

・糖尿病の改善

・アトピー性疾患の改善

・シミやシワ・美肌効果

・EDの改善

・歯周病の改善

・リウマチの改善

・両膝変形性膝関節症の改善 など

水素水の効果に関する情報は「水素水の効果について徹底検証とその結果とは?」をはじめとして「水素水」のカテゴリーページにてより詳しくお伝えしています。

Sponsored Link



水素水のむくみへの効果に関してまとめ

体に発症する病気の殆どが悪玉活性酸素に影響されており、血管やリンパ管に対しても活性酸素が悪さをしていたことがお分かりかと思います。

むくみを解消したり、病気の発症を遅らせるには、水素水を続けて飲む必要があります。

病気はある日突然発症するということは殆どなく、毎日の積み重ねにより作られていますので、病気が発症したきっかけに水素水を飲み始めるだけではなく、予防的観点で水素水を始めるのが一番良い考えかたです。

参考書籍

松尾 汎 患者さんのむくみ、ちゃんと診ていますか? 日本医事新報社

辻 直樹 なぜ水素で細胞が若返るのか PHP新書

田澤賢次 オリンピックドクターが教える ナノバブル水素水 幻冬舎

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • 水素水の持ち運びは水素濃度を保てる容器を選びましょう!

  • 水素水入浴の効果がもの凄くておすすめ!水素水入浴のやり方とメリット・デメリットについて

  • ペットにも水素水は効果的!副作用なく病気の予防・改善が期待できます!

  • 水素水コーヒーは相乗効果のある最強の飲み物!

  • 水素水が頭痛に効果的な理由とは?

  • 水素サプリの効果について徹底解説!