1. TOP
  2. 水道水
  3. 赤ちゃんに水道水はどう影響するのか、徹底的に調べました!
Sponsored Link

赤ちゃんに水道水はどう影響するのか、徹底的に調べました!

赤ちゃんに水道水を利用しても問題無いのか?という疑問を、多くのお母さんやお父さん、そして家族は持っています。大切な赤ちゃんの健康は誰もが守りたいものです。

今回の記事では赤ちゃんに水道水を使って良いのかを徹底的に調べましたのでお伝えします。

Sponsored Link



Contents

赤ちゃんの身体は水分がとても多い

人間の身体の60%は水だといわれていますが、実は年齢によって水分率はだいぶ違います。

高齢者の方ですと50%、成人男性では60%、小学生くらいの子供ですと70%まで上昇し、新生児になりますと80%にもなります。

そしてなんと受精後3日目の赤ちゃんの水分率は97%とほぼ水といってもいいくらいの状態なのです。

赤ちゃんの肌が柔らかいのは高い水分率によるからです。

良い水を摂取することは赤ちゃんの健康にも関わっているといっても過言ではありません。

赤ちゃんには水がとても重要

人間の身体の殆どを占める水分ですがこれが1日を通してバランス良く出入りすることで健康が保たれます。

一般的に成人では40~60mL/kgの水分を必要としますが、赤ちゃんはより多くの水分を必要としており、生後3か月の乳児は140~160mL/kgの水分を必要としています。これは成人の2.5~3倍にもなります。

  体重1kgあたりの水分の必要量(mL
生後3カ月 140160
生後6カ月 130155
生後9カ月 125140
1 120135
2 115125
4 100110
6 90100
10 7085
14 5060
成人 4050

授乳中のお母さんもとっても水が重要

母乳の約90%は水分です。

赤ちゃんが母乳を吸えば吸う程母体からは水分が失われていきます。

授乳中の母親は、平均して1日に1Lの母乳を出しています。

大人は通常2~2.5Lの水分を必要としますので、だいたい授乳中の母親は3~3.5Lの水を1日にとる必要があります。

Sponsored Link



飲料用に向いているのは弱アルカリ性

水道水はpH5.8~8.6に調整されて供給されています。

弱酸性~弱アルカリ性の範囲におさまっていてこれは水質基準で定められているため全国共通です。

その中でも飲料用として使用するときに人体に優しいといわれるのが弱アルカリ性の水です。

これは人体が通常pH7.4の弱アルカリ性であるからです。赤ちゃんにも同じことがいえ、羊水のpHは8~9で人体より若干アルカリ傾向にありますが、胎児は羊水の水を飲んで成長していますので、弱アルカリ性の水が飲むのに望ましいといえます。

赤ちゃんの正しい水分補給

赤ちゃんは汗っかき

赤ちゃんは大人の2倍程度の発汗量があるといわれています。

赤ちゃんは身体が小さいため体温や汗の量を調節する機能が未発達であり熱が体内にこもりやすいのです。

熱中症になるのを防ぐためにも水分補給はとても重要なことです。

赤ちゃんの水分補給のタイミング

赤ちゃんへ水分をあげるタイミングで特にあげた方が良い時はというと、

①寝起き

②遊んで汗をたくさんかいた後

③お風呂の後

です。

これらの時は体内の水分を大幅に失っている可能性が高いので水分を十分に与えましょう。

夏場汗をかくので特に脱水症状への気配りは特に必要です。

 

Sponsored Link



赤ちゃんに水分のあげすぎは注意

水(白湯)を水分補給として一度に大量に飲むと、血中ナトリウム濃度が低下して頭痛、嘔吐、痙攣などの症状が出ることがあります。

これらの症状がでる病気を水中毒といい大人でもなることがあるようです。

赤ちゃんが下痢などになりますと脱水症状が心配でどうしても水分を取らせたくなりますし、それは正しいことなのですが過剰摂取は逆効果だということも認識しておかなくてはなりません。

水中毒にしないための目安として1回に与える水の量は30mL+汗などで失った水分程度にすることが望ましいです。

あとは汗を大量にかいているときなどはミネラルを含んだものを与える方法もあります。

経口補水液は水に砂糖と塩を一定の割合で溶かしたもので失った体液を素早く吸収維持できるように水と電解質のバランスを調整されていますので安心です。

スポーツ飲料も同じようにナトリウムなどのミネラルが含まれていますが糖分が多いので赤ちゃんにあげるのはおすすめできません。

麦茶も同様にミネラル分は低いのでミネラル補給という目的で飲ませるのはおすすめできません。

赤ちゃんの粉ミルクに水道水は適しているのか?

軟水と硬水

赤ちゃんに飲ませる粉ミルクですが、溶かす水は軟水が良いとされています。

水にはミネラル分が溶けており、ミネラル分を構成するカルシウムやマグネシウムの量を炭酸カルシウムに換算して表したものを硬度といいます。

硬度が低いものを軟水、硬度が高いものを硬水といいます(下記表はWHO基準)。

軟水は味にくせがなく、硬水はしつこい味を感じる他好き嫌いが分かれます。日本では殆どの自治体の水道水が軟水です。

ちなみに水道水は一番平均硬度の高い沖縄で84、2位千葉81、3位埼玉75、4位熊本70、5位茨城66、全国平均でも50程度です。

関東地方は平均硬度が上位を占めており10位以内に東京、神奈川、群馬も入ってきます。

【表 軟水と硬水の基準】

種類

硬度

軟水

軟水 060mgL未満
中軟水 60120mgL未満

硬水

硬水 120180mgL未満
超硬水 180mgL以上

 

赤ちゃんに粉ミルクに軟水が適している理由とは?

粉ミルクには軟水が良い理由は赤ちゃんの消化器系は未熟なのでミネラル分を排泄するのが難しいとされています。

ミネラル分を多く含んだ硬水は内臓にかける負担が大きくなります。軟水になれた日本人では大人でも下痢になる人がでるくらいなので赤ちゃんに飲ませるには硬水を避けて軟水にした方が良いということになります。

また粉ミルクは母乳に合わせてミネラル成分を調整していますので硬水を使うとミネラルバランスが崩れて過剰摂取にもなりますので赤ちゃんの負担は大きくなります。

前述の通り日本の水道水は殆どが軟水で粉ミルクを使用するのに安心できますが、一部の自治体の水道水は硬水に該当するところもありますので事前にお住まいの自治体に硬度を確認するようにしてください。

国産のミネラルウォーターでは「南アルプスの天然水」「六甲のおいしい水」などが該当します。

また外国産のミネラルウォーターでも軟水のものもあります。

「Volvik」「クリスタルガイザー」などが該当します。

しかし国産のミネラルウォーターは殺菌が義務付けられていますが、外国産のミネラルウォーターは殺菌されていませんので赤ちゃんにとって安心なのは国産の方だとされています。

Sponsored Link



赤ちゃんの粉ミルクに使う水道水は一度沸騰させましょう。

粉ミルクは一般的に70℃のお湯で作ることが望ましいとされています。

70℃以下の水では粉ミルクが溶けにくく雑菌が残る可能性があるからです。

粉ミルクは決して無菌ではありません。

エンテロバクター・サカザキ菌やサルモネラ菌などが入っていることがあります。

エンテロバクター・サカザキ菌は乳児に「敗血症」や「壊死性腸炎」を起こすことがあり粉ミルクの製造現場に多くいることが分かっています。

サルモネラ菌は製造現場にいることは殆どありませんが、粉ミルクを開封したあとに混入することがあるようです。

70℃とひとくちに言っても沸騰させて冷ました70℃と沸騰させていない70℃とでは殺菌への安心度が全然違いますので一度沸騰させてから冷ますようにしましょう。

なお、赤ちゃんへの水道水における影響について関心の高い、水道水の塩素に関する情報は「水道水の塩素は沸騰させると除去できるって本当?」や「水道水の塩素除去の方法と影響とは?」など「水道水」カテゴリーにてそれぞれ詳しくお伝えしています。

赤ちゃんの粉ミルクをつくるときは水の量を間違いに注意

粉ミルクを与えているときには、ミルクを溶く水の量を間違えないようにしてください。

特に濃く溶いてしまうと赤ちゃんは喉が渇いて水を欲しがりますが、これをミルクが欲しいと間違える可能性が高いのです。

そうすると赤ちゃんは本当の要求が満たされないばかりか栄養過剰になってしまい肥満の原因になるおそれがあります。

 

Sponsored Link



赤ちゃんは水道水をいつから飲めますか?

赤ちゃんは6か月くらいから水道水を飲ませても大丈夫

母乳や粉ミルクをあげているうちは水分を十分に摂取できているのであえてあげる必要はありませんが、3カ月をすぎたあたりから水を飲めるようにはなります。

しかし離乳食が始まっていない時期に飲ませておなかいっぱいにさせてしまうと、本来摂取すべき母乳やミルクからの栄養を受け取る回数が減り必要な栄養が不足してしまいます。

赤ちゃんに水道水を飲ませる場合は、離乳食が始まるころから飲ませるようにした方がよりいいです。

またその際は必ず沸騰させてぬるま湯の温度で飲ませるようにした方が良いでしょう。

赤ちゃんに生水は1歳を過ぎてから

一般的に1歳前後であれば生水を与えても大丈夫と言われています。

もっと早くから大丈夫という意見もありますが念のため1歳前後からとされているようです。

しかし個人差はありますので、もし下痢するようであれば更に成長を待ってからあげるようにしてください。

安全のため朝一番の水を飲ませるのはやめた方が良いでしょう。

古い水道管などですとさびなどが溶け込んでいる可能性が高いので赤ちゃんにとっては安心できる水ではありません。1

0秒くらい流してからの水をあげるようにしてください。

 

Sponsored Link



赤ちゃんへのトリハロメタンの影響が気になる場合は?

水道水には殺菌目的で塩素が投入されています。

塩素による生成物でトリハロメタンという物質があります。

トリハロメタンは自然の状態の水からは検出されることはありません。

生活排水などで汚れた水を、浄水場で塩素消毒するときに水中の有機物と反応して生じます。

水源の汚れがひどいとそれによって消毒の塩素の使用量が増えますのでトリハロメタンの量は増大します。

水道水中のトリハロメタンの殆どはクロロホルムなのですが、クロロホルムはIARC(国際がん研究機関)の発がんリスクがグループ2B(ヒトに対する発がんが疑われるということで危険性は指摘されている物質です。

日本の水道水は、水質基準で含まれる総トリハロメタンは0.1mg/Lと決まっています。

これは平均体重の人が1日2リットルの水を一生飲み続けたとしても発がんの可能性は10万人に1人以下という量ですので気にする必要のないレベルかもしれませんが、まったくの0ではありません。

トリハロメタンを除去するにはいくつか方法があり、煮沸するか浄水器をつけることです。

3分以上の煮沸で半減し10分以上の煮沸でほぼ消滅します。赤ちゃんへ水道水のトリハロメタンの影響が気になる場合は上記の方法を実施しましょう。

赤ちゃんは水道水で作った麦茶をいつから飲める?

赤ちゃんへの麦茶も6カ月過ぎてからです。

麦茶はノンカフェインで安全な飲み物ですが、こちらも水道水と同じく6カ月過ぎたあたりから飲ませるのが好ましいようです。

水道水で作った赤ちゃん用の麦茶は2~4倍に薄めて

ベビー用品売り場などでは赤ちゃん用麦茶が売っていますが、大人用の麦茶との最大の違いは濃さです。

大人が飲む麦茶よりも薄めてあるのが赤ちゃん用麦茶になります。

離乳食を薄味から少しずつ始めるのと同じように、薄味から始める方が抵抗感なく飲んでくれます。

赤ちゃんには煮出し麦茶が安心

胃腸が弱い赤ちゃんに水出し麦茶は下痢などを引き起こす可能性があります。

煮出して作りぬるま湯くらいに冷めた麦茶にすることで胃腸にやさしくなります。

ただし煮出した麦茶は水道水の塩素がなくなっているため雑菌が繁殖しやすい環境です。

ある程度冷めたら冷蔵庫に入れて保管しましょう。

冷蔵庫で冷えた麦茶を赤ちゃんに与えるときはポットのお湯を足してぬるま湯くらいにしてからあげると赤ちゃんの胃腸に負担が少なくて良いです。

ちなみに冷蔵庫に入れても4~5日目には雑菌が繁殖します。2~3日以内に飲みきることを心がけてください。

Sponsored Link



赤ちゃんに嬉しい麦茶の健康効果

麦茶にはいろいろな健康効果が謳われています。

生活習慣病の予防だったり、血液をさらさらにしたり、胃の粘膜を守ったりなどなどです。

これらは赤ちゃんのうちから得られる健康効果です。

そしてさらに赤ちゃんにうれしい健康効果があります。

赤ちゃんに麦茶を与えて虫歯予防。

赤ちゃんの歯は柔らかく虫歯菌にやられやすいといわれています。

そして赤ちゃん自身歯磨きを上手にできませんので、虫歯になりやすい状況にあります。

麦茶は虫歯菌(ミュータンス菌)が菌膜を形成するのを阻害したりバクテリアが定着するのを防いだりする働きがあります。

 

Sponsored Link



赤ちゃんには他にもこんなお茶もOK

ルイボスティーはノンカフェインで低タンニンのため赤ちゃんにおすすめできるお茶の一つです。

ミネラルが豊富なお茶なので離乳食を始める時期以降に飲ませた方が赤ちゃんの内臓の負担は少なくて良いと思います。

味に癖のあるお茶なので、はじめはかなり薄くしてあげた方が良いでしょう。

そうしないと飲んでくれない可能性があります。

ほうじ茶もカフェイン・タンニンが少量なので赤ちゃんにあげても大丈夫な飲み物です。

あげるときは麦茶と同じく2倍くらいに薄めてからあげるようにしてください。

そしてほうじ茶にも虫歯予防の効果があります。

ほうじ茶に含まれるポリフェノールが口臭の原因となる雑菌の繁殖を抑制する働きがあります。

赤ちゃんにお風呂の水道水は大丈夫?

お風呂に入ると肌が乾燥して痒くなるアトピー性皮膚炎、水道水の塩素によって起こるといわれていますが、その関連性は不明というのが現状です。

日本の水道水の塩素の基準はWHO(世界保健機構)より厳しい

日本の水道水には残留塩素という水質基準0.1mg/L以上という基準があります。

水質基準に塩素の上限はありませんが、水質管理目標設定項目として塩素1.0mg/L以下と決められています。

つまり1.0mgを超えるようであれば水道水の安全性やおいしさを損なう可能性があることからこの1.0mgをできるだけ超えないように管理されています。

1.0mgとはどんな数値かというとWHO(世界保健機構)で規制されている塩素濃度が5.0mg/Lですのではるかに厳しい基準となっています。

 

Sponsored Link



赤ちゃんの肌は保水性に乏しい

赤ちゃんは水分が多くみずみずしい肌をしていますが、その肌は薄く保水性に乏しいので乾燥しやすい状態です。

さらに生後3カ月を過ぎると赤ちゃんから分泌される皮脂は減少するのでより乾燥しやすくなります。

敏感になった赤ちゃんの肌に塩素の刺激が良い影響を及ぼすわけありませんが、肌に及ぼす影響は遺伝的なこと生活習慣的なことで個人差大きいことと水道水の塩素濃度は常に一定ではないことで、どのくらいの塩素濃度の水道水をどの位の期間生活に使用すると危険なのかということについて具体的なデータは見られません。

「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版」でもアトピー性皮膚炎の悪化因子とは

(1)食物

(2)環境抗原と接触抗原

(3)汗

と書かれていて、水道水については触れられていません。

特に(2)環境抗原と接触抗原ではシャンプー、リンス、石鹸などが原因として触れられていますので入浴の際にアトピーを発症させているのはシャンプーやリンスなのか水道水なのか判別は付きにくいです。

(3)汗の項目では汗をかいたら(水道水)のシャワーで洗い流すようにと明記されています。

アトピーは遺伝・生活環境による影響が大きい疾患です。

100人中100人が該当するようなことではありませんが、両親のどちらかでもアトピーを持っているようですと、遺伝や生活環境による発症の可能性が高くなりますので、心配でしたらシャワー用浄水器を設置してみてください。

Sponsored Link



赤ちゃんの入浴後は冷水で洗浄を

アトピーの原因としてカビもよく挙げられます。

赤ちゃんの生活する空間でカビは避けたいものです。

カビでよくみかけるものに黒カビがありますが、こちらは湿気が多い所で繁殖しやすくなります。

特にバスルームは注意が必要です。

湿度が55%以下であれば殆ど増殖しないといわれているのでなるべくこまめに換気を行うようにしましょう。

また室温を20℃以下にするとカビが発生しにくくなりますので入浴後に浴室を冷水で洗浄すると効果的です。

浴室を洗浄することでカビの餌となる石鹸カスも洗い流されるのでより清潔に保たれます。

赤ちゃんに公園の噴水は大丈夫?

夏に公園の噴水で遊んでいる子供のニュースを見かけますが、その噴水の水はどういったものであるかご存知ですか?

人が触れることを想定している施設(親水)もあれば人が触れることを想定していない景観用の施設(修景)もあります。

そして修景用の水の水質基準は水道水の水質基準よりはるかに緩いものとなっています。

修景用の水とは?

【表 雑用水と水道水の水質基準の比較】

基準適用箇所 雑用水に関する基準※1 水道水の水質基準※2
大腸菌 不検出 検出されないこと
濁度 2度以下 2度以下
pH 5.88.6 5.88.6
外観 ほとんど無色透明であること  
色度 10度以下 5度以下
臭気 不快でないこと 異常でないこと
※1参考:厚生労働省:建築物環境衛生管理基準より
※2参考:厚生労働省:水道水水質基準より

 

散水・修景・清掃用の水をまとめて雑用水と規定されていますが、水道水の水質基準が51項目あるのに対して雑用水はわずか6項目です。

雑用水は人が触れることを想定されていませんので基準項目が少ないのです。

噴水を見たとき子どもたちは近くに寄りたがりますし、噴水で遊びたくなってしまうものでしょう。

子供が遊びだす前にその噴水は子どもが遊ぶことを目的としているのか、景観用なのか確認してください。

景観用だとするとその水はあまりきれいではありませんから手に触れたり、飲んでしまうことがないように注意が必要です。

親水用の水とは?

親水とは人が触れることを想定されていますので、水道水を使用されています。

ですが水道水だから安心というわけではありません。

確認すべき点はその水が循環式か放流式かで水の安心度は大きく変わります。

水道水をそのまま放流することはコストがかかりますので、多くのところでは循環式ではないかと思います。

循環式ですと濾過沈殿・消毒を繰り返しますのでかなり消毒臭い水になります。

またオムツの取れていない子も一緒に遊んでいるような状態では大腸菌などの感染の恐れが高くなります。

親水施設でも遊び終わった後は水道水で手洗いすることを励行しているところもあります。

少なくとも飲める水ではないことは間違いないでしょう。

水道水を使われているからといって決して安心できる水ではないので事前に公園のホームページを確認したりや管理している自治体に問い合わせても良いかもしれません。

Sponsored Link



赤ちゃんへの放射性物質が心配な地域は浄水器の検討を

2011年3月11日の東日本大震災で東京電力の福島第一原子力発電所が放射能漏れを起こし、大気中に大量の放射性物質が放出されました。

その数は90京ベクレルと言われ、チェルノブイリの6分の1に該当します。

3月22日には東京の金町浄水場で放射性ヨウ素が検出され水道水への汚染がすぐそこまできていることが現実のものとしてニュースになりました。

現在放射性物質が検出されている浄水場はありませんが、2016年9月には福島県のダムの底に高濃度のセシウムが堆積していることが報道されるなどまだまだ安心できない状態であることが再確認されました。

子供や赤ちゃんを放射能汚染から守るためには放射能漏れの事実から目をそむけていてはいられません。

人間が安心して生活できるのは年間1mSV(シーベルト)以内

【表 年間被ばく量とそのレベル】

被ばく量/年

状況

1mSV 赤ちゃんや妊婦さんなど弱い人でも安心して生活できるレベル。
ダメージを受けても回復可能であり、これを超えたレベルで人が生活をするのは何らかの制約があります。
5SV 安全ではないけれど常に健康状態をチェックしていればなんとか大丈夫というレベル。
20mSV 仕事で放射線に関わる男性の1年間の限界値。
常に被ばく量を測定しなければならないレベル。
50mSV 甲状腺ガンを防ぐためにこどもはヨウ素剤を服用しなければならないレベル
100mSV 慢性的な疾患が見られるようになり、1000人に5人が放射線によって過剰発ガンになるレベル。1年に100mSVまでは放射線を浴びた人のうち誰ががんになるかわかりません。何パーセントという確率があるだけです。しかし100mSVを超えると「私が放射線を浴びると私ががんになる可能性がある」という状態にまでなります。
250SV 福島第一原発事故後に引き上げられた、原発の作業員の限界値です。250mSVを超えると急性の白血球減少などの影響がただちにみられるレベルになります。

上記の表にも表しました通り、私たちが安心して生活できる年間被ばく量は1mSV以内です。

1mSVとはICRP(国際放射線防護委員会)の勧告を元に世界各国の法律で定められていて赤ちゃんや妊婦さんでも安全が保証されている数値ですので私たちは基本的にこの数値以内で生活しなくてはなりません。

1mSVとは内部被ばくと外部被ばくの合計ですので、食品、水道水、ほこりなどいろいろなものから,被ばくしないように注意しましょう。

胎児は意外に丈夫

胎児は乳児に比べて頑丈であり、がんの発生率に比べて遺伝子異常による奇形は少ないので、過度な心配はしなくても大丈夫です。

放射能は6歳までの子供が一番危険

乳児から6歳までの子供は成人と比べて放射線の感度が高く、がんの発症率も高くなることがわかっています。

子供が病気になる確率は成人の3倍にもなります。

年齢が低い程放射線に対する感度が高い理由は、細胞分裂が盛んなためです。癌にならなくても遺伝子が損傷し大人になってから妊娠はするものの死産や流産になるケースがチェルノブイリでは報告されています。

子供にとって一番危ない癌(ガン)は甲状腺がんであり、その原因物質である放射性ヨウ素は半減期が8日と短いため放射能漏れ初期の大量飛散のときに被ばくしていなければ確率はぐっと下がると思われますが、それでも安心できるような状況ではありません。

福島では甲状腺がんの疑いのある子供が増えていることを考えますと、6歳までの子供には最大限の気遣いをしてあげた方が良いでしょう。

 

Sponsored Link



水道水での被ばく目安は年間0.1mSV以内

成人男性は1日に2.5L(リットル)の水分を摂取する必要があります。

そのうち0.3リットルは内部生成水ですので、残り2.2Lを外部から摂取することになります。

WHOの飲料水水質ガイドラインによれば水道水からの被ばく目安は年間0.1mSV以内ですので放射性物質の目安は下記の式のようになります。

放射性物質をセシウムとして被ばく量を計算した場合

(0.1mSV*100000)/(2.2*365*2)=6.22Bq(ベクレル)/L(リットル)

6Bq(ベクレル)以下の水道水であれば、放射性物質による汚染があっても人体には影響は少ないといえます。

現状浄水場ではヨウ素・セシウムは不検出となっています。

不検出とは測定下限値よりも低いということを示し、例えば東京都ですと0.6~0.8Bqが検出下限値ですので、東京都の水道水では放射性物質は除去されているので安全といえるように見えます。

浄水場における検査の現状

現在全国の浄水場で放射性物質が検出されているところはありません。

一見すると水道水は安全なように見えます。

しかし本当にそうなのか、一般には知られていない事実はいくらでも出てきます。

ストロンチウムやウランなどは未検査

放射性物質と言えば有名なのはセシウムやヨウ素ですが、福島第一原発の事故で放出された放射性物質はその2種類だけではありません。

平成24年3月5日付厚生労働省健康局の「水道水中の放射性物質に係る管理目標値の設定等について」によればストロンチウムはモニタリングの結果濃度レベルが低いことと測定機関が限られることから、ウランは放出量が極めて少ないと考えられることから目標値を定めていません。

実際に福島県でストロンチウムやプルトニウムのモニタリングした結果は全国データの範囲内であるということで問題視されてはいませんし、東京都ではストロンチウム・ウランともに検査されていません。

しかしストロンチウムは骨に蓄積しやすく、ウランも消化器系の臓器に深刻な影響をもたらすことが判明しています。

いくら濃度が低くても水道水から長期間摂取したとしたらどのような影響が人体にでるかは不明です。

ストロンチウムを除去するのは逆浸透膜

放射性ヨウ素は塩素を投入することで、セシウム通常の凝集沈殿によって浄水場で除去する技術が確立されていますので、水道水からの汚染については殆ど心配しなくて大丈夫なのかもしれません。

心配する必要があるのは検査されていない放射性物質です。

例としてストロンチウムは水に溶けやすいという性質があるためセシウムのように簡単に除去することはできません。

原子力災害現地対策本部(放射線班)と福島県災害対策本部(原子力班が行った「水道原水等モニタリング調査(プルトニウム・放射性ストロンチウム結果)によればストロンチウムは急速ろ過と凝集沈殿である程度除去することが可能という表記がされていますが、裏を返せば急速ろ過や凝集沈殿では高い除去率は得られないといっているようにも受け取れます。

他に除去する方法としては蒸留や逆浸透膜があります。

逆浸透膜とは、水に溶けている物質まで除去してくれるのでストロンチウムなどを除去する技術としては最適です。

浄水器では逆浸透膜は一般的に販売されていますので、放射性物質汚染が心配な地域では浄水器を設置して放射性物質から赤ちゃんを守りましょう。

なお、水道水における浄水器のさらなる情報は「水道水に浄水器が必要かどうかを徹底的に調べました!」にて、より詳しくお伝えしています。

 

Sponsored Link



赤ちゃんへの水道水についてまとめ

今回は赤ちゃんへの水道水ついてお伝えいたしました。

記事内でお伝えしたように赤ちゃんは大人以上に多くの水分を保有しており、また大人以上に水分が不足しやすい状態にあります。

そのため適切な形で赤ちゃんに水分を補給してもらうためにも、赤ちゃんへの水道水の正しい活用方法や日本の水道水のことを詳しく知っておくべき必要があります。

今回の記事を参考にしていただき、赤ちゃんの健康と未来を守ってあげていただきたいと思います。

【参考文献】

・子どもを放射能汚染から守りぬく方法 主婦と生活社/武田邦彦

・お母さん、いい水飲んでいますか? メタモル出版/松下和弘 中村徹

・赤ちゃん学を知っていますか? 産経新聞/「新・赤ちゃん」学取材班

・ちょっと心配ペットボトル症候群 芽ばえ社/食べ物文化研究会

・母乳育児ミルク育児の不安がなくなる本 主婦の友社

・横浜市衛生研究所ホームページ

・厚生労働省ホームページ

・東京都水道局ホームページ

・日本水道協会ホームページ

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • 高度浄水処理技術とは

  • マンションの水道水をよく知ろう!

  • 水道水をペットボトルに入れる時の様々な疑問に答えました!

  • 東京の水道水は飲めるのか

  • 水道水の有害物質

  • 河川の汚染など環境の悪化