1. TOP
  2. 水素水
  3. 水素水の糖尿病に対する効果について
Sponsored Link

水素水の糖尿病に対する効果について

水素水   2,870 Views

生活習慣病の一つとして日本人の健康を脅かしている「糖尿病」ですが、糖尿病になる人は年々増え続けています。

その中で水素水が糖尿病に対してどのような効果を発揮するのかが注目されています。

今回の記事では水素水が糖尿病に効果があるのかないのかを徹底的に調べました。

Sponsored Link



糖尿病について

糖尿病とはどのような病気なのでしょうか。

どうして糖尿病になってしまうのか、どのような治療法があるのかとともにお伝えしていきます。

糖尿病には3つの種類があります

糖尿病は3つの種類が存在します。それぞれ「1型糖尿病」「2型糖尿病」、そして「妊娠糖尿病」という種類があります。

1型糖尿病について

「1型糖尿病」というのは自己免疫反応の機能低下などによってすい臓にあるβ細胞というインスリンを分泌してくれる機能が破壊されてしまい、自分の力でインスリンを出せなくなってしまうのが原因であることが多いです。

そのため、「1型糖尿病」を発症している患者さんのほとんどがインスリン投薬治療を必須としているのです。突然発症するのが特徴ですが、「2型糖尿病」と比べると、発症率はとても低いです。

2型糖尿病について

「2型糖尿病」は日本の糖尿病患者の95%がこの種類の糖尿病です。

主に遺伝的要因と環境的要因がありますが、遺伝的なものであると、例えば自分の父親や母親、もしくは近い親戚に糖尿病を患っている人がいたら、ほかの人よりも糖尿病になりやすくなってしまいます。

生活習慣の乱れによる糖尿病は、食べ過ぎや運動不足などの要因が合わさって症状が出てきてしまいます。

妊娠糖尿病

「妊娠糖尿病」について解説していきます。

妊娠すると、自分の胎児に栄養を行き渡らせようとするために血糖値が高くなる上に、また妊娠中は胎盤からインスリンの分泌を制御する役割を持つホルモンが分泌されているのです。

そのため、胎児に重大な影響を及ぼさないためにも血糖コントロールをしっかりとしなければなりません。

Sponsored Link



どうして糖尿病になってしまうのか。

それでは「2型糖尿病」(以下「糖尿病」として記述)になってしまう原因を考えてみましょう。

糖尿病は上でも述べたとおり遺伝的な要因もあれば、環境的要因もあります。

それぞれ糖尿病の原因についてお伝えします。

糖尿病になる原因 加齢

年を取ってくると体の中の様々な機能が低下してしまいます。

そのため、今までバランスよく分泌されていたホルモンや血液の流れが滞ってしまうのです。

加えて、若い時のように体は思うように動いてはくれません。運動不足も相まって糖尿病を発症しやすくなるのです。

糖尿病になる原因 食べ過ぎ

食べ過ぎは糖尿病発症の一大要因です。生活習慣病で最も気を付けるべきことであるかもしれません。

食べ物はおいしいとついつい多く食べたくなってしまいます。

しかし、食べ過ぎは膵臓への負担が大きく、また血管への負担も大きいので糖尿病になる可能性が格段に上がってしまいます。

糖尿病になる原因 肥満

肥満状態のことを「メタボリックシンドローム」といいます。

この言葉をよく耳にする機会が多くなりましたが、「メタボリックシンドローム」と糖尿病はとても密接につながっていて、「メタボリックシンドローム」状態で不健康な生活を続けていると、糖尿病になる可能性が思い切り跳ね上がってしまいます。

糖尿病になる原因 飲みすぎ

糖尿病の要因として飲みすぎがあります。

アルコールは肝臓への負担が大きいことがよく知られていますが、アルコールは肝臓だけではなく膵臓への負担も大きいものです。

そしてお酒の種類として日本酒・ビール・梅酒・カクテル・サワーなどは糖類の多いお酒です。

アルコールという物質だけでも膵臓への負担が大きい上に、アルコールと糖類を合わせた日本酒・ビール・梅酒・カクテル・サワーなどはより膵臓への負担を大きくし、糖尿病を誘因します。

糖尿病になる原因 運動不足

運動不足による新陳代謝の低下も糖尿病になる原因の一つです。

新陳代謝は健康な体作りをするうえで欠かせないものとなっています。

ところが運動不足が続いてしまうと、摂取したエネルギーが消費されにくくなるため、摂取した分のエネルギーが消費するエネルギーを上回り、結果として肥満体になってしまうという場合も大いにあります。

また、消費されないエネルギーがずっと体内に取り残されたままになってしまうため、血流も悪くなり、体の中で悪循環を引き起こしてしまうのです。

このような不健康な状態にならないためにも、少しずつでいいので毎日、できれば有酸素運動を続けていきましょう。

ウォーキングやジョギングを一日30分程度でも十分なエネルギー消費効果が表れます。

また長時間座っている状態は膵臓への負担が大きく、糖尿病になりやすくしてしまいます。

そのため1時間に1度は立ち上がり少し体を動かすことを心がけるとかなり膵臓への負担が減ります。

糖尿病になる原因 ストレス

糖尿病とストレスには密接な関係があります。臨床実験でもストレスをかけると血糖値が上昇することがわかっています。

ストレスを解消する方法は様々ありますので、ご自身に適した形でストレスを定期的に解消するように心がけることが大切です。

糖尿病になる原因 遺伝

いくら健康に気を付けていても糖尿病になってしまいやすい人の原因の一つは「遺伝」というものもあります。

人は必ず自身の親兄弟、先祖の影響を受けます。

例えば両親が目が悪ければ子どもも目が悪くなる可能性が高いです。身長や体格も同じです。

病気も同じでやはり、家族が経験した病気は自分自身もなりやすいです。

それは糖尿病も例外ではありません。

自分の親や兄弟、親戚が糖尿病を経験している場合は自分もなりやすいということを自覚し、事前に様々な対処や予防を心がけることが重要です。

Sponsored Link



現代は糖尿病に誰もがなりやすい環境にある

糖尿病になりやすい要因はお伝えした通り複数あります。

食べ過ぎ・運動不足・アルコール・ストレスなどは確かに糖尿病を発症させたり悪化させます。

しかし現在の世の中において糖尿病は成人男性で6人に1人・成人女性は10人に1人と成っています。予備軍を含めればさらにその割合は増えます。

そして男性女性ともに40歳を過ぎるとその割合は加速します。

昔は糖尿病をぜいたく病と言っていましたが、現在は豊かになったことで、誰もが糖尿病になりやすい環境にあるということです。

糖尿病の三大合併症

糖尿病は糖尿病という病気で死ぬわけではありません。糖尿病という病気を持つことで様々な症状を発症するようになります。

糖尿病性網膜症

「糖尿性病網膜症」という症状名はあまり聞いたことがないのではないでしょうか。

糖尿病が進行すると糖尿病性網膜症を発症します。

糖尿病性網膜症は大幅な視力低下はもちろんの事、日本人の失明原因の第1位です。

糖尿病性腎症

糖尿病性腎症とは糖尿病により血管がダメージを受け、血管の集合体でもある内臓、特に腎臓に大きなダメージを与える症状です。

腎臓は体内の老廃物を分解解毒し、尿として排出する役割を持っています。

しかし糖尿病が悪化し腎臓の機能が低下すると体内に老廃物がたまり尿毒症などの病気で死んでしまいます。

現在の医学では糖尿病から糖尿病性腎症になった人は人工透析にて延命をしています。

人工透析は週に3回必ず行わなければなりません。また透析治療は半日を要しますので、日常生活にも大きな支障をきたします。

糖尿病性神経障害

糖尿病性神経障害とは糖尿病により特に末端神経が冒され、痺れや痛みだけではなく壊疽を起こしてしまう症状です。

演歌歌手で有名だった村田英雄さんは糖尿病による足の壊疽で足を切断したと言われています。

Sponsored Link



その他の糖尿病による病気や症状

糖尿病は様々な病気や症状を引き起こします。

発症から10年ほどは特に何も感じませんが、10年を超えてくると血管へのダメージから様々な症状が出てきます。

糖尿病による早老

一般的に糖尿病患者は糖尿病でない人に比べて見た目も老けて見られます。

医学の世界で「人は血管から老いる」という言葉がありますが、糖尿病は血管の老化スピードを早める病気です。

結果的に例えば毛細血管が多くある顔が吹けるのが早まったり、髪は血余と言いますが頭皮や髪に適切な栄養が行かなくなり薄毛や白髪、脱毛を引き起こします。

 

Sponsored Link



糖尿病と三大死因

日本人の三大死因は癌・脳卒中・心臓病です。これら三大死因によりなりやすくなるのが糖尿病です。

癌と糖尿病

癌は糖尿病の場合、肝臓癌・腎臓癌・膵臓癌は2倍です。大腸ガンは1.4倍です。

癌全体で見ても通常に比べてなりやすくなっています。

心臓病・脳卒中と糖尿病

心臓病と脳卒中は血管の病気です。そのため血液がドロドロになり、動脈硬化が進む糖尿病は心臓病と脳卒中に4倍なりやすくなります。

また糖尿病は高血圧や高脂血症を併発しやすいのでさらに脳卒中や心臓病に8倍10倍となりやすくなります。

Sponsored Link



認知症と糖尿病

現在社会問題になっている認知症ですが、糖尿病は認知症になりやすい病気です。

65歳を過ぎると10人に1、80歳を過ぎると4人に1人が認知症になっていると言われています。

認知症は脳の病気で脳にはたくさんの血管があります。糖尿病は血管へのダメージが大きい病気です。そのため認知症にもなりやすくなります。

また脳卒中を起こすと認知症を発症しやすくなります。糖尿病患者は脳卒中にとてもなりやすいため、同時に認知症のリスクも高まります。

そして隠れ脳梗塞(ラクナ梗塞)という本人が自覚しにくい脳梗塞があります。この隠れ脳梗塞(ラクナ梗塞)はまだらボケ(マダラ認知症)になりやすいですし、隠れ脳梗塞(ラクナ梗塞)もまた、糖尿病患者はなりやすいです。

糖尿病を発症した実例

これまで糖尿病という病気について様々な情報をお伝えしました。糖尿病は血糖値の高い状態からすぐに何かしらの症状が発生する病気ではありません。

血糖値の高い状態が数年〜10年以上続いて、様々な症状を発症していきます。

なお、糖尿病は本人だけが辛いのでなく、家族にも悪影響を及ぼします。

糖尿病の実際の例に関しては「糖尿病を発症した本人と家族の実例」にてより詳しくお伝えしています。

 

Sponsored Link



水素水について

水素水が糖尿病に効果的な水であることを知るために水素水についてお伝えします。

水素水の歴史

水素水が認知されるようになって10年ほどですが、水素水自体は今から200年ほど前に水を電気分解することで「電解還元水」として誕生したことが始まりです。

しかし、当時の技術としては水を電気分解するなんてことは特殊なものであったので一般的に浸透はしませんでした。

水素水が再び表舞台に出るのはそれから約150年後、第二次世界大戦が終結したあとの時代でした。

1965年には「アルカリイオン水には整腸効果が認められる」といった内容を含んだものが厚生省によって発表されましたが、その科学的根拠としての学術的解明がされないまま人々の口伝えで広まっていっただけでした。

そして、また年月がたち、1997年には九州大学の白畑教授がアルカリイオン水の論文がきっかけとなってそのアルカリイオン水が新しく「活性水素水」、「水素豊富水」などと呼ばれはじめたのです。

そして最近の研究では2007年に日本医科大学の太田教授によって発表された水素水についての論文では、「体内で細胞遺伝子を攻撃する悪玉活性酵素を水素ガスによって選択的に除去できることが動物実験によって判明した」という内容が発表されました。

2007年に日本医科大学の太田教授によって発表された論文により、糖尿病の改善やがんの治療に対して大きな期待が持たれるようになりました。

なお水素水に関するより詳しい情報やその他の様々な効果については「水素水とは?」をはじめとする「水素水」のカテゴリーにてお伝えしています。

奇跡の水と水素水

飲むだけで様々な病気に効果があると伝えられてきた「奇跡の水」と言われるものがあります。

「奇跡の水」は世界各地に存在しますが、主な場所として

  1. 聖母マリアの出現とともに説明不可能な治癒例が多数ある、フランスのピレネー山脈のふもとにある「ルルドの泉」
  2. メキシコのトラコテの牧場でチャヒン夫妻所有で多くの人々を病から救った「トラコテの水」
  3. ウナギの生育でよく知られる日本の「日田天領水」

が当てはまります。

ルルドの泉・トラコテの水・飛騨天領水には水素がとても豊富に含まれており、九州大学の白畑教授によっても分析され、学術的に天然の水素水として認識されています。

世界で伝えられている奇跡の水と水素水の関係については「奇跡の水と水素水の驚くべき関係とは?」にてより詳しくお伝えしています。

Sponsored Link



糖尿病と水素水

水素水を飲み続けることで多くの方達から「血糖値が下がった!」「HbA1Cが下がった!」という体験談が聞かれるようになりました。

厚生労働省から認可を受けているわけではないので「水素水は糖尿病に効く」というのを公言することはできません。

しかし実際の体験として多くの方達が水素水の糖尿病に対する効果を実感しており、その研究や実験が進んでいます。

水素水と糖尿病に対する効果についての論文

水素水の糖尿病に対する効果を実験・研究した論文について紹介します。

水素水の糖尿病への効果 京都府立医大の論文

2型糖尿病患者が水素水を飲用した結果、脂質と糖代謝の改善がみられ、耐糖能障害の抑制の効果がみられたと発表しました。

1型糖尿病の要因は遺伝的因子が考えられ、この臨床実験はマウスの動物実験が行われ、血糖値の降下と糖尿病の発症率の低下が認められたと報告があります。

水素水の糖尿病への効果 Nature出版社の学術誌Obesity(肥満症)の論文

Nature出版社の学術誌Obesity(肥満症)に掲載された論文では、非依存型の糖尿病の遺伝子をもつマウスの臨床から肝FGF21と刺激エネルギー代謝を誘発されて肥満や糖尿病の改善がみられたと発表されていました。

水素H2の飲用期間が短くても、水素H2の摂取が少量でも、水素は体内で効率的に消費され、様々な疾患を改善する理由が説明づけられ、肝蔵のグリコーゲンが、飲用した水素水の水素H2を蓄積する結果が得られたとあります。

また実験から、水素H2水の飲用は、血漿グルコース、インスリン、トリグリセリドを低下させた結果が得られ、水素水の飲用は、高血糖症の食事制限と同じ効果があることが判明しました。

その他、水素水により糖尿病に有意な結果が出たことを示す論文

論文①電解還元水がラットの筋管細胞において活性酸素を除去し糖取り込みを増強(li 2002,2006,2010,2011)

論文②電解還元水がインスリン受容体のリン酸化を促進し、トランスロケーションを促進することによって糖取り込みを促進 (shirahata2001,2007)

論文③水素水であるノルデナウ水を411人の被験者に6日間服用してもらい45%が血糖とHbAlcレベルが優位に低下(shirahata&gadek,li2006)

論文④中国吉林省第一中央病院にて日田天然水を飲んだ65人の被験者89%の血糖値が優位に低下(osada2010)

Sponsored Link



高血糖や糖尿病の水素水を使った臨床例

糖尿病に関しての水素水を使った好事例がたくさんあります。

協和病院では、還元水素水の症例が数千に及びますが、中でも川村院長が水素水の威力を実感しているのが、糖尿病性壊死の治療だそうです。

症例①50歳男性

来院時 右足人差し指が壊死状態、HbAlcは10.9%

治療内容:還元水素水2~3l/1日、インスリンと経口薬による血糖コントロール、右足は強酸性電解水足浴を一日二回、壊死部分を切断

経過:二か月後にインスリン投与を中止、経口薬のみ服用、三か月後の退院時にはHbAlcはが5.3%に消褪

症例②57歳男性

元々糖尿病を患い入退院を繰り返しながら治療を行っていた途中、右足の薬指の腫れが顕著になり膿がでるようになったのを、右下腿を切除と診断されて転院

来院時:来院時 右足人差し指が壊死状態、HbAlcは10.9%は11%

治療内容:水素還元水を一日数リットル飲用、薬剤で血糖コントロールを行う、右足は足浴

経過 四か月後にHbAlcは7%、右足薬指は変形短縮しつつも靴が履けるまで回復

以後、川村医師が院内で活用していた電解水素水は1996年に手指や消化器用内視鏡の消毒医療用具として認可されています。

症例③医学博士梶山静夫氏による境界型糖尿病6名の被験者への試み

実験内容:300ml/1日の水素水を一日3回飲用(1日合計900ml)

結果:6名が血糖値低下、4名は正常化。インスリンがよく効くようになる。

他、動脈硬化、メタボリック症候群、心筋梗塞脳梗塞が症状改善

これらのいずれも、体内で発生する活性酸素と水素を結合させて、活性酸素を無毒化することに治療の肝があります。

Sponsored Link



糖尿病と活性酵素

活性酵素が活発になってしまうと、β細胞が攻撃されてインスリンの分泌が抑制されてしまうことがわかっています。

活性酸素は日々の生活の中で常に発生しているものです。それに対して水素水は活性酸素を中和する作用があります。

そのため水素水の活用は糖尿病への効果を期待できるものです。

水素水と活性酸素に関してのより詳しい情報は「活性酸素とは?」と「水素水による活性酸素の除去効果とは?」にてお伝えしています。

Sponsored Link



水素水の糖尿病への効果についてまとめ

今回様々な形で調べた結果、水素水の糖尿病に対する効果が各方面で発表されていることがわかりました。

現在は厚生労働省から認可を受けているわけではないので、水素水が糖尿病に効くことを明示し商品を販売したり、サービスを提供することはできません。

しかし、事実としてこれだけ多くの方達が効果を感じ、権威ある様々な機関で研究が進められ論文が発表されています。

水素水が体に良い影響を与えていることは間違いないようです。

ぜひ、これからも水素水を活用し糖尿病はもちろんのこと、様々な病気や症状、あるいは老化現象に対して水素水の効果や予防を期待し、続けていかれるといいと思います。

健康で若々しい生活をぜひこれからも送り続けてください。

 

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • 水素水の持ち運びは水素濃度を保てる容器を選びましょう!

  • パーキンソン病への水素水の効果について

  • 水素水の作り方・買い方・飲み方最新版!

  • 水素水の効果が凄い!徹底検証した結果を完全解説!

  • 水素水コーヒーは相乗効果のある最強の飲み物!

  • 高濃度水素水が体に良いとされている理由とは?